閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【新着】2016春夏のメンズコーデはこう着る!!

いよいよ2016年春シーズン開幕!

$(“”395318″”).click( (null, $(‘#headline395318’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”395318″”)

まだまだ寒い日が続いておるけどダンはん、街のショップやWEBでは春の新作が本格的に立ち上がってきましたね。
いよいよ2016年の春シーズンが始まります。

昨年の2015年は、ノームコアやジェンダーレスなどの、比較的シンプルでおとなしめのスタイルが主流となっていましたが、今年は何をどう着たら良いんでしょう?
傾向は?アイテムは?コーデは?

様々な角度から、今年のイケてるスタイルを探っていきましょう!

▼関連記事

2016春服のメンズファッション必勝コーデ&流行をチェック

遂に2016年の年が明け、冬物のバーゲンでお買い物を楽しんだ男性も多いと思います。ファッションに敏感でお洒落なJOOY読者の皆様は、すでに春物にターゲットを定めて春のファッションを考えている人も少なくないと思います。実際のトコ春の季節の中間のファッションってややこしいやね。この記事では、現役ショップマネージャーを務める筆者が、トレンドを押さえた今春の注目ファッション&コーデをご紹介していきます!

コレクションとキーワードから読む2016年のトレンド

$(“”395319″”).click( (null, $(‘#headline395319’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”395319″”)

2016年春のコレクションでは、例年通り各ブランドから様々なスタイルが提案されていました。

コレクションでは、そのブランドのイメージをビジュアルにして見せるちうイベントやので、そのアプローチや内容もブランドによって変わってきます。
やので、発表されるスタイルも、普通っぽいものから奇抜なもの、トレンドの芽になりそうなもの、ネタ?のようなものまで様々だ。

ここでは、実際にみなはんのコーデのヒントになりそうな部分をピックアップして、今年のスタイルの参考になりそうなフォトを集めてみました。

トレンドキーワードと一緒に見ていきましょう。

やはりこれが基本 「シンプル」「クリーン」

$(“”395426″”).click( (null, $(‘#headline395426’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”395426″”)

【ヴォッテガ・ヴェネタ】
シンプルなブルゾンとパンツを、特徴的なインナーでキレイに繋いでいます。
グレー~ベージュのカラーリングが上品でクリーンなイメージを作り出していますよね。

【ギーブス & ホークス】
ハッキリとしたモノトーンのコーデで、トップスのジャケットにショールカラーを持ってきてドレス感を強調しながら、インナーのTシャツとスニーカーで「ヌケ」を作るちう心憎いコーデだ。

これもまた参考になりそうな着こなしだ。

【A.P.C.】
ディテールを取り除いたMA-1型のブルゾンも、このペールトーンのカラーと白を合わせてクリーンなイメージになっています。

パンツのシルエットが若干緩めちうトコロが今年っぽいやね。

余計なディテールや装飾のないスッキリとしたシンプルなコーディネートは、今年もメンズのスタイルでは主流になるでしょう。

トップには、スプリングコート、ジャケット、ブルゾンなど、様々なアウターが考えられますが、何を着ても「清潔感」のあるコーデを心がけましょう。

新しい潮流 「リラックス」「ルーズ」

$(“”395434″”).click( (null, $(‘#headline395434’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”395434″”)

【ビューティフル ピープル】
緩めのボトムにスウェットやスニーカーといったラクなアイテムを合わせています。
トップをステンカラーのスプリングコートにすることで、崩し過ぎないスタイルになっています。

【トッドスナイダー】
ここ数シーズンインナーの主役になってきているニットですが、ざっくりとしたサマーニットに緩めのボトムでリラックススタイルを表現しています。

ベージュのワントーンに黒を合わせて、だらしなく見えないコーデになっています。
このあたりのこなし方は是非参考にしたいトコやね。

【エルメス】
このTシャツとパンツのゆとりの感じが、まさに今シーズンを表していると言って良いんやないでしょうか。

一歩間違うと野暮ったくなりそうなトコを、色合わせや小物使いで野暮ったく見せへんのがテクニックを求められる部分ではあります。

こないな感じで、体の線が見えるようなジャストフィットの洋服から、多少ゆとりのあるシルエットにトレンドが移行しつつありますが、だらしなく見えない「ルーズ」、部屋着に見えない「リラックス」ちうのが大事だ。

