閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【冷奴の食べ方34選!】大葉やキムチなど豆腐とよく合う食材を使ったレシピが満載

豆腐の栄養

$(“”1145756″”).click( (null, $(‘#headline1145756’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1145756″”)

豆腐の原料である大豆は「畑の肉」と言われている通り、肉に匹敵する量のタンパク質を含んでいます。中でも人間の体内では作り出せへん必須アミノ酸が大豆のタンパク質にはあります。これはこちらたちが普段意識して摂取せなならへんもので、筋肉や臓器、皮膚など体の主成分となる栄養になります。その必須アミノ酸を含んだ食材が豆腐なのです。大人の体に必要な1日のタンパク質量は豆腐1/2丁分と言われています。毎日食べたい豆腐、ここでは飽きんと毎日豆腐が食べられる冷奴のレシピを34選紹介しています。毎日豆腐を食べて健康な体を維持してください。

薬味と調味料だけのシンプルな冷奴6選

$(“”1144448″”).click( (null, $(‘#headline1144448’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1144448″”)

冷奴の人気レシピはいろいろな食材をごちゃごちゃと乗せるものよりも、シンプルに薬味と調味料だけのレシピやったりします。ここで紹介するレシピはネギをはじめとした薬味とごま油、醤油、味噌などの調味料だけ。これならお家にあるものだけで簡単に作れるものばかりだ。冷蔵庫に豆腐が入っているなら今すぐにでも試してみたい魅力的なレシピばかりピックアップしてみました。

1.冷奴や湯豆腐に!めんつゆとごま油絶品だれ

$(“”1144449″”).click( (null, $(‘#headline1144449’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1144449″”)

【食材】
めんつゆ(3倍希釈)  大さじ1
ごま油  大さじ1
醤油 小さじ1
長ねぎ 10cm位
白いりごま 大さじ1

【調理の手順】

1.長ねぎはみじん切りにします。
2.調味料をぜ良いんぶひとつのこらず合わせます。

3.1と2を豆腐にかけて完成だ。

【おいしくするポイントやコツ】
湯豆腐にする場合は鍋の水に重曹をちびっと入れると豆腐がとろとろになります。

詳しいレシピはこちら

2.大葉好きをうならせる!冷奴の食べ方

$(“”1144454″”).click( (null, $(‘#headline1144454’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1144454″”)

【食材】
豆腐 100gくらい
大葉 1枚
味噌 小1/2くらい
ラー油orごま油 適量

【調理の手順】
1.みじん切りにした大葉と味噌・ラー油を混ぜます。
※ピリ辛が苦手な方はラー油ではなくごま油を。
2.1を豆腐の上にちょこんと盛りつけて出来上がり。

【おいしくするポイントやコツ】
ケツに豆腐の下にほんのちびっとだけ醤油を色づけ程度にひいておくとまろやかだ。
※醤油は上からはかけへんでください。味噌の塩辛さとけんかしてしまいます。

詳しいレシピはこちら

3.超うま!ネギ塩だれ♥冷奴

$(“”1144470″”).click( (null, $(‘#headline1144470’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1144470″”)

【食材】
絹ごし豆腐  1/2丁
ゴマ油  小さじ1
塩 少々
刻みネギ 2センチ分
削り節 たっぷり

【調理の手順】
1.豆腐は2等分して皿に盛ります。
2.ゴマ油ちょろっとかけておかか、刻みネギをのせて塩をふります。

詳しいレシピはこちら

4.調理師考案!今年はこれを作れ!梅じそ冷奴

$(“”1144473″”).click( (null, $(‘#headline1144473’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1144473″”)

【食材】
豆腐 1丁
○大葉 5枚
○梅干し 3個
○長ねぎ  5cm位
○めんつゆ 大さじ1
○ごま油  大さじ1
白いりごま 適量

【調理の手順】

1.○の準備をします。薬味はみじん切り、梅干しも種を取って叩きます。めんつゆとごま油を入れて、時間があれば冷やしてください。

2.○を豆腐にのせて、お好みで白いりごまをどうぞ。

【おいしくするポイントやコツ】
豆腐の水は適度にきりましょう。

詳しいレシピはこちら

5.冷奴 レシピ

$(“”1144479″”).click( (null, $(‘#headline1144479’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1144479″”)

