閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【簡単・スピード解説】2016年メンズ「春夏コーデ」で抑えたい5つのポイントとは!?

春夏コーデで抑えるべきポイント① 【トレンド感】

$(“”466766″”).click( (null, $(‘#headline466766’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466766″”)

マストは異素材mix”スポーティー”!!

$(“”466765″”).click( (null, $(‘#headline466765’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466765″”)

2016年の春夏トレンドの抑えておきたいスタイルの一つが、「スポーティー」スタイルだ。ポイントとしては、異素材をmixしてスタイルを楽しむ事だ。「メッシュ素材」や「ウェットナイロン」・「ジャージー素材」などを交差させて、足元をスニーカーなどで楽しむのがマストスタイルの一つだ。

ラフで「ゆったり」とした”空気感”!!

$(“”466763″”).click( (null, $(‘#headline466763’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466763″”)

ラフでゆったりとした「空気感」あるスタイルづくりも、トレンド感を感じるスタイルの一つだ。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、「ビッグTシャツ」や「ワイドパンツ」も魅力的なアイテムの一つだ。

さらにゆったりとした空気感を楽しむポイントとしては、柔らかい着心地が良い素材感を用いる事だ。伸縮性がある分、動きにもたけていてストレスフリーに着こなしを楽しむ事も出来ます。

レイヤードで「交差・奥行」を楽しむ!!

$(“”466764″”).click( (null, $(‘#headline466764’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466764″”)

近年は、レイヤードスタイルもトレンドスタイリング・スタイルの一つだ。アイテムを重ねてつくる「レイヤード」は、重ねたアイテムごとの魅力を引き出す事がポイントだ。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、インナーに重ねたアイテムの裾の色と靴の色を合わせたり、スタイルの中で重ねたアイテムを交差せる事で、より奥行きを魅了する事が出来ます。

春夏コーデで抑えるべきポイント② 【アイテムの選び方】

$(“”466762″”).click( (null, $(‘#headline466762’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466762″”)

2016年春夏コーデで抑えたい、アイテム選び方のポイント:”柄”トップス

$(“”466759″”).click( (null, $(‘#headline466759’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466759″”)

アイテム選びのポイントの一つ目が、柄のトップスだ。今年は、「カットアウト」ちう四角や丸の形が張り付けられているアイテムや、「和」をモチーフとした紋章や柄などのアイテムも印象的だ。また、一つのアイテムでも、様々な柄や模様が交差しているアイテムも、立体的に奥行きをもって着こなしを楽しむ事が出来ます。

2016年春夏コーデで抑えたい、アイテム選び方のポイント:”7・8部丈”パンツ

$(“”466758″”).click( (null, $(‘#headline466758’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466758″”)

アイテム選びのポイント二つ目は、7・8部丈パンツだ。足元をスッキリさせて足回りから軽やですか印象を印象付ける事がポイントだ。裾が長いパンツにおいては、折り返しやロールアップなどでスタイリングアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2016年春夏コーデで抑えたい、アイテム選び方のポイント:”厚底系”スニーカー

$(“”466757″”).click( (null, $(‘#headline466757’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466757″”)

アイテム選びのポイント三つ目は、厚底系スニーカーだ。スニーカーは、春夏のトレンドマストアイテムですが、そこにプラスしたい要素が厚底ソールだ。未来感のあるスタイルを楽しむ事が出来ます。

2016年春夏コーデで抑えたい、アイテム選び方のポイント:”カラーレンズ”サングラス

$(“”477516″”).click( (null, $(‘#headline477516’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”477516″”)

アイテム選びのポイントの三つ目は、カラーレンズ系のサングラスだ。アチラのストリートでも多くのファッショニスタの間で人気が出ている注目アイテムだ。ファッションとして、洋服のポケットや胸元にかけておくだけでも、スタイルをさらに魅了してくれます。

春夏コーデで抑えるべきポイント③ 【上手な着こなし・コーデ】

$(“”466756″”).click( (null, $(‘#headline466756’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466756″”)

