閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

オトナのたしなみ。メンズベストの着こなし術まとめ

オトナのたしなみ。メンズベストの着こなし術まとめ      の1枚目の画像

ameblo.jp

ベスト(メンズ)とは?

$(“”158555″”).click( (null, $(‘#headline158555’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158555″”)

ベストとは袖の無い衣類で、上着とインナーの間に着る中衣の事を指します。スリーピーススーツでは前見頃はジャケットとパンツと同じ生地で作られ、後見頃はサテン等の化繊で作られています。

スーツの中衣としてはV明きなっており、通常はジャケットのV明きより浅くなっています。ジャケットの前を閉めた時ベストが見えるようバランスがとられています。

単品としてのベストでは様々なデザインがあり、季節や用途によって作り分けられています。素材もバラエティに富んでおり、エレガンスなスタイルからカジュアル、アウトドアまで対応しています。

ベストの基は袖付きの上着

$(“”158562″”).click( (null, $(‘#headline158562’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158562″”)

ベストの基となる衣服は、15世紀後半~17世紀半ば頃にヨーロッパの男性が着用しとったダブレットと呼ばれる上着やったちうわけだ。

キルトが施されており、鎧の下に着る防護性と防寒性を考えた衣服やったちうわけだ。素材は絹、ビロード、サテンなどを使っており、レースやリボンなどの装飾もされている物もおました。

1650年代辺りからダブレットの着丈と袖丈が短くなり、身幅も細くなっていき、1660年代にはダブレットの上にジュストコールと言う上着を着るようになっていきます。ほんでここでダブレットは中衣となりベストと呼ばれるようになります。

しかしこの段階ではまだ袖付きの衣類やった、上着の袖口から装飾が見えるようベストの袖口にレースやフリルがあしらわれ、上着の前を開けて着用するのが当時の着方やったさかいベストの前見頃は派手な色や豪華な刺繍を施していました。

18世紀に入ると上着の身幅が細くなりだし、ベストから袖がなくなりよっました。ほんでベストは英国ではウエストコート、仏国ではジレと呼ばれるようになりよっました。

ベストは米語

$(“”158697″”).click( (null, $(‘#headline158697’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158697″”)

カタカタ名は世界共通のような錯覚がありますが、けっこう同じ名前で意味がまるっきし違う事があります。ベストも他の国ではまるっきし違うアイテムやったりします。

英国ではウエストコート。ベストはアンダーシャツを指す事が多いちうわけだ。

仏国ではジレ、最近はベストよりジレを好んで使う人が増えてきたさかい、ジレとして商品展開されているショップが増えてきています。仏国ではベストはジャケットや丈の短いコートなどを指しています。

祖国語でのベストと意味が近いのはアメリカになります。米語ではベストは袖の無い中衣全般をベストと呼び、その中には上着として使われるアイテムも含まれています。ダウンベストなどがわかりやすい例だ。

ベストと懐中時計

$(“”160416″”).click( (null, $(‘#headline160416’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160416″”)

懐中時計が出きた頃は懐中時計はすごい高価な物で、持っている事がステータスでもおました。しかし繊細な精密機械やった為落下など衝撃に弱く、落とさない為にチェーンで服に繋ぎ止めるようになったちうワケだ。

上着やパンツにも付ける事もおましたが、ベストに付ける事が多かったようだ。チェーンの端をベストの釦穴に止め、懐中時計はベストのポケットに入れます。懐中時計を持っている事はステータスやので、時計の存在がわかるようにチェーンは見えるようにしてました。

大日本帝国でもチェーン付きの懐中時計をベストに着けていましたが、現在では殆ど見ることはおません。しかし欧米では正装した時はけっこう使っているようだ。またおしゃれにアレンジして使っている方も見かけます。

用途別で見るベストのデザインと素材

$(“”159332″”).click( (null, $(‘#headline159332’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159332″”)

ベストはスーツの中衣としては勿論、単品としてもオールシーズン様々なシーンで活躍してくれるアイテムだ。

ほんでベストの用途やデザイン、素材について整理してみました。

スリーピーススーツのベストはジャケットと合わせられている

$(“”159367″”).click( (null, $(‘#headline159367’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159367″”)

スーツの中衣としてのベストは基本的には表地と同じ素材で作られます。デザインは前の打ち合わせではシングル、ダブルがあり、衿ぐりはジャケットにあわせたV明きになります。また衿付きもありテーラードカラー、ヘチマカラーなどもあります。