【食材】
絹ごし豆腐 1丁
万能ねぎの小口切り 適量
ほんだし 適量
しょうゆ 適量

【調理の手順】
1.豆腐は8等分に切り、器に盛ります。
2.万能ねぎをのせ、ほんだしをふり、しょうゆをかけます。

詳しいレシピはこちら

6.冷奴の柚子胡椒おろしのオリーブオイルかけ〜

$(“”1144497″”).click( (null, $(‘#headline1144497’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1144497″”)

冷奴の柚子胡椒おろしのオリーブオイルかけ〜

【食材】
絹どうふ 半丁
オリーブオイル 5g
柚子胡椒 3g
大根おろし 30g
醤油 3g
万能ネギ 3本分

【調理の手順】
1.絹どうふは水を切り、食べやすい大きさに切り皿に盛ります。
2.ボールにオリーブオイル、大根おろし、柚子胡椒をいれ和えて1にかけます。
3.万能ネギをふんだんにちらします。

詳しいレシピはこちら

トマトやオクラなど野菜が乗った冷奴のレシピ7選

$(“”1145836″”).click( (null, $(‘#headline1145836’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1145836″”)

ここで紹介するのは、トマト、新たまねぎ、オクラ、きゅうりなどの野菜を乗せた冷奴だ。調味料はめんつゆ、ポン酢、マヨネーズ、白だし、塩麹などバラエティーに富んでいます。毎日毎晩壱年中の決まった冷奴にお飽きたときにはこういうちょっと変わった冷奴も良いやね。トマト、オクラ、きゅうりなどの夏野菜は夏バテ防止にもなりますので、暑い夏の日にはぜひ夏野菜を乗せた冷奴で涼んでください。

1.中華風冷奴

$(“”1154153″”).click( (null, $(‘#headline1154153’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1154153″”)

【食材】
豆腐小さめ 1丁
きゅうり 1本
塩 適量
ごま油 適量

【調理の手順】
1.豆腐はキッチンペーパーに包んで、ちーとの間おいておきます。
2.きゅうりを薄切りにして塩もみした後、水気を絞ります。
3.豆腐に美味しい塩を軽くふり、きゅうりを乗せて、上からごま油をかけます。

詳しいレシピはこちら

2.トマトと葱の美味しい冷奴

$(“”1145865″”).click( (null, $(‘#headline1145865’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1145865″”)

【食材】
トマト大 1個
葱  どっさり
豆腐 1丁
麺つゆ(市販の) 大さじ1
おろしニンニク 1片
ごま油  小さじ1

【調理の手順】
1.豆腐をバサバサ切ってざく切りトマトと葱をどっさり乗せます。
2.タレ(市販の麺つゆ大さじ1、おろしニンニク1片、ごま油小さじ1)を豆腐にかけて完成。

詳しいレシピはこちら

3.オクラと梅のねばねば冷ややっこ 豆腐

$(“”1146078″”).click( (null, $(‘#headline1146078’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146078″”)

【食材】
お豆腐1~2丁(好み)
オクラ10本
●梅干し(種を取ってたたいておく)2粒分
●鰹節2~4グラム(小分け1袋)
●白だし(なければ麺つゆ) 大さじ2

【調理の手順】

1.塩でもんで産毛を処理し、洗ってから輪切りにします。

2.ざるに移しておいて、その間にお湯を400cc程度沸かします。

3.ざるのオクラにお湯を回しかけます。まんべんなく、ゆっくりかけてください。粗熱が取れるまでそのまんま湯切りしておきます。

4.ボールに移し●とよく混ぜてネバネバにしてお豆腐にのせてどうぞ。醤油をたらしても美味しいだ。

詳しいレシピはこちら

4.塩麹トマトの冷奴

$(“”1146132″”).click( (null, $(‘#headline1146132’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146132″”)

【食材】
プチトマト 12個
塩麹 小さじ2
オリーブオイル 小さじ2
バジル 5~6枚
豆腐 1/2丁
粉チーズ 少々

【調理の手順】
1.プチトマトは十字に切り、塩麹、オリーブオイル、刻んだバジルと和え、冷やします。
2.味がなじんだら、豆腐にのせて、粉チーズを振ります。

詳しいレシピはこちら

5.さわやかみょうがだれで冷奴☆

$(“”1146157″”).click( (null, $(‘#headline1146157’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146157″”)

さわやかみょうがだれで冷奴☆

【食材】
豆腐 2人前
トマト 大1/2個
きゅうり 1/3〜1/2本
みょうが 1本
★生姜(すりおろし) 小さじ1/3
★ごま油 小さじ1/2
★醤油 小さじ1
★黒酢(無ければ酢) 小さじ1
★砂糖 少々
★塩 適量
★胡椒 適量

