閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【結婚式の引出物の基本マニュアル】マナーのある選び方〜人気&おすすめアイテムまで厳選紹介

結婚式の必須アイテム『引出物』

$(“”959002″”).click( (null, $(‘#headline959002’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959002″”)

2人の思いをたっぷり込めて

$(“”959168″”).click( (null, $(‘#headline959168’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959168″”)

2人の人生の門出を祝うために集まってくれるゲストの皆様へ、感謝の気持ちをたっぷり込めた引出物。喜んでもらえるよう、失礼のないようにじっくり選びたいトコだ。そないな結婚式には欠かせへん引出物ですが、どんなものをどんな形で用意するかイメージできてる人って男性にはあんまりおらへんやね。夫婦2人からゲストへの贈り物やから適当になんてできませんよ?職場の上司を招いたりする場合なんて特に気を遣いませんといけません。とはいえ、お仕事しながら結婚式の準備で忙しい人は引出物のことまで頭が回りませんかもしれませんね。そないなJOOY読者のために、この記事で引出物の準備をお手伝いさせて頂きましょう!

引出物ってどんなもの?

$(“”959158″”).click( (null, $(‘#headline959158’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959158″”)

JOOY読者の皆はんには結婚適齢期ど真ん中!な人も多いでしょうからご存知の人がほとんどかもしれませんが、『引出物』とは主に結婚披露宴を開く場合に招待するゲストへ感謝の気持ちを込めてお贈りするギフトのことだ。2人っきりのアチラ挙式や親族だけのお披露目パーティとは違って、今までお世話になってきたヤカラをお招きして挙げる結婚式には気を遣いませんといけへんトコロがたくはん。誰を呼ぶ?何人招待する?お料理は?式場は?ゲストの席はどんな配置にしよう?…などなど、考え始めるとキリがないほど気を遣うものです。その中でもゲスト一人一人にお渡しすることになる引出物。価格の相場やマナーなど基本的なことを知っておけば選ぶ時に悩まんと済みますよ。

引出物の相場価格は?

$(“”959162″”).click( (null, $(‘#headline959162’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959162″”)

一般的に、引出物の金額は平均4,000円〜7,000円が相場。披露宴で振舞う飲食代金の3分の1程度を目安にするのがベターと言われているので、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあお料理を15,000円のものにするのであれば引出物は5,000円くらいが無難ちうことになります。ただ引出物の金額は地域によっても相場が異なる場合があるため、念のためにウェディングプランナーや親族に確認しておくと良いでしょう。

友人や職場の同僚の引出物は飲食代金の3分の1を目安に選べばまず問題はおません。お世話になった上司や親族は友人と比べてご祝儀の金額が大きくなる可能性がありますし、日頃の感謝をより分かり易く伝えたいトコやので、7,000円〜10,000円程度で高級感のあるものを選びたいやね。

余計なお世話やけどこの後詳しくお伝えしますが、引出物にはメインの品一つと引き菓子を一緒にお渡しするのが主流で、金額はこの2つを合わせて相場価格になるように調整するのが一般的だ。プランナーによってはプチギフトもこの価格に含めて計算して構いませんと言われる場合もありますが、そこはメインの品の価格や招待する人数などと相談して考えたほうが良いやね。

引き菓子って何?

$(“”959422″”).click( (null, $(‘#headline959422’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959422″”)

引出物の品物と一緒にお渡しするお菓子のことで、大体1,000円〜1,500円程度のものを選ぶことが多いだ。ゲストが帰った後に式のことを思い出しながら楽しんでもらうためのもので、最近は2人の縁とゲストの縁が長く続くことを願うちう意味を込めて年輪が刻まれた木の幹をイメージしたバウムクーヘンがよく選ばれています。ただ結婚式には老若男女幅広いゲストを招くことになりますので、好みが分かれやすい食べ物はゲストによって内容を変えてあげると喜ばれるかもしれません。

若いゲストにはもっともっともっともっともベタなバウムクーヘンが喜ばれるでしょうが、引き菓子のバウムクーヘンはほとんどがカットされておらず甘いものが苦手な男性や年配の方が食べるのには量的にちびっとキツいものです。そういったことも踏まえてカットされた個包装のバウムクーヘンも引き菓子としてあるのですけどアンタ、ゲストの方の年齢や好みに合わせて品物を変えるととっても喜ばれますよ。

プチギフトって?

