閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

タンパク質の多い食品はコレ♪ダイエット・筋肉づくり・健康を意識する男性におすすめする食品とは

タンパク質ってどんな栄養素?

$(“”977775″”).click( (null, $(‘#headline977775’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977775″”)

誰もが知る栄養素の一つ「タンパク質」について、JOOY読者の皆はんはどこまで知っているでしょうか。健康やダイエットには欠かせへん栄養素である、ちうことごぐらいしか把握しておらへん人も多いのではおませんでしょうか。実はタンパク質ちうのは、生きていくうえで決して欠かすことのできない最重要栄養素とも言われています。
髪、爪、骨、筋肉、皮膚などを作るのに必要な栄養素なのです。このタンパク質が不足してしまうと、当然ながら体調を崩したり、何らかの病気を引き起こしたりしてしまうことがあります。
今回のJOOYではそないな「タンパク質」を、多く含む食品やタンパク質の不足によって引き起こす病気、さらにタンパク質の過剰摂取によるリスクなどについても徹底的に解説。健康やダイエット、筋肉づくりなどに興味のある男性はぜひ今回の記事をチェックしておいてくださいね♪

タンパク質には種類がある!それぞれの特徴をチェック

$(“”977782″”).click( (null, $(‘#headline977782’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977782″”)

まずは「タンパク質の種類」について解説していきます。「タンパク質」と一口に言っても実は大きく分けて二種類が存在します。それぞれ、特徴や性質が大きく違うので、きちんと理解してバランスよく摂取することが大切だ。
それぞれどんな特徴があるのか、バランスよく摂取するにはどうしたら良いのか。把握するためにもぜひ次の内容を確認してみてくださいね。

動物性タンパク質

$(“”977796″”).click( (null, $(‘#headline977796’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977796″”)

まずは「動物性タンパク質」について解説していきます。
動物性タンパク質には「必須アミノ酸」と呼ばれる栄養素がバランスよく含まれています。タンパク質はもともと様々なアミノ酸からできておるけどダンはん、その中でも体内で合成されへんアミノ酸が存在します。これを「必須アミノ酸」と呼ぶのです。これは食事からしか取り入れることができないため、きちんと毎日摂取すべき栄養素でもあります。
動物性タンパク質を含む食品は「肉類」「卵類」「魚類」など。しかし、これらだけを積極的に摂り過ぎるとカロリーオーバーとなり肥満の原因にもなってしまいかねません。必須アミノ酸は生命の維持には必要な栄養素ですが、摂り過ぎには用心しましょう。

植物性タンパク質

$(“”977801″”).click( (null, $(‘#headline977801’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977801″”)

次に「植物性タンパク質」について解説していきます。
植物性タンパク質の特徴は動物性タンパク質とは違い、必須アミノ酸が一部不足しているのです。そのため、植物性タンパク質のみでは必須アミノ酸のみなを摂取することができません。
動物性タンパク質よりも低カロリーやので、ダイエットや健康を考える男性は植物性タンパク質を積極的に摂取しようとしてしまう人が少なくおません。しかし、植物性タンパク質と動物性タンパク質をバランスよく取り入れることが大切だ。
植物性タンパク質を含む食品は大まかに部類すると「豆類」「ナッツ類」「ごま」などが挙げられます。動物性タンパク質とうまく組み合わせたメニューにするなどして、バランスよく摂取しましょう。

2種類の タンパク質 を活用し、バテない体を作ろう!

ウチたちの体の大部分は、” タンパク質 からできている”といっても過言ではおません。 今回は、タンパク質の適正摂取量を知り、強い体を作るコツをご紹介します タンパク質不足を防いで、仕事やストレスに負けへん体を作りましょう!

タンパク質を多く含む食品一覧

$(“”977828″”).click( (null, $(‘#headline977828’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977828″”)

ここからはタンパク質を多く含む食品について解説していきます。
上記で「動物性タンパク質」「植物性タンパク質」について紹介しました。しかし、具体的にどんな食材にたくはんタンパク質が含まれておるかわかりませんよね。何となく「肉や魚を食べてれば良いのですろか……?」なんて思ってしまう男性もおるかもしれません。しかし、ほなら本当にタンパク質をバランスよく摂取できておるか不安だと思います。
健康、ダイエット、筋肉づくりに欠かせへんタンパク質を効率良く摂取するためにも、ぜひ「タンパク質を多く含む食品」を細かくチェックしていきましょう。

