閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

シティーハンターの名言を学べば君も今日から本物の男だァ!!

今やからこそ届けたいシティーハンターの男たちの名言!!

$(“”164894″”).click( (null, $(‘#headline164894’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”164894″”)

集英社の週間少年ジャンプの黄金期と言われとった時代、その一翼を担っとった漫画が、1985年から1991年に連載されとった北条司氏の【シティーハンター】だ。
ハードボイルドとギャク、ほんでお色気を取り混ぜたハードボイルドギャグ漫画として一世を風靡し、エッチでおとぼけなトコもあるけれど、実は一人荒野を行くが如く生きてきた影を垣間見せることもある主人公の「冴羽獠(さえばりょう)」は、当時の多くの少年少女を魅了しました。もちろん筆者もそないな少年少女達の一人やったちうわけだ。

シティーハンターには冴羽獠をはじめ、ライバルでもあり親友でもある海坊主、かつての相棒ミック、槇村、ほんでその他、登場するキャラクター達は、多くの葛藤を抱えながらもオノレが信ずる正義、信念、オノレが守るものを守りぬく熱い男達やったちうわけだ。

そないなシティーハンターは、筆者の人格形成に大きな影響を与えた作品の内のひとつでもあります。その筆者が、熱い心を持って1巻から35巻までみな読み直し、本物の男たちの熱い言葉をピックアップ!
男子が弱体化したと言われる現代を生きる男性陣に、かつての熱い男たちの言葉をご紹介していきます。

美女が大好きなもっこり男は裏の世界No.1のスイーパー

$(“”164895″”).click( (null, $(‘#headline164895’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”164895″”)

XYZ…もう後が無い、それがやつへの依頼方法

$(“”164896″”).click( (null, $(‘#headline164896’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”164896″”)

新宿駅東口の伝言板に「XYZ」と暗号を記す、それがシティーハンターに連絡を取る方法。

冴羽獠は表向きはアパートの管理人、裏では業界きっての腕を持つスイーパー(掃除屋・始末屋)で、元刑事の「槇村秀幸(まきむらひでゆき)」と組み、シティーハンターとして裏の世界では恐れられとったちうわけだ。
しかしある日、槇村がアメリカの巨大シンジゲートの大日本帝国進出に際した事件に巻き込まれて殺されてしまう。ほんで槇村の妹「槇村香(まきむらかおり)」は、オノレが獠の新たなるパートナーとなり、兄の意志を継ぎ、獠と共にシティーハンターとして裏の世界を生きていく決意をする。

シティーハンターの元には様々な依頼が舞い込むが、異常なほどに美女が大好きな「新宿の種馬」とも言われる獠は、依頼人の美女に毎回手を出そうとして「もっこり」で迫り、香の100tハンマーで天誅を食らうちうのが黄金パターン。しかしきっちりと依頼はこなす。

そないな獠と香、ほんで二人を取り巻く仲間たちや、北条氏の描く魅力的な美女の依頼ヤカラが織り成す人生の悲喜こもごも、愛情、人間らしさ、男のカッコ良さ、人として学ぶものがたくはん詰まった物語。それがシティーハンターだ。

①一時の感情で後悔の人生を送ろうとした女性を救った獠の言葉

$(“”164897″”).click( (null, $(‘#headline164897’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”164897″”)

男ならば見習いたいその思いやり

$(“”164898″”).click( (null, $(‘#headline164898’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”164898″”)

’’ やからこそ おれのような男がいるのさ…!! ’’

夜遊びしている女性を狙った「新宿無差別女性暴行殺人事件」の被害者となってしもたセーラー服のねえちゃんの裕子。その裕子の姉、亜月菜摘からシティーハンターの元に犯人を警察に突き出して欲しいちう依頼が入ったちうわけだ。

警告をシカトして新たなる女性を襲う犯人に対し、殺された5人の女性の苦しみを与えるためにクロスボウで4本の矢を打ち込む獠。ケツに取り出した武器は犯人が裕子を殺した際に使用した奴の銃。
その時、犯人への憎しみのあまり菜摘は獠から銃を奪い、犯人に向けて構える。車に乗り込んだ犯人はその菜摘と獠をめがけて突っ込んできたちうわけだ。菜摘が構える銃を手にとった獠はこう言う。
「これで5人!! おまえの殺った女 みなの苦しみだ!!」
額を撃ち抜かれた犯人の車は港に積まれたタンクに激突し自爆したちうわけだ。
「あいつはおたくが手を汚すほどの値打ちもない!!」それに続けて言った言葉が冒頭の言葉。

