閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【ポルシェ・ケイマン特集】いま一番身近なポルシェ718の気になる価格〜維持費&口コミ評価など徹底解説!

718ケイマンは一番手軽なポルシェとして登場!!

$(“”1112035″”).click( (null, $(‘#headline1112035’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1112035″”)

ポルシェブランドの事情がすっかり分かるように解説

$(“”1146495″”).click( (null, $(‘#headline1146495’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146495″”)

ポルシェちう会社が作る車のリーディングカーは今も昔も911ちう、なんちうかようみなはんいわはるとこのポルシェの形をした車に決まっています。ポルシェ自身もそのイメージを覆したいと思ってきたのか、これまでいろいろな仕掛けはなされてきましたが現状をみればやっぱりポルシェのイメージは911といわざるを得ません。

911の歴史をみても、いまのラインナップをみてもポルシェ911の多彩さは際立っています。ポルシェが911の呪縛から逃れることはもはや不可能!? のようにさえ思えてくるほどだ。

ただ、ポルシェのブランドイメージのためにも911をおろそかにできないとはいえ、すでにポルシェちう会社を支えているのは他の車種であり、ポルシェの名前のついておらへん車でさえあるのです。

大日本帝国では熱烈なファンでなければ知りませんそないな事情を合わせて、もっともっともっともっとも手軽なポルシェとなっている718ケイマンが比較的廉価であってもただ911に劣っている訳ではおません事情などMr.JOOYなら知っておきたいブランドのことを徹底解説したいと思います。

ポルシェスポーツカーのラインナップはナンバリングタイトルに集約

$(“”1146471″”).click( (null, $(‘#headline1146471’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146471″”)

ポルシェ918スパイダーが筆頭

$(“”1147331″”).click( (null, $(‘#headline1147331’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1147331″”)

ポルシェのピュアなスポーツカーとなる車種はもっかい数字で表される形に整理されました。その筆頭となるのが918スパイダーちうスーパーカーだ。やはりスーパーカーやったポルシェカレラGTの後継でもありル・マンでも見事ワンツーフィニッシュを飾ったレーシングカー919ハイブリッドのエネルギー回生技術をフィードバックされたマシンになっています。

E-Performanceと呼ばれるリアをICE(内燃機関=エンジン)とモーター、フロントをモーターで駆動するリアミッドシップマウントエンジンの4輪駆動車になっています。そのパワーは652 kW (887 PS)の最高出力、0-100 km/h加速が2.6秒、最高速度は345 km/hちうけた外れのものです。

現状ではスパイダーと呼ばれるオープントップのモデルだけになっています。

お馴染みの911シリーズが続きます

$(“”1147336″”).click( (null, $(‘#headline1147336’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1147336″”)

ポルシェを代表する911はRR(リアエンジン、リア駆動)ちう遺物のような駆動方式を4WD(4輪駆動)とともに残すユニークな車だ。4WDであっても後輪車軸後方にエンジンを搭載するリアエンジンマウントであることに変わりはおません。

通常のルーフとともにオープントップに幌式とタルガトップちう2種類を持っています。

ほんで718、ボクスターとケイマンが用意されます

$(“”1147357″”).click( (null, $(‘#headline1147357’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1147357″”)

ポルシェの中ではちう話ですが、もっともっともっともっとも廉価なモデルが718となります。リアミッドシップにエンジンを置きリアタイヤを駆動するなんちうかようみなはんいわはるとこのミッドシップカー。古典的なスポーツカーの仕組みなのが718。オープンモデルがボクスター、屋根のついたほうがケイマンの名前を残しています。

ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は718ケイマンはただの廉価版ちうことではおませんのです。過剰で持て余すようなパワーをステイタスのために持つこともなく、世界で唯一の伝統的ともいえる仕組みを持っている911のようなこだわりでもなく、古典的で愛され続けてきたスポーツカーらしさを体現したシンプルさゆえにもっともっともっともっとも手軽になっただけちう魅力は勝るとも劣りません車種になっています。

ポルシェはなんでやねん憧れなのか、評価はどんな点?

