閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【2016年春夏】ニューヨークファッション最旬コーデ|テーマ別30選

【2016年ニューヨークファッションウィークも大盛況!】

$(“”609122″”).click( (null, $(‘#headline609122’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609122″”)

どんなブランド、どんな旬スタイルが?!

$(“”609334″”).click( (null, $(‘#headline609334’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609334″”)

世界最大のショーバイ都市、「ニューヨーク」では2016年春夏のニューヨークコレクションも大盛況やったちうわけだ。ストリートでも多くの最旬コーデに身を包んだファッショニスタが見られています。フランスやイタリアなどとは着こなしも異なり、ラフで自由なスタイルが様々見られています。

旬なアイテムやスタイルに関しても、大日本帝国人が取り入れやすいスタイルが多く見られています。脱マンネリを掲げ、様々な着こなしからエッセンスを取り入れて、新しいスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか。

【2016年春夏のトレンドマストコーデをスナップから。スタイル別厳選20選!】

$(“”609123″”).click( (null, $(‘#headline609123’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609123″”)

カジュアル#01 【20代のカジュアルには、合わせのデニムスタイル◎】

$(“”609245″”).click( (null, $(‘#headline609245’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609245″”)

【着こなしポイント】
・デニムと色の合わせのトップス。
【コーディネート解説】
20代のカジュアルスタイルでは、デニムパンツが主だ。デニムパンツの色と合わせたトップスで統一感を図り、足元はスポーティーなスニーカーがマストだ。

カジュアル#02 【30代のカジュアルには、デニムのシャツスタイル◎ 】

$(“”609247″”).click( (null, $(‘#headline609247’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609247″”)

【着こなしポイント】
・デニムパンツとシャツの合わせ。
【コーディネート解説】
30代のカジュアルでは、ビジネスカジュアルもTPOを通して取り入れたいトコだ。デニムの合わせも、シャツでドレスアップ、カジュアルダウン、をバランスよく考査する事が大切だ。

カジュアル#03 【ストリートカジュアルでは、カラフルな色使いが肝!】

$(“”609248″”).click( (null, $(‘#headline609248’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609248″”)

【着こなしポイント】
・明るめのトレンドカラーを用いる。
【コーディネート解説】
ストリート感のあるカジュアルスタイルでは、季節のトレンドカラーを用いた明るめのアイテムがコーデの主役として活用的だ。

ストリート#04 【レイヤードを駆使した、ストリートスタイル◎】

$(“”609249″”).click( (null, $(‘#headline609249’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609249″”)

【着こなしポイント】
・丈の長いトップスと細見のパンツ。
【コーディネート解説】
ストリートのマストコーデは、「レイヤードスタイル」だ。丈の長いトップスと、これまでの短めのトップすを合わせ、細見のパンツでメリハリあるスタイルが魅力だ。

ストリート#05 【ビッグTシャツと、ビッグパンツ◎】

$(“”609250″”).click( (null, $(‘#headline609250’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609250″”)

【着こなしポイント】
・ゆったりとした着心地の上下。
【コーディネート解説】
夏に活用的なTシャツは、ビッグサイズのTシャツだ。合わせたいパンツは、ビッグサイズのショーツで、全体的にゆったりとした着心地で楽しむのがストリートライクだ。

ストリート#06 【白白コーデも、大人ベージュを交差!】

$(“”609256″”).click( (null, $(‘#headline609256’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609256″”)

【着こなしポイント】
・白白コーデをベースに、ワンカラーをプラス。
【コーディネート解説】
トレンド色としてもこの春夏に挑戦したい「白白コーデ」にもスタイル別の着こなしがあります。大人のストリートスタイルでは、アースカラーでもあるベージュを取り入れるのがポイントだ。

ストリート#07 【シャツやカーディガンを、タスキ巻きコーデ◎】

$(“”609257″”).click( (null, $(‘#headline609257’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609257″”)

