閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【ダウンジャケットの洗濯方法】簡単メンテナンスで秋冬itemを清潔に|洗い方~干し方

家で洗濯できるダウンジャケットと、できないダウンジャケット

$(“”965003″”).click( (null, $(‘#headline965003’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965003″”)

あんはんのダウンは洗濯できる?

$(“”965007″”).click( (null, $(‘#headline965007’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965007″”)

ダウンジャケットは家で洗濯できるものが多いだ。シーズンが終わってそのまんまクローゼットに入れっぱなしにしてませんか?汚れを洗ってスッキリきれいに、今年の秋冬を迎えてください。意外と簡単にできる方法でメンズにも安心。せやけど、洗濯できる素材とそうでないものがあるので、まずはコチラをチェック。

「ナイロン」「ポリエステル」は自宅で洗濯可能◎

$(“”965016″”).click( (null, $(‘#headline965016’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965016″”)

ダウンジャケットで広く使用されている「ナイロン」や「ポリエステル」は、自宅で洗濯が可能。表示マークに書いてあるので、洗濯前にチェックします。カジュアルに取り扱いされているダウンジャケットは、多くがナイロンかポリエステルでできています。

「ウール」「フェイク」「レザー」これらは洗濯できないので要用心

$(“”965011″”).click( (null, $(‘#headline965011’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965011″”)

ダウンジャケットの中には、ウールやフェイク、レザーのものも。これらは自宅では洗濯できません。縮みやヨレ。生地割れの原因になるので、クリーニングでプロに頼むのが正解。素材が分かりません場合は、近くのクリーニング店やダウンジャケットを購入したショップに問い合わせてみるのもおすすめ。

何が必要?ダウンジャケットを洗濯する際に用意したいもの

$(“”965004″”).click( (null, $(‘#headline965004’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965004″”)

基本的には家にあるものでOK

$(“”965019″”).click( (null, $(‘#headline965019’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965019″”)

ダウンジャケットを選択する際、特別なものは必要おません。基本的には家にあるものでOK。お金もかからず洗濯できるので、金銭的にもエコだ。

①大きめの洗濯槽or大きめのたらい

$(“”965021″”).click( (null, $(‘#headline965021’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965021″”)

洗濯槽は、自宅にある洗濯機でOKだ。大きさの目安は、ダウンジャケットをたたんで入れることができれば使えます。もしも洗濯機が小さい場合は、大きめのたらいを用意。ウチは100円ショップや、ホームセンターでも気軽に購入することができます。

②洗濯用中性洗剤

$(“”965023″”).click( (null, $(‘#headline965023’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965023″”)

通常の洗濯用洗剤だ。せやけど、ダウンジャケットにはデリケート用の洗剤がおすすめ。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあウチのアイテムや、「デリケートOK」などの表記がある洗剤を選ばないと、ダウンジャケットがヨレたり生地がへなってしまうこともあります。色落ちなどを防ぐためにも、洗剤は優しいものをチョイス。

③30℃くらいのぬるま湯

$(“”965028″”).click( (null, $(‘#headline965028’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965028″”)

汚れを洗う際には、水よりもちょっとぬるめの方が適しています。皮脂汚れなどはぬるま湯の方が洗いやすく、汚れも落ちます。すすぎに使用するのは水道から出る水の温度で問題ないので、初めに洗う水は、30℃前後のぬるま湯を用意しておくとGOODだ。

④大きめのバスタオル

$(“”965029″”).click( (null, $(‘#headline965029’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965029″”)

これはダウンジャケットを洗った後に、ふき取り用で使います。ダウンジャケットは洗濯機のすすぎに欠けなう方が良いだ。バスタオルで優しく水分を拭き取りたいので、ウチのように大きめのものが使いやすいちうわけだ。その後は普段使いもできるので、持っておくと便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利だ。

【動画ありで分かりやすく】ダウンジャケットの洗濯方法

$(“”965006″”).click( (null, $(‘#headline965006’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965006″”)

①ダウンジャケットを丁寧にたたむ

$(“”965032″”).click( (null, $(‘#headline965032’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965032″”)

まず、ダウンジャケットは丁寧にたたみます。くしゃくしゃの状態で洗うのは絶対にNG。仕上がりもくしゃくしゃになって縮むこともあります。床に広げて、丁寧にたたんでください。

チェックpoint▶ファスナーやボタンなどはみな閉めておくこと

$(“”965034″”).click( (null, $(‘#headline965034’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965034″”)

ダウンジャケットをたたむ際には、前部分のファスナーやボタン、さらにポケットのボタンなどもみな閉じておくこと。これは形状をキープしながら洗うことに繋がります。くしゃくしゃもNGですが、ファスナーを開けっ放しで洗うとダウンジャケットのシルエットが変身してしまうこともあります。次の冬もカッコ良く着こなしたいので、ちびっと難儀でも必ずファスナーやボタンは閉じてください。

