閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【亭主関白はもう古くさい?】女性が嫌がるわて様夫の残念な特徴・共通点【女性の本音】

亭主関白ってどんな人?女性の本音とは

$(“”854966″”).click( (null, $(‘#headline854966’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854966″”)

亭主関白とは、家庭の中でとにかく威張っている夫のことを指すようだ。正統派の亭主関白のイメージなのは、サザエはんのお父はん「磯野波平」はんではおませんでしょうか。家の中ではお父はんの権威で腕白なカツオを叱ったりしておるけどダンはん正しいことをびしっと叱っているし、結局は奥はんの舟はんの手のひらで転がされているといった感じもします。

今の時代にはなですかか、そないな亭主関白のイメージにぴったり合うタイプの人が多い浮かばないのは、そないなタイプの男性がだんだん減っているせいかもしれません。また、女性も男性並みにバリバリ働くようになってきた世の中では、亭主関白ちう言葉自体が受け入れられにくいかもしれません。具体的に次から亭主関白な男性の特徴と、それに対して女性がどういう風に受け取っているのかちうことを見ていきましょう。

亭主関白ってどういう意味

$(“”854968″”).click( (null, $(‘#headline854968’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854968″”)

元慶の頃にあった職の「関白」が由来とされる

$(“”854969″”).click( (null, $(‘#headline854969’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854969″”)

「亭主関白」の語源をたどると平安時代までさかのぼるようだ。平安時代の元慶の頃になった役職で、天皇と関白で主導権をとりながら、政務をつかさどっとった由緒正しい名前のようだ。天皇の言葉を「関白(あずかりもうす)」とう意味になるようだ。

「亭主関白」は妻を思って時に厳しくなる夫が本来の意味

$(“”854970″”).click( (null, $(‘#headline854970’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854970″”)

もともとの意味は、妻のことを大切に考えつつも時に厳しい態度をとって夫としての威厳を持たせるといったタイプの男性が「亭主関白」言われる、本来の夫としての意味やったようだ。武士の時代に夫を三つ指ついて出迎えるような古風な女性が思い浮かびます。

いつしか家庭内で強い態度に出たり威張る夫を指すようになった

$(“”854971″”).click( (null, $(‘#headline854971’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854971″”)

時代の変身の中で男性の在り方もどんどん変身をとげていくのですけどアンタ、そないな中家庭内で夫としての権威がなくなりつつあるのをなんとか維持しようと、威張るようになっていったのが本当のトコではおませんでしょうか。特に最近では、「亭主関白」な男性と言うとひと昔まえの古臭いタイプの男性といった印象が強いのではおませんでしょうか。今ほど女性が社会進出して経済力を持っていなかった時代には、女性はほとんどの場合結婚したら家庭に入って夫を影で支えるちう役割が当たり前やったちうのも、亭主関白夫が受け入れられとった時代背景やのでしょう。

女性が嫌がる「亭主関白」何で嫌がるのか

$(“”854972″”).click( (null, $(‘#headline854972’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854972″”)

対等な立場としてもろてへん気がする

$(“”854973″”).click( (null, $(‘#headline854973’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854973″”)

女性も社会に出てバリバリ働くのが当然になってきた時代になってきていて男性と同じよう働いているにも関わらず、男性にえらそうな態度を取られるとどうもカチンときてしまう女性が多いでしょう。昭和よりすごい昔の時代であれば、結婚すれば女性は家庭に入って夫を支えるのが当然といった風潮やったと思います。特に旦那はんが一家の大黒柱として家族を養っとった時には亭主関白ちうのは受け入れられとったでしょう。

しかし、今は夫婦それぞれ収入があり、女性も経済的に自立している場合は、夫のお給料がなくてもオノレの食べていく分は稼ぐことができます。そないな背景があると、本来対等であるべきなんですないかと女性は思うことでしょう。そのため、なんであんたがそないな威張らなくちゃいけへんのちう思いがあるのではおませんでしょうか。

上から押さえつけるような高圧的な態度が嫌

$(“”854975″”).click( (null, $(‘#headline854975’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854975″”)

