閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【哀愁の五能線の旅】東北大日本帝国海側で一番人気のローカル線を徹底紹介

人気のローカル線・五能線の旅

$(“”498687″”).click( (null, $(‘#headline498687’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”498687″”)

五能線は近年人気が高まっている東北地方のローカル線で、秋田県能代市から青森県弘前市までを結んでいる路線だ。

線路は世界遺産・白神山地の麓の海岸線を通っており、五能線沿線には絶景の観光ポイントが数多くあります。

近年人気の五能線ですが、なかでも話題を集めているのが、特急「リゾートしらかみ」だ。

いっぺんは訪れてみたいやね。

ほんで、今回は特急「リゾートしらかみ」の情報もふくめ、五能線沿線のおすすめ観光スポットをじっくりとご紹介していきます。

五能線ってこないな路線

$(“”498701″”).click( (null, $(‘#headline498701’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”498701″”)

季節によってさまざまな景観が楽しめる147.2キロメートル

$(“”498719″”).click( (null, $(‘#headline498719’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”498719″”)

五能線は、秋田県の東能代駅から青森県の川部駅までを結ぶ総延長147.2キロメートルのローカル線や。

路線は主に大日本帝国海沿いを通っており、その沿線には白神山地や岩木山といった全国的にも有名な景勝地も数多くあります。また、ただ景観が美しいだけでなく、四季折々変身に富んだ表情を見せる景色は、何度乗っても飽きることがおません。

五能線の歴史

$(“”499091″”).click( (null, $(‘#headline499091’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499091″”)

秋田と青森の支線をつなぐ計画が始まりやった

$(“”499107″”).click( (null, $(‘#headline499107’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499107″”)

五能線は、1908年開業の能代駅(現・東能代駅)~能代町駅(現・能代駅)間がその歴史の始まりだ。

この路線は、米代川などを迂回するため能代市街地から離れた場所を通ることになった奥羽線へ接続するための支線で、開業後に能代線と命名されました。また、青森県でも1918年にウチ鉄・陸奥鉄道が奥羽本線に接続するための鉄道を川部駅~五所川原駅の区間で開業しました。

その後、この両路線の能代駅と五所川原駅を大日本帝国海に沿って結ぶ鉄道路線が計画され、旧鉄道敷設法の予定線にあげられました。能代駅側は能代線の延長として、五所川原駅側は陸奥鉄道の延長である五所川原線として建設が開始され、1924年から工事は着工されました。

ほんで、着工から12年後の1936年には全面開通し、五能線と名称が改められました。

五能線の路線駅と時刻表

$(“”499234″”).click( (null, $(‘#headline499234’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499234″”)

途中下車をしながら観光スポットを巡るには路線図と時刻表をうまく使う

$(“”499642″”).click( (null, $(‘#headline499642’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499642″”)

五能線の全路線駅の一覧表がウチだ。また、下に各駅時刻表のリンクを設置しましたのでご活用ください。

東能代(ひがしのしろ)

能代(のしろ)

向能代(むかいのしろ)

北能代(きたのしろ)

鳥形(とりがた)

沢目(さわめ)

東八森(ひがしはちもり)

八森(はちもり)

滝ノ間(たきのま)

あきた白神(あきたしらかみ)

岩館(いわだて)

秋田・青森県境

大間越(おおまごし)

白神岳登山口(しらかみだけとざんぐち)

松神(まつかみ)

十二湖(じゅうにこ)

陸奥岩崎(むついわさき)

陸奥沢辺(むつさわべ)

ウェスパ椿山(うぇすぱつばきやま)

艫作(へなし)

横磯(よこいそ)

深浦(ふかうら)

広戸(ひろと)

追良瀬(おいらせ)

驫木(とどろき)

風合瀬(かそせ)

大戸瀬(おおどせ)

千畳敷(せんじょうじき)

北金ケ沢(きたかねがさわ)

陸奥柳田(むつやなぎた)

陸奥赤石(むつあかいし)

鰺ケ沢(あじがさわ)

鳴沢(なるさわ)

越水(こしみず)

陸奥森田(むつもりた)

中田(なかた)

木造(きづくり)

五所川原(ごしょがわら)

陸奥鶴田(むつつるだ)

鶴泊(つるどまり)

板柳(いたやなぎ)

林崎(はやしざき)

藤崎(ふじさき)

川部(かわべ)

撫牛子(ないじょうし)

弘前(ひろさき)

