閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

うわっ!作りすぎた!冷凍ハンバーグの美味い焼き方と良レシピ

冷凍したハンバーグは、時間がない時使える保存食!アレンジ沢山お手軽料理

$(“”988118″”).click( (null, $(‘#headline988118’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988118″”)

皆はん、ハンバーグは好きですか?

ちっちゃな時からハンバーグといったら洋食の王様で、レストランに行ったらすごい心を踊らせとった記憶があります。
ハンバーグは小さい子どもだけでなく、幅広い世代から愛されている洋食といっても過言ではおません。

外食時に食べるハンバーグも家で食べるハンバーグも美味しいことには変わりなく幸せな気分になれます。
家で作る場合、作りすぎた時に冷凍保存できることも嬉しいことの一つやね。

しかし冷凍ハンバーグは、扱いが難しくちょっと間違った調理法を行うと味が抜けてしもたり、パサパサしてしもたりと残念なことが起きてしまいます。
ほんで今回は、冷凍ハンバーグの美味しい食べ方や作りすぎた時の保存法をまとめました。

一番良いハンバーグの冷凍保存はどれだ!

$(“”988119″”).click( (null, $(‘#headline988119’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988119″”)

ハンバーグを冷凍保存する際、いくつか考えたい点があります。
基本的に焼いてから保存する方が良さそうな気がしますが種のまんま冷凍保存する場合どうやのでしょうか?
冷凍したものを調理する場合、焼いたものはレンジで解凍できますが種の場合は解凍してから焼き上げる必要が出てきます。

調べてみると、どちらにおいても冷凍ハンバーグを解凍するにはコツがありポイントを抑えれば美味しいものができあがります。
しっかりとハンバーグの冷凍法と解凍法のポイントを抑えて毎日毎晩壱年中で美味しいハンバーグを食べれるようにしましょう。

種のまんま保存する冷凍ハンバーグ

$(“”988120″”).click( (null, $(‘#headline988120’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988120″”)

種のまんまハンバーグを冷凍保存すれば、いつでも焼きたてが楽しめます。
そないな美味しいハンバーグを気軽に短時間に味わいたいちう方は種のまんま保存したいでしょう。
その場合、種の作り方から工夫する必要があります。

冷凍保存に適したハンバーグの種の作り方

$(“”988121″”).click( (null, $(‘#headline988121’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988121″”)

写真のように手袋をするのが良いだ。

ハンバーグの種は、熱に弱くすぐに変色してしまいます。
また、こねる過程で雑菌が入ってしまう可能性があります。

雑菌が入り、ちょっと温まってくるとすぐに繁殖してしまうので、衛生面からの危険性が増します。
それを防いでおく必要があります。

そのため、こねる時には手袋やビニール袋などを利用しながら素手で種を触れることなくこねていくのが良いでしょう。
また、手の温度の影響から傷みやすくなってしまうためボウルの下に氷水を当てるなどできるだけ冷やした状態でこねると良いでしょう。

美味しさを保つためには十分こねること

$(“”988122″”).click( (null, $(‘#headline988122’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988122″”)

美味しさを保つためには、十分にこねてる必要があります。
種の温度が高くなってしもただけでなく十分にこねておらへん場合ドリップ(肉汁)が出てしまい、旨味がなくなります。
十分にこねたあとに、冷凍ハンバーグを作る準備を始めます。

直接素手で触れへんようにそのまんまラッピング

$(“”988123″”).click( (null, $(‘#headline988123’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988123″”)

これから焼くぞ!となった種を冷凍保存するわけですがこの時も直接素手で触れへんように成型し、1つずつラップで包んでいきます。
冷凍した状態をそのまんま焼いていくことを考えるのであれば種から空気を抜き、中央にくぼみを作っておくのが良いでしょう。

冷凍保存するものは、1つずつ金属パットなど急激に冷えるものの上においてそのまんま冷凍ハンバーグを作ります。
ある程度、冷凍ハンバーグになった段階でジップ付きの保存袋などにラップで包んだハンバーグを入れて、最期に、ストローなどで空気を抜いてしまうのが一番良い保存方法だ。

