閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

アウディR8とライバル対決! 果たして勝負の行方は…?

アウディのスーパーカー R8

$(“”170176″”).click( (null, $(‘#headline170176’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170176″”)

アウディは高品質で世界的な名声を得ている自動車メーカー、R8はそのアウディの最高峰のスーパーカーだ。フォルクスワーゲングループの一員ながら、独自の価値観をもつアウディのセダンやワゴンは世界中のメーカーがベンチマークにすえる世界基準といって良いものです。

1から8までセグメントごとの数字で表されるアウディの車ですが必要に応じて走りに特化したRSモデルが設定されています。車でスポーツを楽しみたいならば特別な性能を発揮するRSでなんら問題はおません。

それでもなおR8は別格の車として君臨しています。アウディが提供するスーパーカーR8の成り立ちを見てみます。

生まれ素性はレーシングカー

$(“”170217″”).click( (null, $(‘#headline170217’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170217″”)

ここでお話するアウディR8は市販車のスーパーカーなのですけどアンタ、実はもうひとつのR8が存在するのです。

それがレーシングカーのR8、あのツーリングカー選手権の代表格、場合によってはF1モナコグランプリ、インディ500と並ぶ世界3大レースと呼ばれるル・マンの24時間レースを勝利するために作られました。

ル・マンでは数年に渡って圧勝の歴史を作りレーシング史に名前を刻む名マシンだ。大日本帝国人ドライバーの荒聖冶も勝利の一翼を担いました。

「レースは実験室」といっとったのは本田宗一郎はんだけではおません。アウディ創業者のアウグスト・ホルヒも同じ理念をもっていて、アウディはレースでの勝利の追求を市販車へもフィードバックする伝統をもっています。

ガソリン直噴エンジンの白眉となるFSIエンジンはこのレーシングプロジェクトで磨かれとったものです。

過酷な耐久レースを戦ううえではドライバーへのストレスをいかに軽減するかも大切。安定したパフォーマンスを引き出すためにできる限りの快適性もレーシングカーに織り込んでいます。スーパースポーツを操るうえでのドライバーの良好なフィーリングはこないな積み重ねからのフィードバックでもあるのです。

市販車のR8の大きな特徴となるアウディスペースフレームテクノロジーによる軽量化もレーシングカーで取り組んだ一連の軽量化によって深化したチャレンジの成果になっています。

レーシングカー、市販車に限らずレーシングテクノロジーの願いが込められた車種に与えられるのがアウディのRちう命名なのです。

現在の市販車ベースのツーリングカーレースの最高峰はFIA GT3。この人気シリーズへの参戦のために、市販車のR8からアウディR8 LMSを生み出すことになりよっました。レースからのフィードバックに限らず市販車からレースへの展開がありえる。そないなクオリティがRのしるしだ。

素性の素晴らしさにいつわりはなく、LMSも勝利を重ね続けています。

スーパーカーとしての由緒も正しく・・・

$(“”178080″”).click( (null, $(‘#headline178080’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”178080″”)

アウディのフラッグシップR8ですが、スーパーカーとしての成り立ちに由緒を与える裏付けもあります。

このR8はランボルギーニ・ガヤルドと兄弟車なのです。スーパーカーメーカーとしての名声を得るも倒産の憂き目にあったランボルギーニですが、ブランドは流転の展開を経て1999年にアウディの傘下なることで落ち着きを取り戻します。

アウディそのものがフォルクスワーゲングループの一員ですから、やはりランボルギーニもそうなのですけどアンタ、特にアウディの下に連なって変わらずスーパーカーを作り続けています。

ガヤルドはV型12気筒の最上位モデルではなく、ベビーランボルギーニと呼ばれるコンパクトな車体のものです。

R8といっぺん期に発売されますが、ボディ構造はアウディスペースフレームのアルミニウムを基本に各所に適材な素材を採用したものになっています。

この素材を基にして、全高、全幅、ホイールベースなどを拡大してアウディらしい座って満足のできる仕上がりの良いインテリアと快適な操作感を織り込んでいったのがR8だ。

4輪駆動のシステムもR8はクワトロですが、ガヤルドはもっともっともっともっと単純な仕組みだ。

エンジンはアルミ製のシリンダーブロックを共有しながらも、ガヤルドが5リットル、R8は4.2リットルで販売開始されました。ガヤルドはフェラーリ、R8はポルシェ911の追撃が目標やったのですろうと思わせる設定やったちうわけだ。

