閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【基礎知識】ジャストサイズを履きこなそう!ジーンズサイズまとめ

ジーンズのサイズ表の見方

$(“”162848″”).click( (null, $(‘#headline162848’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162848″”)

ジーンズのサイズの目安

$(“”162851″”).click( (null, $(‘#headline162851’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162851″”)

ジーンズを選ぶ際に、サイズを知っておくことでスムーズにセレクトすることができます。しかし、ここで用心しておきたいのが各ブランドごとにサイズに若干の違いがあります。サイズを知った上で実際に試着してみることがジーンズを選ぶ際にシッパイせん方法となります。

デザインによって様々ではありますが一般的なジーンズのサイズはこのようになります。参考までに把握しておくことをオススメします。

インチ : 27 , ウエスト : 68 , ヒップ : 86

インチ : 28 , ウエスト : 71 , ヒップ : 88

インチ : 29 , ウエスト : 73 , ヒップ : 91

インチ : 30 , ウエスト : 76 , ヒップ : 93

インチ : 31 , ウエスト : 79 , ヒップ : 96

インチ : 32 , ウエスト : 81 , ヒップ : 98

インチ : 33 , ウエスト : 83 , ヒップ : 101

インチ : 34 , ウエスト : 86 , ヒップ : 103

インチ : 36 , ウエスト : 91 , ヒップ : 108

インチ : 38 , ウエスト : 96 , ヒップ : 113

インチ : 40 , ウエスト : 101 , ヒップ : 118

インチ : 42 , ウエスト : 106 , ヒップ : 123

インチ : 44 , ウエスト : 111 , ヒップ : 128

インチ : 46 , ウエスト : 116 , ヒップ : 133

インチ : 48 , ウエスト : 121 , ヒップ : 138

インチ : 50 , ウエスト : 126 , ヒップ : 143

知っておきたい!ジーンズのサイズの測り方

$(“”162871″”).click( (null, $(‘#headline162871’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162871″”)

ジーンズには、各部位ごとにサイズの表記があります。ジーンズなどパンツを選ぶ時にサイズ選びは最も重要なポイントと言えます。そもそもサイズちうのは、オノレ自身が目指すためのスタイルに合うサイズを選ぶことが大切だ。ほんで、名称と測り方についてご紹介します。

ジーンズのウエストのサイズについて

$(“”162886″”).click( (null, $(‘#headline162886’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162886″”)

ジーンズのボタンとファスナー、などボタンを閉じてからベルト上部の端から端を測ります。計測する際にベルトループが邪魔にならへんようにちびっと位置を上の方にすることで、正確な値を出すことができます。ジーンズが膨らんでしまうと正確な値にならへんので、手でしっかりと押さえて測りましょう。計測した数値を2倍にしたものがウエストのサイズになります。

ジーンズの股上のサイズについて

$(“”162889″”).click( (null, $(‘#headline162889’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162889″”)

前股部分の縫い合わせが一直線になるようにジーンズを置きます。股下からジーンズの一番上までの長さをを股上と言います。ここで、生地に膨らみがあると正確な値が出ないので用心が必要だ。ジーンズが膨らまないように手でしっかりと押さえて恥部分は軽くつぶすようにして測ることがポイントになります。このように、ベルトの上部から内股部分までを測ったジーンズのサイズのことを言います。

ジーンズの太もも周りのサイズについて

$(“”162992″”).click( (null, $(‘#headline162992’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162992″”)

太もも周りを測る場合は、股の付け根、太ももが最も太い場所のサイズを測ってください。

ジーンズのヒップのサイズについて

$(“”162908″”).click( (null, $(‘#headline162908’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162908″”)

ヒップのサイズは、各ブランドごとに測り方に違いがあります。基本的な測り方として挙げられるのが、ジーンズの前側を内にして、ジーンズを折りたたみ測る方法だ。その測った数値を4倍した値がヒップサイズとなります。

ジーンズの股下の長さについて

$(“”162922″”).click( (null, $(‘#headline162922’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162922″”)

