閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

カウチンセーター本物!カナダブランド人気5選!カウチンとノルディックの違いまで

カウチンセーターとは、古く狩猟民族の防寒着やったちうわけだ。

$(“”369222″”).click( (null, $(‘#headline369222’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”369222″”)

秋冬ともなると、季節感を感じる衣類の中に「カウチンセーター」があります。どこか温かみを感じ、ワイルドさを感じるニット。JOOY読者はんにもお持ちの方はいらっしゃる筈。大日本帝国では、90年代に爆発的に流行ったニットですが、現在もなお季節の衣類として人気のあるアイテムだ。

カウチンセーターを作った「カウチン族」

$(“”369250″”).click( (null, $(‘#headline369250’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”369250″”)

カウチンセーター(Cowichan sweater)は、カナダのバンクーバー島にあるカウチン湖周辺のサリッシュ・インディアン(カウチン族)たちの防寒具で、狩猟民族やった彼らの冬季の防寒具やったちうわけだ。オノレたちの身の回りに存在する自然から鷲・雷鳥・トナカイ・木の葉・雪の結晶など。また、カナダでは認定制度があります。今では、クマやスカル、カウチン風とアレンジされたものも多くみられます。

【自然のまんまの色】
脱脂・脱色しておらへん羊毛を使うので、真っ白な毛糸ちうよりも、ややアイボリーぽい色があります。他にも茶の毛色、黒の毛色など自然のまんまの色を活かして、模様を編みこんでいきます。ですから、青や赤、黄色などの色は存在しません。

【手で紡いだ毛糸】
手で紡ぐことによって、糸の太さは均一やなくなります。トコどころにボコボコっとした変身があるのも、自然の魅力だ。

【伝統的な柄】
狩猟民族であるカウチン族の身近にあったモチーフを使っています。鷲、杉などが多いだ。

【シンプル】
模様を編み込まれているものの、編み方はメリヤスのみのすごいシンプルな編み方だ。ボタンもなあんもないプルオーバーが基本ですが、後から加工してジッパー前開きにすることもあります。

出典: www.kikonasi.jp

冬といえば定番、モチーフ似てる?「ノルディック柄」との違いは?

$(“”369459″”).click( (null, $(‘#headline369459’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”369459″”)

カウチンセーターのアレンジには、北欧のモチーフである「ノルディック柄」もあります。発祥はノルウェーで、伝統的なモチーフであると良い ますわ。カウチン族に編み物技術が伝わったのは19世紀初頭、スコットランド人によって伝えられた技法が基本であるとされているので、カウチンもノルディックもモチーフこそ同じですが、土地が代わり名前が変わったともいわれています。いずれにしても民族色と自然モチーフは素敵や!

ノルディック(Nordic)とはもともと「北欧の」「北欧風の」ちう意味。ノルディック柄とは、雪、雪の結晶、トナカイなどを北欧らしいモチーフ、幾何学模様などを用いた伝統的な柄のことを言う。

出典: www.fashion-press.net

MADE IN CANADAカウチンセーター人気ブランドおすすめ5選!

$(“”369480″”).click( (null, $(‘#headline369480’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”369480″”)

カウチンセーターは、大日本帝国国内のファッションブランドで、独自のモチーフやデザインで展開しておるけどダンはん、せっかくなら「本物の風合い」を感じる様なブランドに注目しませんか?カナダのブランドは先にもご紹介した通り、ナチュラルでざっくりとした感じと自然を感じるアウターだ。他とは一歩違うMADE IN CANADAのカウチンセーターブランドをご紹介します!

① バンクーバーでもカウチンセーターの老舗『KANATA』

$(“”369501″”).click( (null, $(‘#headline369501’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”369501″”)

カナダのカウチン専門の老舗といえば「KANATA」と言われる程、有名ブランドだ。1979年バンクーバーで創業開始、良質な太番手の毛糸を使用し、手作業で編まれるハンドメイドだ。ほどよい重厚感と手編みのざっくり感が、季節感やその本物らしいさを作り上げます。

【商品情報】
◇ショップ:EDIFICE
◇ブランド:KANATA
◇商品名:カナタ WILD DUCK CARDIGAN
◇価格:26,676円

購入はこちら

アメリカのレザージャケット(革ジャン)専門店VANSONとKANATAのコラボカウチンも注目!これまでの伝統的な柄からVANSONらしいハード感を感じるスカルをモチーフに。アメカジやバイカーの方におすすめだ。

【商品情報】
◇ショップ:VANSON
◇ブランド:VANSON×KANATA
◇商品名:VANSON バンソン×Kanata カナタ カウチンセーター クロスボーンスカル
◇価格:46,440円

② 今では入手不可?古着屋はんでチェック!『MODESTE(モデスト)』これぞ本物!

