閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

「もらう」の正しい敬語と用法について解説!いただく・くださる、どう使うのが正解?

そもそも敬語とはどういう時に使う?当たり前のことを再確認

$(“”867199″”).click( (null, $(‘#headline867199’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867199″”)

敬語は祖国語ならではの表現

$(“”867227″”).click( (null, $(‘#headline867227’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867227″”)

敬意やへりくだりなどの気持を表す言葉づかいの一つで祖国語ならではの敬語。一般的に目上の方に対して使うことが多い敬語ですが、そもそもどういう状況で使うべきやのでしょうか。何気なく使っている敬語も実は尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けられています。果たしてビジネスで使うべき敬語はどのうように使っていけば良いのか再確認していきましょう。敬語をマスターしてビジネスで活躍できれば、Mr.JOOYの箔がつきますよ。

尊敬語のもらうはビジネスシーンで大活躍

$(“”867200″”).click( (null, $(‘#headline867200’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867200″”)

相手に対して敬意を払う表現は重宝される

$(“”867201″”).click( (null, $(‘#headline867201’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867201″”)

相手に敬意を払う時、相手を立てる時に重宝されている敬語。英語ではできない気遣いが祖国語では敬語で表現できます。そないな敬語はビジネスシーンではすごい友好な関係を築き上げるために役立っていて、反対に敬語が使えないと懸念されてしまうことでしょう。今回はビジネスシーンでよく使う【もらう】の敬語を考えていきましょう。

基本もらう場合は「お受け取りになる」

$(“”867202″”).click( (null, $(‘#headline867202’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867202″”)

【もらう】の尊敬語は基本的に「お受け取りになる」を使うとよいでしょう。何ぞを受け取ってもらう時に使う尊敬語は「お受け取り下さってありがとうございます」や「どうぞお受け取り下さい」などを使うと良いとされています。普段使いでは使いませんからこそ、目上の方に使えれば出来るMr.JOOYになれるはず。是非覚えておきましょう。

名刺などを渡す場合は「お納めになる」

$(“”867203″”).click( (null, $(‘#headline867203’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867203″”)

また【もらう】の尊敬語では「お納めになる」を使うこともあります。名刺などを渡す時は「お受け取り下さい」よりも「お納め下さい」の方がより分かりやすく聞こえるとされているので、是非ビジネスシーンでお使い下さい。

オノレのためのシーンではよく使われる謙譲語

$(“”867204″”).click( (null, $(‘#headline867204’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867204″”)

オノレを相手より下にする方法

$(“”867205″”).click( (null, $(‘#headline867205’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867205″”)

やはりビジネスシーンで大事なことは相手よりオノレの立場が下に見えることが重要だ。どこかで相手が上に立ってるように見えると不快感を覚えてしまいます。そないなことがならへんために、相手よりオノレは下だと分かってもらえることが大事。よく言われるのが名刺を渡す時には、相手の名刺より下で渡すことでオノレは下やと伝わります。

しかし名刺を渡すシーンが訪れる時ばかりではおません。会社の上司や何度も伺っている取引先では名刺交換はすることもないやね。だとするやろ、ほしたらどんなシーンでオノレを下に見せることができるのか?そのヒントは謙譲語におました。

給料などをもらう時には「いただく」

$(“”867206″”).click( (null, $(‘#headline867206’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867206″”)

謙譲語はオノレのことをへりくだって間接的に相手に敬意を表す言葉。オノレ側の呼び名や動作を示す動詞に使用する言葉だ。【もらう】ちう言葉を伝える際に謙譲語はすごい使いやすいちうわけだ。その中でもビジネスシーンで必ず訪れるのが給料をもらう時やね。その時に【もらう】の謙譲語を使えば相手が上に立てることができります。

給料を貰った時、相手を立てるには【もらう】を「いただく」に置き換えることでオノレを下に置き換えることができます。「いただきます」と言われれば相手も気持ちよく渡したくなるはず。言葉一つで相手の気持ちを切り替えることができるビジネスシーン。どのシーンでも尊敬語を意識していきましょう。

