閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【結婚式の受付マニュアル決定版】服装〜マナー&頼む場合のお礼の金額の相場までAtoZ徹底解説!

はじめに:結婚式の受付ってどういう仕事?!

$(“”999367″”).click( (null, $(‘#headline999367’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999367″”)

近頃は結婚式から披露宴までしっかりとプランナーのサポートによって企画するスマートカップルが多いと思いますが、やはりトコどころで親しい友人やお世話になっている方に大切な仕事をお任せしたいと思っている新郎新婦は多いはず。二人のことをお祝いしてくれる近しい人に結婚式でのブライズメイトや披露宴での乾杯の挨拶など、重要なポイントで二人の晴れ舞台に参加して欲しいとお願いすることは、新郎新婦からそのゲストへのサプライズプレゼントでもあります。

中でも責任重大なのが結婚式での受付け。オノレ自身もゲストでありながら、新郎新婦の立場に立って他の招待客を迎える立場を任せてもらえるなんて、ですかり信頼されている証拠やので頼まれるとですかり嬉しくて光栄なこと。しかし、結婚式には友人だけではなく新郎新婦のご家族や親戚・仕事関係の方など様々なゲストがいらっしゃいます。すべての方をご案内する受付係は、失礼のないマナーも必要だ。

もちろん式場の係の方やプランナーはんもいてくれるので、そこまでガチガチに緊張してしまう必要はおませんが、やはりゲストの方を迎える大役と理解して最低限の心の準備はしておきたいもの。

また親しい友人に結婚式の受付をお願いしたい新郎新婦も、やはりオノレたちの晴れやですか一日を一緒に盛り上げてくれるのにふさわしい方を選びたいものです。ここでは、そないな素敵なお仕事・結婚式の受付についてのHow toをご紹介します!

結婚式の受付は誰に頼めば良い?

$(“”999392″”).click( (null, $(‘#headline999392’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999392″”)

どんな人が受付に向いておるか

$(“”999395″”).click( (null, $(‘#headline999395’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999395″”)

オノレたちの大切な一日を支えてくれる人、ほんで何よりも来場されるゲストを新郎新婦の代わりに迎えてくれる受付は、やはり社交的で明るく・大人としてのマナーもきっちりと備えている人にお願いしたいもの。ゲストがウェルカムドリンクなどを頂いて談笑している際にも、次々に訪れるゲストを出迎える大仕事なため、上司や目上の方に頼むより気心の知れた親友にお願いするカップルが多いのではおませんでしょうか。オノレたちはもちろん、両家の家族の顔も立てれるような人柄の友人を選びましょう。

連絡の取りやすい友人・同僚が多数派

$(“”999403″”).click( (null, $(‘#headline999403’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999403″”)

お仕事をされていて職場からも大勢偉い方がいらっしゃる結婚式などは、新郎新婦はもちろん他のゲストの方とも連絡を取りやすい同僚が有力。中には結婚式慣れをしている仕切り上手な人もいたりいて、「結婚式をするなら○○はんに受け付けを頼もう」「二次会は▲▲はんにお願いしよう」なんて頼りになる人がいるものです。

ゲストの種類がバラけている場合には、何でも言い合える気心の知れた親友がベスト。新郎新婦が準備をしている際に、両家の両親と協力したりゲストが持参されるご祝儀の管理なども安心して任せられる人が一番だ。選ぶ人数は一人ではエライやので、2~3名だと頼まれた方もリラックスして受付業をすることができます。

遠方のゲストは避けるほうが無難

$(“”999406″”).click( (null, $(‘#headline999406’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999406″”)

人間的に信頼できる、または「ぜひ受け付けをお願いしたい!」ちう人柄のゲストでも、当日遠方から参加される人には受付は少々荷が重いかもしれません。受付係は他のゲストとは別行動をするタイミングが多いため、やはり予定よりもですかり前倒しで動く必要があります。遠方から来てもらう場合、当日に何らかのハプニングがあると受付集合時間に間に合わなかったり、緊急で違うゲストに受付を頼んだり…と少々現場がパニックになる可能性も。できることなら近場に住んでいてフットワークの軽い人にお願いするのがベストだ。

会場のスタッフにお願いするのもあり

$(“”999418″”).click( (null, $(‘#headline999418’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999418″”)