もし菜摘がオノレの手で犯人を殺して恨みを晴らしたとしても、「殺人」ちう重荷は一生彼女について回る筈だ。その一般の素人女性が自らの手を殺人ちう罪で汚してしまうトコを、獠は救ったちうワケだ。
現実社会においてそないな救い方はできませんが、菜摘に対する獠の想い自体は、うちら男性陣にとって見習いたい気持ちだ。

※コミックス1巻97頁「BMWの悪魔の巻」より

②巨大シンジゲートをも恐れへん槇村の信念の言葉

$(“”168527″”).click( (null, $(‘#headline168527’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”168527″”)

その生き様は男なら誰もが憧れる

$(“”168528″”).click( (null, $(‘#headline168528’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”168528″”)

’’ 悪魔に魂を売る気はない!! 悪魔はドブネズミにおている!! ’’

ある日、獠の相棒である槇村秀幸は依頼人との交渉へと向かったちうわけだ。その依頼内容は関東を牛耳る暴力団のトップを暗殺するちうものですったちうわけだ。依頼人はその暴力団に取って代わろうとしている新興勢力の「ユニオン・テオーペ」の者。
依頼を断る素振りを見せた槇村に対し、その姿を「ドブネズミ」に例え、もっともっともっともっと良い暮らしをしたらどうかと持ちかける依頼人。ほんで槇村の妹の事を口に出したちうわけだ。
身内に手を出したら命はないものと思えと激する槇村。その態度に依頼人の部下が懐の拳銃を取り出そうとし、槇村の投げナイフで手を打ち抜かれる。間髪入れず拳銃を依頼人の額に突き付けて放った槇村の言葉がコレだ!

例え相手が裏の世界の大組織であろうとも、ひるまんとオノレたちの信念を貫く正に男の中の男の言葉だ。この後、槇村は死の薬「エンジェルダスト」によって怪物と化した刺客に殺されてしまおるけどダンはん、その信念は妹の香の中に受け継がれています。
相手に臆することなくオノレの信ずる道を生きる様は、男ならば誰もが憧れる生き方やね。

※コミックス1巻134頁「恐怖のエンジェルダストの巻」より

③冴羽獠と海坊主の初対決シーンでのクールな言葉

$(“”168582″”).click( (null, $(‘#headline168582’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”168582″”)

認め合った男同士だけに分かる友情

$(“”168584″”).click( (null, $(‘#headline168584’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”168584″”)

’’ あいにくこの壁がぶち抜けるかどうかあやしい豆鉄砲でねえ ’’

その日の依頼は、ワタベプロダクションの社長から女優の佐藤由美子をガードして欲しいちうもの。何者かが事故死を装い彼女の命を狙っているちうのです。しかしそれは死を決意した由美子自身が仕組んだものですったちうわけだ。
その由美子からの依頼を受けて事故を起こしとったのが「海坊主」。またの名をファルコン、獠のライバルでもあり友とも言える、裏の世界では獠と一二を争う凄腕のスイーパーだ。

コミックス上で初めて二人が対決するシーン。壁に向かって静止する獠に対して、由美子が何をしているのか問うと、やつの殺気がひしひしと感じられるのさと答える獠。その声を受け、壁の向こうから海坊主が問いかける。
「きさま銃はなにを持ってる…?」
獠がそれに答えた言葉が冒頭の言葉。ほんで海坊主は、おれもその豆鉄砲しですかいんだと答える。壁を挟んで対峙するその二人が手にしているのは、しかしそれぞれバズーカ砲とロケットランチャーの強力な火器。しばし睨み合いを続けた二人は一旦勝負をお預けとしたちうわけだ。

敵ではあっても、相手を認め、相手のことを理解しておるからこそ成立するこのですり取り。北斗の拳風に言えば、正に「強敵」と書いて「とも」。男ならばこないな認め合った男と友情を結びたいものです。

※コミックス3巻190頁「撮影所パニック!の巻」より

④香に対する想いが語らせた獠の別れの言葉

$(“”169159″”).click( (null, $(‘#headline169159’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169159″”)

