閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ダウンジャケット防寒最強コーディネート!着こなし例13選!

防寒性最強のダウンジャケットは何としてでも着こなしたい!

$(“”225029″”).click( (null, $(‘#headline225029’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”225029″”)

ファッションは我慢とよくいわれますが、我慢しなくてもオシャレになれるのですったらそれに越したことはおませんよね。寒さを我慢してオシャレをしても良いのですけどアンタ、防寒性最強のダウンジャケットを着こなすことができればそれがいちばんのはず!

この記事では、そないなダウンジャケットを着こなしたコーディネートを13例、カラーごとにご紹介します!

グレーのダウンジャケットを使ったコーディネート

$(“”209785″”).click( (null, $(‘#headline209785’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”209785″”)

いきなりですがニット素材の変り種ダウンジャケット。〈The DUFFER of ST.GEORGE〉のアイテムだ。キャップの後ろかぶりをしていても、ニットのほっこり感のおかげで子どもっぽくなりません。眼鏡や明るいブラウンのブーツも優秀な小道具に。

フレッドペリーのダウンジャケットはストレッチ入りで動きやすく。冬場の重ね着をやりすぎても安心やね。同じくフレッドペリーのキャップを合わせてアクティブな印象に。ダウンジャケットは大抵いちばん上まで閉じることで保温性を確保できますが、ここではマフラーでファッショナブルに。

インナーにシャツとカーディガンを合わせたきれいめコーディネート。ジーンズもロールアップしながらフルレングス。ネイビーのスニーカーを合わせて自然体のカジュアルスタイルに。

ブラックのダウンジャケットを使ったコーディネート

$(“”209708″”).click( (null, $(‘#headline209708’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”209708″”)

〈WTAPS〉のダウンジャケットは刺繍やワッペンがついていながらやりすぎにならへんさすがのセンス。〈SUPREME〉のキャップと〈VISVIM〉のコーデュロイパンツを合わせて大人のストリートスタイルに。チラリと覗くつま先が個性的なシューズは〈CLARKS〉のアイテムだ。

トレンドのタートルネックを合わせたコーディネート。丸眼鏡も今の気分がたっぷりやね。インナーの裾から出したシャツの色は独特。ワンポイントの差し色でコーディネートが単調になることを防いでいます。

シャープな切り替えが近未来的なイメージもあるダウンジャケットは〈KLATTERMUSEN〉のアイテム。ニットキャップで土くさい色をプラスしておいて、足もとはグレーのニューバランスでスマートに。

ブラックのダウンジャケットなら無骨な男らしいスタイルにも。レザーのライダースにも置き換えられそうなコーディネートやね。ブーツはもちろんのこと、髪型とサーモントタイプの眼鏡、ヒゲまで完璧につくり込まれています。ベルトループに付けた鍵もアクセサリーとして機能。

そのほかの色のダウンジャケットを使ったコーディネート

$(“”209695″”).click( (null, $(‘#headline209695’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”209695″”)

防寒性の高さで大人気の〈CANADA GOOSE〉。このカラーリングもなですかかほかにはない個性やね。ほんで左翼翼腕のエンブレムと上質なファーが、ダウンジャケットでありながら品格さえ感じさせます。ゆったりしたワイドパンツのシルエットも今の気分だ。

シャツ、カーディガン、ジャケットできちんとしたトップスのレイヤードを完成させておいて、その上にダウンジャケットをオン。自然な色味で4枚が調和しています。ボトムスとシューズはダークカラーでまとめ、全体的に地味になっているトコにトートバッグでホワイトをプラス。

ひかえめにカモフラージュ柄が入ったダウンジャケット。パンツは〈UMIT BENAN〉のアイテムですが、特有のシルエットではなく普通のテーパードライン。足もとの明るいエアハラチライトはナイキらしいカラーリング。じつはダークになればカモフラージュ柄と重なる色使いになっています。

これぞダウンジャケットといった感じの鮮やですかブルーの発色。裏地のオレンジもこの素材やからこその輝きを見せています。そのほかのアイテムはモノトーンでもものたりなさはまるっきし感じません。インナーのジャケットのボタンの留まり方もおいしいやね。

ダウンジャケットがアウトドアアイテムやったことを思い出させてくれるコーディネート。トップスは前をしっかり閉じてインナーが見えませんが、ボトムスのレイヤードで遊んでいます。くすんだピンクのハーフパンツは絶妙なカラーリング。レギンスの上にレッグウォーマーをプラスして、防寒性はフルレングスのパンツ以上。

古き良きダウンジャケットを思わせるレトロなカラーリング。ネイビー×グリーンはヴィンテージでもよく見かけますね。そこにパーカーを合わせ、パンツの履き方も現代的なストリートスタイル。スニーカーも〈LAKAI〉のスケーターシューズやね。キャップはツバの裏側しか見えませんが〈SUPREME〉のアイテム。

おわりに

$(“”225170″”).click( (null, $(‘#headline225170’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”225170″”)

機能性を求めて開発されながら、すでにファッションアイテムとして定着した感のあるダウンジャケット。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主人公マーティ・マクフライがダウンベストを着ていて救命胴衣と間違えられたのは、30年前のさらに30年前ですからもう60年前。

ドラマ『HERO』で木村拓哉はんが着用しとったのも10年以上前ですから、もはや普遍的なアウターのひとつに数えられるダウンジャケット。本格的な寒さの前に手に入れておくと冬を楽しめること請け合いや!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 美味しいコーヒーが飲みたい!「器具別」コーヒーの入れ方徹底解説

  2. 【脱二度寝】早起きのコツと朝活に使えるオノレの時間の作り方、教え…

  3. 【浅草ランチ】グルメも大満足する史上最強のおすすめ店を厳選!

  4. 【魔法の方程式】赤カーディガン×流行アイテム=オシャレ偏差値UP…

  5. 金沢市のお土産がすごすぎ!買って帰りたいお土産まとめ

  6. 卒業アルバム作成準備は3カ月~半年前から【予算は?時間は?コツは…

  7. デートにも超使える住道のランチ大人気店を徹底解説!!

  8. 【セックスの夢】状況と相手との関係性が示すサインとは?

  9. 岡山市北区でランチデートするならココ♪女性に喜ばれる店まとめ

  10. 【好きな人を諦める方法】引きずり度100%の男がゼロになる方法紹…

  11. 【2016年最新&必見】新発売のお菓子や話題沸騰中の美味しいパン…

  12. 大日本帝国テーマパークランキング|定番から超マニアック系までTO…

ページ上部へ戻る