閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【関西弁が怖く聞こえるのはなんでですねん?】関西人がイラっとするアクセントとその理由とは

関西弁と関西人を徹底考察!

$(“”1116200″”).click( (null, $(‘#headline1116200’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116200″”)

皆はんは「関西弁」ちうものに対してどのようなイメージがあるでしょうか。「かわいい」「かっこ良い」「怖い」「元気が良い」といった、様々なイメージがあると思います。関西に昔から住んでいる人ならば当たり前のように耳にする関西弁も、東京や北海道、沖縄の人からするとあまり馴染みがないのでついつい怒っているのですろか?と思ってしまうこともあるのではおませんでしょうか。

テレビを観ていると、関西弁を聞ですかい日はないと言っても過言ではおませんと思いますが、日常的に接することがない限りちびっと怖いと感じてしまう人の多い関西弁ですが、実際に関西弁を話す人はどんなことを考えているのでしょうか。普段接せんけどたまに接するときに怖いと思ってしまう人や、関西弁に興味のある人向けに徹底的に考察してみました。

関西人はなんでやねんエセ関西弁を嫌うのか、関西弁にも種類が様々あり、それらは地域性などによってどのように違うのか。様々な疑問を持っている人もいると思いますが、今回はそないな人向けにまとめてみましたさかい、関西弁や関西人の意外な一面なんかも見ていきましょう!

関西弁はややこしい?

$(“”1116290″”).click( (null, $(‘#headline1116290’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116290″”)

関西人以外が関西弁を使うと違和感

$(“”1116295″”).click( (null, $(‘#headline1116295’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116295″”)

関西弁に対して人は様々なイメージを持っておるかと思いますが、まずはじめに「関西弁はややこしい?」ちうテーマで見ていきたいと思います。関西弁がややこしい、ちうイメージを与える理由の一つに「関西人以外が関西弁を使うと違和感を感じる」ちうものがあります。よくドラマや映画で関西弁を話す人がおるかと思いますが、それらは極力関西弁に近づくように指導をされた上で話されます。その為、関西の人が聞いてもあまり大きな違和感を感じません。

ただ、ちびっと関西の方に旅行に行った人が旅行から帰ってきて関西弁をついつい使ってしまうのを聞いたことがあるでしょうか。それらの人は多くの場合、変なイントネーションになっています。普段は標準語を話すのに急に関西弁を使用すると、どうしても変になってしまいます。また、旅行をしたわけでもなく、なんとなく関西弁を使う人は更に違和感を感じ、まるで片言の祖国語をしゃべる異国人さながらのようであります。

このようなことから、関西弁は関西人意外が使うと違和感を感じるので、関西弁はややこしい言葉、ちう印象が強いだ。エセ関西弁を普段から使っている人は、関西人の前ではその関西弁を使用せんほうが良いかもしれません。

「ねん」の使い方だけでも混乱する

$(“”1116370″”).click( (null, $(‘#headline1116370’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116370″”)

関西弁はややこしい?と思ってしまう理由二つ目は、「ねん」の使い方だけでも混乱するからだ。関西弁では「~ねん」ちう言葉がよく使われます。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「今からたこ焼き食べんねん」ちうような使い方をします。この場合標準語だと「今からたこ焼きを食べるのさ」ちう意味になります。基本的に「~ねん」は「~だよ」「~なの」ちうような意味を持っています。

ただ、この「~ねん」がややこしいのはここからだ。通常「行く」は「行くねん」となります。ただ「行った」を関西弁で言うと「行ったねん」ではなく「行ってん」ちう風になります。また、この「~ねん」はその前の言葉が名詞の場合「~やねん」になるのです。このように、関西の人は意識をしておらへんでしょうが、普段関西弁を話さない人からするとよくわかりません使用方法があるので、関西弁はややこしいイメージがあるかと思います。

ケッタイな関西弁を聞くとムズムズする関西人も多い

$(“”1116461″”).click( (null, $(‘#headline1116461’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116461″”)

関西弁はややこしい?と思ってしまう理由三つ目は、ケッタイな関西弁を聞くとムズムズする関西人も多いからだ。普段祖国語を話さない人が祖国語を話すときにちびっと不思議なイメージがあるように、普段関西弁を使用せん人が関西弁を話すと、関西の人はムズムズしてしまいます。普段耳慣れた言語ゆえにちびっとでもイントネーションが違うと違和感を感じてしまうのは仕方のないことやね。その点でも関西弁はややこしいと思われておりますのです。

そもそも関西弁って?