また、「ルーズ」と言っても「ただサイズが大きいだけ」ではおません。
こういう部分が、オシャレかオシャレやないかの境界線になります。

解釈が変わってきている 「ワーク」「ミリタリー」

$(“”395531″”).click( (null, $(‘#headline395531’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”395531″”)

【ブルネロ・クチネリ】
ミリタリーテイストのブルゾンもグレー×ベージュのカラーコーデとシンプルなアイテムと合わせることでですかりキレイ目に寄せています。

この色の使い方は参考になりますよね。

【トッドスナイダー】
粗野な雰囲気のコートも、ブラック×カーキで精悍なイメージのコーデにしています。

ショーツもデザインはシンプルなんですけどアンタ、カーキの色でミリタリーやワークといった世界観に合うようになっているのがおもろいやね。

【マイケルコース】
ミリタリーのイメージを持つコートとしては王道のトレンチですが、この軽い素材感と白×ベージュのカラーコーデで程よくヌケて軽い雰囲気に仕上がっています。

【ラグ アンド ボーン】
ワーク・ミリタリーの代表的なボトムのカーゴパンツも、カラーを白にしてグレーを合わせることでグッとクリーンなイメージになっています。

「ワーク」や「ミリタリー」といったワードは、毎シーズン必ずトレンドワードとなって上がってくるので今さら解説するまでもないんですが、今シーズンではゴリゴリのワークやミリタリーではなく、ディテールやデザインがワーク・ミリタリーの雰囲気は濃いモノはカラーをプレーンに。
また、プレーンなデザインのモノをカーキにすることでワーク・ミリタリーの雰囲気に。
ちうような地味な変身が見られます。

センスの問われる 「スポーツテイスト」

$(“”395626″”).click( (null, $(‘#headline395626’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”395626″”)

【ブルネロ・クチネリ】
露骨なスポーツではなく、ワンタックのリブパンツと足元のスニーカーで、軽やですかスポーティテイストを演出しています。

淡いカーキやモカを白と組み合わせてるちうのも上品で、是非参考にしたいコーデだ。

【エンポリオ・アルマーニ】
ウチもまた、露骨なスポーツ感ではなく、伸縮性のある素材と足元のスニーカーでスポーツテイストを演出しています。

黒を加えることで、ちょっと大人な高級感も出ているのがおもろいやね。

【グレッグローレン】
一転して今度は全身スポーツアイテムでまとまったコーディネートだ。

ベルテッドのスウェットバイカーズやベージュのハイカットスニーカーが品のある雰囲気を作り出していますね。

スポーツテイストもまた、ワークやミリタリー同様に毎シーズントレンドとして挙がってくるワードだ。

ここ数年の自転車やスニーカーのブームもあって、もっともっともっともっとも選択肢の広い分野になっています。
気をつけるべき部分としては、本当にスポーツをするときのスタイルとは違って、あくまでもファッションとしてのスポーツテイスト、せやなかったらスポーツミックスとしてコーディネートするちう部分だ。

多くのブランドのコーデにスニーカーが合わせられているのをよく見て参考にするとわかりやすいと思います。
キレイ目のアイテムと上手くコーデしてみてくださいね!

ジャケットなどのキレイ目は「ソフトテーラー」へ

$(“”395901″”).click( (null, $(‘#headline395901’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”395901″”)

キレイ目スタイルのアウターと言えばジャケットだ。
自営業や自由業の方は仕事着として、またキレイ目愛好者は年間を通してもっともっともっともっとも着る機会の多いアイテムだと思います。

そないなジャケットを使ったコーデは、ソフトテーラーと呼ばれる、よりリラックスした雰囲気へと移ってきています。

【ディオール オム】
清楚なネイビーのセットアップも軽い素材とチラ見えする裏地の迷彩柄で、適度に「ヌケ」た雰囲気に。

肩のラインもナチュラルで、セットアップでありながら全体でリラックスした雰囲気を演出しています。

【バーバリー】
堅いイメージのバーバリーも、一重の軽いネイビーのジャケットにリブ付きのスウェットパンツを合わせてソフトテーラー化をはかっています。

ほぼ2015年のトレンドを踏襲するスタイルとなっているキレイ目ですが、ジャケットを使ったコーデはより抜けた感じやこなれた感じを演出することで、今年風のコーディネートになっていきます。

