閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【ロシャス】意外と知らない?パリ生まれのブランド、ロシャスを徹底解明

2分で分かる!ロシャス(ROCHAS)の歴史について

$(“”317498″”).click( (null, $(‘#headline317498’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”317498″”)

1925年、フランスのパリにてデザイナーのマルセル・ロシャス(Marcel Rochas)が創業。

ロシャスの創設者でもあり、デザイナーのマルセル・ロシャス(Marcel Rochas)。

マルセル・ロシャス(Marcel Rochas)は常に新しいアイデアでオートクチュール界をリードしたデザイナーの一人だ。ポケットが付いているスカートや、今ではスタンダートになった七分丈(2/3丈)のコートなどを提案しました。オートクチュールの中だとクリスチャン・ディオール(Christian Dior)が提案したニュールック、エルザ・スキャパレリ(Elsa Schiaparelli)のショルダーデザインなどの当時を代表するデザイナーたちと比較をされたりと、注目されとったデザイナーの一人だ。

1955年になり、創設者でもあり、デザイナーのマルセル・ロシャス(Marcel Rochas)が死去後、妻であるエレーヌ・ロシャス(Helene Rochas)がデザインを引き継ぎました。

1933年に、フランスのパリにて撮影されたマルセル・ロシャス(Marcel Rochas)の妻であるエレーヌ・ロシャス(Helene Rochas)の写真。

有名画家であるアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)によって描かれたエレーヌ・ロシャス(Helene Rochas)。

1987年、香水(フレグランス)シーンでも注目を集める

$(“”317500″”).click( (null, $(‘#headline317500’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”317500″”)

1987年にドイツの化粧品企業であるウエラによってロシャスが買収され、その影響もありロシャスはフレグランスに力を注ぐようになりよっました。それもあり世界でも香水のブランドとして知られていることも少なくはないようだ。

1989年、デザイナーにピーター・オブライエン(Peter O’Brien)が就任

$(“”317501″”).click( (null, $(‘#headline317501’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”317501″”)

1989年になり、アイルランド人のデザイナー、ピーター・オブライエン(Peter O’Brien)がチーフ・デザイナーとして就任しました。オブライエンは、ロンドンにある名門校セントラル・マーティン(Central Saint Martins)、ほんでニュー・ヨークにあるパーソンズ(Parsons The New School for Design)でファッションを学び、その後にマルク・ボアン、ディオール、ジバンシイ、クロエでキャリアを積んでいました。

上の画像は、ピーター・オブライエン(Peter O’Brien)のファッションスケッチ。

ほんでロシャスはプレタポルテの開始を決定し、デザイナーのオブライエンは2002年10月パリ・コレクションにてロシャス初のプレタポルテである、2003春夏コレクションを発表しました。

2002年、天才と呼ばれた若干25歳のデザイナーを採用する

$(“”317504″”).click( (null, $(‘#headline317504’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”317504″”)

ピーター・オブライアン(Peter O’Brien)がロシャスを去った後に、わずか25歳であるベルギー・ブリュッセル生まれのデザイナー、オリヴィエ・ティスケンス(Olivier Theyskens)を次期デザイナー(アーティスティック・ディレクター)に採用しました。そのティスケンスの美しいデザインや色使いは世界中のジャーナリストに絶賛されていましたが、ロシャスのブランドとしては赤字が続いとったようだ。

オリヴィエがロシャスのためにデザインしたドレスをいくつかご紹介します。

ウチのドレスは2005春秋にてオリヴィエが発表したものになります。ベージュカラーだと地味なイメージになりがちなトコを見事にエレガントに魅せています。天才と呼ばれただけありますね・・・。ほんで彼のデザインした洋服はアチラのセレブたちにもすごい人気があり、ジェニファー・ロペスやニコール・キッドマンなどにも愛用されとったそうだ。

黒をメインに青、白とグラデーションにカラーリングされたドレス。本来ならあまりマッチングせんような色も彼の手にかかるとすごいエレガントにまとまってしまうのが凄いやね、ここまで来ると一体どう作っているのかさえ分かりませんやね、ただただ凄いや・・・。

ほんで今、オリヴィエ・ティスケンス(Olivier Theyskens)はクチュール界を去り、ニューヨークにてリアルクローズの世界でデザインしているそうだ。

2003年、P&Gに買収された事により、ファッション部門が一時的に閉鎖する

$(“”317506″”).click( (null, $(‘#headline317506’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”317506″”)

