閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【日産フーガ】元競技ライセンス所有の筆者が解説!Y50・Y51型の性能、価格、エアロ、ハイブリッド

Mr.JOOYに聞くフーガの魅力

$(“”1202999″”).click( (null, $(‘#headline1202999’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1202999″”)

単なる高級車の枠からハミ出る個性が人気の秘密

$(“”1203003″”).click( (null, $(‘#headline1203003’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1203003″”)

フーガはすごい魅力的な車だ。3.7リットルもの排気量を持つエンジンは数年前まで自主規制をしとった280馬力を超え、330馬力を超えるパワーを身に着けています。このハイパワーは大日本帝国ちう狭い国土では必要ないちう意見もあります、しかし、余裕のあるパワーによってあまりアクセルを開けなくてもスピードがでよりますので、意外と燃費に貢献しています。また静ですか室内はお客様などの要人をストレス無く移動していただきますにはピッタリだ。

初代フーガY50型はこのようにして生まれました

$(“”1166049″”).click( (null, $(‘#headline1166049’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1166049″”)

フーガ誕生よりすごい昔の日産は苦悩の日々やった

$(“”1189204″”).click( (null, $(‘#headline1189204’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1189204″”)

高級車の代名詞と言えば「トヨタクラウン」などは有名やね。いつかはクラウンちうキャッチフレーズは誰しもが憧れる高級車ちうイメージだ。トヨタは高級車から大衆車まで幅広く生産しています。一方の日産はスカイラインやフェアレディZといったスポーツカーのイメージが強く、高級車のイメージはどうしても影に隠れていました。日産はかつて「セドリック・グロリア」ちう大型のセダンを開発し、大型の高級車とまでは行きませんやったがですかりのヒットやったちうわけだ。それ以降トヨタの高級車にはなですかか届かず、苦戦を強いられていました。

大日本帝国色を全面に押し出した高級車

$(“”1189193″”).click( (null, $(‘#headline1189193’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1189193″”)

初代のフーガが誕生したのは2004年ですから、自動車としての歴史は浅いと言えます。セドリック・グロリアは40年間販売していましたので、世間では驚かれとったようだ。車両型番はセドリック系である「Y」が冠されておるけどダンはん、より高級感と大日本帝国らしさを目指し祖国語の【風雅】からとった名前を採用しています。高級感を高める為に、シートの皮や生地も洗練されたものを使用した他、室内のパネルにはピアノのパネルが採用されるなど、言われへんとわかりません細部にまで手を加えています。

広い室内は抜群の居住性

$(“”1189272″”).click( (null, $(‘#headline1189272’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1189272″”)

車全体が大型化しています。特に前のタイヤと後ろのタイヤとの幅である「ホイールベース」がセドリック等と比べてですかり延長されています。いっぺんに高さもも高く設定されたさかい頭上の空間にもゆとりがあり、室内の空間はクラスでも最大級の大きさになりよっました。これに前述の洗練されたシートが設置されているので、快適に過ごすことができます。また高級大日本帝国車の特徴でもある静寂性にも磨きがかかっています。厚手のドアはずっしりと重みがあり、ドアを閉めると密閉感が伝わります。

カルロス・ゴーン氏も絶賛のスポーティー仕上げ

$(“”1189379″”).click( (null, $(‘#headline1189379’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1189379″”)

日産をV字回復させ、一躍有名人となった日産のCEOカルロス・ゴーン、彼は日産で開発されたすべての車の最終関門として立ちはだかっている。多くの自動車メーカーはなですかか役員クラスがオノレでテストドライブをすることは無いと言います。しかしGT-Rのようなレーシングカーでも必ずオノレで運転してテストし、納得の行く車しか世に出しません。フーガもその高級さと運動性能の両立を実現させた奇跡の一台だ。見た目だけでなく、他社よりも固くしなやかに動くサスペンションや大型のブレーキを装備しているトコからも、見る人が見ると「只者ではおません」と感じさせます。
 特に初代フーガの3.5リットルエンジンはZ33型フェアレディZと同じエンジンを搭載し、当時の自主規制いっぱいである280馬力を発揮したほか、高揚感をだし運転する楽しさを味わえるように、エンジン音や排気音まで細かく調整が施されています。その結果メルセデスベンツSクラスやBMW7シリーズを上回る室内容積を確保しつつ、それらに負けへん性能を誇りました。改良を加えた後期型には4.5リットルまで拡大された高出力エンジンを積み、その出力はついに自主規制を突破する333馬力に達しました。

