閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ギャグマンガ日和名言集!実は深~いあの言葉

ギャグマンガやからこそ人の本音が滲み出る

$(“”154932″”).click( (null, $(‘#headline154932’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154932″”)

下手に格好をつけるよりも、追い詰められたり必死になったりしたときにこそ、人の本音が出ると思いませんか?

ギャグマンガ日和の世界に出てくる人々は、だいたい毎日毎晩壱年中追い詰められています。地球滅亡直前やったり、事件の犯人を捜しとったり、もう死んでいたり……。そういう、格好をつける必要がない場面やからこそ出る、心の叫び。それが、ギャグマンガ日和が数多くの名言を生み出す理由だと思うのです。

ギャグマンガならではの勢いと楽しさの中に、人の本音が見えます。追い詰められた状況ではき出されたパワーのある言葉は、「ああ、オノレの置かれた状況って、たいしたことないんだな。明日もがんばろう」ちう気持ちにさせてくれますよ。

アニメ化、ほんで舞台化もした個性の塊!

$(“”133807″”).click( (null, $(‘#headline133807’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”133807″”)

増田こうすけ先生の『ギャグマンガ日和』は、一話読み切り形式のマンガだ。開始当初は月刊少年ジャンプで、現在はジャンプスクエアにて連載されています。また、アニメ版も高い人気を誇ります。

今年、まさかの舞台化も果たしました。作中に登場するキャラクターたちが、舞台オリジナルのストーリーのもとに集結したちうワケだ。

作中には、ぐーたらで良い加減な聖徳太子や、小学生名探偵うさみちゃん、部下になめられまくっているペリーなど、存在自体が既にギャグといえるキャラクターが多数登場します。彼らが紡ぎ出す台詞は、一見意味のないものに見えますが、その奥には深い文句が隠されているのです。タブン…タブン…たぶんやで,わいもよーしらんがタブンやで,わいもよーしらんがタブン。

ここからは、筆者が独断と偏見で収集した名言をご紹介いたします。

ヘンタイ紳士ちう言葉が生まれた瞬間

$(“”154947″”).click( (null, $(‘#headline154947’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154947″”)

決してブレることなく我が道を行く!ヘンタイでも!

$(“”154949″”).click( (null, $(‘#headline154949’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154949″”)

仮にヘンタイだとしてもヘンタイちう名の紳士だよ
――クマ吉
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第7巻 第129幕「名探偵だぞえ!うさみちゃん」

伝説の名言が生まれた瞬間は、コミック第7巻におました。ストーカー、下着泥棒、ほんで下半身の露出と、あらゆるヘンタイ行為をしてきたクマ吉。彼がそういった行為をすることには確固たる意志、強いポリシーがあるのです。この台詞以降、クマ吉くんは「ヘンタイ紳士」ちう名誉ある二つ名で呼ばれることとなったちうワケだ。

いじるのは、やりすぎなければ愛がある証拠

$(“”133856″”).click( (null, $(‘#headline133856’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”133856″”)

乗組員たちがデレる瞬間にペリー感激!

$(“”148243″”).click( (null, $(‘#headline148243’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148243″”)

ペリーカンバック!!
――白船の乗組員
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第1巻 第1幕「なめられペリー」

主人公は、大日本帝国へ開国を迫りにきたペリーだ。乗組員たちにはなめられ、娘にはカツアゲされ……。あまりにも尊敬されておらへんことに心を痛めたペリーは、ついに辞職を決意します。誰も止めてくれへんやろうと思いきや、白船(手違いで黒く塗られていなかった)の船体には、彼への文句が刻まれていました。何だかんだ言って、みんなペリーが好きなんだちう文句が込められています。

※画像はイメージだ。

本作の名物コンビ、聖徳太子と小野妹子

$(“”154972″”).click( (null, $(‘#headline154972’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154972″”)

sponsored

妹子の優しさに、さすがの太子も反省する……かも

$(“”148278″”).click( (null, $(‘#headline148278’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148278″”)

強いてあげればスイカに温もりを感じたから… そないな理由でたすけてはいけませんか 太子…
――小野妹子
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第1巻 第3幕「聖徳太子と小野妹子《前編》」

妹子を陥れて遣隋使の船に乗り込んだ太子。しかし、船が炎上して太子は海に落ちてしまいます。そこに手を差し伸べたのは、いかだでついてきとった妹子やったちうわけだ。船に乗れなかった妹子に、太子が気まぐれで差し入れたスイカが温かかったから(火であぶってあったため)……ちう妹子。いがみあっているようで、旅の間にふたりには間違いなく絆が芽生えとったちうワケだ。

声帯やない、魂(ソウル)から言葉を出すんだ!