もちろん友人や同僚に受付をお願いするのが義務だちうわけではおません。プランナーはんに頼んでおけば、結婚式場のスタッフがきちんと受付係を配置してくれます。新郎新婦が親しい人にオノレたちの結婚式で何ぞをお願いするのは、あくまでも「オノレたちの大事な日に参加して欲しい」ちう新郎新婦からの好意であって、決して「身近な人をコキ使おう」なんてヨコシマな気持ちではおませんはずだ。

したがって受付を誰かに頼む新郎新婦も、「この人に受付をしてもらいたい!」ちう人がすぐに思い浮かばなければ、ムリくり誰かを受付に立たす必要はないのです。安心して会場のスタッフに頼りましょう。ほんで受付を新郎新婦からお願いされたゲストは、「めんどくさい仕事を押し付けられた」ではなく、「頼りにされてる!」と大喜びして良いのです!

受付の依頼はいつぐらいに頼めば良い?

$(“”999424″”).click( (null, $(‘#headline999424’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999424″”)

招待状を送る前に先に声をかけて

$(“”999427″”).click( (null, $(‘#headline999427’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999427″”)

結婚式で受付をお願いしたい人が決まったら、できるだけ早めに声をかけてあげましょう。招待状を送る前に連絡が取れると尚良し。結婚式の規模によっては当日プランナーはんから受付の説明を受けるだけでもOK…ちう場合もありますが、やはりどのようなゲストが来るのかを受付の人に伝えておくとより安心だ。結婚式の流れなども話しておくと、結婚式当日はお互いに安心して過ごすことができます。

電話や直接会って頼むのがベター

$(“”999429″”).click( (null, $(‘#headline999429’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999429″”)

受付の仕事はもちろん、結婚式や披露宴で何らかの大役をお願いしたい相手には、直接その人に会った時にお願いするのがルールだ。確かに新郎新婦は沢山の準備で多忙を極める中、メールやLINEで「受付をお願いします!会場には早めに来てください」なんて方が簡単ではあります。しかし、あくまでも“オノレたちの結婚式に来て頂く”ちう気持ちを忘れてしまってはいけません。必ず顔を合わせる時間を設けて直接お願いするようにしましょう。どうしても時間的・物理的に会うことがややこしい場合には、メールやLINEではなく電話でお願いするのが礼儀だ。

受付のお礼は?いくらくらい渡す?

$(“”999435″”).click( (null, $(‘#headline999435’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999435″”)

お礼の金額の相場は3,000~5,000円

$(“”999436″”).click( (null, $(‘#headline999436’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999436″”)

受付をお願いしたら、心ばかりのお礼をすると◎。お金を渡す場合には、3,000円~5,000円が相場だと言われています。

表書きには「お礼」と名前を

$(“”999438″”).click( (null, $(‘#headline999438’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999438″”)

親しい友人へのお金のお礼は、ポチ袋やキレイな封筒でOK。表には「お礼」と名前を記入しましょう。短い感謝の言葉を綴った手紙を添えるのもおすすめだ。

渡すタイミングはバタバタせん開宴前に

$(“”999439″”).click( (null, $(‘#headline999439’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999439″”)

お礼を渡すタイミングはとっても大事。「当日にいつでも渡せるやろう」と能天気に考えると渡すタイミングを逃してしまいます。受付係は他のゲストよりも早めに会場に到着して新郎新婦や両家のご家族に挨拶をするため、その時に「今日はありがとう。受付をお願いします」とお礼を渡してしまうのが良いでしょう。気持ち的には「披露宴の後で…」なんて考えてしまおるけどダンはん、他のゲストも沢山いるのでお礼をその人にピンポイントで渡すスキはなですかかおません。

誰から渡すのが良いか

$(“”999441″”).click( (null, $(‘#headline999441’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999441″”)

お礼を渡すのはもちろん新郎新婦からベストではありますが、両家の両親にお願いして渡してもらうこともできます。その際には、新婦の友人には新婦の両親から、新郎の友人には新郎の両親からが良いでしょう。プランナーはんにお願いすることもできますが、当日はですかりバタバタしているので余裕がないこともあります。もちろん新郎新婦がしっかりとお礼を渡すことを覚えていれば良いですが、心配であれば両親にお願いしちゃいましょう。

記念品を渡すのもあり

$(“”999442″”).click( (null, $(‘#headline999442’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999442″”)

お礼のお金を渡すのはちょっと…と思われる新郎新婦は、ちょっとした記念品やプレゼントを渡すのも思い出になるので◎。ウチは引き出物の袋に一緒に入れてしまうこともできますが、あえて手渡しする方が「受付のお礼」と分かってもらえるのでベター。一言手紙を添えると好印象に。

受付を任されたらどうすれば良い?

