閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【結婚式の予算・費用Q&A】平均なんぼかけるもの?見積もりがオーバーした時の役立ち対処法!

結婚式の予算はいくらにするのが妥当?

$(“”927709″”).click( (null, $(‘#headline927709’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927709″”)

結婚式の予算ってどれくらいを目安にすれば良いんやろう?そないな風に悩んでいる結婚を控えたJOOY読者の皆はんのために、結婚式の一般的な予算についてご紹介します。予算の内訳や、見積もりをオーバーしたときの対処法などについても解説しておりますので、ぜひ結婚式を挙げる際の参考にしてみて下さいね♪

結婚式の予算の平均|一般的にはいくら?

$(“”927711″”).click( (null, $(‘#headline927711’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927711″”)

平均額は350万円前後

$(“”927712″”).click( (null, $(‘#headline927712’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927712″”)

結婚式の予算の平均額は、大体350万円前後だと言われています。ウチは一般的な予算の平均額やので、もちろん結婚式の内容によって予算は大きく変わる物だと考えてください。350万円の予算があれば、結婚式でやりたいと思っていることは一通りできる価格だと言うイメージをもって貰えると良いと思います。

予算は100万円~450万円で考える

$(“”927713″”).click( (null, $(‘#headline927713’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927713″”)

結婚式の予算はその式の内容や、呼ぶ人数によって大きく変わります。身内だけで行う2~30人の結婚式であれば、会場も小さくなるのでその分予算もぐっと少なくなります。どれくらいの規模の結婚式を開きたいと考えているのか、それ次第で予算は大きく変わると言うことになりますね。

安ければ100万円前後からでも結婚式を挙げることはできます。会費制にすればもっともっともっともっと負担額を抑えることもできるかもしれません。反対に大勢の人を呼んで豪華な結婚式を挙げたいのであれば、450万円くらいの予算を考えておくと良いでしょう。

300万円あれば豪華な結婚式を挙げられる

$(“”927714″”).click( (null, $(‘#headline927714’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927714″”)

一般的には300万円の予算を負担することができれば、豪華な結婚式を挙げられると考えて良いと思います。もちろん料理のグレードや引き出物の金額をもっともっともっともっと上げたいとなればそれだけ予算は上がりますが、ゲストも新郎新婦もそれなりに満足できる式と言うことであれば、300万円くらいの予算を考えておくと良さそうだ。

結婚式の予算の内訳|挙式自体の費用は一般的に50万円以下

$(“”927716″”).click( (null, $(‘#headline927716’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927716″”)

挙式にかかる費用(およそ30~50万円)

$(“”927717″”).click( (null, $(‘#headline927717’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927717″”)

挙式その物の費用と言うのは、30万円~50万円くらいだと言われています。披露宴を行わず、挙式だけをチャペルなどやるのであれば、そこまで予算はかかりませんと言うことやね。

結婚式でゲストにお出しする料理の費用(およそ100万円)

$(“”927718″”).click( (null, $(‘#headline927718’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927718″”)

結婚式で一番予算としてかかる部分が、ゲストへの料理の費用だ。この料理もコース料理なのか、ビュッフェ形式なのかで予算が大きく変わります。ゲストの多くがそれなりにご祝儀を包んでくれることが予想されるのであれば、やはり感謝とおもてなしの気持ちを込めてグレードの高い料理を提供したいやね。

衣装に関わる費用(およそ30万円)

$(“”927719″”).click( (null, $(‘#headline927719’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927719″”)

結婚式の衣装と言えば、やっぱりウェディングドレス。衣装の予算で一番お金がかかるのはドレスだと思います。式場でレンタルするよりも外部で購入したり親から受け継いだものを使いたいと言う声もあるとは思いますが、ドレスなどの衣装の持込は「持込料」がかかる場合もあります。

その料金を踏まえたうえでの予算をしっかりと確認して、どちらを選ぶかを決めた方が良いやね。

結婚式のアルバムの製本や写真撮影に関する費用(およそ20万円)