空気がしっかり抜けたら、もっかい冷凍していきます。
この方法が、種のまんま冷凍ハンバーグを美味しく保存するための方法だ。

焼いた後のハンバーグを冷凍保存する方法

$(“”988124″”).click( (null, $(‘#headline988124’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988124″”)

焼いた後のハンバーグを冷凍保存する方法も種のまんま保存する方法と似ています。
焼いたハンバーグの場合、まず粗熱を取る必要があるため、十分に冷まします。

十分に冷めたら、一つ一つラップに包んで金属パットの上に敷き詰め、冷凍していきます。
ある程度冷凍したら、ジップ付きの保存袋に入れて十分に空気を抜きもっかい冷凍していきます。

種のまんまと焼いた後のハンバーグの冷凍保存のメリット・デメリット

$(“”988125″”).click( (null, $(‘#headline988125’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988125″”)

どちらに状態の物でもメリット・デメリットは存在します。
焼いたものは、種のものに比べて長期保存ができます。
解凍するのも、電子レンジが使えるので時間がない時楽やったりします。
お弁当にハンバーグを詰めたりする場合は、ウチのほうが良いやね。

ハンバーグの種のまんま保存する場合、焼きたてを食べることが上げられるでしょう。
しかし、肉汁が出やすくなり旨味が逃げてしもたり、長期保存に向ですかかったりします。

冷凍ハンバーグの解凍方法と焼き方

$(“”988126″”).click( (null, $(‘#headline988126’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988126″”)

冷凍ハンバーグの上手な解凍方法の一つとしてあげられるのは、焼いているもの・焼いておらへんものどちらも共通して、前日に冷蔵庫に移し自然解凍します。

当日でも約6時間程度かければ自然解凍していきます。触ってみて固さがなくなったら大丈夫だ。
自然解凍したら、ハンバーグを焼きましょう。美味しい焼き立ての味が楽しめます。

あらかじめ焼いとったハンバーグなら、電子レンジで解凍することもできます。
お弁当用などに用いたら良いでしょう。

冷凍のまんまハンバーグを焼こう!水を使った焼き方がおすすめ

$(“”988127″”).click( (null, $(‘#headline988127’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988127″”)

自然解凍させる時間がない時に重宝するやり方だ。
フライパンの上に、冷凍ハンバーグと60ccの水を入れ、アルミホイルなどで蓋をしてから弱火でじっくりと焼きます。

6~7分程度じっくり焼き、最初に入れた水分がなくなったらひっくり返します。蓋をして4~5分程度焼き続けます。両面に綺麗な焼色をつけていくために、両面ずつ2~3分程度こんがり焼いていきます。
十分焼けたと思ったら竹串などを刺してみて、透明な肉汁が出てきたらできあがり。

冷凍ハンバーグをそのまんま焼く場合、水を使うのがコツだ。
蓋をして蒸し焼きにしていくと冷凍ハンバーグは綺麗に解凍されジューシーさを取り戻します。

冷凍したものをオーブンやトースターで焼いたら?!

$(“”1022718″”).click( (null, $(‘#headline1022718’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1022718″”)

フライパンやレンジでも解凍して食べることはできるけれど、どうせやったらもっともっともっともっとおいしく頂きたいちうわけだ。ちょっぴり一手間はあるけれど、オーブンを使って焼いたらどうやろう?
表面はカリッと、中はジューシーちう。じっくり火を通すから中までアツアツな仕上りになりそう。200℃で10分ほどこんがり焼き上げれば、肉汁が中に閉じ込められた美味いハンバーグができあがる。

トースターでも同様で、1,000ワットの高温で10分間、中を見ながら焼いていく。トースターの良いトコは、中を見ながら状態を調節しながらやれることだ。せっかく食べりますったら、美味しいものを食べたいちうわけだ。調理道具を変えることで格段においしくなるのが良いちうわけだ。

実は簡単!ハンバーグのソース作り

$(“”1022782″”).click( (null, $(‘#headline1022782’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1022782″”)

ハンバーグを焼いている時に手持ちぶたさになってしまう時ってありますよね。
フライパンで焼いていても、隣のコンロで何ぞできないですかぁ?!
ともう1品作ることもできそう。でも、ハンバーグをおいしく作りますったらソースが欲しい!

