閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【定番の人気おすすめカメラ特集】どシロウト〜プロまで使い勝手◎の重要itemを厳選

いま、カメラのおすすめなら間違いなくミラーレス一眼

$(“”1028179″”).click( (null, $(‘#headline1028179’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028179″”)

最初に結論を言ってしまえば仕事として写真を撮る人でなければ、これから買うと良いのはミラーレス一眼だ。使い勝手のよさと画質のバランスが良いからだ。ミラーレス一眼なんていりませんと諸事情分かったうえでいうのならばカメラなんて機械は要りませんちうことだ。

なんでやねんなら写真をているのならばカメラ機能ちうものがモバイルデバイスには大抵付いておるからだ。スマホならもちろん、ガラケーにだってほとんど付いていますよね?すでにカメラは常に持ち歩いているものでもありますし、写真はどんどん気軽に撮るものです。どんどん撮って保存しておくのだってカメラ機能でとった写真のほうが優れています。

写真にただ記録として以上の意味を持たせるなら

$(“”1047764″”).click( (null, $(‘#headline1047764’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1047764″”)

そないな中でカメラ機を手に入れることは写真に記録以上の意味を持たせることだ。レンズを自在に操ることで作画の楽しみや結果は圧倒的に拡がります。このことを詳しく解説した記事がありますので詳細はそちらをご覧下さい。

▼関連記事 なんでやねんこれからミラーレス一眼なのかカメラとレンズの関係の詳細や

カメラって結局どれが良い? これからカメラはミラーレス一眼なワケ

カメラ道楽がたのしいのはカメラがよければ、作画の表現は圧倒的に拡がるからだ。カメラは常に携帯する時代になりよっましたが、単なる記録以上に写真を使いこなす人はまだまだ多くおません。それは多くの人が携帯しているスマホなどのカメラではできないことがあるからだ。一眼レフはやっぱり格段に良いだ。

「カメラって結局どれが良い? これからカメラはミラーレス一眼なワケ 」の記事に書いてあることは

1.カメラで撮れる写真とは3次元の世の中を2次元にしたもの。
2.やからこそ写真には記録以上の意味を込められる
3.デジタルな画像処理にも限界が…
4.表現力の源泉はレンズ
5.ペンタプリズムの意味と必要性

などなどだ。また写真に関してよく出てくる専門用語の意味も解説してあります。本記事では基本的にそのような用語は理解している前提で話を進めます。記事の中で分かりません言葉がある方もまずは関連記事をチェックしてみることをおススメします。

1.α(アルファ)7シリーズ【ミラーレス一眼 ソニー】

$(“”1028648″”).click( (null, $(‘#headline1028648’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028648″”)

ミラーレス一眼のよさはフィルムカメラでは欠かせなかったもののデジタルカメラでは必要なくなった部分をノスタルジーをシカトして大胆にカットすることによって軽量コンパクトにボディを仕上げて使い勝手をあげたことだ。

ボディ側の技術も確かに大切ですが、カメラの性能で大きな部分を占めるのはレンズだ。特に長焦点距離のレンズは機能的に長さも要求されるもので省略することはできません。カメラ機能に比べて圧倒的に携帯性では劣る訳ですからミラーレス一眼となってボディが必要最低限のサイズになることは意味があると考えます。

ミラーレス一眼にフルサイズの撮像素子を世界で初めて導入したソニーのα7シリーズから話を始めようと思いますが、同じαシリーズでEマウントのカメラでもホンマの軽量、コンパクトを実現した6000系ではフルサイズの撮像素子の導入は見送られています。

その意味ではいまだ理想への道のりは半ばなのですけどアンタフルサイズの撮像素子の意味は歴史的にもありと考えます。何故ミラーレスにしたのにわざわざペンタプリズムのようなでっぱりをデザインするのかとか(しかもファインダーは有機EL)、ペンタプリズムのようなでっぱりがあるならばミラーがあったほうがレンズ交換時の埃対策などにもなるのではおませんかなどの疑問はさておきα7シリーズを見てみたいと思います。

