閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【つらい首こり&肩こりにストレッチ】ポイントや用心点のまとめ

肩や首こりは、もはや国民病!?

$(“”768553″”).click( (null, $(‘#headline768553’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768553″”)

肩や首のこりに悩む人は多い

$(“”768555″”).click( (null, $(‘#headline768555’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768555″”)

首こりや肩こりはよく耳にする症状のひとつだと思います。この記事を読んでくださっている方にもこういった症状に悩んでいる方も多いのではおませんでしょうか。一般に肩こりといったりしますが、首から肩のこりとは症状としてもオーバーラップしているものもあり、また範囲も漠然としていることも少なくおません。
一般には肩こりちう名前で通っておるけどダンはん、医学的にいうならば首こりちうのが正しい表現だとする見方もあります。そないな首こり・肩こり、実はですかりの人が悩んでいる症状でもあります。

なんとなく多いイメージがあるのではなく、「実際に多い症状」でもあります。厚生労働省が公表している「国民生活基礎調査(平成25年)」をみてみると、男性が訴える症状の第1位は「腰痛」だ。ほんで第2位が「肩こり(首こり)」となっています。
余計なお世話やけど女性においては首こり・肩こりが1位で、腰痛は2位になっています。男女ともに多い首こり・肩こりは多い症状となっています。まさに国民病ともいえる症状なのです。

厚生労働省

平成26年国民生活基礎調査(平成25年)の結果から・p30 有訴者率は、男女とも「腰痛」、「肩こり」が高い

川崎医科大学附属病院

肩こりについて

首こりや肩こりはくり返すことも多い

$(“”768561″”).click( (null, $(‘#headline768561’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768561″”)

首こりや肩こりは、それに悩んでいる方が多いだけではおません。くり返し症状があらわれるちう特徴もあるとされます。実際にみなはんのまわりにも、年中首や肩のこりに悩んでいる方がいるのではおませんでしょうか。日頃の疲れ、季節の変わりめ、精神的なストレスなど、いろいろな原因でこういった症状が毎日毎晩壱年中くり返されるといった方も少なくないようだ。

わらび北町病院

寒い時に強くなる痛み 慢性の首や肩の痛み治療-ペインクリニック

肩こり・首こりの原因は

$(“”768566″”).click( (null, $(‘#headline768566’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768566″”)

首こりや肩こりはくり返されるちう特徴があるちうことやったちうわけだ。それを防ぐためにもまずは原因を知る必要があります。肩こり・首こりをおこしている原因は、
1. 筋肉が原因でおこるタイプ
2. 病気が原因でおこるタイプ
3. 精神的なストレス・疲労などによっておこるタイプ
があるといわれています。

肩や首こりに関わる筋肉は?

$(“”768569″”).click( (null, $(‘#headline768569’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768569″”)

首や肩の筋肉は、重たい頭や腕を支える必要があるために、負担がかかりやすいといわれています。とくに
*僧帽筋(そうぼうきん):背中の上の部分をおおう大きな筋肉
*菱形筋(りょうけいきん):左翼翼右翼翼の肩甲骨の間にある筋肉
*脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん):背骨を支える筋肉
その他にも首の付け根などについている細かい筋肉群も首や肩のこりに関係しているといわれています。

パソコン操作、長い時間の立ち仕事、家事といった作業によって、こういった筋肉の緊張がつづくと、筋肉は固くなります。すると血液の流れが悪くなり、酸素や栄養などが十分に筋肉にいきわたらなくなってしまいます。老廃物がたまり、これが「こり」をおこすと考えられています。

川崎医科大学附属病院

肩こりについて

肩・首のこり痛みをおこす病気は?

