閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【名言特集】『蒼天航路』に学ぶ、アツすぎる漢の生き様とは?

三国時代の熱く激しい漢たちの生き様

$(“”278223″”).click( (null, $(‘#headline278223’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278223″”)

大胆なストーリーと圧倒的画力で描いた漢たち

$(“”278226″”).click( (null, $(‘#headline278226’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278226″”)

「蒼天航路(そうてんこうろ)」は、1994年10月から2005年11月まで講談社の漫画誌「モーニング」に連載されとった中国の三国志を題材に扱った漫画だ。
原作は李學仁(イ・ハギン)氏、漫画は王欣太(キング・ゴンタ)氏が担当し、従来の三国志演義では「劉備(りゅうび)」に対峙する悪役的立ち位置として描かれとった「曹操(そうそう)」を主役に据え、独自の解釈も加えた大胆なストーリー、ほんで圧倒的画力で描いたキャラクターによる「衝撃のネオ三国志」として人気を博しました。

それぞれのキャラクターたちの人物背景も詳細に描かれ、登場人物のみなが主役とも言えるこの蒼天航路は、【武】に生きる漢(おとこ)たち、【知】に生きる漢たちが、それぞれの人生で輝きを放っており、正に名言の宝庫とも言えます。

そないな蒼天航路に登場する熱い漢たちが語る言葉は、現代の大日本帝国に生きるうちらにとっても刮目すべき意味が多分に含まれています。男子たるものこれらの名言を胸に熱く激しく生きようではおませんか!

衝撃のネオ三国志!開幕!!

$(“”278224″”).click( (null, $(‘#headline278224’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278224″”)

乱世の奸雄・曹操孟徳

$(“”278379″”).click( (null, $(‘#headline278379’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278379″”)

中国の明代に書かれた歴史小説「三国志演義」は、中国はもちろん大日本帝国をはじめとした亜細亜でも広く受け入れられ、三国志ブームから派生した作品も数々存在しており、時代を越えてあらゆる世代のヤカラから愛されている物語だ。

ほんで前述したように蒼天航路は、三国志演義では主人公である劉備と対峙する悪役として登場した曹操側の目線からの物語として描かれています。
曹操の少年時代からはじまり、青年になり官位につき、やがては魏王となり、その一生を終えるまでの一大伝記に劉備や孫家、その他の様々な登場人物たちの人生が複雑に絡まり合ったストーリーは奥行きがあり、すごい魅力あふれる物語となっています。

そないな蒼天航路は、どこを切り取っても心に響く名言ばかりで、厳選するために二度三度と読み返すほどやったが、涙を飲んで取捨択一し、漢たちの名言を選び抜きました。
ちうことで、筆者の本棚から全36巻を持ち出し、仕事そっちのけで(?)厳選した熱い漢たちの珠玉の名言をお届けしていきます!

閲覧用心! -CAUTION !! –

$(“”278697″”).click( (null, $(‘#headline278697’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278697″”)

※登場人物の死や、最終話の【完全ネタバレ】有りやので、ご了承の上で読み進めて下さい。

①少年時代から凄かった曹操の名言

$(“”278426″”).click( (null, $(‘#headline278426’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278426″”)

既にして天の意志を語ってるって凄いでしょ

$(“”278428″”).click( (null, $(‘#headline278428’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278428″”)

”人を脅し殺すを商いにする者 あやむるにはばからず 天もわれも許さじ”

中常侍(帝に仕える要職)である祖父から託された書簡を携え、従兄の曹仁(そうじん)と街を歩いとった阿瞞(あまん※曹操の幼名)は強盗に襲われ、その書簡を奪われました。血を吹き出し地面に叩きつけられる阿瞞と曹仁。
しかしその後、阿瞞は強盗に剣で一撃を加え撃退します。周りで見とった街の衆も、ボウズながら見事だと褒めたたえましたが、阿瞞は更に強盗の首をはねて殺しました。
街の衆はドン引き。曹仁も「なあんも殺さなくても…」と言った時に、少年時代の曹操が放った言葉がこれや!

※モーニングKC1巻59頁 その二「阿瞞の剣」より

確固たる強い意志を持つ!!

