閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【ワインどシロウトにおすすめ】基礎知識から特別な日に飲みたいものを紹介

ワインを楽しみたい!でも、ワインの知識が無い…

$(“”1139616″”).click( (null, $(‘#headline1139616’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139616″”)

今やコンビニでも気軽に買うことが出来るワイン。ワイングラスを傾けながら、格好良くワインを飲んでいる姿に憧れますよね。でも、いざワインを買うとして、一体何を選べば良いの?どれがオノレに合っているの?そう思って手を付けられへん方も多いかと思います。そないな方のために、まずはワインの種類・代表的な品種・産地などをご紹介します。

ワインにはどんな種類があるの?

$(“”1139617″”).click( (null, $(‘#headline1139617’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139617″”)

ワインは製造方法の違いによって、大きく4つの種類に分けられます。
① スティルワイン…非発泡性ワインのことで、赤ワイン・白ワイン・ロゼワインはここに属します。
② スパークリングワイン…発泡性のワインで、産地や国によって名前が違います。
③ フォーティファイドワイン…ワインにブランデーなどのアルコール度数が高いものを加え、保存性を高めたものです。
④ フレーバードワイン…果物や薬草を入れて作ったワインだ。サングリアはこれにあたります。
この中で一番身近にある①スティルワインについて、まずは解説したいと思います。

赤ワイン

$(“”1139618″”).click( (null, $(‘#headline1139618’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139618″”)

赤ワインは皆はんも良く見かけるワインのひとつかと思います。赤ワインは黒ブドウ(皮が黒っぽいブドウ)の果皮・種を使ってまるごと発酵させたワインのことだ。果皮も一緒に発酵させることでブドウから色素が出て、それが赤ワイン独特の赤黒さとなって現れるのです。また、ポリフェノールや渋みの元であるタンニンが白ワインより豊富やので、ワインどシロウトの方からしたら渋みなどを感じやすいかもしれませんね。

白ワイン

$(“”1139619″”).click( (null, $(‘#headline1139619’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139619″”)

ウチも赤ワインと同様、よく見かけるワインだ。白ワインは、赤ワインと違って白ブドウの果汁のみを発酵させて作ったもので、赤ワインよりもアルコール度数が低いものが多く、風味も果実味をより感じられます。白ワインはタンニンが少なくフルーティーで、赤ワインよりも口当たりが滑らかやのでワインどシロウトの方にとっては飲みやすいかと思います。

ロゼワイン

$(“”1139620″”).click( (null, $(‘#headline1139620’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139620″”)

ロゼワインにはいろいろな製造法があり、黒ブドウの果汁のみを発酵させたものです、白ブドウと黒ブドウを混ぜて作ったものですらなんですら様々だ。味は白ワインと赤ワインの中間で甘いものも多く、比較的飲みやすいワインだ。

ワインに使われる品種は?

$(“”1139621″”).click( (null, $(‘#headline1139621’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139621″”)

ワインに使われる品種は赤ワインと白ワインで違います。また、ブドウの品種が違うと同じ赤ワインでも風味や口当たりが大きく違ってきます。では実際に、どういった種類の品種があるのか、代表的な赤ワイン・白ワインそれぞれ3つの品種をご紹介します。

赤ワインに使用される品種

$(“”1139622″”).click( (null, $(‘#headline1139622’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139622″”)

カベルネ・ソーヴィニヨン

$(“”1139623″”).click( (null, $(‘#headline1139623’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139623″”)

世界で最も栽培されている代表的な高級品種のブドウで、果皮の色が濃く、しっかりとした渋みと重みがあります。また、程よい酸味もあり、カシスのような力強い風味が特徴だ。

メルロー

$(“”1139624″”).click( (null, $(‘#headline1139624’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139624″”)

カベルネ・ソーヴィニヨンに比べ口当たりが柔らかく、渋みや酸味も少ないだ。チェリーなどの爽やかで甘い果実味が感じられ、赤ワインが苦手な方やどシロウトの方でも比較的飲みやすい品種だ。