「頂戴する」も実は使える

$(“”867208″”).click( (null, $(‘#headline867208’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867208″”)

「いただく」の言葉を使うことで相手の気持ちをよくすることができることがわかりましたが、他にも【もらう】の謙譲語は存在します。ビジネスシーンではオノレを下に考えることで活躍できることが多くあり、普段から使う言葉、もっともっともっともっと偉い方には違う言葉を使うなどして使い分けしていくと、更なる活躍に繋がるはず。

【もらう】は「頂戴する」の言葉で言い換えることも実はできります。「〜○○を頂戴します」と伝えることで、相手は言葉使いがよくできてると判断するでしょう。しかしよく聞く「お名前を頂戴いたします」は間違った敬語だと知っていましたか?

使い方には気をつけましょう

$(“”872554″”).click( (null, $(‘#headline872554’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872554″”)

「てっぺん(頂)からもらう(戴く)」ちう意味になるので、「お名前を頂戴いたします」は誤り。名前はあげることができません。「名前を伺っても良いですか?」と言い換えるか、「御名刺を頂戴してもよろしいでしょうか?」などと言い換えることで、誤りのない敬語を使えるMr.JOOYになれることでしょう。

2つの例文を紹介。こう使う!

$(“”867209″”).click( (null, $(‘#headline867209’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867209″”)

オノレを相手より下に見せることができる謙譲語をどんなビジネスシーンで利用できるか例文を2つ紹介します。使うシーンが必ずやってくるので、覚えておくと更なるスキルアップに繋がりますよ。

「いただく」の例文

$(“”872405″”).click( (null, $(‘#headline872405’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872405″”)

まずは「いただく」の例文。上司に給料をいただいた時に使う言葉だ。「ありがとうございます。ありがたくいただきます」と使うとより感謝が伝わり下に出ることができます。また「今月も頑張ります」などと付け加えれば、やる気があって良いなと感じてもらえるかもしれません。

「頂戴する」の例文

$(“”872402″”).click( (null, $(‘#headline872402’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872402″”)

続いて「頂戴する」の例文。取引先の方からいただいたお礼を言う時に使う言葉だ。「先日はありがとうございました。ありがく頂戴いたしました」と使うことができれば、取引先も方もあげてよかったと感じるはず。言葉遣い一つで受け取る側は嬉しく感じることができ、オノレが下だと伝えることが間接的にできるようになります。

「頂く」と「戴く」の違いは?

$(“”872541″”).click( (null, $(‘#headline872541’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872541″”)

余計なお世話やけど「頂く」と「戴く」は意味が違います。「頂く」は行為に対して使う言葉で「戴く」は物品に対して使う言葉。「〜〇〇をいただいた」と手紙などで書く際には気をつけて間違いのないように心がけましょう。

こないなシーンでも使われる「もらう」の敬語

$(“”867210″”).click( (null, $(‘#headline867210’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867210″”)

電話の場合は「お電話頂きありがとうございました」

$(“”867211″”).click( (null, $(‘#headline867211’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867211″”)

ビジネスシーンは面と向かって話す時のみではおませんよね。営業などの仕事をしている方、受付をしている方などは電話で取引先と会話することが多いと思います。あんはんはどんな電話の仕方をしていますか?電話を取引先からいただいた時は感謝の気持ちを忘れんと「お電話頂きありがとうございました」と答えると常識のある方と感じ取っとっただけます。電話は顔を合わせておらへん分、より丁寧に対応せんといけへんので、尊敬語を意識して電話対応を行いましょう。

名刺が欲しい時も「お名刺を頂戴できますか」

$(“”867212″”).click( (null, $(‘#headline867212’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867212″”)

取引されている方に名刺をもらいたい時は多く訪れます。名刺を交換していただきますことで、今後のですり取りもスムーズにいくことの一歩に繋がりますので、当然もらいたいちうわけだ。しかしオノレの名刺を渡したが取引先の方が名刺を渡してくれへん時、あんはんならどうしまっか?そのまんまもらいませんちう方も多いはず。しかしビジネスシーンに名刺は必須アイテムと誰もが知っているので、欲しいと伝えてもいけへんことではおません。