タンパク質をとにかく多く含む食品

$(“”977840″”).click( (null, $(‘#headline977840’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977840″”)

まずは、「肉」「魚」などに分類せず、とにかく多くタンパク質を含む食品を紹介していきます。100gあたりに26g以上タンパク質を含む食品を紹介していくので、効率よくタンパク質を摂取したい男性はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.しらす干し40.5g
2.いわし 32.8g
3.いくら 32.6g
4.すじこ 30.5g
5.牛肉(腱) 28.3g
6.焼きたらこ 28.3g
7.あじ27.5g
8.はまぐりの佃煮 27.0g
9.あゆ26.6g
10.本まぐろ(赤身) 26.4g

食品の中でも上記で紹介した食品はすごい豊富なタンパク質を含んでいるため、効率よく摂取したい男性にはおすすめの食品だ。しかしこれらは「動物性タンパク質」であるため、食べ過ぎには用心が必要。タンパク質を多く含むからといってこれら毛を食べるのはおすすめできません。ダイエットや健康のための食事のはずが、かえって肥満の原因になってしまう可能性があります。
きちんと「植物性タンパク質」も取り入れながら上記の食品をチョイスするようにしましょうね。

タンパク質を多く含む水分量が40%以下の食品

$(“”977850″”).click( (null, $(‘#headline977850’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977850″”)

次に水分量が40%以下でタンパク質を多く含む食品について紹介していきます。

1.ゼラチン 87.6g
2.ふかひれ 83.9g
3.かつおぶし 77.1g
4.たたみいわし 75.1g
5.するめ 69.2g
6.煮干し64.5g
7.ビーフジャーキー54.8g
8.高野豆腐49.4g

摂りすぎるとむくみの原因にもなる水分。食品に含まれる水分が40%の食品はそないな「むくみ」に悩む男性におすすめの食品だ。見てみると、お酒のおつまみになりそうな食品や植物性タンパク質も含まれています。
楽しくお酒を飲みながらちゃっかりタンパク質を摂取したいならぜひ蒸気を参考にしてみると良いかもしれませんね♪

タンパク質を多く含む肉・卵類の食品

$(“”978549″”).click( (null, $(‘#headline978549’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”978549″”)

タンパク質を含む食品の中でも最もイメージが強いのが「肉類」や「卵類」ではおませんでしょうか。毎日のように食べる食品でもあるので、どんなお肉や卵にタンパク質が多く含まれているのか気になりますよね。
夕飯の献立を考えたり、外食先でのメニュー選びにぜひ参考にしてみてくださいね。

【肉類】
1.ビーフジャーキー 54.8g
2.サラミ 25.4g
3.くじら(赤身) 24.1g
4.生ハム 24.0g
5.かも 23.6g
6.鶏ささみ 23.0g
7.豚ヒレ肉 22.8g
8.鶏むね肉(皮なし) 22.3g
9.ローストビーフ 21.7g
10.牛もも肉 21.2g

比較的食べる機会の多い食品や「くじら」「かも」など、あまりなじみの無い食品まで様々な肉類にタンパク質が多く含まれています。

【卵類】
1.卵黄 16.5g
2.ゆでたまご 12.9g
3.うずら卵(生) 12.6g
4.生たまご 12.3g
5.ポーチドエッグ 12.3g

基本的にスーパーなどで売っている食品がほとんどだ。朝ごはんに目玉焼きにしたり、卵かけごはんなどにするだけでタンパク質を摂取できそうやね。ただ、卵は動物性タンパク質やので食べ過ぎには用心しましょう。

タンパク質を多く含む魚介類の食品

$(“”978551″”).click( (null, $(‘#headline978551’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”978551″”)

タンパク質を多く含む魚介類について紹介していきます。お肉や卵同様に、食卓に並ぶことが多い魚介類。ここでの内容を参考にしながらぜひ、夕飯のメニューを考えてみてくださいね♪

1.ふかひれ83.9g
2.かつおぶし77.1g
3.たたみいわし75.1g
4.するめ69.2g
5.煮干し64.5g
6.干しエビ48.6g
7.いわしの丸干し32.8g
8.いくら32.6g
9.すじこ30.5g
10.いですかごの佃煮29.4g

