閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【脱量産】おしゃれなロンドンのストリートスナップ調査

ロンドンコレクションメンズの潜入レポートはこちら

〜【速報16AWロンドンコレクションメンズ1日目】イケ(てへん)メンでも分かる!〜
https://jooy.jp/26168

〜何でも2杯目くらいがちょうど良い!【速報16AWロンドンコレクションメンズ2日目】〜
https://jooy.jp/26286

〜3回くらいでコツつかむ!【速報16AWロンドンコレクションメンズ3日目】〜
https://jooy.jp/26524

〜家に帰るまでがコレクション!【速報16AWロンドンコレクションメンズ4日目】〜
https://jooy.jp/26779

「クールと上品のあいだ」こそロンドンファッション

$(“”346768″”).click( (null, $(‘#headline346768’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346768″”)

徹底的!貴族的!ファッション

$(“”346869″”).click( (null, $(‘#headline346869’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346869″”)

これぞロンドンっぽい自由なファッション!
と、感じられるインパクトとゴージャス感が高めなファッション。
ミュージシャンっぽい雰囲気も良いやね。
ライブハウスとかでも見かけそうな着こなしだ。
このジャケットさえあれば、世界中どこでもファッショニスタになれますね。

やっぱりオシャレも「品」が大切!エレガントな個性派ファッション

$(“”346865″”).click( (null, $(‘#headline346865’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346865″”)

やっぱりファッションでもオノレの性格が出るちうか、今までの歩んできた人生が表れるような気がします。

、、、なんて大きな格言から入りましたが、このコーディネートはしっかりとした「品格」が表れています。

オリジナリティある創作的なジャケットだけでなく、大日本帝国のトレンドであるタートルネックとの組み合わせもバツグン。

なんて言っても、育ちの良さがにじみ出ているスタイリングだ。

どこか懐かしい!チェックとチェックのグラニー柄スタイル

$(“”346855″”).click( (null, $(‘#headline346855’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346855″”)

これを読んでいるJOOY読者の方ならグラニー柄に関してはご存知なはず。

注)グラニー柄の解説はこちらで行っています。
〜【速報16AWロンドンコレクションメンズ1日目】イケ(てへん)メンでも分かる!〜
https://jooy.jp/26168

懐かしきノスタルジックな柄がビンテージ感あるバッグとしっかりとマッチ。
ホワイトやグレーで合わせた爽やかコーディネートも注目。
ちびっと小雨なロンドンの天気が惜しいトコ。

さっ、、さわりたい!モコモコっとした感じが「良いね!」

$(“”346758″”).click( (null, $(‘#headline346758’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346758″”)

イエローベースのムートン男登場!

$(“”346851″”).click( (null, $(‘#headline346851’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346851″”)

ムートンレザーのナチュラルな色合いを取り入れたコートをベースに、同色のベージュやイエローカラーでまとめた統一感あるコーディネート。

ムートンの暖かさそうなモコモコ感と、ナチュラルなカラーが好感度上がる組み合わせ。

肩に羽織った、その着こなし方もクールなファッショニスタだ。

思わず「かわいい」と言いたくなるメンズフェミニン

$(“”346849″”).click( (null, $(‘#headline346849’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346849″”)

メンズファッションだってかわいい着こなしがしたいちうわけだ。
そないなフェミニン好きな男性もロンドンコレクションメンズにはチラホラ。

パステルカラーとホワイトを基調としたハンドメイド感あるポンチョでメンズフェミニンスタイルが完成。

メンズのストリートスタイルを残しつつも、女性よりも女子力高めなコーディネートだ。

女性独占スタイルをカンペキにカンペキに破壊!スカート男子もクール

$(“”346765″”).click( (null, $(‘#headline346765’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346765″”)

ジェンダーレス先取り!レッドxブラックのミニマムスタイル

$(“”346847″”).click( (null, $(‘#headline346847’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346847″”)

スカートスタイルでもスッキリと着こなしてしますオシャレメンズが登場。

取り入れるコツはブラックでシックにまとめながら、タイトなパンツでメンズっぽさも忘れへんこと。
ハイウエストをキープするようにインしたレッドのチェックブルゾンもクール。