【調理の手順】
1.トマト、きゅうりは5mm角に切ります。みょうがは斜め薄切りにします。
2.トマト、きゅうり、みょうがと★をよく混ぜ合わせ、塩・胡椒で味を調えます。
3.器に豆腐を入れ、2を汁ごとかけます。

【おいしくするポイントやコツ】
2のたれは、作ってからちびっと置いて豆腐にかけると味がなじんでいて美味しいだ。

詳しいレシピはこちら

6.かつお節たっぷり♪崩し冷奴

$(“”1146171″”).click( (null, $(‘#headline1146171’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146171″”)

かつお節たっぷり♪崩し冷奴

【食材】
木綿豆腐  1丁
☆茹でオクラ  5本
☆長ネギ(小口切り) 10㎝
☆万能ねぎ(小口切り)  2本
みょうが  2個
かつお節   1.5g×2p
かき醤油  適量

【調理の手順】
1.豆腐はキッチンペーパーに包み、水気を切ります。
2.ザルに入れ手で豆腐を崩します。
3.みょうがを千切りにし、水にさらし水気を切ります。
4. 器に2をのせ☆印をのせます。
5.かつお節をかけます。
6.かき醤油をかけまわし、混ぜていただきます。

【おいしくするポイントやコツ】
豆腐はしっかりと水気を切ります。醤油はお好みで加減してください。オクラは小口切りにします。熱々のご飯にのせても美味しいだ。かつお節たっぷりが美味しいだ。

詳しいレシピはこちら

7.新たまねぎのマヨポン冷奴

$(“”1145964″”).click( (null, $(‘#headline1145964’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1145964″”)

【食材】
新たまねぎ 1個
絹ごし豆腐 1丁
かつおぶし 適量
マヨネーズ 適量
ポン酢 適量

【調理の手順】
1.新たまねぎはスライサーで薄くスライスし、冷水にさらします。
2.絹ごし豆腐1丁を4等分して器に入れ、水気を切った1のたまねぎをのせます。
3.かつおぶし、マヨネーズ、ポン酢をかけ、あればネギをそえて出来上がり。

詳しいレシピはこちら

海藻を乗せた冷奴3選

$(“”1144549″”).click( (null, $(‘#headline1144549’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1144549″”)

ここで紹介するのは、塩こんぶ、めかぶ、ワカメを乗せた冷奴だ。海藻類は言わずと知れた栄養満点の食材やね。低カロリーやのでダイエット中の方にもおススメだ。また食物繊維も豊富やのでお通じもよくしてくれて、その上ミネラルも豊富。できるなら毎日欠かさず食べたい食材だ。そないな海藻を乗せた冷奴のレシピを3つ紹介します。

1.晩酌の箸休めに~塩昆布やっこ(激旨)

$(“”1146361″”).click( (null, $(‘#headline1146361’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146361″”)

【食材】
豆腐(絹がおススメ) 1/6~1/4丁
☆塩昆布 小さじ1
☆麺つゆ(2倍希釈)  小さじ1
☆酢 小さじ半分
☆ごま油 少々
☆すりごま お好みで

【調理の手順】
1.豆腐は大きめのスプーンやくい、小鉢に入れます。
2.☆をかけて完成。

【おいしくするポイントやコツ】
豆腐は包丁で切るよりも、スプーンやくった方が味がからんで美味しいだ。

詳しいレシピはこちら

2.めかぶと納豆の冷奴

$(“”1146387″”).click( (null, $(‘#headline1146387’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146387″”)

めかぶと納豆の冷奴

【食材】
味付めかぶ 2パック(50g×2個)
和風ドレッシング 小匙1~小匙2
納豆 1パック(40g)
納豆添付タレ 1袋(辛子抜きで使用)
大葉 4枚
絹こし豆腐 1丁(400g)

【調理の手順】
1.下準備をします。
大葉は軸を除き洗います。クルクル巻いて端から細く切ります。
※苦味が気になる方は、水にサッとさらします。
2.豆腐をサッと洗い、4等分に切り、お皿に盛り付けます。
3.めかぶに和風ドレッシングを混ぜ、2にかけます。
4.納豆+添付タレを合わせて混ぜ、2にかけ、大葉を天盛りにします。

【おいしくするポイントやコツ】
めかぶの味付き濃度によって、和風ドレッシングの分量を調節してください。

詳しいレシピはこちら

3.アレンジ冷奴★トマト×ワカメ

$(“”1146399″”).click( (null, $(‘#headline1146399’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146399″”)