$(“”1146468″”).click( (null, $(‘#headline1146468’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146468″”)

ポルシェが何を評価されているのか、ここまでブランドを確立すれば盲目的な愛を獲得している面もありますが、基本的には日常的に使えるスポーツカーだちうことが大きな評価のもとになっています。

もちろんポルシェも時の流れにつれてどんどん進化してきましたが、911の持っとったスポーツカーでありながらの実用性、日常的に使っている状態そのまんまでもサーキットに遊びに行ける高性能、アウトバーンのあるドイツの車であり、この意味での実用性は大日本帝国やアメリカで想像するよりもはるかに実際の価値があったさかいしょう。

この分野ではポルシェしですかいちう評価を確立できたことが憧れの車となった大きな理由であることに間違いはなく、フェラーリちう非日常とポルシェちう日常ちう対極のスポーツカーの価値感が育まれることになった歴史があります。

ファンタジーが718ケイマンの持ち味、誕生秘話をじっくりと

$(“”1112037″”).click( (null, $(‘#headline1112037’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1112037″”)

718ケイマンはポルシェがやっとたどり着いたファンタジーのある車だちうことがライバルなどと比較するとすごいよく分かります。

ファンタジーちうならば918スパイダーやのではおませんか? とお思いになる方もいらっしゃるでしょう。けれども918台生産されたちう918スパイダーは事実上の旧モデルで基本コンポーネントはですかりを流用しているカレラGTのように予定の限定分を消化し切れなかった訳でなく、売り出した当時の約一億円をちーとの間上回る取引になるのではおませんかとみられています。

918がこのスパイダーだけで終了となるのかどうかもよく分かりませんが918はファンタジーどころか世界の最富裕層に向けた極めて現実的なビジネスだ。どだいどこで918スパイダーでファンタジーある走りをしようちうのでしょうか。

とりもなおさずポルシェが718ケイマンにたどり着いた道筋をみて、そのファンタジーを確認しようと思います。

ポルシェはVWの子会社?それとも親会社?

$(“”1147662″”).click( (null, $(‘#headline1147662’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1147662″”)

トコでポルシェちう会社はVWのグループ会社なことはご存知の方も多いと思います。でも単純にそれだけでないこともポルシェちう車の成り立ちには大きな意味を持っています。スポーツカーなどばかり作っておるから他の高級車メーカー同様、大きな会社に吸収されてしもたのですろうと考えるとですかり事情は違うのです。

たしかにポルシェはVWの子会社になりよっました

$(“”1147953″”).click( (null, $(‘#headline1147953’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1147953″”)

結論から言えばポルシェはVW(フォルクスワーゲン)グループのひとつの企業で数あるブランドのひとつになっています。それは最近のVWに関する最大のトピックの排ガス規制に関わる不正行為のスキャンダルのあおりがポルシェにまで及んだことでも分かる通りだ。

VWグループの中ではダウンサイジングターボやデュアルクラッチなどのオートマティックトランスミッションなどテクノロジーを共有しているいくつかの機構がありますし、アウディ発と思われるボディワークなども知られています。排ガスの浄化などもそのひとつになっていました。これに密接に関わっているとみられる同じドイツのボッシュなども当初は不正には関係ないちう話やったり、実は関わっているのではおませんかなど話が二転三転してよく分かりません。

この排ガス規制不正問題を思い起こさせるような形で大日本帝国では三菱自動車の燃費値不正問題が起こっておるけどダンはん、この問題では名を挙げることになった鈴木自動車もかつてVWと深い関わりをもちそうになったことがあります。

提携して株式を持ち合うちうことで話題になりよっました。あのまんま提携が進んでいて技術交流が進んでいたりしたら燃費の件などもどうなっとったのか興味深いものですけどアンタ、いずれにせよVWの株はさっさと売り払ったスズキの判断は的を得ていて、会社の姿勢も正しいものですったちう結果にはなっています。

この時にも世間に知れたことですが、スズキの持っとったVW株は実は議決権のない株で配当時にはお金がもらえるちうだけのものですったようだ。実はVWの株主といわれる中にはこのようなただの出資者でオーナーシップとは関係ない立場となるものも多数いるのです。