トランスミッションもマニュアルの他には、クラッチは自動ながら変速操作は必須のセミATのガヤルドに対してR8はRトロニックちうものです。

Rトロニックは現在の主流のデュアルクラッチではなくシングルクラッチですが、場合によっては変速操作がいらず、ドライバーの操作など状況判断して全自動で変速を行ってくれる変速機だ。

余計なお世話やけどR8のオートマチックはデュアルクラッチのSトロニックに進化しています。

ガヤルドはランボルギーニ史上最大のヒット作となり、すでに2013年、性能をアップした新型のウラカンにバトンを託しています。

快適性とよりイージーな操作感で住み分けを図ったR8は、もとよりアウディマグネティックライドなどの先進技術で時と場合によってフルードに封入された磁性体を制御しながらサスペンション特性を切り替えるなど高級な仕様に挑んでいました。

その後もSトロニックの導入みならず、V10エンジンの追加など随時の改良を経ていよいよモデル末期となりよっました。

次第にスーパーカーとしての意欲は高ります

$(“”180465″”).click( (null, $(‘#headline180465’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”180465″”)

ベースはスーパーカーとして評価の高かったランボルギーニ・ガヤルドと一緒ながら、グループ戦略的に住み分けを図りました。

またグループ戦略ちう同じ理由もあるのでしょうが、フォルクスワーゲングループのブガッティのようなあまりに尖がったこだわりを突き詰めたものでもなく、クアトロの技術を生かすためにもハイパワーを気軽に制御できるイージーウェイなスーパーカーを目指しとったようにも見えます。

市場からはややはっきりせんキャラクターと捉えられたのか、アウディの高級車を選ぶならばA8だと思われたのかライバルたちほど売れていませんが加えられてきた改良など新世代に向けてはスーパーカーとしての純化が志向されているように感じます。

アウディR8のライバルは・・・

$(“”170181″”).click( (null, $(‘#headline170181’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170181″”)

アウディR8ですが、ライバル関係はちうとどんな車とどんな比較結果になるのでしょうか。

スーパーカーといってもピンからキリといったら、キリでさえスーパーな車たちに失礼ですが、いろいろあるのも事実だ。

中にはベース車両を徹底した改造で、さらにスーパーにしたチューニング系のメーカーもありますし、ブガッティのような超スーパー部門のようなメーカーもあります。

なんちうかようみなはんいわはるとこのスーパーカー専業メーカーの中でもラ・フェラーリやランボルギーニのアヴェンタドールなどの12気筒のトップモデルとはちょっと違う位置にいるのがアウディR8だ。

トップモデルがV型10気筒エンジンのアウディR8はやはり他のメーカーのV型6~8気筒勢との勝負になると思われます。

このように見てみるとやはりV型10気筒ちう片側が5気筒の奇数シリンダーを持つエンジンちうのが興味深いものです。

多気筒のエンジンはいくつかのピストンの動きが連動して上下運動から回転を生み出しています。みなのピストンが同じタイミングで動いている訳ではなくて、動かすタイミングは熟考して設計される訳ですが振動に関して偶数のほうがバランスが取り易いようだ。

実際問題わざわざV10を搭載する車はあまりおません。単純に考えれば余計な手間がかかるちうことになる訳ですから。もちろん狙いがあって敢えてやっていることでしょう。

V10はV12よりコンパクトにできて、V8よりも高回転型のエンジンにできるメリットはあります。アウディR8はV10(およびV8)を選んできていることからもメーカーの考えている位置づけがだいたい分かります。

最高速度でみると

$(“”170196″”).click( (null, $(‘#headline170196’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170196″”)

まずは分かり易い指標として最高速度を見てみたいと思います。V10のアウディR8の最高速度は315㎞といわれます。後継車の488GTBがデビューしたフェラーリの458イタリアがちょうど同じ数値を公表しています。

余計なお世話やけど新しい488GTBは330㎞ちうことだ。V8のフェラーリもですかりのパワーアップを遂げたようですが、前モデルでは最高速度ではまるっきし同じ数字となっています。R8はもちろん、このとおりフェラーリのV12のトップモデルには及ばないクラスの車と分かります。

