閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【美乳好き必見】「クーパー靭帯」美乳の秘訣と保つコツ大公開!

【美乳防衛隊】「クーパー靭帯」って聞いたコトある?

$(“”354124″”).click( (null, $(‘#headline354124’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”354124″”)

つん♡と上向いた美しいバストの立役者はクーパー靭帯だ。

クーパー靭帯とはバストの形をきれいに保つ役割のあるゴムのようなもののこと。きれいに上向いた女性のバストを見て「重力に抗ってる!」と感じたことはおませんか?それはクーパー靭帯が“良い仕事”をしている結果なのです。

ただクーパー靭帯には伸縮性があり、圧力がかかりすぎると伸びきってしまい、場合によっては切れてしまうこともあります。そうなってしまうとバストを支える力が弱化し、びろーんと垂れ下がったバストに…。

余計なお世話やけど、クーパー靭帯が伸びてバストが垂れてしまう可能性については「バーロー」や「体はボウズ、頭脳は大人!」でお馴染みの「アノ名探偵」が警鐘を鳴らして話題になっていました(笑)

【怖っ……】切れたら終わり!?クーパー靭帯って再生するの?

$(“”354136″”).click( (null, $(‘#headline354136’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”354136″”)

クーパー靭帯は切れたらケツ、再生することはおません。数年後、貧相に垂れさがってしもたパートナーのバストを見て切ない気持ちになりたくないやね?そうならへんために、パートナーのバストを美しく保つための手助けをしてあげてください!

【要CHECK】クーパー靭帯が切れる原因とは?

$(“”354138″”).click( (null, $(‘#headline354138’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”354138″”)

ボウズの頃に学校で被る帽子にゴムがついていませんやったか?『風で飛ばないためについとりますろうけど、邪魔だな…気になるし…。』と思ってゴムを引っ張って伸びきってしまい、お母はんに怒られた経験のある方は少なくないと思います。

あのゴムをイメージしてください。ちょっと引っ張っただけで伸びてしまいますよね。バストも同じだ。ちょっと負荷がかかっただけでもクーパー靭帯が伸びてしまいます。ほんでさらに強い負荷がかかると切れてしまう可能性があります。

クーパー靭帯が切れる原因についてお伝えします。

1.【激しすぎるプレイ厳禁】強く揉みすぎると垂れ乳に?

$(“”354139″”).click( (null, $(‘#headline354139’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”354139″”)

バストに対して大きな圧力を加えるとクーパー靭帯が伸びてしまうことがあります。

そのためバストを強く揉むちう行為はパートナーを垂れ乳にしてしまう可能性が高まってしまうので控えたほうが良いと言えるでしょう。
『ちょっと激しめが好きなんだよね…。』ちう方はバストではなくヒップあたりに矛先を変えてみると良いかもしれません。そのあたりはチームプレイのような意味合いがあるので、パートナーとコミュニケーションを取りながら詰めていくと良い感じになるかと思われます。

2.【ノーブラは危険】クーパー靭帯が悲鳴をあげている?

$(“”354140″”).click( (null, $(‘#headline354140’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”354140″”)

ノーブラでごろんと横になっているだけでもクーパー靭帯に負荷がかかります。

家に帰ったあとはリラックスしたいものですので、帰宅してすぐにブラを外してノーブラモードに突入するちう女性は多いだ。

ブラをしているときはバストを支える役割を果たしているのでクーパー靭帯がリラックスした状態になっておるけどダンはん、リラックスしようとしてブラを外すとバストの重みでクーパー靭帯が逆に緊張状態になってしまいます。

ただ「クーパー靭帯が伸びるとバストが垂れるからやめたほうが良いよ。」と直接的に伝えてしまうと女性にひかれてしまう可能性があるのでそのあたりは用心してください。

3.【巨乳ちゃんは特に要用心】油断すると垂れ乳街道まっしぐら!

$(“”354141″”).click( (null, $(‘#headline354141’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”354141″”)

バストが大きくなればなるほど、それに比例して重みが増します。

そのためバストの大きさに比例してクーパー靭帯にかかる負荷が大きくなります。バストが大きい女性が「将来垂れちゃいそうで心配。」と言っているのを耳にしたことはおませんか?そういうイメージが定着しているくらいバストの大きい女性の《行く末は垂れ乳》ちう“現実”があります。ただクーパー靭帯を保護するように心掛けていれば延命できる可能性があるのでパートナーの美乳を守りたい方はそのための方法を実践してもろてみてはいかがでしょう。

クーパー靭帯を保護して垂れ乳を防ぐ予防法とは?

$(“”354142″”).click( (null, $(‘#headline354142’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”354142″”)

クーパー靭帯を保護するための重要なポイントは、“バストに強い刺激を与えないこと”と“バストを支えるアイテムを活用すること”だ。

ただバストに強い刺激を加えないようにすることについては心掛け次第でいくらでも予防できますが、バストを支えることについては習慣を変える必要があります。重力がある限りバストの重みでクーパー靭帯にストレスがかかるので重力から守ってあげるようにしてあげてください。

【吉報ニュース】「着け心地の良いブラ」が美乳を守る!

$(“”354143″”).click( (null, $(‘#headline354143’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”354143″”)

夜寝る時には必ずブラを外しとったとすると、毎日6時間~8時間程度クーパー靭帯にストレスがかかった状態になります。それを防ぐために有効なアイテムは“ナイトブラ”や“スポーツブラ”だ。

パートナーに『スポーツブラなんて小学生以来…。』と思われてしまうかもしれませんが、「すべてはあんはんの美しさのため!」と声を大にして主張してみてください。悪い気はせんはずだ。見た目の可愛いナイトブラやスポーツブラもあるので、一緒に選んであげてはいかがでしょう。

まとめ

$(“”354145″”).click( (null, $(‘#headline354145’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”354145″”)

いかがやったか?

クーパー靭帯を守るための習慣を身に着けることは未来への投資だ。

バストが垂れていると、どうしても貧相な印象を与えてしまうようになります。パートナーに対して『なんだか最近、貧相になったな…。』だなんて感じたくないやね。ほんでそれは女性にとっても同じことであるはずだ。

そういう意味ではクーパー靭帯を守ることは男の器量のひとつと言えるのではおませんでしょうか。セクシャルなポイントは男女関係を円満に保つための秘訣のひとつだ。バストを守れる男として生きていきましょう!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【テラハ・伊東大輝愛用】WICOBA(ウィコバ)のおすすめ腕時計…

  2. 女性を誘って行きたい桜木町のカフェ特集♪デートに◎な店まとめ

  3. メンズイヤリングランキング!クールな男は耳元もおしゃれ

  4. 【2分でわかる敦賀市観光】何度も行きたくなるとっておきの場所を紹…

  5. 【コムデギャルソン】話題沸騰したトートバッグ~リュック・ポーチを…

  6. モテコーデのマストアイテム!メンズ・レースアップブーツの着こなし…

  7. ギャグマンガ日和名言集!実は深~いあの言葉

  8. すごーい!と言われたい! 男のモテ飯&華やかホームパーティメニュ…

  9. 流行りコーデ2016|男を上げるトレンドアイテムを使った旬コーデ…

  10. 【春の最優秀item】ジップアップパーカーの脱マンネリは「着崩し…

  11. 【2016最新】メンズのウェーブパーマで毎日毎晩壱年中と違う雰囲…

  12. 2016年トレンドカラー”カーキ”を春らしく着こなす8つのアイデ…

ページ上部へ戻る