ソースってややこしいのですろか?って思っているあんはん。実はありあわせの調味料で簡単にできるのです。
よかったら、このソースのレシピを参考にオノレ流のソースを作ってみませんか?

フライパンに弱火をかけます。「ソース(ウスターソース推奨):大さじ4、ケチャップ:大さじ4、醤油:大さじ1、砂糖:大さじ2」これらを入れ、混ぜあわせフツフツさせます。そしたら、バターを適量入れていきます。溶かしながら、火をかけ、またフツフツとなるまで1~2分。

実はこれだけで出来てしまう。フライパンで冷凍ハンバーグを焼いたなら、肉の脂が残っているので、そのまんま使いましょう。さらに格段においしくなる。赤ワインを使ったり、ベースの味を見なおしたりすれば、ソースの味も幅が広がる。

焼いている最中にソースはできあがってしまうので、工夫して時短で作りましょう。

気になるのは冷凍ハンバーグのカロリー

$(“”988128″”).click( (null, $(‘#headline988128’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988128″”)

冷凍ハンバーグは、サイズによってカロリーは変わります。
おおよそ、100gで、230kcalといったトコでしょうか。

玉ねぎなどの野菜、パン粉、卵などとひき肉を使用するため、分量や肉の種類によって変動します。
お店のハンバーグのジューシーさを出す場合、牛脂など油を多く使うため、予想以上にカロリーが高くなる場合もあります。
しかし、お家で作る場合は、そのあたりを上手くコントロールできるでしょう。

冷凍ハンバーグのカロリーを落とすためには

$(“”988129″”).click( (null, $(‘#headline988129’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988129″”)

冷凍ハンバーグをカロリーダウンさせるためには、肉の分量を抑えることが大切だ。
例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、おからや豆腐を肉に混ぜあわせてかさ増しをすることで1個あたりのカロリーは減ります。

また、ハンバーグの調理法によってもカロリーをちょっと落とせるでしょう。
焼くより煮こむほうがカロリーは落ちます。
カロリーを気にする方は、冷凍したハンバーグの調理法もこだわってみて下さい。

冷凍ハンバーグの応用方法とアイデアレシピ

$(“”988130″”).click( (null, $(‘#headline988130’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988130″”)

冷凍ハンバーグは、そのまんま解凍し焼いてハンバーグにするだけでなく、肉の塊ちう性質を利用すれば様々な料理に応用できます。

大量に冷凍ハンバーグを作っておくことで、ハンバーグ以外の料理に手軽に使えるのが良いやね。
冷凍ハンバーグを用いたレシピをまとめました。

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:南国を味わう「ロコモコ」

$(“”988131″”).click( (null, $(‘#headline988131’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988131″”)

ハワイで有名なハンバーグを使ったどんぶり、ロコモコを冷凍ハンバーグを使ったら簡単にできます。
冷凍ハンバーグをレンジで解凍します。アボカドやししとう、トマトなど付け合せの野菜切って、油で炒めるものは炒めます。生のものはそのまんまで。

目玉焼きもあらかじめ焼いておくと良いでしょう。
解答した冷凍ハンバーグをフライパンで焼き、ロコモコのタレをフライパンに入れ煮立たせ、水溶き片栗粉を用いてとろみをつけます。

ある程度出来上がったら、盛り付けに入ります。
どんぶりやプレートにご飯を半分程度入れ、刻み海苔と千切りにしたきゅうりを乗せ、ハンバーグ、目玉焼き、付け合せの野菜を乗せ、タレをかけます。
最期にマヨネーズや刻みネギをトッピングして、本場顔負けの美味しいロコモコができあがり。

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:肉の美味しさを凝縮した「ミートパイ」

$(“”988132″”).click( (null, $(‘#headline988132’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988132″”)

冷凍したハンバーグを使って、見た目も豪華なミートパイを作りませんか?
冷凍パイシートを使えば簡単に作ることができます。

追加で用意するものは、冷凍パイシートとトマト缶、ほんで調味料だけ。
お好みで玉ねぎやにんじんなどを増量してももっともっともっともっとおいしくなるでしょう。とろけるチーズなんかもあると豪華な出来上がりに。