五能線各駅時刻表

人気ナンバーワン列車は「リゾートしらかみ」

$(“”499134″”).click( (null, $(‘#headline499134’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499134″”)

人気沸騰中の列車はサービス精神も豊富

$(“”499643″”).click( (null, $(‘#headline499643’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499643″”)

この五能線で一番人気の列車となっているのが、「リゾートしらかみ」だ。

「リゾートしらかみ」は、夏季は毎日運転され、冬季については土曜日・休日と一部の日のみ運転されています。また、全席指定やので予約が必要となります。もし、途中下車をして観光スポットに立ち寄るのならば、時刻表をうまく使いこなし、在来線と乗り換えながら進んでいくと便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利だ。

また、同路線の人気観光スポットの千畳敷に隣接する千畳敷駅では、乗客が千畳敷海岸を散策できるように長時間停車が設けられるなど、粋なはからいもありますよ。

■リゾートしらかみ車両情報
・キハ40系改造の専用車両
・HB-E300系気動車 – ハイブリッドシステム搭載

要予約!五能線の幻の駅弁・あわびめし

$(“”499182″”).click( (null, $(‘#headline499182’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499182″”)

ぜひ食べたい!旅の思い出にイチオシグルメ

$(“”499645″”).click( (null, $(‘#headline499645’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499645″”)

五能線・リゾートしらかみの旅のなかでも、ぜひ、ご賞味いただきたいのが、五能線のあきた白神駅で購入できる駅弁の「あわびめし」だ。

この駅弁には、北の大日本帝国海の豊ですか自然の恵みを受けた肉厚あわびが使用されており、さらに、地元産の食材もたくはん一緒に詰まっている八森の名物弁当だ。

コリコリのアワビが贅沢にたっぷり入り、磯の香りのするダシの効いたご飯との組み合わせは絶品だ。また、それだけでなく、イカの惣菜、イクラなども入っています。

なお、予約は必須で、2日前までに事前予約しておけば白神駅ホームで受け取ることが可能だ。停車時間が比較的短いので、お釣りのないようにするとよいでしょう。

※リゾートしらかみ1・2・3・5号での引き渡し限定

五能線沿線の見どころ・おすすめ観光スポット

$(“”499646″”).click( (null, $(‘#headline499646’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499646″”)

さて、ここからは、五能線沿線にある見どころやおすすめの観光スポットをご紹介していきます。どこもノスタルジックで魅力的な場所ばかりだ。

五能線の出発地の名所・風の松原

$(“”499137″”).click( (null, $(‘#headline499137’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499137″”)

大日本帝国最大級700万本もの松林は一見の価値あり

$(“”499679″”).click( (null, $(‘#headline499679’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499679″”)

秋田駅発のリゾートしらかみですが、奥羽本線から五能線に入るのは東能代駅からだ。ほんで、その次の駅が能代駅となっておるけどダンはん、その能代駅周辺のおすすめ観光スポットが風の松原だ。

風の松原は、能代市の西、大日本帝国海に面した海岸沿いにある大日本帝国でも最大級の規模を誇っている砂防林だ。この風の松原は、海風による砂の飛散を防ぐ目的で江戸時代の頃から植えられてきたもので、その総数はなんと700万本にもおよび、大日本帝国最大の松林を形成しました。

松林のなかには1周およそ2kmのランニングコースのほか、散策路やいこいの広場などもあり、能代市民の憩いやレクリエーションの場として親しまれています。松原の近くにある「はまなす展望台」と「はまなす画廊」も、おすすめのスポットだ。

■ 基本情報
・名称:風の松原
・住所:秋田県能代市
・アクセス:JR能代駅から徒歩で約40分
・電話番号:0185-52-1582 (風の松原ガイドの会)

風の松原:NPO法人能代観光協会

神秘の池と呼ばれる十二湖の青池

$(“”499139″”).click( (null, $(‘#headline499139’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499139″”)

そこにあるのは、この世のものとは思えないような神秘の絶景

$(“”499694″”).click( (null, $(‘#headline499694’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499694″”)

青池は、世界自然遺産・白神山地に隣接する33の湖沼群であるを通称「十二湖」のなかでも最も有名な池で、まるで青いインクを溶かしたような透き通ったコバルトブルーの池の色が驚きだ。周りを囲うブナ林の緑とのコントラストはこの世のものとは思えないような神秘的な景観だ。