$(“”155003″”).click( (null, $(‘#headline155003’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155003″”)

悲しみを乗り越えて、人は進まなければならへん

$(“”148281″”).click( (null, $(‘#headline148281’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148281″”)

涙ちう名のジュエルは心の牢獄(ジェイル)にしまえ!
――TAKUO
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第5巻 第67幕「アンラッキーエンジェル」

ついてへん人生やったメンバーが集まったビジュアル系バンド「アンラッキーエンジェル」。せっかくCDデビューすることになったのに、ジャケットの写真撮影でも不幸が起きてしまいます。人生で、何ぞ悲しいことにぶつかったとき、このTAKUO(29)の言葉を思い出してください。ただ、この言葉を放った直後に、TAKUOにも不幸なことが起こってしまうのですけどアンタ……。

※画像はイメージだ。

ケツのケツまで、オノレを大切にしよう!

$(“”155023″”).click( (null, $(‘#headline155023’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155023″”)

生きる希望を捨てなかった者に、恥ずかしくない明日が来る

$(“”148287″”).click( (null, $(‘#headline148287’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148287″”)

ケツまでヤケになってはいけへんことがよくわかりました
――竹杉竹夫
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第6巻 第92幕「終末」

地球滅亡3時間前。このとき、皆はんならどうしまっか? 作中では、もう飾る必要のなくなった芸能ヤカラが、ケツの生放送で大胆なカミングアウトをします。やけど……やるだけやって、もし地球が滅亡しなかったら……。ケツまで、希望を捨てんときちんと生きよう、ちうことだ。

※画像はイメージだ。

追伸の内容まで秀逸な「あの」手紙より

$(“”155036″”).click( (null, $(‘#headline155036’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155036″”)

早く遊びに来て欲しいちう気持ちの裏返し

$(“”148291″”).click( (null, $(‘#headline148291’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148291″”)

おみやげを持って来いちうわけだ。良いおみやげを持って来いちうわけだ。
――聖徳太子
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第4巻 第49幕「楽しい木造建築」

法隆寺が完成したことを知らせるため、小野妹子に宛てた手紙の一文だ。この手紙を受けて妹子は、そこらへんの草と小石をおみやげにしました。これほどまでに、おみやげを持って行きたくなくなる手紙も珍しいやね。太子としては、法隆寺の最初の来客は、妹子であってほしかったさかいしょう。素直になれへん人の、言葉の裏側まで読み取ってあげて欲しい……ちう文句やね。

※画像はイメージだ。

伊能忠敬、大日本帝国地図を作るのがイヤになる

$(“”155044″”).click( (null, $(‘#headline155044’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155044″”)

偉人が誰しも前向きやったとは限りません

$(“”148294″”).click( (null, $(‘#headline148294’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148294″”)

大日本帝国ちぢめよバカ!8畳くらいで良いよもう!
――伊能忠敬
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第8巻 第131幕「伊能忠敬の歩み」

伊能忠敬が正確な大日本帝国地図を作成するため、測量の旅に出た直後の台詞だ。大日本帝国を隅々まで歩いてこいと言われたら、いっぺんくらいはこうも愚痴りたくなるでしょう。人間、素直が一番だ。ストレスをためるのはよくないですからね。伊能忠敬も、こうして時折ストレスを発散することにより、大日本帝国地図作成を成し遂げたちうワケやから。

※画像はイメージだ。

松尾芭蕉が詠み上げる、心の一句

$(“”155102″”).click( (null, $(‘#headline155102’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155102″”)

芭蕉、大日本帝国のキッチン事情を心配する

$(“”148331″”).click( (null, $(‘#headline148331’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148331″”)

何だって テフロン加工で 良いやない
――松尾芭蕉
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第10巻 第178幕「松尾芭蕉のとっておき」