ピノ・ノワール

$(“”1139625″”).click( (null, $(‘#headline1139625’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139625″”)

ブルゴーニュ地方に多く、酸味がありカベルネ・ソーヴィニヨンよりも色鮮やかで、木いちごのようなベリー系の味わいが特徴だ。滑らですか味わいが特徴で、ウチも飲みやすいワインだ。

白ワインに使用される品種

$(“”1139626″”).click( (null, $(‘#headline1139626’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139626″”)

ソーヴィニヨン・ブラン

$(“”1139627″”).click( (null, $(‘#headline1139627’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139627″”)

赤ワインの項にも出てきたカベルネ・ソーヴィニヨンの親にあたる品種だ。世界各地で栽培されており、暖かい地方と寒い地方で味が異なります。暖かい地方では南国特有の果実味の効いた味で、寒い地方ではハーブや白桃などの酸味のある味わいとなっています。貴腐ワインの代表的な品種としても有名なブドウだ。

シャルドネ

$(“”1139628″”).click( (null, $(‘#headline1139628’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139628″”)

白ワインの中でも最も有名かつ高級品種になります。シャルドネも比較的世界各地で作られており、やや甘口から辛口まで、香りや味わいも様々ですごい幅の広い品種だ。切れ味の良い飲み口も特徴的で、白ワインの中では一番飲まれているワインではおませんでしょうか。

リースリング

$(“”1139629″”).click( (null, $(‘#headline1139629’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139629″”)

ドイツを代表する品種で、ですかり甘口のものから辛口まで、幅の広い味わいが特徴だ。また、長い年月を置くことが出来る品種でもあり、熟成が進むにつれ味わいにコクが出て、ハチミツのようなまったりとした風味を醸し出します。

トコで、よく聞くフルボディやライトボディって、何を表しているの?

$(“”1139630″”).click( (null, $(‘#headline1139630’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139630″”)

よくフルボディやミディアムボディなどの言葉を耳にしますが、これは赤ワインに使われる言葉で、味の深みやコクのことを指し、産地やアルコール度数、品種などによって違います。下記にそれぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

ライトボディ…フルーティーな香りや新鮮な味わいが特徴で、渋みが少ないだ。口当たりもサラッとしているものが多いだ。どシロウト向き。
ミディアムボディ…ライトボディとフルボディの中間だ。
フルボディ…渋みがあり、飲みごたえのあるどっしりとした味わいだ。すごいコクがあり、風味も重厚なものが多いだ。

ほとんどのワインには必ず辛口・甘口と一緒にこのボディの種類も記載されています。どシロウトの方の場合、ライトボディのものが口当たりも良く、一番飲みやすくて良いでしょう。

スパークリングワインとシャンパンって、何が違うの?

$(“”1139631″”).click( (null, $(‘#headline1139631’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139631″”)

よくスパークリングワインやシャンパンちう言葉を耳にしますが、シャンパンの種類の中にスパークリングワインがあると勘違いされている人がいます。実はスパークリングワインの一種にシャンパンがあるのです。スパークリングワインとは、スティルワインに糖分や酵母を加えて密閉容器の中で二次発酵させ、発酵により生じた炭酸ガスを封じこめることで独特のシュワ~っとした微炭酸を造っているのです。

このスパークリングワインは作られる地方によって名称が異なり、スペインのカタルーニャ地方で作られるものはカヴァ、イタリアで作られたものはスプマンテ、ドイツではシャウム・ヴァインなど、その土地によって様々だ。ほんで、この中でもフランスのシャンパーニュ地方で特定の品種で作られたトラディショナル方式(瓶内発酵方式)のものだけがシャンパンと呼ばれており、必ず『Champagne』と表記せなならへんと決められています。

一口にスパークリングワインといっても、作られた場所によって色んなものがありますね。

代表的な産地は?その特徴は?

