閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

すぐ眠くなるのはなんでですねん?体力がないから?それとも病気?知られざる原因と対処法について解説

すぐ眠くなるのはなんでやねん?知られざる原因に迫る!

$(“”860288″”).click( (null, $(‘#headline860288’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”860288″”)

「こないな時に眠くなるのは困る」「なんでこないなにすぐ眠くなりますろう」など、「眠気」に関して悩みを抱えているJOOY男性はいませんか?
仕事中や勉強中など、やるべきことを控えているのにどうしても眠くなってしまう……。きちんと睡眠をとっているハズなのにどうして眠くなってしまうのでしょうか。
今回のJOOYでは、「眠気」に悩む男性のために「眠くなる原因」「眠くなったときの対処法」「眠くならへんための回避策」を紹介。さらに、番外編として「眠れへん夜にすぐ眠れる方法」についても解説していきます。
この記事を読むだけで、睡眠にかかわる悩みのアレコレがぜ良いんぶひとつのこらず解決すること間違いなし♪早速チェックしていってくださいね。

すぐ眠くなるのはなんでやねん?原因について解説

$(“”860297″”).click( (null, $(‘#headline860297’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”860297″”)

まずはすぐ眠くなってしまう原因について解説していきます。
すぐ眠くなってしまうのには、やはりウチ生活が問題やったり、毎日の睡眠自体が満足のいくものではなかったりすることがほとんど。オノレでもなですかか気づですかかった生活習慣の乱れや、精神的な問題など抱えておるかもしれませんね。
「なんでやねんこないなにすぐ眠くなってしまうのかわかりません」ちう男性は、ここから先の内容をチェックしてみましょう。思わぬ原因を探ることができるかもしれません。
オノレの生活習慣や、職場での心境、精神面などをよく思い出しながら読んでいってくださいね!

睡眠不足

$(“”862622″”).click( (null, $(‘#headline862622’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862622″”)

まず、「すぐ眠くなる」ちう大きな原因の一つでもあるのが「睡眠不足」だ。「オノレは毎日きちんと眠っておるから大丈夫」なんて思っている男性はいませんか?意外にも、オノレの睡眠時間が足りておらへんことに気が付ですかい人はすごい多く存在します。
素睡眠不足の自覚が無いので、毎日の睡眠を変えることはなく疲労や寝不足が蓄積されていってしまうのです。特に「オノレは6時間寝ておるから大丈夫」「オノレは毎日8時間は寝ている」など、世の中の人の睡眠時間を参考にしてオノレの睡眠時間を決めてしまっている人は要用心だ。
それぞれ、適した睡眠時間ちうのは個人差があります。そのためたっぷりと6時間寝てもあんはんにはまだまだ睡眠時間が足りませんのかもしれません。

また、8時間たっぷり寝ている。ちう男性であっても用心が必要だ。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ深夜にこまめに目が覚めたり、お手洗いで目を覚ましたりしていては十分なう移民がとれておらへん可能性があります。
毎朝すっきりと起きられるような睡眠時間を探し、オノレに適した時間はきちんと眠るようにしましょう。

自律神経の乱れ

$(“”862623″”).click( (null, $(‘#headline862623’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862623″”)

寝ても寝ても眠いちうわけだ。たくはん寝たのに眠気がとれへん。などきちんと睡眠がとれているにも関わらず眠気を感じることがあります。このような眠気の原因は「自律神経の乱れ」である可能性があるのです。
そもそも自律神経ちうのは「交感神経」と「副交感神経」の二つで成り立っていると言われています。昼間に活発に活動できるのは交感神経の働きにより、精神的にも肉体的にも活動的になることができるのです。逆に夜になると眠くなるのは副交感神経の働きのおかげだ。体や脳を休養させるために副交感神経が眠気を引き起こしてくれるといわれています。
これらの自立神経がバランスよく働くことで、生活が成り立っているわけですが、この自律神経が乱れてしまうと体や脳も不安定な状態に陥ってしまうのです。
夜に働くはずの「副交感神経」が昼間に働いてしまうと、仕事中や勉強中であっても眠気を感じてしまうことになりますよね。「日中もすぐ眠くなる」ちう男性はもしかしたら、自律神経の乱れによるものなのかもしれません。

二度寝、三度寝をする

$(“”862624″”).click( (null, $(‘#headline862624’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862624″”)

