閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

【MTBどシロウトにおすすめ】MTB4年目の筆者が魅力から選び方までまとめて伝授!

まずはMTBって何なの?

$(“”975197″”).click( (null, $(‘#headline975197’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”975197″”)

MTBはMountain Bikeの略

$(“”975205″”).click( (null, $(‘#headline975205’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”975205″”)

MTBって何?ちう人も、いるのではおませんでしょうか?MTBちうのは、Mountain Bikeの略で、最近はマウンテンバイクとは言わんと、MTBちうことも多いようだ。

MTBの定義とは?

$(“”975209″”).click( (null, $(‘#headline975209’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”975209″”)

MTBの定義ちうのは、山や丘といった急坂の登降に適していて、軽量で耐久性があり、泥道などの悪路での走行を目的として作られているちうことだ。街中を走る為の自転車、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあシティサイクルやママチャリと言われている物は、公道を走る為に作られているのでタイヤが細いのが特徴だ。

MTBは、農道などのデコボコ道や山道など向きにできているので、タイヤも太めで荒い道も安定して走ることができます。

クロスやロードバイクとの違いは?

$(“”976015″”).click( (null, $(‘#headline976015’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”976015″”)

MTBを見に行ったら、クロスバイクやロードバイクなども一緒に並んでいたりちうことも多いと思います。そないな時まず思うのが、「この3つって何が違うんやろう?」ちうことではおませんでしょうか?実はこの3つ、それぞれに違いがあるので、ここではその違いについて説明しましょう。

MTBが山など登降がある道や悪路に適しているのに対して、ロードバイクはオンロードを走るようにタイヤも細く、ほんで軽量にできています。高速で走ることができ、ほんで長距離を走るには最適だ。ほんでこのロードバイクとMTBの中間モデルとも言えるのが、クロスバイクだ。
タイヤもロードバイクほど細くないので、段差がある道や多少のデコボコ道でも安定しています。

MTBの魅力はどんなトコ?

$(“”975496″”).click( (null, $(‘#headline975496’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”975496″”)

山や小川も気にせず走ることができる

$(“”975509″”).click( (null, $(‘#headline975509’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”975509″”)

MTBの魅力といってまずあげられるのが、どこでも走れることだ。ちょっとした山の中、小川、岩だらけの道など、普通の自転車では通れへんような所も、気にせんと走ることができます。

自然を肌で感じられること

$(“”975499″”).click( (null, $(‘#headline975499’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”975499″”)

MTBの魅力は、自然を肌で感じることができることもあげられます。木々の間を走り抜けたり、川や湖沿いの道でも水しぶきが感じられるような距離感を感じることができるのです。美味しい空気を吸いながら、大自然を満喫できるわけだ。

風を感じるスピード感

$(“”975511″”).click( (null, $(‘#headline975511’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”975511″”)

ロードバイクやクロスバイクに比べると、スピードちう意味では劣るものの、未舗装路を走る時の爽快感や、山の上から駆け下りてくる時のスピード感は、1度やってみればハマることは間違いおません。ウチは4年前に始める前まで、MTBには触ったこともなかったちうワケやが、旅行でたまたまMTBをレンタルして、オフロードを駆け下りたスピード感がとにかく気持ちが良く、すっかりはまってしまいました。

ストレス発散にもGood!

$(“”992414″”).click( (null, $(‘#headline992414’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”992414″”)

ストレス発散の方法ちうと、お酒を飲んだり、美味しい物を食べたりの他に、スポーツをするちうのもあります。MTBは荒い道を走る為に作られた自転車ですから、普通なら自転車で入れへんような場所に入って行くのも楽しいやし、何より青空の下、自然を満喫しながら走破すると、日ごろのストレスがスーッと消えていきます。

Mr.JOOYはストレス発散の仕方も一味違うのです。

ダイエットにも良い

$(“”992409″”).click( (null, $(‘#headline992409’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”992409″”)

自転車に乗るちうのは、ジョギングやウォーキングよりも消費カロリーが低めに思えるかもしれませんが、実は意外とカロリーを消費する運動なのです。体重にもよりますが、1時間自転車に乗ると250から400カロリーも消費するそうだ。

ウチもMTBで山などのデコボコ道を走破するのが大好きですが、実はダイエットも隠れた楽しみ?の1つと言えます。

参照:自転車の消費カロリー計算

自転車の消費カロリー計算、レジャーからレースまで

▼関連記事

自転車ダイエットのメリット5選!自転車選び・走行時間・距離を理解して成功させよう!