素材はビジネススーツや礼服では毛織物。カジュアルなスーツでは綿やデニム、夏なら麻などがあります。

仕事中は上着を脱いでいる事が多くなります。上着を脱いでる時の事も考えてベストは作られています。

スーツのベストはウエストよりちびっと上の位置で細く絞るようにデザインされています。後にはベルトもついており脚長効果が期待できるシルエットとなっています。

また着用時ワイシャツがウエストベルトから出てきてしまうとだらしなく見えたり、ウエスト周りがダボついて太く見えがちだ。でもベストを着ていればそれらをうまくカバーして体の脇のラインがスッキリ見えます。

服装でだらしなく見えては仕事面でも女子社員にもマイナスだ。綺麗な服の着こなしをベストは助けてくれます。

カラーや編み地が豊富、ニットベスト

$(“”159779″”).click( (null, $(‘#headline159779’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159779″”)

ニットベストは着心地が良く色だけでなく編み方でも印象が変わるので、ビジネススーツからカジュアルコーデまで幅広く対応してくれます。

ニットベストでは被りタイプの物と前明きタイプの物があり、前明きタイプはスタイリングは固い知的クールな印象になり、被りタイプの方はカジュアルなスタイリングになります。

ニット製品は多色展開される事が多く色を選びやすい利点があります。価格帯も布帛のベストより手頃な物も多く1枚あるとスタイリングの幅が広がります。

素材は冬は毛、アクリルなど温かみのある糸。春から夏は綿、麻など吸水性が良い物や涼しげな糸を使った物になります。高級素材ではカシミヤ、絹などでも編まれています。

防寒性が高いアウターとしてのベスト

$(“”159661″”).click( (null, $(‘#headline159661’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159661″”)

防寒性を重視したアウター用のベストでは、ハイネックやフード付きもあります。秋冬になるとダウンベストや、一重でも暖かいフリースベストなどが多く見られます。

ダウンベストでは軽さが魅力でもあるので軽いナイロンやT/C(綿/ポリエステル)が多く使われます。

ここ数年では、ダウンベストをアウターではなくベスト本来の中衣として製作されている物も多く、薄いものですったらジャケットの中に合わせる事も可能となってきています。

スポーツウェアやアウトドアウェアでは機能面重視

$(“”159667″”).click( (null, $(‘#headline159667’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159667″”)

スポーツウェアやアウトドアウェアでもベストは数多く展開されています、マラソンやジョギング、トレッキングなどでは撥水性の高いナイロンや軽くて暖かいフリースなどの機能性の高い素材で製作されます。

機能面を重視したアイテムでは縫製も特殊になります。前明きのジッパーの下に当て布をつけ、ジッパーの隙間から風が入ったり、中の暖かい空気が逃げないよう考えられています。

収納力抜群、フィッシングベスト

$(“”159672″”).click( (null, $(‘#headline159672’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159672″”)

ポケットを多く取り付けた機能性重視のベストは釣りやカメラマンの間で重宝されています。必要な用具や小物を大きめに作られたポケットに収納すれば、両手を使う釣りやカメラ操作が自由に出来ます。素材は撥水加工の物や軽くて濡れても乾きが早いメッシュの物などがあります。

デザインの特徴としては、腕が使いやすいよう袖ぐりが深めになっとったり、水に入った時濡れにくいよう丈が短めに設定されている物が多いだ。

機能性重視のデザインは流行のキャンプでも重宝します。ナイフやライター、車の鍵などよく使うものです落としたら困る大事な物もポケットにジッパーが付いているのでしっかり閉めていれば落とす心配がおません。

ベストの着こなし、ビジネスシーン

$(“”159737″”).click( (null, $(‘#headline159737’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159737″”)

上品にまとめたビジネススーツのアレンジ

$(“”159746″”).click( (null, $(‘#headline159746’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159746″”)

全体を同系色でまとめているのでバランスがとれた品があるコーディネイトになっています。

グレーちう落ち着いた色を選んでますが、ベストが衿付きやので地味で老けた印象にはならず、ちょっと可愛らしさを感じる良い雰囲気に仕上がっています。

紺のシンプルなニットベストならスーツに合わせても無理なく馴染みます。

気をつける点は、きっちり合わせると全体が野暮ったく見える事がありますので、画像のコーディネイトのようにボタンを外して良い具合のゆるみを加えるようにします。

ベーシックなスーツにチェック柄のベストを合わせるとカジュアルな雰囲気になります。それほど派手なベストではおませんが、職場の雰囲気に合いません場合は通勤時に着用してこっそり大人のお洒落を楽しむと良いでしょう。