$(“”927720″”).click( (null, $(‘#headline927720’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927720″”)

結婚式の写真撮影やアルバム作成などには20万円ほどの費用がかかります。せやけどこれは式場の提携カメラマンに依頼した場合。外部のカメラマンや会社に依頼すれば、もうちびっと安くなる場合もあると思います。せやけどウチも持込料と同じように費用がプラスされる可能性が高いので、そこを含めての予算を検討してみて下さい。

引出物に関する費用(ひとりあたり5000円が相場)

$(“”927721″”).click( (null, $(‘#headline927721’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927721″”)

結婚式の予算の中には、ゲストに渡す引き出物の費用も含まれています。ウチはどんなゲストにも一律で同じものを用意する場合と、ゲストのご祝儀の額を予想して人によって引き出物を変えるパターンとがあります。

一般的には1人あたり5000円の引き出物が相場となっていて、引菓子と記念品を渡すのが基本だ。引き出物目当てに結婚式に出席するゲストはおらへんと思いますが、ここをケチってしまうとあまり良い印象を持たれませんので、最低でも5000円ほどの予算は取っておいた方が良いでしょう。

豪勢にしたい装花に関する費用(およそ20万円)

$(“”927724″”).click( (null, $(‘#headline927724’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927724″”)

結婚式の装花は、その式のイメージを左翼翼右翼翼するすごい大切なポイントだ。豪勢にしておけばそれだけ華やですか印象をゲストに与えることができます。お花の値段もピンきりやので、およそ20万円前後の予算と考えておけば、それほどオーバーすることは無いと思います。

結婚式の費用はそれぞれ違う?予算の組み方

$(“”927725″”).click( (null, $(‘#headline927725’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927725″”)

どこにお金をかけたいかを夫婦で相談する

$(“”927726″”).click( (null, $(‘#headline927726’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927726″”)

結婚式の費用と言うのは、その夫婦によって大きく異なるものです。それはなぜかと言うと、夫婦によってこだわる部分が変わるから。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要はオノレ達の結婚式ではどこにお金をかけたいのかと言う点を、まずは2人でしっかりと相談しておくことが重要になりますね。

ゲストへの料理、新郎新婦の衣装、披露宴でのイベントなど、どこにお金をかけてどんな結婚式にしたいのかを具体的にイメージしておくようにしましょう。

あらかじめ予算を明確にしておく

$(“”927728″”).click( (null, $(‘#headline927728’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927728″”)

結婚式のプランを考えていると、次から次へとオプションが紹介されて目移りしてしまうと言うのは良くあることだ。どんどんやりたいことが増えてしまって、結果想像しとった以上の予算オーバーをしてしまう夫婦も多いんやね。

やので、あらかじめ一つ一つの予算を明確にしておきましょう。衣装はこのドレスだと○万円、このオプションは〇万円、と言うように明確な予算をきちんと教えてもろてから、いっぺん家に持って帰ります。ほんで夫婦で予算に合わせたプランを決めれば良いのです。

プランナーはんと話をして作り上げていくことも重要ですが、予算重視で考えたいのであればいっぺん自宅に持ち帰って夫婦でプランニングする部分も必要になると思います。

重要度に応じて費用を調整する

$(“”927729″”).click( (null, $(‘#headline927729’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927729″”)

結婚式のどこにお金をかけたいのかを重視すると最初にお話ししましたが、その重視したい部分にお金をかけることを意識すると、費用の調整が比較的簡単になると思います。これはそこまで重視しておらへんのにお金がかかっていると言う部分があれば、予算を見直す際に削りやすいやね。

費用の調整はプランが決まってしまうとなですかか削りづらくなって行くものですろから、重視せん削りやすい部分を予め決めておくのがおすすめだ。

引出物については費用を安くせん 

$(“”927730″”).click( (null, $(‘#headline927730’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927730″”)

引き出物に関しては結婚式のゲストの人数が多くなればなるほど予算がかかってしまう部分だ。あまりにも高額な金額になると「ちびっと削りたい」と思ってしまうかもしれませんが、先ほども言ったようにここをケチるとゲストからあまり良い印象を持たれません。