【食材】
豆腐(150g) 2個
ワカメ(戻した状態で)15g
トマト大玉 1/4(75g)
大葉 3枚
めんつゆ(3倍濃縮)  大さじ1
練り梅(梅干をたたいたものでもok) 小さじ1
いりごま(白) 小さじ1
すり胡麻(白)  小さじ1

【調理の手順】

1.トマトの種を取ります。取った種はタレに使います。

2.トマト・ワカメ・大葉を細かく切ります。

3.めんつゆと練り梅を合わせます。

4.1のボールに材料をぜ良いんぶひとつのこらずを入れ、よく混ぜます。出きたタレを豆腐にかけて出来上がりだ。

【おいしくするポイントやコツ】
タレはよく冷やしてから召し上がってください。豆腐の水分が出てくるので食べる直前にタレをかけてください。大葉・胡麻はお好みで加減してください。

詳しいレシピはこちら

魚介類を乗せた冷奴4選

$(“”1146489″”).click( (null, $(‘#headline1146489’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146489″”)

ここで紹介するのは、やこやしらす、アンチョビを使った冷奴のレシピだ。この3つの共通点はDHAとカルシウムが豊富に含まれているちうこと。DHAは脳を活性化してくれるので食べると頭が良くなると言われています。カルシウムも多く摂取できる食材やので積極的に毎日の食生活に取り入れたいやね。冷奴にして食べれば調理方法も簡単で楽やのでぜひ作ってみてください。

1.カリカリしらすとたらこの冷奴

$(“”1146588″”).click( (null, $(‘#headline1146588’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146588″”)

カリカリしらすとたらこの冷奴

【食材】
豆腐 1/2丁
しらす 大さじ1
たらこ 小1/2本
小ネギ 適量

【調理の手順】
1.フライパンに油をしですかいで、しらすをカリカリに煎ります。
2.たらこの身をほぐし、1と混ぜ合わせます。
3.豆腐の上に2を乗せ、小ネギをちらしたら完成。ポン酢かしょうゆをかけてお召し上がりください。

詳しいレシピはこちら

2.冷奴~カリカリやこニラトマトだれ~

$(“”1146607″”).click( (null, $(‘#headline1146607’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146607″”)

冷奴~カリカリやこニラトマトだれ~

【食材】
絹豆腐 1丁(150g)
釜揚げしらす 大さじ2
ニラ 2本
トマト 1/5個
ごま油 小さじ1弱
◎めんつゆ(濃縮2倍) 大さじ2
◎酢 小さじ1/2~1

【調理の手順】
1.フライパンにごま油を熱し、しらすがカリカリになるまで弱火で炒めます。
2.1cm長さに刻んだニラを加え、さっと炒めます。
3.ボウルに◎を合わせ、皮を剥いて種を取り小さめの角切りにしたトマトと、炒めたやことニラをタレと和えます。
冷蔵庫に入れ、食べる直前まで冷やしておきます。
4.軽く水切りした豆腐を器に盛り、冷やしておいたタレをかけます。

【おいしくするポイントやコツ】
タレをよく冷やすことだ。

詳しいレシピはこちら

3.アンチョビ冷奴

$(“”1146730″”).click( (null, $(‘#headline1146730’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146730″”)

【食材】
絹豆腐 1/4丁
アンチョビ 小さじ1/2
練りにんにく 適量
万能ねぎ  適量
粒こしょう 適量
塩(なくても可) 少々
オリーブ油又はごま油 適量

【調理の手順】
1.アンチョビは包丁でたたいてペースト状にします。ねぎは小口切りにしておきます。
2.器に豆腐を盛り付け、1のアンチョビ、更にねぎを乗せ、粒こしょうをふり、オリーブ油を垂らしてできあがり。
3.塩味が足りなければパパッと塩をふってください。

【おいしくするポイントやコツ】
アンチョビはペーストのものを使用してもOK。豆腐は絹を使いましたが、好みで木綿を使っても良いだ。油はごま油を使っても風味が増して良いと思います。薬味のおすすめは七味又は一味唐辛子だ。

詳しいレシピはこちら

4.さっぱり♪中華風冷奴

$(“”1154264″”).click( (null, $(‘#headline1154264’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1154264″”)