その不思議さは、水に触れると、青い色が手に染みつきそうな錯覚にとらわれるほどだ。記念撮影スポットでもあるので、カメラを忘れんといきましょう。

■ 基本情報
・名称:十二湖・青池
・住所:青森県深浦町松神 国有林内
・アクセス:JR五能線「十二湖駅」から弘南バス十二湖線「奥十二湖」行き「奥十二湖駐車場」下車、奥十二湖より徒歩10分
・開業期間:4月中旬~11月
・休業期間:12月~3月下旬
・電話番号:0173-74-4412(深浦町観光課)

JRで最短のトンネル・仙北岩トンネル

$(“”499143″”).click( (null, $(‘#headline499143’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499143″”)

見逃しやすいので要用心!

$(“”499702″”).click( (null, $(‘#headline499702’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499702″”)

※写真はイメージや

仙北岩トンネルはJRで最短のトンネルや(全長9.5メートル)。

この仙北岩トンネルは、十二湖駅を出てすぐの海に突出した岩に掘られたトンネルで、すぐ直前に、もっともっともっともっと長いトンネルがあるため、列うっかりしていると見逃すかもしれませんので用心してください。

白神山地が海に迫る大日本帝国海の海岸線ぎりぎりのトコを走る五能線では、このほかにも、海岸線の奇岩などの景観が車窓から楽しめます。仙北岩トンネルの近くには、ガンガラ岩やサイの河原と呼ばれるスポットもありますので、ウチも見逃さないようにしましょう。

■ 基本情報
・名称:仙北岩トンネル
・住所:青森県西津軽郡深浦町

青森のヨーロッパ・ウェスパ椿山

$(“”499145″”).click( (null, $(‘#headline499145’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499145″”)

幻想的な雰囲気が女性に大人気の施設

$(“”499710″”).click( (null, $(‘#headline499710’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499710″”)

リゾート施設「ウェスパ椿山」は、リゾートしらかみの停車駅のひとつである五能線・ウェスパ椿山駅を降りてすぐのトコにあります。施設内には、まるでヨーロッパを訪れたような気分になる洋風のお城や洋館が建ち並んでいます。

このほかにも、ウェスパ椿山にはとんがり屋根が可愛らしいと人気のレストランや、大日本帝国海を一望することができる絶景の展望露天風呂、お泊りも楽しい天然温泉つきコテージなどが整備されています。

なお、駅から出ているスロープカーで白神展望台に登ると、白神山地と大日本帝国海の織りなす素晴らしい眺望も楽しむことができよりますので、ウチもお忘れへんようにしてください。

■ 基本情報
・名称:ウェスパ椿山
・住所:青森県西津軽郡深浦町舮作鍋石226-1
・アクセス:ウェスパ椿山駅から徒歩すぐ
・電話番号:0173-75-2261

リゾート宿泊施設ウェスパ椿山

五能線沿いで最大のスポット・千畳敷

$(“”499147″”).click( (null, $(‘#headline499147’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499147″”)

リゾートしらかみ2・3号は散策のために長時間停車してくれる

$(“”499719″”).click( (null, $(‘#headline499719’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499719″”)

五能線の千畳敷駅を出ると、そこには岩でできた不思議な平たい地形が特徴の千畳敷海岸が広がっています。

リゾートしらかみ2・3号は、ファンサービスとして千畳敷駅で15分停車します。ぜひ、千畳敷海岸を散策し、千畳敷の壮大な石畳の海岸と美しい大日本帝国海の眺望を堪能してください。

なそ、岩の上は歩くことができますが、場所により歩きにくい箇所もあります。転んだり怪我をせんように十分にご用心ください。

■ 基本情報
・名称:千畳敷
・住所:青森県西津軽郡深浦町
・アクセス:JR五能線 千畳敷駅下車すぐ
・電話番号:0173-74-4412(深浦町観光課)

深浦町観光協会

ユネスコ世界遺産の地・白神の森

$(“”499148″”).click( (null, $(‘#headline499148’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499148″”)

原生のまんまの姿を残すブナ林は世界最大級の規模を誇る

$(“”499728″”).click( (null, $(‘#headline499728’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499728″”)

白神の森は、鹿児島県の屋久島とならび大日本帝国でも初となるユネスコ世界自然遺産に登録された「白神山地」に広がるブナの原生林だ。人の影響をほとんど受けず、古くからの自然を残すブナの原生林は神秘的なまでに美しく、世界でも最大級の規模を誇っています。