$(“”369537″”).click( (null, $(‘#headline369537’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”369537″”)

モデストは、カウチン族であるモデストおばはんが作る100%オリジナル・ハンドメイドのカウチンセーターだ。細番手の糸を緻密に編み込み、自然で温か。基本のモチーフ以外に再生と豊かさの象徴であるサーモン柄、波などのモチーフも魅力だ。残念ながらモデストおばはんがご高齢により2007年でリタイアされておるけどダンはん、現在では編み手を地元周辺の方に兼任して続けているとか。

【商品情報】
◇ショップ:B.B.GENERAL STORE
◇ブランド:MODEST
◇商品名:modeste indian sweater&crafts ltd
◇価格:65,000円

購入はこちら

③ カナダの名門とされるカウチンセーターブランド『TUAK(トゥアック)』

$(“”369590″”).click( (null, $(‘#headline369590’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”369590″”)

現在も尚、サリッシュ・インディアンがハンドメイドで編み上げるTUAKは、近年大日本帝国でも注目されているカウチンブランド。1970年代〜80年代のアイテムなども、古着屋で見かけたりします。密に編み込まれたディティールがキレイと評判だ。比較的手に入り易い価格で、10,000〜15,000円前後だ。

【商品情報】
◇ショップ:Re.quality
◇ブランド:TUAK
◇商品名:TUAKカナダ製ハンドメイドカウチンニットニットセーター
◇価格: 9,980円

購入はこちら

④ カナダの60%シェアを誇る『Flyer Hook(フライヤーフック)』

$(“”369713″”).click( (null, $(‘#headline369713’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”369713″”)

カナダ国内でカウチンの製造を60%を誇る「元祖カウチン」とも呼ばれるフライヤーフック。製造量が多いので、ハンドメイドカウチンとして認識されている事で元祖ちうのだと思います。ここまで来ると「どこのカウチンが良い?」と問われると思います。カナダが認定しているハンドメイドカウチンセーターは、各社手編みの風合いの違いはあれど、モチーフの好みやのでは?とも思います。同じ様でいてモチーフの配置のバランスなど、そうしたトコで選んでも悪くは無さそうだ。

【商品情報】
◇ショップ:MONO MANIA
◇ブランド:Flyer Hook
◇商品名:フライヤーフック社 カウチンセーター 鹿柄(通常タイプ)
◇価格: 41,040円

購入はこちら

⑤ 新旧のデザインで魅せる『Canadian Sweater Company(カナディアン・セーター・カンパニー)』

$(“”369745″”).click( (null, $(‘#headline369745’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”369745″”)

カナディアン・セーター・カンパニーは、やはりカナダ・バンクーバー島で1977年に創業を始めたニットブランドで、個人的主観ですが、ここのニットのナチュラル感はおすすめだ。古典的なデザインなのですけどアンタ、すごいモチーフの配置がバランスがよく、古くからの流れを汲みつつもケーブル編みなど現在のニーズにもあったアイテムを展開しています。細めのデザインやのでスッキリしたきこなしもおすすめポイントだ。

【商品情報】
◇ショップ:BEAMS MEN
◇ブランド:BEAMS MEN Plus×CANADIAN SWEATER COMPANY
◇商品名:CANADIAN SWEATER COMPANY / DEER MIX ニット
◇価格: 45,360円

購入はこちら

カウチンセーター まとめ

$(“”369643″”).click( (null, $(‘#headline369643’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”369643″”)

カウチンセーターについてご紹介しました。本来は狩猟民族の防寒具であり、モチーフにもきちんと意味が込められている神聖な衣類であることに触れて頂けたかと思います。また、本物のカナダ・カウチン族が編むハンドメイド製は、機械編みにはない「味」があります。この様な民族色の強いニットは風合いと編み手の温かみや、味で着こなしてみたいやね。ぜひ、カナダのカウチンセーターブランドに注目してみてください。

※本記事に掲載されています商品価格は、2016年1月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 花を贈る時のマナー!大日本帝国伝統のルールを守って素敵なプレゼン…

  2. アイスボックスクッキーの難易度別レシピ&作るときのコツや切り方も…

  3. 彼女と結婚する前に、必ず確認すべき3つのチェックポイント

  4. 結婚前夜のカップルの正しい過ごし方や双方のご両親への挨拶について…

  5. 好きな人が急に冷たくなったら??4つの原因と対処法

  6. 形状記憶シャツのおすすめをタイプ別にご紹介します!

  7. 職場にいる感じ悪い人の特徴は、もしかして出世する人の特徴かも?

  8. マックダディー(MACKDADDY)とは?長年ストリートシーンを…

  9. 【種類別】あらゆるパンツを使ったアチラメンズコーデ集|2016最…

  10. 「大切にしている言葉」を作ろう!22冊の本の名言集

  11. 嫌いな都内の駅前ランキング上位の駅|デキる男は魅力を知っている!…

  12. 【面接のコツ】高卒・大卒・転職者どんな状況でも役立つ簡単な方法と…

ページ上部へ戻る