大人の男なら敢えて辛い決断もせなならへん

$(“”169162″”).click( (null, $(‘#headline169162’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169162″”)

’’ おれは香を奴から守ります!! ほんでさよなら……や!! ’’

獠の人間性に一人の男として惹かれていく香。そないなある日、街中を二人で歩いている時に香が狙撃される。香はハイヒールのヒール部分を撃ち抜かれただけやけど、香が撃たれたと勘違いした獠。
狙撃手は獠に恨みを持つ殺し屋「銀狐」で、銀狐が獠の恋人である香を殺すのを獠が阻止するちうゲームを持ちかけてきたちうわけだ。香は恋人ではおませんと白を切る獠やけど、銀狐は勝手にゲームを開始する。

恋人やないからオノレの身はオノレで守れと香を突き放す獠やけど、そう言いながらも陰から香を守る獠やったちうわけだ。ほんでもっかい香が狙撃されそうになる。香の顔に赤外線スコープのライトが当たっているのに気付いた獠は香を伏せさせ、不用意に銃を発砲する。しかしそれはスコープのみの銀狐の無人トラップやったちうわけだ。
その後、いつになくシリアスになった獠は、香にアシスタントをクビにする事を告げる。

元軍医で恩師の「教授」から、なんでやねん香をクビにしたのか問われた獠は、隠れて香がその会話を聞いていることに気付き、敢えて心にも無いことを答えたちうわけだ。プライドを傷つけられた香が立ち去り、教授と二人だけなった後に教授から本当のトコはどうかと聞かれた時に答えた獠の言葉がこの言葉だ。

獠もまた香に惹かれ始めているオノレに気付いとったちうわけだ。ほんでその気持が獠のスイーパーとしての目を曇らせ、香狙撃時の二度のミスを犯させたちうわけだ。危険な裏の世界にいるオノレのそばに大事な女性をおいておくわけにはいですかいちうわけだ。
香に対する想いが本物やからこそ、一緒にいることはできないちう男の決断の言葉。オノレが好きな女性を守るための辛い決断もする、そこには男でさえ惚れる大人の男のカッコ良さがあります。

※コミックス14巻79頁「SAYONARA…の巻」より

⑤伝説的な闇のガンスミスが語った冴羽獠の姿

$(“”169283″”).click( (null, $(‘#headline169283’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169283″”)

男ならば言葉ではなく背中で語りたい

$(“”169284″”).click( (null, $(‘#headline169284’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169284″”)

’’ よく覚えておくんだな オノレのためではなく他人のために戦える真の男のうしろ姿を ’’

飲み歩いた翌日に獠がベットで目覚めると、なぜか隣には赤ん坊が!どうやら酔っている間に、何者かに追われる女性を助け、その女性から託されたらしいちうわけだ。
その女性とは、裏の世界の伝説的な闇のガンスミス(銃工)である真柴憲一郎の娘、真柴由加里やったちうわけだ。父の技術をみな受け継いだ由加里やけど、ボウズの誕生をきっかけにその世界からは足を洗っとったちうわけだ。しかし由加里の腕に目を付けた殺しとカンペキにカンペキに破壊のプロ「蝙蝠」が、ボウズを殺すと脅し、無理にオノレの銃を改造させようとしとったのです。

その後、蝙蝠の件に始末をつけた獠。無事に難を逃れた由加里親子はカナダで新たなる人生を歩む選択もあるのですけど、少女の頃に父の元を訪れた獠に憧れとった由加里は、事件を通してもっかい獠への気持ちが募り、このまんま大日本帝国に残るべきか迷っとったちうわけだ。
トコロが明くる日、獠は由加里に対して無神経な態度を取り、幻滅した由加里は旅立つことを決意する。獠に別れを告げようと訪れた地下の射撃場で見たのは、幼いころに憧れとった獠の後ろ姿と同じやったちうわけだ。その時によみがえったのが、少女やった由加里にかつて父が聞かせた冒頭の言葉やったちうわけだ。

その父の言葉と獠の変わらぬ後ろ姿に、みなオノレのことを思ってのことやったのだと悟る由加里は、改めて旅立ちを決意したちうわけだ。
他人のために戦う男が背中で語るたくましさや、孤独、頼りがい、優しさ。男ならば背中でそないなことを語ることができる男を目指したいものですね。