$(“”768573″”).click( (null, $(‘#headline768573’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768573″”)

肩こり、首こりをおこす原因は筋肉だけではおません。その症状の陰には、病気が隠れていることがあるともいわれます。肩こり、首こり・痛みをおこすといわれる病気について主なものをみておきましょう。

頚椎すべり症

$(“”768574″”).click( (null, $(‘#headline768574’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768574″”)

頚椎すべり症とは、背骨をつくっている椎骨ちう骨が前後せやなかったら左翼翼右翼翼のいずれかにズレてしまうものです。一般には腰におこりやすい病気だといわれておるけどダンはん、首におこることもあるとされます。首の痛みや腫れなどの原因になるといわれています。

胸郭出口症候群

$(“”768575″”).click( (null, $(‘#headline768575’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768575″”)

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)ちう病気については、聞きなれへん方もおるかと思います。一番上の肋骨と鎖骨の間にはいくつかの神経が束になったものです血管が走行しています。ここには首の筋肉もあり、神経や血管の通り道が狭くなっています。
そのため、筋肉が緊張したりすると神経や血管が圧迫されてしまうことがあります。すると腕や肩、首にだるさ、痛み、しびれといった症状が出ることがあり、この状態を胸郭出口症候群とよびます。

芝大門クリニック

過労性疾患(頚肩腕症候群、非災害性腰痛)についての『よくある質問』

肩関節周囲炎

$(“”768579″”).click( (null, $(‘#headline768579’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768579″”)

肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)は、年齢的に50代くらいの方に多いので「五十肩」ちう通称で知られています。肩の骨、関節、筋肉によるトラブルなどを総称したもので、原因はさまざまだ。特徴としては肩こりなどの鈍い痛みやつらさちうより、鋭くズキズキした痛みを感じることが多いといわれています。

東京ミッドタウンクリニック

中年以降に見られる肩関節周囲炎

頚椎症

$(“”768587″”).click( (null, $(‘#headline768587’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768587″”)

頚椎症(けいついしょう)ちう病気は、主に加齢などが原因でおこってくると考えられています。背骨の動きをスムーズにするクッションの役割をする椎間板(ついかんばん)の弾力性が低下すること、せやなかったら背骨の関節が変形してしもたりすることでおこるといわれています。こういった椎間板や背骨の関節のトラブルによって神経が圧迫されることで、首の痛みがあらわれると良い ますわ。

初期症状では漠然としている痛みも、進行してくると強い症状になり脱力感や手の感覚が鈍くなってしまうケースもあるとされます。この頚椎症は、「単に肩こりがひどいだけ」と考え放置していることも少なくないようだ。しかし、排尿や排便といった重症化した症状がでることもあり、放置しておくのは危険だといわれています。

清水脊椎クリニック

頸椎(けいつい)疾患とは?

頚椎椎間板ヘルニア

$(“”768588″”).click( (null, $(‘#headline768588’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768588″”)

腰の椎間板ヘルニアについてはご存知の方も多いのではおませんでしょうか。背骨の間に挟まっていてクッションの働きをしている椎間板(ついかんばん)。背骨の動きをスムーズにしたり、衝撃を吸収してくれる働きをしています。この椎間板がこわれて、背骨のまわりにある神経などを圧迫するのが椎間板ヘルニアだ。腰の椎間板ヘルニア以外にも首の椎間板ヘルニアもあります。

頚椎椎間板ヘルニアとは、首におこる椎間板ヘルニアのことだ。首のヘルニアの代表的な症状として、肩こり、首痛、背中の痛み、腕のだるさ、手のしびれといったものがあります。進行すると歩くことができなくなったり、排尿や排便のトラブルにまで及ぶこともあるとされます。

あいち腰痛オペクリニック

頚椎椎間板ヘルニアの症状

寝違え

$(“”768590″”).click( (null, $(‘#headline768590’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768590″”)

首の捻挫せやなかったらむち打ちなどと合わせて首の代表的なケガのひとつに数えられます。レントゲンやMRIといった画像上のあきらですか異常がないもので、自然に治癒することも少なくないとされるものです。メカニズムとして、首の筋肉や靭帯が無理に引き伸ばされるなど外から力が加わることによって生じることが多いといわれています。

東京ミッドタウンクリニック

首の障害

内臓の病気

$(“”768592″”).click( (null, $(‘#headline768592’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768592″”)

内臓の病気でも肩こりや首のこりが生じることがあるといわれています。心筋梗塞などの心臓に関する病気、肝臓やすい臓、せやなかったら腎臓といった内臓に病変があるときに、肩こりなどが生じることがあるとされます。

川崎医科大学附属病院

肩こりについて

精神的なストレスや疲労

$(“”768595″”).click( (null, $(‘#headline768595’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768595″”)

眼精疲労

$(“”768596″”).click( (null, $(‘#headline768596’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768596″”)