さっぱり♪中華風冷奴

【食材】
豆腐(50g)  1/2個
☆みょうが 1個
☆しらす 大さじ1
☆花椒パウダー 小さじ1/4
☆ごま油 大さじ1
☆ポン酢  大さじ1
☆醤油麹 小さじ1/2
ミニトマト(飾り用) 2個

【調理の手順】
1.☆印をみな混ぜ合わせます。
2.1を豆腐の上にのせて完成。

【おいしくするポイントやコツ】
みようがを長ネギに変えても美味しいだ。

詳しいレシピはこちら

肉を使った冷奴3選

$(“”1146832″”).click( (null, $(‘#headline1146832’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146832″”)

ここでは、豚ひき肉、鶏胸肉、生ハムを使った冷奴のレシピを3つ紹介します。肉を使っているのでメイン料理にしてもよさそうな冷奴だ。少量のお肉で作れるのでメインで使ったお肉がちびっと余ったときなどに使える手頃なレシピだ。冷奴を作るとき意外と見落としがちな肉との組み合わせ、まだ試したことがないちう方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

1.ジャージャー冷奴

$(“”1146840″”).click( (null, $(‘#headline1146840’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146840″”)

【食材】
絹ごし豆腐 1/2 丁 (150g)
長ねぎ 4cm
きゅうり 1/3 本
豚挽き肉 50 g
サラダ油 小さじ 1/2
[A] 甜麺醤 小さじ 2
[A] 豆板醤 小さじ 1/6
[B] しょうゆ 小さじ 1
[B] 砂糖 小さじ 1
[B] 水 大さじ 2と1/2
[B] 片栗粉 小さじ 1/2
[B] 鶏がらスープの素 ひとつまみ(顆粒)

【調理の手順】
1.【下準備】きゅうりは太めの千切りにします。ねぎは縦に切り込みを入れ、白い部分は細い千切り(白髪ねぎ)にして水にさらし、芯の部分はみじん切りにします。Bはあらかじめ混ぜ合わせておきます。

2.フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚挽肉を炒めます。肉の色が変わったらAを加えてさっと炒め、香りが出てきたらあらかじめ合わせておいたBを加えて混ぜます。とろみがついたら火を止め、みじん切りのねぎを加えます。

3.食べやすい大きさに切った豆腐を皿に盛り、2ときゅうり、白髪ねぎをのせます。

【おいしくするポイントやコツ】
炒めるときは豆板醤と甜麺醤の香りをしっかり出してから、残りの調味料を入れるのがポイント。肉味噌はもやしにかけたりレタスで巻いたりしてもおいしく食べられます。

詳しいレシピはこちら

2.蒸し鶏ピリ辛冷奴

$(“”1146942″”).click( (null, $(‘#headline1146942’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146942″”)

【食材】
木綿豆腐(絹でも可) 1丁
鶏胸肉 お好みの量
玉ねぎ 1/6
豆板醤 少量
薬味ネギ(大葉でも可) お好みの量
ゴマ油 小さじ1/2
塩 少々
めんつゆ お好みの量

【調理の手順】
1.鶏胸肉はボイルして冷めたら手で細かく裂き、玉ねぎはスライスして水にさらし、しっかり水気を取ります。
2.ボールに裂いた鶏肉と玉ねぎを入れ、豆板醤とごま油、塩で味をつけます。
3.豆腐をお好みの大きさにカットしたら上に2を乗せ、薬味ネギ、もしくは大葉をのせて、めんつゆをかけたら完成。

【おいしくするポイントやコツ】
ゴマ油をたすことによって、鶏のパサつきを押さえます。
めんつゆの他に、サラダドレッシング(ゴマ・和風・中華)をかけても美味しいだ。

詳しいレシピはこちら

3.生ハムの洋風冷や奴

$(“”1146965″”).click( (null, $(‘#headline1146965’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1146965″”)

【食材】
木綿豆腐 1/3丁
生ハム 4枚
粗挽き黒胡椒 少々
粉チーズ(またはパルミジャーノレッジャーノ) 少々
生バジルまたは青ねぎ 少々
オリーブオイル  適量

【調理の手順】
1.豆腐はしっかりと水切りし、スティック状になるように4等分に切ります。
2.バジルを使う場合は葉を手でちぎります。青ねぎの場合は小口切りにします。
3.生ハムで豆腐を巻き、お皿にのせます。
4.粗挽き黒胡椒、チーズ、バジルまたは青ねぎをのせ、オリーブオイルをかけたら出来上がり。