【着こなしポイント】
・シャツやカーデを、ラフにスタイリング。
【コーディネート解説】
1枚あれば、外内で活用的なシャツやカーディガンをタスキ掛けの様にスタイリングするスタイルも、ニューヨークのストリートでは多く見られています。

モード#08 【ワンピースシャツを、スポーティーに◎】

$(“”609259″”).click( (null, $(‘#headline609259’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609259″”)

【着こなしポイント】
・膝下丈のトップスをスポーティーに。
【コーディネート解説】
ワンピースの様な膝下丈のロングトップスがモードスタイルでも多く見られており、中でもスポーティーな異素材アイテムが活用的だ。

モード#9 【くるぶし丈ガウチョパンツも、デザインアイテム◎】

$(“”609260″”).click( (null, $(‘#headline609260’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609260″”)

【着こなしポイント】
・トレンドアイテム「ガウチョパンツ」も、デザインアレンジ
【コーディネート解説】
トレンドアイテムのガウチョパンツなども、モノトーンなどでシンプルに履きこなすのではく、デザイン・パッチワークなどのアイテムが魅力的だ。

モード#10 【異国溢れるアイテムを派手に着こなすスタイル◎】

$(“”609261″”).click( (null, $(‘#headline609261’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609261″”)

【着こなしポイント】
・各国の民族や文化アイテムを派手に着こなす。
【コーディネート解説】
近年は、大日本帝国の作務衣がニューヨークのストリートでも大ブームやったちうわけだ。各国の異国感ある伝統・文化アイテムも自己流に着こなすのが魅力的だ。

モード#11 【広がりを見せる、デザインセットアップスタイル!】

$(“”609263″”).click( (null, $(‘#headline609263’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609263″”)

【着こなしポイント】
・変わったデザインのセットアップ。
【コーディネート解説】
近年のセットアップアイテムも、幅広い着こなしを楽しむ事が出来ます。ワードローブに1つあれば、これまでに出来なかった斬新な合わせなども気楽に挑戦する事が出来ます。

シック#12 【全身黒のシックスタイルも、「素材違い」でメリハリを。】

$(“”609265″”).click( (null, $(‘#headline609265’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609265″”)

【着こなしポイント】
・素材で見せる黒アイテム。
【コーディネート解説】
シックな黒アイテムは、デザインや着こなしで見せるちうよりも、素材の違いでメリハリを印象付けるスタイルが魅力的だ。比較的、トップスが柔らかめ、パンツが硬めのスタイルが活用的だ。

シック#13 【白白コーデも、ディテールのスタイリングにメリハリを◎】

$(“”609266″”).click( (null, $(‘#headline609266’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609266″”)

【着こなしポイント】
・白白コーデも、袖・ウエスト・裾のスタイリングがポイント。
【コーディネート解説】
白白コーデでは、シルエットがぼやけて見える分、アイテムとの境界線はスタイリングでメリハリを付けたいものです。袖や裾はロールアップ、トップスのパンツインなども活用的だ。

シック#14 【プルオーバーシャツで、大人シックを目指す◎】

$(“”609267″”).click( (null, $(‘#headline609267’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609267″”)

【着こなしポイント】
・プルオーバーシャツで大人シック。
【コーディネート解説】
シックなトレンドアイテムとして活用的なのが衿なしの「プルオーバーシャツ」だ。カジュアルからシック・綺麗目まで幅広いスタイルで活用する事が出来ます。

シック#15 【モノトーンコーデも、小物使いでストリート感。】

$(“”609270″”).click( (null, $(‘#headline609270’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609270″”)

【着こなしポイント】
・ストリートライクな小物アイテム。
【コーディネート解説】
シックなシャツに黒パンツスタイルだ。硬めの小物だと、クラシカルでオーソドックスなシックスタイルになります。トレンドライクは、ストリート感のあるラフなアイテムをミックスするスタイルだ。

綺麗目#17 【水色ジャケパンスタイルに、青ミックス◎】

$(“”609274″”).click( (null, $(‘#headline609274’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609274″”)