朝起きて、ついつい二度寝三度寝してしまう男性はいませんか?
目覚ましが鳴ってもなですかか起きられず、「あと5分だけ」「あと10分だけ」とついついもっかい眠りについてしまう男性は少なくおません。しかし、こうして二度寝三度寝をすると、頭がすっきりせず1日中ぼーっとした感覚でその日を過ごすことになってしまいます。
「日中にも眠くなってしまう」ちう人は、朝に二度寝三度寝ををしていることが多く、頭がすっきりせんまんま日中になってしまうことが原因として考えられるのです。この記事を読んでいるJOOY読者の中にも「つい二度寝をしてしまう」ちう男性は多いのではおませんでしょうか。
眠くなってしまう原因の一つとして、ぜひ朝の過ごし方を考えてみてくださいね。

食後すぐに寝る

$(“”862626″”).click( (null, $(‘#headline862626’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862626″”)

前日の夜、夕飯を済ませてすぐに眠ってしまう……。なんていう生活をしている人はいませんか?
仕事で疲れて帰ってきたり、夜遅くに帰ってきたいすると、食事を済ませてそのまんま眠ってしまうことがあると思います。
しかし、食後すぐに眠ってしまうのは胃腸などの内臓に負担をかけることになるだけではなく、オノレは眠っている状態であっても体が「消化」のためにエネルギーを使っているので、体はまるっきし眠っておらへん状況になっているのです。
「きちんと寝たのになぜかすぐ眠くなる」ちう男性は、もしかしたら前日の夜、食後すぐに眠ってしもたのが原因なのかもしれませんね。

ストレスを抱えている

$(“”862627″”).click( (null, $(‘#headline862627’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862627″”)

あまり知られていませんが、「ストレス」もすぐ眠くなってしまう原因の一つだ。仕事の悩み、将来への不安、人間関係のストレスなどが積み重なると、精神的にだんだんと暗くなってしまい、夜になっても考え事や不安で眠れなくなってしまうことが少なくおません。
また、眠れたとしても自律神経の乱れに影響するので、質の良い睡眠を得ることができず、日中に眠気を感じてしまうことも少なくないのです。社会人になるとどうしても毎日毎日ストレスとの戦いになってしまいます。
そういったことから、日中に眠気を感じてしまうことに繋がったり、常に睡眠不足を感じたりしてしまうのです。「毎日ストレスを感じている」ちうJOOY読者の人は定期的にストレスを発散する必要があるかもしれませんね。

寝すぎている

$(“”862629″”).click( (null, $(‘#headline862629’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862629″”)

日中に眠気を感じると「まだまだ睡眠が足りませんのかも?」と思うことがあると思います。そうして、12時間も13時間も寝続けてしまう……なんていう経験のある男性はいるのではおませんでしょうか。
確かに睡眠不足は眠気を引き起こす最大の原因でもありますが、逆に寝過ぎである「過眠」も眠気を引き個々す原因になってしまいます。
過眠は、「睡眠時間」は長いものの寝ている間の睡眠が浅くなってしまうと言われていて、起きている時間になっても脳や体が覚醒しておらず、ぼーっと眠たい状況に陥ってしまうのです。
「きちんと寝ているのに眠い」ちう男性はもしかしたら「寝すぎて眠い」ちう状況なのかもしれません。きちんと「オノレに適した睡眠時間」を把握し、それ以上にも以下にもならへんよう心がけましょう。

睡眠障害が原因

$(“”862631″”).click( (null, $(‘#headline862631’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862631″”)

最も深刻な原因でもあるのが「睡眠障害」によるものです。
睡眠障害とは、なですかか寝付けへん「不眠症」や、寝すぎてしまう「過眠症」、睡眠中の呼吸に異常がある「睡眠呼吸障害」など、睡眠に関わる様々な障害を「睡眠障害」と良い ますわ。こういった症状のせいで良質な睡眠を得ることができず、日中に常に眠気を感じたり、朝起きてもすっきりと目覚められなかったりするのです。
心当たりのある男性はいっぺん専門機関を受診し、適切な対処法や今後の過ごし方等の話を聞いてみると良いかもしれません。また、心当たりがなかったとしてもオノレでは気づですかいケースも存在します。特に「睡眠呼吸障害」はオノレが寝ているため自覚をするのはすごい難しく、一緒に住んでいる家族や恋人に指摘してもらわなければなですかか気づけません。
一人暮らしをしているとどうしても気づですかいことがほとんどやので、ぜひ専門機関を受診してくださいね。