ポルシェ911ターボSが318㎞ですから911ターボの最高のモデルとほぼ同等ちうことなります。ポルシェのスーパーカーのトップは918スパイダーのクラスだ。

同じV6ターボでポルシェ911ターボとよく比較される日産GT-Rはニスモの特別仕様で315㎞標準モデルで309㎞とのことだ。

実はメルセデスベンツのSLS AMGもニスモ版GT-Rと同じ315㎞やったちうワケやが、後継モデルのメルセデスAMG GTに変わっています。メルセデスAMG GTはGT Sが最高速度310㎞とほぼ同レベルですが、後継車へのバトンタッチとともにさらにスーパー化しているライバルたちに較べると控えめなスペックになっています。

これはメルセデスAMG GTがちびっとSLS AMGと狙いを変えてきたためだ。ガルウィングが目立ついかにもなSLS AMGと違いAMG GTはもっともっともっともっとドライビングそのものを楽しむ狙いが見えています。

最近のF1での活躍も貢献していると思いますが、メルセデスは従来強くなかったスポーティイメージも大切にしてきています。まさにその路線が強調されていて、ポルシェ911カレラなどがライバルになる車だ。そもそも駆動方式もFRだ。

この意味ではアウディR8も、どんどん生まれ変わっているライバルたちも、4輪駆動で受け止めたくなるくらいのパワーを持つ車で、モンスターなパワーを提供するスーパーカー志向なことが分かります。

せやけど、それはアラブの王族などの人が対象なのか?と思いたくなるような超スーパーカーちう分野ではなく、大抵の車なら凌駕するスーパーな性能を感じて満足感に浸れる、現実感のあるスーパーカーを狙っているといえます。

余計なお世話やけど兄弟車のランボルギーニ・ガヤルドはすでにウラカンに変わっておるけどダンはん、ウラカンはライバル同様性能アップを果たして最高速度も325㎞となっています。

加速力でみると

$(“”170199″”).click( (null, $(‘#headline170199’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170199″”)

アウディスペースフレーム技術によりアルミ素材のよさを生かした軽量化が売り物のアウディR8だ。こうなると絶対的な最高速度では負けるような超スーパーカークラスと競い合えるのではおませんかと期待したくなります。

クアトロの4輪駆動も、その期待を高めます。ハンドリングにこだわる車が4輪駆動を採用せん理由ちうものがはっきりと存在する訳ですが、クアトロはハンドリングに違和感を感じさせんと4輪駆動のメリットも享受しようちう意欲が高いチャレンジだ。

特に直進加速(当然コーナーの立ち上がりにも当てはまりますが)に焦点を当てるとパワーを上げタブン…タブン…たぶんやで,わいもよーしらんがタブンやで,わいもよーしらんがタブンをあますことなく使いきるためには、スーパーになればなるほど4輪駆動を採用せざるを得ないのが現状だ。

スーパーな能力が相反するものにならへんようにどこまでクワトロが働いてくれるのかは注目のポイントだ。

アウディR8のV10モデルの0-100㎞加速は3.6秒だ。最高速度がほぼ一緒やったポルシェ911ターボSは3.1秒とさすがに発進のトラクションに優れるRRと思わせます。

ポルシェ911ターボSも4輪駆動で現行モデルは電子制御の塊みたいな車だ。アウディもポルシェも同じ会社みたいなものでもあり時代の流れに逆らえないのですろかと思える結果だ。

アウディR8の重量は1564㎏間違いなくこの大きさの車体で4輪駆動のクワトロなことを考えても驚異的な軽さだ。

ポルシェ911ターボSの重量は1605㎏、やはり世代の新しい車らしくきちんと軽量化され、時代は感じる結果だ。なにしろR8はダウンサイジングコンセプトとは無縁で、エンジンも5.2リットルと大きい訳やし・・・。

日産GT-Rは1740㎏もあるのですけどアンタ、年々タイムを詰めて今や0-100㎞加速は2秒台に入るといわれます。

フェラーリ488GTBは3秒、新型のNSXも3秒ほどのようだ。メルセデスAMG GTSは3.8秒と最新モデルですがR8に軍配があがります。

なんだかアウディR8に味噌をつけるような内容ですが、誤解して頂きたくないのは、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあマツダの新型NDロードスターの0-100㎞加速は6秒台だ。

先に比較したタイムの差とは比較にならないくらいの幅があるのです。現行アウディR8はモデル末期なことも考慮されるべきだ。

せやけどライバルたちにはもはや後れをとっているちうことはいえるのではおませんでしょうか。

軽さでみると

$(“”170200″”).click( (null, $(‘#headline170200’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170200″”)