快適性も妥協なし細ですか配慮がありがたい

$(“”1189415″”).click( (null, $(‘#headline1189415’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1189415″”)

これだけの性能を与えられてもフーガはまだまだ妥協をゆるしません。快適性能にもチカラを注いでいます。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ運転席と助手席で別々に温度設定ができる機能があります。これは他社にも見ることができる機能なのですけどアンタ、フーガはさらに風を直接体に当てへんように風向きをコントロールする「マイルドフローシステム」を搭載しもてなしの心を重視しています。また専用に設計されたBOSE社のサラウンドサウンドシステムは音の反射まで計算され、心地よく音楽を聞くことができるように配慮されています。

最新のフーガはこうなっています

$(“”1166051″”).click( (null, $(‘#headline1166051’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1166051″”)

初モデルチェンジにより上位ブランド・インフィニティを冠する

$(“”1199235″”).click( (null, $(‘#headline1199235’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1199235″”)

妥協を一切することなく開発された初代フーガは2009年11月に初めてのモデルチェンジを迎えます。Y51型フーガと名付けられたこの車はやはり妥協を一切知りません車として開発され、栃木県の工場で精算されています。エンジンはV6の2.3リットルと3.7リットルの容積を持ち、先代にあった4.5リットルモデルは廃止になりよっました。その代わりに時代を先取りしたハイブリッドモデルが登場することになります。当時日産のフラッグシップモデルとして、プレジデントやシーマといった上位モデルがおましたが、フーガはこの2つの役割も吸収し背負っていくことになります。それぐらい優秀な完成度を誇っています。このモデルチェンジにより上位ブランドであるインフィニティを冠することになります。インフィニティはアメリカなどで日産の上位ブランドとして展開しています。ちょうどトヨタとレクサスの関係に似ています。

高い静寂性を実現する新技術を採用

$(“”1199236″”).click( (null, $(‘#headline1199236’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1199236″”)

先代のフーガも素晴らしく静かでかつ、一定以上アクセルを踏むとエンジンから官能的なスポーツサウンドが響くように設計されていました。新型フーガはこれをさらに改良し静寂性高めました。ほんでその高い静寂性を手に入れる為にまるっきし新しい技術を採用します。そもそも車の室内がうるさいちうことは、外部からのノイズが室内に入り込んでいることが原因だ。これまでは遮音板や吸音素材などでノイズを減らし、室内に余計な音が入りませんようにしていました。
 新型のフーガは逆転の発想で音を入りませんようにするのではなく、音を消してしまうことを実現させました。アクティブノイズコントロールと呼ばれるこの技術は、エンジンやタイヤなどから発生するノイズを打ち消す音波をスピーカーから発信しています。室内のノイズはこれにとり打ち消され、静ですか空間ができあがります。またノイズがでるような低回転の全開領域でもノイズを打ち消しながらパワフルな走りを可能としています。

スタイルに応じて走りを変身させる技術

$(“”1199246″”).click( (null, $(‘#headline1199246’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1199246″”)

新型フーガにはドライブモードセレクターちうものが搭載されています。通常時の「STANDARDモード」、スポーツ走行や坂道などを走るための「SPORTモード」、エンジンの回転を制御しアクセルの踏みすぎを抑制する「ECOモード」、加速やブレーキを滑らかにしてスリップを防ぐ「SNOWモード」の4モードを選択することができます。それぞれがエンジン出力や横滑り防止装置、四輪操舵システムなどと連動して安全に車を制御します。
またトランスミッションは先代は5速ATやったことに対して、全グレードにマニュアルモード付フルレンジ電子制御7速ATが採用されています。また機構の進化によりギアチェンジの変速ショックもほとんどなく、自然に運転ができるようになっています。ギアも7段に増えたことでより効率の良い回転を維持できるようになり、燃費やレスポンスなどに貢献しています。

