閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

グレーパンツはALLシーズン履ける|シーズン別メンズコーデ特集

おしゃれ男子はいつでもグレーパンツを履く

$(“”1074893″”).click( (null, $(‘#headline1074893’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074893″”)

<コーデ詳細アイテム>
トップス:ポロシャツ(green label relaxing)
ボトムス:スウェットイージーテーラードパンツ(green label relaxing)
バッグ:バックパック(XLARGE)
シューズ:スニーカー(NEW BALANCE)

グレーパンツは、上品で大人っぽい雰囲気を演出できるおしゃれ男子にとっては欠かすことのできないマストアイテム。また、すごい着まわしの幅が広いので、一着持っておくとすごい重宝するアイテムだ。今回はそないなグレーパンツをカッコ良く履きこなすために、季節ごとにグレーパンツをおしゃれに着せるスタイリングをまとめました。どれも今すぐにでも取り入れられるスタイリングばかりやのでぜひ参考にしてみてください。

「春コーデ」はワンポイントの色を作る

$(“”1074894″”).click( (null, $(‘#headline1074894’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074894″”)

アウターを主役の色に

$(“”1074895″”).click( (null, $(‘#headline1074895’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074895″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:ガウンシャツ(nano・universe)
トップス:カットソー(GAP)
ボトムス:スラックス(MARTIN MARGIELA)
バッグ:バックパック(UNDERCOVERISM)
シューズ:スニーカー(Reebok)

ウチは青のロングシャツを使ったコーデ。あえてモノトーンでシックにまとめて青の色合いをうまくアクセントを加えました。グレーのパンツが青のロングシャツをしっかり支えているのがポイント。トーンが低いのボーダー柄をシューズの色でしっかり拾うことで全体の色のバランスをしっかり取れているのもうまい着こなしだ。鮮やですか青色が爽やですか雰囲気をスタイリングにトッピングしてくれてすごいセンスを感じます。

ブルーの華やですかシャツをアクセントに

$(“”1074896″”).click( (null, $(‘#headline1074896’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074896″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:カーディガン
トップス:シャツ
ボトムス:ショートパンツ
バッグ:トートバッグ
シューズ:ドレスシューズ

ウチは青の花柄シャツとグレーパンツを使ったコーデ。あえて周りのアイテムのトーンをシックにまとめてブルーの花柄をうまく引き立てることで、しっかり主役の色合いを生かせたコーデとなっています。花柄シャツの袖をロールアップさせて、さりげないアクセントにしているのもポイント。グレーのハーフパンツと黒のレザーシューズを組み合わせることでしっかり大人感も残せるのでおすすめだ。

色味のあるスニーカーで足元をアクセントに

$(“”1074897″”).click( (null, $(‘#headline1074897’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074897″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:ライダースジャケット(ZARA)
トップス:パーカー(Supreme)
ボトムス:フリースパンツ(NIKE)
シューズ:スニーカー(adidas originals)

ウチは足元に色味のあるスニーカーを入れてアクセントを作ったコーデ。グレーと赤のメリハリのあるコントラストが足元お洒落を演出してくれます。もう一つのポイントは、パンツのシルエットだ。ただでさえ、パーカーでボリューム感があるにも関わらず、フリースパンツでゆったり着こなすとだらせん印象を与えてしまうので、細身のタイプを選ぶのがおすすめ。

トレンドのスヌードでワンポイントカラーを

$(“”1074898″”).click( (null, $(‘#headline1074898’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074898″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:ブルゾンジャケット
トップス:ニットセーター
マフラー:スヌード
ボトムス:チノパン
シューズ:スニーカー

ウチは現在大流行中のスヌードをワンポイントカラーに仕立てたコーデだ。グレーパンツを使ってモノトーンで統一することでスヌードの色味をはっきりと主張することができます。また、やや明るめのグレーを使い細身のスタイリッシュなパンツにスヌードのコーデは、相性抜群やのでお試しください。

黄色のプリントTシャツを挿し色に使えば周りの目も釘付け

$(“”1074899″”).click( (null, $(‘#headline1074899’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074899″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:デニムジャケット(HYSTERIC GLAMOUR)
トップス:ロゴT(HYSTERIC GLAMOUR)
ボトムス:ストレッチテーパードパンツ(HYSTERIC GLAMOUR)
シューズ:スニーカー(adidas)