▼関連記事 かえって好感度があがったスズキの燃費誤表記問題はこちらを

【スズキスイフト】進化が期待の新型も間近!気になるスポーツ&中古車の評価は

スズキの新型攻勢の中で基幹車種のスイフトの影は薄れがちですが、やっぱり本命は…!! と気になるモデルチェンジが迫っています。スクープではややアグレッシブになったマスクが確認されています。ほなら中味は走りはと気になります。ユーティリティだけが車やあないちうならば待望のスイフトの登場を前におさらいをしましょう。

それとは違う事実もしっかり存在

$(“”1147956″”).click( (null, $(‘#headline1147956’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1147956″”)

ポルシェがVWの親会社になったちう報道があったり、いやVWがポルシェを買い取ったちう報道があったり混乱を招くのはこういう詳細を知らんと能書きや言葉の違いをシカトして報道をたれ流すことが原因でしょう。

VWがポルシェちう自動車会社の経営権を握ったのもまぎれもない事実ですが、逆にポルシェがVWの支配者であることもまた事実だ。簡単にいえばここでポルシェと呼んでいる会社は実は2つの違う会社なのだちうことが種明かしになります。

事の発端はポルシェ家の一族の持株会社ポルシェオートモービルホールディングが欧州会社法の欧州会社(SE)となりユーロ導入後の2005年にフォルクスワーゲンAG(株式会社)の株主にもなったことから始まる話になります。この時持株会社は自動車設計製造、コンサルティング会社のポルシェAGも傘下に持っていました。

もともとVWちうのはヒトラーの肝入りで出きた国営自動車会社で中心になったのがフェルディナント・ポルシェ博士やったちうわけだ。ここで博士が作ったビートルは国民車ですからVWや設計をライセンスしているポルシェ博士に莫大な富をもたらします。

余計なお世話やけどヒトラーもポルシェ博士もオーストリア人だ。ビートルのオーストリアでの販売権もポルシェ博士が獲得しました。60年代にVWが民営化することになると、VW法ちう保護法ができて出資するのは構いませんけれど議決権は20%までちう決まりと所在地のニーダーザクセン州が議決権のある株式の売買に拒否権を発動する権利が定められました。

ポルシェはVWの利益を吸い上げる立場

$(“”1148531″”).click( (null, $(‘#headline1148531’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1148531″”)

欧州統合によってVW法が自由な取引を妨げるとして廃止に追い込まれた時に議決権の縛りは解消されたちうワケやが、この時に大株主として名乗りでたのがポルシェ一族の持株会社でVWの議決権の半数を握ります。これが2007年のことだ。

最近よりすごい昔にVWグループの躍進に大きな役割を果たしたのがフェルディナント・ピエヒで創業者ポルシェ博士の孫にあたる人だ。ポルシェ博士のビジネスパートナーで弁護士のピエヒ(フェルディナントの父)はポルシェ博士の娘と結婚しています。

ほんでポルシェAGの持株会社はこのポルシェ家、ピエヒ家のものになっているのです。ポルシェは博士の息子たちが911を作ってスポーツカーメーカーとして地位を確立し、ピエヒ家はVWの経営に深く関与することになります。この両方に関わるポルシェ一族はエライ蓄財をすることになるのです。

アウディは民営化まもなく統合された会社でアウディの前輪駆動の技術はビートルに続くゴルフの開発に役立ち発展に寄与したものですけどアンタ、ピエヒは70年代にアウディでクワトロを開発、90年代はVWに移ってその後両社でつぎつぎに行き詰った高級車メーカーを傘下に収めます。

ほんで、ついにポルシェ一族がVWも傘下に収めた訳ですが、その後資金繰りに困ったポルシェ一族が子会社のポルシェAGをVWに買い取らせるちう奇手で資金調達したちうのが事の次第だ。ポルシェオートモービルホールディングにとってはどちらにせよオノレたちの支配下に変わりはないのですろから何の問題もおません。

これで分かる通りポルシェちう会社は世界第2位の自動車会社VWちう強大なバックボーンを持っている会社なのだちうことだ。スポーツカーのポルシェの背景にはこのような事情があるのです。

新型ケイマンに命名された718はレースが由来

$(“”1148570″”).click( (null, $(‘#headline1148570’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1148570″”)