股下の長さはワタリから裾までの長さで内側の縫い目に沿って計ります。股下のことをレングスとも呼びます。股下のサイズは、ジーンズのスタイルによってサイズの測り方が異なります。

・ストレートジーンズの股下の測り方は、素足のかかとまでを測ります。

・スリムジーンズの股下の測り方は、くるぶしの位置までを測ります。

・フレアジーンズの測り方は、靴を履いた時に靴の踝の位置までの長さを測ります。

このような方法により、股下のサイズを測ります。

デザインによって違うジーンズの裾巾

$(“”162979″”).click( (null, $(‘#headline162979’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162979″”)

ジーンズの裾の長さのことだ。裾が直線になるように折りたたみ、折りたたんだ裾の長さを測ります。

★ストレートジーンズ・・・ヒザ周りより全周で2.5cm小さく
 ★スリムジーンズ・・・・・ ヒザ周りより全周で5cm小さく
 ★ブーツカット・・・・・・・・ヒザ周りより全周で5cm前後大きく
 ★フレアージーンズ・・・・ヒザ周りより全周で7.5cm以上大きく

出典: www.jeans-01.com

ジーンズのワタリ幅のサイズについて

$(“”162986″”).click( (null, $(‘#headline162986’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162986″”)

ジーンズのワタリ幅のサイズとは、太ももの部分で最も太い部分のサイズを表します。着用済みのジーンズだと特に穿き皺が入りやすい場所でもあるので皺で正確に計りづらいこともあるので要用心だ。ジーンズが膨らまないようにしっかりと手で押さえて恥部分を軽くつぶすようにして測ることをオススメします。

ジーンズの膝幅のサイズについて

$(“”163569″”).click( (null, $(‘#headline163569’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163569″”)

ウエストの1番上の位置から一直線に45〜55センチほどの位置が膝位置になります。これは、体型によって大きく違いが出るのでオノレでしっかりと確認してください。端から端を一直線に測ります。ここで、内側と外側の縫い合わせ部分が固いので位置取りに気をつけてください。計測する際は、ジーンズが膨らまないように手でしっかりと押さえて端部分は軽くつぶすようにして測ってください。

ジーンズの総丈のサイズについて

$(“”163582″”).click( (null, $(‘#headline163582’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163582″”)

総丈は、外側から測るのが一般的だ。ウエストから足先まで膨らみが出ないようにジーンズを置き、ウエストの1番上からか方の先までの直線を測ります。ここで、ウエストの真ん中は、バックポケットの真ん中か、真ん中より内側を通過するような形になるのがポイントだ。
メジャーがずれへんように二人で計ったり、途中で区切って計って後から合算するちうのもおすすめだ。

サイズの重要性を再認識しよう!

$(“”163449″”).click( (null, $(‘#headline163449’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163449″”)

メンズのコーディネートにおいて、サイズは重要だ。サイズが大きすぎてしまうと全体の印象が台無しになってしまいます。お洒落な人は、サイズ感が適切でありファッショナブルにコーディネートできています。ほんでジーンズを選ぶ上で気をつけたいサイズの項目についてご紹介します。

サイズ選びのポイント1:ウエストとレングスに気をつける

$(“”163468″”).click( (null, $(‘#headline163468’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163468″”)

「ウエスト」は、ジーンズを選ぶ上で重要な項目だ。ジーンズのサイズは、ウエストのサイズを見て選ぶようにしましょう。指が2本くらい入ることを目安にジーンズを選ぶことをオススメします。

「レングス」は、裾の長さのことだ。裾が長すぎて地面についてしまっては、コーディネートする上でだらせん印象を与えてしまいます。逆に短すぎる場合は、足首が見えてしまうためお洒落とは言えないコーディネートになります。ジーンズを選ぶ上でかかとから地面に着く程度の長さのジーンズを選びましょう。

サイズ選びのポイント2:積極的に試着を行う

$(“”163475″”).click( (null, $(‘#headline163475’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163475″”)