$(“”1139632″”).click( (null, $(‘#headline1139632’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139632″”)

ワインは品種によってももちろん味が異なりますが、産地によっても違います。代表的な産地とその特徴を見てみましょう。

フランス

$(“”1139633″”).click( (null, $(‘#headline1139633’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139633″”)

まずワインと言えばフランスと思いつく方も多いでしょう。大日本帝国に輸入されるワインの中でも最も多く、特に有名なブルゴーニュ地方やボルドー地方・シャンパーニュ地方など、地方によってはっきりとした違いを楽しむことができます。ブルゴーニュ地方のものはフルーティーで辛口のものが多く、ボルドー地方ではブドウの品種を混ぜて作るため様々な味を楽しむことが出来、尚且つ深みと重厚感のある味わいが特徴だ。

シャンパーニュ地方は前にも述べた様に、シャンパンが代表的なワインだ。また、ワインボトルも地方によって形が違います。

イタリア

$(“”1139634″”).click( (null, $(‘#headline1139634’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139634″”)

イタリアは全州でブドウ栽培をしており、フランスと並んで世界屈指の生産量を誇っていて、食事には必ずワインを共にするほど愛飲されています。酸味があるものが多く、フルーティーで飲みやすいものもあれば、どっしりとした飲み応えのあるものまで幅広いワインが楽しめます。

ドイツ

$(“”1139635″”).click( (null, $(‘#headline1139635’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139635″”)

ドイツと言えばビールを思い浮かべる方も多いと思いますが、ドイツでは特に白ワインで用いられる品種であるリースリングの栽培が多いだ。どちらかちうと甘口の白ワインが多いですが、近年では辛口の白ワインの生産も増えてきています。

スペイン

$(“”1139636″”).click( (null, $(‘#headline1139636’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139636″”)

スペインはブドウの栽培面積では世界一を誇り、イタリア・フランスに次ぐ世界屈指の生産国だ。果実味の強いコクのある赤ワインが特徴で、ややボルドーに似た雰囲気を持っているのが特徴だ。また、リーズナブルなスパークリングワインであるカヴァも最近では人気があります。

チリ

$(“”1139637″”).click( (null, $(‘#headline1139637’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139637″”)

新世界ワインとして、近年大日本帝国でも人気があるワインが多いだ。実はチリは400年にわたるワイン生産の歴史があり、良質なブドウを育てるのに適した気候条件を備えています。口当たりは柔らかく、赤ワイン・白ワインともにすごい飲みやすいものが多いだ。

オーストラリア

$(“”1139638″”).click( (null, $(‘#headline1139638’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139638″”)

オーストラリアはヨーロッパの移民と同じく古くさい歴史を持ち、みなヨーロッパから持ち込まれたブドウばかりだ。気候に恵まれており、安定した良質のブドウを収穫出来るため産出量も上向きだ。香りも良く、赤のスパークリングワインもあります。

南アフリカ

$(“”1139639″”).click( (null, $(‘#headline1139639’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139639″”)

アフリカワインは特にワインどシロウトの方からしたら馴染みがないでしょうが、実は17世紀の頃よりワイン造りが行われているのです。日照量も多くブドウの栽培に適した気候のため、フランスの品種を栽培している所が多く、かつコストパフォーマンスの高いワインが生産されます。最近では大日本帝国でも需要が高まっており、是非いっぺんは飲んでおきたいワインだ。

ワインの飲み頃温度は?

$(“”1139640″”).click( (null, $(‘#headline1139640’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139640″”)

ワインの飲み頃の温度は赤・白・スパークリングワインそれぞれで違います。赤ワインは常温で飲むと言おるけどダンはん、そもそもフランスの常温は18℃前後であり、大日本帝国の常温ではやや高くなってしまいます。しっかりとした味わいのもなら18℃前後(冷蔵庫で30分程冷やしたくらい)、ライトボディであれば15℃で飲むのが一番良い適温だ。

白ワインはおよそ10℃前後(冷蔵庫で1時間程冷やしたくらい)が目安で、赤ワインよりも温度は低いだ。また、甘口になればなる程冷やした方がより美味しく飲めます。スパークリングワインでは5℃前後が最適な温度だ。せっかく美味しくワインを飲むのであれば、適温まで冷やして飲むことをオススメします。