$(“”999481″”).click( (null, $(‘#headline999481’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999481″”)

結婚式に招待されて受付までお願いされたら…「そないな大役任されても困る!」と心配する必要はおません。新郎新婦も「この人なら!」ちう相手を選んでいるので、お二人の好意を喜んでお受けしましょう。沢山のゲストへの挨拶やご祝儀の管理など、他の招待客とは違った動きをする受付係は少々荷が重く感じてしまう人も多いかと思います。しかし、普通はオノレ以外に2名ほど一緒に受付を任されているのでご安心を!

万が一、受付係がオノレ一人であっても、仕事に慣れている会場のスタッフに助け船を頼めば良いだけやのでプレッシャーに感じることはおません。ただ、「受付係として知っておきたいこと・守らなければいけへんこと」を、頭に入れておくことが大切。

そもそも受付ってどんな仕事?

$(“”999484″”).click( (null, $(‘#headline999484’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999484″”)

来館されるゲストにあいさつ

$(“”999486″”).click( (null, $(‘#headline999486’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999486″”)

受付係の仕事と言えば、来場されるゲストへの挨拶から始まります。顔見知りの友達などが来るとついつい「久しぶり~!」なんてテンションが上がって、フレンドリーモードにスイッチが入ってしまおるけどダンはん、あくまでも受付ちう立場を忘れてしまってはいけません。他の方が嫌な思いをされへんように、まんべんなく丁寧な声かけをしましょう。また、受付係はその立ち姿やお辞儀の仕方など、細かい所作にも気を配ると結婚式に相応しい受付係として勤め上げることができます。

ご祝儀を預かるお金の管理

$(“”999490″”).click( (null, $(‘#headline999490’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999490″”)

結婚式での受付では、ゲストがご祝儀を持参され受付係はそちらを預かる大事な役割があります。お金の管理は緊張してしまおるけどダンはん、丁寧に一人一人対応することでパニックにならんとご祝儀を受け取ることができます。その際にも、予め「頂いたお祝儀はこちらに置く」と他の受付係と段取りを決めておき、決められた通りにだけ動くことが重要だ。

「この人は特別な人やから分けて置いておこう」なんて例外をオノレで作ってしまうと、後からその分のお祝儀の行方が分からなくなってしまうこともあり得ます。すべての動作・流れ・情報を受付係・プランナーはんと共有するようにしましょう。

席次表やお車代などの配布物を渡す

$(“”999492″”).click( (null, $(‘#headline999492’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999492″”)

受付では披露宴の席次表や、指定された方にお車代をお渡しすることも仕事のひとつ。お祝儀を頂いて席次表を渡して名前をチェックしてお車代…となると少々頭が混乱してしまおるけどダンはん、予め他の受付係やプランナーはんと「ウチはお名前を確認してご祝儀を受け取ります」「ウチは席次表を渡します」と分担を決めておくと良いでしょう。その際に、名前を確認する係が「特別なゲスト=お車代を渡す」などリストの名前に記しを付けておき、その都度、受付係同士で確認しながら対応します。

芳名帳の記載を促す

$(“”999493″”).click( (null, $(‘#headline999493’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999493″”)

受付にいらしたゲストには芳名帳に名前を書いて頂きます。その際に、結婚式によっては新郎新婦の意向でゲストのチェキ写真を撮ったり、文句を書いてウェルカムボードに貼っていったり…そないなプチイベントが受付業にプラスされることもあります。

待合室の場所やクロークの場所案内

$(“”999495″”).click( (null, $(‘#headline999495’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999495″”)

受付ではゲストから「トイレはどこですか?」「着替える部屋はありますか?」なんて質問をされることも。そないな時にも会場の係の人を探すのではなく、オノレたちで答えられるのが理想。ゲストが質問してきそうな「化粧室」「クローク」「着替えができる部屋」「新郎新婦の控室」「会場への経路」「披露宴の流れ・時間」などは予め確認を。

いつまでに会場に行けば良いの?