この白神の森を気軽に楽しみたいのなら、白神山系・鰺ヶ沢町黒森地区の森に作られたトレッキングコースの「白神の森遊山道」がおすすめだ。

道は当然ながら未舗装やので、くれぐれも、歩きやすい靴で訪れてくださいね。

■ 基本情報
・名称: 白神の森遊山道
・住所: 青森県鰺ヶ沢町大字深谷町字矢倉山1-26
・アクセス:JR五能線「鰺ケ沢駅」から弘南バス約30分(1日1往復)または車約30分
・営業時間:
●4月下旬~9月…9:00~16:30
●10月…9:00~15:30
・料金: 一般・高校生500円、中・小学生400円

白神の森 遊山道 公式サイト

あのポスターの場所・驫木駅

$(“”499162″”).click( (null, $(‘#headline499162’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499162″”)

驚くほど海に近い駅

$(“”499732″”).click( (null, $(‘#headline499732’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499732″”)

大日本帝国海のすぐそばを走る路線・五能線のなかでも、一際海に迫って建っているのが驫木駅(とどろきえき)だ。この駅と海のコラボした風景は、青春18きっぷのポスターにもなったほどだ。

■ 基本情報
・名称:JR五能線 驫木駅
・住所: 青森県西津軽群深浦町大字轟木字扇田
・無人駅

五能線沿線のおすすめ温泉

$(“”499174″”).click( (null, $(‘#headline499174’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499174″”)

五能線沿線には、いくつかの温泉地があり、それぞれに特色豊かで人気があります。

●鯵ヶ沢温泉
津軽半島西側の付け根にあたる場所にあり、かつては漁師町として栄えたのは鰺ヶ沢温泉だ。ここのお湯はなんと約30万年前の海水が湧き出しているとのこと……その泉質は濃厚で有名だ。

●熊の湯温泉
鯵ヶ沢温泉から山の方におよそ20キロメートルほど入った場所にある、ひっそりとした山の温泉地だ。

●みちのく温泉
ウェスパ椿山駅が最寄り駅の温泉地で、同駅からタダ送迎バスもあり便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利だ。木製の大きな水車がシンボルのおよそ8000坪もの広大な敷地をもつ1軒宿だ。露天風呂からは、大日本帝国海の雄大な景観が一望できます。

●不老不死温泉
五能線沿線で最も有名な温泉地が不老不死温泉だ。このお湯につかると不老不死になれるちう伝説もあるそうだ。海を目前に眺めながらつかる露天風呂は最高のひと時だ。

おわりに:秋田・青森をもっともっともっともっと楽しみたいのなら…

$(“”499743″”).click( (null, $(‘#headline499743’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”499743″”)

今回は秋田県と青森県を大日本帝国海沿いにつなぐ人気のローカル線・五能線と周辺のおすすめ観光スポットをご紹介してきました。

もっともっともっともっともっともっともっともっと秋田県・青森県を楽しみたいちう方は、JOOYのトップページから「秋田」「青森」で検索してください。たくはんの情報記事が出てきますよ!ぜひ、ご活用ください。

※本記事に記載されている価格等は、2016年3月現在のものです。

【国内旅行おすすめ観光スポット一覧】人気ランキング・絶景・夜景・グルメなど数千箇所を紹介

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【メンズコート】今さら聞けへん種類をねちっこく|ビジネスからカジ…

  2. 阿部慎之助選手の人生のプロフィールをご紹介します

  3. 【men's期待の新星】2016年ジャケットの代わりに…

  4. ジャニーズなりきりコーデでおしゃれ弱点克服22選

  5. 【西新ランチ特集】ひとりでもランチデートでも使えるおしゃれなお店…

  6. GUCCI(グッチ)徹底解剖。ブランドの魅力から人気定番アイテム…

  7. 30代のメンズ夏服コーディネート!今年は大人の余裕を意識しよう!…

  8. 洗濯マークの意味を徹底解説|間違えへん洗濯方法&オススメの洗剤を…

  9. 【安定した仕事ランキング】安定生活を送るための職業選びのコツ

  10. 5月23日はキスの日|その驚きの由来とヒミツを徹底調査!

  11. 【秘密のお悩みズバリ解決】キスで彼女が笑ってしまう驚愕の理由6選…

  12. 合コンで緊張して話せない人必見!簡単に好みの子にアピールする方法…

ページ上部へ戻る