2.α7【拡張性も楽しみなベーシックモデル】

$(“”1028799″”).click( (null, $(‘#headline1028799’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028799″”)

sponsored

ミラーレスで初めてフルサイズの撮像素子を搭載したα7シリーズのベーシックモデル。レンズマウントはデジタルカメラに最適化されたEマウントになっています。ソニーの一眼ではAマウントの一眼がある訳ですが、これはコニカミノルタから引き継いだもの。ミノルタ時代からのレンズを使えることは良いことですがキャノンのEFレンズのようなストックがあるのかといえばそうではおませんでしょう。

切替の決断が容易なことはメーカーにとって設計を最新かするのには有利やったさかいしょう。EマウントのボディにはAマウントのレンズもアダプターの利用で使うことができます。(逆はできません、最近のEマウントレンズを昔のコニカミノルタのカメラには使えません。)

これからもっともっともっともっとコンパクトな6000系のようなボディにフルサイズが搭載されることになれば当然Eマウントになると思います。ほんで有機ELのファインダーを内蔵したでっぱりがあるとはいえ小型、軽量化は実現されていてミラーレスのメリットは生きています。

3.α7R【ローパスフィルターレスは緻密さの印】

$(“”1028654″”).click( (null, $(‘#headline1028654’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028654″”)

ローパスフィルターレスをもたらす有効画素数

$(“”1052216″”).click( (null, $(‘#headline1052216’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1052216″”)

sponsored

フルサイズのデジタル一眼としては世界最小、最軽量を謳うのがR。7の2430万画素に対して3640万画素の撮像素子をもっています。さらに売り物は光学ローパスフィルターレスちうことだ。

画素数が多ければより緻密な映像が取れます。デジタルカメラが進歩してきて画素数がどんどん上がった最初の頃はその効果は顕著やったが、現在はどうやのでしょうか。

この件は次のsでお話するとして、まずはローパスフィルターについてだ。ローパスフィルターはデジカメについているものなのですけどアンタ役割はモアレや偽色の発生を防ぐためのものです。光でも色は3原色ちうものがあってこの3つの組合せですべての色を表現できます。

モアレや偽色をローパスフィルターに頼らず除去

$(“”1052218″”).click( (null, $(‘#headline1052218’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1052218″”)

撮像素子での色の感知もこの3つの色を感知するそれぞれ3つを一組にしたものの集合体で行っています。これが緻密な集りであればあるほどモアレや偽色が起こりにくいのです。

同じ面積において有効画素数が多い=緻密な集りなことはこの面では明らかに効果があり、有効画素数が大きいα7Rでは光学式のローパスフィルターは搭載せんことが可能になったともいえます。それでローパスフィルターレスちう訳だ。

余計なお世話やけどモアレちうのはざっくりいって細かい模様が干渉して正確な画像でなくなること、偽色は読んで字の通りだ。どちらも不正確な画像ちうことだ。

3.α7s【一見の矛盾にも理由あり】

$(“”1028659″”).click( (null, $(‘#headline1028659’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028659″”)

有効画素数が低いのに高い機種

$(“”1052209″”).click( (null, $(‘#headline1052209’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1052209″”)

sponsored

α7のシリーズはベーシックモデル、R、sの順番に価格は高くなっています。おのおの高性能版のⅡがある訳ですがそちらはこの後ご紹介します。Ⅱでないもののなかで一番高いsですが有効画素数は1220万画素で一番少ないのですけどアンタ、どのカメラでもここは用心すべきポイントでしょう。

有効画素数は多ければ多いほど拡大しても問題ない画像が撮れる訳ですが、それでもプロの使用でも1200万画素もあれば充分だと言われています。それどころか一定の面積に画素を詰め込み過ぎるとマイナスの面も出てきます。ダイナミックレンジが狭くなること、ノイズが多くなることが言われています。

画素ひとつひとつが多くの光を受けられる余裕があることでよい面もあるちうことだ。ノイズとは撮像素子が感知する余計な電子によって引き起こされる余計な信号だ。電子機器ですから致し方ないものでもありますね。

ダイナミックレンジの広さはRAWファイルの質をあげる

$(“”1052211″”).click( (null, $(‘#headline1052211’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1052211″”)

ほならダイナミックレンジとは何でしょうか。電気信号の識別できる最大と最少の値の比のことで写真では一回の露光で記録できる明るさと暗さの範囲ちうことになります。モニターや印刷したもののダイナミックレンジは今のデジカメのダイナミックレンジよりも狭いので見た目では広くても狭くても影響おません。