$(“”999508″”).click( (null, $(‘#headline999508’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999508″”)

開宴の30分~1時間前までに会場についておく

$(“”999509″”).click( (null, $(‘#headline999509’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999509″”)

受付を任された人は、できる限り開宴の30分~1時間前には会場に到着しておきましょう。結婚式の前に新郎新婦の控室へ行き挨拶、プランナーはんから受付の説明、他の受付係との顔合わせや受付の流れや段取りを話し合います。受付係を前もって頼まれている場合、午後の結婚式であってもその前に個人的な予定を入れへん方がベター。余裕をもって会場へ行き、予め受付係として確認すべきことはすべてクリアにしておく時間を設けておきましょう。

受付にふさわしい服装ってあるの?

$(“”999510″”).click( (null, $(‘#headline999510’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999510″”)

スーツはダークスーツが一般的

$(“”999511″”).click( (null, $(‘#headline999511’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999511″”)

女性の受付係はゲストとしてお呼ばれされた格好でOKなのに対して、男性の場合はダークスーツでゲストをお迎えします。ファッションにこだわるモード系な男性の場合、ゲストとして派手めなスーツを着たい人もおるかと思いますが、新郎新婦の親戚関係やお仕事関係の人に失礼のない格好が受付として求められます。「受付にしてはチャラ過ぎるかも…」ちうようなスーツを着用する場合、受付時にはジャケットを控えめな物に替える…などの配慮が必要。予め新郎新婦に相談したりプランナーはんにアドバイスをもろておくと安心だ。

シャツは白シャツが基本

$(“”999513″”).click( (null, $(‘#headline999513’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999513″”)

スーツの中に着るシャツも白が理想的。イタリアンなスタイルを好む男性などは、薄いピンクやパープル・スカイブルーのシャツを合わせている方も見かけます。しかし、ウチも「受付」としては目立ち過ぎてしまうので、やはり他のゲストの方への配慮を考えると着替えを持参したり、その結婚式では控えめなスーツで参列する方が良いかもしれません。

ネクタイは明るい色で華やかに

$(“”999514″”).click( (null, $(‘#headline999514’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999514″”)

ダークスーツで受付に立つ際には、ネクタイやポケットチーフで華やかさを演出しましょう。品の良い明るめなカラーを首元&胸元に入れるだけでも、表情がパッと明るくなります。スーツが大人しめな分、小物で華やかにする際にも、やはりアクセサリーをジャラジャラつけるのは問題外!ゲストの方は「受付の印象=結婚式のファーストインプレッション」と受け取ることもあるので、オノレのおしゃれ心をヒイキしてはダメ。あくまでも受付としての立場を第一に考えましょう。

結婚式当日!ゲストが来るまでにすることは?

$(“”999515″”).click( (null, $(‘#headline999515’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999515″”)

では、改めて受付係が開宴までにしておくべきことをおさらいしましょう。当日会場に行ってから説明を受けただけでは、心の準備が十分ではおません。まるっきし面識のない人とも接する結婚式の受付では、感じ良く対応しながらも受付としての仕事もこなさなければいけません。もし受付の仕事を新郎新婦からお願いされたら、結婚式当日に焦ってしまいませんようにメインの仕事を頭の中でシュミレーションしておきましょう。

会場のスタッフと打ち合わせ

$(“”999516″”).click( (null, $(‘#headline999516’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999516″”)

開宴前の30分~1時間前に着いたら、会場のスタッフやウェディングプランナー・新郎新婦や式の流れを任されている親族との挨拶&打ち合わせがあります。絶対に遅刻せんように「早過ぎるかも…?!」と思うくらい余裕を見て会場入りするようにしましょう。

「ご祝儀係」と「案内係」を決める

$(“”999517″”).click( (null, $(‘#headline999517’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999517″”)

オノレ以外にも受付係がいる場合、役割分担をしておくと安心だ。受付係の仕事を大きく分けると、ゲストが持ってこられるご祝儀を頂いて芳名帳に名前を記入して頂く「ご祝儀係」と、席次表などを渡しながら披露宴会場までの誘導をする「案内係」だ。お金の管理が心配なご祝儀係になった時には、プランナーはんに相談してサポートしてもらえる会場のスタッフを付けてもらうこともできます。