作り方は、冷凍ハンバーグをフライパンで焼きながら解答し、玉ねぎやにんじんなどの野菜を追加で一緒に炒めます。
軽く火が通ったら、缶のカットトマトを一緒に入れて20分程度煮込みます。

煮込んでる間に、パイシートを準備します。
円型に作りたい場合は、パイ皿にパイシートを乗せて成型します。切れ端部分は上に乗せるように取っておきます。
煮込んだ具材をパイシートに流し込みます。切れ端を網目状に乗せ、250℃に温めたオーブンで25分ほど焼いたら出来上がり。

手軽に作りたい場合は、四角い状態でも。
四角い状態のパイシートに具材を入れ、もう一枚のパイで閉じ込め、具材が飛び出さないように四隅を折ります。
後は、オーブンで焼いて出来上がり。

熱々を食べても良いし、冷まして持ち運んでも良いし、使い方の応用は広がりますね。

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:ソースの味が染み込み深い味わい「煮込みハンバーグ」

$(“”988133″”).click( (null, $(‘#headline988133’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988133″”)

ニンニクと玉ねぎをみじん切りにし、ナスとトマトはへたをとって皮を向いて一口サイズにカット。

フライパンに油を引いて、ニンニクと玉ねぎを炒め火を通します。
ある程度火が通ったら、ナスとトマトを入れて、更に炒め、塩コショウで味を整えましょう。

蓋をして、水とコンソメ、ローリエを入れて5分程度中火で煮込みます。
その後、常温に解凍した冷凍ハンバーグを入れて弱火でコトコト煮込みましょう。
8分間程度経ち、味が馴染んできたら塩コショウで味を整えます。
最期に盛り付けをし、チーズや粉チーズで仕上げ、付け合せの野菜などを盛り付けるとすごい豪華な見た目な煮込みハンバーグが完成します。

今回は、トマトでのレシピを紹介しました。
デミグラスソースや和風ソースなどでも煮込みハンバーグを作ることができます。

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:洋風の味から和風の味へ!応用広がる「牛そぼろ」

$(“”988134″”).click( (null, $(‘#headline988134’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988134″”)

ハンバーグはどちらかちうと洋風の味。それを和風の味へエライ身させませんか?

冷凍しておいたハンバーグをフライパンで解凍していきます。
冷凍ハンバーグ250gを使う場合、醤油:大さじ2、砂糖:大さじ1.5、調理酒:小さじ2を入れ煮詰めていきます。
生姜のみじん切りを少量入れ、ピリリとした味を利かせても良いでしょう。

簡単に和風の味にエライ身。そぼろ丼やちょっとしたおかんと添えたり、単純にお酒のおつまみにしても良いやね。
作り置きしておけば、冷蔵庫でも2~3日持つので色々な活用法ができます。

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:甘みと旨味が絶妙な「ロールキャベツ」

$(“”988135″”).click( (null, $(‘#headline988135’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988135″”)

余った冷凍ハンバーグを使って、ロールキャベツに変身させよう!
種のまんまの冷凍ハンバーグを解凍し、卵とニンニクを混ぜあわせロールキャベツ用の種に作り変えよう。

キャベツの葉をさっと塩ゆでします。ロールキャベツを作る個数分のキャベツをゆでます。
水を張った器にキャベツを入れ、ラップをかけ電子レンジで1分程度温めても良いでしょう。

キャベツが柔らかくなったら、芯を取り除き、肉を乗せ巻いていきます。
肉は、俵型になるようにすると見た目も綺麗だ。
料理用の紐で結んで、中身が零れへんようにしましょう。

ロールキャベツを茹でていきます。大きめの鍋に敷き詰めていき、一緒に煮込む具材(玉ねぎやトマト、きのこ類)をいれ煮込んでいきます。

弱火で45分程度煮込んで、ロールキャベツの完成だ。
途中かき混ぜながら中身を見るのもお忘れなく。

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:簡単にできる揚げ物でもう1品追加「メンチカツ」

$(“”988136″”).click( (null, $(‘#headline988136’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988136″”)