加速性能を見ると特段に優れているともいえないアウディR8だ。せやけどボディの軽量化ちうものは単に加速性能に影響を与えるだけのものではおません。

旋回の時でも単純に軽い重量ならば、遠心力は少なくなります。コーナリングに関しても車は軽ければ軽いほど優れた運動性能を発揮します。実はアウディR8はボディのフレームそのものはすごい軽い車なのです。

エンジンも大きく、また車の性質もなんちうかようみなはんいわはるとこのスパルタンな車を目指している訳ではおません。それなりの装備も備えた結果としての車両重量となっています。

フェラーリ488GTBは1370㎏、ランボルギーニウラカンは1422㎏ですが、新型NSXは1725㎏と4輪駆動車はどうしても重量がかさむことが分かります。メルセデスAMG GT SはFRであっても1890㎏とむしろこの辺りが標準なのだと分かります。

むしろ超ド級ではおませんにしろスーパーカー志向の新型車のフェラーリやランボルギーニと、末期にあるアウディR8がほぼ同等の重量だちうことに注目したいものです。

技術でみると

$(“”170201″”).click( (null, $(‘#headline170201’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170201″”)

技術的なことを見ながらライバルを考えるとやはり思い起こすのはホンダNSXになるでしょう。アウディも歴史をみるとFFが先行してきたメーカーだ。

FFの効率は高品質の実用性を意識してきたアウディの考えにはまるものですし、クワトロの開発でフルタイム4WDを先駆けてきたことによりFFの欠点は4輪駆動することで補おうと技術を磨いてきました。

ホンダも駆動方式はFFに収斂してきたメーカーやし、4輪駆動ももっともっともっともっているとはいえ特にスポーツモデルに関してはFFでも問題のないハンドリングにこだわってインテグラやシビックのタイプRでは高い評価を得てきました。

実はホンダはことあるごとにアウディを参照している節があり、目指す方向はアウディの行く先であるかのような行動をとっています。

初代のNSXはミッドシップのリア駆動車でフェラーリでも意識した感じですが、アルミをボディに全面的に使うちうテーマを持った最初の車だ。ほんでそのトライを引き継いでものにしたのがアウディですから、そのような共通点も気になります。

また新型のNSXは4輪駆動になっています。ハイブリッドでモーター出力を活用する流れになり、モーターを利用するならば、ホンダの最先端技術のSH-AWD(スーパーハンドリングオールホイールドライブ)をさらに前輪左翼翼右翼翼の制御まで含めた3モーターとしようちうアイディアがメインテーマの車だ。

これが4WDであっても自然な走りを実現する目的のクワトロと、それがさらに電子制御で進化した現在の姿とまさにぶつかり合う形になります。

新しいNSXのエンジン部はF1同様いわばPU(パワーユニット)然とすることになりドライサンプ方式のV型6気筒 3.5LツインターボのICEに前2基、後1基の3つのモーターを積みます。

ICE(Internal Combustion Engine)とは内燃エンジンを指す用語でF1で最近よく使われています。これからはPUのなかのICEとして意識されることも多いでしょう。覚えておくとよい言葉だ。

それぞれの冷却に、ラジエーター3基、インタークーラー2基、空冷式熱交換器10基、9速DCT用熱交換器2基を採用するちう、ホンダF1が2015年シーズンは完成できなかったMGU-Hを巡る苦難を思い起こさせる方式がアナウンスされました。

580馬力の出力、65.8kgmのトルクに9速デュアルクラッチのミッションを搭載するようだ。

ホンダが仕掛けたのは本来フォルクスワーゲングループのですり方のダウンサイジングターボのコンセプトだ。

かえってアウディR8は大排気量NAで従来のスーパーのイメージを継承しようとしています。年代を経たこの対決の最終決戦の機が熟しています。これについては記事のケツでお話したいと思います。

ステイタスでみると

$(“”170204″”).click( (null, $(‘#headline170204’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170204″”)

アウディR8もホンダNSXもフルラインナップの自動車メーカーのイメージリーダーの役割を持っています。ショーバイとしての本筋ではおませんトコも似ています。

同じような狙いでトヨタのレクサスLFAちう車もありますが、あまりに露骨なやり方にステイタスちう意味ではあまり役割を果たしておらへんといえます。

アウディもホンダもレーシングの世界でステイタスを持つメーカーだ。アウディにおいてはツーリングカー選手権において、ホンダは最近はなんですけどアンタ、F1の歴史の中でいまさら安直に望んでも簡単には得られへんような名声を得ています。