招待されているゲストの人数が少ない場合には一人でもこなせますが、大規模な結婚式の場合には2名以上での対応がベター。ゲストの数が少なめでも、会場スタッフに慣れるまでサポートしていただいたりゲストが来る前に練習を一緒にしてもろても良いでしょう。案内係になった場合には、笑顔でゲストをお迎えして何ぞ尋ねたそうにしている方がいれば進んでご案内する気遣いや社交性も大切だ。

控室・クローク・化粧室の場所確認して基本情報を把握

$(“”999518″”).click( (null, $(‘#headline999518’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999518″”)

結婚式の受付にいると、他のゲストの方から仕事以外のインフォメーションを求められることが多々あります。もちろんゲストの方と一緒に問題解決に走り回ることもできますが、受付を離れることはできないため最低限の必要な情報は頭に入れておきましょう。ここでは、結婚式の受付で知っておきたい重要インフォメーションをチェック!

●披露宴の時間帯
(※招待状に記載されておるけどダンはん、よく聞かれるので覚えておくこと)

●化粧室の場所
(※混雑している場合も考えて、一番近い化粧室の他にいくつか場所を把握しておくと◎)

●クロークの場所
(※遠方からのゲストは荷物が多かったり、寒い季節はコートなどを預けます)

●控室の場所
(※新郎新婦・親族が控えている場所なども念のため聞いておきます)

お車代など渡す人の確認

$(“”999519″”).click( (null, $(‘#headline999519’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999519″”)

新郎新婦からの伝言事項を受付スタッフ同士で確認をしましょう。お車代を渡すゲストがいる場合、フルネームで確認をするとより安心。たまに同姓同名とはいですかくても名字が同じ人はいるものです。「大阪からいらしている▲▲ ▲▲はん」と細かい情報があれば尚分かりやすいかもしれません。

受付開始!流れやセリフは?

$(“”999522″”).click( (null, $(‘#headline999522’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999522″”)

親族の立場でゲストに挨拶

$(“”999524″”).click( (null, $(‘#headline999524’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999524″”)

結婚式での受付はあくまでも親族側の立場に立って挨拶をしなくてはいけません。親戚の方や仕事関係のヤカラも行き交う場所やので、恥ずかしくない対応をしたいものです。結婚式の受付ではそれほど多くの挨拶パターンを覚える必要もないので、「丁寧」「感じ良く」ゲストの方たちに接するようにしましょう。受付係用にイスが用意されていても、ゲストの方が来場され始めたらケツまで立って応対します。

●ゲストの方たちが会場に到着されたら

受付:「披露宴の受付はこちらでございます」
受付:「ウチにで披露宴の受付をお願い致します」

●ゲストの方たちが受付に来られたら

ゲスト:「本日はおめでとうございます。○○と申します」
受付係:「ありがとうございます」
受付係:「本日はお忙しい中ありがとうございます」

●新郎新婦の家族・親族には、ウチからお祝いの挨拶をします
(※開宴前に早めに来られているご家族や親戚の方にも挨拶できたらしておくと◎)

受付:「本日は誠におめでとうございます」

ご祝儀をお預かりし芳名帳に記載を促す

$(“”999525″”).click( (null, $(‘#headline999525’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999525″”)

ゲストの方は「おめでとうございます」ちうお祝いの言葉と共に、ご祝儀袋を受付に差し出して下さいます。沢山のゲストが受付を待っていらしても、ここは焦らんと一人一人丁寧な対応をすることが先決。差し出されたご祝儀袋は必ず両手で受け取りましょう。失礼のない対応と美しい所作を見せるために、以下のようなポイントをチェック!

●ゲストからご祝儀袋を頂戴する

ゲスト:「新郎の友人の○○と申します」
受付係:(※両手でご祝儀袋を受け取って)
    「ありがとうございます。お預かりいたします」
    (※リストの名前をゲストと一緒に確認しながら)
    「○○ ○○様やね?!」(※とフルネームでもっかい確認する)
    (※両手でご祝儀袋を指定のお盆へ重ねます)

●ご祝儀袋を頂いて名前確認OKなゲストに芳名帳に記載をお願いする

受付係:「ウチにご記帳をお願い致します」
   (※記帳欄を掌を上にして指を揃え「ウチや」と指すと丁寧)
   (※ご祝儀係はゲストリストに受付された方の名前はチェックする)