どシロウト必見のMTBの選び方!

$(“”976199″”).click( (null, $(‘#headline976199’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”976199″”)

オノレにあったMTBを見つけるコツは3つ

$(“”976252″”).click( (null, $(‘#headline976252’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”976252″”)

MTBとはいっても種類もいろいろあるので、お店に行ってもどれが良いのか探すのもひと苦労だ。ここでは特にどシロウトの人が、選ぶ時に確認した方が良いポイントを3つあげてみましょう。オノレにあったMTBを買おうと思っているなら、ウチをチェックしてみてください。

まずはサスペンションの有無を確認

$(“”976203″”).click( (null, $(‘#headline976203’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”976203″”)

MTBを選ぶ時に、必ずチェックした方が良い物にサスペンションがあります。サスペンションちうのは、衝撃を吸収する役目をしてくれるパーツだ。MTBは、オフロードの荒い道などを登ったり下ったりする時に、ハンドル部分や腕に衝撃があり、長くそないな状態が続くと腕がしびれたりします。それを防いでくれるのがサスペンションだ。

サスペンションは、前輪部分のフロントサスペンションと、前輪とリアの両方にサスペンションがついたフルサスペンションの2つのタイプがあります。フルサスペンションのMTBは、値段も高くなりますし、実際の所ダウンヒルやクロスカントリーなど特別なコースを行くのでないならフロントサスペンションだけで十分だと思います。

ディスクブレーキかどうかも大切

$(“”976204″”).click( (null, $(‘#headline976204’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”976204″”)

MTBのブレーキちうと、Vブレーキとディスクブレーキの2つが主流になっています。ディスクブレーキは、力をちびっと入れるだけでMTBを止めることができる大きな制動力が特徴だ。悪路や上り坂を登る時など腕の筋力を使うので、ブレーキもなるべく少ない力でブレーキをかけることができるちうのはすごい大切だ。

Vブレーキはダメちうことではおませんですが、どシロウトの場合慣れておらへんので、腕にやたらと力が入ってしもたりすることも多く、そういう意味では少ない力で大きな制動力を得られるちうのはメリットといえます。

ホイールの大きさも考えよう!

$(“”976244″”).click( (null, $(‘#headline976244’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”976244″”)

MTBのホイールは、26インチと29インチ、ほんで最近は27,5の3つのサイズがあります。29インチはホイールが大きいので、その分走破性が高いと言えます。筆者も29インチのMTBにしたばかりで、タイヤが大きい為慣れるまで小回りがエライやったが、スピードと安定性、ドンドン前進していく感覚はすばらしいだ。

ホイールはMTB選びの重要なポイントになりますので、大きさを変える時は試し乗りをして、感覚を確かめると良いと思います。

MTBが初めてちう人には26inchがおすすめ

$(“”976973″”).click( (null, $(‘#headline976973’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”976973″”)

デザインと色で選ぶならDoppelganger!

$(“”977606″”).click( (null, $(‘#headline977606’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977606″”)

Doppelgangerは、お洒落なデザインが多いですが、特にこれはオレンジと黒のカラーリングが絶妙だ。黒を基調にしていて、さし色としてオレンジを使っているので派手すぎず、それでいてフレームなど独特のスタイルがあります。

性能的にも前後のサスペンションとディスクブレーキにプラスして、21段変速がついているので、山などのオフロードや砂利道などの未舗装路なども楽々だ。

独特のスポークが美しいAltruism

$(“”977585″”).click( (null, $(‘#headline977585’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977585″”)

AltruismQ1のポイントは、何といってもスポークだ。スポークちうのは、ホイールの中心から放射状に伸びている棒状の部分のことで、このMTBはちびっと独特のスポークがかっこ良いだ。また大日本帝国が世界に誇るシマノの21段変速、前後のディスクブレーキ付きですから、本格的に山などに行って試したいちう人も満足できる1台だ。