ダイナミックレンジの広いカメラで撮影すれば、いうなればデータとしての情報量が多いちうことになります。これは修正する余地が大きいちうことであり、RAWファイルの質がよいちうことになります。

RAWファイルは一般的なJPEGファイルでの撮影のようにデジタルな補正がかかっておらへんファイルだ。RAWファイルを撮影できるかどうかはカメラによる訳ですが、一眼タイプの売り物のひとつはRAWファイルによる撮影が可能ちう点でもあると思います。コンパクトデジカメの場合には高級機でなければ機能はおませんが一眼タイプの場合には大抵はついているはずだ。

α7sはより情報量の多いRAWファイルを撮影できるカメラちうことになります。ほんで4K動画の撮影にも対応しています。

4.α7II【手ぶれ補正を徹底追及】

$(“”1028662″”).click( (null, $(‘#headline1028662’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028662″”)

sponsored

ベーシックモデルとⅡの違いは手ぶれ補正機能だ。5軸の手ぶれ補正をボディ内で行うようだ。縦、横に加えてピッチ、ヨー、ロールもコントロールするようだ。

ピッチ、ヨー、ロールは車でもよくいう動きですがピッチはノーズ(テールでも良いのですけどアンタ)の上下、ヨーは曲がる方向の動き、ロールは右翼翼か左翼翼側への傾きでどれも回転方向の動きになりますね。ウチも4K動画撮影対応だ。

5.α7RII【集光率を上げるテクノロジー】

$(“”1028810″”).click( (null, $(‘#headline1028810’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028810″”)

sponsored

有効画素数が4240万画素に増えています。5軸手ぶれ補正と4k動画撮影に加えて裏面照射型CMOSセンサー(撮像素子)搭載だ。この裏面照射型構造ちうのは画素数が増えることで問題になるひとつひとつの画素への光の当たり方を改善する集光率が高まるテクノロジーちうことだ。

6.α7sII【高感度でノイズを徹底排除】

$(“”1028814″”).click( (null, $(‘#headline1028814’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028814″”)

5軸手ぶれ補正と4k動画撮影はもちろんのこと、最高ISO感度409600ちう高性能ぶりだ。感度が高いちうことはシャッタースピードを速められるちうことだ。当然露光中にノイズにさらされる時間が減ります。やはりノイズに強くダイナミックレンジが広いことが売り物だ。

フルサイズとは何

$(“”1028209″”).click( (null, $(‘#headline1028209’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028209″”)

さて、まずは世界初のフルサイズの撮像素子を持つミラーレス一眼のα7にこだわってみたちうワケやが、フルサイズとは何ぞといえば、これは従来の銀塩フィルムのカメラ、主流が35mmフィルムで画面サイズが24mm×36mmやったちうワケやが、これにそのまんま置き換わる画像素子のカメラのことをいっています。

カメラ自体のサイズのことではおませんし、銀塩写真でもフィルムは35mmが最大ちう訳ではおません。実際問題、ポスター撮影などにははるかに大きなサイズのフィルムで撮影しとったものです。

撮像素子の面積が拡がればα7のご説明で触れてきたように同じ画素数であってもメリットが生じて高画質に貢献します。撮像素子の面積でいえばAPS-Cと呼ばれるフルサイズでないデジタル一眼でよく使われるものは40%ほどの面積、コンパクトデジカメでは5%未満に留まることがほとんどちう状態だ。

また撮像素子がフルサイズであれば銀塩時代のレンズが従来通りの感覚、レンズに表示してある焦点距離の感覚で使えるメリットもあります。ミラーレス専用レンズのよさもあるのですけどアンタ選択肢を考えると銀塩時代のレンズの多彩や中古などでの入手方法の広さは注目だ。

7.OLYMPUS PEN(ペン)シリーズ【ミラーレス一眼 オリンパス】

$(“”1028186″”).click( (null, $(‘#headline1028186’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028186″”)