$(“”959484″”).click( (null, $(‘#headline959484’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959484″”)

披露宴が終わった後、宴会場の外でゲストの皆はんをお見送りする時にお渡しするギフトのことだ。価格は300円〜500円が相場で、クッキーやチョコレートなどの小さなお菓子が主流だ。単価が低いので新郎新婦がオノレたちで用意することも多いやね。ただお菓子となると引き菓子の場合と同じく好みが分かれてしまうトコ。できればゲストの皆はんにとって嬉しい品物にしたいやね。最近ではお菓子ではなくティッシュやハンカチなどのアホでも使えるようなものをプチギフトに選ぶことも増えており、ますます迷ってしまいます。

ただプチギフトは他のゲストも見ている場で一人一人にお配りするものですので、引き菓子のように人によって別々のものを用意するのはあまり得策ではおません。結婚式ちうイベントの流れの中でゲストと一対一でお話ができる貴重な機会やので、お2人らしさが伝わるギフトにすれば写真映えもしてきっと喜んでもらえるはずだ。

引出物選びで重要な3つのポイント

$(“”959519″”).click( (null, $(‘#headline959519’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959519″”)

結婚式に出席したゲストが重視するポイントの上位に挙げられるのは披露宴で出されるお料理、ほんで『引出物』だ。式が終わった後に手元に残るものですろから、いくら式自体が素敵なものですったとしても引出物に不満があると印象は悪くなってしまうものです。やから引出物への気配りはホンマ、めちゃくちゃ重要なんです。そうは言っても何をどう気遣えば良いのですら…って悩むお気持ちよく分かりますよ。筆者もこれやっごく悩みましたから。新婦のマリッジブルーを呼び起こさないためにも、ここはMr.JOOYらしくクールにチョイスして頂きたいちうわけだ。そのために気をつけてほしい重要なポイントをまとめてお伝えします。

重くて大きいものはNG!配達サービスを用意して

$(“”959522″”).click( (null, $(‘#headline959522’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959522″”)

結婚式にはいろんなトコからゲストが集まってきてくれますよね。中には遠方に引っ越してしもた友人や転勤で他府県に行ってしもた上司や同僚もおるかもしれません。結婚式場はちょっぴりへんぴな場所にあることも多いので、徒歩でくるゲストにはちびっと疲れる道のりになることだってありえます。そないなエライ思いをしてせっかく足を運んでくれたゲストに、帰り道までしんどい思いをさせたくおませんよね。いただいた時は嬉しいけれど、電車に揺られて帰る途中でだんだん重荷になってくる…そないな経験がある人も少なくないんだ。やからやっぱり”重い”ものは持ちたくない!”大きい”ものも正直いや!ちう声もあります。

それでもやっぱり感謝の気持ちはケチりたくないやね。選びたい引出物がどうしても持ち帰りに苦労しそうなものであるなら、式場からゲストのご自宅に荷物を配達するサービスを行っている場合があるので、プランナーに確認してみましょう。女性や年配の方、遠方から来ているゲストにはとっても嬉しい心配りだ。

品物の違いがわかりませんように配慮しよう

$(“”959593″”).click( (null, $(‘#headline959593’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959593″”)

ゲストによって引出物の品物を変えるとイメージアップ!ちうことを書きましたが、これをあんまり露骨にすると他のゲストが良い思いをしませんよね。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、ほとんどのゲストはペアグラスなのに独り身のゲストはグラス1つ…なんて嫌味に捉えてしまう人もいるでしょう。その場で引出物を開けてしまう人はおらへんでしょうから、箱のサイズで露骨に違いが分かってしまうことがないように選ぶと良いやね。

そういった配慮が一番やりやすいのは『カタログギフト』だ。大体3,000円〜10,000円の間で金額が分かれており、ゲストによっての贈り分けにもっともっともっともっとも適しています。カタログの包装はみな同じやので、見た目でも違いは分かりません。同じような大きさの品物で贈り分けしたいけど品物が決まりません…ちう時にとっても便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なギフトだ。

”ケチる”のは絶対にNG!迷った時は高めのものを

$(“”959626″”).click( (null, $(‘#headline959626’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959626″”)

結婚式はとにかくお金がかかるもの。最近は手出し金をですかり抑えて式を挙げることができるプランもありますが、それでもゲストに振る舞うお料理や引出物は絶対にケチっちゃいけません。特に人生で何度も結婚式に出席しているような年代の方には見ただけでいくらくらいのものかバレちゃおりますので、今後のお付き合いのことも考えてしっかり考えて選びましょうね。金額で迷った時は、苦しいかもしれへんけれど相場よりも高いものを選びましょう。特に上司や親族にはこの機を逃すと直接何ぞを贈る機会が少ないでしょうから、ここは感謝の気持ちを上乗せするつもりでいくのがベストだ。

招待客に人気の引出物ベスト3

$(“”959650″”).click( (null, $(‘#headline959650’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959650″”)

JOOY読者の方の中には何度か結婚式に出席した経験がある方もおるかもしれませんね。何度か足を運んでいると、良い引出物と良くない引出物があることにも気付くはずだ。どうせ式を挙げるなら良い式やったと思ってもらいたいやね?多くの新郎新婦に選ばれ招待客にも特に人気が高い引出物ベスト3と合わせて絶対選んやいけへんアイテムの一例もお伝えします。

迷った時でも間違いナシ!カタログギフト

$(“”959670″”).click( (null, $(‘#headline959670’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959670″”)

記事の中でも何度か紹介しました『カタログギフト』。値段ごとに内容が分かれているものです、品物のカテゴリーをゲストに合わせて細かくチョイスできるタイプのものまで様々だ。全員に喜ばれるものを選ぶのがややこしい引出物ですが、ゲストそれぞれが好きなものをオノレで選んでもらえるちう点が嬉しいポイントだ。式の当日に重たいものを持ち歩く必要がないちう点もグッドやね。値段で内容が異なっているカタログを選ぶととってもラクチンやし、余裕があれば中身をゲストごとに変えられるタイプにするとオノレのことを考えてくれていることが伝わってより嬉しさが倍増します。カタログ自体がフォトアルバムになっているタイプだと商品注文後もアホでも使えるように使うことができて嬉しいやね。