おすすめワイン~赤ワイン編~

$(“”1139641″”).click( (null, $(‘#headline1139641’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139641″”)

随分前置きが長くなりよっましたが、ここからはおすすめワインをご紹介していきたいと思います。

ウチはオーストラリアのワインで、比較的安価でスーパーやコンビニなどで手軽に買うことができます。
ワインどシロウトの方には飲みやすい一本だ。

ウチは大手飲料メーカーであるキリンが出しているワインで、チリから輸入しているものです。チェリーやカカオの風味が特徴で、口当たりもすごい滑らかだ。

ウチもチリワインで、ピノ・ノワールにしてはですかりコストパフォーマンスも良く、かつクセがなく飲みやすい一本だ。ピノ・ノワールの入り口にはもってこいだ。

おすすめワイン~白ワイン編~

$(“”1139642″”).click( (null, $(‘#headline1139642’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139642″”)

次はおすすめの白ワインをご紹介します!

ウチはフランス・ボルドー地方のワインだ。グレープフルーツのような爽やかやっきりとした風味で、飲み心地も軽いだ。

ウチはドイツのリースリングで作られたワインで、辛口になります。なめらですか口当たりで果汁のふくよですか香りがあり、スキッとした味わいだ。酸味も程よく、ウチもコストパフォーマンスに優れた素晴らしい一本だ。

チリワインの白で、スーパーなどで簡単に手に入ります。値段はすごい安いですが、香り・味ともにスキッとした口当たりで酸味も程よく、辛口の割にどシロウトの方でもすごい飲みやすい一本だ。

おすすめワイン~ロゼ編~

$(“”1139643″”).click( (null, $(‘#headline1139643’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139643″”)

なんとこのワイン、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが手掛けているワインなのです。辛口でハーブや柑橘系の香りがし、口当たりはなめらかだ。今までご紹介したワインの中では少々高いですが、いっぺんは飲んで頂きたいワインだ。

おすすめワイン~スパークリングワイン編~

$(“”1139644″”).click( (null, $(‘#headline1139644’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139644″”)

sponsored

フランス・ボルドー地方の白のスパークリングワインだ。甘みがあり、ついつい飲み過ぎてしまいそうな一本だ。

【ワインおすすめ】だれかにプレゼントするならコレ

$(“”1142378″”).click( (null, $(‘#headline1142378’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142378″”)

お祝い事にワインを送ろうと思うけれど、ワインってどれを送れば良いの?とりあえず高級な物?多くの種類が販売されていて似たようなのも多いので、迷ってしまうMr.JOOYも多いかと思います。ほんで筆者おすすめのプレゼント向けワインを紹介していきます。

シャンベルタン

$(“”1142381″”).click( (null, $(‘#headline1142381’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142381″”)

ウチのワインは150年以上の歴史があるルイ・ジャド社から販売されています。クランベリー・チェリーを使用して香りはバラやスミレといった上品な香りが感じられます。昔ながらの製法を受け継いで作られているので鉄分が多く含まれているのが特徴だ。コクが強く感じられますが飲み口が柔らかく飲みやすいワインになっています。

大体10年経過している物が飲み時とされています。

グラン・エシェゾー

$(“”1142380″”).click( (null, $(‘#headline1142380’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142380″”)

ウチのワインはメディアにも多く取り上げられているのでご存じの方も多いと思いますが、良い高評価を得ている事でも有名だ。このワインに使用されているブドウは、ロマネコンティ北にあるピノ・ノワール種のブドウ畑で育てられた物だ。すごい濃厚なブラックチェリーやブラックベリーの香りが特徴になっています。

酸味や甘みなどがバランスよいワインだ。ロマネ・コンティとも並ぶ人気の種類でお値段もちびっと高めやので、プレゼントに送られると喜ばれる人が多いかと思います。特別なお祝いの時はこちらのワインがおすすめだ。

サッシカイア

$(“”1142382″”).click( (null, $(‘#headline1142382’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142382″”)