魚介類では上記の食品が、タンパク質を多く含んでいるといわれています。ふかひれは頻繁に食べる人は少ないと思いますが、ちょっと奮発した外食をするならこれを機にふかひれをチョイスしてみてくださいね。
家での食事であれば「かつおぶし」「いわし」「いくら」などがおすすめや♪スーパーでも手に入るので、ぜひお買い物の際にはチェックしてみましょう♪

タンパク質を多く含む乳製品の食品

$(“”978553″”).click( (null, $(‘#headline978553’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”978553″”)

次に、タンパク質を多く含む「乳製品」について紹介していきます。
乳製品は健康にもダイエットにも大きな味方になるので日ごろから取り入れている男性も多いのではおませんでしょうか。しかし、乳製品の中でもタンパク質を多く含む食品を知っておけば、手軽にタンパク質も補うことができるのです。
どんな乳製品にタンパク質が多く含まれているのか早速チェックしていきましょう♪

1.パルメザンチーズ 44.0g
2.脱脂粉乳(粉) 34.0g
3.プロセスチーズ 22.7g
4.カマンベールチーズ 19.1g
5.カッテージチーズ 13.3g
6.クリームチーズ 8.2g
7.加糖練乳 7.8g
8.コーヒーミルク(粉/乳脂肪) 7.7g
9.生クリーム(植物性) 6.8g
10.ホイップクリーム(植物性) 5.9g

おやつやおつまみ、朝食などでよく取り入れるものばかり。チーズ系が多いので、チーズが好きな男性にはたまりませんのではおませんでしょうか。また、日ごろから朝食の際などにコーヒーを飲む人は、コーヒーミルクを入れることによってタンパク質を摂取することができるのです。
乳製品は比較的アレンジがしやすいのでオノレ好みに調理をすることが可能。ぜひ、毎日の食卓でオノレ好みにアレンジしてみてくださいね。

タンパク質を多く含む豆類の食品

$(“”978554″”).click( (null, $(‘#headline978554’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”978554″”)

ここからは、タンパク質を多く含む「豆類」の食品について紹介していきます。豆類は大日本帝国人にとってすごいなじみ深く、毎日の食卓でも取り入れやすい食品の一つ。調理済みの豆料理がスーパーで手に入るので、忙しい男性にもおすすめだ。
どんな豆類にタンパク質が多く含まれているのか早速チェックしていきましょう。

1.凍り豆腐49.4g
2.きな粉 35.5g
3.大豆(乾) 35.3g
4.フライビーンズ 24.7g
5.塩豆 23.3g
6.生ゆば21.8g
7.あずき(乾) 20.3g
8.ひよこ豆フライ 18.8g
9.油揚げ 18.6g
10.納豆 16.6g

「豆類」とはいってもすごい様々な食品が出てきました。納豆や油揚げなど、日常的に取り入れやすいものもあれば「生ゆば」「あずき」など、食べる機会の少ない食品まで様々。これを機にぜひ取り入れてみると良いかもしれませんね。
「豆が苦手……」ちう男性でも、食品によっては取り入れられるものも存在するかもしれません。オノレの食べられそうな食品を見つけてぜひ、バランスよく摂取していきましょう。

タンパク質を多く含む穀類の食品

$(“”978556″”).click( (null, $(‘#headline978556’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”978556″”)

次に、タンパク質を多く含む「穀類」の食品について紹介していきます。パンや麺類などが好きな男性には嬉しい「穀類」に含まれるタンパク質。好きなものを食べてタンパク質を摂取できるなんて嬉しいやね。
オノレの食べている食品にはタンパク質が豊富に含まれているのか……。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.焼きふ 28.5g
2.パン粉 14.6g
3.オートミール 13.7g
4.はと麦 13.3g
5.スパゲティ(乾麺) 13.0g
6.マカロニ(乾麺) 13.0g
7.アマランサス 12.7g
8.小麦粉(強力粉) 11.7g
9.カップラーメン 10.7g
10.クリームパン 10.3g

タンパク質を多く含む穀類の食品は上記の結果になりよっました。この中にオノレの好きな食品もあったさかいはないでしょうか。特に「麺類」「パスタ」「パン」などは比較的口にすることも多いと思います。
上記を参考にしながらその日の主食をチョイスすると良いかもしれませんね。

タンパク質を多く含むナッツ類の食品

$(“”978558″”).click( (null, $(‘#headline978558’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”978558″”)