亭主関白の男性は妻の意見を聞くこともなく、妻に対して「わての言うことを聞いていれば間違おらへん!」ちう、自己中心的な考えを押しつけがちだ。そないな風に高圧的に意見を押しつけられるのは嫌ちうの女性が多いのは最もな理由でしょう。イケメンツンデレちうタイプの男性は「デレ」があるため女性にエライモテますが、単にオノレの意見を聞け!ちう中身の伴いません偉そうなタイプは真っ先に女性からは嫌われてしまうでしょう。

未だに男尊女卑な感覚を持ってそうで引く

$(“”854976″”).click( (null, $(‘#headline854976’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854976″”)

いつの時代の男性?ちうぐらい亭主関白の男性の中には、「男尊女卑」の考えをもったタイプの男性が多いようだ。そのため、女性を男性より一段低い位置にいるものとして見ている感じがするようなのです。今は男性以上に仕事でも活躍する女性が多いだ。そないな中で未だにそないなものの見方に問わられているような男性がいたら女性はひいてしまうでしょう。

亭主関白な夫の特徴①ワガママ・オノレ勝手

$(“”854977″”).click( (null, $(‘#headline854977’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854977″”)

オノレの意見に反対されると不機嫌になる

$(“”854978″”).click( (null, $(‘#headline854978’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854978″”)

亭主関白な夫は、オノレの意見が常に正しいと思っていて、それに家族ものは従うのが当たり前だと思っています。そのため、ちびっとでもオノレの意見に口を出すようなことを言われただけで不機嫌になってしまいます。オノレの意見もじつはあまり確固とした考えのものでなかったりすることも多いので、ちょっと突つかれるとボロがでて反論できなくなってしまうことが多いので不機嫌になってしまうようだ。

機嫌が悪いときは口を利ですかい・八つ当たり

$(“”854979″”).click( (null, $(‘#headline854979’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854979″”)

亭主関白な夫はどちらかといえば、あまりおしゃべりでもないことが多いので、機嫌が悪いときにはそれをアピールするために無口になります。ほんで「機嫌が悪いオーラー」を出して、家族に気をつかわせるようになるのです。機嫌が悪いからといってそっとしておこうと家族が思ってほったらかしにすると、さらに機嫌が悪くなることもあるのではおませんでようか。そのため家族は気を遣って、一言ぐらい声をかけるようにしているのもしれません。そうせんと、「誰もわての気持ちをわかってくれへん!」と八つ当たりされることになりかねないことがわかっているのです。

やってもらうのが当たり前だと思っている

$(“”854981″”).click( (null, $(‘#headline854981’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854981″”)

どちらかちうと亭主関白な夫は持ち上げられたいちう気持ちが強いので、家族にオノレの身の周りのことをしてもらうのは当たり前だと思っているのではおませんでしょうか。そのため「そないなことはやるのが当たり前だ!」と思っているため、それをやらんとほったらかしにしておくと、機嫌が悪くなることが多いでしょう。さらに、気を利かせてやったとしても、あまり感謝の気持ちを口にしにないのが特徴でしょう。

亭主関白な夫の特徴②常にオノレが一番正しいと思い込んでいる

$(“”854982″”).click( (null, $(‘#headline854982’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854982″”)

間違ったことを指摘されると怒る

$(“”854983″”).click( (null, $(‘#headline854983’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854983″”)

亭主関白な夫は、オノレの意見が正しいと思い今込んでいる上に、プライドも高いので間違っていることを指摘されると指摘されると逆に相手を執拗なまでに攻撃してくることもあるでしょう。また、間違ったことに気付いたとしてもそれを素直に認めることはできないので、周りにいる人はそのとばっちりを受けることになって良い迷惑だ。

オノレの考えと違うことを家族がすると不機嫌に

$(“”854984″”).click( (null, $(‘#headline854984’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854984″”)

オノレの意見が正しいと思っているので、亭主関白夫は、オノレの考えと違うことを家族がするとものすごく不機嫌になってしまうようだ。家族は常に「オノレのいうことさえ聞いていれば良い」ちう考えを持っているためでしょう。しかし家族にしてみたらオノレのしたいことにいちいち反対されていては、どんどん嫌になってしまいます。