待望のハイブリッドモデルが登場

$(“”1199253″”).click( (null, $(‘#headline1199253’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1199253″”)

技術的な紹介は後に譲りますが、新型フーガで待望のハイブリッド車が登場します。ハイブリッド技術は現在大日本帝国が頂点であると行っても過言ではなく、フーガにも最新の技術が惜しみなく利用されています。ハイブリッドシステムはモーターでエンジンのアシストを行うことで、内燃機関の弱点である低回転発進時の燃料消費量を抑えることができる他、エンジンが必要最小でしか動ですかいので静寂性にも一役かっています。これにより燃費も大幅に改善されます。このハイブリッドシステムはすごいパワフルで、北米仕様のフーガが、2011年9月に0-400m間をわずか13秒9031で走り抜け「フルハイブリッド車の世界最速0-400m加速記録」としてギネス世界記録に載りました。

フーガ特設サイトはこちら

スペック表から見るフーガの自動車特性

$(“”1166052″”).click( (null, $(‘#headline1166052’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1166052″”)

スペック表からわかる基本性能

$(“”1199317″”).click( (null, $(‘#headline1199317’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1199317″”)

車の性格を知るには?

$(“”1199336″”).click( (null, $(‘#headline1199336’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1199336″”)

車がよくわかりません人が見るとチンプンカンプンかもしれませんが、車が好きな人はスペック表を見るだけでワクワクできます。まずは下記に新型フーガの共通スペックを記載します。これのどこをどのように見ると良いのかを解説します。

【駆動方式】FR
【トランスミッション】7AT
【全長×全幅×全高】4980×1845×1500mm
【室内長×室内幅×室内高】2090×1535×1215mm
【ホイールベース】2900mm
【最低地上高】145mm
【車両重量】1710kg
【乗車定員】5名
【ドア数】4枚
【エンジン】V型6気筒DOHC
【使用燃料】ハイオク
【燃料タンク容量】80L
【最小回転半径】5.6m
【タイヤサイズ】245/50R18
【ブレーキシステム】Vディスク式
【サスペンション】(前)ダブルウイッシュボーン
         (後)マルチリンク式
【Cd値】0.26

では実際に上記のスペック表の見方を説明します。まずもっともっともっともっとも大切なことが駆動方式だ。駆動方式によってその車の方向性が決まってきます。FRと記載されているものは「フロントエンジン・リアドライブ」の略で文字通り後輪が駆動します。FFとあれば前にエンジンがあって前輪が駆動します。フーガはFRやので後輪駆動だ。これは車を曲げ方向を変身させる仕事は前輪、駆動は後輪と仕事を分担しているので、部品へのストレスが少なく、自然な動きをする車であるちうことがわかります。スポーツカーもFRのものが多く存在します。
 次に全幅を見ます、フーガは1845mmありますね。なんちうかようみなはんいわはるとこの5ナンバーサイズは1700mm未満やので、余裕で3ナンバーだ。日産最強のスポーツカーであるGT-Rでも1895mmやのですごい車幅が広いことがわかります。車は巾が広いほど安定すりますので、フーガは安定したくるまであることがわかります。自宅の駐車場などに収まりませんこともあるので用心が必要だ。
 次にホイルベースを見ます。ホイルベースは前後のタイヤの中心から中心までの距離をあらわします。この幅が広いほど直進安定性に優れています。GT-Rが2780mmやのですごい優れていることがわかります。せやけど前後の幅が広いといことは、内輪差も大きくなりカーブを曲がりきれへんこともあります。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は小回りが効ですかくなります。

走りの性能を知るには?