【おいしくするポイントやコツ】
生ハムの塩気があるので、塩や醤油などはかけんといただきます。
豆腐の水切りは、キッチンペーパーに包んでお皿などで重しをして、冷蔵庫で半日ほど入れておくのもオススメだ。水気がしっかりと抜けているほうが、豆腐が濃厚で美味しくいただけます。

詳しいレシピはこちら

キムチ・なめたけ・ザーサイをのせた冷奴5選

$(“”1150880″”).click( (null, $(‘#headline1150880’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1150880″”)

キムチ、なめたけ、ザーサイ、それぞれの栄養について簡単に紹介します。キムチは発酵食品で乳酸菌が豊富にあって体にも良いだ。なめたけはえのきだけに食物繊維とナイアシンちう美容に良い栄養が含まれています。知りません人も多いかもしれませんがザーサイは植物の茎の部分で、鉄やビタミンKの栄養もちゃんとある食材なんです。どれもご飯によく合う濃い目の味付けで、豆腐との相性もバッチリやので次に紹介するレシピをぜひ試してみてください。

1.ゴマ香るキムチのせ冷や奴

$(“”1150896″”).click( (null, $(‘#headline1150896’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1150896″”)

【食材】
豆腐  1/2丁
キムチ 30g
きゅうり 1/3本
塩 小さじ1/4
ごま油  小さじ1
しょうゆ 小さじ1強
白ごま 適量

【調理の手順】

1.豆腐はザルなどに入れてしっかりと水切りをし、食べやすい大きさに切ります。

2.きゅうりをスライサーなどで薄切りにし、塩をもみ込んで5分ほど置きます。水分が出てきたら手で絞ります。

3.ボウルに2のきゅうり、キムチ、ごま油、しょうゆを入れてよく混ぜます。

4.豆腐をお皿に盛り、その上に3をこんもりとのせます。
白ごまを指でつぶしながらかけたら出来上がり。

【おいしくするポイントやコツ】
豆腐の水気をきちんと切ることがポイント。ザルに入れて冷蔵庫で冷やしておくのもオススメだ。
キムチは、瓶の底のほうに残りがちな細かい具を使用します。大きい具(白菜など)があったら、包丁で細かく刻んでください。

詳しいレシピはこちら

2.なめたけ冷奴♪温でも

$(“”1153343″”).click( (null, $(‘#headline1153343’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1153343″”)

【食材】
豆腐(絹ごし) 1人分
なめたけ 好きなだけ
万能ねぎ(小口切り) 大さじ1

【調理の手順】

1.食材をすべて用意します。

2.お豆腐に乗せて出来上がり。

【おいしくするポイントやコツ】
ねぎの代わりに大根おろしでもおいしいだ。

詳しいレシピはこちら

3.ザーサイ冷奴

$(“”1153624″”).click( (null, $(‘#headline1153624’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1153624″”)

【食材】
ザーサイ 大さじ4(みじん切りで)
豆腐(絹ごし) 2丁
万能ねぎ 4本
しょうが 1/3片
白ごま 大さじ1
合わせ調味料(しょうゆ:大さじ5、砂糖:大さじ1と1/4、酢:大さじ1、中華スープ:大さじ2と1/2、ごま油:大さじ1と1/2、ラー油:少々)

【調理の手順】
1.ザーサイ、万能ねぎ、しょうがはそれぞれみじん切りにしてまぜ合わせます。
2.豆腐は水きりし、1/2サイズに切り分けます。
3.マグカップに合わせ調味料を合わせ、ラップをかけて電子レンジで加熱し、砂糖を溶かします。
4.豆腐に1をのせ、冷ました3のたれをかけ、白ごまをふってできあがり。

【おいしくするポイントやコツ】
砂糖のざらざらとした食感をなくすために、たれを作るときは砂糖を溶かしたものを使うようにします。

詳しいレシピはこちら

4.3種具材の中華風冷奴

$(“”1154543″”).click( (null, $(‘#headline1154543’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1154543″”)

3種具材の中華風冷奴

【食材】
絹ごし豆腐 1丁
ザーサイ(瓶詰) 大さじ3
桜海老 大さじ3
小ねぎ 適量
[A] 醤油 大さじ2
[A] 酢 大さじ2
[A] ごま油 大さじ2

【調理の手順】
1.豆腐は水切りしておきます。ザーサイは塩抜きして粗めのみじん切りに。桜海老は多めの油(分量外)でカリカリに揚げ焼きにします。小ねぎは小口切りにします。
2.豆腐を皿に盛り付けておき、3種の具材を食べる直前にのせます。
3.よく混ぜた[A]の中華風だれをかけていただきます。