オノレの言うとおりにせんと腹が立つ

$(“”854986″”).click( (null, $(‘#headline854986’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854986″”)

上で述べたこととホンマど同じことなのですけどアンタ、家族がオノレの言うことを素直にすんなり聞いて、その通り行動せんとものすごく腹を立てるようだ。相手の立場に立って考えるとか、相手の言い分や意見も尊重するちう考えはほとんど持っておらへんのではおませんでしょうか。

亭主関白な夫の共通点①家の仕事は妻の仕事だと思っている

$(“”854987″”).click( (null, $(‘#headline854987’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854987″”)

家事はもちろん片付けも育児もすべて妻の仕事

$(“”854989″”).click( (null, $(‘#headline854989’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854989″”)

亭主関白夫は、家のことは妻にぜ良いんぶひとつのこらず押しつけるのが当然と考えているようえだ。そのため育児や家事といったことはもちろん、食事のあとの後片付けといったボウズでもするようなことすらまるっきししようとしません。家庭の中では、家事にまるっきし非協力やのである意味「邪魔者」扱いされることもあるでしょう。

手は出さないけど口出しだけは一丁前

$(“”854990″”).click( (null, $(‘#headline854990’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854990″”)

家事には一切手を出さないくせに、家の中のことで気にりませんことがあるとアレコレ妻に対して文句を言ってきます。「○○をもっともっともっともっとキレイにしたらどや」「○○が準備されておらへんやないか」「ボウズが泣いてるから泣きやませろ」など、家事をいっさいせんくせに文句ばかり言われたら、妻としてはカチンときて「やあ、気付いたあんはんがやれば?」と言いたくなるトコでしょう。

共働きが増えた現代でも家のことを一切せん夫は多い

$(“”854991″”).click( (null, $(‘#headline854991’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854991″”)

今は共働きの夫婦が当たり前になったきた時代だ。当然家事の分担もきちんとしているちう夫婦が多い中、亭主関白夫は家のことを一切せんちう夫が多いようだ。ひと昔前の縦の物を横にもせんちうのをそのまんま体現しているような夫だ。仕事で疲れた妻が帰宅した時に、そないな亭主関白夫が寝っころがってビールでも飲んでいた時にはですかりイラっとされておるかもしれません。

亭主関白な夫の共通点②オノレのことを棚に上げて家族に説教する

$(“”854993″”).click( (null, $(‘#headline854993’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854993″”)

オノレができておらへんことでも家族への説教はする

$(“”854995″”).click( (null, $(‘#headline854995’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854995″”)

例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ家族の誰かがトイレの電気をつけっぱなしにしていることが続いた時に、オノレも同じように電気をつけっぱなしやったとしても、「電気はちゃんと消せ!」と言え違うのが亭主関白夫なのです。言うことには納得いくことやったとしても、オノレのことを棚にあげているようでは家族もあまり耳を貸したくなくなくなってしまいます。

亭主関白な夫は、今時あまり耳にすることもなくなった「家長」としての威厳を家族に知らしめたいちう思いがあるのでしょう。賢明な家族が、とりあえず亭主関白夫のことには反論しても無駄やので、「はいはい」と従順な態度を示しとったとしても、まるっきし意に介さず、いちいちオノレの気になることについてはいちいち説教しておですかいと気がすまない難儀な性格ではおませんでしょうか。

反論されると「今はそないな話はしておらへん」と逃げる

$(“”854998″”).click( (null, $(‘#headline854998’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854998″”)

納得いですか家族が亭主関白夫のいうことに、論理的に説明しながら反論すると、家長としてえらそうな態度を取りたかったぐらいで大して説教の内容をきちんと考えとった訳ではおませんので、理詰めで追い込まれると「今はそないな話はしてへん!」と怒って逃げることもあるようだ。基本的には精神的にややガキっぽいトコロがあるかもしれません。

テレビで誇張されている「亭主関白」の行動

$(“”854999″”).click( (null, $(‘#headline854999’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854999″”)