ジューシーなメンチカツを冷凍ハンバーグを使って作りませんか?
メンチカツの作り方は、他のレシピに比べ一番簡単だ。なんでやねんならば、ハンバーグを揚げたらメンチカツに早変わりするから……。

冷凍したハンバーグを自然解凍させます。
良い具合に解凍したハンバーグに小麦粉をまぶし、卵にくぐらせてパン粉をまぶす。
170~180℃の油で片面2分半、ひっくり返して1分半程度の時間、こんがり揚げれば出来上がり。
冷凍ハンバーグはいっぺん火を通したものであれば、中が暖まればおいしくなるのでそこだけ用心しましょう。

簡単におかずが増やせるのは良いやね。

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:肉の旨味を閉じ込めた「ピカタ」

$(“”988137″”).click( (null, $(‘#headline988137’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988137″”)

<ごちそうピカタサラダヨーグルトソース>

残った冷凍ハンバーグをちょっとアレンジして、ピカタを作ってみましょう。

卵を溶いて、片栗粉と塩コショウを入れて混ぜあわせます。
解凍したハンバーグを、この卵に浸します。これを油を引いたフライパンで焼いていきます。
最初は両面を焼き、ある程度卵が焼けてきたら、卵液を潜らせ、ハンバーグの横面も焼いていきます。
この手順を繰り返し、ハンバーグが卵で隠れたら完成だ。

ピカタは、お弁当のおかずとしても重宝します。

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:有名なアニメにも出てくる「ミートボールスパゲティ」

$(“”988138″”).click( (null, $(‘#headline988138’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988138″”)

巷で評判高いアニメ飯。テレビアニメやドラマ、漫画などで実際に出てくるご飯は、ですかり美味しく見えるでしょう。
ルパン三世カリオストロの城に登場する「ミートボールスパゲティ」を冷凍ハンバーグを使って、簡単に再現しちゃいましょう。

ミートボールの代わりに、自然解凍させたハンバーグを6等分くらい小さくしたものを用意します。6~12個程度。

フライパンに油をひき、にんにくを軽く炒め、ホールトマトの缶詰と白ワイン、コンソメや乾燥バジルを入れ、小さくしたハンバーグとともにトマトを煮込んでいきます。
トマトが煮詰まり、肉に味が染みてきたら、スパゲティを茹でます。

アルデンテ程度になってきたら、麺を取り出し、フライパンの中で混ぜあわせていきます。余計なお世話やけど、フライパンの中に麺を入れる前にハンバーグを取り出しておけば、変に崩れることを防げます。
トマトソースと麺を絡ませます。十分に絡みあったら、お皿に盛り付けをし、パセリをパラパラふりかけて完成だ。

ミートボールスパゲティは、パーティメニューとしても重宝すりますので役立てて下さい。

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:栄養満点!一緒に緑黄色野菜が摂れる「ピーマンの肉詰め」

$(“”988139″”).click( (null, $(‘#headline988139’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988139″”)

ピーマンの肉詰めも冷凍ハンバーグを使えば簡単にできます。

ピーマンに入るくらいのミニハンバーグを用意します。市販品の冷凍ミニハンバーグでも作ることができます。ピーマンを半分に割り、種やへたなど取り除きます。そこにミニハンバーグを乗せていくわけですが、そのまんまだと取れてしまうので、チーズや溶いた小麦粉などを接着剤代わりにします。

ピーマンの方から焼いていき、多少焦げ目が付いたら肉の方にひっくり返していきます。弱火でじっくり焼いていけば完成します。

ハンバーグは冷凍のまんまでもできるので手間が省けるメニューで、ピーマンの肉詰めもピカタと同様お弁当のおかずとして重宝します。ピーマンの代わりにしいたけなどを使用した肉詰めも応用が利きますね。

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:ビールのお供に抜群の相性「ジューシー餃子」

$(“”988140″”).click( (null, $(‘#headline988140’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988140″”)

冷凍ハンバーグを使って、ビールのおつまみを作りませんか?
自然解凍し、生姜や料理酒、醤油などで味付けを行います。ニラや青ネギなどを入れるともっともっともっともっとおいしくなります。