頂いたご祝儀は9割ほどを還元するつもりで、料理と引き出物の費用を決めるようにしましょう。

予算のかかりすぎを防止するための用心点

$(“”927732″”).click( (null, $(‘#headline927732’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927732″”)

見積もりを隅々までチェックする

$(“”927733″”).click( (null, $(‘#headline927733’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927733″”)

結婚式の予算がかかり過ぎないようにするためには、まず出して貰った見積もりを隅々までチェックするようにしましょう。オノレ達が思っている以上に予算がかかっている物があったり、何のための予算なのかわかりませんと言う部分が絶対に出てくるはずだ。

気になる部分があれば、納得がいくまで質問をして見積もりに不備が無いかをチェックしましょう。

不要なものがある場合は削る

$(“”927734″”).click( (null, $(‘#headline927734’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927734″”)

見積もりをチェックしてみるとプランナーはんから「これは絶対必要」と言われたとしても、オノレ達の結婚式には必要ないと思う物が見つかるかもしれません。その場合には遠慮なく削ってしまって良いと思います。せやけどその際には「プランナーはんがどうして必要だと思うのか」「削ったらどうなるか」を確認しておきましょう。

その2点を聞いたうえでも不要だと思うのであれば、削ってしまって良いでしょう。結婚式の主役はあんはん達ですから、人と同じ結婚式をせへんけへんと言う決まりはおませんよ。

見積もりをオーバーした・・・!そないな時の対処法!

$(“”927736″”).click( (null, $(‘#headline927736’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927736″”)

結婚式場に依頼せんとオノレで出来ることを探す

$(“”927737″”).click( (null, $(‘#headline927737’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927737″”)

もしも結婚式予算の見積もりをオーバーしてしもたら、まずは結婚式場に依頼しなくてもオノレでできることは無いかを探してみます。ペーパーアイテムや飾りを手作りしたり、衣装を用意したりと言う部分やね。

せやけど先ほども言ったように提携のアイテムを使いませんと持込料がかかる場合もあります。この持込料がかかってもそちらの方が安価になるのであれば、できることをオノレたちでやるのも思い出深い結婚式を作り上げることができますよね♪

部分的にオノレたちで着手すれば予算を調整できる 

$(“”927738″”).click( (null, $(‘#headline927738’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927738″”)

できることみなをオノレ達でやると言うのは無理があるかもしれませんが、部分的にでもオノレ達で着手すれば調整できる部分があるかもしれません。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ招待状関係は式場に任せんとぜ良いんぶひとつのこらずオノレたちでやる。などやね。これをすると時間はかかるかもしれませんが、オーバーしてしもた予算の調整は可能になるはずだ。

予算を組むときにタメになる口コミ(アイディア)

$(“”927739″”).click( (null, $(‘#headline927739’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927739″”)

とにかくプランナーと具体的な打ち合わせをするべき

$(“”927740″”).click( (null, $(‘#headline927740’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927740″”)

結婚式の予算を組むうえで、一番必要なことはプランナーとの具体的な打ち合わせだ。金額や内容など具体的に話をしておくことで、お金をかける必要があるのかを見極めることができます。また削る際にも、より具体的な内容を把握できとった方が良いやね。

プランナーは結婚式のプロですから、わかりませんことや気になることがあればどんどん質問をしましょう。一緒に結婚式を作り上げるパートナーとして、力を尽くしてくれるはずや♪

和装と洋装を着たいときには片方を別撮りにする

$(“”927741″”).click( (null, $(‘#headline927741’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927741″”)

結婚式で和装と洋装を両方着たいと言うカップルも少なくないやね。けれども衣装代が増えるとその分工程も増えるので結婚式の予算が上がってしまいがちだ。それでも和装を諦めきれへんと言うのであれば
結婚式当日は洋装にして、和装を事前に別撮りしておくのがおすすめだ。

