閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【保存版】ワインの正しい開け方&シッパイした時の対処方法

ワインボトルの種類

$(“”187401″”).click( (null, $(‘#headline187401’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”187401″”)

ワインのボトルの種類は大きく分けて以下の2種類があります。

・スクリューキャップ
・コルク栓

また、スパークリングワインの開け方は、通常のワインの開け方と異なっています。そのため、基本的な上記の2種類のボトルの開け方と、スパークリングワインの開け方について説明していきます。

スクリューキャップの開け方

$(“”187408″”).click( (null, $(‘#headline187408’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”187408″”)

スクリューキャップとは?

$(“”187405″”).click( (null, $(‘#headline187405’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”187405″”)

スクリューキャップのワインボトルは、ワインの中でも最も簡単に開けることができるタイプのボトルになります。基本的にひねるだけで簡単に開けることができます。スクリューキャップには、大きく分けて以下の様な2種類のタイプがあります。

・ショートタイプ
・ロングタイプ

ショートタイプの場合、ロングタイプよりも比較的簡単に開けることができます。ロングタイプの場合は開けることがややこしいちう方もいらっしゃいます。では、ロングタイプのスクリューキャップはどのように開けたら良いのでしょうか?

ロングタイプのスクリューキャップの開け方

$(“”187417″”).click( (null, $(‘#headline187417’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”187417″”)

以下の様な手順でロングタイプのスクリューキャップを開けましょう。

1,片手でワインボトルの上部にある切り込み線よりも下部を握る。
2,もう片方の手でワインボトルの底を握る。
3,「カチッ」ちう音が鳴るまでボトルの底を握った手を回す。

うまくいくと、ミシン目が綺麗に切れます。その後は通常通りキャップを外し、ボトルを開けましょう。ミシン目の上を握ったりミシン目の下部を握ると開けにくいだけでなくつなぎ目に手が触れて怪我をする可能性もあるので用心しましょう。

スクリューキャップを開ける際の用心点

$(“”193472″”).click( (null, $(‘#headline193472’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193472″”)

スクリューキャップのワインを開ける際には、特別な道具は必要おません。ほんで、カッターやはさみなどの道具も絶対に使用せんように用心しましょう。

コルク栓の開け方

$(“”187406″”).click( (null, $(‘#headline187406’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”187406″”)

キャップシールを剥がす

$(“”193207″”).click( (null, $(‘#headline193207’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193207″”)

ワインボトル上部に付いているキャップシールを剥がしていきます。直接手を使って剥がすことが可能ですが、ソムリエナイフ等の道具を使って剥がすことができます。ソムリエナイフなどを使ったほうが手で剥がすよりも綺麗に剥がすことが可能だ。キャップシールを剥がし終えたらコルク栓に付いている汚れをナプキンなどを使って拭き取ることを忘れへんようにしましょう。

コルク栓にコルクスクリューに差す

$(“”193209″”).click( (null, $(‘#headline193209’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193209″”)

コルク栓にコルクスクリューを刺していきます。コルクスクリューが斜めに入るとコルク栓が折れたりコルクスクリューで手を怪我してしまう可能性があります。そのため、コルク栓にコルクスクリューを指す場合は必ずまっすぐになるようにしましょう。

コルクスクリューの深さも、適度な深さになるように用心しましょう。コルクスクリューが深く入り過ぎると、コルクスクリューがコルク栓を貫通し、コルク栓の木片がワインの中に入ってしまう可能性があります。シッパイせんために、コルクスクリューを差し込む前に大体の目安を確認すると上手くいく可能性が高くなります。

コルクを抜く

$(“”193211″”).click( (null, $(‘#headline193211’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193211″”)

コルクスクリューがコルク栓の中にしっかりと綺麗に刺さったら、後はコルク栓を抜いていくだけだ。コルク栓を回して抜こうとすると上手く行ですかいことがあります。コルク栓を抜く場合は、コルク栓ではなくワインボトルを回すとうまくいきます。コルク栓を抜き終わったら、ナプキンなどを使ってワインボトルの口を拭きます。