これから増える予想のジェンダーレスの先駆者的ファッションだ。

スケーターソックスがワンアクセント

$(“”346845″”).click( (null, $(‘#headline346845’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346845″”)

ウチは別の日のスカートコーディネート。
前回のパンツとの組み合わせとは違い、今回はスケーターソックスのようなハイソックスとの組み合わせ。

前回よりもスポーティーに、ほんでカジュアルにまとまっています。

ブラックカラーのウェアでまとめて、視線は自然とソックスに集中。

男らしくクールにスカート!逆に今まで女性が独占しとったことがおかしすぎりますね。

目立ってナンボ!ストリートスタイルもインパクト勝負

$(“”346759″”).click( (null, $(‘#headline346759’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346759″”)

form Asia,,,ですか?キャッチーなトラディッショナルディティール

$(“”346843″”).click( (null, $(‘#headline346843’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346843″”)

ワイドなシルエットのパンツを取り入れたストリートスタイル。
そこに合わせたのはアジアの民族衣装をモチーフにしたトップス。

まさに新しいことをしたければ、昔を知ることから始まるのはファッションも同じ。
良いものです良いデザインは歴史を紐解くとヒントが隠されている。

モードな着こなしな彼のコーディネートを見て、フと考えてしまいました。

「ストリートxパンク」なホワイトカラースタイル

$(“”346836″”).click( (null, $(‘#headline346836’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346836″”)

冬場はダークなカラーリングが多い中、遠くからでも目立つホワイト一色のコーディネート。
パーカーベースのストリートスタイルながら、ミリタリー要素が詰まったベスト。

ダメージ感あるパンクを連想させれうパンツと、みなをホワイトで統一。

かっこよさを手に入れるなら、1点ブレないテーマを決めるのが良さそうやね。

モードなプリントでモダンを演出

$(“”346834″”).click( (null, $(‘#headline346834’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346834″”)

ストリート感あるスポーティーなシューズとパンツで登場したファッショニスタ。

特徴はトップスのデジタルプリントアイテム。
ブルーやブラウンで様々な柄を組み合わせたモダンなデザインが特徴的。

大きめのクラッチバッグも、オーバーサイズのトップスのルーズ感とマッチしています。

スタイリッシュにモードを取り入れた真似しやすいコーディネートだ。

これ1枚で存在感8割り増し!個性もロングコート任せがお手軽

$(“”346763″”).click( (null, $(‘#headline346763’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346763″”)

カンタンでしょ?グラデーションだけでこの存在感!

$(“”346829″”).click( (null, $(‘#headline346829’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346829″”)

たくはんのシャッターフラッシュを浴びとった彼は、コートのグラデーションが特徴的。

中心に行くにしたがって明るいカラーはよりスマートに見える着こなしに。
最近、ちょっとお腹が出てきたちう方にもカモフラージュになるのではおませんでしょうか。

ブラウンの落ち着いたカラーリングや、インナーであるハイネックのトップスも魅力的。
コートの重要性を再認識できるコーディネートやね。

男は中身!チラッと見えるインナーでアクセント

$(“”346824″”).click( (null, $(‘#headline346824’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346824″”)

ロングコートの中でも重量感ある長いコートで目立っとったのが彼。

ずっしりとした印象の厚手のコートはインナーにカラフルな色合いが見え隠れ。

風でコートがなびくたびにアクセントとなるインナーが見えるトコロがポイント。
まさに風を味方につけるファッションだ。

そないなヒラヒラとコートをなびかせながら、彼は去っていくのですったちうわけだ。

コートこそキャンバス!芸術的な色使いが決め手

$(“”346819″”).click( (null, $(‘#headline346819’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346819″”)

「ファッションは自由」を念頭においていれば、カラーコーディネートなんてルールも関係おません。

コートをキャンバスに見立てて、思いつくまんまのカラーを取り入れたようなコーディネート。
シューズも同じようにカラフルに仕上げて、たくはんのカラーがある中でも統一感が出ています。