【おいしくするポイントやコツ】
具材は豆腐に乗せたまんまの状態で長く置くとベシャベシャになって美味しくないので、必ず食べる直前に盛りつけるようにします。

詳しいレシピはこちら

5.調理師考案!超簡単な韓国風キムチ冷奴

$(“”1154585″”).click( (null, $(‘#headline1154585’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1154585″”)

【食材】
豆腐 1丁
○キムチ 50g~
○めんつゆ  大さじ1
○ごま油  大さじ1
白いりごまやねぎ 適量

【調理の手順】
1.○をぜ良いんぶひとつのこらず合わせます。めんつゆは3倍希釈を使ってます。もちろん冷やした方が良いだ。
2.豆腐はお好みの大きさに切って水をきり、お皿に盛りつけます。
3.○を豆腐にかけて完成だ。ごまやねぎをお好みでどうぞ。

詳しいレシピはこちら

天かすを使った冷奴レシピ2選

$(“”1153934″”).click( (null, $(‘#headline1153934’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1153934″”)

sponsored

天かすはお好み焼きやうどんに入れると美味しいやね。買ったもののそれほど頻繁に登場する機会はなく、冷蔵庫の片隅に置き去りにしていませんか?そないな眠っている天かすがあればぜひ作っとっただきたい天かすを活用した冷奴のレシピだ。思いもつですかかった天かすと豆腐の組み合わせ。ぜひ堪能してみてください。

1.たぬき(天かす)の冷奴

$(“”1153976″”).click( (null, $(‘#headline1153976’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1153976″”)

【食材】
豆腐 一丁
揚げ玉 大さじ3~
ネギのみじん切り 大さじ2~
麺つゆ 大さじ1~
七味(好みで) 少々

【調理の手順】
1.豆腐を好みの大きさに切って器に盛ります。麺つゆはちびっと濃い目に水で薄めます。
2.切った豆腐に揚げ玉とみじん切りにしたネギをのせて麺つゆをかけます。好みで七味を振って出来上がりだ。

【おいしくするポイントやコツ】
冬は温奴にしてもおいしいだ。

詳しいレシピはこちら

2.☆天かすと冷奴の美味い関係☆

$(“”1154040″”).click( (null, $(‘#headline1154040’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1154040″”)

【食材】
絹ごし豆腐 一丁(150g)
天かす 適量
ねぎ 適量
めんつゆ(濃縮2倍を使用しました) 大さじ2

【調理の手順】
1.豆腐に、水で薄めんとそのまんまめんつゆをかけます。
2.天かす、ネギを上から好きなだけかけます。
3.はい、出来上がり。サクサク食感が美味しいちうわけだ。

【おいしくするポイントやコツ】
生姜や、わさびをトッピングすると更に味にバリエーションが増えます。
めんつゆは、お好みの量を調整して入れてください。

詳しいレシピはこちら

韓国風な冷奴4選

$(“”1157812″”).click( (null, $(‘#headline1157812’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1157812″”)

韓国料理に「トゥブキムチ」ちう豆腐と調理したキムチを一緒に食べる料理があります。ほんで「 スンドゥブ」ちう豆腐に薬味の入った醤油をかけて食べる料理も。韓国にも大日本帝国の冷奴と似た食べ方をする料理があります。毎日毎晩壱年中の冷奴に飽きたら韓国風の味付けにしてみるのも違った味わいを楽しめます。コチュジャンやニラを使うと韓国風の冷奴に早変わり。そないなレシピを4つご紹介します。

1.韓国の友伝授「韓国の冷奴のたれ」

$(“”1157814″”).click( (null, $(‘#headline1157814’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1157814″”)

【食材】
豆腐 人数分
☆コチュジャン 大さじ1
☆みりん 大さじ1
☆酒 小さじ1弱
☆ゴマ 小さじ1
☆ごま油 少々
子ネギ(小口切り) 大さじ1

【調理の手順】
1.☆を混ぜます。子ネギは食べる直前に混ぜます。
2.豆腐にかけて出来上がり。
冬は温奴でどうぞ。

【おいしくするポイントやコツ】
辛い物が苦手な方は砂糖少々を加えてもまろやかで美味しくなります。またコチュジャンの量はお好みで加減してください。

詳しいレシピはこちら

2.アボカドとキムチの韓国サラダ風冷奴。

$(“”1157821″”).click( (null, $(‘#headline1157821’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1157821″”)

