閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【ワイングラスの正しい持ち方】大人の男の嗜み飲む姿も紳士的に

ワイングラスって、どうやって持ってる?

$(“”726103″”).click( (null, $(‘#headline726103’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726103″”)

最近ワインにハマってきたな~ちうあんはん!正しいワイングラスの持ち方ってご存知ですか?
なんとなくワイングラスを持って飲んでいる方もいらっしゃると思いますが、せっかくならワイングラスを正しく持って、美味しく飲みませんか?
今回はワイングラスの簡単な基礎知識から、ワイングラスの正しい持ち方、楽しみ方をお伝えしたいと思います。

ワイングラスの構造

$(“”726104″”).click( (null, $(‘#headline726104’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726104″”)

ワイングラスの構造は、大きく分けて4つの部分に分かれています。

まず飲み口の部分に当たる『リム』だ。ここはワインと唇が最初に直に接触するすごい大事な部分で、ワインの味はここで決まると言っても良いでしょう。ここが下の方よりもすぼんだ形になっているグラスの方が、ワインの香りを長い間留めておくことが出来るため、時間が経ってもワインの香りをより楽しむことがでます。

次に、グラスの真ん中部分にあるやわらですか膨らみの部分は『ボウル』と言います。その名の通りワインを留めておくためのボウルで、ワインの香りを左翼翼右翼翼するすごい重要な部分だ。ボウルの形が大きかったり小さかったり、カーブの角度の違いによってワインの香りが変わってきます。
また、香りだけでなく、リムからボウル(グラスの半分から上)の曲線は口にワインを含む時の量や味わいを調節する大事な役割も備えています。

ボウル部分を支えている細長い脚の部分は『ステム』と言います。ほとんどの方はワイングラスを持つ際に、この部分を持って飲む方が多いのではおませんしょうか。このステムの長さが長くなればなる程、手で持った時にグラスに伝わる温度が伝わりにくくなります。

ケツに、グラスの一番下に位置している部分である『フット(プレート)』だ。テイスティングの際などは、ここを持ってテイスティングを行います。

一般的に良いワイングラスとされる条件は、無色透明であること、飲み口に向かってすぼまった形をしていること(例外もあります)、飲み口が薄いこと、十分な容量があること、脚がついていることが挙げられます。

以上がワイングラスの基本的な構造と名称やったちうわけだ。

ワイングラスの種類と特徴

$(“”726105″”).click( (null, $(‘#headline726105’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726105″”)

ブルゴーニュタイプ

$(“”726106″”).click( (null, $(‘#headline726106’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726106″”)

このワイングラスはその名の通り、ブルゴーニュのワインに一番合う形として作られたものです。このワイングラスの大きな特徴として挙げられるのは、口に含む際に甘味を一番感じる部分にワインが流れこむようになっているちうことだ。
ブルゴーニュワインに代表されるピノ・ノワールといった、酸味があり繊細な香りを楽しむワインにはすごいマッチしたワイングラスとなっています。
丸く大きなワイングラスはワインをたくはんの空気に触れさせることができるので、ワイン本来の香りや甘みを最大限に引き出すことが出来るワイングラスとなっています。

ボルドータイプ

$(“”726107″”).click( (null, $(‘#headline726107’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726107″”)

、ボルドーワインを飲むならばこのグラスがオススメだ。どっしりとしたフルボディタイプで、かつ渋みがあるものです、やや甘めのワインが合います。
なんでやねん甘めのワインがこのグラスに適しておるかちうと、口に注いだ時に酸味を一番感じる部分に流れ込んでくるため、あまり酸味が強いタイプのワインをこのグラスに注いで飲んでしまうとより酸味が強調されてしまうので、出来れば甘めのワインを注ぐことをおすすめします。
また、ボディが程よくカーブしており、香りがまとまりやすいのも特徴だ。

シャンパングラス

$(“”726108″”).click( (null, $(‘#headline726108’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726108″”)