次にミラーレスの王道を行っている風情のあるオリンパスのPENシリーズを見てみましょう。オリンパスのPENちうのはかつて銀塩フィルムをハーフサイズで使うちうフィルム節約術で名を馳せた名機の名前と面影を持って生まれたデジタル一眼だ。ペンタプリズム部がなくコンパクトデジカメのような見かけですがしっかりレンズ交換できます。

オリンパスといえばOMシリーズの一眼レフの小型化で名高いですが、そのためのレンズシステム、ズイコーのPEN用のシリーズとしてM.ZUIKO(M.ズイコー)レンズを標準で使用します。

これはオリンパスのデジタル一眼用のフォーサースシステムに準拠しておるけどダンはん、OMシリーズのレンズ、デジタルOM用に設計したデジタルズイコーを含めてズイコーレンズ間でアダプターによる互換性があります。

フォーサースシステムちうのは撮像素子の規格がAPS-Cよりもやや小さい一眼レフシステムのことですが、撮像素子の面積はそのまんまより小型化に対応したマイクロフォーサイスシステムとしてPENで使われています。

やはりオリンパスのテーマは小型、軽量化なのですね。

8.PEN-F【どうしてもファインダーにこだわるなら】

$(“”1028818″”).click( (null, $(‘#headline1028818’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028818″”)

sponsored

PEN-Fはファインダーを持っているPENだ。懐古趣味なのか実用性なのかいずれにせよ液晶画面とはいえファイダーを除いて見るのが反射などなくどこでも見易いのは分かります。ペンタプリズム部のでっぱりはおませんが従来のファインダーカメラのファインダーのあった場所あたりに覗いて撮像素子が捉えている映像を確認できる小さな液晶画面を見るファインダーがあります。

9.PEN E-P5【魅力のPENの本命はこれ】

$(“”1028820″”).click( (null, $(‘#headline1028820’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028820″”)

ファインダーのないほうのPEN。やはりウチが主流になると思います。PENはWiFiを内蔵してデジタル機器とのネットワークにも優れ、ボディー内の手ぶれ補正も5軸タイプだ。

独自の特徴として8000秒分の1のメカニカルシャッターやミラーレスでは極めて重要になる防塵装置のスーパーソニックウェーブフィルターなどを備える高性能機だ。レンズ交換時にミラーで撮像素子が覆われておらへんミラーレス機では埃対策は重要なトコだ。

その点でオリンパス独自のこの機構は注目ポイントになっています。

10.PEN Lite E-PL7【抜かりませんPENはこれ】

$(“”1028821″”).click( (null, $(‘#headline1028821’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028821″”)

PENの機能省略版がLiteで手ぶれ補正は3軸になるなどやや機能は落ちておるけどダンはん、手軽に使いやすいタッチシャッターなどを採用しています。WiFiやスーパーソニックウェーブフィルターなど使い勝手や基本性能は変りません。

11.PEN Lite E-PL6【お買い得版のPENはこれ】

$(“”1028825″”).click( (null, $(‘#headline1028825’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028825″”)

E-PL7の一年ちびっと前に発売されたLiteシリーズだ。E-PL7では画像処理エンジンがやや進化ローパスフィルターレスになったり液晶が違ったり、手ぶれ補正もイメージセンサーシフト方式ちうより簡易なものです。

ただRAWファイルも撮影できますし基本性能そのものも充分でE-PL7の発売後もお買い得版的な位置づけで継続販売されているカメラだ。実売価格によってはですかりおすすめできるといえます。

12.EOS Mシリーズ【ミラーレス一眼 キャノン】

$(“”1028182″”).click( (null, $(‘#headline1028182’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028182″”)

フィルムカメラ時代以上のラインナップの充実が見られるデジタルEOSですが、残念なことにミラーレスの対応はおざなりともいえるキャノンだ。ちうかデジタル一眼の充実がゆえにミラーレスに注力する訳にはいですかいちうことでしょうか。

EFレンズの資産が豊富なキャノンこそミラーレスに対する期待は大きいはずですが、なんとも歯がゆいトコだ。

13.EOS M3【もうじき新型が発売か】

$(“”1028991″”).click( (null, $(‘#headline1028991’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028991″”)