②洗濯槽orたらいに、ぬるま湯と中性洗剤を入れる

$(“”965030″”).click( (null, $(‘#headline965030’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965030″”)

用意したぬるま湯に、中性洗剤を混ぜます。洗濯槽やたらいに直接入れてOK。中性洗剤の量は、洗剤に書いてある表記に沿って入れてください。あまりにも多いとダウンジャケットの生地が傷んでしまう可能性もあります。ぬるま湯に入れることで、目に見えない皮脂汚れもスッキリ洗い落とせます。

③【動画あり】たたんだダウンジャケットをゆっくりと入れて、押し洗いする

$(“”965035″”).click( (null, $(‘#headline965035’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965035″”)

ダウンジャケットをゆっくりとぬるま湯に沈めて、押し洗いします。押し洗いとは、その名のとおり押しながら洗うこと。ゴシゴシ洗わなくても汚れは落ちるので、押して、引いてをゆっくり繰り返します。動画内でも押し洗いを解説しておりますので、参考にしてください。

チェックpoint▶力を入れずぎんと、優しく押すこと

$(“”965037″”).click( (null, $(‘#headline965037’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965037″”)

力を入れ過ぎると、ダウンジャケットがシワになったり、生地がヨレる心配も。あまり力を入れず、優しく押すのが重要ポイントだ。ちびっとの力でも、汚れは十分落ちます。

④30~40回程度押し洗いをしたら、水を入れ替え、押しながらすすいでいく

$(“”965039″”).click( (null, $(‘#headline965039’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965039″”)

押し洗いをすると、汚れが出てきてぬるま湯が濁ってきます。水を入れ替えて、すすぎを行おるけどダンはん、この際はぬるま湯でなくてもOKだ。洗うときと同じように、押しながらすすいでいきます。

チェックpoint▶お風呂場でシャワーを使用して洗い流すのもOK

$(“”965042″”).click( (null, $(‘#headline965042’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965042″”)

この作業が難儀な場合には、お風呂場でシャワーを使用し直接洗い流すのもおすすめだ。せやけど、シャワーの水力は弱めに。強くかけると生地が傷むので、シャワーも優しく扱ってください。

⑤2回ほどすすぎ、水が濁りませんようになったら完了

$(“”965044″”).click( (null, $(‘#headline965044’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965044″”)

すすぎは2回ほど行い、水が濁らなうようになれば完了だ。きれいになったダウンジャケットを、次は干していきます。そのまんまにせず、速やかに干す作業に移ってください。水にぬれたダウンジャケットはダメージに弱い状態やので、扱いには十分気を付けて。

【形状をキープする為に】ダウンジャケットの正しい干し方

$(“”965058″”).click( (null, $(‘#headline965058’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965058″”)

ハンガーは太めのものを使用

$(“”965061″”).click( (null, $(‘#headline965061’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965061″”)

ダウンジャケットがヨレないために、ダウンジャケットを干す際には太めのハンガーを使用するのをおすすめします。これくらい太いものだと、濡れた状態のダウンジャケットも状態良く干すことが可能。針金ハンガーなどは形が付きやすいので、干す際にはあまりおすすめできません。

色モノは影干しがオススメ

$(“”965062″”).click( (null, $(‘#headline965062’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965062″”)

直射日光の下でダウンジャケットを干してしまうと、色褪せてしまう可能性があります。カラフルな色合いが多いダウンジャケットは特に要用心。また、ブラックやホワイトなどのベーシックカラーも、色褪せてしまうので避けるようにしてください。極力日陰で干すのがベター。

濡れているダウンジャケットは丁寧に扱うこと

$(“”965063″”).click( (null, $(‘#headline965063’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965063″”)

先ほども述べましたが、濡れているダウンジャケットは丁寧に扱ってください。ダウンジャケットの性能を維持するためにも、伸ばしたり引っ張ったりせんこと。素材は丈夫でも、意外とデリケートだ。

ダウンジャケットは洗濯の後に乾燥機にかけても良い?