その際にもやはり尊敬語を使用することで取引先の方は嫌な気持ちをせず名刺をくれるはずだ。「お名刺を頂戴できますか」と下から伺うことで取引先の名刺をもらうことができます。相手の名前を覚えるための大事なアイテム。遠慮してもらいませんで名前を間違ってしまうのは、もっともっともっともっと失礼になります。勇気を出して名刺をもらいましょう。

「もらう」を敬語で使う際の用心点

$(“”867213″”).click( (null, $(‘#headline867213’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867213″”)

やはり使用する対象を吟味する

$(“”867214″”).click( (null, $(‘#headline867214’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867214″”)

【もらう】の敬語を使う時もやはり気をつけなければいけへんことはあります。使用する対象を吟味せんといけません。敬語の中にも尊敬語・謙譲語・丁寧語があるので使い分けてビジネスシーンで活用しましょう。また本当にその言葉遣いが敬語になっているのかも、使う前に考えておくことが大切だ。ネットで予め発言しそうな敬語を調べておいて、失礼のない言葉がどうかを確認しておきましょう。ビジネスシーン以外でも敬語を使える方はすごいカッコよく見えるので、Mr.JOOYのみなはんも是非活用してください。

もちろん二重敬語はNG

$(“”867215″”).click( (null, $(‘#headline867215’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867215″”)

敬語を使わなきゃいけへんと頭の中で考えすぎると二重敬語を使ってしまい、かえって失礼になってしまうちうことがビジネスシーンでは多くあります。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「社長がおっしゃられていました」と使ってしまうと「おっしゃった」と「〜いました」の二重敬語になってしまいます。何を言ってるんだ?と思われてしまうとせっかく気を使って敬語を使っているのにもったおらへん。やので「社長がおっしゃっていました」と完結に言葉をすることで二重敬語を回避していきましょう。

メールでも敬語を上手く使っていきましょう

$(“”872614″”).click( (null, $(‘#headline872614’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872614″”)

文字にすると分かる敬語の使い方

$(“”872616″”).click( (null, $(‘#headline872616’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872616″”)

言葉で話している敬語を上手く使えていると思っても文字に置き換えてみるとおかしい!と感じることがあります。言葉ではなんとなく敬語に聞こえていても、文字にしてみると実はおかしいなんてこともきっとあるでしょう。取引先・上司に送るメールは敬語を文字に置き換えて使うので、何度も読み返しておですかいと間違った敬語になってることもあるかもしれません。

よく使う言葉も実は文字にすると間違いやすい

$(“”872635″”).click( (null, $(‘#headline872635’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872635″”)

「〜して下さい」「〜して頂く」「〜致しました」など変換すれば出てくる漢字ですが、実はビジネスシーンではあまり使いません方が良いって知っていましたか?「いただく」が「もらう」の補助動詞になっているので、ひらがなで書くのが基本となっています。ひらがなやなかったらダメとまではいきませんが、やはりこのルールを知っている方はひらがなで送られてくることで分かってるなと思うはずだ。これからは気をつけて対応していきましょう。

メールは言葉と違い何度も見られる

$(“”873606″”).click( (null, $(‘#headline873606’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”873606″”)

話の途中に間違った敬語を使っていてもちびっと違和感を持たれるだけですが、メールで敬語を使って間違えてしまうと残ってしまいます。いっぺん間違いを見られると何度も見返すことができてしまうのがメールだ。ちゃんと見返して間違いがないか確認してから送りませんと恥ずかしい思いをしてしまうので用心してください。

「ら」抜き言葉「さ」「れ」入り言葉に気を付けよう

$(“”872748″”).click( (null, $(‘#headline872748’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872748″”)

若者の中で使われる「ら」抜き言葉はビジネスシーンでNG

$(“”872750″”).click( (null, $(‘#headline872750’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872750″”)