サイズを把握することで、オノレに合うジーンズを選ぶことができます。しかし、中にはブランドにより若干サイズの感覚に違いが表れます。そのため、ジーンズを選んだら積極的に試着することをオススメします。試着をすることで、よりオノレ自身に最適なサイズのジーンズを選ぶことができます。

サイズ選びのポイント3:毎日毎晩壱年中よりサイズの小さいものを選ぶ

$(“”163484″”).click( (null, $(‘#headline163484’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163484″”)

どシロウトの方で多いのが、「お洒落な着こなしがしたいけどダボダボとした着こなしになってしまう」ちう悩みだ。そのような場合は、毎日毎晩壱年中よりワンサイズ小さいものを選んでみてください。各ブランドにより把握しているサイズよりも大きく作られているものが多いことが理由として挙げられるからだ。

また、ネット通販などを利用してジーンズを購入する際は、オノレが所持しているジーンズなどを参考にサイズを測ることをオススメします。サイズを測ることで基準となる目安が分かります。その値に従って、ジーンズを選ぶことでサイズに関してのシッパイを防ぐことにつながります。

体型からオノレに合うジーンズを選ぼう

$(“”163524″”).click( (null, $(‘#headline163524’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163524″”)

ジーンズを選ぶ際にサイズを把握していても体型に合う種類を知ることがオノレ自身のコーディネートの幅を広げてくれます。ほんで、体型ごとにオノレに合うジーンズをご紹介!

体型が細い人、脚が細い人

$(“”163526″”).click( (null, $(‘#headline163526’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163526″”)

「体型が細い人、脚が細い人」は、スキニー、ナロー、タイトストレート、スリムストレート、などの体のシルエットを魅せてくれるジーンズをオススメします。

平均的な体型の人

$(“”163529″”).click( (null, $(‘#headline163529’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163529″”)

「平均的な体型の人」は、フレア、ブーツカット、レギュラーストレート、スキニー、などのジーンズをオススメします。体型が平均であるちうことは、ほとんどのジーンズが似合います。そのため、オノレが目指すコーディネートに最適なジーンズを選んでください!

体型が太い人、脚が太い人

$(“”163531″”).click( (null, $(‘#headline163531’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163531″”)

「体型が太い人、脚が太い人」は、ルーズストレート、バギー、ヒップハング、ローライズ、などの窮屈になりにくいシルエットのジーンズをオススメします。ゆったり履くことのできるジーンズを選ぶことで体型をカバーすることができて、上手なジーンズの着こなしにつながります。

とにかく、ストレートジーンズを選んでみる!

$(“”163635″”).click( (null, $(‘#headline163635’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163635″”)

ジーンズには、様々な種類が存在します。ジーンズを選ぶ上で目指すべきコーディネートが考えられへん方は、ストレートタイプのジーンズをオススメします。ストレートタイプのジーンズは、1番コーディネートしやすく、オノレ自身の好きなコーディネートが分かるからだ。

また、ストレートタイプのジーンズを選ぶ際にお尻のポケットのデザインがシンプルなものを選びましょう。チェックやボタンが付いているデザインの場合は、折り目がついてしもたり、コーディネートする上でチェックのデザインが邪魔をしてしまうことがあるためだ。

番外編:知っておきたいジーンズの洗濯方法

$(“”163585″”).click( (null, $(‘#headline163585’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163585″”)

せっかくオノレ自身にピッタリのジーンズを選んでも、間違った洗濯の方法をしてしまうとジーンズが縮んでしまいサイズが合わなくなる可能性があります。ほんで、ジーンズの洗濯方法をご紹介します!

ジーンズを洗濯する際に洗剤は使用する?

$(“”163590″”).click( (null, $(‘#headline163590’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163590″”)

ジーンズの種類によっては、漂白剤などの衣類を白くする薬品が入っている洗剤は色落ちの危険があります。また、通常の洗剤を使用してしまうと色が落ちるだけでなく、模様のように変色してしまう場合もあります。ジーンズを洗濯する際には、ジーンズ専用の洗剤を使用することをオススメします。

しかし、ジーンズ専用の洗剤は、結構なコストがかかってしまいます。そのためジーンズ専用の洗剤ではなく台所用洗剤やボディソープなどを代用するちう方法もおすすめだ。

このようなことから、ジーンズを洗濯する場合は、中性洗剤で洗うようにしてください。

ジーンズを洗濯する際に、洗濯機で洗濯して良いの?