「レイヤード」は、絶妙なグラデーションを魅了させる◎

$(“”469076″”).click( (null, $(‘#headline469076’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”469076″”)

トレンドレイヤードのポイントとしては、トップを薄くする場合は、下にかけて色を濃くしていったり、トップが濃い場合は、下にかけて薄く軽くしていくのもバランスの良いスタイリングの方法だ。また、同一色においては、若干トーンを変えるだけで更に奥行きのあるスタイルを演出する事が出来ます。

「スポーティー」は”スニーカー+アイテム”で奥行きを◎

$(“”469078″”).click( (null, $(‘#headline469078’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”469078″”)

スポーティースタイルにマストなスニーカーには、+1アイテムの足し引きでより奥行きを印象付ける事が出来ます。ほんで活用的なのがソックスだ。ソックスの長さとパンツの丈の長さを調節しながら、肌を見せるのもよりスッキリとした印象を作る事も出来ます。

ガンメタメタリックを+して、「エレガント」をつくる!シルバーから、ゴールドへ◎

$(“”469080″”).click( (null, $(‘#headline469080’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”469080″”)

メタリックなアイテムで、「エレガント」な印象を演出するのもトレンドスタイルのポイントだ。ファッションスタイリストはん達もメディアで、シルバーからゴールドに変えてみるのも、今年らしいスタイルの楽しみ方だと提案しています。

春夏コーデで抑えるべきポイント④【+1の小物・アイテム】

$(“”466755″”).click( (null, $(‘#headline466755’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466755″”)

スニーカー+アイテムには、スポーツ系ブランドのソックスがより魅力的◎

$(“”480783″”).click( (null, $(‘#headline480783’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”480783″”)

スポーティーなスタイルには、スポーツ系ブランドの選考もポイントだ。スニーカーとのセットは、ワードローブに一つは入れておきたい春夏のマストスタイルだ。

異素材系ベースボールキャップは、トレンド白が春夏スタイルで活用大◎

$(“”480793″”).click( (null, $(‘#headline480793’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”480793″”)

異素材のメッシュ生地との交差が楽しめるベースボールキャップは、トレンドカラーの「白」が今年のマストアイテムだ。

ビーニーキャップで、カジュアルからシックまで幅広いワードローブを◎

$(“”480801″”).click( (null, $(‘#headline480801’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”480801″”)

近年のトレンドキャップとして印象的な「ビーニー」アイテムも、ワードローブで幅広いスタイルを楽しむ事が出来ます。

ミラー系レンズのサングラスは、ブルー・グリーンがマスト◎ハズシでイエローも

$(“”480806″”).click( (null, $(‘#headline480806’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”480806″”)

ミラー系レンズのトレンドライクな色としては、「ブルー系色・グリーン系色」だ。さらに個性を印象付けたい人は、ハズシで「イエローやオレンジ」も魅力的だ。

春夏コーデで抑えるべきポイント⑤【ヘアースタイルから、足先までをブランドから】

$(“”466754″”).click( (null, $(‘#headline466754’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466754″”)

カズユキ クマガイ

$(“”477588″”).click( (null, $(‘#headline477588’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”477588″”)

「カズユキ クマガイ」の2016年春夏ルックブックだ。白系のトーンが印象的なスタイルは、綺麗目なスポーティースタイルが印象的だ。トレンドアイテムとして活用的な「ツバ広キャップ」も要チェックアイテムの一つだ。

Undercover

$(“”477638″”).click( (null, $(‘#headline477638’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”477638″”)

「Undercover(アンダーカバー)」の2016年春夏のメンズルックにおいては、強弱のあるアイテム使いが印象的だ。

Mihara Yasuhiro

$(“”477632″”).click( (null, $(‘#headline477632’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”477632″”)

