閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【疲れないマウスのトラックボールおすすめ最新情報】くせになる良さを体験するならこれ

「もう手放せへん」ちう意見も納得

$(“”965813″”).click( (null, $(‘#headline965813’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965813″”)

トラックボールマウスは画期的?

$(“”965816″”).click( (null, $(‘#headline965816’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965816″”)

パソコンを操作するときの定番デバイスはマウスとキーボード。マウスがあればスクリーンキーボードを呼び出して操作できます。対してショートカットキーを駆使してもキーボードにマウスの代わりをさせるのはなですかかややこしいものです。

スクリーンキーボードが主流のタブレットやスマホで活躍するタッチパネルでの指での操作に対して、特にパソコンの大きな画面でのマウスの便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利さも際立っています。

マウスの使い勝手はパソコンを使いこなすのに大きな意味をもっともっともっともっているといえます。ほんでいまだ主流派とはいえませんが、使い始めるともう手放せへんちう意見も聞くトラックボールマウスのよさに注目してみたいと思います。

汎用性が拡がる製品も

$(“”965818″”).click( (null, $(‘#headline965818’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965818″”)

基本的にマウスは右翼翼手での操作を前提に考えられてきましたが、トラックボールを使用することで形状的な違和感なく左翼翼手での操作に適応できるマウスなどもできています。人差し指タイプや掌タイプは新しい使い勝手だ。

製品その1. ワイヤレストラックボール M570t「ロジクール」

$(“”965748″”).click( (null, $(‘#headline965748’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965748″”)

sponsored

トラックボールマウスのパイオニアといえばロジクールのM570シリーズ。通常のマウスのように手に持って動かさないで済む代わりに従来は主な操作では使っていなかった親指が大活躍します。

マウスを動かす代わりに親指でトラックボールを動かしてモニター上のポインタを移動させます。手首への負担が極めて少なくなるのが良いトコだ。

ほんでロジクールが別格で優れているトコ、電池の持ちのよさを生かしたワイヤレスタイプになっています。

トラックボールの良いトコその1 手や腕へ負担が軽く疲れにくい

$(“”965914″”).click( (null, $(‘#headline965914’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965914″”)

マウスを持ち上げて動かすのではなくて手のいずれかの部分でトラックボールを動かして操作する仕組みのために手や腕、特に手首への負担がめっきり減るのが最大の利点だ。鉛筆など筆記用具の時代からマウスに至るまで腱鞘炎などの悩みはつきものですったが、その解決に大きく役に立っているのです。

そもそも初期のマウスはトラックボールがマウスの底部に仕込まれていてマウスを動かすことでトラックボールを回転させる仕組みやったちうわけだ。ならばマウスそのものでなくトラックボールそのものを動かしたらどうなのですろうかちう発想なのですね。

いまではレーザーや光学マウスが主流でトラックボールが底面に仕込まれているようなマウスはあまりませんと思います。そないな中でトラックボールマウスの負担の少なさゆえでしょう。手でトラックボールそのものを動かす仕組みとしてトラックボールは生き残っています。

いまでは結局トラックボールマウスも旧来の回転数を検知しているのではなく動きはレーザーや光学式で感知しているのですけどアンタトラックボールマウスはそれでも熱く支持されている面があります。

製品その2. トラックボールマウスM-XT2URBK「エレコム」

$(“”965999″”).click( (null, $(‘#headline965999’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965999″”)

パイオニアたるロジクールのM570シリーズに対してですかり意識して対抗しているのがエレコムのM-XT2URBKといえるでしょう。電池の持ちちう省エネ設計ではロジクールには敵いません。ほんでちう訳か、ですかり細やですか対策を施しています。

先ずはM570シリーズの弱点とされるクリックをする部分のスイッチの耐久性に対してはOMRONのスイッチを採用している旨が公式にアピールされています。口コミなどをチェックする場合はこの点どうなのかなどもよく見てみたいトコだ。

ワイヤレスかどうかでいえば実は通常のマウスよりはワイヤレスでなくてもあまり邪魔ではおませんのがトラックボールの良いトコでもあります。ロジクールのワイヤレスの場合にはUnifyingレシーバーちうものを使うことでワイヤレスデバイスを統合できてUSBなどのパソコン側のポートの使用を減らせるメリットはあります。

トラックボールの良いトコその2 パソコンの使用が省スペースで

$(“”965946″”).click( (null, $(‘#headline965946’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”965946″”)

通常のマウスほどワイヤレスでないことが気にならへんと書きましたが、トラックボールマウスのよいトコはマウスそのものを動かさなくてよいトコだ。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は動かすスペースが要りませんちうことで省スペース化には大きく役に立つといえます。

ついでみたいなものですけどアンタマウスパッドも完全に必要なくなります。

製品その3.トラックボールワイヤレスM-XT3DRBK「エレコム」

$(“”966054″”).click( (null, $(‘#headline966054’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”966054″”)

省エネ性能では分が悪いとはいえエレコムでもワイヤレス版は用意してあります。M-XT2URBKのワイヤレス版ですが、どうしてもワイヤレスになると価格は高くなってしまいます。