体力がない、疲れやすい

$(“”862634″”).click( (null, $(‘#headline862634’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862634″”)

体力が無い、疲れやすい、などもすぐに眠くなってしまう原因の一つだ。
デスクワークの仕事や単純作業の仕事などをしていると、体を動かすことが無くだんだんと体力が落ちていってしまうもの。そのため、ちょっと動くとすぐに疲れてしもたり、疲れからすぐ眠気を感じてしもたりするのです。
普段、体を動かさない仕事をしている男性は要用心かもしれませんね。ただ、この場合改善しやすいことがほとんどで、「体力づくり」に励むことで「すぐ眠くなる」ちう状況を改善することができるといわれています。
早起きをして軽い運動をしたり、「エレベーター」「エスカレーター」の利用を避けて階段を使うようにしてみると良いかもしれませんね。

睡眠障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

こころの病気といっても、種類も症状も様々。病名をつける方法は体の病気とは考え方が異なり、主に症状や持続期間、生活上の支障などから診断名をつけます。

どんな場面で眠くなる?こないな時に眠くなる人は要用心!?

$(“”860302″”).click( (null, $(‘#headline860302’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”860302″”)

「すぐ眠くなる」ちう状況は、人によって決まった状況で眠くなるちう人がいます。「このときに眠くなる」「こないなことをすると眠くなる」など、人によって様々ですが心配がない場合とちょっぴり用心が必要な場合があります。
ここからは、そないな「眠くなる場面」について解説。オノレの状況と照らし合わせながらチェックしていってみてくださいね♪

朝起きてもすぐ眠くなる

$(“”862609″”).click( (null, $(‘#headline862609’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862609″”)

朝起きてもすぐに眠くなってしまう……。ちう男性は少なくおません。朝目が覚めてから、着替えたり顔を洗ったり。そないな行動をしていても常に眠気を感じとったりしませんか?
出勤して、頭や体を動かしているうちに徐々に眠気が取れてくるのであれば、さほど心配はないでしょう。しかし、朝起きてからずっと眠気を感じている場合、これは兄かしら原因がある可能性があります。
上記で紹介した「眠くなる原因」を良く読みなおし、オノレに思い当たる症状や、習慣を思い出してみましょう。早めの改善で、健康的な体と心を手に入れることができますよ♪

電車や車に乗っているとすぐ眠くなる

$(“”862610″”).click( (null, $(‘#headline862610’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862610″”)

「眠くなってしまう」ちう場面の中で比較的多いのが「乗り物に乗っているとき」だ。
それまでは眠くなかったものの、電車に揺られているうちに眠くなってしもた、タクに乗ってからすぐに寝付いてしまうなど。乗り物の揺れはすごい心地よく、眠気を誘われてしまうことも少なくおません。満員電車であれば常に緊張状態やのでそれどころではなく、眠気を感じにくいといわれています。しかし、比較的空いている時間帯や、タクや車の助手席などリラックスできてしまう状態での乗り物の揺れは、たとえ眠くなくてもだんだんと眠くなってきてしまうことが少なくおません。
「乗り物に乗るとすぐに眠くなってしまう……」ちう悩みを抱えている男性は、なるべく乗り物に乗っても脱力せず、仕事やゲームで頭を動かしてリラックス状態を回避するようにしましょう。

食事をするとすぐ眠くなる

$(“”862612″”).click( (null, $(‘#headline862612’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862612″”)

食事をするとすぐに眠くなってしまう……。ちう男性はいませんか?
食後に眠くなってしまう原因は大きくわけて二つの原因が存在します。一つ目は脳への血液循環が低下してしまうものです。食事をすると、食べ物を消化するために全身の血が消化器官へと集まってきます。そのため脳へ血液が回らず眠気を感じてしまうのです。
二つ目は「低血糖」によるものといわれています。炭水化物を摂りすぎると急激に血糖値が上昇します。この血糖値を下げようと「インスリン」ちうホルモンが過剰に分泌されることになってしまうのです。このインスリンによって急激に血糖値が下がり、脳の活動が低下、その結果眠気を感じることになります。
ランチでのご飯やパン、麺などの食べ過ぎは午後のパフォーマンスを下げてしまうことに繋がるので、用心してくださいね。