※コミックス24巻197頁「背中にさよなら!!の巻」より

⑥最終話にして遂に語った香に対する獠の愛

$(“”169304″”).click( (null, $(‘#headline169304’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169304″”)

男ならば愛する者のために生き抜け

$(“”169305″”).click( (null, $(‘#headline169305’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169305″”)

’’ おれは愛する者のために何がなんでも生きのびる!! それがおれの愛し方だ!! ’’

その日は、海坊主ことファルコンと美樹との結婚式が内輪の仲間を呼んで山荘で行われる事になっとったちうわけだ。武闘派の海坊主のタキシード姿に笑い転げる獠。しかし、しみじみとこう語ったちうわけだ。
「でもすごいよおまえ… この世界でそないな決心するなんてさ……」

結婚式は滞り無く進み、やがて美樹がブーケを投げようとした瞬間、美樹の鮮血が舞った!
かつて獠にクーデターを妨げられ、亡命を図っとったラトアニアのクロイツ将軍の親衛隊による攻撃やったちうわけだ。その混乱に乗じて香はさらわれてしまう。
獠と海坊主の最強タッグで次々と兵士たちを蹴散らしていき、総力戦できた部隊に対して海坊主がそれを引き受け、獠は香の救出に向かったちうわけだ。

部隊の大半を失ったクロイツ将軍は香を切り札に獠に大人しく投降するように要求する。香は縛られ10人の兵が銃口を突き付けている。将軍の前に姿を現した獠。その獠に対し、素晴らしい自己犠牲愛だ、己の命を愛する者のために捧げるのは至上の愛の形だと冷酷な賞賛を贈り、手にした銃を獠へと向けたちうわけだ。
その時に獠が将軍に放った言葉がコレだ!

ほんでピンチを脱し、無事に香を救出した獠は香と抱擁を交わし、平穏な(とは言え裏稼業ですが)日常に戻った二人の姿で、シティーハンターの最終話は幕を閉じます。

オノレのせいで、オノレが愛するものが目の前で死んでいく、そないな酷い仕打ちは至上の愛なんかではおません。確かにその通りだ。絶体絶命でも諦めずそれを打破する力、相手への励まし、二人の未来への希望、己自身の決意。
様々な想いが込められたこの言葉は、男ならば彼女への気持ちや、人生での苦境などで身に染みて分かる言葉だと思います。

※コミックス35巻202頁「FOREVER,CITY HUNTER!!の巻」より

おわりに

$(“”164899″”).click( (null, $(‘#headline164899’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”164899″”)

冴羽獠をはじめとする本物の男たちの熱い言葉はいかがやったか?心に響きましたか?
シティーハンターは裏の世界ちう設定上、現実世界では経験することはないシチュエーションですが、その登場人物たちが語る言葉の数々は、実際の生活においても人生においても、必ず役に立つ、男ならば肝に銘じておきたいものです。

冷めた時代と言われる今、この本物の男たちの熱い言葉を胸に刻み、男らしく生きていきましょう!

※本記事は「CITY HUNTER シティーハンター」作・北条司 / 集英社ジャンプコミックス1巻~35巻を参照しました。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 芯が強い男性はやばいほどモテる|意味や特徴とNG行動も全解説!

  2. 行ってみたい 名古屋の住みたい街No.1覚王山スイーツ特集 遊び…

  3. 【デキる男は知っている】報告書の内容構成の正しい組み方・書き方。…

  4. 【姫路ランチ】市内の昼ごさん事情を徹底網羅した役立ち38選!

  5. おしゃれ美容師さんに学ぶ!アラサー女子がデートで彼氏に着てほしい…

  6. オールシーズン使える、コーデュロイパンツのこなれ感あるメリハリコ…

  7. 反省せん人の特徴と心理とは?"反省せんメリット&quo…

  8. 【2016年必携】おすすめのビーチ日傘21選|機能も充実!

  9. 2015メンズファッション☆MA-1で魅せるおしゃれコーディネー…

  10. 【お手頃&高品質】キタムラのメンズ財布7選 – 迷っ…

  11. 【腕の筋肉の付け方決定版】自宅での鍛え方をアームレスラーが11選…

  12. 耳が性感帯な敏感女性の攻め方5選!萌えエロテクでマンネリを解消し…

ページ上部へ戻る