OMRONスイッチの他、大型人工ルビーを支持球にしているとかチルトホイール(回して縦スクロールはM570tにもありますが、傾けて左翼翼右翼翼スクロールはM570tにないものです。)とか使い勝手は同じだ。

おもろいのは減速ボタンちう一時的にポインタの速度を落とすことができるボタンだ。ホンマに使うのか便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なのかは別の問題としてより多くの機能を搭載してはいます。

製品その4.トラックマンマーブル「ロジクール」

$(“”966604″”).click( (null, $(‘#headline966604’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”966604″”)

価格面でいえば当然安く仕上げることができる有線タイプはロジクールも用意しています。ただ価格競争力でいえば実売をみても優位な訳ではおませんようだ。それよりも注目なのはトラック操作が人差し指もしくは中指なタイプなことだ。

これもマウスを持ち上げる必要がないために実現できることだ。実はトラックボールは親指操作タイプだけではおませんのです。

製品その5.ワイヤレストラックボールマウスMA-WTB43BK「サンワサプライ」

$(“”966772″”).click( (null, $(‘#headline966772’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”966772″”)

ワイヤレスタイプは高くなると書きましたがサンワサプライの製品ではおもろい現象が起こっています。同じ親指操作タイプのワイヤレストラックボールですが、希望小売価格は高め設定ながら実売ですごい安く見つけられるのがMA-WTB43BKだ。

製品その6.ワイヤレストラックボールマウスMA-WTB44BK「サンワサプライ」

$(“”966794″”).click( (null, $(‘#headline966794’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”966794″”)

有線版もある訳ですが実売が逆転しているようだ。これが何を意味するかといえば…

ワイヤレスのよさはコードからいろいろな制約を受けへんことにあります。特にトラックボールマウスであれば(あまり使い勝手が良いとは思いませんが)膝の上ででもどこでも載せるトコロが平らでなくても何の問題もない訳ですから、そないな自由な使い方を意識すればワイヤレスが良いのですけどアンタ、実際には机で使うことが多いでしょう。

理論的にはどこでも使えるといってもやはり机のうえが一番使いやすいことに変わりはないのではと思います。そうなるとワイヤレスの欠点、電池が必要だとかいうことで電池のもちが悪かったりすると有線でなあんも困りませんちうことにもなりかねないとは思います。

製品その7.ワイヤレストラックボールM-DT1DRBK「エレコム」

$(“”966800″”).click( (null, $(‘#headline966800’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”966800″”)

マウスは基本的に置いたまんまちうトラックボールやからこそ人差し指はクリックではなく操作に使うちうアイディアも生まれます。人差し指操作タイプといえばエレコムからはM-DT1DRBKのワイヤレスタイプが発売されています。

製品その8.USBトラックボールM-DT1URBK「エレコム」

$(“”966807″”).click( (null, $(‘#headline966807’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”966807″”)

さらに、ウチはM-DT1DRBKの有線版になります。

製品その9.光学式トラックボールマウスMA-TB41BK「サンワサプライ」

$(“”966813″”).click( (null, $(‘#headline966813’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”966813″”)

有線タイプのみですがサンワサプライの人差し指操作タイプはMA-TB41BKだ。

トラックボールの良いトコその3 精密な操作性

$(“”966818″”).click( (null, $(‘#headline966818’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”966818″”)

さわってすぐは間違いなくある違和感

$(“”967233″”).click( (null, $(‘#headline967233’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”967233″”)

トラックボールからはまだ良いトコロが見つかります。それは操作が精密にできるちうことだ。トラックボールに始めてさわってみると間違いなくたまりません違和感を感じると思います。

操作系の考え方がまるっきし違うので当然のようにそう感じるはずだ。用心したいのはやからといってどちらが使いやすいのか判断してしまうのは早計ちうものです。誰もが使い慣れたやり方のほうが楽に決まっています。

トラックボールに慣れるのはややこしいことでしょうか。ここらへんは個人差もあるでしょうから断言はできませんが、それほどややこしいことではおませんように思います。

むしろ精密な動きには適性のある構造?

$(“”967235″”).click( (null, $(‘#headline967235’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”967235″”)

むしろみなの方向に微細な動きを調整できるボール状のものを直接転がしてコントロールすることのほうが狙った動きを出しやすい面があるのではおませんかと思います。

ほんで選択を決定する動作のクリックも手そのものが動いておらへんトラックボールのほうが正確な可能性が高いと考えます。

動きをチューニングするアプリがついています

$(“”967253″”).click( (null, $(‘#headline967253’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”967253″”)

逆にいえば動きが繊細なだけに思ったトコで止める力加減がマスターするまで苦労することが多いようだ。せやけどこれには対策があります。

各メーカーパソコンにインストールするドライバアプリで挙動をチューニングできるようになっています。一番問題になる細かい選択箇所にピタリと止めたいちう場合にはポインタの動きを遅くすることで対応しやすくなります。

ただ単純に遅くしてしまうとポインタ自体の移動がもどかしくなるでしょう。ですからポインタの加速は速くしたうえで、動きそのものは遅くして使い始めて、徐々にベストセッティングを出していけばよいかと思われます。