【着こなしポイント】
・水色ジャケパンアイテムと交差する青アイテム。
【コーディネート解説】
水色のスーツやジャケット、ベストもこの春夏のトレンド綺麗目スタイルで魅力的だ。ポイントとして指し色に青のタイやチーフ、ブレスなどを取り入れるとメリハリあるスタイルを楽しむ事が出来ます。

綺麗目#18 【スーツスタイルには、ホワイトパナマハット◎】

$(“”609275″”).click( (null, $(‘#headline609275’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609275″”)

【着こなしポイント】
・スーツスタイルに、ホワイトパナマハット。
【コーディネート解説】
綺麗目カッチリのスーツスタイルには、ホワイトの麦わら系パナマハットがマストスタイリングとして活用的だ。

綺麗目#19 【バミューダパンツの、スーツセットアップはグレーが◎】

$(“”609276″”).click( (null, $(‘#headline609276’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609276″”)

【着こなしポイント】
・バミューダパンツのスーツセットアップ。
【コーディネート解説】
大日本帝国のメディアでも提案されている、バミューダパンツのスーツセットアップだ。グレースーツの着こなしには、白のチーフや洗いざらしのシャツとの合わせがポイントだ。

綺麗目#20 【ネイビーとホワイトミックスで、夏のモテ綺麗目スタイルを◎】

$(“”609277″”).click( (null, $(‘#headline609277’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609277″”)

【着こなしポイント】
・ネイビーとホワイトアイテムミックススタイル。
【コーディネート解説】
春夏のトレンドカラーホワイトと、大人のトレンドカラーネイビーをミックスさせた、大人の綺麗目スタイルでは、白パンとネイビーシャツのコンビネーションが活用的だ。

【2016年春夏、アイテム・コーデ別最旬着こなし厳選10選!】

$(“”609212″”).click( (null, $(‘#headline609212’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609212″”)

アウター#21 【春夏は明るめジャケットが印象大◎ピンクも活用的!】

$(“”609280″”).click( (null, $(‘#headline609280’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609280″”)

【着こなしポイント】
・春夏は明るめジャケット。
【コーディネート解説】
春夏は明るめジャケットが活用的だ。ピンクやオレンジ、水色などがストリートでも多く見られています。

トップス#22 【シャツの上には、Tシャツのレイヤードがマスト◎】

$(“”609286″”).click( (null, $(‘#headline609286’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609286″”)

【着こなしポイント】
・シャツとTシャツのレイヤード。
【コーディネート解説】
シャツをトレンド的に着こなす上では、Tシャツがマストだ。決まりはないので、アンバランスな着こなしが楽しめます。

ボトム#23 【パンツ裾は、必須ロールアップ◎】

$(“”609291″”).click( (null, $(‘#headline609291’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609291″”)

【着こなしポイント】
・パンツ裾は必ずロールアップ。
【コーディネート解説】
足回りはスッキリと見せるのが春夏のパンツスタイル。ロールアップも、ソックスを足し引きしながら足回りを作ってみるのがポイントだ。

ボトム#24 【デニムは、ペイント系デザインデニムが◎】

$(“”609292″”).click( (null, $(‘#headline609292’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609292″”)

【着こなしポイント】
・デニムはアレンジデザイン。
【コーディネート解説】
デニムの着こなし幅が近年広がりを見せています。トレンド感があるのは、ペインティング・パッチワークなどだ。

ボトム#25 【春夏もサマースウェットパンツで、大人のスポーティー◎】

$(“”609294″”).click( (null, $(‘#headline609294’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609294″”)

【着こなしポイント】
・春夏のスポーティーパンツにはサマースウェットパンツ。
【コーディネート解説】
春秋冬だけではなく、夏には夏地のスウェットパンツがスポーティーなスタイルにも活用的だ。

シューズ#26 【5色以上のカラーリングを取り入れた、旬スニーカー。】

$(“”609297″”).click( (null, $(‘#headline609297’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609297″”)