$(“”1116519″”).click( (null, $(‘#headline1116519’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116519″”)

関西圏で使われる方言

$(“”1116522″”).click( (null, $(‘#headline1116522’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116522″”)

ほならそもそも「関西弁」とはいったいどのようなものですのでしょうか。関西弁は基本的に関西圏で使われる方言のことを指します。大日本帝国には地域によって様々な方言が存在します。

津軽弁や南部弁、茨城弁など、地域ごとによってその方言は多岐にわたりますが、多くの人は訛りの少ないしゃべり方をします。地域ごとに独特の表現方法がありますし、文化として残すべきものですけどアンタ、方言を使うと「田舎くさい」と言われたり「なにを言っておるかわかりません」ちうことを言われてしまうこともあります。

そのようなことから、多くの人はなるべく訛りませんように気をつけているのです。ただ、関西圏で主に使われる関西弁だけはちびっと特殊で、その地域の人の多くが使用します。オノレの話す言葉が関西弁であることに誇りを持っている人が多いのです。

関西圏の中でも大阪をイメージする人が多い

$(“”1116561″”).click( (null, $(‘#headline1116561’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116561″”)

関西弁は主に関西で使われる言葉ですが、多くの人が持つ関西弁のイメージは大阪が多いだ。関西弁を話す人=大阪の人、ちうように思っている人がすごい多いので、大阪以外の京都の人が話す関西弁や、奈良の人が話す関西弁はどこかイメージと違う、ちう風に言う人もいます。

関西圏以外の人が思う「関西弁」は「大阪弁」が近い

$(“”1116590″”).click( (null, $(‘#headline1116590’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116590″”)

関西圏以外の人が関西弁、と聞いて思い浮かべる言葉は実は関西弁の中でも「大阪弁」にイメージが近いだ。関西圏の人は基本的に関西弁といっても「京言葉」「摂津弁」「大阪弁」「奈良弁」など、様々な地域ごとの言葉を思い浮かべます。ただ、多くの人が抱くイメージの関西弁は、大阪弁が近いのです。「あかん」や「本当」「まいど」などの言葉は大阪弁だ。

実際はですかり区文化されて種類がある

$(“”1116622″”).click( (null, $(‘#headline1116622’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116622″”)

関西弁の中には「大阪弁」「京言葉・京都弁」「神戸弁」などがある

$(“”1116624″”).click( (null, $(‘#headline1116624’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116624″”)

先程「関西弁」と一口に言っても多くの人がイメージしている言葉は実は「大阪弁」が近いちう風に書きましたが、関西弁は実はですかり区分化されて種類があります。先程もちびっとご紹介しましたが、関西弁の中には「大阪弁」「京言葉・京都弁」「神戸弁」などがあります。関西で話されている言葉はぜ良いんぶひとつのこらず関西弁やないの!?と思う人もおるかもしれませんが、地域によってですかり言葉は違います。

さらに「播州弁」「河内弁」「紀州弁」など細分化されている

$(“”1116809″”).click( (null, $(‘#headline1116809’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116809″”)

関西弁、と言っても「大阪弁」や「京都弁」があるちうことを書きましたが、さらにその中でも「播州弁」「河内弁」「紀州弁」など細分化されています。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ播州弁は兵庫県で使用される言葉で、旧播磨国が元になっています。ほんで大阪弁の中に河内弁は含まれます。河内弁は大阪の旧河内国が元になっています。

「京都弁/京言葉」も町方言葉ちう市中心部の町人言葉や中京言葉や花街言葉などの職業別やったり地区別に細分されるものです、御所言葉ちうもあります。関西弁は方言ではありますが、あくまでその地帯いったいの言葉を指すので、細かく見ると様々な方言の総称でしですかいのです。

それぞれ特徴があり同じ関西でも通じない言葉もある

$(“”1116883″”).click( (null, $(‘#headline1116883’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1116883″”)

