閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【ジャストサイズへの固執はNG】お洒落上級者が着こなすビッグシルエットTシャツ

ビッグシルエット=オーバーサイズ

$(“”447227″”).click( (null, $(‘#headline447227’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447227″”)

ビッグTシャツやオーバーサイズと聞くと、どうしても抵抗がおありの方が多いようだ。これから春になり、カットソー1枚で過ごせる季節もすぐ近づいています。デニム等のボトムスにTシャツちうスタイルがメインになる中、トップスのサイズ感を変えるだけでこれだけ変わるものなのかと思います。シンプルながらもどこか違う、なんかこの人お洒落だなーなんて方を見かけるときがあると思いますが、そのときは是非“サイズ感”にも注目してみてください。

ノームコアファッションに欠かせへん“サイズ感”

$(“”447833″”).click( (null, $(‘#headline447833’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447833″”)

 ビッグTシャツはコーディネート次第ではお洒落に見えますし、個性を出すことが出来ます!ビッグTシャツの基本的な着こなしはYラインになるので、パンツを細くさえすれば、体型隠しににもなります。もちろん、ジャストサイズが1番綺麗に見えることは皆様よくご存知かと思いますが、ジャストサイズで着なくてはいけへんと決まっているわけではおません。ファッションは自由なのです。最近は様々なトレンドがあり、一体何が流行っているの?と聞きたくなるトコですが、ビッグTシャツ、オーバーサイズが流行っている理由は、ヒップホップ、ストリート、モードの背景もありますが、現代的に言うとリラックス感やったり、こなれ感やったりします。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要はは究極の普通服、ノームコアファッションになるわけやね。デザインもそうですが、雰囲気、空気感といったトコでしょうか。今回はビッグTシャツを紹介するといっぺんに、大きく2つに分けたビッグTシャツコーディネートのポイントも押さえていきよりますので、JOOY読者の皆様も是非チェックしてみてください!

購入はこちら

ビッグTシャツ着こなし集 〜ナチュラル編〜

$(“”447367″”).click( (null, $(‘#headline447367’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447367″”)

ナチュラルで大人な雰囲気を崩さない

$(“”447502″”).click( (null, $(‘#headline447502’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447502″”)

 この緩さたまりませんやね。配色もそうですが、このゆったりとしたナチュラルな雰囲気がリラックス感を生んでます。パンツは九分丈のチノパンに合わせており、足元でしっかり引き締めてあげることで、全体的にだらだらせんように上品にまとめています。

購入はこちら

 グレートーンのコーディネートだ。デニムの風合いもベストマッチやね。ウチもリラックス感あって、見てて落ち着きますよね。Tシャツの肩のラインを見て頂くと、ストンと下に落ちているのがわかります。着丈はそこまで長くなく、肩幅、身幅がゆったりとしたビッグTシャツやね。

購入はこちら

 ボーダーのビッグTシャツだ。爽やかでマリンな印象ですが、サイズ感を変えるだけでこないなに新鮮な雰囲気になります。ボトムスには今流行のダメージジョグデニムを合わせ、ラフな印象はそのまんまに残しています。

購入はこちら

ナチュラルコーディネートのポイント!

$(“”447609″”).click( (null, $(‘#headline447609’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447609″”)

ポイント① 淡いトーンでコーディネートを組む。

$(“”447566″”).click( (null, $(‘#headline447566’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447566″”)

 淡いトーン、ペールトーンで組むことで、大人のこなれ感を演出でき、ナチュラル(自然)な印象のまんま、ビッグTシャツをコーディネートに取り入れることが出来ます。

ポイント② パンツのサイズ感は細すぎず、太すぎず。

$(“”447572″”).click( (null, $(‘#headline447572’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447572″”)

 パンツのサイズが極端に細かったり、太かったりすると、ナチュラルとは言えません。全体のコーディネートを見たときに、パンツの色やシルエットが浮きすぎておらへんかが大事になってきます。

ポイント③ ビッグTシャツのデザインは無地!