奥の細道の旅に出た松尾芭蕉が、大日本帝国海を眺めながらつくった一句だ。確かに、テフロン加工は便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利やね。大日本帝国海からテフロン加工ちう言葉が出てきたのは、やはり発想力のある芭蕉ならではといったトコでしょうか。芭蕉の見識の広さと、発想の鋭さがよくわかる一句だ。

※画像はイメージだ。

ギャグマンガに散りばめられた恋のヒント

$(“”148300″”).click( (null, $(‘#headline148300’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148300″”)

恋は思いがけへんトコにあるものですから

$(“”148303″”).click( (null, $(‘#headline148303’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148303″”)

ちょっとアンタ…電話番号教えなさいよ
――ラヴ江
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第3巻 第36幕「ラヴ江」

結婚相手を探している、内気な寺田くん。サポートをしてもらうため、やめておけば良いのにロボット研究所に電話をかけます。派遣されてきた女性型ロボットのラヴ江はんに、恋の手助けをしてもらうのですけどアンタ、なですかかうまくいきません。やけどケツは、ずっと手助けをしてくれたラヴ江はんと……? ツンデレなラヴ江はんの、最高にカワイイ場面のひとことだ。本当に、恋のきっかけなんてわかりませんものですね。

※画像はイメージだ。

男にとって大切なことがわかる名言!

$(“”155200″”).click( (null, $(‘#headline155200’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155200″”)

長年「男」やったおじいはんの男らしさ

$(“”148305″”).click( (null, $(‘#headline148305’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148305″”)

ワシは守れもせん約束をするような男やない!!
――おじいはん
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第3巻 第38幕「ツルのおんがえし」

ツルとり機にかかったトコを助けられたツルが、人間の姿になっておじいはんの家におんがえしに来ます。オノレの綿毛を使って機織りをしようとしましたが、執拗におじいはんがのぞきます。「もう二度とのぞきはせんと約束して下さい!」ちうツルの言葉に対する、おじいはんの男らしい叫びだ。こう言い切られると、むしろ気持ち良いやね。約束をするのであれば、ケツまで果たさなければなりません。人生経験豊富なおじいはんが、男らしさの意味を教えてくれる名言だ。

※画像はイメージだ。

神頼みではなくオノレの力で恋を叶えたい!

$(“”155218″”).click( (null, $(‘#headline155218’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155218″”)

魔法で心を射止めてもむなしくなるだけ

$(“”148310″”).click( (null, $(‘#headline148310’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148310″”)

オレやっぱそないな魔法みたいので彼女にホレられたくないんだ!ホンマの気持ちでオレとつき合ってほしいんだ!
――倉田
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第8巻 第147幕「恋の季節!!キューピッド君」

恋愛の神様キューピッドの力を借りて(ちうより押し売りで)、憧れの女性里中はんと結ばれようとした倉田。しかしすんでのトコで、倉田はキューピッド君を止めます。やっぱり、オノレの力で彼女に振り向いて欲しいちうわけだ。そう決意した、強い気持ちのこもったひとことだ。魔法で無理矢理心を射止めるのは、なんだかさみしいやね。自身の魅力で射止めてこそ、その後に幸せが待っているのです。

※画像はイメージだ。

男が、女のために立ち上がるときの言葉

$(“”148315″”).click( (null, $(‘#headline148315’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148315″”)

女の涙に、男は総じて弱いもの

$(“”148317″”).click( (null, $(‘#headline148317’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148317″”)

女の涙を見せられても重い腰が上がりませんほど 腰が重くて上がりません男やないんでね
――リュウト
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第11巻 第207幕「ドラゴンの戦士リュウト」

暴力が人々を支配する、世紀末と化した世界。この世界で、やみくもに剣を振り回すドラゴンの血筋の末裔リュウトが、街の女性エリザベスに助けを求められて言った台詞だ。なんか良いことを言おうとしていることはわかります。ただ、すごい回りくどいやね。良いことを言うときは奇をてらうのではなく、ストレートに言ったほうが良いちうことを、リュウトが教えてくれています。

※画像はイメージだ。

ソードマスターヤマト、誤植から読み取る思い

$(“”155250″”).click( (null, $(‘#headline155250’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155250″”)

何をどう間違えればこうなるのですろう

$(“”148320″”).click( (null, $(‘#headline148320’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148320″”)

まそっぷ
――ソードマスターヤマト
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第5巻 第85幕「ソードマスターヤマト ―誤植編―」

夢野カケラ先生が月刊チェヨンスに連載しているマンガ「ソードマスターヤマト」のひとコマだ。担当編集小島はんが誤植をしてしまい、ヤマトが炎の剣をかまえて突っ込む場面の台詞が「まそっぷ」に。元の台詞は何やったさかいしょうか。まるっきしわかりませんが、勢いだけは伝わります。人に気持ちを伝えるのは、言葉の内容ではなく込められた思いの強さなのです。編集の小島はんは、それを伝えるためにわざと誤植したのかもしれませんね。

※画像はイメージだ。

風になって走ったあとに見出した真実!