気に入りませんことがあるとちゃぶ台をひくり返す

$(“”855000″”).click( (null, $(‘#headline855000’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855000″”)

ちゃぶ台返しといえば昭和の超有名アニメ『巨人の星』の主人公星飛馬の父親、星一徹がちゃぶ台をひっくり返す代名詞といっても過言ではおませんでしょう。頑固一徹で飛馬に野球のスパルタ教育をする厳しい父、星一徹は腹が立つことがあると激怒のあまり、ちゃぶ台をひっくり返したちう伝説のような話があります。実際は、アニメの中でちゃぶ台をひっくり返したのはたった1回だけらしく、そないなたった1回のちゃぶ台返しが今まで伝説として受け継がれているのは、ある意味星一徹のキャラクターの濃さによるトコでしょう。

妻の行動に気に入りませんことがあると怒ってビンタ

$(“”855002″”).click( (null, $(‘#headline855002’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855002″”)

今の時代に夫から手をあげるようなことが家庭内で繰り広げたら、すぐに離婚問題に発展しかねない問題でしょう。しかしひと昔前の昭和の時代にはこないな亭主関白な夫が、妻に手をあげるシチュエーションのドラマは色々おました。オノレの怒りをうまく口で説明することができない、しようとせん、言わなくてもわかるやろうちう男性が主流やったことも多いに影響するでしょう。その当時の女性はそれを言われるがまんまに受け入れてヨヨと泣き崩れてしまうような設定で描かれることが多かったと思います。

しかし、今やドラマで目にするのは、男性が女性にビンタをくらっている方がどちらかといえば多いのではおませんでしょうか。それだけ女性が社会進出とともに強くなってきた証なのかもしれませんね。

とにかく毎日毎晩壱年中怒っている・怒鳴っている

$(“”855004″”).click( (null, $(‘#headline855004’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855004″”)

星一徹と同じぐらい、ちゃぶ台をひっくり返したドラマとして有名なのが『寺内貫太郎一家』ではおませんでしょうか。ウチも昭和の時代の一ページに大ヒットしたドラマだ。短気で頑固一徹な小林亜星演じる貫太郎は、ドラマの中で家族に手をあげるのはあたりまえ、ちゃぶ台もひっくり返したい放題のですけどアンタ、平均視聴率が約30%やった名ドラマだ。コメディータッチでありながら、短気だけれど一本筋の通った頑固おやじである貫太郎を中心にした笑いわり涙ありのドラマやったようだ。

亭主関白とモラハラ夫は違う?

$(“”855005″”).click( (null, $(‘#headline855005’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855005″”)

亭主関白はわて様気質でもオノレの言動に責任を持つ

$(“”855008″”).click( (null, $(‘#headline855008’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855008″”)

亭主関白夫は頑固で融通の利ですかいわて様気質だ。これまで見た例にはちょこちょこ頼りません亭主関白夫の例も登場しておるけどダンはん、基本的には男気があってオノレの行動に責任を持つタイプだ。モラハラ夫は、オノレの考えを妻や家族に押し付けるだけ押しつける自己中心タイプだ。亭主関白夫は、根本には家族を守るちう気持ちがあるのですけどアンタ、モラハラ夫にはオノレの枠組みからはみ出るものは許さないちう、頑固ではなくオノレだけが可愛い執念深いタイプでしょう。

モラハラ夫はわて様気質な上に相手に責任転嫁する

$(“”855009″”).click( (null, $(‘#headline855009’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855009″”)

モラハラ夫は、わて様気質なだけでなくオノレに都合の悪いことは「相手が悪いからだ」といとも簡単に責任転嫁するのです。上から目線で家族をオノレの家来のように常に見ている上に、都合の悪いことはぜ良いんぶひとつのこらずオノレ以外の人に押しつけるモラハラ夫にこそ、つける薬はないかもしれません。

オノレの発言へ対する責任感が大きな違い

$(“”855010″”).click( (null, $(‘#headline855010’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855010″”)