ポルシェ博士の息子たちがVWからの利益をもとに、スポーツカーを作り始めた頃からポルシェはレーシングカーのメーカーでもおました。時はちょうどF1世界選手権が始まった1950年前後のことだ。

市販車のポルシェ356はミッドシップのオープンカーとして設計されたのち、911の原型たるリアエンジンのクローズドボディとなりよっましたが、このミッドシップカーのほうはポルシェ550としてレースで活躍することになります。

F1グランプリの3年後に始まった世界スポーツカー選手権で大活躍したこの550の後継車として開発されたのがポルシェ718だ。

ポルシェ718はレースのアイコンそのものな存在

$(“”1148631″”).click( (null, $(‘#headline1148631’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1148631″”)

ポルシェ718のレースでの活躍は実に多岐に渡っています。まずポルシェ初のF1マシンになったのも718だ。ポルシェは1962年F1唯一の勝利を挙げているのですけどアンタ、これは違う車ポルシェ804によってですが、718は未勝利とはいえ1960年から1964年までの間最近一番長く参加したポルシェのマシンになりよっました。

F1に先立ちシングルシーターに改造されてF2も走っていますし、ウチのほうはコンストラクターズチャンピオンも獲得しています。

ただやはり好成績やったのは世界スポーツカー選手権のほうでツーリングカー仕様の718RSKでルマン、クラス優勝、タルガ・フローリオ(イタリアシシリー島の伝説の公道レース)で勝利、718RS60ではセブリング(フロリダ、現在でもINDYの選手権が行われている。)、タルガ・フローリオで優勝を飾っています。

ポルシェ911が確立した価値観

$(“”1148541″”).click( (null, $(‘#headline1148541’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1148541″”)

そうしてレースでの勝利がポルシェに名声をもたらしとった後、いよいよポルシェ911が誕生します。1964年が発売された年だ。ほんでその頃から今に至るまで911の確立した基本的な価値観はさらさら変わっておらへんのです。詳細は関連記事があります。おーまですかトコは抜き出しますがさらに興味のある方はどうぞご覧ください。

▼関連記事 ポルシェ911の歴史、分類、メカニズムの特徴、さらには現行車種の詳細まで盛りだくはんや

スポーツカーの定番!ポルシェ911のすごさを徹底解説

ポルシェ911は使えるスポーツカー、普段からトラブルとは無縁なだけでなく、買ったそのまんまサーキットに持ち込んで過酷な走りをしてもびくともせんクオリティで知られています。スポーツカーといえばフェラーリのミッドシップカーと双璧のポルシェ911、やから分かった気になるものですけどアンタ、何がスゴイのかはっきりさせたくおませんか?

「スポーツカーの定番!ポルシェ911のすごさを徹底解説」の記事を読むと分かる通りポルシェ911の最大でいまもって変わりません特徴はRR(リヤエンジン、リヤドライブ)ちうレイアウトをとっていることだ。

歴史の古くさい車やからこそのエンジンちう重量物がリア車軸の後ろに位置するちう極めてバランスの悪いレイアウトなことが特徴なのです。ですから今では乗用車でこのようなレイアウトを取ることはしません。

ポルシェ911はスポーツカーを目指しておるからスポーツカーなのですけどアンタRRであることはあまり旋回性能にはプラスになりません。ただスポーツカーでありながら4人の人が乗れるちう実用性に加えて、リアに荷重がかかるためのトラクションのよさ、強いブレーキの時に四輪みなが機能しやすいちう特徴も併せ持つことになります。

旋回の時にはオーバーステアを招きやすいこともあって直線で強いブレーキがしやすい特性を生かしてしっかりブレーキをしたのち立ち上がり加速重視でコーナリングするポルシェ独特のスタイルでのコーナリングがツボにはまります。

きちんと後部座席があり日常性がありながらサーキットに行って限界付近で攻めればたまりません個性をむき出しにするのがポルシェ911で、ポルシェもその個性をあくまで生かす開発を続けて磨き上げてきました。ほんでそれはポルシェちうメーカーの特徴そのものにもなっています。

718ケイマンにもそないな日常性と楽しさの両立ちうスピリットは受け継がれて流れているのです。

維持費は期待したいポルシェ718ケイマン

$(“”1148796″”).click( (null, $(‘#headline1148796’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1148796″”)