ウチは黄色のプリントTシャツを挿し色に使ったコーデ。鮮やですか目を引くカラーリングが周りの目を釘付けにしてくれます。なんといっても、デニムアイテムとスニーカーとの組み合わせは、切っても切れへんほど抜群の相性だ。せっかくのスニーカー再ブームやので、ウチのコーデはレパートリーに加えておきたいだ。

チェックシャツを腰巻にしてアクセントを作った技ありコーデ

$(“”1074900″”).click( (null, $(‘#headline1074900’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074900″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:ミリタリージャケット(GAP)
トップス:パーカー(NEW ERA)
ボトムス:スウェットパンツ(Champion)
シューズ:ブーツ(Timberland)

ウチは赤のチェックシャツを腰巻にしてカラーアクセントを作ったコーデ。グレーパンツと組み合わせることで、より赤の映え具合が引き立ちます。また、腰回りにボリューム感と動きを加えることで、ボディーラインにコンプレックスを感じている方にも気軽に着こなせるコーデとなっています。

大人なら小物の色使いにこだわりを持つ

$(“”1074901″”).click( (null, $(‘#headline1074901’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074901″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:チェスターコート(HARE)
トップス:カットソー(CAMBER)
バッグ:クラッチバッグ(FREAK’S STORE)
ボトムス:スウェットパンツ(STUDIOUS)
シューズ:ブーツ(H&M)

ウチはイエロー系のクラッチバッグをアクセントにしたコーデ。ファッションは落ち着いた感じに抑えつつ、アースカラー系を中心とした色味のある小物系でアクセントを作ったスタイリングだ。大人ならこういった小物類に色味をもたせてアクセントにしてもかっこ良いだ。

「夏コーデ」はシャツ一枚でシンプルに

$(“”1074902″”).click( (null, $(‘#headline1074902’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074902″”)

Tシャツ一枚でさらっと合わせる

$(“”1074903″”).click( (null, $(‘#headline1074903’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074903″”)

<コーデアイテム詳細>
トップス:カットソー
バッグ:バックパック
ボトムス:スウェットパンツ
シューズ:スニーカー

ウチはグレーパンツに黒のTシャツをさらっと合わせたコーデ。グレー×ブラックで大人感を出しつつ、白のスニーカーで清潔感あるクリーンな感じで仕上げているのがポイント。また、テーパードの効いたグレーのスウェットパンツを合わせることでスポーティな綺麗なレッグラインを作ってくれるので、スタイリッシュな着こなしを表現できます。また、スニーカーの靴紐に使われているイエローがさりげないアクセントもおすすめ。

シンプルな白シャツでクリーンな印象に

$(“”1074904″”).click( (null, $(‘#headline1074904’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074904″”)

<コーデアイテム詳細>
トップス:カットソー(JUNRed)
ボトムス:ガウチョパンツ(JUNRed)
シューズ:ベルトサンダル(Teva)

ウチはグレーパンツにシンプルな白シャツを合わせたコーデ。ゆったりしたサイズ感がリラックスシルエットをうまく作り出しています。白のトップスでクリーンな清潔感ある雰囲気を作り出しながら、ワイドサイズのグレーパンツで合わせることで、程よい”抜け感”がでて、夏っぽく決まっています。このサイズ感が絶妙だ。かっちりしすぎないように足下にはサンダルで【着崩しテクニック】させて着崩しているテクニックも◎。

シンプルな白シャツにはアクセサリーでポイントを

$(“”1074905″”).click( (null, $(‘#headline1074905’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074905″”)

<コーデアイテム詳細>
トップス:シャツ(SUNNY SPORTS)
ボトムス:スウェットパンツ(SUNNY SPORTS)
シューズ:スニーカー(NEW BALANCE)

ウチは白のノーカラーシャツとグレーパンツのコーデ。シンプルな白シャツには写真のようにアクセサリーを複数組み合わせてワンポイントアクセントを使うのもお洒落だ。ちびっとラフ感を出すために、ゆったりしたアイテムやシワ加工したアイテムを選ぶのもおすすめ。

ライバルたちに差をつけるならインパクト感のあるシャツで決める

$(“”1074906″”).click( (null, $(‘#headline1074906’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074906″”)

<コーデアイテム詳細>
トップス:ニットセーター(STEVEN LAND)
ボトムス:スウェットパンツ(WEGO)
シューズ:スニーカー(NIKE)