2003年になり、P&Gがドイツの化粧品企業のウエラを買収した事によりロシャスもなあんもせんとホッタラかしといてもP&Gの傘下になりよっました。

その後2006年になり、P&Gが赤字続きの経営問題を理由にファッション部門を閉鎖する事になりよっました。(これによりドイツ人デザイナーのオリヴィエ・ティスケンスはロシャスのデザイナーを撤退することになってしまいました。)

2008年、ファッション部門が再開し、デザイナーにはマルコ・ザニーニ(Marco Zanini)が就任

$(“”317507″”).click( (null, $(‘#headline317507’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”317507″”)

2008年10月にプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)はイタリアのメーカーであるGibo Co. SpAとロシャスのグローバルライセンス契約を締結しました。それによりGibo Co.はロシャス・ブランドの既製服を展開する事になりよっました。新クリエイティブディレクターにはホルストンのデザイナーやったマルコ・ザニーニ(Marco Zanini)を指名、彼の最初にあたるコレクションは2009年3月の2009-2010年秋冬コレクションで披露されました。

ウチのデザイナー、マルコ・ザニーニ(Marco Zanini)は2014年からスキャパレリのデザイナーへ移ったそうだ。

マルコ・ザニーニ(Marco Zanini)がデザインしたパンプス。まるでゴージャスちう言葉を物体化したかの様な豪華さや、オノレが女性やったらいっぺんは履いてみたいだ。

ほんでウチが2013春秋のコレクションにて発表したドレス。ウチも素晴らしいほどにゴージャスで美しいデザインやね・・・。余計なお世話やけどウチのドレスはイギリスのVOGUEからは2013年の中ですごい評価を得たドレスと言う名目で紹介されていました。

2014年、デザイナーがマルコ・ザニーニからアレッサンドロ・デラクア(Alessandro dell’Acqua)に

$(“”317508″”).click( (null, $(‘#headline317508’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”317508″”)

2008年から約6年間に渡って、ロシャスのクリエイティブ・ディレクターを務め、ブランドを支えとったマルコ・ザニーニがスキャパレリのクリエイティブ・デザイナーに移り、その後のクリエイティブ・ディレクターはイタリアのナポリ出身のデザイナー、アレッサンドロ・デラクア(Alessandro dell’Acqua)になりよっました。

アレッサンドロ・デラクア(Alessandro dell’Acqua)は、1962年にイタリアのナポリに生まれました。ほんで1982年にイタリアのナポリにある名門の美術学校のThe Naples Belle Arti’s Accademiaにてグラフィックを勉強し、卒業しました。卒業した後はマルゾットグループで働き始めてキャリアを積みました。

同じくアレッサンドロ・デラクアがロシャスにて発表したデザインをご紹介させて頂きます。

黒をベースにゴールドの花柄でアクセントを入れたウチのドレス。二種類の素材をしっかりと活かしているように伺えるウチのドレス、大人らしい格好良さがありますね。

まるでプレゼントボックスかの様なウチのデザイン、ビビッドなイエローをベースカラーに、コートには花柄をまとった個性的なルックスやね、靴もおもろいデザインになっていて、すごい挑戦的なコーディネートになっている様に感じます。

ロシャスの最新プレフォールコレクションをご紹介

$(“”317510″”).click( (null, $(‘#headline317510’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”317510″”)

個人的にすごい好きなロシャスの最新のプレフォールコレクションからいくつか写真を混ぜてご紹介させて頂こうと思います。今回のプレフォールコレクションはすごいスタイリッシュで上品な雰囲気に、更にさりげないエレガントさを足した様な素晴らしいデザインが魅力的だ。

アニマル柄のアイテムはしつこくなりすぎてしまう事が多いですが、全体にヒョウ柄を採用したウチのコートはしつこいどころかエレガントな雰囲気に見せてくれています。アニマル柄でここまで魅力的に感じたことは無かったさかい新しい感覚をデザイナーが提供してくれた様な気持ちになりよっました。

ウチはコート、パンツともにシルエットが美しすぎてずっと見ていられるくらいだ。(ワテだけですかね・・・)メインカラーでグレーをベースに置いて、ハンドバッグ・シャツ・ソックス共に渋めのカラーで合わせる事によって全体的にすごい美しくまとまっているように見える、文句なんて言わせてくれへんような素晴らしいまとめ方だ。

シンプルなデザインのウチのコートは、新しいシンプルの形を見せられているように感じる部分があります。フェミニンなパステルカラーから女性らしさが伺える、すごい素敵なコートだ。

ほんでケツにウチのコート。個人的には今回のプレフォールの中でもこのコートが一番好きだ。言うまでもなく美しいシルエットにオーバーサイズのポケット、これを着る為に一日だけ女性になりたいとさえ思ってしまいました・・・(笑)