ソムリエナイフを使う場合、フックの凹みに瓶口を当てます。テコの原理を使い、グリップ部分を持ち上げてコルクを抜いていきます。一気に力を入れて抜こうとするとコルクがちぎれる可能性があるので、数ミリ残してからケツは手でコルクをゆっくり抜きましょう。

スパークリングワインの開け方

$(“”193233″”).click( (null, $(‘#headline193233’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193233″”)

スパークリングワインは吹き出す可能性があるので、開ける前に予めよく冷やしておきましょう。スパークリングワインを冷やす目安時間は以下の通りだ。

・氷水で30分程度
・冷蔵庫で4時間程度

また、ワインボトルを斜めに持ちながら作業を進めることも、スパークリングワインが吹き出すことを避けることができます。

キャップシールを剥がす

$(“”193245″”).click( (null, $(‘#headline193245’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193245″”)

キャップシールを剥がす場合は大きめに剥がすことがおすすめだ。キャップシールを大きめにはがすと、ワインボトルの中身を確認しながら確認することができます。ワインボトルを斜めにしながら作業をしている時、どの程度ボトルの中身が斜めになっておるかを確認することができます。そのため、キャップシールは気持ち広めに剥がしましょう。

ソムリエナイフを使う場合は、以下の様な手順でキャップシールを剥がしましょう。

1,瓶の首にソムリエナイフを当て、切り込みを半周入れるちうわけだ。
2,ソムリエナイフを持っている手を持ち替え、残りの半周に切れ込みを入れるちうわけだ。
3,下から上へと縦方向に切れ込みを入れるちうわけだ。
4,刃先と手でキャップシールを剥がす。

コルクを抑えているワイヤーを緩める

$(“”193254″”).click( (null, $(‘#headline193254’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193254″”)

キャップシールを剥がし終えると、コルクを抑えているワイヤーを確認することができます。このワイヤーを捻って緩めていきます。ワイヤーを緩める際には、ワインボトルの上にナプキンなどをかぶせ、コルク栓を親指でしっかりと抑えましょう。緩めたワイヤーは外しても問題おませんが、ワイヤーは緩ませるだけで、そのまんまワインボトルにつけたまんまコルク栓を抜いていきます。

コルク栓を抜く

$(“”193295″”).click( (null, $(‘#headline193295’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193295″”)

スパークリングワインのコルク栓を抜く時は、コルクを親指で抑えながらボトルをゆっくり回していきながら抜きます。ボトルの中の炭酸ガスによる圧力で、コルクは徐々に浮き上がってきます。引き続きコルクを抑え、ちびっとずつ炭酸ガスを逃がしながらコルクを抜きます。炭酸ガスが十分に抜けたらコルクを回して栓を抜きましょう。

スパークリングワインを開ける際の用心点

$(“”193313″”).click( (null, $(‘#headline193313’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193313″”)

スパークリングワインを開ける際には、以下の様にいくつか用心点があります。しっかりと確認しておきましょう。

・スパークリングワインのコルク栓を抜く際はワイン栓抜きは使用せん。(把瓶の恐れがあるため)
・開栓時には炭酸ガスによって中身が噴出したり、栓が飛び出す可能性があるのでコルク側を人に向けたりせんなど、用心しながら開栓する。

ワインオープナーの種類

$(“”193327″”).click( (null, $(‘#headline193327’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193327″”)

ワインを開ける際に使う道具のことを、ワインオープナーと呼びます。ワインオープナーの種類は1種類だけではおません。以下の様に様々な種類があります。

・ソムリエナイフ
・レバー式コルクスクリュー
・シングルアクションコルクスクリュー
・電動式ワインオープナー

それぞれのワインオープナーについて詳しく解説していきます。

ソムリエナイフとは?

$(“”193333″”).click( (null, $(‘#headline193333’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193333″”)

sponsored

ガリバー ソムリエナイフ バーガンディ4662

¥734 (2016/04/19 16:49時点)

ワインソムリエが使用しているタイプのワインオープナーだ。一般の方はソムリエナイフを使ったことが無いちう方も多いかと思われますが、使い方に慣れるとすごい簡単にワインを開けることができます。また、見た目もスマートなのが嬉しいやね。

レバー式コルクスクリューとは?