仕事中、勉強中すぐ眠くなる

$(“”862613″”).click( (null, $(‘#headline862613’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862613″”)

仕事中や勉強中に眠くなってしまう……。ちう悩みを抱える男性は多いやね。
痔の細かい資料に目を通しとったり、興味の無い論文や英文を勉強しとったり。こういった「オノレに興味の無いこと」「しょーもないこと」は眠気を引き起こす要因だ。
学生時代に、興味の無い授業を受けていて眠くなってしもた、ちう経験のある男性も多いのではおませんでしょうか。仕事中や勉強中に眠くなるのを防ぐには「好きな音楽」を聞いたり、仕事や勉強をする場所を変えたりすると改善されることが少なくおません。
気分を変えて仕事、勉強に打ち込むことで比較的高パフォーマンスを維持することができるかもしれませんね。

夜になるとすぐ眠くなる…。21時には眠くなる原因って何?

$(“”860319″”).click( (null, $(‘#headline860319’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”860319″”)

夜になるとすぐに眠くなる……。こないな悩みを抱えている男性はいませんか?
もうボウズやないのにすぐに眠くなってしまう。20時を超えると眠くなり、21時には限界が来る。なんていう男性もいるのではおませんでしょうか。「もしかしてオノレの体はボウズと同じサイクルですか」なんて疑問に思ってしまいますよね。しかし、そないなことはおません。
夜になるとすぐに眠くなってしまうのには、きちんと原因や理由が存在します。夜の早い時間から眠くなってしまうのは何が原因なのか、早速次で探っていきましょう。

質の良い睡眠ができておらへん

$(“”862614″”).click( (null, $(‘#headline862614’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862614″”)

質の良い睡眠ができておらへん。ちう男性はいませんか?きちんと熟睡できていなかったり、毎日の睡眠が眠りの浅いものですったり……。こういった睡眠は体も脳もきちんと休むことができていません。そのため、夜の早い時間から体が「休みたい」と訴え、眠気を感じてしまうのです。
きちんと寝ているのに体の疲れが取れへん人や、朝起きられんと辛い朝を過ごしている人は、夜も早い時間から眠くなってしまう傾向にあります。質の良い睡眠がとれるよう、オノレの生活習慣を見直したり、きちんと熟睡できるようにオノレにあった「睡眠対策」「睡眠グッズ」などを用意しておくと良いかもしれませんね。

運動不足が原因

$(“”862616″”).click( (null, $(‘#headline862616’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862616″”)

運動不足は良質な睡眠の最大の敵とも言えます。運動不足は体を対して動かしておらへんので体が疲れることはなく、脳だけが疲れた状態になってしまいます。これでは良質な睡眠を得ることができず、夜になってすぐ眠くなってしまうのは当然の事。
さらに、運動不足は血行不良を招くといわれています。そのため血液がドロドロになり、体が冷えやすくなってしまうのです。体の冷えもまた良質な睡眠の妨げになってしまい、結果的に慢性的な寝不足に陥ってしまうことも少なくおません。

睡眠障害の可能性がある

$(“”862617″”).click( (null, $(‘#headline862617’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862617″”)

夜になるとすぐに眠くなってしまう人の中には、上記でも解説したように「睡眠障害」によるものが原因ちう可能性があります。特に「過眠症」である場合、夜の早い時間からすぐに眠気を感じてしまい、夜遅くまで起きていられへん状況に陥ってしまいます。
大人になると22時就寝でも早い方なのに、それどころか20時台には眠くなっている……。なんていう男性もいますよね。もしかしたらそれは睡眠障害によって眠くなってしまうのかもしれません。
「きちんと眠っているのに、早い時間に眠くなってしまう」ちう男性はぜひ専門機関での受診を検討してみましょう。

どうしたら良い?眠くなってしもた時の対処法

$(“”860304″”).click( (null, $(‘#headline860304’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”860304″”)

ここまで読んだJOOY読者の皆はんは「すぐ眠くなる原因」についてある程度把握することができたさかいはないでしょうか。しかし、原因を突き止めてもやはり眠くなってしまうことはあると思います。
ほんで、ここからは「眠くなってしもたときの対処法」について解説。眠くなってしもた時にすぐできる方法や人前でも実践可能な対処法など、たくはん紹介していきます。簡単なものばかりやので早速今から実践するのもOK。
いつ眠くなるかわかりませんですから、ぜひ今のうちに「眠くなってしもた時の対処法」についてチェックしていってくださいね!