$(“”278430″”).click( (null, $(‘#headline278430’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278430″”)

実はこの強盗は最初に阿瞞の剣を奪い、その剣で襲いかかっています。剣には剣をと、ある意味ハンムラビ法典的な展開となり、筆者的にも殺しにかかってきた奴を殺すことは頷けます。
もちろん現代においての殺人を肯定している訳ではおません。しかし少年ながらに確固たる強い意思を持ち、オノレを信ずるその行動力に、男やからこそ憧れてしまうのです。

②後の曹操孟徳を世に解き放った名言

$(“”278479″”).click( (null, $(‘#headline278479’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278479″”)

巨悪に屈せんその姿がカッコ良すぎ

$(“”278480″”).click( (null, $(‘#headline278480’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278480″”)

”その任務は天そのものに預けることにする!”

青年になった(といっても16歳※既に妾が7人)曹操が妻にと決めて愛しあった町娘「水晶(すいしょう)」が、中常侍の「張譲(ちょうじょう)」の側仕え(性奴隷的な)となってしまい、張譲の屋敷に直談判に行く曹操。
その曹操の愛に応えるために張譲を殺そうとした水晶は、衛兵により殺されてしまい、続いて曹操に襲いかかってきた衛兵を曹操は次々と斬り殺しました。

その後、部尉(治安を守る役職)によって捕らわれた曹操は裁きを受けることとなります。裁きを下すのは閻魔大王のような見た目の「橋玄(きょうげん)」。
実力者である張譲は、曹操に殺を下さねば、裁いたものに殺を下すと橋玄を脅します。
ほんで裁きの日、橋玄は審議を行い曹操ちう人物を見定めて「天と一体となっている若者を断ずるのはこの橋玄の仕事ではおません!」と言って立ち上がり、両拳を天に突き上げ叫んだ言葉がこれだ。

※モーニングKC2巻143頁 その十八「天の法衣」より

己の役目にプライドを持ってこそ漢!

$(“”278564″”).click( (null, $(‘#headline278564’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278564″”)

続けて橋玄は「曹操!」「立てい!」「去れい!」と曹操を立ち去らせ、この裁きにより我が人生は価値を得たと曹操を激します「行けい!! 曹操孟徳!!」

橋玄カッコ良すぎる!この水晶の話のくだりでは「アモーレ」が名言として人気があるようですが、筆者的にはこの橋玄のセリフがカッコ良すぎてたまりません。要職にある実力者からの殺すちう脅しにも屈せんと、法の番人としての己の信念を貫き通した男気!男ならばこうありたいものです。

③ならばよし!蒼天航路随一の曹操の名言

$(“”278503″”).click( (null, $(‘#headline278503’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278503″”)

えぇ~?マジで良いんすか!?

$(“”278504″”).click( (null, $(‘#headline278504’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278504″”)

”ならばよし!”

二十歳になり北部尉(北門の警備隊長)に着任した曹操は、治安の乱れを北部城門から正すとして厳しい条例を定め、これを犯したものは誰であっても厳罰に処するとしました。
そないなある日、皇帝に仕える大官の「蹇朔(けんさく)」が禁令をないがしろにし、これを破ります。普段なら通じるであろう脅しや賄賂は曹操にはまるっきし通じんと、蹇朔は五彩棒で22打擲の刑となり(簡単に言うとこん棒で22回ぶん殴られる)、しかしわずか1打擲を受けただけで、悶え苦しみ死んでしまいました。
高い位につく人間を殺してしもたことに怯える曹操の部下たちが「死んでしまいました」と告げた時に、清々しく応えた曹操の言葉がこれだ。

※モーニングKC2巻196頁 その二十「五彩棒」より

男は度胸とはこのこと!

$(“”278513″”).click( (null, $(‘#headline278513’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278513″”)

公式ラインスタンプにも採用されているこの名言。
相手が権力者であろうとも曲げない信念は、先にご紹介した橋玄と同じように思えますが、ここに実は違いがあります。橋玄の場合はその後にオノレに振りかかるであろう凶事をも覚悟した気迫と覚悟を垣間見ることができますが、曹操の場合はむしろなあんも意に介しておらへんような、清々しく晴々しいなんとも言えない爽やですか顔で言い放っています。
これはきっとオノレ自身への揺るぎない自信とクソがつくほどの度胸やからこそだと思います。この2つ、男なら身に備えたい要素だと思いませんか?