ミラーレスのEOSもなんだかんだで3世代目を迎えています。初代ではんざんな評価やったAF(オートフォーカス)の速度などはですかり改善できているようだ。キャノンのデジタル一眼は普及機はみなASP-Cの撮像素子なのですろから、そういった意味でも同じ撮像素子を使うMもさすがはEOSといえます。

専用レンズが少ないちう評価もありますが、アダプターでEFレンズが使えるのですろからその点の問題はあまりませんのではおませんかと思います。EFレンズは中古でよいものを安く探すことも可能だ。

ほんでどうやら間もなく最新型のM5が発売になるようだ。新型次第ですがこのM3が安くなるならばちーとの間の間狙い目ではあるかもしれません。

14.EOS M10【安さにシフトしたEOS】

$(“”1028994″”).click( (null, $(‘#headline1028994’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028994″”)

有効画素数がちびっと落ちていること、AFがひとつ旧世代なこと以外には特にM3と違いはおません。むしろ液晶の回転や美肌効果調整など自撮り機能が充実している点は人によっては優れていると評価する可能性を感じます。

15.Nikon 1【ミラーレス一眼 ニコン】

$(“”1028188″”).click( (null, $(‘#headline1028188’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028188″”)

キャノン同様レンズ資産ちう面では双璧のニコンですがやはりミラーレスには熱心とはいえないようだ。名前もミラーレスとはいわずレンズ交換式アドバンストカメラといっています。

ほんでそのブランド名がこのNikon 1(ニコンワン)。専用のレンズマウントとなる「1NIKKOR」、撮像素子のサイズはフォーサースよりもさらにちびっと小さいCXフォーマットと独自規格づくしとなっています。ただNIKKORのFマウントレンズはアダプターで装着でき互換性も確保されています。

いまのトコAFが不評のキャノンのMに対してAF性能は評判がよいだ。

16.Nikon 1 J5【きれいに取れる理由ありながら安い】

$(“”1029059″”).click( (null, $(‘#headline1029059’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029059″”)

Nikon 1も自撮り機能を加えてきたJ5にまで世代進化しました。AFの性能は相変わらずのウリ。画像処理エンジンの一新で4K動画の撮影もできます。デザインもクラッシックでカメラらしい堅実な感じだ。

撮像素子は裏面照射型となっていて高感度にも自信ありといったトコ。あいまって高速連写画像の合成で暗いトコでもノイズの少ない写真が撮れる機能をもっています。

17.Nikon 1 V3【ふたつのAFシステムを融合】

$(“”1029062″”).click( (null, $(‘#headline1029062’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029062″”)

やや旧型化しつつあるV3も位相差AFとコントラストAFのふたつのシステムを組み合わせることで暗い場所でも素早く被写体にフォーカスするAF性能をウリにして出てきたカメラだ。20コマ/秒の高速連写も確かに優秀で機能性に絞ったカメラといえます。

せやけど4K動画の撮影機能はこの時にはまだ導入されていませんやったちうわけだ。

18.Nikon 1 AW1【防水や耐久性に目を見張るものあり】

$(“”1029082″”).click( (null, $(‘#headline1029082’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029082″”)

アクションカメラを意識した面もあるのか、世界初ちう防水、耐衝撃性能をひっさげたカメラですごい特徴があります。レンズ交換式カメラなのですろから驚異的といえば驚異的。防塵、耐寒面でも安心の性能に達しています。

落としても大丈夫ちうのは日常使いでも心強いといえます。スマホなんかは落としたら一巻の終わりだ。

具体的な数字も発表されておるけどダンはん耐水性能で水深15m、落下時の耐衝撃性能は2mからでも大丈夫、耐寒性能は-10度でも充分機能ちうものです。

ほんで防塵性能をもたらす各部のOリングと呼ばれるパーツでの遮蔽性能は専用レンズでも同様だ。耐久性もボディとまるっきし同じ。それはボディだけ無事でも困りますので当たり前ですがレンズが壊れへんちうのも一層驚きを感じますね。

メタリックな外観デザインもこのカメラらしく好感が持てます。

19.スマホのカメラ機能はおすすめ

$(“”1028191″”).click( (null, $(‘#headline1028191’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028191″”)

ガラケーの時代のカメラ機能の搭載から始まってスマホやタブレットのカメラ機能は編集や加工まで自由自在ちう便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利さ。カメラ機能ちうのは何でも一台に集約される今の時代の象徴のようなものです。