ウチはインパクト感のある柄シャツとグレーパンツを合わせたコーデ。シャツ以外をモノトーンで統一することで、柄のインパクト感が抜群に引き立ちます。グレーパンツを縁の下の力持ちに使ったコーデとも言える着こなしだ。

デニムシャツはどんな男性にも似合う鉄板アイテム

$(“”1074907″”).click( (null, $(‘#headline1074907’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074907″”)

<コーデアイテム詳細>
トップス:デニムシャツ(B.C STOCK)
ボトムス:スウェットパンツ(H&M)
シューズ:スニーカー(NIKE)

ウチはデニムシャツとグレーパンツのコーデ。写真のようなリブパンツと組み合わせることで、適度な抜け感が演出されて小洒落た印象に決まります。ウチのように適度なラフ感で仕上げた場合は、淡いカラーで仕上げた方がキレイなカジュアルスタイルとなります。

グレー×グレーでまとめると透明感のある清楚さを表現できる

$(“”1074908″”).click( (null, $(‘#headline1074908’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074908″”)

<コーデアイテム詳細>
トップス:カットソー(Inpaichthys kerri)
ボトムス:スウェットパンツ(GU)
シューズ:スリッポン

ウチは微妙にトーンの違うグレーシャツとグレーパンツを組み合わせたコーデ。全体的に統一感のあるコーデになっており、シンプルなデザインが清楚な印象を与えてくれます。ウチのゆるコーデは、あえてレディースパンツを選ンでおるけどダンはん、その方がアレンジの幅も広がりますのでおすすめだ。

太めのボーダー柄でサーファースタイル

$(“”1074909″”).click( (null, $(‘#headline1074909’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074909″”)

<コーデアイテム詳細>
トップス:カットソー(RAGEBLUE)
ボトムス:ショートパンツ(SHIPS GENERAL SUPPLY)
シューズ:ビーチサンダル(adidas)

ウチは太めのボーダー柄シャツとグレーのショーツを合わせたコーデ。自然とマリン風のイメージを掻き立てられる組み合わせで、サーファーファッションのど真ん中をいくコーデになっております。

「秋コーデ」はニット系と合わせる

$(“”1074910″”).click( (null, $(‘#headline1074910’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074910″”)

ニットセーターの柄をしっかり生かす

$(“”1074911″”).click( (null, $(‘#headline1074911’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074911″”)

<コーデアイテム詳細>
トップス:ニットセーター(MEN’S MELROSE)
インナー:シャツ(MEN’S MELROSE)
ボトムス:コーデュロイパンツ(MEN’S MELROSE)
シューズ:ドレスシューズ

ウチはニットセーターとグレーパンツを組み合わせたコーデ。全体的に小綺麗な雰囲気がでておるけどダンはん、セーターの袖をまくったり、パンツをロールアップすることで程よくリラックスした感じが演出されバランスが良い仕上がりに。ニットセーターの中にギンガムチェックシャツとえんじ色のネクタイを入れて、うまくアクセントを作り出しています。

ニットカーディガンで知的な感じにしても良い

$(“”1074912″”).click( (null, $(‘#headline1074912’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074912″”)

<コーデアイテム詳細>
トップス:カーディガン
インナー:シャツ(5351 POUR LES HOMMES)
ボトムス:スラックス(5351 POUR LES HOMMES)
シューズ:ドレスシューズ

ウチはグレーパンツにニットのカーディガンを合わせたコーデ。黒のカーディガンで引き締めることで、知的な大人っぽい雰囲気が演出されます。またカーディガンのボタンをしっかりとめることで程よくフォーマルな雰囲気を加えつつ、体のラインを引き締めることで、綺麗なボディラインを作り出して、スタイリッシュな着こなしができます。黒のレザーシューズできれい目に仕上げているのも雰囲気にぴったりだ。

オレンジのニットで若々しさをアピール

$(“”1074913″”).click( (null, $(‘#headline1074913’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074913″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:デニムジャケット(WEGO)
トップス:ニットセーター(RAGEBLUE)
インナー:タートルネック(ユニクロ)
ボトムス:スウェットパンツ(RAGEBLUE)
シューズ:ドレスシューズ

ウチはオレンジのニットをインナーに使ったコーデ。鮮やですかカラーリングが若者らしいですが、ニット系やタートルネックで落ち着いたイメージもあるため、幅広い世代のコーデとしても活躍します。また、足元をすっきり見せるロールアップで着こなすのがポイントだ。