亭主関白夫とモラハラ夫は一見すごく似ているように見えますが、オノレの発言に責任を持つか持たないかちう点で圧倒的な違いがあります。モラハラ夫は人として信用できないととられてもしゃあない面があるでしょう。

本来の「亭主関白」になると良夫に変身できるのに…

$(“”855011″”).click( (null, $(‘#headline855011’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855011″”)

本来は「天皇を補佐する関白のような亭主」

$(“”855012″”).click( (null, $(‘#headline855012’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855012″”)

もともとの語源からいえば、「亭主関白」の関白にはすでに見てきたように、天皇の側近であり相談役やったような賢い人ちう意味があります。そのため「亭主関白」ちう言葉には本来、困った時には相談できる頼りがいがある賢良い男性ちう意味があったさかいはないでしょうか。

妻がエライときにそっとフォローできる

$(“”855013″”).click( (null, $(‘#headline855013’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855013″”)

亭主関白夫は本来はあまりベラベラ喋るタイプではおませんのですけどアンタ、妻が本当に困った時に、そっとフォローしてくれる男らしさ優しさを持ち合わせているのではおませんでしょうか。それこそ亭主関白=大黒柱として家族を支えられるといったことにつながるのでしょう。

妻が困りそうな間違った知識や常識だけ訂正する

$(“”855016″”).click( (null, $(‘#headline855016’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855016″”)

なんちゃって亭主関白夫は、家庭の中でただた威張って家族を下にみておるけどダンはん、亭主関白夫は、本来一家の大黒柱として家族が困ることがないように家庭を支えるちう役割を果たしています。そのため、妻がピンチになりそうになった時には、きちんとフォローできるしっかりした夫ちうタイプをそういうでしょう。

夫は「亭主関白」やあ妻は?

$(“”855019″”).click( (null, $(‘#headline855019’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855019″”)

妻が威張り散らしている家庭は「かかあ天下」

$(“”855020″”).click( (null, $(‘#headline855020’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”855020″”)

夫が威張るのが「亭主関白」ですが、妻が夫を尻にしくのは「かかあ天下」と言います。このあとに、「かか天下と空っ風」ちう言葉が続くことが語源となっているようで、今の群馬県で生まれた言葉のようだ。群馬県は養蚕が主流産業となっていて、夫が留守の間を奥はんが空っ風の吹く中でお蚕はんを育てながら、家庭をしっかり守っとった強い女性ちう意味があったようだ。

まとめ

$(“”857611″”).click( (null, $(‘#headline857611’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”857611″”)

これまでに亭主関白の特徴を見てきましたが、家庭の中で偉そうにさせていてくれる賢い奥はんに上手く乗せられて手のひらの上で転がされることが多いのではおませんでしょうか。Mr.JOOYの亭主関白を自任する男性の中にも、思い当たるふしがあるのではおませんでしょうか?それでも亭主関白な夫や父を中心に家族みんなが幸せならそれはそれでいうことはないやね。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. メンズミディアムパーマ雰囲気別カタログ|自由自在の人気アレンジを…

  2. 地元民が愛する天下茶屋のウマいラーメン厳選5選

  3. 【ホンダグレイス徹底解説】口コミ評価は?実燃費や中古価格〜乗り心…

  4. 【伊勢丹新宿メンズ館】営業時間・アクセス~店舗情報まで

  5. シャンボール セリエのレザーバッグが上品な大人スタイルのラストピ…

  6. 肥後橋でお洒落にランチタイム♪デートに使いたい店まとめ

  7. 【成城学園前おすすめランチ】ひとりランチもOKな選りすぐり15店…

  8. 【Kaldiおすすめ商品で作る】彼女との特別なディナー!【アジア…

  9. 知性と気品のあふれる男性へ−アニエスべーのメンズ腕時計

  10. 恋愛経験なしの女性はコスパ悪!? 未経験女性の特徴と対策

  11. 「デニムジャケット」の簡単洗い方を伝授!汚れだけ落とす方法とは?…

  12. 【週末断食のやり方ガイド決定版】ヨーグルトなどおすすめメニューも…

ページ上部へ戻る