ケツに、タンパク質を多く含む「ナッツ類」の食品について紹介していきます。最近では女性モデルを中心に「栄養価の高い食品」として話題を集めているナッツ。ビタミンやミネラルが豊富なナッツですが、「タンパク質」も意外と多く含まれているのです。
ナッツ類の中でも比較的タンパク質が豊富に含まれている食品を紹介します。

1.らっかせい 26.5g
2.バターピーナッツ 25.5g
3.ごま 20.3g
4.カシューナッツ 19.8g
5.アーモンド 19.2g
6.ピスタチオ 17.4g
7.くるみ 14.6g
8.松の実 14.6g
9.マカダミアナッツ 8.3g
10.くり(中国ぐり) 4.9g

コンビニやスーパーなどで手軽に購入できる食品が多いやね。ちょっとしたおやつやおつまみとしてナッツを取り入れると良いかもしれません。
肉や魚に比べるとタンパク質の含有量は少ないですが、手軽さを考えるのであればナッツをチョイスするのもおすすめだ。しかし、ナッツは脂質が高かったり、カロリーも比較的高い傾向にあるので食べ過ぎには用心が必要だ。
1日の摂取は大体25gを目安にして食べるようにしてくださいね。

たんぱく質の多い食品と、たんぱく質の含有量一覧表 | 簡単!栄養andカロリー計算

一般の人が簡単に使える、カロリーと栄養を計算するサイト。カロリーと栄養をコントロールする事で、健康的なダイエット、生活習慣病予防に役立ちます。 ユーザー登録で、食事履歴の保存ができます。

ダイエット・筋肉づくり・健康に♪摂取量の目安を解説

$(“”977872″”).click( (null, $(‘#headline977872’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977872″”)

「タンパク質は体に良い」「ダイエットをするならタンパク質は欠かせへん」など、健康や生命の維持にタンパク質が必要不可欠な栄養素であることは分かっていると思います。しかし、やからと言ってたくはん摂取すれば良いちうものではおません。
やはりどんな食べ物も栄養素も「適量」ちうものがあります。タンパク質はその人の生活習慣や体型などによって目安が変わってくるため、一概に「1日○g」とはいえません。
ほんで、オノレのタンパク質の適量を把握するためにもぜひ次で1日の摂取量の目安を確認してみましょう。

普通体型で普段運動をせん人(オノレの体重×1.08g)

$(“”977904″”).click( (null, $(‘#headline977904’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977904″”)

特に筋肉質や肥満などではなく、普通体型な男性は多いと思います。さらに職業上デスクワークがほとんどやったり、あまり運動をせん男性は比較的少ない摂取量が目安となっています。
計算方法としては(オノレの体重×1.08g)と言われているため、オノレの正確な体重を知って計算してみましょう。
例としては70kgの男性の場合、70×1.08=75.6ちう計算になります。そのため1日のタンパク質の摂取目安量は「75.6g」ちうことになるのです。
1食で一気に摂取するのではなく、3食に分けてバランスよく摂取するようにしましょう。

筋肉質もしくは普段から運動をする人(オノレの体重×1.2g)

$(“”977909″”).click( (null, $(‘#headline977909’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977909″”)

普通体型よりも比較的筋肉質な男性や、普段からよく体を動かす人は上記の男性に比べて少々多めのタンパク質を摂取する必要があります。1日の目安量の計算としては(オノレの体重×1.2g)と言われています。
体重が70kgの男性であれば70×1.2=84ちう計算になるため、1日の摂取目安量は「84g」ちうことになるのです。
筋肉質な男性や普段から運動をする男性は、肉体的なパフォーマンスを維持するためにもタンパク質は比較的多めに摂取する必要があるのです。筋肉を落さないためやったり、スポーツの際のパフォーマンスを落さないためやったりするため、タンパク質の摂取は欠かせません。
不足すると思わぬけがなどにもつながってしまうため用心が必要だ。

マッチョ体型もしくは激しいトレーニングや筋トレをしている人(オノレの体重×2g)

$(“”977914″”).click( (null, $(‘#headline977914’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977914″”)