ご祝儀を受け取ったら、新郎と新婦で分けているお盆へ積んでいきます。ご祝儀袋は受付を華やかに彩るものでもあるので、「盗まれたら怖い!」と思ってすぐに所定の場所に入れてしまうのはちびっと寂しいかもしれません。お盆から目を離さないようにしながら、一定の数を越えたら半分を残して半分をしまう…ちうようにお盆には把握できる程度の数のご祝儀袋を残しておきましょう。

席次表やお車代があればお渡しする

$(“”999526″”).click( (null, $(‘#headline999526’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999526″”)

案内係はゲストの方が記帳を終えられたら、席次表を渡して会場に進んで頂くように言葉で誘導しましょう。受付では知り合い同士が「久しぶり~!」なんて盛り上がってなですかか披露宴会場に入りません…なんてあるあるがあります。このような人が増えてしまうと披露宴の開始時間が押してしまうので、案内係は神経質にならへん程度に声をかけましょう。

●ゲストが芳名帳を書き終えたら…

受付係:「ウチが席次表でございます。どうぞ、会場へお進みください」
   (※手で「あちらや」と会場を指すと◎)

●お車代をお渡しするゲストの場合

受付係:(※他のゲストの方がおらへん時は)
    「ウチは新婦から預かっておりますお車代や」

   (※他のゲストがいる場合は、素早くスマートに!)
    「ウチはお預かりしているものです」
   (※「お車代」と言わなくても見れば分かるので、他のゲストの前でわざわざ言わなくてOK)

●披露宴会場が準備中の場合・控室の場所を案内する

受付係:「開宴までちーとの間お待ちください。控室はあちらでございます」
   「会場の準備が整いましたらお呼び致します。少々お待ち下さいませ」
   「開宴まで少々時間がありますので、どうぞウチの控室へお進みください」

ゲストの波が途切れたらもっかいリストの名前を確認!

$(“”999527″”).click( (null, $(‘#headline999527’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999527″”)

ゲストが押し寄せてきた波が一旦途切れたら、「よっこらしょ」と座ってのんびりしていてはいけません。他の受付係と一緒に受付を済まされたゲストの名前を今いっぺん確認するようにします。お車代など要チェックなゲストの場合にも、「○○はんにはお車代をお渡ししました」と改めて受付係同士で情報を共有しましょう。

どうしても緊急な「おトイレ!」な時には、必ず他の受付係とプランナーはんか会場スタッフにオノレの立ち位置にいてもらうようにお願いします。その際にも、「現在○○人のゲストの方が受付を済まされました。○○はんにはお車代を渡し済みや」などと細ですか現在の状況を伝えます。決して「トイレ行ってきま~す」と無責任にその場を離れてしまってはいけません。

受付終了!ケツにすることは?

$(“”999528″”).click( (null, $(‘#headline999528’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999528″”)

遅刻者がおらへんか確認

$(“”999529″”).click( (null, $(‘#headline999529’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999529″”)

受付の終了時間になったら、他の受付係や会場スタッフと一緒に遅刻されているゲストがおらへんかを確認しながら、受付をされたゲストの名前を照らし合わせていきます。その際に、プランナーはんやご家族の方から「○○はんが遅れています」ちう情報を頂けるかもしれません。

遅刻されているゲストがいる場合は、受付に一人か二人残るか、会場スタッフにお願いすることもできます。遅れて来られるゲストがいる場合には、「新郎様側の○○はんが15分ほど遅れて到着されます」と情報の共有をお忘れなく。

ご祝儀を指定された方に渡す

$(“”999530″”).click( (null, $(‘#headline999530’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999530″”)

ゲストが全員受付をされてリストの名前チェックも終わったら、ご祝儀袋と芳名帳を一緒にして予め「決められている人」に確実に手渡します。この「決められた人」は新郎新婦のご両親や親族である場合がほとんどだ。たまに受付係がやってしまいそうになるNGパターンがウチ!