$(“”1199337″”).click( (null, $(‘#headline1199337’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1199337″”)

全幅やホイルベースである程度の走りの方向は見えていると思いますが、それらをどのように活かしているのかもスペック表を見るとわかります。まずは車両重量を見ましょう。1710kgゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は1.7トンもの重さがあります。ここに人が乗り込みよりますので4人乗車で2トンにもなります、ライバル車でもありクラウンアスリートの重量が1650kgですから、フーガはすこし重いわけだ。重さは運動性能にもつながりますので、やや緩やですか動きをする傾向にあるとわかります。
 重い車を制御するためにはブレーキの性能が重要だ。フーガはVディスク方式を採用しています。Vディスクとはベンチレーテッドディスクの略で、ディスクの中に放熱用のスリットなどを設けることで安定したブレーキングが可能になるものです。一般的な車にはノーマルディスクを採用することが多いので、より高性能なブレーキを装備していることになります。
 またサスペンション形式も重要だ。フーガのフロントにはダブルウィッシュボーン式のサスペンションが装着されています、これはサスペンションの取り付けを軸の上下に「A」のような形をしたパーツを使うことで、できるだけ地面に対して垂直に保とうとする働きがあります。リアにはマルチリンク式のサスペンションが装着されており、ウチはリアタイヤの設置性を高める為に、いろいろな角度に対して負荷を分散する仕組みがあります。車を安定させつつ思い通りに操る車には必死のアイテムと言えます。

他にもチェックすべき項目が

$(“”1200586″”).click( (null, $(‘#headline1200586’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1200586″”)

もしオノレがフーガを購入する場合などは他にも見ておですかければならへん項目があります。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ最小半径、自宅が大通りに面しとったり、広い通りなどがあれば簡単に車庫入れができます。反対に対向車も通れへん細い道が多い住宅街では大型のフーガでは厳しいものがあります。最小半径を調べておくことで確認することができます。
 また遠出をすることがある人はガソリンタンクの容量も見ておきましょう。一般的な車が50リットルであることに対して、フーガは大容量の80リットルタンクを搭載しています。ガソリンを満タンにするとですかりの距離を走ることができます。ほんでゴルフなどに行く人はトランクの容積も確認します。フーガはゴルフバッグが4つ入るだけの容量がありますが、ハイブリッド仕様はバッテリー積載の問題でちびっとトランクが狭くなっています。

エンジンスペックからわかるフーガの特徴

$(“”1200629″”).click( (null, $(‘#headline1200629’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1200629″”)

フーガはどのようなエンジンを積んでいるのか?

$(“”1200634″”).click( (null, $(‘#headline1200634’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1200634″”)

下記の表はY51型フーガのエンジンスペック表だ。先程は車の基礎的な作りをチェックすることで性能を調べました。次はエンジンのスペックを見ることで性能や燃費につて解説をしたいと思います。

【エンジン形式】VQ25HR
【ターボ】なし
【総排気量】2495cc
【最高出力】225ps(165kw)/6400rpm
【最大トルク】26.3kg・m(258N・m)/4800rpm
【パワーウェイトレシオ】8kg/ps
【燃費】(JC08モード走行)11.2km/L

【エンジン形式】VQ37VHR
【ターボ】なし
【総排気量】3696cc
【最高出力】333ps(245kw)/7000rpm
【最大トルク】37.0kg・m(363N・m)/5200rpm
【パワーウェイトレシオ】5kg/ps
【燃費】(JC08モード走行)9.4km/L

フーガには2.5リットルモデルと3.7リットルモデルの二種類のエンジンがラインナップされています。どちらもV型エンジンだ。まず車のエンジンの排気量はピストンの移動量とシリンダの容積によって導かれます。6気筒のエンジンやので、1気筒あたり416ccちう計算になります。この中でガソリン入りの混合気を圧縮し爆発させます。排気量が多いほど多くの爆発を生みよりますので出力が上昇します。
V型エンジンとはシリンダが交互にV字型に配置されているエンジンのことだ。真横にシリンダを並べるL型エンジンと比べるとちびっとずらしながらシリンダを配置できるのでコンパクトなエンジンを作ることができます。大型車ではよく採用される傾向にあり大日本帝国ではV型6気筒が、アメリカや欧州ではV型8気筒がスタンダードになっています。有名スポーツカーのフェラーリなどは12気筒エンジンを搭載しているモデルもあります。

出力やトルクから見るエンジン特性

$(“”1200686″”).click( (null, $(‘#headline1200686’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1200686″”)