製品その10.OrbitTrackball with Scroll Ring 72337JP「ケンジントン」

$(“”967269″”).click( (null, $(‘#headline967269’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”967269″”)

ロジクール、エレコム、サンワサプライといったお馴染みのマウスメーカーに加えてトラックボールならばケンジントンちうメーカーも覚えておきたいトコだ。大日本帝国には代理店となっている商社が輸入しておるけどダンはんトラックボールを得意とするメーカーがケンジントンで種類も豊富だ。

OrbitTrackball with Scroll Ringは有線タイプ。ほんで人差し指操作タイプになります。ケンジントンは親指操作タイプがないのです。

製品その11. Orbit Wireless Mobile Trackball 72352JP「ケンジントン」

$(“”967276″”).click( (null, $(‘#headline967276’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”967276″”)

ケンジントンのワイヤレスタイプはやはり人差し指操作タイプでOrbit Wireless Mobile Trackballになります。

製品その12.ExpertMouse K72359JP「ケンジントン」

$(“”967281″”).click( (null, $(‘#headline967281’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”967281″”)

ユニークなのが掌操作タイプ。4つのボタンはドライバアプリで機能を自由に設定できます。

製品その13.使えてマウスHG2 4DHG2「SOHO」

$(“”967332″”).click( (null, $(‘#headline967332’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”967332″”)

メジャーメーカーには動きはないもののトラックボールのどこでも使える利点を最大に生かした手持ちタイプのマウスもあります。

このタイプであればワイヤレスやろうちうことでひとつだけご紹介しておきます。せやけど一般的なパソコンの利用ではキーボードでブラインドタッチが基本だ。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は両手が使えないちうのは少なからず困りますので、利用は限定的と言わざるを得ません。

大手メーカーが参入せん理由はまさしくそこなんでしょう。

製品その14.トラックボール付キーボード SKB-TR02BK「サンワサプライ」

$(“”967335″”).click( (null, $(‘#headline967335’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”967335″”)

この製品は一瞬なるほどと思います。ThinkPadのトラックポイントの便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利さを知っている人ならばおもろいなと思いますっしゃろ。ThinkPadがマウス不要のノートパソコンなのはトラックポイントのお蔭ですが、トラックポイントつきキーボードちうのも売られています。

それのトラックボール版やね。ただこの位置ではトラックポイントのように人差し指では操作できないでしょう。操作は親指なようだ。そこは慣れるにしてもトラックボール特有の問題に対する対処が甘いようだ。

トラックボールの欠点とまでは良いませんが、隙間から埃が進入するのはどうしても防げません。そのためトラックボールマウスは必ずボールを外して掃除できるようになっているのですけどアンタ、このキーボードはそれができないのです。

トラックポイントはボール式ではおませんので問題おませんが、このキーボードはトラックボールの動きが悪くなることが報告されているようだ。

カメラのブロワ―や圧縮空気で常に掃除する必要がありそうですが、このメーカーらしく安く手に入って便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なトコは注目だ。

製品その15.光学式ラックボールマウス MA-TB42BK「サンワサプライ」

$(“”967348″”).click( (null, $(‘#headline967348’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”967348″”)

後付けでSKB-TR02BKと同じような機能を実現する製品もあります。トラックボールの両端にはちゃんとクリックするボタンがあります。マウス兼リストレストでもあります。

ウチに関しても親指操作やのでキーボードの下に置いて親指操作はどうなのかとは思いますが、ThinkPadのトラックポイントの便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利さを知る身からすると期待したくなるデバイスだ。

確かに使いやすいトラックボールマウス

$(“”956825″”).click( (null, $(‘#headline956825’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”956825″”)

個人的にはどうしてもっともっともっともっと普及せんのですろかと疑問に思う、すごい使いやすいマウスがトラックボールだ。Mr.JOOYがバリバリ仕事をこなすためにも試してみる価値はありとおすすめしたいものです。

※本記事に掲載されています価格等は、2016年8月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【2016最新版】男性のモテる服装のポイントまとめ ~夏ファッシ…

  2. 旅男へ|進化続ける「ボストンバッグ」の最旬メンズストーリー

  3. メンズパンツのおすすめのパンツ3選~人気ブランド&コーデ…

  4. 【クール&ビューティー】nano・universe(ナノユニバー…

  5. 豊田市で恋人とラブラブなカフェタイムを♪雰囲気最高な店まとめ

  6. 【秋冬トレンド注目株】やっぱりブラックデニムがかっこ良い!一番お…

  7. 電子タバコには害がある?意外と知らない特徴と安全性の秘密を大解説…

  8. セルフカットでツーブロックを作りたい!必要な道具と作り方のコツ

  9. パックTを制するものがこの春夏を制する|人気の無地Tコーデ50選…

  10. 【イケメンと付き合いたい女性が多いのはなんでですねん?】イケメン…

  11. パラパラなチャーハンの作り方13選|簡単&シッパイなしの人気の味…

  12. 「恋愛が長続きせん」を克服!飽きやすいあんさんに5つのアドバイス…

ページ上部へ戻る