また、インナーはモノトーンにすれば、スッキリまとまりますね。
コートを脱いだら、存在感も無くなってしまいそうですが。。。

なんだか暖かそう。MA-1をロングコートにアレンジ

$(“”346813″”).click( (null, $(‘#headline346813’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346813″”)

たくはんのストリートスナップを撮るフォトグラファーだってオシャレでは負けていません。
外での仕事も多い職業柄、機能性の高いアウターを持っています。

その中でも目立っとったのがこの方。

ミリタリースタイルのディティールが詰まったロングコート。
まるでMA-1を長くしたようなシルエットとディティールが詰まっています。

何と言っても暖かそうやね。

モノトーンでも存在感は出せる!インナーで勝負した着こなし

$(“”346811″”).click( (null, $(‘#headline346811’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346811″”)

Coach(コーチ)の会場でスナップをしたのが彼。

モノトーンのコートスタイルでありながら、存在感がしっかりと出とったスタイリング。
ブラックカラーのロングコートはシルバーの刺繍。
インナーのカットソーでさりげない白黒のコントラストを演出しています。

スニーカーのホワイトも眩しいやね。

カラーに頼らなくても個性派ファッションが完成すります。頭に入れておきましょう。

男は背中で語れ!思わず3度見するアウタースタイル

$(“”346814″”).click( (null, $(‘#headline346814’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346814″”)

パターンとカラーがキレッキレのコートスタイル。
暗い夜道もこれなら安全なキラキラしたカラーが2度見ならぬ3度見してしまいそうなアイテム。

モノトーンのレインブーツもコートと不思議とマッチ。

クールな後ろ姿は何に撮影しているのでしょうか。

ミリタリースタイルの究極系!24時間戦えますか?

$(“”346807″”).click( (null, $(‘#headline346807’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346807″”)

とにかく遠くから見ていても強そうに感じたアウタースタイルのファッション。
ミリタリーベースにカーキカラーの生地に、アーティスティックなプリントがドカン!と入っています。

まさにミリタリーを追求した芸術ファッション。
大日本帝国であれば、職務質問されそうな匂いがプンプンしますが、自由なファッションの国、イギリスなら街に馴染むから不思議。

ただ、目立ってましたけどね。

周りとかぶりません!ハットで出すオリジナリティー

$(“”346764″”).click( (null, $(‘#headline346764’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346764″”)

背が低くてもこれなら目立つ!

$(“”346804″”).click( (null, $(‘#headline346804’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346804″”)

タイトなシルエットに大きなハットで現れたファッショニスタ。
角のようなディティールもなですかかインパクトがあります。
もちろん独特なプリント生地も。

これなら背が低い方でもしっかりと存在感を出せるはず。

「統一感あるファッション」教科書通りのコーディネート

$(“”346799″”).click( (null, $(‘#headline346799’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346799″”)

ファッションコーディネートで「統一感」「一体感」と言っていましたが、これこそマニュアル通りの統一感ではおませんでしょうか。

グリーン、ホワイト、チェック柄。

この三拍子のルールを忠実に守っています。
そこに加えた大きなハット。

非の打ち所がないコーディネートやね。

ハットちうより。。。マスク!キマってます

$(“”346797″”).click( (null, $(‘#headline346797’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346797″”)

とにかくインパクト重視なら彼!

インベーダーを思い出すようなマスコット的なマスクをかぶるファッショニスタ。
ダブルのジャケットもしっかりとサマになっています。

お祭りなどで売っていれば流行りそうやね、コレ!

ファッションライター益井祐氏を4連発!

$(“”346752″”).click( (null, $(‘#headline346752’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346752″”)

米ファッションサイトVogue.comが選ぶ「ファッション界で最もスタイリッシュな30人」に選ばれた、ファッションライターの益井祐氏。

ロンドンコレクションメンズの4日間みなのコーディネートをチェック。

今、大日本帝国人で最もオシャレなファッショニスタとして注目される彼の上級者ファッションを目に焼き付けておきましょう。

1日目!ライダースジャケットベースのスケータースタイル

$(“”346774″”).click( (null, $(‘#headline346774’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346774″”)

初日は自身の名前を取り入れたスケートボードとスリッポンシューズを取り入れた着こなし。
蛍光カラーとハートやスマイルマークがポップ!