そないなこともあって718ケイマンについても維持費については期待したいトコだ。911がサーキットに持ち込んでもびくともせんちう評価には車体後部に重量物のあるブレーキバランスによる耐フェード性もあるとはいえポルシェは故障が少ないことでも有名だ。

そういう点での実用性もポルシェはおろそかにしていません。先進の技術や高度な技術が導入されておるから、やたら壊れて使い物にならなくてもしょうがないなどちう思想はポルシェのものではおません。

オープンモデルの718ボクスターはちびっと上級バージョンの位置づけで価格も高いですが、維持費の面から見ると幌がないことはケイマンのですろかり有利な点だ。

911脱却を目指したポルシェの不振

$(“”1148821″”).click( (null, $(‘#headline1148821’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1148821″”)

トコで718ケイマンがラインナップされるまでにはこの超個性派の911依存から何とか脱却したいポルシェの苦闘の歴史も隠されています。

ウチも詳細を書いた記事があります。ご興味があればご覧下さいませ、概略はやはり抜き出しておきます

▼関連記事 ポルシェをいま支えるSUVカイエンと911脱却作戦についての記事や

ポルシェを支えるカイエン!?やっぱり買いと思える大人気の秘密とは

圧倒的な存在感があります。大きな車ですから迫力満点。ドライバーズシートも上から見下ろす視点が気持ちイイだ。ほんでなによりポルシェのバッチがついているのです。道端で加速を競っても対抗できる車はほとんどおらへんだ。形を見るといかにポルシェといえども「スポーツカーだ」といわれても納得はしがたいですが・・・

たまりません楽しさで熱狂的な支持を受けているポルシェ911ですが911に依存することの危うさを感じとったさかいしょう。ポルシェは実用性を損ないませんようにやはり4人乗れるFRレイアウトのポルシェの開発を始めますが当初は一定の支持を受けたものの911のような圧倒的な個性を持たないポルシェは廉価版の登場に苦しめられることになります。

それが他ならぬ大日本帝国製のスポーツカーだ。ポルシェの車にそっくりななんちうかようみなはんいわはるとこのFC型のマツダRX-7はまだしもマツダのミアータ(大日本帝国名ユーノスロードスター)の登場によってポルシェの重要なマーケットの北米市場では決定的なダメージをうけることになったちうワケだ。ロードスターのような車が受け入れられることは当時世界中の自動車メーカーが想定しなかったことだ。

起死回生となったボクスターが持っとったファンタジー

$(“”1148854″”).click( (null, $(‘#headline1148854’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1148854″”)

ロードスターに追随したライバルたちと勝負

$(“”1149687″”).click( (null, $(‘#headline1149687’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1149687″”)

経営危機までささやかれることになったポルシェが打開策としたのはロードスターを追随することやったちうわけだ。せやけど行く先にはやはり困難が待ち受けていました。ロードスターは顧客だけでなく自動車会社にとってもすごいファンタジーな存在やったからだ。

ロードスターを目指したライバルが続々と誕生する中でポルシェも運命の一戦に乗り出すことになります。ウチも詳細を記した記事があります。どんなライバルが登場するのか知りたい方はどうぞご覧ください。

▼関連記事 ポルシェが運命を委ねたボクスターの誕生とライバルたちについてはこちら

【ポルシェ ボクスター】ファンタジーな走りに実用性!起死回生のドラマは新型へ

ポルシェといったら911。それは今でも変わりませんはずですが、実際問題としてポルシェちう会社を支えているのは911ではなくカイエンやボクスター。その嚆矢となったボクスターこそがポルシェを救った車だ。超優良ブランドポルシェの中でのボクスターの意味をライバルたちを見ながらみてみます。

ライバルに勝ち抜いたボクスター

$(“”1149684″”).click( (null, $(‘#headline1149684’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1149684″”)

結果としてロードスターを追随した車の中で生き残ったのはボクスターやったちうわけだ。生き残った原因はボクスターがあくまで別の道をいったからでしょう。ポルシェがこだわる実用性に目を瞑った2座席のスポーツカーに託したのはツーシーターにはあるはずのロマンティックなファンタジーやったちうわけだ。