餃子の種ができたら、後はひたすら餃子の皮に包んでいくだけ。包み終わったら、フライパンに並べじっくり焼いていきましょう。
羽を作りたかったら、溶いた小麦粉を熱々のフライパンの中に入れれば出来上がります。

餃子は、子どもから大人まで大人気のメニューなため、きっと喜ばれるでしょう。
オノレで晩酌したいちう人は、オノレが飲むために餃子ちうおかずを作っても良いでしょう。
種をあらかじめ作っておき、先に包んでしまえば後は焼くだけちう状態になります。

冷凍ハンバーグの活用法はいかに手間をかけんと作るかだ。簡単に作れる応用レシピばかりやので、まずはいっぺんチャレンジしてみませんか?

冷凍ハンバーグを使ったレシピ:ハンバーグの「おにぎりサンド」

$(“”1021968″”).click( (null, $(‘#headline1021968’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1021968″”)

最近では、コンビニでちょっと変わったおにぎりを見かけると思います。三角形に結ばれているわけではおませんので、おにぎりちう意味合いもちょっと違います。それは、おにぎりサンドちう新しい食べ物。
見た目も可愛く、断面図もあってどんな具材があるのか一目瞭然。それを冷凍ハンバーグを使ってやってみましょう。

作り方は簡単。海苔の上にご飯(酢飯)を用意する。まずハンバーグを乗せて、ご飯にタレを染み込ませます。ハンバーグの周りに、お好みで野菜を中心とした他の具材に。トッピングがオノレの中で好きな状態になったら、もう半分を具材を埋めるように抽出して、大きくなれば良いのです。

まとめ─冷凍ハンバーグは焼き方も簡単で強い味方

$(“”988141″”).click( (null, $(‘#headline988141’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”988141″”)

冷凍ハンバーグの美味しさを保つための冷凍法と解凍法をまとめました。

冷凍ハンバーグは、種のまんま保存する場合は、雑菌など繁殖せんようにできるだけ低い温度でビニールや手袋などを用いて素手で直接触れんとこねましょう。

しっかりこねることが、肉汁が出ていくことなく保存することができ、更にラップやジップ付きの袋を用いることで密封し、美味しさをキープできます。
焼いてから冷凍する場合も同様で、出来る限り密封するのがコツだ。

解凍する場合は、6時間以上冷蔵庫で自然解凍するか、60ccの水と一緒にフライパンで焼くことでジューシーさを保てます。
冷凍ハンバーグはいつまで保存できるかちうと種のまんま冷凍した場合は長くても2週間。焼いた場合は、1ヶ月程度まで保存できます。

冷凍したハンバーグを使ったレシピは、様々な利用法があります。
単純にハンバーグとしてのメニューだけでなく、肉詰め料理やロールキャベツ、グラタンやロコモコなど、アレンジ方法はたくはんあります。冷凍ハンバーグを活用して、食卓をちびっとでも豪勢にして下さい。

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 知ってた?好きな人への告白は「口説きの仕上げ」やから。確実にOK…

  2. ネルシャツのメンズコーデ決定版|着こなしを無限大に広げるテクニッ…

  3. 2016春夏は西海岸ブームの波に乗った【クイックシルバー】に注目…

  4. ちりも積もれば山となる!人生をHAPPYにする上手なお金の使い方…

  5. ちょっと 苦手…恋愛対象外の女、あるある17選

  6. 【旭山動物園お土産】可愛くて連れて帰りたくなるストラップ・キーホ…

  7. 【人から好かれる人とは】あんさんとは何が違う?嫌われる人との差は…

  8. 【足の筋肉をスラリと美しく】超効果的な美脚ゲットの裏技!!

  9. スタイリスト熊谷隆志が手がけるショップ・ブランドのおすすめアイテ…

  10. 【認知症とは】原因と症状ほんで治療と予防に関するまとめ

  11. 片付けられない女性に共通する特徴や心理とは?短期間治す方法につい…

  12. 【合コン前必読!】自己紹介で女子ウケ抜群な趣味の答え方はコレ

ページ上部へ戻る