2016年のトレンドカラー

$(“”395323″”).click( (null, $(‘#headline395323’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”395323″”)

ここまでは各トレンドキーワードごとに有名ブランドの2016年春夏のコレクションを見てきましたが、この他にも注目すべきトレンドはまだあります。

まずは今シーズンのトレンドカラーを見てみましょう。

昨年の春夏と比べると若干派手になってはおるけどダンはん、「結局何でも良いんやない?」と毎年思うのは筆者だけでしょうか(笑)

わかりにくいので文章にしてみると、コーデのベースにするのは、

・基本的にモノトーン、特にグレー~ホワイト
・薄いモカ、ベージュ~ホワイト
・デニムカラーを軸にしたブルー系

で良いと思います。
で、合わせる色目として、

・モカ
・キャメル
・カーキ

を持ってきます。
カラーを挿す場合は、

・レッド
・イエロー
・ブルー

ちうような感じでしょうか。
この点をふまえた上で、コーディネートを見てみましょう。

【グレッグローレン】
ベースをホワイトで1色とし、モカや茶系の同系色を合わせたすごい大人でクリーンなコーディネートになっていますよね。

こないな感じで、コーデのベースにする色と、合わせるカラーまたは挿し色にするカラーの組み合わせをふまえた上でコレクションの写真を見てみると、合わせ方のコツがつかめりますないでしょうか。

やはりデニムは外せへん

$(“”396042″”).click( (null, $(‘#headline396042’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”396042″”)

スウェットやスラックスに押され気味やったデニムですが、やはりカジュアルには欠かせへんアイテムであることは2016年も変わりません。

【ヴァレンティノ】
デニムシャツ+ジーンズにブルーの同系色の迷彩柄コートを合わせて、ブルートーンのクリーンなコーデになっています。

これはデニムを使った様々なコーデに応用できそうやね。

【ディーゼルブラックゴールド】
昨年からレディスで人気の上がってきているダメージデニムも注目だ。

方や「クリーン」と良いながらハードダメージのデニムも…ちうのも、ハッキリとしたトレンドが少ない今シーズンを表しているのかもしれませんね。

トップに合わせているブルゾンですが、こういうプリントブルゾンやスカジャン系も多くのブランドが提案していました。
この記事でもピックアップしようかと思っましたけどアンタ、女性ウケがあまりよろせんようやのでカットしています(笑)

【サンローラン】
たくはんのスタッズが打ってありますが、ロック感を強調し過ぎておらへんのが流石だ。

こないなキレイなブルーなら、モノトーンを合わせてクールなコーデを作れそうやね。

デニムに関しては、2015年とほとんど変わっておらへんちう印象だ。
昨年買ったものでも、今年もガンガン使っていけそうやね。

2016年では、スウェット素材で作られたジョグデニムちう新しいアイテムも人気が出てきておりますので、試してみてください。
見た目がジーンズで履き心地がスウェットちうおもろいパンツだ。

ワントーンコーデを究める

$(“”396073″”).click( (null, $(‘#headline396073’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”396073″”)

これも2015年と変わりません部分ですが、それだけワントーンのコーデがスタイルとして完成されている証拠だと思います。

【ジバンシィ】
まずは黒。シャープやね。

冬場だとインナーも黒で良いですが、春やので白いTシャツにするとイメージはそのまんまで雰囲気を軽くする事ができますよ!

【トム・フォード】
春のレザーを使った黒のワントーンコーデだ。

インナーに色ではなくモノトーンのボーダー柄を挿すちうのがオシャレやね。

【マイケル・コース】
ウチは全身ベージュ系のワントーン。落ち着いた大人のイメージやね。

プレーンなデザインのベージュ系はオジサン臭くなりがちですが、このくらいのデザインのアイテムだとすごく良い感じになります。

【ジバンシィ】
実際こういう風に着るかどうかは別として、白のワントーンもコーデとしてはアリだ。

白いボトムに白いサマーニットなどが現実的だ。
羽織るトップスの色味をちびっと変えると悪目立ちせんスッキリしたコーデになりますよ!

わかりやすくオシャレに見えるちう点では、すごい手軽なワントーンコーデやったちうわけだ。
今回は、黒、ベージュ、白のワントーンコーデを紹介しましたが、このほかにも、

・グレー系ワントーン
・ブルー系ワントーン

などは、取り入れやすいコーデやので、是非試してみてくださいね!