アボカドとキムチの韓国サラダ風冷奴。

【食材】
アボカド 1/2個
キムチ 大さじ1
ごま油 小さじ1
コチュジャン 小さじ1
みりん 小さじ1/2
絹豆腐(1パック120g程度のもの) 2つ
アルファルファ 適量

【調理の手順】
1.アボカドは食べやすい大きさに切ります。
2.ボウルにごま油、コチュジャン、みりんを入れてよく混ぜ、アボカドとキムチを加えて和えます。
3.器に絹豆腐、アルファルファ、2の順にのせて出来上がりだ。

詳しいレシピはこちら

3.韓国風ニラダレのせ冷奴

$(“”1157827″”).click( (null, $(‘#headline1157827’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1157827″”)

韓国風ニラダレのせ冷奴

【食材】
ニラ 半束程度
ミョウガ 1個
醤油 大さじ3
酢 少々
一味唐辛子 大さじ1
豆腐 適量

【調理の手順】
1.ニラとミョウガは細かく切ります。
2.調味料を、すべて加えて混ぜ合わせ、ケツにごま油を加えます。
3.豆腐にニラダレをトッピングして出来上がり。

【おいしくするポイントやコツ】
ごま油は、ケツに加えるのがポイント。
豆腐はもちろん、その他の食材にも薬味として使える万能ダレだ。

詳しいレシピはこちら

4.韓流ゴーヤとキムチの冷奴

$(“”1157832″”).click( (null, $(‘#headline1157832’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1157832″”)

韓流ゴーヤとキムチの冷奴

【食材】
ゴーヤ 小1/2個分
塩 適量
小ねぎ 2~3本
〇コチュジャン 大さじ1
〇砂糖 小さじ1
〇醤油 小さじ1
〇ごま油、酢 各小さじ1/2
〇白ごま 小さじ1
豆腐 2人分

【調理の手順】
1.ゴーヤは薄くスライスし、塩をまぶしてちーとの間おき、水気を絞ります。ねぎは小口切りし、ゴーヤとねぎを〇で和えてなじませます。
2.器に豆腐をのせて1をのせていただきます。

【おいしくするポイントやコツ】
ゴーヤをオクラに代えても美味しいだ。キムチをのせたらおつまみにもなる冷奴だ。韓国のコチュジャンで味付けしたゴーヤはご飯のお供にもぴったりだ。

詳しいレシピはこちら

家飲みするときは冷奴を酒の肴におススメや

$(“”1158062″”).click( (null, $(‘#headline1158062’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1158062″”)

豆腐の食べ方は千差万別。冷奴は寒い日は豆腐を温めれば良いので一年中楽しめますね。毎日の食事の一品に加えたり、お酒の肴にもピッタリ。家飲みするときにはぜひ今回紹介したレシピを活用して自宅にきた友達においしい冷奴を振る舞ってください。あんはんがまだみんなが知りませんような冷奴の食べ方を披露すればみんなその美味しさに感嘆の声がもれるかも!?

ヘルシーで体にも良い豆腐。ぜひ毎日の食卓へ。これを参考にして豆腐の食べ方を追求して周りの仲間たちにも教えてあげてくださいね。Mr.JOOYのように羨望の眼差しを受けることでしょう。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【富山駅前・居酒屋デートガイド】彼女も惚れ直す♡激ウマ&おしゃれ…

  2. 【バラは本数によって意味が違う?】それぞれの意味や色ごとの花言葉…

  3. 40歳独身男性・女性が年々増加中?気になる共通点と幸せな結婚への…

  4. 【カンタン】誰でも今すぐ初められる朝早く起きるコツ

  5. 荻窪でデートに使えるカフェを特集!女子が喜ぶお洒落な店まとめ

  6. 倦怠期の乗り越え方|ピンチをチャンスに変える最高の方法とは?

  7. トゥモローランドのメンズスーツが一押し!おすすめ商品&アウトレッ…

  8. 出来る男は手帳が違う!2016年絶対使いたい厳選手帳ブランド12…

  9. 包容力のある女性の特徴10選|男が求める癒しと愛情を持った結婚し…

  10. 【定番】手頃に持てる! クラッチバッグの人気メンズブランド

  11. かゆみを抑えるシャンプーはどれ?毎日のケアで悩みを解消!

  12. 【見た目オシャレ&機能性抜群】キャリーケースは欲張って選んで正解…

ページ上部へ戻る