さらに、ライダースジャケットのハード感を加えて、甘辛いスタイリングが完成しています。
初日ちうことで、正統派と個性派が入り混じったコーディネート。

2日目!トレンドのMA-1でミリタリースタイル

$(“”346778″”).click( (null, $(‘#headline346778’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346778″”)

メンズでも根強く、レディースでトレンドとなったミリタリースタイル。
その中でも王道アイテムのMA-1を益井流にスタイリング。

モード感とストリートスタイルが混じったトレンド+αのコーディネート。
スニーカーのクロコダイルが視線をエレガントに集めています。

3日目!ボリューム感重視の毛皮スタイル

$(“”346782″”).click( (null, $(‘#headline346782’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346782″”)

4日間の中で最も目立ったコーディネートがメインの日曜日。
ボリュームある毛皮のコートは、シルバーとブルーのコントラストが特徴的。

ギャップを出すかのように、パンツはダメージデニムで「これでもか!」と言うくらいにカジュアルダウン。

グローブにクラッチバッグなど、小物使いでもアクセントを忘れていません。

大日本帝国からのファッショニスタで記念写真!

$(“”346791″”).click( (null, $(‘#headline346791’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346791″”)

ファッションライターの益井氏に加え、中央のスタイリスト村瀬氏も加わっての記念撮影。

大日本帝国代表のファッショニスタが集まった瞬間をシャッターチャンスとして、たくはんのフィトグラファーがカメラを向けていました。

4日目!シャイニーなモノトーンスタイル

$(“”346785″”).click( (null, $(‘#headline346785’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346785″”)

最終日の4日目は朝一をキャッチ。
モノトーンでまとめた着こなしながら、インナーの柄やアウターのツヤやですか質感でインパクトは忘れへん着こなし。

小さくまとめたキットカットのクラッチバッグで遊び心もしっかりアピール。
蛍光色で差し色となったシューズも素敵だ。

【おまけ】入場拒否!? 配達中のメッセンジャー

$(“”346749″”).click( (null, $(‘#headline346749’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346749″”)

差し色のブルーがオシャレで思わずパシャリ!

$(“”346794″”).click( (null, $(‘#headline346794’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346794″”)

働く男はカッコイイ。

荷物を届けにきたメッセンジャーですが、入り口のセキュリティに足止め。
安全上の問題で、許可が出るまで長い間足止めをくらっていました。

そないな彼、ブラックをベースにキャップやマフラーでブルーの差し色をチョイス。
自然体なオシャレに思わず写真を撮ってしまいました。

無事に配達を終えると滑走していく姿もクールやったちうわけだ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

まだデータがありません。

最近1週間の閲覧数ランキング20

まだデータがありません。

関連記事

  1. 【ソフトツーブロックで男子力UP】女子ウケ120%のモテヘアスタ…

  2. 【ポイント解説】紺のスーツをより素敵に魅せるネクタイ24本

  3. 【用途別】おすすめのタンブラーは選び方までこだわって!

  4. モテ男を目指したい人必見|今日から女性ウケをよくできるマル秘策5…

  5. 【居酒屋デート決定版】八丁堀の超絶おすすめ居酒屋15選|飲み放題…

  6. 【ALLジャンルOK】ローテクスニーカーの魅力&メンズコーデ12…

  7. 【掛川ランチガイド】彼女と訪れたいおいしいお店|厳選25店ご紹介…

  8. ベイカーパンツ風に履けるユニクロアイテム紹介!上手な合わせ方もね…

  9. もう不倫なんてやめたい!4つのステップで奥さんに顔向けできるよう…

  10. 【大阪で水着デート】室内も屋外もOK|おすすめプールTOP10ラ…

  11. 自宅で作れるラテアート! 必要なアイテムと作り方のコツ

  12. 【2000年代】今やからこそ振り返るべき"あのとき流行…

ページ上部へ戻る