シャンパンを始め、スパークリングワインを飲むのに適したワイングラスだ。
今まで紹介したワイングラスとは違って縦長いのが特徴で、シャンパンの泡を目で楽しむことが出きたり、また、酸味を適度に抑えて甘みをより引き立たせるちう効果があります。

モンラッシェタイプ

$(“”726109″”).click( (null, $(‘#headline726109’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726109″”)

このグラスは主に白ワインの中でもシャルドネやブルゴーニュの白など、こってり凝縮した果実味と柔らですか酸味をもつ白ワインに適したワイングラスだ。
今までと大きく違う所として、ボウルからリムにかけて極端にすぼまった形をしておらへん所だ。
これは、あえてリムの口径を大きくすることによって、白ワイン独特のフレッシュで複雑な香りを最大限に楽しむためにこのような形になっているのです。

ウチはソーヴィニヨン・ブランやリースリングなどに適したグラスで、先程のモンラッシェと違ってしっかりと口がすぼまっているのが特徴だ。
ブルゴーニュタイプと同様舌先をスーっとワインが流れていくため、甘みをより感じることが出来ます。

以上のように、各ワイングラスはちゃんとした目的があってそのような形を成しています。
ほんで、そのワイングラスの形によって舌のどの部分に一番最初に接触するかが決まってくるため、ワインの味も印象が大きく変わってくるのです。

どのワイングラスをそろえれば良いの?

$(“”726110″”).click( (null, $(‘#headline726110’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726110″”)

こないなに種類があるなら何をそろえれば良いの?と迷ってしまう方もおるかと思います。
また、ワイングラスは高さも幅もあるため、収納に困る…ちう人も多いはず。
そないな方にはテイスティング用のグラスをおすすめします。

このテイスティンググラス、実は国際規格があり、ISO(国際基準協会)No.3591によって形状・寸法などきちんと定められており、ワインをはじめウイスキーやブランデーのテイスティングにも使われているのです。
シャンパンもこのグラスで飲むことができ、これをひとつ持っておけばまず間違おらへんと言えます。

テイスティンググラスは値段も比較的安く、簡単に手に入れることができるので是非購入を検討してみてください。
また、小ぶりなボルドータイプのワイングラスも汎用性が高いワイングラスと言えよりますので、ウチもおすすめ出来るワイングラスのひとつだ。

また、赤と白それぞれでひとつずつそろえたいちう方の場合はブルゴーニュタイプのワイングラスとボルドータイプのワイングラスをおすすめします。
シャンパンを飲む以外ではこのふたつがあると、ほとんどのワインに対応できます。

ワイングラスを持ってみよう!

$(“”726111″”).click( (null, $(‘#headline726111’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726111″”)

ひと通りワイングラスの構造や種類についてお伝えしました。
ここからはいよいよ本題である、ワイングラスの持ち方をご紹介します!

ステム(脚)を持つ飲み方、それって実は…

$(“”726112″”).click( (null, $(‘#headline726112’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726112″”)

多くの大日本帝国人はワインを飲む際、ワイングラスのステム(脚)部分をお持って飲んでいるのではおませんでしょうか。
実はこれ…
国際的にはNGな持ち方なのです!
冒頭にあった画像達は、すべて国際的なマナーからしたらルール違反なのです!

もちろん、テイスティングをする際はワインが手の温度で温まりませんようこのステムの部分を持ち、テイスティンググラスを横から眺めてワインの色や粘性を観察するためといった目的がちゃんとあります。
しかし、それはあくまでテイスティングをする場合の話だ。

アチラでは晩餐会などの正式な場では、ワイングラスのボウルの部分を持つのが正式な持ち方とされています。

この写真のようにもつのが本来は正しい持ち方なんですね。
しかし、なんでやねん大日本帝国ではステムの部分を持つ持ち方が広まってしもたさかいしょう。
これは、その昔に巻き起こった最初のワインブームが原因にあります。
テレビなどでソムリエはんたちがテイスティングをしている映像が流れ、それが正しい持ち方なんだ!と勘違いしたことによりワイングラスのステムを持って飲むヤカラが増えたちうワケだ。