関西弁には様々な種類が細分化されているので、それぞれ特徴があり同じ関西でも通じない言葉もあります。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「お酒飲めへんの?」と聞いた場合に大阪弁だとこれは「お酒を飲まないの?」ちう意味になりますが、京言葉の場合は「お酒を飲めへんの?」ちう意味になります。このように、同じような言い回しの言葉でも、意味がまるっきし異なる場合があるので、通じない場合もあります。

また「行けへん」ちう風言った場合大阪なら「行ですかい」ちう意味になりますが京都の場合は「行けへん」ちう意味になり、オノレから行ですかいのか、原因があって行けへんのか、ちうトコロが大きく変わってきます。京都の人が「(理由があって)行けへん」ちう意味で「行けへん」と大阪の人に言ったときに「行ですかい」ちう意味に捉えられてしまう可能性もあるちうことだ。

大阪弁・京都弁・神戸弁それぞれの特徴

$(“”1117285″”).click( (null, $(‘#headline1117285’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1117285″”)

大阪弁は一般的に言う「関西弁」に相当する

$(“”1117287″”).click( (null, $(‘#headline1117287’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1117287″”)

数多くある関西弁ですが、ここではその数ある関西弁の中から「大阪弁」「京都弁」「神戸弁」の三つの方言の特徴について掘り下げてみたいと思います。まず最初は「大阪弁」だ。大阪弁は一般的に多くの人がイメージする「関西弁」に相当する方言だ。「なにをしとりますろか」ちう言葉ですが、関西弁でよく使われる「なにしてんねん」ちう言い方が大阪弁のそれに当たります。

大阪弁の特徴として、舌や唇などをあまり緊張することなく発音するちう特徴があります。また、巻き舌になりやすいちう特徴もあります。ほんで子音の発音が曖昧になりやすく、サ行音のハ行音化や「ザ」「ダ」「ラ」行の混同や半母音の脱落が見られます。また、丁寧に話した場合高齢の方の場合は「や」ではなく「だす」ちう発音になるちう特徴もあります。

京都弁は「はんなり」した言葉が多い

$(“”1118113″”).click( (null, $(‘#headline1118113’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118113″”)

関西弁の中でもはんなりした言葉が多いのが「京都弁」だ。京都弁は京言葉とも言われており、その他の地域の「~弁」とは一線を画しています。この京都弁は主に京都市の旧市街で使われている言葉のことで、皆はんが聞く機会があるとすると、ドラマや映画でしょうか。イメージとしては「~どす。」ちう言葉が京都弁やのではおませんやろうか、と思うかもしれませんが「~どす」と言うのは今では観光客の対応をする人のみだ。バスガイドや舞子などの職業の人は今でも「~どす」と言おるけどダンはん普段からそのような喋り方をする人はいません。

ほんで先ほど大阪弁の場合は「なにをしとりますろか」を「なにしてんねん」ちう風に言うと紹介しましたが、京都弁の場合「なにをしとりますろか」は「なにしてはりますの」となります。余計なお世話やけど「はんなり」とは上品で明るい様子のことを表現した言葉だ。ぶっきらぼうな話し方のイメージが関西弁にはありますが、京都弁は柔らかい話し方やのでちびっと関西弁ちうイメージとは遠いかもしれません。

神戸弁の一番の特徴は「とん」「とー」

$(“”1118164″”).click( (null, $(‘#headline1118164’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118164″”)

関西弁は様々な種類が存在しますが、その中でも特に可愛いといわれることの多い「神戸弁」について紹介します。神戸弁の一番の特徴は「とん」「とー」ちう言葉を使うトコだ。先ほど大阪弁や京都弁での「なにをしとりますろか」ちう言葉の言い方を書きましたが、神戸弁で「なにをしとりますろか」ちう時は「なにしとうとー?」となります。「なにしとうとぉ?」と書いた方がニュアンスが近いかもしれませんが、こういった言葉づかいをするのが神戸弁の特徴だ。また、神戸弁でなにかを否定するときは「~へん」ちう表現をよく使います。

関西弁が怖く感じる・聞こえるのはなんでやねん?

