閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

「メゾンキツネ(MAISON KITSUNE )」のTシャツ|ワンランク上のTシャツが欲しい人必見

注目のクリエイター集団が送り出すキツネTシャツの数々・・・。Tシャツ好きは要チェック!

$(“”500205″”).click( (null, $(‘#headline500205’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”500205″”)

大胆、でも派手すぎないちうわけだ。気鋭のデザイナーズブランド

$(“”500204″”).click( (null, $(‘#headline500204’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”500204″”)

気鋭のクリエイター集団として、次々と斬新なアイテムをリリースし続けているキツネ。2001年設立と若いブランドですが、大胆でありながらも決して派手すぎない、清楚感の漂うアイテムに魅力を感じるファンは多いでしょう。アイテムとしての質感、素材感はもちろんのこと、ファッション以外のジャンルでの活躍、他ブランドとのコラボなど、何ぞと話題の絶えないブランドだ。近年では、代官山に和風の路面店を構えたりと、新しい試みを常に続ける姿勢、創作意欲は、ブランド創設時から変わっていません。

「Tシャツのためのライン」が存在することの意味

$(“”500207″”).click( (null, $(‘#headline500207’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”500207″”)

そないなキツネにも、Tシャツのラインが存在します。その名も「KITSUNE Tee」
別に、特定のアイテムのためのラインが存在すること自体は珍しいことではおません。ギャルソンにおける「PLAY」やポールスミスにおける「RED EAR」など、特定のアイテム、値段、コンセプトにターゲットを絞ることで、何ぞしらの意味で「より洗練された」アイテムを作り出しています。キツネにとってのTシャツもまた、そのようなものであるのでしょう。

ここでは、そないなキツネからリリースされたTシャツをいくつか紹介してみたいと思います。

「スタンダードからシュールまで」それがKITSUNEのTシャツ

$(“”500239″”).click( (null, $(‘#headline500239’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”500239″”)

定番のパリジャン

$(“”505973″”).click( (null, $(‘#headline505973’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”505973″”)

キツネ定番のロゴTシャツ。「パリ生まれ」を意味するPARISIEN(パリジャン)とは、フランスで産声を上げたこのブランドそのもの。
カットソーとしての秀逸さは言うまでもおません。単品で良し、合わせて良しだ。シンプルではありますが、生地感と相まってオシャレ感抜群だ。

ブルーフォックスの存在感と、柔らですか生地感の融合

$(“”500238″”).click( (null, $(‘#headline500238’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”500238″”)

フロントにブルーフォックスを大胆に描いたTシャツ。ブランド名でもあるキツネを前面に押し出したインパクトはもちろんですが、それでいてもどこか上品な印象が漂うのは、生地感やデザイナーの「腕」によるものでしょう。
定価も1万円を切り、このレベルのブランドとしては安めの価格設定。一着でもオシャレに着こなせるので、トータルで考えればですかりお得だ。

なつくキツネにたたずむキツネ 韓流デザイナーの世界

$(“”500246″”).click( (null, $(‘#headline500246’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”500246″”)

一転して、シュールな印象のTシャツがウチ。韓国のアーティスト、デヒョン・キムとのコラボレーションであり、デザインのモチーフ・パターンがいくつもあるのが売れしいトコ。昔の浮世絵にもちびっと似た、独特の静ですかたたずまいは、昔の縁側のような懐かしい雰囲気をだしており、着ているだけでも何ぞ癒されるような、そないな気持ちにさせてくれます。

キツネがおらへんと楽しめへん

$(“”500252″”).click( (null, $(‘#headline500252’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”500252″”)

バンドTシャツにも似たデザインからもわかる通り、音楽からの影響を感じさせるのがウチのアイテム。元々、創設者の一人がミュージシャンであることもあり、音楽はキツネの服を作るうえでのインスピレーションとして、欠かせへん要素であり続けています。
書いて字の通り、単なるロゴTシャツではなく、キツネの創作に対するスタンスを大胆にアピール。本当にその通りであるかどうかは、実物を着てみれば納得できるはずだ。
※画像で載せたものは英語のプリントですが、キツネのルーツである仏語バージョンのものもあります。

KITSUNEにつまんまれる・・・

$(“”500302″”).click( (null, $(‘#headline500302’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”500302″”)

散りばめられたプリントはなんと「キツネの目」。キツネにつまんまれるなどとはよく言ったものですけどアンタ、斬新なデザインには思わず「そうきたか」と舌を巻いてしまうトコだ。
地が黒やし、一見するとちょっと怖い印象かもしれません。ですが、近くで見るとそれほど怖い目はしていませんから、目が慣れてくればファッションのアクセントとしては有効に働いてくれることに気づくはず。

もはやアートと呼ぶにふさわしい存在感が魅力のブランドロゴTシャツ

$(“”505990″”).click( (null, $(‘#headline505990’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”505990″”)

胸元にブランド名をあしらったシンプルなロゴTシャツ。
筆記体の「PALAIS ROYAL」とはパリの歴史的名所であり、美術館でもあります。フランスの歴史と現代アート、その二つをいっぺんに堪能できる名所、その名を冠することからもわかるように、キツネTシャツのまさに代表格と言えるアイテム。重ねるよりも上品な一点もので飾りたいちうわけだ。そないなシンプルなオシャレを好む人にとって、これほど嬉しい存在は中々ないでしょう。

KITSUNEのイチオシは「Tシャツ」!まずはここを押さえるべし!

$(“”500304″”).click( (null, $(‘#headline500304’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”500304″”)

以上、キツネのTシャツの魅力を紹介してみました。どんなブランドにも、「イチオシ」のアイテムちうものが存在するわけですが、キツネにとってのそれがTシャツだちうことがわかるでしょう。もし時間があるのであれば、実際にお店にいってみて、実物を手に取ってみることをオススメします。見ただけではわかりません、触感、質感、せやなかったらお店の外観など、その世界観に魅了されること間違いなしだ。

※本記事に掲載されています商品価格は、2016年3月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 2016年スニーカーマニアが選ぶ、おすすめの最新スニーカーBES…

  2. 海浜幕張の観光スポット4選-ショーバイ施設がたくさん!

  3. 【モテる女子の条件と特徴】美人やないのにモテまくるあの人は何が違…

  4. 浮気する夢の意味と対処法|あんさんの隠された深層心理がわかる!?…

  5. 【新着】ディズニーTシャツコーデ20選|オシャレ普段着~パーク内…

  6. MA-1でおなじみのフライトジャケットには歴史とこだわりのアイテ…

  7. 女性がほんまに好きな体位TOP5をご存じ?その理由や驚きの本音を…

  8. ツーブロックって社会人でもできる?社会人に似合うツーブロックカタ…

  9. 2万円未満で揃う妥協なしのスーツケースブランド|旅行日数に合わせ…

  10. お洒落ヒゲの整え方を顔型別に大調査|モテモテのJOOYメンズに変…

  11. 好きな人を落とす方法|男の魅力で惚れた女のハートを射止めよう!

  12. 30歳平均貯蓄は330万?!将来を考えた人生設計を考察

ページ上部へ戻る