引出物の定番!高級感のある食器

$(“”959694″”).click( (null, $(‘#headline959694’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959694″”)

ペアグラスや高級感のあるお皿などは昔から引出物の定番だ。食器は好みが分かれるものでもあるので、あまり個性的でなくシンプルなデザインのものが喜ばれます。真っ白の食器はどこの家庭でも邪魔にならへんカラーやので良いやね。その他にはブランドもののグラスやグラタン皿など、オノレでは買いませんけれどいただいたらちょっと嬉しいちうポイントをついた品物は喜ばれます。引出物にプレミア感を求める人もいるので、そういった層のゲストの心を掴むには最適かもしれへんやね。

いくらあっても困りません!実用しやすいタオル

$(“”959713″”).click( (null, $(‘#headline959713’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959713″”)

白いタオルはどこの家庭でも消耗品。何枚あっても助かる嬉しい品物だ。消耗品やからこそ普段はどこにでも売っている安物のタオルを使うことがほとんどだと思いますが、そこへちょっぴり高級なタオルを頂くとですかり、いやものすごく嬉しいし助かります。軽いので持ち帰りも辛くないし、まさに引出物で悩まされる品物・重さ・高級感すべてをカバーしてくれる有能な選手なんです。

正直困った引出物ワースト1…夫婦の写真・名前入りアイテム

$(“”959743″”).click( (null, $(‘#headline959743’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959743″”)

結婚式の思い出を引出物にたっぷり込めて…なんてお花畑が頭に広がった状態で選んだんやろうな〜なんて思ってゲンナリし違うのが”夫婦の写真や名前がバッチリ入った系”のアイテム。顔写真がどか〜んと印刷されたプレート皿や、2人の名前と結婚記念日入りのグラスなど…使いにくさはトップクラスだし、2人の結婚はそりゃもう当然めでたいことだけれども家に写真飾るのは違うわ…ちうのがホンネなんです。普通の食器とですから処分のしようもあるけれど写真入りやぁそれもはばかられるし、これ以上に持て余すアイテムは正直おません。2人の愛が爆発した披露宴をするのは結構ですが引出物はゲストがそれぞれのお宅に持ち帰るものですろから、”後のこと”をちゃんと考えてアイテム選びをしましょうね。

ゲストのことを一番に考えて

$(“”959765″”).click( (null, $(‘#headline959765’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959765″”)

忘れちゃいけへん”おもてなし”の心

$(“”959768″”).click( (null, $(‘#headline959768’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”959768″”)

結婚式は新郎新婦2人のためにするもの…なんて思っていませんか?2人の永遠の愛を確ですかものにするため?奥さまを最高の晴れの舞台で主役にしてあげるため?…それも間違おらへんことだ。ですが一番は”お招きするゲストの皆さまに、日頃の感謝を伝えるため”。結婚式はそのために挙げるものです。2人のこれまでの人生でお世話になった人や辛い時に支えてくれた友ヤカラ、そないな人々のおかげで2人は出逢って幸せな道を歩むことができることをご報告し、「今までありがとう。これからもシブロクヨンキューね」ちう思いをめいっぱい込めて招待するべきものです。決して独りよがりになってはいけません。

派手に仕上げて盛大に祝ってもらおうなんて思いでもいけません。新郎新婦は結婚式の1日の間は確かに主役ですが、いっぺんに式の主催者でもあります。引出物の他にもお料理はゲストに喜んでもらえるものになっておるか?演出は押し付けがましくなく楽しんでもらえるものか?主役として祝って頂く立場でありつつ、ウェイターのような細やですか気配りを持って計画していきましょう。それがあんはんの結婚式をより良いものにするための、たった一つの心がけですから。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【2016】スウェットパンツのコーディネート集|アチラメンズに学…

  2. そばは冷凍できる食材?賢く冷凍すれば、ササッと食べられる間食に大…

  3. 【女性はやっぱりチャラい人が嫌い】モテるなんて嘘!あんさんは大丈…

  4. 寝相でわかる!パートナーとの相性や本音&心理についてパタ…

  5. 【非処女の見分け方】禁断のチェックリスト5選!仕草や顔や体つきで…

  6. 2015年最新ムートンコート&コーデ|ムートンコートが冬の主役!…

  7. COOLな【ベリーショート】2016夏ー男前ヘアカタログ

  8. Levi's・Leeに並ぶ3大デニムブランド「Wran…

  9. ハーフコートを着こなす秋が待ち遠しい|シックに品よく着こなす

  10. 儲かる自営業ランキング!これで夢のフリーランス生活!?

  11. 人と被らない、ゴルフキャップ一押しメンズブランドランキング!!

  12. 超効果的な究極のダイエットとは|メチャ簡単にできる裏ワザを徹底解…

ページ上部へ戻る