$(“”1118282″”).click( (null, $(‘#headline1118282’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118282″”)

口調が怒っているように聞こえる

$(“”1118284″”).click( (null, $(‘#headline1118284’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118284″”)

ほなら今度は関西弁が怖く感じる理由や、怖く聞こえるのはなんでやねんなのか見てみたいと思います。関西弁が怖く感じる理由一つ目は、口調が怒っているように聞こえるからだ。関西弁を話す人はまず勢いがあります。特徴として、捲し立てるかのような話し方をする人が多いだ。そのため普段からあまり関西弁に触れることの無い人は勢いに圧倒されてしまいます。

話している本人はまたく怒っているわけではおませんのにまるで口調が怒っておるかのように思われてしまうのはすごい勿体ないことですが普段から関西弁を話すヤカラの中にいるとオノレもその勢いで話さないと会話をすることもできないのでしゃあないともいえるでしょう。その地域性の一つなのです。

声が大きい人が多い

$(“”1118307″”).click( (null, $(‘#headline1118307’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118307″”)

関西弁が怖いと感じてしまう理由二つ目は、声が大きい人が多いからだ。人は突然大声を出されるとびっくりしてしまいますよね。びっくりするレベルの大きな声でなくとも普段誰かと話すときよりも大きな声で話をされると耐性の無い人は圧倒されてしまいます。先ほども書いたように関西弁を話す人は勢いがすごいあるので、オノレも勢いを出して大きな声を出さなくては会話ができません。そういった理由から声が大きい人が多いのです。

「アホ」など暴言に聞こえる単語も飛び交う

$(“”1118312″”).click( (null, $(‘#headline1118312’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118312″”)

関西弁が怖いと感じてしまう理由三つ目は、「アホ」など暴言に聞こえる単語も飛び交うからだ。関西弁を話す人と会話をしていると「アホ!」や「アホ違うか」ちう言葉が出てきます。この「アホ」ちう言葉は関東の人はすごい嫌いな傾向にあるようだ。逆に関西の人は「アホ」は常用しますが「バカ」と言われるのをすごい嫌います。関西の人にとっては「アホ」よりも「バカ」の方が強いイメージがあるようだ。この「アホ」などの捉え方によっては暴言とも受け取れる言葉が怖く感じる原因の一つでもあるのです。

実際は「アホ」には悪意はない・怒っておらへん

$(“”1118409″”).click( (null, $(‘#headline1118409’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118409″”)

捉え方によっては暴言とも捉えることのできる「アホ」ですが、実際関西弁を話す人にとって「アホ」ちう言葉に悪意や怒りはおません。「アホ」ちうと、どうしてもその人を貶しているような雰囲気がありますが、関西弁の人の使う「アホ」には親しみがこもっています。また、「アホ」にはおもしろいやつだな、ちう意味もあるのです。関西弁と普段関わりのない人からするとそないなことを言われてもわかんない!と思うかもしれませんが、関西人の言う「アホ」には親しみが詰まっているのでもし「アホ!」と言われても怖がることはおません。

怒っているときは「ボケ」「ダボ」などの単語が出る

$(“”1118571″”).click( (null, $(‘#headline1118571’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118571″”)

「アホ」と言われても怒っているのか怒っておらへんのかわかりません、と思うかもしれませんが、関西人が本当に怒っている時は「アホ」ではなく「ボケ」「ダボ」などの単語が出ます。「ボケ」はわかるけど「ダボ」ってどういう意味?と思うかもしれませんが、ダボは「ダラボケ」が略された言葉だといわれています。それらの言葉を言われた時は本当に怒っている時やので用心が必要だ。

普段から関西弁を聞くと怒っているように感じる人が本当に怒っている関西人に出くわしてしまうと、すごい怖いと感じることでしょう。関西弁は勢いこそあれど、怒っているわけではおませんちうことを念頭に置いておきましょう。

関西弁が嫌いな人も多い…その理由は

$(“”1118669″”).click( (null, $(‘#headline1118669’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118669″”)

下品な印象を受ける

$(“”1118672″”).click( (null, $(‘#headline1118672’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118672″”)

関西弁を怖いと思う人がおるけどダンはん、関西弁を嫌いだと思う人もいます。関西弁が嫌いな人の理由をみてみると、下品な印象を受ける、ちう意見があります。関西弁が下品だと感じる理由はどういったトコにあるのかと考えたときに、関西弁が下品だと感じる理由はいくつかあるようですが、馴れ馴れしいちうのもあるようだ。