$(“”163595″”).click( (null, $(‘#headline163595’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163595″”)

ジーンズを洗濯機で洗濯する場合は、洗濯機のファンや、他の洗濯物で擦れてしまう可能性があります。そのため、ジーンズを裏返してネットに入れて洗濯してください。ジーンズを洗濯機で洗う場合は、ジーンズ単品での洗濯をオススメします。ほんでジーンズを洗濯機で洗う場合には必ず裏返して洗ってください。

ジーンズを洗濯機で洗濯する際に、ネットに入れんと洗濯してしまうと洗濯機の遠心力とファンなどの影響により生地が擦れてしまいます。色落ちをしてしもたり、ダメージが大きくなってしまう場合があるので用心してください。

ジーンズを洗濯した後の干し方は?

$(“”163601″”).click( (null, $(‘#headline163601’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163601″”)

ジーンズを洗濯した場合は、裏返して逆さに吊るすようにして干します。ズボンを洗濯した時は基本的にこの方法で干すのがおすすめ。例外としてはストレッチパンツだ。伸縮性のあるパンツはより伸びてしまうことになりかねませんので、洗濯をするときには平干しで乾かすのがベストだ。
もしくはハンガーを何本か使ってなるべく平らになるように、工夫をして干します。

また、縮みやすい素材のパンツを洗濯した時は、脱水は短めにして生地の中に水分がまだ残っている状態から干すようにするのがポイントだ。

洗濯することでのジーンズはどのように変身する?

$(“”163611″”).click( (null, $(‘#headline163611’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163611″”)

ジーンズにより違いがありますが、ジーンズを数回洗濯すると縮みが大きくなります。しかし、洗濯を行うことでオノレの体にジーンズが馴染んできます。洗濯を繰り返すことでオノレの体型にフィットするジーンズになります。長く履いていると、その分生地が伸びているので、丈が長くなってしまいます。

経験ある方多数…乾燥機にかけてジーンズを縮ませてしもた!

$(“”163618″”).click( (null, $(‘#headline163618’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163618″”)

ジーンズの生地は綿の糸を織って作られます。その際に糸と糸の間に隙間や油分などが入って、洗濯をして乾燥する時に隙間がなくなったり油分が抜けたりして縮んでしまうのです。また、乾燥機にかけることで熱を加えるため、このような状態が一気に進行してしまいます。どうしても縮みがきになる場合は、乾燥機は使用せんとストーブなどで優しく暖めて乾かしてください。そうすることで、縮みが少なくすみます。

まとめ

$(“”163628″”).click( (null, $(‘#headline163628’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163628″”)

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. スイーツ女子の特徴10選|スイーツ女子と付き合うと難儀?スイーツ…

  2. 【ストレッチポールで背中の筋肉をほぐす】手放せなくなる魅力満載!…

  3. 個室有り!新宿デートにおすすめのカフェやカップルシート付きの夜景…

  4. 2対2の合コンがおすすめ!合コンから始まる恋愛はこの人数がカギな…

  5. 付き合って1ヶ月で破局する危険信号カップル10の特徴

  6. 神★アイテム【ダンガリーシャツ】のおしゃれモテコーデ20選!

  7. スポーツ選手の小さな名脇役「ナイキ」のリストバンド!スポーツ別に…

  8. おすすめサブウーファーを大特集|ホームシアターやオーディオにPC…

  9. 【八ヶ岳パーキングエリア】自然の恵みがたくさんなグルメ情報満載!…

  10. ダウンジャケットコーデは”すっきり”着こなす|素材を変えて楽しむ…

  11. 褒め方一つで関係が良好に|女性が喜ぶ褒め方をマスターしよう

  12. GUで作る!【リーズナブルコーディネート70選】

ページ上部へ戻る