合わせ方のコツは、チェックの中にスーツと同じ色、または同系色が入ってる物を合わせるとまとまり感が出ます。このコーデではスーツの青がチェックの中に有るだけでなく、ネクタイの水玉のベージュがチェックのベースカラーと同系色となっています。

色使いの上手いお洒落なコーディネイトだ。

プライベートでもベストは大活躍

$(“”172006″”).click( (null, $(‘#headline172006’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172006″”)

ジャケットにベストを組ませた大人のカジュアルコーデ

$(“”159897″”).click( (null, $(‘#headline159897’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159897″”)

同系色で大人っぽくまとめられています。使ってるどのアイテムもシンプルな物なのですぐ参考に出来るコーディネイトだ。

カジュアルダウンさせるならパンツをブラックデニムにすると良いでしょう。

ジャケットとデニムを使ったカジュアルコーディネイトですが、ニットベストが品ある大人のコーディネイトにランクアップしてくれています。

ニットベストがデニムのブルーにジャケットの茶系の配色が入っているのが、アクセントにもなり全体もうまくまとめてくれています。

ラフなパンツコーデもベストをプラスしてランクアップ

$(“”159908″”).click( (null, $(‘#headline159908’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159908″”)

良い具合に洗いざらし感があるダメージデニムにチャコールグレーのベストが良い雰囲気を出しているコーディネイトだ。

ラフ感のあるアイテム同士の組み合わせですが、前明きのベストで合わせているのでカジュアルダウンし過ぎない大人のカジュアルコーデになっています。

モノトーンは大人クールにまとまる

$(“”160382″”).click( (null, $(‘#headline160382’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160382″”)

ダウンベスト使ったアメカジコーデも、モノトーンでまとめれば格好良い大人クールなカジュアルコーデになります。

ダウンベストの中に着たカットソー以外は黒でまとめて、カットソーの袖口と裾からシャツの袖口や裾出して全体のバランスをとっています。

ダウンベストが真っ黒やので、ボトムは洗いざらし感のあるブラックデニムを合わせています。上下真っ黒だと重くなり野暮ったくなりますので黒の使い方も参考になるコーディネイトだ。

麻のベストで清潔感のあるキレイめコーデ

$(“”160877″”).click( (null, $(‘#headline160877’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160877″”)

白シャツをインナーに使った清潔感を意識したキレイめコーデにもベストは相性が良いだ。

ちびっと緩めのシルエットのパンツに爽やかアイテムである白シャツを合わせ、アウターとして綺麗なシルエットのベストを組ませているので、リラックス感があるナチュラルな着こなしになっています。

春から初夏にかけてぴったりのコーディネイトだ。

セットアップでうまく使いまわす

$(“”160959″”).click( (null, $(‘#headline160959’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160959″”)

ベストのセットアップを使ったコーディネイトだ。麻素材やので光沢がありシルエットが綺麗だ。麻はコーディネイトが綺麗になりすぎるのですけどアンタ、ボーダーのカットソーをインナーに合わせてうまくカジュアルダウンさせています。

またサンダルや帽子、バッグなど小物の合わせ方も上手だ。キレイめコーデでもキレイ過ぎると面白みがなくなりますが、抜け感のある小物類を合わせるとキレイめでありながら自然体に見える着こなしが出来ます。

ベーシックなデザインのセットアップやと、ベストとパンツをバラバラにも使えるのでコーディネイトの幅が広がります。

ベストで柄物をうまく取り入れる

$(“”160979″”).click( (null, $(‘#headline160979’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160979″”)

夏に人気のトロピカル柄も単色使いなら取り入れやすいだ。またベストは後見頃が無地な物が多いので後から見たらベーシックなカジュアルコーデに見えよりますので、ベストで柄を取り入れるのは、柄物に手を出しにくいと感じてる方にもオススメ出来るコーディネイトだ。