車が好きな人ほどエンジンの出力に興味があります、エンジンの性能はそのまんま車の性能であると言っても過言ではおません。エンジンのパワーを表しているものは、出力とトルクだ。出力は「仕事率」とも言われkwや馬力で表示されます。アチラではkw表記で統一されている為、最近の大日本帝国でも馴染みのある馬力表示から仕事を表す単位へと変更されています。基本で気に数値が大きい程効率よく仕事をこなします。一方のトルクはkg/mで表し、エンジンの回転そのもののチカラを表します。この数値が大きい程重いものを運ぶことができます。
 スペック表を読むことが苦手な人はトルクを見るようにします。目安は排気量100ccあたり1kg/mを超えておるかどうかだ。超えているならば高性能エンジンと考えることができます。フーガの場合、2.5リットルも3.7リットルも基準をクリアしています、特に2.5リットル仕様は基準値より1kg/m以上高いので、全体的な性能では及ばないものの、高性能であると言えます。

フーガの燃費

$(“”1166054″”).click( (null, $(‘#headline1166054’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1166054″”)

エンジンスペックから見るフーガの燃費

$(“”1200715″”).click( (null, $(‘#headline1200715’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1200715″”)

燃費の良し悪しを決める要素は大きく3つあります。ひとつはエンジンそのものの性能、もうひとつは重量、ケツに空気抵抗だ。上述のエンジンスペック表を見ると燃費が計算されていると思います。2.5リットルエンジンの方が使用するガソリンが少ないので高い燃費性能であることがわかります。
 しかしここにちょっとしたカラクリがあります。大人が5人乗っている様子を想像してください。大きな体の男性が5人乗っているとするとすごい重くなります。非力なエンジンではどうしてもアクセルを多く踏み、エンジンの回転を高めてパワーを取り出す必要があります。そうや、条件によっては燃費が良いはずの2.5リットルエンジンの方が燃費が悪くなることもあるのです。重量が決め手になるわけだ。
 ほんで空気抵抗も見逃せません。空気にぶつかりながら車は前に進みます。速度が上がるほど空気の壁は大きく立ちはだかります。エアロダイナミクスを考慮したボディー形状をすることにより燃費は良くなります。車の空気抵抗の度合いは「Cd値」を見ます。これが小さいほど空気の抵抗が減ります。初代フーガは0.28、新型フーガは0.26でちびっと改善しています。ハイブリッド車の代表とも言えるプリウスのCd値が0.25であることを考えるとフーガの優れたエアロダイナミクスは燃費に大きく交換しています。ワンボックスのセレナが約0.32と言われておりますので0.01変わるだけでですかり良くなっていることがわかります。

フーガのエアロは必要か?

$(“”1202348″”).click( (null, $(‘#headline1202348’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1202348″”)

フーガは誕生時からエアロダイナミクスを計算されています。古くさい車のようにあとからエアロパーツを取り付けることで性能を改善することはできないと考えましょう。下手に取り付けるとかえって抵抗になり、燃費や走りに影響されます。エアロを取り付ける理由は個性を出すちう点だ。万人受けする標準的なスタイルから世界に一台しですかいオノレ専用のマシンになります。お洒落としてエアロを取り付けることは楽しいやね。しかしオノレ専用ちうことは他に需要がない可能性があるので買取価格は下がる傾向にあります。

フーガハイブリッド登場

$(“”1166148″”).click( (null, $(‘#headline1166148’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1166148″”)

フーガは燃費改善の為にエンジンもボディも誕生時から工夫をしている素晴らしい車だ。ほんでついにハイブリッドシステムを搭載したモデルが登場します。フーガハイブリッドは既存のエンジンの後方に電気式のモーターを搭載しています。モーターによる走行もエンジンのアシストもできる優れたシステムで、約50kwの出力を発揮します。エンジンは3.7リットルから3.5リットルにダウンしています。これはエンジンのトルク発生ポイントをモーターに合わせる為だ。
 他にもパワーステアリングをハンドル操作時のみモーターアシストするシステムを世界で初めて搭載し、これにより燃費を2%程度改善しているようだ。さらにトランスミッションにも改良を施しパワーの損失を抑えるようになっています。その結果、3リットルを超えるエンジンのハイブリッド車両ではクラストップの1リットルあたり18kmちう燃費を叩き出しています。