これなら両方着用できて、予算をぐっと抑えることができます。写真だけなら3万円前後で取れるスタジオも多いやし、事前に撮った和装の写真をペーパーアイテムに組み込むのも良いやね♪結婚式当日のお色直し中などにスクリーンに映すのも、ゲストに楽しんでもらえそうやね。

自作できるものは積極的にオノレで作る

$(“”927743″”).click( (null, $(‘#headline927743’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927743″”)

結婚式には手作りできるアイテムと言うのも意外と多かったりすります。やので、自作アイテムを取り入れると手作り感のある結婚式を演出しながら、予算を抑えることも可能になります。せやけど再三お伝えしているように、持込料がかかる場合もあるのでこれは必ずチェックしておきましょう。

またカップルや夫婦で結婚式の準備をして自作アイテムが多い場合に、彼女に任せきりにするようなことは絶対にNGや!これは新婦がストレスを溜める原因になりますので、必ず協力して作るようにして下さいね!

結婚式費用の支払いについて

$(“”927745″”).click( (null, $(‘#headline927745’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927745″”)

サービスに応じて支払いの期日が変わることがある

$(“”927746″”).click( (null, $(‘#headline927746’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927746″”)

結婚式の費用の支払いは一般的には、1週間ほど前までに済ませておくと言うケースが多いだ。せやけどサービスに応じて支払いの期日が変わることもあります。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあご祝儀を頂いてから支払うと言うパターン。最近では新郎新婦の予算が少ない場合にこの支払方法が用いられます。

ご祝儀を予算に入れて結婚式費用を組むカップルも増えとります。支払いの期日はその結婚式の形態によって異なると思うので、いつ支払いたいのかと言う点も事前にプランナーに伝えておくのがおすすめだ。

予算が不足しているときはブライダルローンの利用を検討 

$(“”927748″”).click( (null, $(‘#headline927748’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927748″”)

どうしても結婚式の予算が足りません場合には、ブライダルローンを検討するのもアリだと思います。せやけどブライダルローンとは言っても普通のローンと変わりませんので、審査があったり金利が設定されているのが普通だ。

結婚式の費用だけでなく指輪や新婚旅行などの使用も認められている場合があるので、確認しながらブライダルローンを選ぶと良いでしょう。ローンのご利用は計画性を持って行うようにして下さいね。

まとめ

$(“”927749″”).click( (null, $(‘#headline927749’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927749″”)

今回は結婚式の予算や費用についてご紹介させて頂きました。結婚式を挙げたいと漠然と考えてはいるけれど、どれくらいかかるか良くわかっておらへんと言うJOOY読者。またはできるだけ結婚式の予算を抑えたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

▼関連記事

会費制の結婚式|メリットとプランと招待状の文例【ゲストのマナーとプレゼントも】

【結婚式場】会場の正しい選び方・見ておくべきポイント10選!節約方法も大公開!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 1分でわかる!オノレに自信を取り戻す方法を知って明るい人生を

  2. 女性の視線を奪いたい!ETRO(エトロ)でエレガントほんで個性的…

  3. 人間関係が難儀くさいと感じる瞬間や心理、恋愛関係&職場で…

  4. 男だってタイツが人気!防寒~スポーツまでおすすめ!

  5. 【恵比寿のオイスターバー特集】ランチもおすすめの人気店など完全紹…

  6. スタイル別ジージャンコーデ19選!最新トレンドファッション~定番…

  7. かっこ良すぎるお婆ちゃん!ヴィヴィアン・ウエストウッドが作り出す…

  8. 職人スタイルだけやない!カーハートのベスト6選~本物はここから始…

  9. 【2016秋冬】メンズ必見!ハイネックを使ったコーデ集10選

  10. 【衝撃】復縁の確率は「別れて一週間以内」が最も高い!?

  11. 【カメラ講座】ミラーレスカメラの選び方&どシロウトにおすすめの商…

  12. 絶対に恥かですかい!男らしいイタリアン料理のマナー!

ページ上部へ戻る