カメラ機能で充分なのはホンマのこと

$(“”1028193″”).click( (null, $(‘#headline1028193’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028193″”)

「カメラって結局どれが良い? これからカメラはミラーレス一眼なワケ 」に詳しく書いた通り確かにカメラ機能のレンズ、ごくごく小さな撮像素子では表現にはあまりに限界がありますが、ちゃんと写れば良いんだちうことならば、あらゆるものが簡単にちゃんと写りますので目的によっては何の問題もないのも事実だ。

だいたい被写界深度が限りなく深いちうことはピントを合わせる必要やらなんですりませんちうことでもあります。人は物を見る時にいちいちピントを合わせてなど(意識しては)いません。あくまで自然に日常を切り取るならば高度なカメラの機能など要りません訳やし、さまざまな機能のレンズを使い分ける必要もないだ。

とにかく画質やなんですらこだわることなく、とにかく一応写るように働いてくれる機能も考えてみればすごいものです。

おすすめアプリもあります

$(“”1053082″”).click( (null, $(‘#headline1053082’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1053082″”)

模写の技術向上のために加工アプリを使うとはさすがや

カメラ機能ではできないこと、コンデジならミラーレスがおすすめ

$(“”1028194″”).click( (null, $(‘#headline1028194’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028194″”)

とはいえカメラを構えるにしてもスマホやタブレットではなんとなく決まりませんちうのもあります。そういう専門機でなくては得れへん機能はホールド性などに留まらず美しいボケ味など写真ならではの世界、いうなれば非日常に世界を切り取るちうことではやはりカメラでなくてはできないものもあります。

そないな時にはやはり一眼、ほんで高性能なレンズの持ち味が生きることになります。その点ではコンパクトデジカメちうものがちびっと中途半端に感じてしまいます。普及型のミラーレスが専用の小型レンズと組み合わされてどんどんお手軽になってきていることを考えるとレンズ交換はとりあえず保留のまんまでもMr.JOOYにはミラーレスにさわってみて欲しいなと感じるトコだ。

20.EOS D 【デジタル一眼レフ キャノン】

$(“”1028214″”).click( (null, $(‘#headline1028214’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1028214″”)

さてミラーレスではおませんデジタル一眼のフルサイズでもいよいよ普及帯の価格のものが発売され始めています。

21.EOS 6D【いよいよ普及価格に、これなら安いフルサイズ】

$(“”1029279″”).click( (null, $(‘#headline1029279’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029279″”)

ペンタプリズムのファインダーがあるちうことはレンズを通して入ってきている光をそのまんま確認できるちうなにものにも代えられへん価値があります。とはいえデジタル一眼はその光をそのまんまフィルムに刻むのではなく、結局電気信号に変換されて画像エンジンで処理されてしまうことになります。

あくまでできてくる映像は処理されたものなのですからモニターも処理の結果を液晶で見た方が良いちう考え方もあると思います。そもそも写真はリアルではおませんし、リアルな現実をそのまんま写し取るのではなく作画したものとして描くことがカメラの価値やのではおませんかと考える訳ですからなおさらなことなのです。

やっと10万円前後の価格になってきたフルサイズ機最軽量ちうEOS 6DですがEOSで初の無線LAN対応、GPS対応してきたカメラとなっています。ミラーレスでないことはミラーでレンズ交換時に撮像素子を埃などから守るちう意味では案外機能しているように思います。

SDカードの容量拡大もあり記録メディアも小型化、プロがスタジオで使うのではおませんですから小型、軽量化は大切に思います。結果として達成した常用ISO感度100〜25600ちう高いISO感度も自社生産にこだわったCMOSセンサーに注がれた技術の賜物でもあります。

ミラーレスの手軽さもよいですが、本気の画像、映像造りにチャレンジするならばやはりデジタル一眼も忘れられへん選択肢になりそうだ。

22.Dシリーズ【デジタル一眼レフ ニコン】

$(“”1029195″”).click( (null, $(‘#headline1029195’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029195″”)

ニコンの一眼レフカメラも見てみましょう。ニコンではFXフォーマットとDXフォーマットちう撮像素子のサイズがありますが、なんちうかようみなはんいわはるとこのフルサイズに該当するのがFXフォーマット。その普及版はDfとD610になります。