柄物を使って落ち着きのある大人のコーディネイトにするには色数を抑えたり、紺、黒、白、ベージュなど落ち着きがある色を多めに使うのがコツだ。

総柄パンツとTシャツのカジュアルコーデでパンツの柄の同系色の無地のベストを合わせるだけで品のあるキレイなカジュアルコーデにランクアップします。

夏はリゾート感たっぷりのハーフパンツが多く展開されます。ベストを合わせるだけで軽くならへんお洒落なリゾートコーデになります。

タウンで着こなす時は帽子を合わせて都会的に着こなすと良いでしょう。

ベストでトレンドを取り入れる

$(“”161162″”).click( (null, $(‘#headline161162’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161162″”)

ベストはトレンドを取り入れやすい

$(“”161138″”).click( (null, $(‘#headline161138’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161138″”)

ベストはコーディネイトの中で比較的面積が小さいのでトレンドを取り入れやすい利点があります。

ボヘミアンやウエスタンなどフリンジがポイントな場合、面積が大きくなるジャケットでは着こなしがややこしいのと、価格帯が高くなり手が出しにくい点があります。

ベストは重ね着を考えて企画しておりますので装飾は前に絞って製作する事が多くなります。後姿は前に比べてシンプルやと着こなしやすく、また価格もその分抑えられるので比較的手に入れやすくなります。

イベントを格好良く決める

$(“”161164″”).click( (null, $(‘#headline161164’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161164″”)

クリスマスはスリーピースでクールに決める

$(“”161166″”).click( (null, $(‘#headline161166’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161166″”)

クリスマスなどイベント時にはドレスコードのあるレストランやホテルでディナーをていることがあります。そないな時普段のスーツでは仕事帰りの食事と気分が変わらなくなってしまいます。特別な日には特別な装い、男性も女性同様ドレスアップしてイベントとお洒落を楽しんではいかがでしょうか。

しかし年に何度もない特別な日の為に特別な服を揃えるのは無駄があります。ほんでスーツを買うときに衿付きのベストやWの打ち合わせのベストがセットのスリーピーススーツを選んでみましょう。普段はあまり使えないデザインの強いベストは特別な装いをする時に役立ってくれます。

フォーマルな装いもベストでアレンジ

$(“”161253″”).click( (null, $(‘#headline161253’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161253″”)

親族の結婚式ではややこしいかもしれませんが、ガーデンパーティやアットホームな披露宴では礼服も多少アレンジして他の出席者と差をつけましょう。

Wの打ち合わせの礼服ではアレンジしにくいですが、ベストが見えるシングルなら別素材のベストを合わせられます。上司が参加してるパーティではサテンやベロアなどの上品に見える素材のベストを合わせましょう。

ガーデンパーティのように屋外ならサテンなど光沢がある素材が映えます。またジャガード柄など大胆な柄物も緑の中では派手すぎないので機会があったら挑戦してみてください。

ベスト メンズ~まとめ

$(“”161324″”).click( (null, $(‘#headline161324’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161324″”)

いかがやったでしょうか? 簡単ではありますがベストのルーツや種類、着こなし方について紹介させていただいたちうわけだ。

とっつきにくいアイテムの一種ですが、最近はジレちう呼び方で若い世代にも人気が出てきているアイテムだ。

是非皆様もベストを使って、ビジネスシーンからカジュアルまで幅広いコーディネイトを楽しんでください。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 西宮北口のお洒落カフェを紹介♪2人の時間を満喫できる店まとめ

  2. 【好きな人の夢を応援したい】彼女を支える男になるメリット4選

  3. 【自由に生きるコツ】誰でも持つ権利を実現するちょっと した心構え…

  4. 嫁の浮気!もう騙されない!その原因と見分け方を徹底解説

  5. だし醤油の作り方やめんつゆとの違いは?料理男子に人気の和風レシピ…

  6. ジャニーズの中でも1、2を争うほどウチ服がカッコ良い!長瀬智也の…

  7. 【会話ネタ】デートで会話に絶対困らないネタと話し方のコツ全公開!…

  8. 【2016春アウター】がんばりすぎないのにモテ違うコーデ20選

  9. 田原本周辺のラーメン店5選!人気店から穴場店まで一挙紹介

  10. 【なすとひき肉】人気レシピ16通り!カレーにグラタンにパスタ&炒…

  11. 男のヘアスタイル決定版|ベリーショート~ロングまでおすすめ髪型を…

  12. 激渋メンズになれるスーツハット22選-ダンディズム最強の組み合わ…

ページ上部へ戻る