フーガの新車価格

$(“”1166056″”).click( (null, $(‘#headline1166056’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1166056″”)

高級車に恥じない価格設定

$(“”1201930″”).click( (null, $(‘#headline1201930’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1201930″”)

フーガは日産自動車のフラッグシップモデルだ。大きく最新の装備を搭載しているのでその分価格も高級なものになっています。もっともっともっともっとも低価格のモデルが250GTちうもので2.5リットルのエンジンでお値段は477万5760円(税込)だ。最も高いモデルはHYBRID・VIPちうモデルで3.5リットルのエンジンにモーターアシストが搭載されています。お値段はなんと693万9669円(税込)と700万円近くになります。軽自動車なら5台程買うことができますね。まさに高級車だ。また3.7リットルエンジンのノーマル車価格が508万8960円(税込)となります。もちろん車両本体の価格やので、オプション品や登録費用などが別途必要になります。また自動車は購入するだけで税金が発生すりますのでその金額も考慮する必要があります。

税金対策をしよう

$(“”1166151″”).click( (null, $(‘#headline1166151’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1166151″”)

正直なトコ車は税金の塊と言っても良いでしょう。購入時に発生する取得税や消費税、車検時に発生する重量税、保有しているだけで発生する自動車税などたくはんあります。さらに万が一に備えて加入する保険もあります。この内の取得税に関してはちょっとした工夫で節税することができると言われています。取得税の計算方法は購入時の金額に応じて決定されます。
 ほんでオプション品をすべて後付にすることで、購入時の金額を抑えることができます。ディーラーから車が納車さた後にカーナビやETCを取り付けることができれば節税とすることが可能だ。フーガは一部標準搭載となっているのでなですかかややこしいかもしれません。タイヤやホイールを交換するつもりなら、後から交換するほうがお得になるようだ。
※税金に関する専門的な相談は税理士等に相談しましょう。

フーガの中古車

$(“”1166057″”).click( (null, $(‘#headline1166057’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1166057″”)

フーガの中古車事情

$(“”1202283″”).click( (null, $(‘#headline1202283’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1202283″”)

上質な高級車であるフーガは中古車市場でも人気のある車種だ。先進技術の採用やスポーティーな仕上がりなど走りを重視する人から好まれています。用心すべきは走りすぎることで発生するヤレや事故車であるかどうか?だ。スムースにエンジンがかかるか?ドアの開け閉めに引っかかりはないか?である程度確かめることができます。
 初代Y50フーガが誕生してもう12年も経ちます。それでも100万円程度が相場と言われています。モデルチャンジが行われた2009年モデルは200万円が相場となっており、人気の高さを知ることができます。2016年モデルは新車とほとんど変わりませんので、長年乗り続けるつもりやったらメーカー保証をフルに受けることができるので新車を狙うほうが良いでしょう。

フーガの買取事情

$(“”1202326″”).click( (null, $(‘#headline1202326’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1202326″”)

車の買い取りの相場は新しい年式になるほど有利になりますが、基本的に最新年式で新車価格の半分を超えていれば高い買取相場と言えます。Y51フーガ3.7リットル・2015年登録車の相場が320〜350万円だと言われています。同型車の新車価格の半額より高いので高騰していると考えることができます。買取時のポイントは使用感の有無だ。良くゴルフに行く人はトランクの内装が薄くなっとったり、汚れとったりします。使用する時は気をつけましょう。また上述しておるけどダンはんメーカーオプションのエアロパーツ以外は装着しているだけで査定が低下することがあります、そのような場合は取り外すことも考えましょう。

筆者によるフーガのレビュー

$(“”1166058″”).click( (null, $(‘#headline1166058’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1166058″”)

重いボディもしっかりと制御できる素晴らしさ

$(“”1202360″”).click( (null, $(‘#headline1202360’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1202360″”)