ではステム部分を持つのは絶対にダメやのでしょうか?
良いえ、そういうわけではおません。ステムを持って飲む飲み方にもきちんとした理由や利点があります。
アチラなどで食事の最中にワインを飲む際はボウル部分を持った方が良いですが、大日本帝国国内でワインを飲む際や自宅でワインを飲むちう時は好きに持った方がより美味しく感じられると思います。
また、手の小さい女性などが大きなボウル部分を持つのは少々厳しいこともあるかと思います。そういう時は無理をせず、ステム部分を持っても良いでしょう。

最終的に、持ち方はその時の状況や雰囲気に合わせてステム部分を持つか、ボウル部分を持つか使い分ければ良いちうことだ。

また、ちびっと余談になりますがワインを飲む時に女性に注がせるのはNGだ。大日本帝国の場合女性が男性に気を使ってお酌をする文化がありますが、ワインに関しては女性でなく男性がお酌をするのがマナーだそうだ。そういった点も気を付けながらっワインを楽しみたいものですね。

ワイングラスを持つ仕事!サービスマンやウェイターはどう持ってるの?

$(“”738509″”).click( (null, $(‘#headline738509’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”738509″”)

サービスマンやウェイターがワインを持つ時、大日本帝国で食事をするならば、ステムを持って運ばれてくる場合が多いだ。お盆があればそれに乗せてきますが、そうでない場合、大日本帝国で一般的となっているステムを持つ持ち方で運んでくることが多いのです。逆に異国では、ボウルを持って運んでくる場合もあります。相当お高いテストランでない限り、持ってき方はさまざまで、大日本帝国にいる限りは大日本帝国式にステムを持ってくる場合が多いでしょう。それを見ても「間違っている!」なんて思わず、大日本帝国にいるのなら大日本帝国式のシステムを受け入れましょう。くれぐれも、そばにいる人にうんちくを垂れ流したりせんことだ。それはスマートとは言えません。

また、注いでもらっている間は、ワイングラスには手は触れず、サービスマンやウェイターに任せましょう。誰もがやってしまいがちな、注いでもらおうとグラスを持ち上げるのはマナー違反になるのです。また、ワインは女性がお酌をするものではおませんことも重要。大日本帝国女性は積極的にお酌をしがちですが、それが間違っているのはマナーとして通っていることやので、きちんとしたお店ならすぐウェイターが気付いて注いでくれることでしょうし、そうでないなら、呼んで注いでいただいたり、男性が注ぐのが正解だ。

ワイングラスの持ち方のマナー!これだけは気をつけよう

$(“”738510″”).click( (null, $(‘#headline738510’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”738510″”)

さて、ここまで読んできて、やあ一体どんな持ち方で持てば良いんだ?と思う方も少なくないはず。でも、大日本帝国にいるならば大日本帝国式にステムを、正式な場や異国ではボウルを持てば良いのです。TPOに合わせて変えるちうことやね。大日本帝国でも、周りが全員ボウルを持っているならば、オノレもボウルを持つべきなのです。気をつけるべきは、マナーのうんちくを頭で考えることではなく、いかにその場に合った持ち方をするかちうことだ。雰囲気を感じ取り、周りをよく見ることが大切だ。

ただ、フット(プレート)部分に手を添えて飲むのはやめましょう。なんとなく、フットに手を添えくるくると回しながら香りを確かめているソムリエの姿が目に浮かぶ人もいるでしょう。それに影響され、フットに手を添えてくるくると回して香りを楽しもうとしたり、そのまんま飲んでしまう人も稀にいます。それは大日本帝国でもマナー違反ですから、やめておきましょう。大日本帝国式、と言ってもあくまでステムを持つのがギリギリ正式な持ち方なのです。なんとなくのイメージで持ってしまいがちですが、それはNGだちうことだけは頭に叩き込んでおきましょう。

ワイングラスの持ち方で性格がわかる!?