ミントの強いタブレットを食べる

$(“”862637″”).click( (null, $(‘#headline862637’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862637″”)

仕事中や勉強中、強い睡魔に襲われてしまうことってありますよね。そないなときにはミントの強いタブレットを食べるのがおすすめだ。最近ではミントの強さや辛さをレベルで表記された商品も多いので、一番刺激の強いタブレットをチョイスしてみるのもおすすめ♪
一気に目が覚めますし、口の中がさっぱりして眠気が拭き飛んでしまうこと間違いなしだ。ただ、人によっては刺激の強いタブレットが異常に辛く感じたりすることもあるので「辛いのが苦手」ちう男性は、あまり強くないミントのタブレットをチョイスしたほうが良いかもしれません。

コーヒーなどのカフェインをている

$(“”862639″”).click( (null, $(‘#headline862639’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862639″”)

JOOY読者にも知っている人は多いと思いますが、「コーヒー」などのカフェインを含む飲み物を摂取するのは、眠気を吹き飛ばすのに効果があるといわれています。
睡眠を誘発する「アデノシン」ちう物質の働きを低下させ、眠気を感じにくくしてくれる作用があるのです。また、覚醒させて目を覚ましたりする効果も期待できるので、眠くなりやすい午後の仕事に1杯飲むのがおすすめだ。
しかし、やからといって飲み過ぎは禁物。カフェイン摂り過ぎは様々な害をもたらします。一つは「カフェイン依存症」だ。すごい弱いものではありますが、少々依存性のある飲み物だ。大量摂取をし続けているとカフェインを摂りませんことでイライラしたり、不安を感じたりすることがあります。
適量を守ってコーヒーを楽しむようにしましょう。

15分~30分程度の仮眠をている

$(“”862640″”).click( (null, $(‘#headline862640’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862640″”)

どうしても眠くなってしもたとき、15分~30分程度の仮眠をていることもおすすめだ。
すごい短時間ではありますが、むしろこの程度の仮眠をていることで頭も体もすっきりして、仕事や勉強がよくはかどるようになるといわれています。しかし、「寝すぎ」は禁物だ。「休憩の1時間を睡眠に使おう」と、30分以上眠ってしまうと、脳が深い眠りに入り、頭がぼーっとしてしまいます。
眠気をとってパフォーマンスを上げるはずの仮眠が、逆にミスや効率の悪い状況になってしまうことにもなりかねません。寝すぎないように用心をして仮眠をとってみましょう。

しかし、人によっては「そないな短時間では起きられへん」ちう男性もいると思います。そないな男性にちょっとした裏技を教えましょう。
実は仮眠の直前に「コーヒー」を飲むのがおすすめだ。コーヒーは摂取してから約20分後ぐらいから吸収されるといわれています。そのため、20分後に脳が覚せい状態に入るちうことなのです。
ちょうど20分後に起きられるよう、仮眠の直前に飲んでおくことやっきりと目覚めることができます。「つい寝すぎてしまう」ちう男性はぜひ試してみてくださいね。

その場で簡単な運動をする

$(“”862647″”).click( (null, $(‘#headline862647’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862647″”)

どうしても眠気を感じてしまうときは、その場で簡単な運動をするのも効果的だ。
トイレまで歩いて行ったり、その場で伸びをするのも眠気を吹き飛ばす効果はあります。簡単な運動で体の代謝をアップし、自律神経を整えてくれるのです。眠くなってしもた時は、とりあえずその場から立ち上がり、とにかく体を動かすことを意識してみましょう。
簡単な運動でも眠気が吹き飛ばない場合にはいっそのこと筋トレなどのハードな運動もおすすめ!ドーパミンが分泌されて、さっきまでの眠気が嘘のようにやる気に満ち溢れてきます。
その場でスクワットをしたり、壁をに手を当て腕立て伏せをしたりして、人前でもできる筋トレを実践してみましょう!