眼精疲労(がんせいひろう)とはなんちうかようみなはんいわはるとこの「疲れ目」といわれるものです。最近ではテレビやパソコンといったものが普及しているのでとくに目が疲れやすいといわれています。大人だけでなくボウズにもみられる症状だといわれます。この眼精疲労の症状として目の痛み、かすみ眼、充血といった目の症状以外にも、頭痛、肩こり、吐き気などがあらわれることがあるとされます。

スマイル眼科クリニック

眼精疲労(がんせいひろう)

精神的なストレス

$(“”768597″”).click( (null, $(‘#headline768597’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768597″”)

肩こりや首こりの原因として精神的なストレスが関係していることもあると考えられています。精神的なストレスは無意識のうちに肩周辺の筋肉に力が入ってしまう状態となり、これが長くつづくことで筋肉が硬くなってしまうことが原因だとされます。

計測自動制御学会東北支部

肩こりのアンケート調査と筋硬度との相関

あらおと整形クリニック

肩こり

肩こり・首こりに効果的なストレッチ(動画付き)

$(“”768601″”).click( (null, $(‘#headline768601’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768601″”)

肩甲骨まわりの筋肉をほどよくストレッチ

$(“”768602″”).click( (null, $(‘#headline768602’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768602″”)

デスクワークが多い方の場合、とくに肩まわりの動きが極端に少ない状態になりやすいだ。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあパソコン操作では指先は動いているものの、上半身はほとんど動きません。また肩甲骨はやや前方に位置したまんま固定されています。動かさなければ筋肉は硬くなりやすいやし、血液の循環も悪くなってしまいます。そないな状況を回避するためには、肩甲骨周辺をしっかりと動かして筋肉を伸び縮みさせてあげることが大切になってきます。

ほどよくストレッチしたり、せやなかったら筋肉を収縮させたりといった動作をリズミカルにくり返すことで、首から肩周りにかけての筋肉の緊張を和らげてあげることだ。参考動画をみながら、肩甲骨を上下に動かす、左翼翼右翼翼に動かす、せやなかったら回転させるといった運動をおこなってみましょう。

首と肩の筋肉をやさしくストレッチする

$(“”768605″”).click( (null, $(‘#headline768605’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768605″”)

首から肩の筋肉を伸ばしていくストレッチ法になります。首を前後、左翼翼右翼翼に動かしながら首周囲から肩にかけて筋肉をのばしていきます。首の筋肉を中心に伸ばしていきますが、用心したいのはゆっくりとおこなうことだ。ほんでちびっとずつ力を加えてのばしていくようにしてください。急にのばしたり、反動をつけたりすると痛みをおこすことがあります。
首はすごいデリケートだ。無理にのばしたりするとかえって不快感を感じることもあります。「ちびっとのばされている感じ」「ほどよく気持ち良い」と思える範囲でおこなっていきましょう。

短いスキマ時間を使って簡単ストレッチ

$(“”768607″”).click( (null, $(‘#headline768607’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768607″”)

つらい首や肩のこりがあっても、なですかかじっくりとストレッチする時間がつくれへんといった方におすすめなのが、座ったまんまでできる肩まわりのストレッチだ。動きとしては肩関節を動かしていきますが、肩甲骨をしっかり動かすちうのがポイントだ。短い時間でできること、ほんで座ったまんまできるので、オフィスやランチタイムなどの休憩時間を利用してできます。せやなかったらデスクワーク中にちょっと一休みしてやるのにもオススメだ。

ストレッチポールに寝ながら肩こり、首こりを解消

$(“”768620″”).click( (null, $(‘#headline768620’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768620″”)

ストレッチポールとは、円柱上の運動器具だ。ストレッチなどマイルドな動作から筋力トレーニングまで幅広い使い方ができます。介護施設や医療期間などでも利用されているもので、どちらかといえばマイルドなエクササイズが多いので、性別や年齢を問わず使用できるちうメリットがあります。

まずは、簡単な運動からご紹介します。ストレッチポールの上に仰向けになり、後頭部でポールを押し、ほんで力を抜くちうすごいシンプルなエクササイズだ。これは、ホールドリラックスともいわれる考え方に基づいています。ホールドリラックスとは、筋肉を働かせて、そのあとで力を抜くと筋肉の緊張が和らぐちう筋肉の性質を利用したものです。