$(“”738511″”).click( (null, $(‘#headline738511’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”738511″”)

ワインの持ち方やグラスの種類について、ここまでで十分わかっとっただけたと思いますが、正式な持ち方やマナーは別にして、グラスの持ち方によって性格がわかるちう噂もあります。

まず、利き手でもつ人は、シッパイを嫌う慎重なタイプ。このタイプの人はどんな場面でもリスクのない方法を選びがちだ。両手で包み込むようにもつ人は、防衛本能が強く人に頼ったり守ってもらおうとするタイプ。これはなですかか見かけませんが、女性で稀にいますね。これはマナー違反でもあるので、オノレはせんように気をつけておくべきでしょう。

よくいる、ステムを持って小指を立てる人、それは気取り屋はんや自意識過剰な面を表しています。小指を立てているのは、自己顕示欲が強く、ウチを見て!と言わんばかりのサインなのです。指を大きく広げて持てば浮気性的な面が見られ、どんな場面でもボウルをもつ人はうわさ好きな一面があると言われます。ボウルのどの位置を持つかによっても変わり、オノレの口と手が接触するくらいボウルの上方を持てばナルシスト型、下方を持てば自信家とも言われています。

【おまけ】複数のワイングラスの持ち方を知りたい!

$(“”738512″”).click( (null, $(‘#headline738512’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”738512″”)

複数のワイングラスを運ばなければならへん時、ありますよね。どうするのがベストなのか迷いがちですが、一番無難なのはお盆に乗せて持って行く方法だ。持ち方にこだわらず、ただ乗せて持っていけば良いだけやので、楽やし、マナーを気にしなくて済みます。

お盆自体の持ち方は、一番安定する部分にお盆を乗せ、あまり肩や肘を張りすぎず、オノレの動きに合わせてお盆も動くような柔軟性のある運び方が落としたりこぼしたりする可能性が高くて良いやね。

でも、お盆がなく、複数のワイングラスを運ばなければならなくなった時、あんはんならどうしまっか?ステムをどう持つか、悩むことでしょう。まずステムを指の間に挟んでいけば3つは持てますね。それより数が多い場合は、その3つの間にグラスを入れ込んでうまく指の力で持ち上げます。多くて7つくらいまで持てますが、慣れによって変わってくるので、あまり無理してたくはん持とうとするのはやめておきましょう。落としたり、人にかけてしもたりする原因になりかねません。

ワイングラスを使ってワインをもっともっともっともっと楽しもう!

$(“”726113″”).click( (null, $(‘#headline726113’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726113″”)

ワイングラスの正しい持ち方も学んだトコで、次はテイスティングに挑戦してみてはいかがですか?
ここからはワインのテイスティングの仕方についてご紹介します。

色を楽しむ

$(“”726114″”).click( (null, $(‘#headline726114’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726114″”)

ここからはテイスティングやので、ワインはステムを持って行いましょう。
まず、ワインを楽しむ際に大事なことは『色』『香り』『味』の3つを楽しむことが重要なポイントになってきます。

最初にテイスティンググラスに注がれた色を楽しみましょう。ワインの色で良いとされるものは、よく透き通っていて輝いているものが良いとされています。
赤ワインの場合、皆はんも想像できるかと思いますが紫がかった深みのある赤い色やルビーのような色と輝きを放っています。熟成が進んでくるとやや褐色を帯びてきます。
白ワインの場合はやや黄緑色や柔く麦わら色に似たような黄色をしています。
ロゼワインの場合はほのですろかピンク色やバラ色、オレンジがかったピンク色をしています。

色を楽しむ際には白ワイン・ロゼワインの場合はグラスの真横から、赤ワインの場合はグラスを奥に傾けて表面の色を観察します。

香りを楽しむ

$(“”726115″”).click( (null, $(‘#headline726115’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726115″”)