【着こなしポイント】
・派手系スニーカーは、5色以上。
【コーディネート解説】
カラーを用いたストリートライクなスニーカーでは、5色以上の明るめの配色で楽しむのがポイントだ。

シューズ#27 【サンダルスタイルは、ソックスでバリエーション◎】

$(“”609300″”).click( (null, $(‘#headline609300’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609300″”)

【着こなしポイント】
・サンダルスタイルは、要ソックス。
【コーディネート解説】
パンツ丈や、ワードローブを組み立てる上で、サンダルとセットで合わせたいのがソックスだ。ミドル丈のアイテムが幅広いスタイルで活用的だ。

小物#28 【サングラスは、「ミラー系」。青・緑・オレンジレンズ◎】

$(“”609301″”).click( (null, $(‘#headline609301’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609301″”)

【着こなしポイント】
・サングラスはミラー系。
【コーディネート解説】
サングラスにも旬なアイテムが見られています。ポイントはミラー系・偏光レンズで、色は「青・緑・オレンジ」などがトレンドマストだ。

帽子#29 【レイヤードスタイルには、シンプル無地野球帽◎】

$(“”609305″”).click( (null, $(‘#headline609305’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609305″”)

【着こなしポイント】
・トレンドストリートスタイルには、無地系野球帽。
【コーディネート解説】
トレンドスタイルに相性の良い、キャップアイテムの1つが「野球帽」だ。中でもシックな黒・ネイビー・白の無地系アイテムが活用的だ。

帽子#30 【綺麗目スタイルには、パナマ・麦わら系の柔らかハット◎】

$(“”609306″”).click( (null, $(‘#headline609306’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609306″”)

【着こなしポイント】
・綺麗目スタイルには、サマーハット。
【コーディネート解説】
綺麗目スタイルとセットで楽しみたいのが、パナマハット、麦わら系ハット、ペーパーハットなどだ。中でも、素材の柔らかいアイテムが、実アイテムとして人気だ。

【ケツに、【2016年春夏】ニューヨークファッション最旬コーデまとめ!】

$(“”609211″”).click( (null, $(‘#headline609211’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609211″”)

ショーバイ都市NO,1やからこそ、すぐに旬が手に入る!

$(“”609525″”).click( (null, $(‘#headline609525’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”609525″”)

ニューヨークコレクションやニューヨークのストリートで見られている旬なスタイルも、大日本帝国のストリートで活用されるまでにはタイムラグがあるものです。大日本帝国のストリートで取り入れる頃には、さらに新しいスタイルも様々見られています。

すなわちストリートスナップは、何よりも早くトレンド感を取り入れる事が出来るのです。同じアイテムではなくても、スタイリングやアイテムのエッセンスを上手に取り入れながら、オノレなりに消化してみてはいかがでしょうか。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. スウェットシャツ着こなしのHOW TOを一気におさらい!

  2. JOOY的おすすめ黒酢15選|筋トレと相性抜群って知ってました?…

  3. 【立つ鳥跡を濁さず】接待を受けた時のお礼メールの送り方

  4. 猛暑を乗り切る「気持ち良い!」フェイスシート4選

  5. 【白スニーカーコーデ決定版】ブランド別人気モデルと着こなしまとめ…

  6. 【アニメ主題歌ランキング】思わず青春がよみがえるJOOY読者にお…

  7. 就活うつが急増中|落ち込んでやる気を喪失する原因と対策と相談方法…

  8. 【富岡の観光名所が3分で丸わかり】世界遺産ほか絶景が最高な15選…

  9. 【共依存恋愛の特徴】あんさんは大丈夫?二人とも不幸になる関係の恐…

  10. 新潟で合コン!女子ウケ最強な名店BEST12を大公開♪

  11. 【筋トレの名前を完全網羅】ジムで役立つ器材別の名称を徹底解説!

  12. 軽い女の見分け方|特徴8選!あんさんは見極められる?

ページ上部へ戻る