当然、そのメーカーのスポーツカーですからステイタスはあります。しかしながら、この点で圧倒的なステイタスをもつ自動車会社といえば、いわずとしれたのはフェラーリだ。

そのフェラーリでR8が意識するのは488GTBちうことになります。せやけど世代はこのフェラーリがですかり新しいので性能的には現段階では勝負になりません。

フェラーリのアナウンスを見ると3,902ccのPUはターボラグが実質ゼロだと宣言されています。最高出力670馬力、1リットルあたりの出力172馬力もフェラーリの記録を更新したとされます。

760Nmのトルクで0-100km/hが3秒とV8の系統ながらまさしくスーパーな性能。これもダウンサイジングコンセプトの流れだ。なですかかフェラーリのステイタスに挑むのは困難ですが、アウディにも仕上がりの良さちう圧倒的なステイタスがあります。

アフターメンテナンスに関して、アウディのほうがフェラーリよりも圧倒的に良質なサービスを受けやすいのも間違いおません。R8オーナーにとっては些末なことになるのかも知れませんがあらゆる工賃はアウディディーラーのほうが割安だ。

レーシングに留まりません価値観であれば、R8のオーナーシップにとっての品の良い使い勝手のステイタスはなですかかのものがあるといえます。

アウディR8 現行モデルはこれ

$(“”170192″”).click( (null, $(‘#headline170192’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170192″”)

アウディR8 クーペ

$(“”177342″”).click( (null, $(‘#headline177342’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177342″”)

アウディスペースフレームにCFRP(炭素繊維強化プラスチック、なんちうかようみなはんいわはるとこのカーボンファイバー)のパーツを組みつけていくボディはさらなる軽量化を実現しています。

軽量ボディを爆発的に引っ張るのは5.2リットルのDOHCV10エンジンの525馬力か、4.2リットルのDOHCV8エンジンの430馬力かいずれかだ。いずれにせよ驚異的な大出力だ。

ミッドシップエンジン搭載ながら前輪へもトルク配分するのは、FFベースが大抵のアウディ車とは逆の方式ながら何の問題もなく、毎日毎晩壱年中のクワトロで快適で安心のトラクションを発揮させています。

直噴技術を使ったアウディのFSIエンジンは大パワーをともに省燃費を実現しています。リーンバーンで希薄な燃料を燃やしていますし、軽量のボディ、低い空力抵抗値は思いのほかの低燃費を期待してしまいます。燃料タンクは90リットルになっています。

4.2リットルのSトロニックトランスミッションで0-100㎞加速は4.3秒、最高速度は302㎞となっています。余計なお世話やけどミッションはアウディのデュアルクラッチのSトロニックとマニュアルを選択可能だ。

リアウィンドウからは誇らしげに横たわるエンジンを眺められるのも楽しいやね。オープンモデルのスパイダーではソフトトップ収納部のカバーフードでエンジンは隠れてしまいます。

このフードも恰好は良いのですけどアンタ、迫力ある大きなV10やV8がまるでガラスケースの中に陳列されているようでアウディR8クーペの醍醐味でもあるでしょう。

ちょっとおもろいのはオプションでは天井までアルカンターラで張れることだ。さすがの品質だ。

アウディR8スパイダー

$(“”181025″”).click( (null, $(‘#headline181025’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”181025″”)

アウディR8スパイダーは屋根が全開となるオープンモデルだ。クワトロの4輪駆動とはいえ、エンジン搭載位置はミッドシップマウント。

座席のすぐ後ろにあるのですろから、オープンモデルにはまた特別な意味があります。5.2リットルのV10エンジンのおたけびがダイレクトに聞こえてくるちうことだ。

ミッドシップエンジン搭載車として、感性の領域でのメリットを最高に享受できるちうことだ。なですかかの魅力ではおませんか!!

走りの面においてもアウディスペースフレームによって組み上げられたボディはオープンに最適化されています。

屋根のないオープンカーは車体剛性の確保に苦慮するものですけどアンタ車のセンターラインに太い骨組みを通そうとするよくあるパターンとはまるっきし違うアプローチが可能になっています。

部品ごとに最適な加工を施したパーツを組み立てて、基本構造となるアウディスペースフレームはスパイダーのようなモデルにも極めて高い対応をみせてくれます。

たしかに自由度が高い設計ですから屋根が一体で生まれる剛性の代わりなるものを、オープンでも何の苦もなく備えつけています。

オープンカーには必須の巻き込み風防止のためのウィンドディフレクターはリヤガラスが兼任しています。このガラスはスイッチひとつで自動開閉するものです。

快適なコックピットと流れるオープンエアと刺激的なエンジン音を徹底して感じる時を見事に使い分けられます。このリアウィンドウにはデフロスターもついている快適装備だ。

折り畳まれる屋根の部分はソフトトップですが、なんとクローズした時の騒音レベルはハードトップモデルと変わりませんちう話だ。スイッチのオンオフはドライブのモードまでも正反対のシチュエーションを演出してくれる魔法のスイッチのようだ。