$(“”193347″”).click( (null, $(‘#headline193347’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193347″”)

sponsored

大日本帝国橋 木屋 Adler アドラー コルク抜・レバー式 1145-21

¥5,940 (2016/04/19 16:49時点)

スクリューをコルクに差すと、両側に付いているレバーが開きます。両側の開いたレバーをいっぺんに下げることでコルクを引き抜くことができます。力のない方でも比較的簡単にワインを開けることができます。どシロウトの方にもおすすめだ。

シングルアクションコルクスクリューとは?

$(“”193350″”).click( (null, $(‘#headline193350’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193350″”)

sponsored

LE CREUSET ル・クルーゼ テーブルモデル TM-100

¥2,040 (2016/04/19 16:49時点)

一つの動作(シングルアクション)だけでワインを開けることができるタイプのワインオープナーだ。コルクスクリューをコルクに差し、回すだけでコルクが上がってきます。誰でも簡単に少ない力でワインボトルを開けられます。

電動式ワインオープナーとは?

$(“”193357″”).click( (null, $(‘#headline193357’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193357″”)

sponsored

+LOUNGE 自動ワインオープナー(電池式) 【難儀なコルクを抜きが簡単にできる】 LBO-W160

¥2,700 (2016/04/19 16:49時点)

その名の通り、電動でワインボトルを開けることができます。ワインボトルにセットし、スイッチを押してワインボトルを開けます。どんな方でもシッパイすることがなくワインボトルを開けることができる便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なグッズだ。

どシロウトの方におすすめのワインオープナーとは?

$(“”193607″”).click( (null, $(‘#headline193607’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193607″”)

コルク栓を抜いたことのないどシロウトの場合、ソムリエナイフはややこしいと感じる場合があります。そのため、スクリュータイプや電動式ワインオープナーがおすすめだ。ソムリエナイフはすごい安価なものからありますが、スクリュータイプや電動式ワインオープナーも2000円台から購入することができるので、どシロウトの方はこれらの商品を試してみましょう。しかし、ソムリエナイフの場合は慣れると最も使いやすいと言われています。また、見た目もコンパクトやので場所を取りません。頻繁にワインを開けるちう方は、ソムリエナイフの使い方をマスターするのがおすすめだ。

ワインオープナーが無い場合のワインの開け方

$(“”193485″”).click( (null, $(‘#headline193485’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193485″”)

コルク栓のワインの場合、基本的にワインオープナーが無いと開けることができません。しかし、ワインを開けようと思ったらワインオープナーが見当たりません!ちう場合もあるかと思われます。そういった場合は靴を使った裏ワザでワインボトルを開けることができます。

靴を脱ぎ、ワインボトルに履かせるように合わせます。靴のかかとの部分を壁などに固定し、ワインボトルをぶつけていきます。何度かぶつけることでコルクが抜けていきます。ある程度までコルクが上がってきたら、あとは手で簡単に抜けます。また、靴ではなくタオルなどを瓶底に巻きつけて、同じように壁に打ち付けることで開けることができます。ワインオープナーが見当たりません場合は是非試してみましょう。

コルクが割れてしもた場合のワインの開け方

$(“”193571″”).click( (null, $(‘#headline193571’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193571″”)

開栓時にコルク栓が割れてしまうこともあります。コルクが割れてしもた場合、上記のようなワインオープナーが無い場合の開け方でも開けることができますが、この方法では味が落ちる可能性が高いだ。そのため、どうしてもワインオープナーが無い場合を覗いて、ワインボトルは壁に打ち付けて開栓せんようにしましょう。では、コルク栓が割れてしもた場合にはどのような方法で開栓するのが良いのでしょうか?