グリーンのニットは周りと差別化したい方向き

$(“”1074914″”).click( (null, $(‘#headline1074914’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074914″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:テーラードジャケット(WEGO)
トップス:ニットセーター(GU)
インナー:シャツ(POLO RALPH LAUREN)
ボトムス:スウェットパンツ(HARE)
シューズ:ローファー(HARUTA)

ウチはインナーにグリーンのニットを入れたコーデ。あまり人と同じようなファッションは嫌だちう方、あまり使われることのないグリーンのニットがぜひおすすめ。周りとは一味違った秋にぴったりの雰囲気を演出できるはずだ。

白ニットはクリーンな清潔感◎モテ男子に欠かせません

$(“”1074915″”).click( (null, $(‘#headline1074915’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074915″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:ダッフルコート
トップス:タートルネック
ボトムス:スラックス
シューズ:ドレスシューズ

ウチは白のニットセーターとグレーパンツを組み合わせたコーデ。クリーンな清潔感を演出することができ、モテ男子には欠かせへん組み合わせだ。リサーチ結果によると、女性が求めるメンズコーデの1位2位には“清潔感のある着こなし”が挙げられておりますので、押さえておくことに損はおません。

無地のブルーニットは小綺麗な爽やかさ抜群

$(“”1074916″”).click( (null, $(‘#headline1074916’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074916″”)

<コーデアイテム詳細>
トップス:ニットセーター(RAGEBLUE)
インナー:カットソー(RAGEBLUE)
ボトムス:スウェットパンツ(RAGEBLUE)
シューズ:ドレスシューズ(RAGEBLUE)

ウチは無地のブルーニットと薄めのグレーパンツを合わせたコーデ。レイヤードとニットアイテムで全体的に優しい雰囲気で、小綺麗な爽やかさが前面に演出された組み合わせだ。

レンガ色のニットカーディガンは注目の上品カラー

$(“”1074917″”).click( (null, $(‘#headline1074917’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074917″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:カーディガン(JUNRed)
トップス:シャツ(JUNRed)
ボトムス:イージーパンツ(JUNRed)
シューズ:スニーカー

ウチはレンガ色のニットカーディガンとグレーパンツを合わせたコーデ。褐色系のカーディガンを使うことで、エレガントで綺麗で程よく光沢感のあるカラーで品のある大人スタイルにぴったりの組み合わせとなっています。

「冬コーデ」はコートで合わせて大人っぽく

$(“”1074918″”).click( (null, $(‘#headline1074918’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074918″”)

トレンチコートで大人っぽく

$(“”1074919″”).click( (null, $(‘#headline1074919’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074919″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:トレンチコート(GB SKINS)
トップス:ケーブルニット(niko and…)
ボトムス:イージーパンツ(niko and…)
シューズ:スニーカー(Reebok)

ウチはグレーパンツにベージュのトレンチコートを合わせたコーデ。トレンチコートがきれいなボディラインを作ってくれるので、スタイリッシュな着こなしを表現できます。スマートでかっこ良いと思います!また、白のニットをベージュで包み込むことで柔らかい雰囲気を演出し、テーパードの効いたグレーのイージーパンツで合わせることで、上品ながらもリラックス感のある着こなしができます。

チェスターコートでワンランク上の上品さを

$(“”1074920″”).click( (null, $(‘#headline1074920’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074920″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:チェスターコート(ATTACHMENT)
トップス:ニットセーター
ボトムス:イージーパンツ
シューズ:ローファー

ウチはグレーパンツに茶系のチェスターコートを合わせたコーデ。ジャストサイズのグレーパンツで合わせることで、チェスターコートのシルエットをうまく引き立てています。きれい目なチェスターコートで大人っぽい雰囲気を作り出しながら、黒のレザーシューズを足下に入れることでより品のある大人感が増しています。ロールアップしたグレーパンツの丈感も絶妙でおすすめ。

キャメルカラーはグレーと相性抜群

$(“”1074921″”).click( (null, $(‘#headline1074921’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074921″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:ショールコート(RAGEBLUE)
トップス:カットソー(H&M)
インナー:ロングシャツ(WEGO)
ボトムス:スウェットパンツ
シューズ:スニーカー