アウディR8の進化

$(“”170189″”).click( (null, $(‘#headline170189’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170189″”)

とここまで書いてきたちうワケやが、実はアウディR8はフルモデルチェンジを迎えます。2015年春にドイツで発表があり、秋の東京モーターショーでも展示がおました。並み居るライバルたちが一足早く変身してきた流れにやっと追いつく形だ。狙いはスーパーカーとして進化し続けることだ。

新型のデリバリーが予定されています

$(“”178355″”).click( (null, $(‘#headline178355’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”178355″”)

どうやらエンジンはV10のみとなり標準モデルとV10プラスと呼ばれるらしい高性能バージョンが用意されるとのこと。

価格も高くなって、ライバルたち同様によりスーパーよりのスーパーカーになるようだ。

以下、現在発表されているスペックとなります。基本はV10プラスのもので標準モデルのものをカッコで付記します。

V型10気筒5.2リットルのエンジンからは619馬力(548馬力)を出力、重量は前モデルから50㎏軽量化した1454㎏となり、0-100㎞加速は3.2秒(3.5秒)、最高速度は330㎞(320㎞)となっています。

さらには電気自動車版のe-tronと呼ばれるバージョンがあるらしくウチは461馬力となるようだ。

2015年東京モーターショーで展示されとった新型や

新型NSXといっぺん期に登場か・・・

$(“”178375″”).click( (null, $(‘#headline178375’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”178375″”)

アルミボディの採用ちう共通点があったNSXとアウディR8ですが、後発のR8がアルミ素材利用のアイディアでも性能でも上回っていましたが、新型の登場は奇しくもいっぺん期になりそうだ。

出力的にはNSXが新型アウディR8の標準タイプをしのぎ580馬力、V10プラスには及ばないものになっています。せやけどNSXにもタイプR設定の可能性はあります。

アウディR8は圧倒的に軽く新型NSXは1725㎏で200㎏以上R8が軽量だ。アウディR8の重量は前モデルを下回っています。最高速もNSXは307㎞ですからパワーではアウディR8の勝ちのようだ。

あとはNSXのSH-AWD(スーパーハンドリングオールホイールドライブ)とハイブリッド化に対してクワトロがどれだけの進化を示すのか、サスペンションシステムもグループのポルシェ911のようにですかりの電子制御が盛り込まれるようでアクティブ制御も予想される両車の行方からは目が離せません。

3つのモーターアシストで制御されるハンドリングが果たしてどのようなものなのか。クワトロと軽量化のアウディR8がどのように迎え撃つのか興味の尽きないデビューになりそうだ。

機能面でもアウディTTにも使われるものと同様の「アウディ ヴィジュアル コクピット」がすごい進歩的だ。カーナビを含めた車両インフォメーションはドライバーの目の前のパネルに集約されます。

ちびっと華やかさを増すようで、フェラーリなどが持つ世界観に踏み込んでいくのか注目の新型だ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 「白色Gショック」でスマート男子に!一押し商品と合わせたいコーデ…

  2. 彼氏持ち女性に告白… 振り向かせるために事前にやっておくべき8つ…

  3. 【盛岡のお土産特集決定版】おすすめのお菓子〜おしゃれ雑貨店まで人…

  4. インディペンデントの時計はお手頃価格なのに機能派なモデルが豊富

  5. メールでも大丈夫?お香典のお礼でマナー違反は御法度

  6. 【上司からの結婚式スピーチ例文まとめました】成功する祝辞・挨拶の…

  7. 仕事から逃げるのは悪いことではおません!気楽な心こそ幸せの始まり…

  8. 【横浜デート特集】夜景が見えるおすすめディナースポットは?個室に…

  9. メンズTシャツ1枚でカッコよく着こなすコーデ&おすすめアイテム厳…

  10. 清潔感+おしゃれ=メンズベリーショートパーマ

  11. エコバッグはこれからのマストアイテム!おすすめバッグまとめ

  12. 脱毛したい男性必見!メンズ脱毛の相場は?

ページ上部へ戻る