テンションが上がるような音楽を聴く

$(“”862648″”).click( (null, $(‘#headline862648’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862648″”)

疲れることなく、手っ取り早く眠気を吹き飛ばしたいのであれば「テンションが上がるような音楽を聴く」ちうのがおすすめだ。これはアップテンポな曲だけに限らず、オノレの好きな曲や好きなアーティストの曲でもOK。
眠気が吹き飛ぶぐらいハイテンションになれるような音楽であれば何でも良いのです。音楽による刺激は、脳にダイレクトに刺激されるため、気分が盛り上がることでいつの間にか眠気が吹き飛んでしまうもの。しかし、職場などではイヤホンをしながら仕事をするわけにもいですかいので、小さな声で鼻歌を歌ったり、休憩中に音楽を聴いたりすると良いかもしれません。

「すぐ眠くなる」の状況を回避するには

$(“”862636″”).click( (null, $(‘#headline862636’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862636″”)

「すぐ眠くなる」ちう状況を回避するためにはどうしたら良いのでしょうか?
眠くなってしまう原因を把握し、眠くなった場合の対処法を上記で紹介しました。ここからは、まず根本的に「眠くなる状況を回避する」ちう方法を紹介していきます。毎日の生活習慣を見直すきっかけにもなるかもしれません。
今後は眠くなって辛い思いをせんよう、ぜひ次をチェックしてみてくださいね。

オノレに適した睡眠時間を確保する

$(“”862654″”).click( (null, $(‘#headline862654’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862654″”)

まず、大前提でもあるのが「睡眠時間を確保する」ちうもの。毎日4時間睡眠、なんていう短時間の睡眠は誰がどう見ても寝不足だ。これではすぐに眠くなってしまうのは当然の事。きちんと睡眠時間を確保するようにしましょう。
また、「睡眠時間が長ければ良い」ちうものでもおません。オノレに適した睡眠時間をきちんと把握し、毎日取り入れることが大切だ。オノレに適した睡眠時間が分かりません、ちう男性はまずは「8時間」の睡眠を心がけ、ここから30分ずつ増やしたり減らしたりしながらオノレにすっきりと目覚めることができ、1日の生活で眠気を感じにくい睡眠時間を見つけ出すようにしましょう!

眠る前にスマホやPCを触りません

$(“”862656″”).click( (null, $(‘#headline862656’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862656″”)

眠る前にスマホやPCを触ってしまう人って多いやね。JOOY読者の中にもたくはんいるのではおませんでしょうか。しかし、眠る前のスマホやPCは禁物。強い光の刺激で交感神経が刺激され、質の良い睡眠をていることができなくなったり、そもそも眠れなくなってしまう可能性があるのです。
眠る30分前にはスマホやPCの画面を見るのはやめ、読書をしたり音楽を聴いたりしながらゆっくりと過ごすようにしましょう。朝起きた時に毎日毎晩壱年中と違う目覚めを味わうことができますよ。スマホやPC以外にも「テレビ」「ゲーム」「タブレット」なども同様に強い光が刺激になってしまうので、これらも控えるようにしてくださいね。

毎日決まった時間に起きるようにする

$(“”862660″”).click( (null, $(‘#headline862660’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862660″”)

ぜひ、明日から取り入れてほしいのが「毎日決まった時間に起きる」ちうもの。社会人になればある程度6時ごろ起きる、7時には起きるなどと、起床時間が定まっていることが多いですが、ここはぜひ「分単位」で、毎日の起床時間を確定させましょう。
特に、休日はついついゴロゴロと遅くまで眠ってしまいがち。せっかく決まった時間に起きていても、休日の1日のズレでもっかい睡眠のサイクルが狂ってしまいます。
毎日決まった時間に起きることで、体がリズムを覚え「眠るべきではおません時間」に眠気を感じなくなっていきます。ぜひ、早速明日から実践してみてはいかがでしょうか。

朝起きたら朝日を浴びる

$(“”862793″”).click( (null, $(‘#headline862793’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862793″”)

皆はんは朝起きて、カーテンを開けていますか?もしかしたら「基本的にカーテンは閉めっぱなし」なんていう男性がおるかもしれません。
しかし、寝起きでカーテンを開けることで朝日を浴びることができます。朝日を浴びることで体内時計を整え、規則正しい生活を送るきっかけになるのです。寝る時間、起きる時間をきちんと体が把握するので、余計なタイミングで眠気を感じることがおません。
朝起きたら先ず一番に朝日を浴び、体も脳も覚醒させるようにしましょう!「朝が弱い」ちう男性でも頭がすっきりとするのでおすすめや♪

眠る前の行動を決める

$(“”862797″”).click( (null, $(‘#headline862797’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862797″”)