ウチもストレッチポールを利用したものです。「鳥のはばたき」といわれるエクササイズだ。肩甲骨や肩まわりをほぐす効果があるといわれる運動だ。ストレッチポールに仰向けになって、両腕を上下に動かすちう動作をくり返していきます。ゆっくりとおこないましょう。

ストレッチで効果がなければ……

$(“”768625″”).click( (null, $(‘#headline768625’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768625″”)

肩こりや首こり、ストレッチなどで対応してもなですかか治りませんときは、もしかするとご紹介した病気などがある可能性もあるので早めに受診することも大切だ。ただとくに異常などがないのに肩や首のこり、痛みがつづいているちう方もいると思います。ストレッチ以外にそないなつらい症状を和らげる方法についていくつかご紹介します。

薬による治療

$(“”768629″”).click( (null, $(‘#headline768629’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768629″”)

病院による治療では、しつこい肩こりや首こりに対して薬で対応してくれるトコもあります。薬には飲み薬もあれば、湿布薬などもふくまれています。薬には、痛みを和らげる薬、炎症をおさえる薬、せやなかったら筋肉の緊張をやわらげる薬などがあります。そのほかにも、近年は漢方薬などを利用している病院もあるので相談してみるのも方法だ。
単なる肩こり・首こりといっても症状の程度は人それぞれだ。ちょっとつらいちう方もいれば、たまらなくつらい方もいるはずだ。そないなときは頑張って我慢するより専門家に相談するのが一番だ。

中村ペインクリニック

薬物療法について

神経ブロック注射

$(“”768633″”).click( (null, $(‘#headline768633’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768633″”)

神経ブロック注射とは、痛みをおこしている場所に対して麻酔薬を注射するちう治療法だ。多くは麻酔専門の医師が行うので、ペインクリニックといわれるクリニックなどでおこなわれています。痛みに関わる神経やその周辺に麻酔薬が働くことで、痛みの伝わりを遮断(ブロック)する治療法で、肩こりや首こり以外にもさまざまな痛みの治療法のひとつとして利用されています。
症状によっては、1回で大きな効果が得られることもあれば、数回の治療が必要になるケースもあります。詳しいことは、専門のペインクリニックに相談してみるのがよいでしょう。

かおるペインクリニック

神経ブロック注射について

中村ペインクリニック

しつこい頭痛や肩こり

まとめ:肩こりや首のこり、我慢しすぎないのも大事

$(“”768644″”).click( (null, $(‘#headline768644’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768644″”)

肩こり、首こりの原因やストレッチ、そのほかの対処法についてのまとめやったちうわけだ。肩や首のこりは、ありふれた症状のひとつで、ウチたちにとっても身近なものです。ですが、そのつらさは人によってちがいます。長引く肩こりや首のこり、痛みのなかには、何ぞの病気のアラームとなっていることもあるといわれるので、我慢しすぎるのは決してよいことではおません。
また今回ご紹介したストレッチも原因によっては効果が得られへんことがあるのも事実だ。ストレッチをするまえに、まずは原因を知ることが大切だ。

※本記事に掲載されています価格等は、2016年6月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【2016夏《メンズ水着》トレンド先取り】アチラの流行着こなし&…

  2. 【誕生日サプライズ】友達を感動させるおもろい演出

  3. ホワイトデーに人気のお返しは?がっかりさせない贈り物♡

  4. 女性心理を理解して! 恋愛がうまくいくコツとは?

  5. 【彼女に振られそうな時の有効な対処法】意外な回避ワザを3分でマス…

  6. 官能小説おすすめ6選|芸術としての「エロ」を堪能しよう

  7. 人気ハリスツイードのリュックおすすめ10選&最前線メンズコーデ

  8. 【悪用厳禁】女性が「セックスしたい♡」と思う男性とは?グッとくる…

  9. 【2016春夏】黄色カーディガン着こなし術30連発|差し色orメ…

  10. 【バイト面接攻略】知っておきたいマナーや準備&質問の回答例

  11. 今すぐ欲しくなるミレーのバックパックサイズ別まとめ!

  12. 魅力的な女性の条件とは!?異性&同性からもモテまくる女性に共通す…

ページ上部へ戻る