ウチはグレーパンツにキャメルのウールショートコートを合わせたコーデ。すごい大人っぽく落ち着いた雰囲気でありながらふんわりとしたユルコーデにまとまります。

グレーのチェック柄パンツは黒のシンプルなコートでクールに

$(“”1074922″”).click( (null, $(‘#headline1074922’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074922″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:ダッフルコート(J.PRESS)
トップス:タートルネック(niko and…)
ボトムス:トラウザー(CIAOPANIC TYPY)
シューズ:ドレスシューズ(Church’s)

ウチはグレーのチェック柄パンツをアクセントに仕立てたコーデ。パンツの柄を引き立てるためには、コートは黒の落ち着いたシンプルなものをチョイスすると◎。チェック柄は、かわいい系のデザインやので、それに合わせてダッフルコートをチョイスするとなお良いちうわけだ。

グリーンのコートと合わせれば大人っぽさも3割り増し

$(“”1074923″”).click( (null, $(‘#headline1074923’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074923″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:チェスターコート(UNIQLO and LEMAIRE)
トップス:カットソー(UNIQLO and LEMAIRE)
ボトムス:スウェットパンツ(GYMPHLEX)
シューズ:スニーカー(adidas)

ウチはマットなグリーンで仕上げられたコートとグレーパンツを組み合わせたコーデ。アースカラー系で全体的に落ち着いた雰囲気に仕上げており、大人っぽさがグッと引き立つコーデだ。キレイ要素を加える場合は、シューズをスニーカーからレザー系のシューズに変えるのがおすすめ。

ブルーのダッフルコートを使えば爽やですか好青年の完成

$(“”1074924″”).click( (null, $(‘#headline1074924’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074924″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:ダッフルコート(Ciaopanic)
トップス:シャツ(nano・universe)
ボトムス:リブパンツ(HARE)
シューズ:スニーカー(NIKE)

ウチはブルーのダッフルコートとグレーパンツを合わせたコーデ。ブルー系のアイテムが加わることで、一気に爽やですか好青年風の雰囲気が演出されます。細身のアイテムを意識すると、写真のようにキレイな着こなしとなります。

カーキ色のモッズコートはワイルド男子に必須アイテム

$(“”1074925″”).click( (null, $(‘#headline1074925’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074925″”)

<コーデアイテム詳細>
アウター:モッズコート(RAGEBLUE)
トップス:カットソー(RAGEBLUE)
ボトムス:ウールライクスリムパンツ(RAGEBLUE)
シューズ:チャッカブーツ(RAGEBLUE)

ウチはカーキ色のモッズコートとグレーパンツを合わせたコーデ。ミリタリー要素が強くなり、男らしいワイルドさを演出したい方にはぜひおすすめしたい組み合わせだ。ちびっと、アクティブ系のコーデにするなら、モッズコートをMA-1に替えてもOK。

グレーパンツはALLシーズン休みなく履き倒す

$(“”1074926″”).click( (null, $(‘#headline1074926’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1074926″”)

グレーパンツは季節ごとにまた違ったスタイリングの表情を生み出してくれるすごい便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なパンツだ。着まわしの良さが抜群で、すごい重宝します。合わせるパンツに困った時にはグレーパンツで決まりだ。今回ご紹介したのはごく一部やので、どんどんご自身でお気に入りの組み合わせを見つけとっただければと思います。グレーパンツを一年中履き倒せ。

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. ダメ人間の特徴まとめ完全版|3分でできる超簡単セルフ診断つき!

  2. 【フューリーライト】革命的スポーツシューズを見逃すな!

  3. 2016春に来る最新ニットおすすめ5選&大人ニットコーデの料理方…

  4. ついドキドキし違う…女性がボディタッチをする心理とは?

  5. 男のメガネ【エフェクター】音楽の聞こえるロックなcoolアイウエ…

  6. うわきものって特徴あるの?女子が「一発で見抜く方法」を暴露します…

  7. 元カノの誕生日にメールすると復縁できる?返信でわかる彼女の気持ち…

  8. 「なんで怒ってるんだよ!?」彼女に浮気を疑われがちな行動に用心!…

  9. 【リサーチ】2016年ヒットする秋物アイテムとは?メンズ最旬トレ…

  10. 「おーまですかトコとは何ぞ」が1分で理解できる例文と解説一覧!

  11. フェアアイルセーターを使ったワンポイント講座!

  12. 【2016最新】メンズデニムのエース級10ブランド対決|LEVI…

ページ上部へ戻る