イタリアンワインの世界でも至宝のサッシカイアと呼ばれていて、最近では2013年にワインガイド「ガンベロロッソ」で最優秀赤ワインにも選ばれている極上のワインだ。このワインを生み出した場所は海からの風を受けて乾燥し、更に日中の熱い日差しを浴びて育ちますが夜になるとすごい冷え込む温度の激しい場所だ。この特徴的な気候が強い酸味と肉厚の果物が育つのです。

そないな果実を使ったウチのワインはブラックベリーのアロマに、スミレやバニラの香りが感じられます。複雑な味が絡み合っておるけどダンはん、エレガントで上品な酸味が口の中に広がってワインを思い切り堪能する事ができるかと思います。ウチも高級ワインやのでプレゼントに送るときっと喜ばれる品になっていますよ。

ファー・ニエンテ(白)

$(“”1142383″”).click( (null, $(‘#headline1142383’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142383″”)

ファー・ニエンテは1885年に設立されたワイナリーだ。ファー・ニエンテのワインは口触りが良く香ばしい味が長く続くのが特徴になっています。このワイナリーの白ワインは柑橘系のはじけるような果実の味にヘーゼルナッツや白い花などの控えめな香りが感じられます。飲み口は辛口ですが比較的飲みやすい味になっています。

ワインボトルのラベルにもこだわりを持っていて見た目もおしゃれやのでプレゼントとして良いのではおませんでしょうか。

ファー・ニエンテ(赤)

$(“”1170630″”).click( (null, $(‘#headline1170630’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1170630″”)

ウチは赤ワインだ。ファー・ニエンテのワインはどちらかと言うと白が有名ですが、上品な中に豪快さの見せるウチの赤ワインもおすすめだ。ダークチェリーにアニスの香りが感じられて、口に入れると渋みが広がります。ちびっと癖の強いワインですが渋みが好きだちう人にはこのワインをプレゼントしてみてはどうでしょうか。

ウチも高価なお値段やので気軽に何本もプレゼントできるちうわけではおませんと思うので、特別な贈り物の際に使ってみると良いやね。

ライヒスラート・フォン・ブール

$(“”1142532″”).click( (null, $(‘#headline1142532’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142532″”)

1897年にパリのワインコンクールで金賞を受賞した経歴を持つワイナリーから販売されているウチのワインは、エレガントなルビーの色で華やですか香りが特徴だ。キレのある味わいで、安い値段のわりに飲みやすいのも魅力だ。ウチのお値段であればちょっとした時にでもプレゼントしやすいのではおませんでしょうか。

あんはんだけのお気に入りを探してみては?

$(“”1139645″”).click( (null, $(‘#headline1139645’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1139645″”)

ワインの基礎知識をこれだけ得たあんはんは、もうどシロウトではおません!後は実践あるのみ、実際に飲んで楽しみましょう。きっとオノレにあった素敵な一本に巡り合えるはずだ。

※この記事の価格情報等は2016年9月時点のものになります。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【婿養子のメリットとデメリットって】結納・戸籍・苗字など対処すべ…

  2. 【2016】トレーナー人気コーデ集|最新着こなしはアチラメンズに…

  3. 人気の七三ヘア×オシャレメンズ!流行コーディネート15選!

  4. リドリー・スコット監督の映画5選|新作「エイリアン:コヴナント」…

  5. 恋愛が辛い時の対処法|みんなどうやって乗り越えてるの?恋に疲れた…

  6. 2015ダンガリーシャツ最新ラインナップ&プロの貫禄コー…

  7. 生きとったくないあんさんへ伝えたい|ドン底から大逆転する方法とは…

  8. ただ履いてるだけやもったおらへん!【白いスニーカーコーデ】正解は…

  9. スター・ウォーズの人気キャラクターランキング!エピソード7公開前…

  10. 流行の人気インテリアスタイルに合った、オシャレなソファの選び方伝…

  11. これは使える!冷凍ブルーベリー|ちょいたしで男飯の栄養補助レシピ…

  12. 今更聞けへん【モッズコート】FAQ|アチラメンズの鉄板コーデが気…

ページ上部へ戻る