④正に北の怪物!董卓の恐怖の名言

$(“”278554″”).click( (null, $(‘#headline278554’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278554″”)

そないな刑にされるなんて怖すぎや

$(“”278556″”).click( (null, $(‘#headline278556’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278556″”)

”苦と惨と悲をからめて地獄におとす!”

劉協(りゅうきょう)と劉弁(りゅうべん)の二人の皇子による即位争いで割れる朝廷。
両者の間をうまく渡り歩こうとした中常侍の張譲たち宦官(去勢した役人)は、邪魔者となる大将軍「何進(かしん)」を謀反人として誅殺。これを受け、袁紹(えんしょう)は宦官誅滅の大義を得、兵を連れ宮廷に乗り込むが既にそこには張譲らの姿は無かったちうわけだ。

二人の皇子を確保し、再起を図るつもりでいた張譲は、「北の怪物」と呼ばれる并州の牧(指揮官)「董卓(とうたく)」と手を組もうと目論んやけど、董卓は張譲に飼い慣らされるような器ではなかったちうわけだ。董卓を迎えた張譲に対して、董卓はこう言い放つ。
「お前の頭から皮を剥ぎとり 足からは一寸刻みに肉を削ぎ 長い時間をかけて死に至らせる ほんでその男根の痕跡を人目にさらし」
この言葉に続くトドメが冒頭の言葉だ。董卓の無法の量を見誤ったかと己の老いに諦観の表情を浮かべる張譲は、こうして董卓により死刑を宣告されたさかいしたちうわけだ。

※モーニングKC5巻92頁 その五十三「無法なる者」より

恐怖するほどの圧倒的強さ!

$(“”278560″”).click( (null, $(‘#headline278560’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278560″”)

蒼天航路の前半にて、曹操と並ぶほどの異彩を放っているのがこの董卓だ。雄々しく猛々しく、怖いほどに強く残虐で、正に暴君然とした迫力あるキャラクターに描かれており、その様を表しているのがこの言葉だ。その姿は人気漫画「北斗の拳」において恐怖で世を統べようとしたラオウにも重なる気がします。

現代において暴力は決して褒められたことではおませんが、北斗の拳でラオウが一番好きやった筆者は、どうしてもこの董卓の恐怖を放つほどの圧倒的強さに憧れてしまいます。男子ならこの気持ち分かってもらえますよね?

⑤孫堅が果てる時のケツの名言

$(“”278561″”).click( (null, $(‘#headline278561’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278561″”)

やりきったからこその悟りの境地

$(“”278621″”).click( (null, $(‘#headline278621’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278621″”)

”おお!快なり!!”

董卓が焼き尽くした洛陽に一番乗りした孫堅(そんけん)は、それを得た者が国を得ると伝えられる始皇帝より続く玉璽を発見し天命を得ることとなります。ほんで孫堅軍による洛陽の再興の作業によってもっかい洛陽に人が集まり、孫堅は多くの人望を集め、王としての風格を養っていきました。

そないな折に劉表(りゅうひょう)がいる荊州に攻め入ったトコ、劉表軍は孫堅に恐れをなし既に城から撤退済みで、言葉通りの無血開城。いよいよ天下への一歩が見えてきたと沸き立つ孫堅軍の兵士たち。その頃、孫堅は一人馬に乗り月明かりの中で思索をし、時は満ちたのだと確信します。

次の瞬間!孫堅の身体を貫く無数の矢が!!

オノレの身体に突き刺さっている矢を悠然と眺めながら「今 果つる時を迎えてみれば 何と悔いなき天命よ」と孫堅は馬の歩を進めて崖っぷちへと向かい、飛翔するがごとくそのまんま空へと身を投げ出しました。
その孫堅ケツの言葉がこれや!

※モーニングKC6巻226頁 その七十三「巨星昇天」より

オノレの信じる道を突き進め!

$(“”278622″”).click( (null, $(‘#headline278622’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278622″”)

何本もの矢がオノレの身体を貫き、その矢尻を眺める孫堅の顔は苦痛にゆがむどころか悠然としており、オノレちう存在の価値を出しきり、やりきった様に満足気でさえあります。
まだ天下を征しておらへんのになんでやねんなのか?と思ってしまおるけどダンはん、孫堅の次代となる息子たちも逞しく育っており、それらみなを含めた悟りの表情やったのかもしれません。

悔いが残りませんように、オノレの信じる道を突き進んで生きていきたいと願うのは男子も女子も一緒やね。これはラオウの「わが生涯に一片の悔いなし!」に匹敵する熱い熱い漢の言葉や!