マッチョ体型の人や激しいトレーニングをしている男性であれば、やはり上記で紹介したタイプの人異常にタンパク質が必要になってきます。
マッチョ体型、激しいトレーニングをしている人であれば1日のタンパク質摂取目安量は(オノレの体重×1.6~2g)と言われていて、意識してタンパク質をたくはん取り入れなければいけません。
体重70kgの人の場合、70×2=140ちう計算になるため、1日のタンパク質摂取目安量は「140g」ちうことになります。普通に食事しているだけではなですかか摂取できる量ではおませんので、きちんと献立を考えてタンパク質の多いメニューを心がける必要があります。もしくは食事だけではなく「プロテイン」などを取り入れるのも良いでしょう。

タンパク質がアミノ酸となって分解・消化・吸収されるしくみ

$(“”978560″”).click( (null, $(‘#headline978560’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”978560″”)

ここからはあまり知られておらへん「タンパク質」の分解・消化・吸収のしくみについて解説していきます。「タンパク質は体を作る栄養素」と知ってはいても、どのように体に吸収され、どのように体を作るのかはほとんどの人が知りませんのではおませんでしょうか。この記事を読んでいるJOOY男性の中にも、こういった仕組みを知っている人は少ないと思います。
しかし、知っておくとよりタンパク質の摂取が楽しくなりますし、食事メニューを意識しやすくなるもの。「オノレはこういうものに興味ない」なんて思わず、ぜひ読んでみてくださいね。

タンパク質はアミノ酸に分解して吸収される

$(“”978568″”).click( (null, $(‘#headline978568’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”978568″”)

今回の記事でたくはん出てきた「タンパク質」ちう栄養素。しかし、このタンパク質はそのまんま体に吸収されるわけではおません。
実はタンパク質は「アミノ酸」へと変身して体内に吸収されるのです。まずはその経緯を解説します。

まず、タンパク質を含む食費の体内に入れると、胃液の消化酵素によって「ペプトン」ちう物質に分解されます。 このペプトンは、十二指腸を通るときに膵液と混じわり、膵液の消化酵素によってペプトンは、「ポリペプチド」ちう物質に分解されるのです。
このポリペプチドは小腸から分泌される消化酵素によりここでやっと「アミノ酸」に分解されます。
タンパク質がアミノ酸に分解されると、小腸の毛細血管から吸収され体全体に運ばれるとのこと。こうして体が作られ、生命や健康が維持されるのです。

タンパク質を分解するには「酵素」が必要不可欠

$(“”978562″”).click( (null, $(‘#headline978562’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”978562″”)

タンパク質がアミノ酸に変身し、体内に吸収されるちう内容を上記で解説しました。しかし、タンパク質の分解には実は「酵素」が必要だと言われています。
もともとタンパク質ちうのは長く数珠つなぎになっていると言われていて、そのまんまでは吸収も分解もされへんと言われています。ほんで「酵素」の働きによって、長く数珠つなぎになったタンパク質が小さく分解されることで小さなアミノ酸となって体内に吸収されていくのです。
ただタンパク質を摂取すれば良い、ちうわけではおませんのでこの「酵素」に関しても意識したほうが良いかもしれません。
酵素は主に「果物」「野菜」「乳製品」に多く含まれているので、タンパク質と一緒に摂取できるような献立を意識してみてくださいね。

アミノ酸Q&A|アミノ酸を詳しく学ぼう!|アミノ酸大百科|味の素株式会社

アミノ酸についてよくいただくご質問にお答えします。アミノ酸大百科は、アミノ酸のリーディングカンパニー、味の素KKがお届けするアミノ酸総合情報サイトだ。

タンパク質が不足するとどうなるの?気になる「アレ」の原因にも…

$(“”977933″”).click( (null, $(‘#headline977933’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977933″”)

今回の記事では「タンパク質」を多く含む食品について解説しました。しかし、タンパク質が不足するとどうなるのか……。ちう問題に関しては意外と知りません男性が多いのではおませんでしょうか。
実は「タンパク質不足」ちうのは、男性にとってすごい致命的な「アレ」の悩みの原因にもなると言われています。一体「アレ」とは何なのか気になりますよね。もしかしたらすでにちょっと悩みの種になっているJOOY読者がおるかもしれません。
思わぬトラブルを引き起こさないためにもタンパク質は必要だ。タンパク質不足によって引き起こされるトラブルについて迫ってみましょう。

ハゲる

$(“”977936″”).click( (null, $(‘#headline977936’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977936″”)