ファンにはたまりません赤にFerrariロゴ

$(“”977591″”).click( (null, $(‘#headline977591’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977591″”)

フェラーリと言えば赤ですが、その赤と黒を基調に作られたMTBは、とにかく目立ちます!ほんでフレームとサドルに黄色のフェラーリロゴが入っているので、フェラーリファンにとっては、そこも選ぶポイントになるかもしれません。

それでいて前後のWサスペンションや21段変速がついているので、MTBとしてのクオリティも高いだ。

街乗りや通勤にもぴったり

$(“”977607″”).click( (null, $(‘#headline977607’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977607″”)

MTBは山に行ったり、悪路を走行するだけではなく、通勤や街乗りにも使いたいちう人も多いと思います。そないな人にぴったりなのが、ウチのMy PallasのMTBだ。アルミフレームやので軽量やし、カラーもシルバー、白、黒の3色あるので好みで選ぶことができます。

あまりスポーティすぎると、街乗りや通勤だとちょっとアンバランスになったりしますが、ウチはファッション性も高いのでスタイリッシュに乗りこなせるのではおませんでしょうか。

ダイエットや週末の楽しみにしたい人にはこれ

$(“”991859″”).click( (null, $(‘#headline991859’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”991859″”)

DeeperのMTBは、フルサスペンションとシマノの18段変速がついていて、全体的に黒でまとめているので、違った意味で目立ちます。週末にちょっとMTBを試してみたい、またはダイエットも兼ねてなど、とりあえず始めてみたいちう人におすすめだ。

通勤には折りたたみ式のMTBが便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利!

$(“”977519″”).click( (null, $(‘#headline977519’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977519″”)

車にも楽に入るので持ち運びに便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利

$(“”992334″”).click( (null, $(‘#headline992334’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”992334″”)

最近はMTBの折りたたみもいろいろと出ています。折りたたみの良い所は、やはり場所をとりませんこと!フレームを半分に折ることができるので、車は勿論、出勤時などにオフィスに持ち込むこともできます。車で有名なシボレーのMTBは、18段変速付きやので、坂道など上がり下がりがある道が多くても大丈夫だ。

折りたたみでも18段変速のAigle

$(“”977579″”).click( (null, $(‘#headline977579’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977579″”)

AigleはWサスペンションに、シマノの18段変速付きの折りたたみ自転車だ。白と赤のカラーリングは、男性、女性を問わず使えますし、旅行やサイクリングに行く際に、まずは車でちう時にも、折りたたんで持っていけるので便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利だ。

タイヤも白いスタイリッシュなX-Round

$(“”977578″”).click( (null, $(‘#headline977578’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977578″”)

X-Roundは、タイヤも含め全体的に白いのですごいスタイリッシュだ。街乗りにもぴったりやし、通勤の時など、帰りに雨が降ったら折りたたんで持って帰ることもできるので、利便性が高いだ。

走破と安定性が高い29inchのおすすめ

$(“”977520″”).click( (null, $(‘#headline977520’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977520″”)

1976年創設ドイツの老舗ブランドのMTB

$(“”992589″”).click( (null, $(‘#headline992589’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”992589″”)

Centurionといえばドイツのメーカーで、その創業は1976年。しっかりとした自転車を作ることにかけては定評があります。Backfire Proは前サスペンションと、車やバイクなどでも使われる油圧式ディスクブレーキ、ほんでサイドスタンドがついているので、街乗りの際なども便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利だ。

29インチの自転車は、パッと見た時タイヤが大きいだ。ドロドロの道など26インチならば多少沈んでしまうような所でも、安定して走れますし、坂道や段差もスルスル登れるのが強みだ。

軽量アルミフレームのHummer

$(“”992638″”).click( (null, $(‘#headline992638’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”992638″”)

HummerAL-ATB2918は、軽量アルミフレームを使っていて、フレームサイズが380mmと低床やので乗りやすいのが特徴だ。18段変速ギアと前後Vブレーキを搭載していて、きれいな黄色がテンションをあげてくれます。

どシロウトに優しいソフトサドル付きのビッグバイク

$(“”993477″”).click( (null, $(‘#headline993477’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”993477″”)