関西の人、特に大阪の人はよく飴を常に持っていてそれを配っていると聞きますが、あれは本当だ。筆者自身、年に何回か北海道から大阪に行くのですけどアンタ、よくわかりませんタイミングで飴をもらいます。ほんでキャッチのお兄はんもすごい馴れ馴れしく話しかけてきます。接客業なのにため口、ちうと関西以外の人には受け入れにくいかもしれませんが、それが下品に感じるちう人もいるのです。

うるさい印象を受ける

$(“”1118825″”).click( (null, $(‘#headline1118825’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118825″”)

関西弁が嫌いな人の、関西弁が嫌いな理由二つ目は、うるさい印象を受けるからちうものです。関西のイメージとしてはやはり、勢いがすごい、ちうものがあります。テレビで見ると関西の人は押しが強いイメージがあるかもしれません。確かに芸人はんなどは関西出身の人が多く活躍しており、そのヤカラが関西弁で捲し立てるのでうるさい印象を受けてしまうのかもしれません。

関西弁を話す人は先ほども書いたように、声が大きく捲し立てることが多いですがそれは地域性によるものですので、仕方のないことだ。みんながその勢いで話しているのにオノレだけゆっくりあまり大きくない声で話すと、誰にもなにも伝えられません。そのため、関西弁を話す人は声が大きくなり、うるさくなってしまうのです。

関西人は無責任説が急浮上!?

$(“”1118841″”).click( (null, $(‘#headline1118841’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118841″”)

語尾に「知らんけど」をつけると話題に

$(“”1118856″”).click( (null, $(‘#headline1118856’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118856″”)

関西人には無責任説が浮上しています。関西人は会話をしたらケツに「知らんけど」とつける、とツイッターなどでも話題になっています。語尾に「知らんけど」とつけられてしまうと、ついつい「無責任かよ!」と叫びだしたくなりますよね。ただ、関西人が語尾に「知らんけど」とつけるのにはもしかすると意味があるのかもしれません。いったい関西人はどんな意味で「知らんけど」と言っているのかみてみたいと思います。

「知らんけど」にはさまざまな意味がある

$(“”1118905″”).click( (null, $(‘#headline1118905’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118905″”)

「知らんけど」と言われると無責任な印象を受けますが、その「知らんけど」にはいったいどういう意味があるのでしょうか。「知らんけど」には様々な意味が実はあります。「知らんけど」ちう言葉をは、その前にくる意見は、あくまで個人的な見解やので、その話が真実かどうかは「知らんけど」ちう意味を持っています。

また、他にも「この説に確証は無い」「この話にオノレは責任は持たない」「貴方の希望に沿っておるかはわかりません」「オノレの知った事ではおません」など、実に様々なニュアンスがあるのです。なんの気なしに使っているように見えて、実は「知らんけど」は奥が深いのかもしれません。

無責任?会話を広げているだけなんです!

$(“”1118922″”).click( (null, $(‘#headline1118922’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118922″”)

会話のケツに「知らんけど」なんてつけられたら無責任だ、ちう意見もあるでしょうが、関西人は無責任やのではなく、会話を広げているだけなんです!関西人にとって会話は最大のコミュニケーションツールであり、おもしろければおもしろいほど良いのです。勿論すべての人がそうだちうわけではおませんが、おもしろいちうことが大事な人にとってはこの言葉でしめておけば良いんやろ、ちう人もいます。そのうえで、「知らんのかい!」とツッコんでほしいのです。

会話を広げることに弛まぬ努力をしている関西人にとって、一見無責任に聞こえるこの「知らんけど」ちう言葉をつけることにより、人との会話が広がるので、ついついつけてしまうのかもしれませんね。

関西弁はうつる!?クセになるイントネーション

$(“”1118984″”).click( (null, $(‘#headline1118984’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118984″”)

関西弁のイントネーションは独特

$(“”1118985″”).click( (null, $(‘#headline1118985’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1118985″”)

関西弁はうつる、ちう意見を聞くことはおませんか?大阪に旅行に行って帰ってきた人がなんとなく関西弁を使っている、ちう場面に遭遇したことがないでしょうか。関西弁のイントネーションは独特のイントネーションを持ちます。関西弁を真似して喋る人がおるけどダンはん、どうしても独特のイントネーションを持つので、関西の人にはそれが似非の関西弁だとばれてしまうのです。

