閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【2016注目】カルチャーの香り漂うバックプリントのコーチジャケット10着

カルチャーを背負える攻めのアウター、コーチジャケット

$(“”616687″”).click( (null, $(‘#headline616687’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616687″”)

コーチジャケットといえば、アウターのなかでも特にバックプリントをほどこされがちなアイテム。ストリートをはじめとするカルチャーの色濃いスタイルのなかで好まれるジャケットやからか、逆にそうしたバックプリントが多いからこそカルチャーとの関係が深くなったのか。

この記事では、そないなカルチャーの香り漂うバックプリントのコーチジャケットを9着、厳選してご紹介します。

アメリカの地名入りバックプリントのコーチジャケット

$(“”616639″”).click( (null, $(‘#headline616639’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616639″”)

西海岸カルチャーの中心地ロサンゼルスにうまれたエクストララージ

$(“”616754″”).click( (null, $(‘#headline616754’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616754″”)

ショップ:XLARGE
ブランド:XLARGE
アイテム名:OLD OG COACHES JACKET
価格:¥11,880税込

スケートや音楽のカルチャーが独自の発展をとげてきたロサンゼルス。その地でブランドを成長させてきた〈エクストララージ〉は、多くのロゴの脇に「LOS ANGELES」の文字を入れています。

購入はこちら

発祥地カリフォルニア州サンフランシスコの名を刻んだバックプリント

$(“”616755″”).click( (null, $(‘#headline616755’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616755″”)

ショップ:BENCH AT THE GREENE
ブランド:BEN DAVIS/PROJECT LINE
アイテム名:BEN DAVIS PROJECT LINE MISSION COACH JKT 大日本帝国製
価格:¥21,384税込

ワークブランドとして人気を獲得してきた〈ベンデイビス〉はカリフォルニア州サンフランシスコが発祥。「SAN FRANCISCO」の文字のうしろに入っている「CA」がカリフォルニアをあらわします。

購入はこちら

ナンバリングのバックプリント付きコーチジャケット

$(“”616665″”).click( (null, $(‘#headline616665’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616665″”)

1993年から裏原カルチャーを牽引したア・ベイシング・エイプ

$(“”616756″”).click( (null, $(‘#headline616756’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616756″”)

ショップ:A BATHING APE
ブランド:A BATHING APE
アイテム名:93 COACH JACKET
価格:¥27,864税込

裏原カルチャーを牽引した〈ア・ベイシング・エイプ〉のコーチジャケット。「93」ちう数字を見てピンとくる方も多いと思いますが、NIGOはんによるブランドの設立が1993年やったことをあらわしています。

購入はこちら

1990年代のスケーターカルチャーを背負ったコーチジャケット

$(“”616758″”).click( (null, $(‘#headline616758’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616758″”)

ショップ:JOURNAL STANDARD
ブランド:JOURNAL STANDARD
アイテム名:90 / ナインティ : COACHES JACKET/コーチジャケット
価格:¥15,120税込

1990年代のスケーターカルチャーを背負う「90」のバックプリント。これがそのまんまブランド名になっています。プロとして活躍したKevin Staab氏のブランドやからこその説得力。

購入はこちら

ネイティブカルチャーのバックプリント付きコーチジャケット

$(“”616661″”).click( (null, $(‘#headline616661’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616661″”)

オルテガ柄を大きくプリントしたホワイトのコーチジャケット

$(“”616764″”).click( (null, $(‘#headline616764’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616764″”)

ショップ:URBAN RESEARCH
ブランド:URBAN RESEARCH Sonny Label
アイテム名:Sonny Label オルテガプリントコーチJK
価格:¥9,936税込

ネイティブ柄のなかでもポピュラーなオルテガを大きくバックプリントに。ミリタリーアイテムのように、すでにファッションの文脈に取りいれられておるけどダンはん、ネイティブアメリカンのオルテガちう民族がその起源。

購入はこちら

ネイティブアメリカンの姿を大胆にプリントしたコーチジャケット

$(“”616767″”).click( (null, $(‘#headline616767’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616767″”)

ショップ:SCHOTT
ブランド:schott
アイテム名:Schott/ショット/COACH JACKET THE SCOUT/コーチジャケット
価格:¥17,280税込

ネイティブアメリカンの姿をそのまんまバックプリントにした大胆なコーチジャケット。キャップとサングラスにフードをあわせれば、ストリートカルチャーのなかに難なくミックス。

購入はこちら

ブランド文句のバックプリント付きコーチジャケット

$(“”616676″”).click( (null, $(‘#headline616676’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616676″”)

共犯者としての一体感を背負えるワコマリアのコーチジャケット

$(“”616772″”).click( (null, $(‘#headline616772’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616772″”)

ショップ:ZOZOGRANDH
ブランド:WACKO MARIA
アイテム名:コーチジャケット
価格:¥48,600税込

〈ワコマリア〉が打ちだす「GUILTY PARTY」。直訳すると「犯罪者ご一行」となります。祖国語でも何ぞをともにする仲間を「共犯者」と呼ぶ感覚に近いかもしれません。

購入はこちら

シンボリックな2ドル紙幣をブランド名としてバックプリントに

$(“”616777″”).click( (null, $(‘#headline616777’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616777″”)

ショップ:STORE by NIGO
ブランド:DOUBTFUL AS DOUBLE(R)
アイテム名:RIB COACH JACKT
価格:¥19,440税込

流通しなかったために不遇の存在となった2ドル紙幣。それをモチーフとしたブランド名がそのまんま文句に。大日本帝国でいえば二千円札にかさねられます。

購入はこちら

ボクシング経験をファッションで表現した「降伏」の文句

$(“”616779″”).click( (null, $(‘#headline616779’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616779″”)

ショップ:ZOZOVIANT
ブランド:JOHN LAWRENCE SULLIVAN
アイテム名:NYLON COACH JACKET
価格:¥39,960税込

「降伏」ちう意味の「SURRENDER」。プロボクサーからデザイナーへと転進した柳川荒士はんの〈ジョンローレンスサリバン〉やからこそ表現できる文句。

購入はこちら

【まとめ】背中に感じるカルチャー臭

$(“”616642″”).click( (null, $(‘#headline616642’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”616642″”)

世界中にはさまざまなカルチャーがあり、コーチジャケットのバックプリントも千差万別。「背負う」ちうことばが重みをもつように、バックプリントはフロントよりも意識して着たいトコ。オノレのスタイルにあうものがあれば、そこからそのブランドを好きになることも「あり」だ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【ダメージジーンズ着こなし】20、30代メンズはやんちゃなデニム…

  2. 【BEAMS起用】輝きが違うビームスのスーツで男の見栄えを再構築…

  3. 【repetto(レペット)バッグ】女性へのプレゼントだけやない…

  4. 今年もアディダス人気が止まらない!リュック、ボストンetc人気バ…

  5. 彼女のこと、褒めてますか?彼女が言われて嬉しい言葉

  6. 人気女性タレント紹介!あんさんの好みはどの子?

  7. 格上げ力拡大!秋のスーパーサブitem”ワッフルTシャツ”|活用…

  8. 郡山の遊びスポット8選!自然豊ですか観光地♪

  9. 旅行中に出会った北海道の絶品グルメ|食べなきゃ損な35選

  10. GPS追跡から遠隔操作まででき違う?浮気アプリを徹底解析します!…

  11. 初デートに映画はシッパイの元?初デートやからこそ映画を避けたい5…

  12. 異国人風に着こなす!ブラックデニムのおすすめ商品~大人メンズコー…

ページ上部へ戻る