夜、眠る前の行動って習慣化されていますか?
例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「ストレッチしてから寝る」「明日のスケジュールを確認してから寝る」など。寝る前の行動を習慣化することを「入眠儀式」とも良い、これを取り入れることで体が「寝るタイミング」を覚えてくれるのです。
入眠儀式を行うことで体は「寝るモード」に突入し、質の良い睡眠を摂ることができまず。また、入眠儀式を行いません時に眠気を感じにくくなるので、日中に眠くなってしまうのを回避することもできるのです。
現在この入眠儀式が無い人はぜひ、簡単な入眠儀式を作ってみましょう。毎日取り入れることでいつの間にか「すぐ眠くなる」ちう状況を回避できるようになっているはずだ。

眠くなったらベッドに入る

$(“”862799″”).click( (null, $(‘#headline862799’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862799″”)

「明日は早いからもうベッドに入ろう」とは思っても、なですかか寝付けへんことって多いやね。眠くないのにベッドに入っても眠れへんのは当然の事。眠れなさからイライラしたり、明日の不安を感じて余計に眠れなくなってしまうことも少なくおません。
明日の予定が気になる気持ちもわかりますが、眠くないタイミングで無理にベッドへ入ることはやめ、眠くなってからベッドに入るようにしましょう。これやんなりと眠りに入ることができますし、睡眠前のイライラなどで質の悪い睡眠になってしまう心配もおません。
多少睡眠時間が短くなっても、この眠り方の方が体にも脳にも良い影響をもたらします。ぜひ覚えておいてくださいね。

落ち着いた音楽をかけてみる

$(“”862803″”).click( (null, $(‘#headline862803’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862803″”)

やはりすごい効果を期待できるのが「音楽」だ。
特に副交感神経を刺激してくれるような落ち着いた音楽は、夜寝る前のタイミングで聴くにはすごい効果的な音楽。リラックスできるようなゆったりとした曲調であれば、自然の精神的に落ち着くことができ、昼間のストレスや疲れを緩和させてくれることでしょう。
また、音楽以外にも「鳥のさえずり」「川の流れる音」なども、睡眠に適した音だ。動画サイトやCDなどでも販売されているのでぜひチェックしてみてくださいね。

夕方や夜にカフェインを含む飲み物を飲まない

$(“”862805″”).click( (null, $(‘#headline862805’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862805″”)

コーヒー好きにとって、コーヒーは常に飲んでいたい飲み物でもありますよね。しかし、良質な睡眠を得るためにも、夕方以降のコーヒー摂取は控えるようにしましょう。コーヒーには精神的にも肉体的にも覚醒させてしまう働きがあります。そのため、夕方以降にコーヒーを飲むと眠れなくなってしまうのです。
どうしても飲みたい場合には牛乳も加えて「コーヒー牛乳」にしてみると良いかもしれません。その際にはなるべく牛乳を多めに混ぜるようにしましょう。また、ホットなら体を温めて、眠気を誘う効果があるのでなるべくホットで飲むようにしてくださいね。

昼間は適度に体を動かしておく

$(“”862807″”).click( (null, $(‘#headline862807’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862807″”)

やはり質の良い睡眠を手に入れるためにも「昼間に適度に体を動かす」ちうことはすごい大切だ。ほどよく体を疲れさせることで、自然とよるには熟睡できるようになるもの。体が疲れていなければ、そもそも肝心の夜に眠気がやってこなくなり、「睡眠不足」として昼間に眠くなってしまうようになるのです。
あまり体を動かさない仕事であれば、通勤の仕方を変えてみるのもおすすめ。「エレベーターやエスカレーターは使いません」「一駅分歩く」「遠回りをする」など。生活の中で、体を動かせるシーンはたくはんあるので、ぜひオノレの生活スタイルを見直して、こまめに体を動かすようにしてみてくださいね。

睡眠に良いアロマを炊いてみる

$(“”863150″”).click( (null, $(‘#headline863150’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”863150″”)

睡眠に良いアロマを炊いてみるのもおすすめ。
「アロマ」と聞くと何となく女性向けのイメージがありますが、決してそないなことはおません。「アロマ療法」ちう言葉もあるほど、アロマは健康や生活を整えるサポートをしてくれます。中でも「睡眠」のためのアロマには「ラベンダー」などがあり、良い香りに包まれながら眠ることで質の良い睡眠を得ることができるのです。
大掛かりなアロマセットは買う必要ないので、まずは「ラベンダー」のアロマを購入し、枕元に一滴垂らしてみましょう。優しい香りに誘われていつの間にか眠りに落ちているはずや♪
費用も1,000円~と比較的安価やのでぜひ、これを機に試してみてくださいね。

なですかか眠れへん…。すぐに眠くなるための方法とは?