2016年春夏おすすめのアイテム

$(“”395327″”).click( (null, $(‘#headline395327’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”395327″”)

これといったトレンドアイテムやヒットアイテムちうものがない2016年春夏ですが、これを着ればとりあえず…ちうアイテムがありますので、ケツに紹介しておきます。

スプリングコート

$(“”396136″”).click( (null, $(‘#headline396136’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”396136″”)

ジャケットやブルゾンの代わりにスプリングコート。

冬のコートのトレンドから移行しやすく、寒ければインナーにニットやジャケットを差し込んでも良いので、天候が不安定なことした特に使えりますないでしょうか。

白いパンツ

$(“”396142″”).click( (null, $(‘#headline396142’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”396142″”)

白いパンツは、デニムでも綿パンでもかまいませんが、デザインはテーパーのかかったオーソドックスものが良いでしょう。

今から秋まで長く使える1本になりますよ!

春ニット

$(“”396601″”).click( (null, $(‘#headline396601’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”396601″”)

Tシャツやカットソーではなくニットちうのがポイントだ。
ミドル~ハイゲージで、編地があっても良いでしょう。
色はオフホワイト、ベージュ、ライトグレーで、クルーネックか浅いVネックのシンプルなモノがおすすめだ。

ニットが1枚あるだけでコーデが格段に大人になりますよ!

白スニーカー

$(“”396608″”).click( (null, $(‘#headline396608’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”396608″”)

昨年からシューズの主役となっているスニーカーですが、もちろん今シーズンもシューズの筆頭だ。

オーソドックスでシンプルな白いスニーカーは、何を差し置いても用意しておきたいトコだ。

2016春夏の最新スニーカー23モデル!メンズのスニーカーコーデ厳選

2016年もシューズの主役を張っていくスニーカー。コーデは?カラーは? 今シーズンのトレンドを見ながら今年らしいスニーカーの履きこなしと厳選した23足のおすすめモデルをJOOY読者のみなさまにお送りします!

ウチの記事も、シューズから組み立てたコーディネートをたくはん載せておりますので参考にしてくださいね!

以上、2016年おすすめの4つのアイテムやったが、単純にこの4つを組み合わせただけで今年っぽい感じになりますよね。

まとめ

$(“”396646″”).click( (null, $(‘#headline396646’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”396646″”)

【2016SS】今年はこう着る!メンズの春コーデ いかがやったか?

去年今年と、特に目立ったトレンドアイテムもないシーズンは、オシャレ好きなヤカラにしてみればちょっとした色合わせやサイズ感で他の人と大きく差の付着やすいので、シビアですがおもろいんやないでしょうか。

レディスでは、タッキー(悪趣味)ちうトレンドワードも挙がっていて、コレクションでは結構派手なスタイルが目立ちました。
それを受け、メンズでもそないな感じのスタイルを打ち出しているブランドもたくはんおましたね。

一般的になるのはまだ先かと思いますけどね…。

そないなワケで、2016年の春コーデやったちうわけだ。
冬から春は、オシャレが楽しい季節だ。カッコよくキメちゃってくださいね!!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 名作予報!バーバリースーツを羽織る!

  2. 卵は超優秀!筋トレ中の食事に絶対摂りたいそのワケは!?

  3. カッコ良いパーマよ永遠に…おすすめのパーマの乾かし方伝授!

  4. 白ワインおすすめ20品|スーパーで買えるものからプレゼント向け&…

  5. オーダーで作るトゥモローランドの本格スーツ|本物を追及した最高級…

  6. ベストセラーの人気&おすすめ自己啓発本特集|読むべき理由と読んだ…

  7. 大二病男子の症状がヤバいと話題に|周囲はイタ過ぎるとドン引き?【…

  8. ディオールのブレスレットで勝ち組に!ランクアップは確定!

  9. 【必見】素直になれない!その男性心理と原因とは?

  10. 1000円でベロベロに??上野のお得な飲み放題をこっそり紹介

  11. 【横浜駅】女性を誘いたくなる人気の食べ放題|ランチやディナーのお…

  12. スーツも夏にシフトチェンジ!coolに過ごすアイテム&コーデ紹介…

ページ上部へ戻る