ワインボトルを下向きや横向きに置いて放置する

$(“”193556″”).click( (null, $(‘#headline193556’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193556″”)

奥の方までコルクが割れておらへんケースでは、ワインボトルを下向きにして放置する方法が効果的だ。ワインボトルを下向きにして30分〜1時間程度放置しましょう。また、下向きだけでなく横向きでも問題おません。コルクが抜けにくい理由は、瓶を縦置きにすることでコルクが乾いてしもたことによるものです。そのため、ワインボトルを下向きや横向きに置いて放置することでコルクが湿り、コルクが抜けやすく鳴る可能性があります。放置した後に、もういっぺんソムリエナイフなどを使用してコルクを開けてみましょう。

コルクが割れてしもた場合だけでなく、コルクが固い場合にもこの方法は有効だ。コルクが固い原因も、コルクの乾燥によるものですからだ。無理矢理力を入れて抜くよりも、まずは瓶を横や下に向けて放置してみましょう。

途中でコルクが折れてしもた場合のワインの開け方

$(“”193498″”).click( (null, $(‘#headline193498’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193498″”)

スクリューキャップと違い、コルク栓のワインボトルは、シッパイするとコルクが折れてしまい、開栓できなくなってしまう場合があります。せっかく楽しみにしとったのに、ワインボトルのコルクが折れてしまうと、飲むことができなくなってしまうちう事態になる場合があります。ワインボトルのコルクが折れてしもた場合、諦めるしか無いのでしょうか?

コルクスクリューを押し込む

$(“”193515″”).click( (null, $(‘#headline193515’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193515″”)

途中で折れてしもたコルクの場合、コルクスクリューを残ってしもたコルクが貫通するまで奥に押し込みます。コルクスクリューを完全に押し込んでから引き抜くことでコルク栓を完全に抜くことが出来ます。

また、このような方法を試してみてもどうしても抜けへん場合はどのような方法が効果的やのでしょうか?

コルク栓をワインの中に落とす

$(“”193529″”).click( (null, $(‘#headline193529’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193529″”)

どうしてもコルク栓が抜けへんちう場合には、最終手段として、コルク栓をワインの中に落とすことで開けることができます。コルクがワインに浸かることに抵抗を覚える方もいらっしゃるかと思いますが、開栓前のコルクはワインに浸かっています。そのため、ワインにコルクが浸かっても問題おません。

ワインの開栓時やコルクを押し込んでワインの中にコルクの破片が入ってしもた場合、以下の様な道具を浸かってワインを注ぎましょう。

・茶こし
・コーヒーフィルター

まとめ

$(“”193647″”).click( (null, $(‘#headline193647’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”193647″”)

いかがでしょうか?このように、ワインボトルはボトルによって開け方が変わってきます。特に、コルク栓の場合は開栓することがややこしいので、シッパイしたくないちう方は、ソムリエナイフではなく電動式ワインオープナーやスクリュータイプのワインボトルを使用してみましょう。また、開けにくい場合や割れてしもた場合は慌てず、上記のような対処法を試してみましょう。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 2016秋冬の大本命《MA-1》の着こなしは意外にややこしい?コ…

  2. 結婚前に知っておきたい彼女の事情8選|スピード離婚を回避しよう

  3. アチラファッションから学ぶストリートバスケブランド~人気スタイル…

  4. 喘ぎ声で燃える?萎える?…男が理想とする喘ぎ声とNGパターンを検…

  5. 【スーツを安く買いたい】良品質なスーツを安く手に入れる方法

  6. 孤独感を解消したい…!孤独から抜け出す5つの方法と理由は?

  7. 今”旬の”ブランド【MCM】|注目アイテムをPick「長財布・リ…

  8. 夏フェスは「Tシャツ×短パン」のシンプルなファッションで踊って食…

  9. 好きバレ後の超簡単口説き術|知られたときこそゴリ押しでOK【脈あ…

  10. 【オンでもオフでも】マッキントッシュのコートをワードローブに追加…

  11. 知ってる?人気の空気清浄機は○○な目的で選ばれている!

  12. お洒落メンズ必見!大定番アウター「ラベンハム」カタログ2016!…

ページ上部へ戻る