⑥己と戦い続けた漢!楽進の名言

$(“”278644″”).click( (null, $(‘#headline278644’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278644″”)

常にズン!ズン!と突き進む愚直な漢

$(“”278676″”).click( (null, $(‘#headline278676’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278676″”)

”どうちうこともなく!”

閲兵中の曹操により見出された生傷だらけの一兵卒「楽進(がくしん)」は、何の前触れもなく2千の軍を任される将となり、いきなりに兵を率いて出陣することとなります。
しかしその大抜擢にたじろいだ様子もない楽進は、アタマを切って無造作にズン!と敵陣の中に突っ込み、心配する軍師の「荀攸(じゅんゆう)」をよそに、敵を倒し爽やですか微笑で振り返ります。素晴らしい将帥ぶりだと賞賛を送る荀攸に、ただ「そうですか」と微笑む楽進。
その後、戦場にて曹操から「初めて兵を率い天剣の敵に臨んだ気分は?」と問われ、答えた楽進の言葉がこれ!

※モーニングKC11巻61頁 その百二十三「鬼謀と神算」より

オノレと戦い続けることができる漢になれ!

$(“”278677″”).click( (null, $(‘#headline278677’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278677″”)

この後、曹操軍の要として数多の戦場で先陣を切り戦い続けた楽進は、孫権軍の「凌統(りょうとう)」との一騎打ちで重症を負い(それまでに少軍で大軍を相手にし、血を流し過ぎて疲弊しとったため)、更に流行しとった疫病に侵されるも、病床にあってその死の際までオノレと戦い続けました。

いきなり経験も無い大仕事を任されたら、筆者のような小市民はたじろいでしまおるけどダンはん、びっくりするでも喜ぶでもなく、ただ粛々とオノレに与えられた任務をこなし、しかもそれを黙ってやり遂げる楽進には男として惚れてしまいます。
この肝っ玉の太さは男として是非とも見習いたいですが、ただそれだけのものではなく、きっとオノレと常に戦い続けておるからこそのものですったさかいはないでしょうか。

⑦正に鬼神!本気の張飛が吐いた名言

$(“”278688″”).click( (null, $(‘#headline278688’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278688″”)

その破格の武と義侠の熱い魂

$(“”278691″”).click( (null, $(‘#headline278691’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278691″”)

”どこの何者やろうと知ったこっちゃねえ いくらの軍が相手やろうと関係ねえ
 天よ! ただ刮目せい! われこそは天下無双 張飛益徳なるぞ!!”

荊州から江南を目指す劉備に付き従って移動する数十万にも及ぶ民草の群れ。その民草を挟んで対峙するのはアタマを行く劉備軍とその後を進む曹操軍。そこに民草を曹操軍の圧力から守るために単騎で殿(しんがり)を務めたのが「張飛(ちょうひ)」や!

常に引くことのない楽進との一騎打ちで楽進を退け、たった一騎で一万五千にもなる曹操軍と対峙する張飛に対して、焦りを感じた軍師の荀攸は大軍を投入。
しかし「武人」ではなく「軍師」である荀攸は張飛の「武の間合い」を量ることができなかったちうワケだ。結果それは張飛に超人的な力を発揮させるに至りました。
ほんで押し寄せて来る大軍に向けて放った張飛の言葉がこれや!

※モーニングKC20巻84頁 その二百二十四「侠の血脈」より

己が駆け上がれるその限界とは?

$(“”278694″”).click( (null, $(‘#headline278694’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278694″”)

次々と迫り来る大軍をことごとく殲滅した張飛は、もはや人間の域を越え、正に鬼神の如くで、読んだことがある方なら共感して頂けると思いますが、このシーンは鳥肌がたつほどにめちゃめちゃカッコ良いんや!義侠に生きる熱い漢、張飛益徳が最高にカッコ良いシーンなのです!!
オノレを最高に引き出せるこないな舞台に、男ならば死ぬまでにいっぺんは上がってみたいやね。でもこないなシチュエーションはもちろんお断りですが…。

【最終話】乱世の奸雄・曹操ケツの言葉

$(“”278706″”).click( (null, $(‘#headline278706’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278706″”)