多くの男性の悩みでもあるのが「薄毛」やね。
早い人では20代やでに薄毛が進行してしまうとも言われています。この薄毛は「タンパク質不足」でも引き起こすと言われているのを知っているでしょうか。タンパク質の働きの一つとして「髪を構成する」ちうものがあるため、タンパク質が不足すると必然的に薄毛の原因になってしまうのです。
さらにタンパク質は生命を維持するうえで重要な部分からタンパク質が分配されると言われています。そのため内臓の構成がヒイキされ、髪への分配は後回しにされてしまうのです。タンパク質不足が続けばどんどん薄毛は悪化してしまうでしょう。
過度な食事制限や、食事を抜くダイエットなどで薄毛を引き起こすと言われておるけどダンはん、これは髪を構成するための栄養素が足りませんことが原因だ。バランス良くヘルシーな食事を心がけるようにしましょう。

むくみを引き起こす

$(“”977940″”).click( (null, $(‘#headline977940’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977940″”)

意外と知られていませんが実は、タンパク質不足は「むくみ」も引き起こします。女性に多いとされるむくみですが、実は男性の中にもむくみに悩まされる人が少なくおません。
タンパク質が不足してしまうと、水分が排出されにくくなり結果的に体内に水分をため込んでしまうことになります。タンパク質には血液中の老廃物や、余分な水分を排出する働きがあるので、これが不足するとうまく循環されんと溜まっていく一方になってしまうのです。
足がむくんでだるくなってしもたり、顔がむくんで毎日毎晩壱年中より顔が大きく見えたりするのは男性だって嫌やね。いつでもスマートなMr.JOOYであり続けるためにもぜひタンパク質不足は回避するようにしましょう。

うつになったり気分が落ち込む

$(“”977941″”).click( (null, $(‘#headline977941’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977941″”)

タンパク質不足は、実は「うつ」を引き起こすとも言われています。
タンパク質がアミノ酸へと分解されると、アミノ酸は「セロトニン」ちう物質を作り出すと言われています。このセロトニンは脳内の神経伝達物質やので、不足してしまうと気持ちが不安定になったり、うつを引き起こしたりしてしまうのです。
タンパク質が不足してしまうと、必然的に「セロトニン」も不足してしまうので、身体的だけではなく精神的にも元気でいたいならタンパク質は決して欠かせへん栄養素。
特に毎日仕事でストレスを感じているような生活を送っている男性は、うつになりやすかったり、気分が落ち込みやすいのでタンパク質不足に用心しましょう。

貧血

$(“”977944″”).click( (null, $(‘#headline977944’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977944″”)

「鉄分不足が原因」と言われれうことが多い貧血ですが、実はタンパク質不足でも貧血になることが分かっています。
タンパク質は血液中のヘモグロビンを構成する働きもあるため、タンパク質が不足してしまうと必然的にヘモグロビンも不足してしまうことになるのです。さらに動物性タンパク質の場合は、鉄分の吸収率を高める働きもあるので、やはりタンパク質は欠かせへん栄養素。
貧血は、頭痛、眩暈、吐き気などの不快な症状が多いため、できれば避けたいもの。タンパク質をバランスよく摂取して貧血を回避してくださいね。

免疫力低下

$(“”977946″”).click( (null, $(‘#headline977946’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977946″”)

タンパク質不足は「免疫力低下」も引き起こすと言われています。
人間には「免疫細胞」と呼ばれる細胞が存在していて、この細胞を作っているのはタンパク質だ。免疫細胞は寿命が短いと言われているため、毎日コツコツタンパク質を摂取する必要があります。万が一タンパク質の摂取を辞めてしまうと、当然免疫細胞が作られなくなってしまうので風邪や病気にかかりやすくなってしまうのです。
また、風邪や病気にかかりやすくなるだけではなく「治りにくくなる」ちう状況にもなってしまい、症状が悪化しやすくなったり長引いたりしてしまうのです。
社会人になると、頻繁に体調を崩してはいられません。タンパク質を摂取して、免疫細胞を毎日作るよう心がけましょう。

疲れやすくなる

$(“”977947″”).click( (null, $(‘#headline977947’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977947″”)

タンパク質不足で引き起こされるトラブルの中には「疲れやすくなる」ちうものもあります。体を動かしたり運動をした後は筋肉が刺激され、傷ついている状態だ。そないな傷ついた筋肉を修復するためには「アミノ酸」が必要だと言われています。
アミノ酸を摂取するには、まずはタンパク質が必要やので当然ながらタンパク質を含む食品を食べなくてはいけません。しかし、これがタンパク質不足になってしまうとなですかか傷ついた筋肉が修復されへんだけではなく、筋肉事態も衰えてしまうとのこと。
さらに、タンパク質を摂取せんことで筋肉が成長せず、代謝が悪くなってしまうことがあるのだそう。タンパク質不足になることで体内はこないなにも悪い状況になってしまいます。そのため疲れやすくなってしまうのです。