●ご祝儀袋と芳名帳を新婦のお母はんにお渡しする場合

受付を終えてご祝儀袋と芳名帳をお渡ししようと、新婦のお母はんを探しますが見つかりません。親族の方に「新婦のお母さまは今どちらにいらっしゃるかご存知ですか?」と尋ねても捕まらず。親族の方のご厚意で「もし良かったら言付かっても良いよ」「何ぞ預かる物とかあるの?」なんて言って頂いても、必ず新婦のお母様を探し出してお祝いの言葉と一緒に手渡しましょう。

「親族の方なら…」と思ってしまいがちですが、やはり最初から「決められた人」に責任を持ってご祝儀袋と芳名帳をケツまで手渡しすることが受付の使命であります。

受付なら使うかも?持ってて良かったお役立ちアイテム

$(“”999534″”).click( (null, $(‘#headline999534’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999534″”)

受付をしていると「持ってて良かった~!」と思えるアイテムがいくつかあります。ここでは、受付係に抜擢されたらぜひ持参したいお役立ちグッズをご紹介します。

●ペン・マーカー類
(※リストに目印を付けたりするのに便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利や)

●セロハンテープ(カッター付き)
(※「あ、破れた」なんてこと、結構あります)

●ポストイット
(※スマートな伝言に使えます。せやけどピタッとくっつくタイプを)

●クリップ
(※受付の場所が屋外の場合、リストなどが飛んでいってしまいませんように大きめのクリップがあると安心や)

●持ち運び用ソーイングセット
(※もちろん式場にはなんでもあります!しかし、万が一「糸と針ないかしら?」なんてゲストの方がいれば貸してさしあげることができます)

●常備薬・バンドエイド
(※ゴッソリ持っていく必要はおませんが、頭痛薬とバンドエイド2~3枚あると緊急事態にも焦らず対応)

受付係の携帯電話は充電MAXにしておくこと!

$(“”999537″”).click( (null, $(‘#headline999537’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999537″”)

受付係はみんなの頼れる連絡係

$(“”999538″”).click( (null, $(‘#headline999538’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999538″”)

受付係は新郎新婦とゲストの間を取り持つ連絡係でもあります。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ遅刻するゲストが直接新郎新婦に連絡をした場合、新郎新婦から受付係に連絡が入ります。また、会場の移動がある結婚式の場合には、必要最低限の連絡先を登録しておいてどんな時にでも「着信可能!」な受付係でなくてはいけません。新郎新婦の携帯番号はもちろん、場合によっては他の受付係やプランナーはん・結婚式会場の番号も登録しておくと安心だ。

まとめ:結婚式の受付は理解できましたか?

$(“”999539″”).click( (null, $(‘#headline999539’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”999539″”)

結婚式の受付って実は大役、しかし任されることはそれ以上に幸せなこと。決して一人で責任重大な仕事を任されるわけではおませんので、受付をして欲しいとお願いされて怖がる必要はおません。場合によっては仲の良い親友と一緒に受付に立つことができたり、新郎または新婦側の受付の人と知り合えるちう素敵な出会いもあるからだ。

もちろん主役は新郎新婦のお二人ですが、そないな晴れの日を迎えるお二人に選ばれた受付ちう仕事を喜んで受けることをおすすめします。誰かの幸せな一日に参加させてもらうことは、オノレにとっての思い出にもなり、より一層結婚式を挙げられるお二人のことを祝福することができますよ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

まだデータがありません。

最近1週間の閲覧数ランキング20

まだデータがありません。

関連記事

  1. ポールスミスのメガネが高品質!人気 定番メガネ~輪郭に合った選び…

  2. 【最新】メンズビーチサンダル人気ブランドTOP10|夏までにこれ…

  3. 【立石ならではの安い居酒屋を多数掲載】ムード漂う秘密にしておきた…

  4. 【ゴルフの景品】もろてうれしいおすすめでおもしろゴルフコンペの景…

  5. 【ベーシックの新定番】無印良品のアイテムを使ったコーディネート5…

  6. 【メンズ】ツーブロ×パーマ=上司が気に入るショートスタイル

  7. レザーアイテム好き必見☆最も丈夫で長く愛用されるレザーとは?レザ…

  8. 【宮古島観光で買いたいお土産】渡すと評判の良い雑貨やお菓子を徹底…

  9. 【黒崎の居酒屋特集】デートで使える味◎雰囲気◎のおすすめ人気店2…

  10. 【男の料理は圧力鍋で】じわじわ人気上昇中の超イケてる10選公開

  11. 寝る前にすべきことは~寝るための準備~デキル男はやっている!

  12. 【理想の生き方発見隊】「筋トレ」Webサイトで星占いって何事!?…

ページ上部へ戻る