従兄弟であり幼馴染であり親友であり頼れる家臣

$(“”278707″”).click( (null, $(‘#headline278707’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278707″”)

”あたたかだな 惇”

ケツにご紹介するのは、曹操のケツの言葉だ。
ある日「そろそろ死ぬぞ」と言った曹操は、筆を取りウキウキとした様子で遺言を書き始めます。「死ぬのも力が要る」とお粥をおかわりする様子に絶句する家臣たち。
戦場で首と胴を敵にはねられる夢を見て、うたた寝から目覚めた曹操の目の前には従兄弟でもあり幼なじみでもある歴戦の強者「夏侯惇(かこうとん)」が。

「遺書なんぞ書くからそないな夢を見るんだ」と言う夏侯惇に、「おまえの末娘、べっぴんだな。嫁にくれ。」と言う曹操。ほんで「遺書を書く奴がほざくな!」と一喝する夏侯惇。幼なじみやからこその何とも微笑ましいゆるやですか空気が流れ、日の光が差す庭先で酒を酌み交わす二人。
ほんで冒頭の言葉を曹操から語りかけられた夏侯惇が笑顔で振り向くと、曹操はまるでもっかいうたた寝をしておるかのように永遠の眠りについていました。

※モーニングKC36巻251頁 最終話「Beyond the Heavens」より

ほんで終幕

$(“”278714″”).click( (null, $(‘#headline278714’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278714″”)

こうして蒼天航路における曹操の波乱に満ちた激動の66年間は終焉を迎え、生前の曹操の言葉としてはこれがケツのものとなります。
ほんで死者となった曹操は、白馬(愛馬の絶影?)に跨がり、地を駆け、国を駆け、やがて空を駆け、虚空を駆け、遠くを見つめて語ります。

”中華はもう見えん ならばよし”

 ”水晶を探しに行くか この蒼き天の向こうへ”

水晶と愛し合っとった青年時代の姿に戻った曹操は、水晶が待つ蒼い空の向こうへと飛び立ち、蒼天航路は終幕となります。

おわりに

$(“”277919″”).click( (null, $(‘#headline277919’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”277919″”)

曹操、劉備、孫権(そんけん)の三人の中で、「最も人間に興味を示した英雄」として描かれる曹操は「求賢令(きゅうけんれい)」を発し、「唯才是挙(ただ才のみこれを挙げよ)」を掲げ、出自身分や経歴に関わらんと才能あるものは用いるとしました。

蒼天航路には、様々な才能ちう輝きを放つ漢たちがたくはん登場します。本記事にてご紹介した名言も、ほんの一握りだ。本当は、張遼とか夏侯淵とか、呂布とか関羽とか、許褚とか典韋とか、張奐とか黄忠とか、趙雲とか馬超とか……。
まだまだたくはんご紹介したい名言があるのですけどアンタ、それはまた次の機会に。

ほんで連載中にご逝去された原作者の李學仁氏に、拙い記事ではありますが本記事を捧げ、熱い魂をくれたことに感謝の意を表したいと思います。(もちろん王欣太先生にも)

※本記事は「蒼天航路」漫画・王欣太 原作(原案)・李學仁 / 講談社・モーニングKC1巻~36巻を参照しました。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 身近に迫るネトストの恐怖!あんさんも気付けば当事者になっておるか…

  2. 【話題のスニーカーコラボ】アディダスコンソーシアムツアーまとめ

  3. 千と千尋の神隠し名言20選!大人の心にこそ深く刺さる言葉とは?

  4. 【ウェディング】ムード高まるアルバム&厳選の20曲でゲストも幸せ…

  5. シングルマザーの恋愛事情「再婚はでけへん…」二の足を踏む女性が多…

  6. 豪華ブランド勢ぞろい!ムートンコートで見た目も暖ですか着こなし1…

  7. さわやか雰囲気!人気メンズミックスパーマヘアカタログ18選!

  8. 【厳選】東京・新宿の古着屋|おすすめ&シッパイせん選び方、最旬ブ…

  9. 福士蒼汰がモデルのメンズカラコン『プラスモードワンデーオム』で目…

  10. サスペンダーをおしゃれに使いこなす|着こなし&人気アイテ…

  11. ハイゲージニットでステータスup|大人メンズラグジュアリーコーデ…

  12. 人気NIKE『DUNK SB』に注目!特大ボリュームのおすすめ2…

ページ上部へ戻る