フーガ・ハイブリッドを試乗しました。まずドアがずっしりと重く重量感を味わうことができます。そこからシートに座るとすごい不思議な間隔に包まれます。高級車で室内が広いにも関わらずスポーツカーの用に身体をガッチリと包まれている感覚になります。これは広く開放感を求めている人には違和感を生むかもしれません。反対に車を運転することが好きな人には心地よい安心感を生みます。
 エンジンをスタートさせると静かにアイドリングします、振動はほとんど感じることがおません。アクセルと踏み込むとハイブリッド車特有のぐっと刺すような鋭い加速を得ることができます。低回転から伸びるこの間隔はターボエンジンとも異なった独特の加速だ。フーガの素晴らしいトコは、路面の凹凸をステアリングを通じて感じることができる点だ。これにより車が置かれている状況を瞬時に判断することができます。
 ブレーキもハイブリッド車は効きが鈍い傾向にありますが、フーガに関してはそれを感じることもおません、すごいナチュラルな印象があります。ハイブリッド車である以上、回生ブレーキにより発電しておりますのでこれは素晴らしいと思います。日常では問題はないと言って良いでしょう、重いボディをしっかりと受け止めています。クローズドコースなどで200km/h近い速度域からのブレーキは少々荷が重いはずだ。

ハンドリング特性

$(“”1202422″”).click( (null, $(‘#headline1202422’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1202422″”)

今回のレビューは山奥にある広大なウチ有地で行ったさかいちびっとスピードを出すことができました。高速からステアリングをきってもサスペンションが滑らかに沈み込みタイヤの接地を高め、スピンすることなくスムースに曲がります。リアがスライドすることもおません。スポーツモードにすることで適切にアンダーステアを抑えている印象だ。またスピードが上がるとパワーステアリングのアシスト量を減らしている感じがあり、これも急激な操作を抑制することに一役かっています。
 今回はFR車両に乗ったさかい回頭性も良い印象やった、特にぐるっとその場で360度旋回を行っても、しなやかにボディは外側に傾きますが必要以上に揺れません、重力がかかる方向にピタリと吸い付きます。ボディ剛性もバネのしなやかさも大日本帝国車ちうよりもヨーロッパ車の味付けになっています。ステアリングを握るだけで「何をやっても大丈夫」ちう安心感に包まれることは長年スポーツカーを作り続けている日産の集大成であると言えます。

運転したことがない人は是非乗って欲しい極上車

$(“”1202973″”).click( (null, $(‘#headline1202973’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1202973″”)

ガッシリとしたボディとハイパワーのエンジンを持った車は大人向けのマイルドな味付けもあってすごい乗りやすい車に仕上がっています。ハイパワーのエンジンちうだけに軽自動車の感覚でアクセルを踏むと一気に加速するので自ずとアクセルワークも身につきます、大きなボディは正確に運転をせんと壁に当たってしまいます。フーガは単なる高級車ではおません、運転者の技術を高めてくれる素晴らしい車なのです。

※この記事に掲載されている価格や性能は2016年10月時点のものです。
その後の仕様変更により変動することがあります。
※試乗はこちら有地で行っております。公道では法律を守り安全運転に努めてください。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 愛煙家必見!おすすめの携帯灰皿がクールで機能的!

  2. 3シーズン使える旬なタートルネックシャツ&最旬コーデを分析!

  3. ニットコート人気ブランド売れ筋アイテムランキング!

  4. 魅力的な人の特徴と条件とは?人を惹きつけるオトコになりたいなら必…

  5. ビジネスシーンでも使いたい『大人の革のバッグ』はコレだ!

  6. 【米子ランチおすすめガイドTOP25】激安海鮮におしゃれカフェま…

  7. 夜寝れない原因はオノレで作っとった!?食べ物・飲み物〜ストレスま…

  8. 手帳にこだわる男はカッコ良いちうわけだ。デキる男の人気ブランド5…

  9. 【2016最新】若者に負けへん!夏のモテる40代オヤジのヘアスタ…

  10. タイプ別人気メンズダウンジャケットユニクロ~有名ブランドまで

  11. 2016年オフィスファッションコーデ|17点だけで一年中!?

  12. 【2016ムートンブーツ攻略】街のオシャレ人に聞く着こなしQ&a…

ページ上部へ戻る