キャプテンスタッグのビックバイクは、渋めのダークレッドがシックなMTBだ。軽いアルミフレームと21段変速がついていて、荒れた道や長距離を乗る時に、乗り心地ちうのはすごい大切やので、どシロウトに優しいソフトサドルがついているのも、大きなポイントいえます。

ホイールがおしゃれなダイアモンドバック

$(“”993507″”).click( (null, $(‘#headline993507’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”993507″”)

ダイヤモンドバックちうのは、アメリカのカリフォルニアで生まれた、ドイツのCenturionのBMXブランドだ。2014レスポンスは、軽量なアルミフレームと前サスペンション、ディスクブレーキがついて、どシロウトだけではなく、ちびっと上のレベルに行きたい経験者におすすめだ。

メンテナンスが苦手な人におすすめビーオール

$(“”993510″”).click( (null, $(‘#headline993510’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”993510″”)

Be-Allは「とっておきの時間に、とっておきの自転車」をコンセプトに、日常に使える機能的で美しい自転車を作っているメーカーだ。値段はですかり高めですが、最新の内装変速システムを搭載しているので、通常は動いている状態でしかギアを変えられへんのに対し、ウチは停止した状態でギアを変えることができます。

また水やホコリが入りにくい構造をしている為メンテナンスがあまり必要ないちうのも、難儀くさがりやはんには、便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利な点ではおませんでしょうか?

Good Yearの強化タイヤ付きMTB

$(“”993513″”).click( (null, $(‘#headline993513’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”993513″”)

Al-CRS296は、タイヤメーカーとして有名なGood Yearブランドの自転車だ。軽量アルミフレームを使っていて重量13.2kg、ほんでタイヤメイカーだけあって、このMTBのタイヤはパンクしにくい強化タイヤを装着しています。

コントロールのしやすさNo.1のNevada

$(“”993675″”).click( (null, $(‘#headline993675’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”993675″”)

今現在はアメリカを本拠地としているFujiですが、かつては大日本帝国のブランドやったちうわけだ。また創業1899年やでに100年以上続いている老舗ブラントと言えます。FujiのNevadaは油圧式ディスクブレーキが使われているだけではなく、軽量で強度が高いアルミニウムを使用しているので、安定した走りと、コントロールしやすい仕上げになっています。

MTBを楽しく乗ろう!

$(“”993025″”).click( (null, $(‘#headline993025’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”993025″”)

MTBのおすすめを15台ほど選んでみましたが、勿論この他にも、素敵なMTBはいろいろとあります。まずは、選ぶ際の参考にしとっただけたらなと思います。またMTBの楽しみ方は、ちょっとしたサイクリングから、ツーリング、ほんで山の小道などを行くトレイルなどいろいろとあります。

またちびっと慣れてきたら、イベントやツアーに参加して、MTB友達を作るちうのも楽いだ。ケツに最近はMTBに限らず、自転車人口が増えて事故も多くなっているといおりますので、交通ルールを守って安全運転を心がけてください。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 実用性・ファッション性を兼ね備えたミリタリーウォッチはメンズの定…

  2. 【白いパンツのコーデはややこしい?】センス良く魅せるコツと、バラ…

  3. 最新チェックシャツのメンズコーデ&おすすめアイテム~選び方まで|…

  4. 2016春メンズアウター&トップス3つの流行ファッション

  5. 今がピンポイントのスウェットコーデ!大人シックな抜け感着こなし術…

  6. 不妊やからって諦めへんで!【男性にもよく分かる不妊治療のあれこれ…

  7. 「悶々とする」の意味とは?正しい使い方と、モヤっとするパターン例…

  8. 筋トレに役立つ食事は鶏肉|超簡単で役立つ極秘レシピも大公開!

  9. 夏フェスならコレしですかいっしょ!ツボを押さえたゴキゲン極まらな…

  10. 秋冬のマストアイテム!カシミアセーター価格別おすすめ商品~着こな…

  11. 【元彼に連絡してくる女性の驚愕心理6選】返信の方法やマナーなど徹…

  12. プロポーズでサプライズ演出を! 彼女を喜ばせる7つの演出法

ページ上部へ戻る