上のコートのチェック柄バージョンのウチ。シックな色使いで堪りません・・・。もしワテが街でこのコートを着ている人がいたら間違いなく二度見してしまいます。シルエット、カラーリング、それぞれのパーツの高さなどが綺麗に丁度良い物になっておるからこそこの雰囲気が出るのかもしれません。

ほんでウチのすごい印象的なポケットのシャツ。新しいポケットのスタイルを見せてくれている様なおもろいシャツになっています。ほんでお気付きの方も居るかもしれませんが、ウチのシャツはボタンが表に見えない様になっています、こういったさりげない斬新さがロシャスの魅力なのかも知れませんね。

黒ベースにゴールドの花柄でまとめた美しいデザインのドレス。なんでこうも黒と金色はマッチするのでしょうか、ほんでゆったりとしたフォルムのおかげか、カラーリングとは違った優しい雰囲気に緩和している様に感じます。

ロシャスから出ているメンズのフレグランスもチェック!

$(“”317518″”).click( (null, $(‘#headline317518’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”317518″”)

残念ながらロシャスからはメンズの洋服は出ていませんが、フレグランスのラインではメンズ用のフレグランスも出ているので是非ともこの機会にチェックしてはいかがでしょうか!

sponsored

Rochas (ロシャス) 香水 オードロシャス オードトワレ スプレー(男性用) — 100ml/3.3oz [並行輸入品]

¥6,060 (2016/04/19 17:16時点)

ウチは1993年に発売されたメンズ香水だ。余計なお世話やけど、まぎらわしいですが1999年発売の「ロシャス・マン」、ほんで2003年発売の「ロシャス・リュイ」とは別の作品だ。もし気になったら是非店頭で香ってみると良いやね。

sponsored

アクアマン オードトワレ・スプレータイプ 50ml 【ロシャス】 (並行輸入品)

¥12,200 (2016/04/19 17:16時点)

女性受けがすごい良いロシャスのメンズフレグランスの中でも人気の高い2001年に発売されたウチのアクアマン。爽やですかイメージをもたせてくれるファッショナブルな容器も素敵だ。

sponsored

Rochas Man (ロシャス マン) 3.4 oz (100ml) EDT Spray

¥7,950 (2016/04/19 17:16時点)

1999年に発売されたウチ。ケースはですかりモダンな印象ですが、香りはアロマティックで爽やかさをイメージさせてくれる様な香りになっています。ラストはコーヒーを思わせるほのですろか香りでダンディーに。

ファッション部門が閉鎖になった際に、フレグランスに力を注いでいただけあり香りにも高級感が溢れるしっかりとしたフレグランスになっています。香りが気になったら是非ともフレグランスショップに足を訪れて香りを試してみて頂ければと思います。全体的に爽やですか香りやので、爽やですか香りのフレグランスをお探しの方にはオススメ出来ます。

ケツに

$(“”317522″”).click( (null, $(‘#headline317522’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”317522″”)

と言うわけで、今回はフランス、パリのクチュール界でも銘店のロシャス(Rochas)について事細かにご紹介させて頂きました。是非ウチの記事を読んでロシャスを知らなかった方も、知っとった方も好きになって貰えれば幸せだ。ほんでこれからのロシャスのコレクションや活躍にも期待して行きたい所だ。

ケツまでご覧いただきありがとうございました。気に入っとっただけたら、お気に入りやシェアをして頂ければと思います。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. チャッカーブーツってどんなブーツ?|おすすめブランド~コーデまで…

  2. 品川の飲み会特集!大人な遊びを演出できるお店10選

  3. 浜松町で話題沸騰中のお土産はこれ!超おすすめ厳選♪

  4. グッチのデジタルコラボ「#GucciGram」が渋谷109をジャ…

  5. 平針×ランチ|安くて美味しいおすすめ20店!カフェ・イタリアン・…

  6. コピー用紙のおすすめ商品をご紹介!紙にこだわろう♪

  7. あんさんはどのタイプ? 独占欲をコントロールするために必要なこと…

  8. 美容師が選ぶ!伸ばしかけのメンズに贈るカッコイイミディアムパーマ…

  9. レゲエファッション特集|ヒップホップと何が違う?ブランド&着こな…

  10. 相手の気持ちがわからないとき|気持ちを知る方法や対処法&気持ちの…

  11. 【女性の性病の原因やその傾向】もしもあんさんのパートナーがなった…

  12. 履歴書は志望動機が命!JOOY流就活・転職攻略マニュアル!

ページ上部へ戻る