「Mihara Yasuhiro」の2016年春夏スタイルにおいては、 同系色のデザインアイテムによるレイヤードスタイリングを参考にしてみてはいかがでしょうか。

Public School

$(“”477624″”).click( (null, $(‘#headline477624’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”477624″”)

「Public School NY」2016年春夏のスタイルには、トレンドカラーの「白」一色のスタイルやネイビー一色の同系色でまとめたストリートライクなスタイルが印象的だ。

春夏コーデで抑えるべきポイント番外編【いざ実践!アチラファッショニスタの粋!春夏コーデ】

$(“”466752″”).click( (null, $(‘#headline466752’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466752″”)

アチラファッショニスタの粋!2016年春夏コーデポイントをおさらい:「カジュアルコーデ」

$(“”466751″”).click( (null, $(‘#headline466751’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466751″”)

カジュアルスタイルにマストな「デニム・タンガリーシャツ」に、トレンドライクな「ツバ広ハット」の合わせが魅力的だ。さらに、レイヤードのスタイリングも抜け目がおません。

袖元をロールアップ・折り返してゆったりとした印象でアイテムを着こなしている所も魅力的なポイントだ。

アチラファッショニスタの粋!2016年春夏コーデポイントをおさらい:「ストリート・モードコーデ」

$(“”466750″”).click( (null, $(‘#headline466750’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466750″”)

白系で統一されたスタイルも、キャップとソックスの小物で間に黒を挟んでいるのも魅力的だ。

スニーカーに足元はすっきりしているパンツで、スポーティーなスタイルを印象付けています。異素材系のコートが更に魅力を引き出しています。

アチラファッショニスタの粋!2016年春夏コーデポイントをおさらい:「シック・綺麗目コーデ」

$(“”466749″”).click( (null, $(‘#headline466749’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466749″”)

今年は、クラシカルでシックなスーツスタイルもいかに、カジュアルダウンしながら品の良いスポーティーな印象を楽しめるかもポイントの一つだ。

メンズファッション最大の見本市「pitti uomo」では、ストリートで「ブルー系スーツ」もトレンドマストスタイルとして多く見られています。

【ケツに、「春夏コーデ】で抑えるべき5つのポイントまとめ!!】

$(“”466748″”).click( (null, $(‘#headline466748’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”466748″”)

ポイントを一つでも抑えて、幅広いワードローブを楽しもう!

$(“”480928″”).click( (null, $(‘#headline480928’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”480928″”)

無理にトレンドに合わせていく必要も、トレンドアイテムも無理して揃える必要もおません。トレンドは、見た目的なデザインだけではなく、色や質感、スタイリングを変えるだけで、トレンド的な印象を作る事が出来ます。スタイルの中で、一つ新しいトレンドスタイリングを取り入れてみましょう。新しい視野・視点で次の秋冬のスタイルへと移行を楽しむ事にも繋がります。

[※掲載商品の価格は2016年3月現在のものになります。]

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. フェリシモの財布から学ぶ|使いやすい&金運UPを目指せるアイテム…

  2. 【人気上々】テーラードジャケット×リュック|大人のスポーツMIX…

  3. 【傘をプラスしたバーバリー・コーデ】これこそ真のブリティッシュ・…

  4. 内定式のシーズンで困っている方もいるはず!メールの作法を確認しま…

  5. モテるためにはしぐさで女子を夢中にさせよう。

  6. セックスレスが夫婦の離婚危機につながる!5つの原因と4つの解消法…

  7. ウエスタンシャツの着こなしは、ボトム&トップスの対比を7:3の方…

  8. 【超わかるわ〜涙】彼女に言われて嬉しい言葉ランキングTOP10

  9. 小島よしおの筋肉に称賛の声!|知っておくべき「効率の良い鍛え方」…

  10. 富田林のおすすめ駅近ラーメン店5選

  11. YDKって知ってる?やればできる子から「ほんまにデキる人」になろ…

  12. パタゴニアのセール活用するべき!高性能なセール品アイテム厳選!今…

ページ上部へ戻る