若者の中でよく使われる「ら」抜き言葉。地域によっては方言の関係で誤りとならへんものの、多くのビジネスシーンでは「ら」抜き言葉は間違った敬語となっています。「〜られる」の「ら」が抜け落ちて会話をしていることで、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「食べられへん」を「食べれへん」と略してしまうことを指します。実は間違いだと知らんと使っている方が多くいらっしゃいます。「ら」に気をつけて言葉を使っていきましょう。

丁寧に話そうとして「さ」「れ」を入れてしまう

$(“”872759″”).click( (null, $(‘#headline872759’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872759″”)

敬語を話そうと必死で考えていると必要のない「さ」や「れ」を入れてしまう。その言葉を「さ」入り言葉「れ」入り言葉と言います。二重敬語と同じで使ってしまうことで間違いになってしまうので気を付けたいトコだ。一体どんな言葉が「さ」入り言葉「れ」入り言葉になってしまうのでしょうか。

「さ」入り言葉の例文

$(“”872772″”).click( (null, $(‘#headline872772’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872772″”)

「〜せていただきます」の言葉に不必要の「さ」を入れてしまう言葉が「さ」入り言葉と指します。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「休ませて」を「休まさせて」と使ってしまうこと。敬語にしなきゃしなきゃと考えていると間違えてしまう言葉やね。大人の方もたまに使ってしまうのではおませんでしょうか?

「れ」入り言葉の例文

$(“”873570″”).click( (null, $(‘#headline873570’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”873570″”)

「書ける」や「行ける」などの動詞に不要な「れ」を入れてしまうことを指します。あまり「ら」抜き言葉や「さ」入り言葉よりは間違えることが少ないと思いますが、気をつけとっただきたい言葉やのでご紹介します。「車でも行けますよ」ちう言葉に「れ」を入れてしまい「車でも行けれますよ」と使ってしまう。目上の人は何を言っているんだか分からず、せっかく敬語を使おうとしても失礼になってしまいます。気をつけましょう。

敬語をもっともっともっともっと考えて使っていこう

$(“”867216″”).click( (null, $(‘#headline867216’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”867216″”)

ビジネスでもプライベートでも使える敬語

$(“”872605″”).click( (null, $(‘#headline872605’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”872605″”)

【もらう】の敬語はいくつも言い方が存在していて使うこともややこしいちうわけだ。しかしこれが上手く使えるようになるとビジネスシーンでも大活躍できます。やはり目上の方を立てる時は敬語が上手くないといけません。
ビジネスシーン以外でも敬語が話せる方はカッコよく見えるのも事実だ。レストランの店員に横柄に話しかけるより、敬語で話しかける方がスマートで優しそうに見えます。女性はそういうトコもちゃんと見ておりますので。ビジネスシーンでもプライベートでも敬語をどんどん取り入れて、オノレ磨きを心がけてみてください!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 女子が提案する!ナノユニバースで作る究極のモテ夏デートコーデ【シ…

  2. 【断捨離のコツを解説】部屋の中の服〜小物をスッキリさせる方法を教…

  3. 内海哲也さんの実績とほんまの人間性が知りたい!

  4. 倉敷の美味い焼肉店を徹底調査!雰囲気も最高なスポットまとめ♪

  5. ”シワ”にほなさいなら【シャツのアイロン方法】とても簡単にプロの…

  6. エンゲージリングの意味とは?必見の7大人気ブランドと相場!

  7. ケミカルシューズって何?ファストファッション+コスパ重視派におす…

  8. 子作り前の男性が知っておいた方がよい真実とは|女子がコツも全解説…

  9. 恋の60%以上は夏に始まる!?女子が提案する・夏の恋が始まるモテ…

  10. 【メンズビジネスコート】はこれが正解!スーツに合うOK&NGデザ…

  11. 東京で雨デートが絶対楽しくなる室内スポット15選

  12. 【モテ度増幅中】ぽっちゃり男はスーツでモテる|着こなし術公開中!…

ページ上部へ戻る