こないな人は要用心!タンパク質不足になりやすい人の生活習慣

$(“”977920″”).click( (null, $(‘#headline977920’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977920″”)

ここからは、タンパク質不足になりやすい生活習慣やタンパク質不足になりやすい体質の人の特徴について解説していきます。「きちんと食事を摂っている」「食事制限はしているけどタンパク質は摂っているつもり」など、あまり自覚がないまんまタンパク質不足に陥ってしまう人が少なくおません。
もしかしたらこの記事を読んでいるJOOY読者の中にも、隠れタンパク質不足の男性が潜んでおるかも?オノレの状況をきちんと把握するためにもぜひチェックしてみましょう。

頻繁に運動をする

$(“”977922″”).click( (null, $(‘#headline977922’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977922″”)

まず、タンパク質不足に陥りやすい生活習慣の一つに「頻繁に運動をする」ちうものがあります。
頻繁な運動や激しい運動はそれなりにタンパク質を必要とするので、実際のタンパク質の消費量と摂取量のバランスがとれておらへん可能性があるのです。
「きちんと食事を摂っている」ちう男性でも、意外とタンパク質が不足気味になっていることがあるので、頻繁に運動をする人はサプリメントやプロテインに頼ってみると良いかもしれませんね。

食事を抜いたり、過剰な食事制限をする

$(“”977924″”).click( (null, $(‘#headline977924’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977924″”)

ダイエットを始めると真っ先に思い浮かぶのが「食事制限」ちう男性はいませんか?
適度な食事制限であればリスクは低いのですけどアンタ、問題は「過剰な食事制限」だ。極端に食事の量を減らしたり、食事を抜いてしもたりすると真っ先にタンパク質不足に陥ってしまいます。
体内のわずですかたんぱく質が、生命に必要な内臓に送られるため、ヒイキ度の低い「髪」「皮膚」などが構成されにくくなってしまうと言われているのです。薄毛を促進させたり、肌荒れを引き起こしたりしてしまうので過剰な食事制限をするダイエットはおすすめできません。

大量の飲酒

$(“”977926″”).click( (null, $(‘#headline977926’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977926″”)

毎日たくはんのお酒を飲む人はタンパク質不足に陥りやすいと言われています。
アルコールは肝臓などの内臓をフルに働かせるので、その分タンパク質の消費もアップしてしまうと言われています。また、アルコールがタンパク質の吸収を阻害してしまうこともあると言われているので、やはりアルコールの飲み過ぎは禁物。
そこまでたくはんお酒を飲む人でなくても、普段からお酒を嗜む男性は日ごろの食事でタンパク質を大目に取り入れることを意識したほうが良いかもしれません。

まとめて大量に食べる

$(“”977930″”).click( (null, $(‘#headline977930’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977930″”)

実は、1回の食事でまとめて大量に食べる人も、タンパク質不足に陥りやすいとのこと。
本来1日3食に分けて適度な食事量を摂取すべきなのにも関わらず、朝と昼ごはんが一緒やったり、夜に一気にドカ食いしてしもたり……。こないな食生活では胃や腸に負担をかけるのは言うまでもおませんよね。
内臓が活発に働くことによって、その分タンパク質の必要量も上がります。そのため、普段からタンパク質を摂っていても「タンパク質不足」になってしまうことがあるのです。
きちんと1日3食バランスよく食べるようにしましょうね。

タンパク質の過剰摂取にも要用心!引き起こすトラブルを解説

$(“”977948″”).click( (null, $(‘#headline977948’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977948″”)

今回の記事では「タンパク質が必要」ちうことを紹介してきました。しかし、やからと言って「タンパク質の摂り過ぎ」は禁物。本記事で紹介したように、それぞれオノレに合った「摂取目安量」ちうものが存在します。「たくはん摂れば良い」ちうわけではなく、むしろタンパク質を摂りすぎることによってトラブルを引き起すことがあります。
タンパク質を摂りすぎることによってどんな悪影響を及ぼすのかチェックしていきましょう!