$(“”447574″”).click( (null, $(‘#headline447574’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447574″”)

 Tシャツのデザインにもよりますが、基本シンプルなデザインをオススメします。デザイン、色で目立たせるのではなく、配色やサイズ感から醸し出される、雰囲気が大事になってきます。

ビッグTシャツ着こなし集! 〜モードストリート編〜

$(“”447636″”).click( (null, $(‘#headline447636’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447636″”)

モノトーンスタイルで攻めきる。

$(“”447660″”).click( (null, $(‘#headline447660’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447660″”)

 ウチはバンダナ柄のビッグTシャツだ。分かりやすいモノトーンコーディネートで、ボトムスはブラックのスキニー。ビッグTシャツのコーディネートで1番使うアイテムは黒スキニーといっても過言ではおませんと思いますので、是非黒スキニーは1本持っておいたほうが良いやね。

購入はこちら

 袖がビッグシルエットになっており、目を引きますね。パンツは細身の黒チョイスし、足元もあっさりとした白スニーカーで、グレーのビッグTシャツが主役のコーディネートで、スポーティな印象も感じ取ることが出来ますね。

購入はこちら

 千鳥柄の可愛らしいデザインのビッグTシャツだ。パンツはスキニーデニムで足元はコンバーススタイルで決めています。ウチのスタイリングは、メンズ、レディース問わず、基本的なモードストリートのスタイリングになります。

購入はこちら

モードストリートコーディネートのポイント!

$(“”447753″”).click( (null, $(‘#headline447753’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447753″”)

ポイント① 基本の配色はモノトーン。

$(“”447785″”).click( (null, $(‘#headline447785’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447785″”)

 モードストリートは基本ダークトーンのコーディネートがメインで、小物、スニーカー等で色を入れていくスタイルが1番まとまって見えます。モノトーンコーデに大事なのはメリハリだ。

ポイント② まずは黒スキニースタイルから!

$(“”447786″”).click( (null, $(‘#headline447786’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447786″”)

 ビッグTシャツのモードストリートコーデには鉄板の黒スキニーは必ず持っておきたいアイテムだ。ワイドパンツ、ショートパンツなどのコーデも見かけますが、まずは黒スキニーで感覚を掴むことが大事なポイントだ。

ポイント③ デザイン物で勝負する。

$(“”447787″”).click( (null, $(‘#headline447787’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447787″”)

 積極的にデザイン物を取り入れ、個性を出していくことで、モードストリートならではの楽しさが見えてきます。普段は着ないデザイン物など、このジャンルならなんでも挑戦してみましょう!

おわりに

$(“”447827″”).click( (null, $(‘#headline447827’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”447827″”)

 ビッグTシャツに関しての記事はいかがやったでしょうか?ファッション自体もイメージさえ湧けば、あとは実践のみだ。オノレはモード派なのか、カジュアル派なのか、この記事でオノレのジャンルが結構くっきりわかれる方もいると思いますし、普段はカジュアルやけど、ビッグシルエットで攻めるならモード派ですかーなんて思う方もいるのでは。ファッションは自由でおもろいだ。今ではファストファッションブランドでもビッグTシャツに限らず、ビッグシルエットのアイテムも多数取り扱っているようやので、こういった冒険をするときは、まずはファストファッションブランドから攻めてみるのも良いかもしれへんやね。
ケツまで読んで頂き、ありがとうございました。

※本記事に掲載されています商品価格は、2016年2月時点のもだ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【エッティンガー長財布】英国王室御用達|一途にずっと使いたくなる…

  2. 男性がブラジャーを付けるとストレスから解き放たれる!?人気のブラ…

  3. 100人の女性に聞いてみました。ホワイトデーにどんなプレゼントが…

  4. んっ?フランク三浦!?謎すぎる時計ブランドの正体とは?有名人着用…

  5. 【スタバ20周年記念】銀座駅で「スタバ×GINZA」!有名写真家…

  6. 【大人コーデへの第一歩】フォーマルコートのブランド&着こなし術

  7. 【現役スタイリスト直伝】360度、死角なし!どの角度から見てもク…

  8. 【浦和の居酒屋特集】女子が喜ぶ、デートに使えるお店を徹底網羅!

  9. 【実力派”マウンテンパーカー”頂上決戦】最強のヘヴィロテアウター…

  10. キャップは馴染み深いアイテムですが、着こなしはok?

  11. 【DV】加害者にも被害者にもならへんために!知っておきたい特徴・…

  12. 大人コーデのスパイスに「クラッチバッグ」投入!!

ページ上部へ戻る