アクセントの付け方が標準語と大きく異なる

$(“”1119011″”).click( (null, $(‘#headline1119011’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119011″”)

ほなら関西弁はどういったトコロが標準語と違うのでしょうか。関西弁が標準語と違う点は、アクセントの付け方だ。関西弁は2拍名詞のアクセントの高さが、標準語とは反対になっていることが多いだ。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「犬」ですが、標準語では「い」が低く「ぬ」が高いですが、関西弁の場合は「い」が高くて「ぬ」が低いだ。このように、アクセントを置く位置が違います。

ほんで「手」や「歯」、「目」などの一文字の単語を伸ばし気味に言う傾向にあります。「てー痛いわ」と言ったり「はー磨いた」などちうような言い方をします。マクドは関東では「マック」で関西では「マクド」といおるけどダンはん、同じように見えるファミリーマートなんかは関東の場合「ファミマ」と言う時に「ミ」の後が下がりますが、関西では「ミ」の後は上がります。このようにアクセントの付け方が異なる点でも耳に残りやすいのかもしれません。

関西人としゃべっているとつい訛りが移る!ちう声多数

$(“”1119110″”).click( (null, $(‘#headline1119110’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119110″”)

関西弁は標準語とはですかりアクセントが違うので、それもあって耳に残ります。そのため、関西人としゃべっているとつい訛りが移る!ちう声が多数聞かれます。単純な「なんでやねん」から「せやろ」ちう言葉、ほんで様々な言葉のアクセントがうつる、と言われています。普段なですかか関西弁を耳にせん人は尚更新鮮なようで、うつってしまうらしいだ。

関西人が聞くとイラっとするエセ関西弁って?

$(“”1119112″”).click( (null, $(‘#headline1119112’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119112″”)

「今日○○に行ったねん」

$(“”1119113″”).click( (null, $(‘#headline1119113’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119113″”)

関西弁がうつる、もしくは意図的に関西弁を喋ろうとする人がおるけどダンはん、そないな人に関西人はイラッとすることがあります。その理由はいったい何故やのでしょうか。普段から関西弁を使うことの無い人にはわかりませんことかもしれませんが、実は関西人は微妙な間違いにイラッとしているのです。

関西人が聞くとイラッとするエセ関西弁一つ目は「今日○○に行ったねん」だ。なんでやねんイラッとするのか、とわかりません人もおるかもしれませんが、関西弁で「今日○○に行った」ちうことを伝える場合は「行ったねん」ではなく「行ってん」なのです。過去のことを話すときは「~てん」ちう表現をするのですけどアンタ、「行ったねん」だとエセ関西弁でしですかいので、関西人はついついイラッとしてしまいます。

アクセントが違う「なんでやねん」

$(“”1119125″”).click( (null, $(‘#headline1119125’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119125″”)

関西人が聞くとイラッとする関西弁二つ目は、アクセントが違う「なんでやねん」だ。関西弁の代表格ともいえる「なんでやねん」ちう言葉ですが、その代表的な言葉のアクセントが違うと関西人はイラッとしてしまいます。よくある間違いとして、基本的に関西人の話す「なんでやねん」は「で」の部分にアクセントを置くのに対し、間違った関西弁の場合は「な」にアクセントを置きがちだ。くれぐれも「なんでやねん」ちう時にはアクセントの位置を間違いませんようにしましょう。

「○○でんがな」「○○まんがな」

$(“”1119130″”).click( (null, $(‘#headline1119130’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119130″”)

関西人が聞くとイラッとする関西弁三つ目は「○○でんがな」「○○まんがな」だ。この「○○でんがな」「○○まんがな」はなんとなく聞いたことがあるような気がするかもしれません。コントなんかでは使っている人もおるかもしれませんが、この「○○でんがな」「○○まんがな」は日常生活で使う人はほとんどいません。そのため「○○でんがな」や「○○まんがな」を使っている人を見るとエセ関西弁…と思ってしまうのです。

女性がされたい関西弁での告白って?