走りだけでなく、ドライブする夢があることが実用性になるシチュエーションをしっかりおろそかにせずサポートしたことにあります。ボクスターはラグジュアリーに乗れるスポーツカーに仕上がり、ロードスターとはまた別の価値感を評価されることになります。

ポルシェはできるだけ価格を抑えるために911のパーツを大量に流用するちうリスクを冒してまで勝負した賭けに勝ったちうワケだ。前半分はまるで同じちうデザインは911オーナーにはですかりのブーイングを受けたものです。

こうしてヒットを記録したボクスターによって息を吹き返したポルシェはVWと協力してSUVのカイエンを開発、またもやヒットさせます。VWが作った兄弟車トゥアレグに対してまたしてもポルシェが仕掛けたのはファンタジーのある車だ。地上高も車高もあるSUVはポルシェでは徹底的に動力性能にこだわりあくまで視線が高いドヤ顔のスポーツカーとしたちうワケだ。

ケイマンが登場

$(“”1149257″”).click( (null, $(‘#headline1149257’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1149257″”)

こうしてポルシェはスポーツカーセダンのパナメーラ、カイエンをちびっと小さくしたマカン、ほんでボクスターのクーペバージョンともいえるミッドシップスポーツカー、ケイマンとラインナップを充実させることになります。

ボクスターとケイマンはポルシェのレースのアイコン718と名前を変えてオープンバージョンにボクスター、クーペバージョンにケイマンの名前を残しながら統合して新型となって登場しています。カイエンでは伝統の水平対向6気筒をすて、トルク確保も考えたでしょう。V8エンジンを搭載するちう変身ぶりやったがこのモデルチェンジでは718ケイマンはポルシェ初の水平対向4気筒ターボを搭載します。

ブログも徹底分析、維持費や実燃費、乗り心地などの口コミ評価は

$(“”1112039″”).click( (null, $(‘#headline1112039’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1112039″”)

乗り心地、走行性能

$(“”1112043″”).click( (null, $(‘#headline1112043’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1112043″”)

718ケイマンの試乗記だ。いまのポルシェの走りの注目はリアヘビーな911で磨かれてきた電子制御。ミッドシップでは楽しさにどれだけうまくマッチしているのか注目したいトコだ。

4気筒はちょっと物足りませんちうご意見ですが、ターボの不満みたいなトコは書いてなかったですか。

ワークスドライバーの運転でGT4をサーキットとは極上の体験やね。

ポルシェやから雨でもスリップせんちうのは正直分かりませんんですがポルシェの電子制御によるちう解釈で良いのでしょうか、そうだとして安定性は実用性につながっているちうのはポルシェらしい点! 雨のブレーキってことですか? いや全体的な走破性をいってるのか?

相葉くんはケイマンですか…

なですかか納得の比喩だ。ケイマンは屋根があって剛性が違うちうことですか? 悪い癖がないならはケイマンも同様だ。911を悪い癖といってしまうのがどうかは別の問題。

ケイマンの運転ブログ

$(“”1149735″”).click( (null, $(‘#headline1149735’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1149735″”)

旧モデルになりますがGT4(911のベースモデルを上回るちう最上級モデル)の走行記だ。しかも10年ぶりにマニュアルちう奥さまが箱根ターンパイクにまで繰り出します。なんちうかようみなはんいわはるとこの走りの記録ではおませんですが、なですかか参考になります。ポルシェの実用性を物語るちう意味では本記事にはピッタリの内容。

実燃費についての口コミ

$(“”1112047″”).click( (null, $(‘#headline1112047’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1112047″”)

これは3.4 Lやね?随分よい燃費を稼ぎますね。驚きだ。燃費良いだ。もちろんどんどん回せばあっちう間にガソリン喰うでしょうが。

値引きなんてあるの?