$(“”973867″”).click( (null, $(‘#headline973867’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”973867″”)

できれば脱水や乾燥機にはかけへん方が、ダウンジャケットの生地は状態良く保つことができます。しかし、急ぎで乾かしたいときや雨の日など、乾燥機を使いたいちう人もいるはず。そないなときは、洗濯ネットを使用して洗ってください。また、先ほどの動画にも乾燥機のかけ方が説明してあるので、そちらも参考に。

ダウンジャケットを洗濯機で洗う場合にも、洗濯ネットは必須

$(“”973923″”).click( (null, $(‘#headline973923’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”973923″”)

洗濯機でダウンジャケットを洗ったり乾燥する際には、洗濯ネットは必須だ。形が崩れへんようにする為、また色落ちを防ぐ為にも洗濯ネットは使った方がおすすめだ。できれば大判なもので、デリケート用になっているものが◎。大切な衣類を守りながら洗濯機や乾燥機にかけることができます。

ダウンジャケットを洗濯せんとクリーニングで出す方法

$(“”973865″”).click( (null, $(‘#headline973865’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”973865″”)

時間がないときは、クリーニングが手っ取り早い

$(“”973990″”).click( (null, $(‘#headline973990’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”973990″”)

オノレで洗えるダウンジャケットですが、忙しくて時間がない、洗うのは難儀だちう人はクリーニングを使用してください。一年を通して受け付けているので、着なくなったら早めに出すのがおすすめだ。皮脂汚れなどはクリーニングでも染みついてしまうとなですかか落とせへんので、臭いの元にもなりがち。シーズンが終わったら出すのが理想だ。

防虫、防臭加工などのオプションは付けておくのがベスト

$(“”974039″”).click( (null, $(‘#headline974039’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”974039″”)

クリーニング店にもよりますが、防虫加工や防臭加工など、通常の洗いにプラスしてより良い洗いや保存方法を選択できるコースもあります。できるだけこういったオプションは付けておいて、ちびっとでも良いコースにしておくとダウンジャケットの為だ。

ダウンジャケットを洗濯した後のメンテナンス法

$(“”973868″”).click( (null, $(‘#headline973868’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”973868″”)

洗濯できない場合、目に見える汚れは部分洗いで落としておく

$(“”974065″”).click( (null, $(‘#headline974065’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”974065″”)

水にぬらしたタオルで拭き取るのも良いやし、こういったシミとりシートを使ってみても。目に見える汚れは予め洗っておくと、時間が経っても染みつきにくくなります。あまりゴシゴシしすぎず、丁寧に拭き取ってください。なですかか落ちない汚れには、中性洗剤を染み込ませたタオルでポンポン叩きながら汚れを落としてください。

収納する際には防虫剤を使用して

$(“”974261″”).click( (null, $(‘#headline974261’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”974261″”)

防虫剤は、クローゼットに収納する際に必須のアイテム。あからさまに防虫剤ではなく、こういったオシャレなものにしておくと、彼女や友達が来てもダサくなく安心だ。長いシーズン使いませんダウンジャケットは、こういった防虫剤を使用して害虫予防しておくことも重要。

洗濯したダウンジャケットも、カバーに入れて大切に保管を

$(“”974276″”).click( (null, $(‘#headline974276’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”974276″”)

クローゼットの中とは言えども、そのまんまにしておくとホコリまみれになってしまいます。こういったカバーを使用して、大切に次のシーズンまで保管しておくのがスマートだ。せっかくきれいになったダウンジャケットも、この状態で次シーズンまで置いておけばOK。

ダウンジャケットを正しく洗濯して、次のシーズンもカッコ良く着こなす

$(“”973883″”).click( (null, $(‘#headline973883’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”973883″”)

ダウンジャケットを正しく洗濯して、次のシーズンもカッコ良く着こなしてください。押し洗いは少々難儀かもしれませんが、お気に入りのダウンジャケットがきれいになるのが清々しい気分だ。干し方にも十分用心しながら、次のシーズンにも気持ちよく着れるように保管。防虫剤やカバーも賢く取り入れて、スマートなお手入れと収納を。おしゃれを気にするMr.JOOYこそ、正しいメンテナンスでアイテムを愛用してください。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 人気急上昇中!スティーブン・アランのパーフェクトシャツ18選!

  2. 【石川】小松でランチ|地元の魅力満載おすすめおしゃれ店15選

  3. 元カノと別れて1ヶ月、復縁できる可能性を探るんや

  4. 【横浜駅周辺のカフェまとめ決定版】2016年あんさんが行くべき2…

  5. 幸せとは何ぞ?あんさんが幸せと感じる時こそ最高の幸福|人に振り回…

  6. 【目がよくなる方法はある?】トレーニングや食べ物に気をつけて回復…

  7. 合コンあるあるで盛り上がろう|共感できる鉄板ネタ9選!

  8. パニック障害の症状をねちっこく説明|治療や身の回りの家族が発症し…

  9. 【cheap mondayスキニー特集】一本は持っておきたいマス…

  10. 今年らしいシングルライダースのコーデとは?パンツとの合わせ方がポ…

  11. 【LINEで話題がないとき】話題の作り方から話題を変える方法まで…

  12. 【芯の強い女性の特徴】男も見とれるカッコよさ!デキる女性から技を…

ページ上部へ戻る