23.Df【機械を操る満足感】

$(“”1029225″”).click( (null, $(‘#headline1029225’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029225″”)

ニコン最小、最軽量のDfはミニマリズムとでも言いたくなるようなシンプルさが特徴だ。ニコンの高画質をそのまんまに操作性までもニコンの従来のカメラを引き継ぐようなデザインが特徴だ。

まだカメラが精密な操作を要求する機械らしいものですった頃そのまんまの感性をフル活用した撮影スタイルが創造の喜びを掻き立ててくれます。

一眼レフであっても大きな液晶を備えることが当たり前になってあらゆるデータも液晶に表示されるものになっていましたが、DfはあえてISO感度、シャッタースピード、露出補正値など作画に重要な要素を電源のON、OFFに関わらずいつでも視認できるようになっています。

そういった金属製のダイヤルは懐かしいだけでなく創造の本能に語り掛け来る感性を持っているように感じます。Dfには動画撮影機能はおません。

24.D610【いまや動画も欠かせへんカメラ】

$(“”1029227″”).click( (null, $(‘#headline1029227’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029227″”)

sponsored

Dfに対してD610はあくまでニコンのデジタル一眼の系譜に沿ったデザイン。機能を提供しているようだ。有効画素数2426万画素が何が悪い訳ではおませんが、フルHDの動画もこなす代わりにISO感度はやはり広い範囲はカバーしていません。

もっともっともっともっとも現在のカメラは写真機でありムービーカメラでもあるのが基本になりつつあります。特にこれが1台目ならばなんとしてでも動画撮影機能も欲しいと思うはずやね。

25.GoPro【アクションカメラは人気動画に欠かせへんアイテム】

$(“”1029286″”).click( (null, $(‘#headline1029286’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029286″”)

カメラはすでに写真機なだけではおませんと書きました。写真の活用術もSNSでの利用などひと昔前では考えられへんようなものになっておるけどダンはん、さらなる可能性を考えた時に活用できるカメラがGoProだ。

you tubeなどの動画サイト御用達のような感じさえするなんちうかようみなはんいわはるとこのアクションカメラですが、自らの非日常な体験をそのまんま人に届けることができるのは驚きの進歩といえます。

まだまだその活用術には展開がありそうなギアのGoProでどんな世界が描けるのか、想像するだけで興奮ものの主役になるのはMr.JOOYその人だ。

GoProはもちろん静止画をているのにも使えます。

創造性の世界に飛び立てるのがカメラ

$(“”1029295″”).click( (null, $(‘#headline1029295’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029295″”)

ただ写すだけならもはやカメラなんて要りません。けれどもカメラがあれば日常はオノレの色に染まったファンタジーに変えてしまうことができます。そないな面白さがあるカメラ、Mr.JOOYの選択にお役に立てれば幸いだ。

※本記事に掲載されています価格等は、2016年9月時点のものです

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

まだデータがありません。

最近1週間の閲覧数ランキング20

まだデータがありません。

関連記事

  1. 【STUDIOUS Focus vol.2】スタッフInstag…

  2. 手帳を書くのが続ですかい人必見!手帳を続けるための4つのコツ!

  3. 素晴らしき結婚せん人生!独身男が楽しい7つの理由とは!

  4. 就活せん生き方|10の処世術で人生なんとですかる!

  5. 毛穴ケアに抜群の化粧水は市販で買える!ドラッグストアでプチプラで…

  6. 八女市の観光ガイド決定版!美しい展望台で一夜を過ごしませんか?

  7. 【女々しい男の特徴は3分で克服できる】男らしさ完全アピール法

  8. 【休日の過ごし方10選】できる社会人は休日をこう過ごして男をアゲ…

  9. ビジネス、カジュアル、タウンユースと幅広く使える吉田カバンのリュ…

  10. モテすぎ!ピンクのワイシャツを着るだけでウォール街の誰もが振り返…

  11. こないな時どうすれば良い?ネットショッピングでトラブルに巻き込ま…

  12. 仕事のモチベーションが低下した時に試したい、5つのやる気アップ法…

ページ上部へ戻る