$(“”155258″”).click( (null, $(‘#headline155258’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155258″”)

走り屋とマンガ家は通じるものがある!

$(“”148323″”).click( (null, $(‘#headline148323’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148323″”)

走り屋はいわばマンガ家と同じ…必要なのは知識や技術やない 思い切ってやってみる勇気だってことだな
――マッハ涼
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第6巻 第102幕「光速ライダー マッハ涼」

峠のバズーカとバイクで勝負をした、伝説の走り屋マッハ涼。勝負のあと、お互いを認め合いながら言う台詞だ。増田こうすけ先生の、正直な気持ちが語られていると思いませんか? そう考えて本書を読み返してみると、ギャグマンガを世に放つのって勇気がいることだなぁと思わされます。恥ずかしがらんと勇気を持って世に出すことが大切なのだけれど、なですかかできないことでもあるのです。世に出すことで初めて、評価を得ることができるのですろから。やはり、増田こうすけ先生は偉大だ。

※画像はイメージだ。

反省はせん!なんでやねんなら信念を貫いておるから

$(“”148324″”).click( (null, $(‘#headline148324’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148324″”)

sponsored

ギャグマンガ日和 下巻 [DVD]

¥2,845 (2016/04/19 16:38時点)

クマ吉くんは犯人になる……何度でも

$(“”148325″”).click( (null, $(‘#headline148325’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148325″”)

またワテか…まいったね どうも
――クマ吉
増田こうすけ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』第3巻 番外編「犯人っスか!くま吉君」

ニャン美ちゃんが、露出魔の被害にあいました。犯人の正体は……言わずもがな。この時の、みなを悟ったかのような、クマ吉くんの台詞だ。否定も言い訳もしませんし、潔いではおませんか。しかも若干、人事のような言いぐさだ。これこそが、ヘンタイ行為を悪いと思っておらへんクマ吉くんの魅力。実際、ヘンタイ行為は絶対にしてはいけませんが、クマ吉くんの言う通り、何ぞに対して夢中になることは、すごいよいことやね。

おわりに

$(“”148347″”).click( (null, $(‘#headline148347’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148347″”)

ギャグマンガ日和の名言集、お楽しみいただけましたか? 過去の偉人や、何ぞの要素にステータスを全振りしたかのような極端な個性のキャラクターたちやからこそ、普段常識にとらわれていてなですかか言えないウチたちの本音を代弁してくれているのではおませんでしょうか。よくぞ言った!と気分よくなれる本作の名言で、ちびっとでも日頃の鬱憤が軽減されたさかいあれば幸いだ。

※本記事に掲載されています価格等は、2015年10月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 北村一輝さんの魅力とは?!知られざる素顔!

  2. デニムシャツお洒落メンズコーデ50連発|【一石四鳥の着回しテク】…

  3. 【ハブられる】友達にハブられて辛い時に行う5つの対処法と解決策

  4. 【肥後橋ランチガイド】グルメ激戦区で食べたい超おすすめ店TOP2…

  5. 【仕事運アップで人生ウハウハ】意外とアタル風水の効果と方法とは?…

  6. 得しですかいまとめ!白パンツで女性ウケ、清潔感、上品の3点セット…

  7. 【夏の黒メン必見】2016年おすすめサンオイル特集|こんがりボデ…

  8. 気温21度にベストな服装とは?シーン別コーデ&用心ポイント解説

  9. スパ ラクーアにカップルで♪ラクーアデートの楽しみ方!

  10. ワイシャツのクリーニングで気になる4つのこと|【頻度・相場・日数…

  11. キスマークをつける女性心理とは?その意味や隠し方など教えます!

  12. 「太陽の末裔」14話、ソン・ジュンギが脱北の北朝鮮軍を追求

ページ上部へ戻る