$(“”860310″”).click( (null, $(‘#headline860310’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”860310″”)

ケツに紹介するのは「なですかか眠れへん」ちう状況で使える方法だ。
眠れへん時ってすごい焦りますし、次の日の仕事内容によっては「今すぐ寝なくちゃいけへんのに!」なんてイライラしてしまうことも多いやね。
ここからはそないな「眠れへん」の悩みに効く、「すぐ眠くなる方法」について紹介していきます。早速今日からできるものです、安価でできるものですらなんですら、幅広く紹介していきます。
眠れんと悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ストレッチをする

$(“”862809″”).click( (null, $(‘#headline862809’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862809″”)

意外にも効果があるのが「ストレッチ」だ。
ストレッチをすることで、血流が良くなり代謝がアップします。また、体もほのかに温まるので眠くなりやすく、リラックスすることができます。
ゆっくりと眠るためにはリラックスした心は欠かせません。日中のイライラや不安などを消し去るためにも、寝る前に軽くストレッチをしてみましょう。

ホットミルクを飲む

$(“”862811″”).click( (null, $(‘#headline862811’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”862811″”)

牛乳には「カルシウム」「ビタミン」が豊富に含まれているので、日常のイライラを抑えたりリラックスすることができます。さらに、牛乳に含まれる「トリプトファン」が睡眠促進を促し、眠気を誘ってくれるのです。
また、ただそのまんま飲むのではなく温めて飲むことでより安眠効果を狙うことができます。体を温めながら牛乳の持つ栄養成分によって睡眠を促してくれるので、マグカップに注いでレンジで温めると良いかもしれませんね!

足湯をする

$(“”863465″”).click( (null, $(‘#headline863465’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”863465″”)

足を温めることで、血流が良くなり安眠効果を期待することができます。特に冷えやすい足のせいで寝つきが悪くなったり、睡眠の質が下がってしまうことも少なくおません。
洗面器に40度程度のお湯を張り、ゆっくりと温めていきましょう。足湯が終わった後、ベッドに入ったとたんにいつの間にか眠りに落ちておるかもしれませんね!足湯を用意するのが難儀な場合、蒸しタオルで代用することも可能やので、ぜひ活用してみてください。

すぐ眠くなるのには理由がある!正しい対処法で改善しよう♪

$(“”860322″”).click( (null, $(‘#headline860322’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”860322″”)

「すぐ眠くなる」ちうのはただの睡眠不足以外にもさまざまな原因が存在します。今回の記事ではそういった悩みを抱える男性のために様々な「原因」「対処法」などを解説しました。
睡眠に関する悩みを抱える男性は決して少なくおません。今回の記事を参考にしながら、睡魔の悩みを軽減させてくださいね!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 誰もがうらやむ【あげまん女子】の特徴と見つけ方|一生幸せな男に!…

  2. オノレなら嬉しい? エスカレートする彼女の束縛行為6つ

  3. 【床屋でカッコ良い髪型にしてもらう方法】頼み方~作り方&スタイル…

  4. 不倫と浮気の違いはどこ?わが身に降りかかる恐るべき代償

  5. 2016年最新《ハットメンズ》おすすめの種類とおしゃれなかぶり方…

  6. 妻は夫の不倫をぜ良いんぶひとつのこらず知っている!それでも隠し通…

  7. 【甲府マニアおすすめ!】甲府グルメ食べて見て感じて決定版25店舗…

  8. 松山のお洒落カフェはココ♪女の子がキュンとくるスポットまとめ

  9. 2015パープルコーデで作る大人メンズの秋冬スタイル着こなし術

  10. 【2016最新版】ニクソン腕時計が大人メンズに似合う|リアルにお…

  11. 【着たもん勝ち!!】話題のChampion(チャンピオン)ビッグ…

  12. 好きすぎて辛い?彼女に言われたら「わても」って言ってあげるのが最…

ページ上部へ戻る