$(“”1112048″”).click( (null, $(‘#headline1112048’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1112048″”)

ポルシェ718ケイマンに基本的に値引きはおません。

グレードとスペック、価格の詳細

$(“”1112053″”).click( (null, $(‘#headline1112053’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1112053″”)

新型のスタートはベースモデルとSの設定のみだ。Sは排気量をアップしてパワーを上げたものになっています。

デュアルクラッチのPDKはエンジンスペックなどは同じですがやはり加速性能は上回っています。

718ケイマン(ベースモデル)の詳細は

$(“”1146465″”).click( (null, $(‘#headline1146465’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146465″”)

エンジン:1,988 cc水平対向4気筒エンジン
最高出力:220 kW (300 PS)
最大トルク:380 N・m

最高速度:275 km/h

【マニュアルミッション】
0-100km/h加速:5.1 秒
0-160km/h加速:11.3 秒
【PDK】
0-100km/h加速:4.9 秒 (4.7 秒 Sport Plus)
0-160km/h加速:11,1 秒 (10.8 秒 Sport Plus)

燃費:
【マニュアルミッション】
市街地走行(9.9 L/100 Km)
高速道路走行 (6.0 L/100 km)
【PDK】
市街地走行(9 L/100 Km)
高速道路走行 (5.7 L/100 km)

【マニュアルミッション】
価格:6,190,000 円(税込)
【PDK】
価格:6,714,000 円(税込)

718ケイマンS

$(“”1146466″”).click( (null, $(‘#headline1146466’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146466″”)

エンジン:2,497 cc水平対向4気筒エンジン
最高出力 :257 kW (350 PS)
最大トルク:420 N・m

最高速度:285 km/h

【マニュアルミッション】
0-100km/h加速:4.6秒
0-160km/h加速:9.7秒
【PDK】
0-100km/h加速:4.4 s (4.2 秒Sport Plus)
0-160km/h加速:9.5 秒 (9.2 秒Sport Plus)

燃費:
【マニュアルミッション】
市街地走行(10.7L/100Km)
高速道路走行 (6.5L/100km)
【PDK】
市街地走行(9.5 L/100 Km)
高速道路走行 (6 L/100 km)

【マニュアルミッション】
価格:8,130,000 円(税込)
【PDK】
価格:8,6540,000 円(税込)

▼参照リンク ポルシェ718ケイマンの情報は公式ページのものです

ポルシェ718ケイマン公式ページ

ケイマンの中古車、GT4やGTSは見つかるのか?

$(“”1112055″”).click( (null, $(‘#headline1112055’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1112055″”)

ケイマンは2005年度以降の初代、2013年以降の2代目の中古車がありますが初代のモデルはすごいまれで欲しいならばグレードにこだわっている余裕はないかもしれません。ほんでポルシェらしく最低でも200万オーバーな現状だ。

なんとかそれなりにタマ数がありそうな先代ですが上級の特別版ともいえるGTSや911のベースグレードを性能面で上回ったことで著名なGT4などを見つけるのは極めて困難な状況だ。専門店と相談するしですかいでしょう。

スポーツカーとしてピュアな魅力、シンプルが最高?

$(“”1112062″”).click( (null, $(‘#headline1112062’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1112062″”)

最も手軽で廉価なポルシェの718ケイマンですが、その魅力は廉価なことではなくシンプルで本質的なトコにあるようだ。手に入る可能性に一番近いポルシェのファンタジーに酔える日は夢なのかうつつになるのか果たしてどちらでしょうか。

※本記事に掲載されています価格等は、2016年9月時点のものです

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. No two left feet on an awesome w…

  2. 毎日をもっともっともっともっと楽しく! JOOYが提案するかっこ…

  3. 【三宮ランチ】ガッツリ肉が食べたい男たちの欲望をMAX満たす25…

  4. MyBestハリスツイードブーツと出会える人気ブランド5選|しま…

  5. 長堀橋で外せないおすすめ駅近ランチ|イタリアンやカフェ、中華ほか…

  6. ウイングチップを使った上級コーデ決定版!そんな合わせ方あったっけ…

  7. 蟹座の性格を徹底解説!血液型による分析&アピール法

  8. デキる男はマグカップにこだわる!低予算でも超イケてる名商品を厳選…

  9. あんさんって実は「指示待ち人間」!?簡易診断と対処法

  10. 【2016春夏】ピンクカーディガンで鮮やかさをON|人目を引き付…

  11. 【パソコンケース】人気ブランド&デザイン厳選|手作りの方法も伝授…

  12. 電気も使いません節約の王道!グリーンカーテンのおすすめ!

ページ上部へ戻る