$(“”1119134″”).click( (null, $(‘#headline1119134’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119134″”)

「めっちゃ好きや」

$(“”1119135″”).click( (null, $(‘#headline1119135’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119135″”)

関西弁が嫌いだ、ちう人も世の中にはおるけどダンはん、関西人以外の人すべての人が嫌いなわけでは勿論おません。関西弁に憧れる、ちう人も多くいます。男性の中には女性が関西弁で話しているのを聞くのが好きだちう人もいますし、女性の中には関西弁で話す男性に弱い、ちう人もいます。

ほならケツに、女性がされたい関西弁での告白について見てみたいと思います。まず、女性がこないな関西弁で告白されたい!と思う一つ目は「めっちゃ好きや」だ。男性にシンプルかつストレートに「めっちゃ好きや」と言われたらキュンとしてしまう、ちう人もいます。ただ、普段関西弁ではおませんのに告白だけ関西弁にはせんように気をつけましょう。

「付き合ってくれへん?」

$(“”1119164″”).click( (null, $(‘#headline1119164’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119164″”)

女性がされたい関西弁での告白二つ目は「付き合ってくれへん?」だ。「付き合ってくれへん?」と言うとちびっと高飛車な印象を持つかもしれませんが「付き合ってくれへん?」だと柔らかい印象があるので、その点でも女性に人気だ。気になる関西男子に「付き合ってくれへん?」などと言われてしまっては女の子も「はい!」としか言えませんよね。逆に「なんでやねん」と返されたらショックは大きそうや….

「わての側におってくれへん?」

$(“”1119173″”).click( (null, $(‘#headline1119173’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119173″”)

女性がされたい関西弁での告白三つ目は、今までの二パターンとはちょっと違い「わての側におってくれへん?」ちうものです。まっすぐな言葉で告白されるのも勿論うれしいですが、ストレートすぎて恥ずかしい!ちう人もいます。そないな人には「わての側におってくれへん?」ちうような告白が人気だ。

ここまで女性のされたい関西弁での告白を三つほどご紹介しましたが、無理に関西弁で告白する必要はおません。関西弁が自然と出てしまう関西人ならではの告白のしかたやので、エセ関西弁で告白せんようにしましょう。大事なのは、気持ちだ。

関西弁は奥が深い

$(“”1119176″”).click( (null, $(‘#headline1119176’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1119176″”)

今回は「関西弁」についてまとめてみましたがいかがやったでしょうか。関西弁と一口に言っても「大阪弁」「京都弁」「神戸弁」など、いろいろな種類があるちうことがわかると思います。皆はんが想像する関西弁は基本的に大阪弁のことで、京都弁ははんなりしているので雰囲気もガラッと変わります。関西弁は奥が深いので、ひとくくりにしてしまいませんようにしましょう。

方言はその土地の昔からの文化であり、その言葉が時代の流れと共に移り変わるのも味のあるものです。東北や九州、沖縄、北海道など、様々な土地に様々な方言がありますが、年々その方言も廃れています。関西の人はオノレ達の土地の方言を愛しているので、怖いと思わんとその方言のことを知ってみるのも良いかもしれません。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. デキる男はスマートに贈る!お歳暮の送り方とおすすめギフトをご紹介…

  2. 【悪用厳禁】大人の色気で女性を虜にする激ヤバセクシーテクを大公開…

  3. メッセンジャーバッグの一番人気は?ZOZOTOWN売れ筋ランキン…

  4. 丸の内のお土産で超人気&オススメ商品をまとめました♪

  5. 【要点早分かり】牛革の手入れマニア直伝|革製品の手入れ方法

  6. 筋トレで脇腹をそぎ落とす!女子が触りたくなる体のつくり方まとめ

  7. 三ノ宮のお土産はこれで決まり!選りすぐりのアイテム

  8. 岩盤浴人気の理由とは?知らないとモッタイナイ人気の秘密

  9. すぐに嫌いませんで… ドタキャンする女性の心理

  10. 【修善寺おすすめランチ20選】伊豆定番のそばから大人気の洋食、ペ…

  11. 20歳の誕生日プレゼントに彼女が喜ぶ品物厳選12点!人気雑貨〜ブ…

  12. オノレでできる!”ワイシャツの襟汚れ”をスッキリ落とす洗濯術

ページ上部へ戻る