内臓疲労

$(“”977952″”).click( (null, $(‘#headline977952’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977952″”)

タンパク質を摂りすぎると、まず「内臓疲労」を引き起こしやすいと言われています。タンパク質を体内で分解しますが、余分なタンパク質は別の物質「窒素」に分解されるのです。
この窒素は体内には不要なものですので、体外に排出せへんけませんが、その際肝臓が働ですかくてはいけません。肝臓で窒素がアンモニアへと変身し、人間の体に無害である「尿素」に変身させてから尿として排出されるのです。
タンパク質の摂り過ぎはとにかく肝臓をフル回転させ、過剰に働かせてしまうことになるので内臓疲労を引き起こしやすいといわれています。

太る

$(“”977953″”).click( (null, $(‘#headline977953’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977953″”)

タンパク質の摂り過ぎは単純に「太る」とも言われています。特に、肉や卵などの動物性タンパク質の多くは脂質やカロリーが高いものが多いため、食べ過ぎるとカロリーオーバーとなって太る原因になってしまうのです。
ダイエットや健康のためのタンパク質を意識した食生活のはずが、肥満への道を歩むことになってしまっては元も子もおませんよね。
オノレのタンパク質の摂取目安量をきちんと把握して、タンパク質の摂り過ぎに十分用心しましょう。

尿路結石を引き起こしやすくなる

$(“”977954″”).click( (null, $(‘#headline977954’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977954″”)

あまり知られていませんが、実はタンパク質を摂りすぎると「尿路結石」を引き起こしやすくしてしまうと言われています。中でも「動物性タンパク質」の摂り過ぎで尿路結石を引き起こしてしまうことが多いとのこと。
肉や卵などの動物性タンパク質は、摂取すると体内でシュウ酸や尿酸など、尿路結石を引き起こす原因でもある物質が体内に増加します。シュウ酸はカルシウムとくっつきやすい性質を持っているので、腸内でカルシウムとくっつくことで便として排泄されるのです。
しかし、タンパク質の摂り過ぎによって腸内で吸収しきれなかったシュウ酸は「尿」として排泄されます。シュウ酸が尿に含まれるカルシウムとくっついてしまうと、「結石」の塊となって尿として排泄されにくくなり尿管を詰まらせる原因となってしまうのだそうだ。

タンパク質を効率よく摂取しよう♪

$(“”978575″”).click( (null, $(‘#headline978575’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”978575″”)

生命の維持に欠かせへん「タンパク質」。健康やダイエット、筋肉づくりなど様々な面で大活躍してくれる栄養そでもあります。タンパク質を多く含む食品をきちんとチェックし、効率よく「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」をバランスよく摂取するようにしましょう。
状況や体質によってはタンパク質不足にも陥ってしまうため、思い当たる男性は日ごろから積極的にタンパク質を意識して取り入れる必要があります。タンパク質不足は様々なトラブルを引き起こすためきちんと効率よく摂取しなくてはなりません。
しかしもちろん「タンパク質の摂り過ぎ」にも用心が必要だ。きちんとオノレの「摂取目安量」を把握し、それ以上のタンパク質を摂取することは控えることが大切。
健康やダイエットのためのはずが、かえって体を壊してしまうことにもなりかねません。きちんと正しい適量を把握して、毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. ムートンコートメンズ|ワイルドテイストなラグジュアリーitemを…

  2. 札幌のデートで心温まる♪お勧めスポットをまとめてみました!

  3. 【DIESEL人気財布特集】メンズのonもoffもキマる最新ライ…

  4. 2016春夏人気7ブランドのメンズ白パンツ&おすすめコーデ

  5. 社会人デビュー1発目に相応しい財布ブランド厳選!レザー系がイチオ…

  6. 機能性も充実。ダウンベストのメンズコーデと着こなし

  7. 2016おすすめメンズの人気 定番「リング」ブランドランキング!…

  8. 経年変身がかっこ良いちうわけだ。デニムジャケット メンズコ―デの…

  9. ブリーフケースのおすすめブランド5選&人気商品紹介!ビジ…

  10. 【自由が丘カフェ特集】究極の癒しを提供する大人のオススメ空間20…

  11. 27歳貯金なしの独身男ってヤバい?稼ぐべき年収や短期間で借金返済…

  12. もしかして「浮気されてるかも…」と思える/思われる行…

ページ上部へ戻る