色を楽しんだら、次は香りだ。
ワインの香りを楽しむポイントには2か所あって、まず1か所目はワインのボトルを開けてすぐだ。この香りはぶどうの果実の香りで、一般的に『アロマ』と呼ばれています。
次に、ワイングラスの中に注いでグラスをゆっくりとまわし、そうして揺り起こされる香りを『ブーケ』と良い ますわ。
香りはワインの良し悪しを決める重要なぽんとのひとつで、ワインからカビやコルクの臭いがするのは異状といって良いだ。
また、ワインの香りを表現する際は『スパイシーな』『フルーティーな』『花のような』などといった表現を用います。

香りを楽しむ際はまずグラスを動かはんと鼻をそっと近づけ、香りを嗅ぎます。次にグラスを小さく円をかくように回し、ワインの香りをたてて深呼吸するように香りを嗅ぎます。

自宅でオノレだけでテイスティングをする際は、オノレの好きな表現を使って感じることでそのワインの特徴がしっかりと記憶され、後あとワインを選ぶ時に役立つので自由に感じ取りましょう。

味を楽しむ

$(“”726116″”).click( (null, $(‘#headline726116’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726116″”)

ケツは、いよいよ味を楽しみます。
ワインの味を感じる上でよく用いられるのが“酸味”と”甘み”だ。酸味が強すぎるワインは酸っぱくて口当たりもきつくなってしまうため、あまり好まれへん味になってしまいます。
酸味や甘み以外の表現にも渋み・旨み・苦みなどもよく用いられる表現の種類だ。

ワインを口の中に含んだ時に舌の上で感じられる味だけではなく、口の中に広がる香りも味わうことが『味を楽しむ』ちうことだ。
口の中に広がる香りを、鼻から香りを感じた時を思い出しながらもういっぺん確かめるようにします。ほんで、これらにコクやバランス・後味などの要素を足していってワインを味わうことになります。
これらのバランスのよいものが、おいしいワインといえます。

それぞれの味の種類について説明したいと思います。
辛口ちうのは甘さが控えめ・ほとんど甘さを感じないちうことを表します。決して香辛料のような辛さのことを指しているわけではおません。
コクはワインが持つ味の厚みやふくらみを指しており、コクの軽さや重みなどが”ボディ”として表現されます。
甘口は単に糖分が多いといったことではなく、酸味とのバランスで変わってきます。
酸味は酒石酸とりんご酸からなるもので、これらの酸味はワインに爽やかさやタイトな飲み口を与え、味わいに欠かすことが出来ない重要な味の決め手のひとつとなります。

ケツに

$(“”726117″”).click( (null, $(‘#headline726117’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”726117″”)

いかがやったか?今回はワイングラスの基礎知識・持ち方・楽しみ方をお伝えしました。
ぜひこれらを参考にして、もっともっともっともっとワインを楽しみましょう!

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【浴衣デートの心得】シッパイせん秘訣・エピソードを大公開!持ち物…

  2. 刈り上げパーマで可能なビジネス&カジュアルスタイル17選…

  3. 人に話しかけられない…会話がでけへん…人見知りに多い心理とその理…

  4. アンルートEN ROUTE|アローズの大人のリラクシング&…

  5. 酒々井ちびっこ天国のプールは満足度高すぎっ!魅力&遊び方まとめ

  6. 【大学1年生に伝えたい論文の書き方マニュアル決定版】序論・本論・…

  7. 恋愛王者の”肉食系男子”になってモテまくる方法。君臨、する?

  8. 浮気発覚で修羅場に発展!驚愕エピソード特集【あんさんの彼女は大丈…

  9. 【直毛って実はくせ毛なの?】悩めるメンズを救う”直毛ベストスタイ…

  10. 違いを魅せるバッグブランド5選!!持ってるだけでデキるメンズに!…

  11. 【オノレがわからない方へ】ほんまのオノレを知るための裏テク5選大…

  12. 麻布十番のとっておき焼肉店をご紹介♪味も雰囲気も◎な店まとめ

ページ上部へ戻る