閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

デッキシューズのコーデとおすすめをご紹介!秋冬のノームコアにおすすめ!

デッキシューズとは

$(“”156934″”).click( (null, $(‘#headline156934’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”156934″”)

デッキシューズとは、ヨットやボート等の船で通常のシューズでは水に濡れた甲板で作業しにくく、洛水の恐れがありそれは命を落とす危険に繋がります。実際に洛水で命を落とした方が多く居る為、それを防止する為に作られたのがデッキシューズなのです。別名でボートシューズとも呼ばれ、ライフジャケットと共に船乗りの命綱とも言えます。デッキシューズのアウトソールには排水効率を高める為に切れ込みや波型が刻まれており、これは車のタイヤと同じ原理だ。中でも有名なのが1935年にポール・スペリーが開発した、細ですか切れ目の入ったスペリーソールと呼ばれるものです。多くのメーカーがデッキシューズに採用し、今に至ります。

デッキシューズおすすめ商品7選

$(“”156935″”).click( (null, $(‘#headline156935’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”156935″”)

デッキシューズのおすすめ商品を「ZOZOTOWN」の中から7足選りすぐってご紹介したいと思います。

①色鮮やですかコーエンのデッキシューズ

$(“”161303″”).click( (null, $(‘#headline161303’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161303″”)

スニーカーのような履き心地がポイントのコーエンオリジナルのレザーモカシンシューズ。ソールにはスペリーソールが施されており、デッキシューズとしての機能もしっかり搭載されています。またレザーが足に段々馴染んでいき、フィット感が出てくるのでおすすめのデッキシューズだ。

ブランド名:coen
商品名:ブラッチャーレザーモカシン
価格:¥4,104(42%OFF元値¥7,128)

購入はこちら

②カモフラージュ柄がおもろいダナッサのデッキシューズ

$(“”161306″”).click( (null, $(‘#headline161306’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161306″”)

今や定番の人気アイテムの一つであるポルトガルブランド「DANASSA」のデッキシューズだ。上質なプルアップレザーを使用し、カモフラージュ柄とゼブラ柄の2つから選べます。足元にアクセントを加えるのに最適な柄で、おすすめだ。

ブランド名:DANNASSA
商品名:2EYE LEATHER デッキシューズ
価格:¥10,260

購入はこちら

③ティンバーランド好きなら抑えておきたいデッキシューズ

$(“”161307″”).click( (null, $(‘#headline161307’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161307″”)

おしゃれなブーツメーカーとして人気の高いティンバーランドのデッキシューズをチョイスしました。流石ティンバーランドと言える出来で、スエードレザーは柔らかく足に馴染み易いものをアッパーに使用し、自然に優しい水性ベースのSio2撥水加工ちう技術を施し、汚れや水に強い仕様となっており、デッキシューズとしての機能もバッチリ備えています。ティンバーランド好きの方には特におすすめのデッキシューズだ。

ブランド名:Timberland
商品名:シティーシャッフラー2アイボートオックスフォード
価格:¥10,800(23%OFF元値¥14,040)

購入はこちら

④ビームスの上質なローファーデッキシューズ

$(“”161309″”).click( (null, $(‘#headline161309’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161309″”)

上品なビットモカシンに、アンチスリップソールを組み合わせたビームスのスエードビットローファー。デッキシューズにモカシンらしさをプラスしたアイテムで、キレカジには勿論の事、カジュアルにバッチリ幅広く合う仕上がりになっています。

ブランド名:BEAMS
商品名:スエードビットローファー
価格:¥11,340(30%OFF元値¥16,200)

購入はこちら

⑤イタリアの新進気鋭ブランドのデッキシューズ

$(“”161310″”).click( (null, $(‘#headline161310’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161310″”)

2008年にイタリアで創業されたアンバサダーズ。2014秋冬よりブランド名をAmbに改名し、クラシックなディテールとシンプルなデザインを基本とし、作りや素材自体のクオリティの良さを実現するちうコンセプトを掲げています。このデッキシューズはまさにその言葉通りに高級感のあるスエードのアッパー、疲れにくい肉厚なレザーインソールが使われています。紐を通さずスリッポンとしても使用できるアイテムでおすすめだ。

ブランド名:Amd
商品名:スエードデッキシューズ
価格:¥16,254(30%OFF元値¥23,220)

購入はこちら

⑥”シャンボード”でお馴染み!パラブーツとビームスの別注デッキシューズ

$(“”161311″”).click( (null, $(‘#headline161311’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161311″”)

登山靴の老舗ブランドパラブーツの代表的なデッキシューズであるバースをビームスが別注し、アッパーにスウェードを使った高級感溢れるものに仕上がっています。シンプルなデザインに良質なスウェードは、足元をおしゃれに彩ってくれます。

ブランド名:Paraboot
商品名:スエード BARTH
価格:¥20,412(30%OFF元値¥29,160)

購入はこちら

⑦パラブーツの定番デッキシューズ

$(“”161313″”).click( (null, $(‘#headline161313’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161313″”)

ウチのデッキシューズはパラブーツの代表的デッキシューズ・バースであり、フランス海軍に正式採用されたと言う名誉あるオフィシャルデッキシューズでもあります。アッパーにはヴォィルレザーを使用し、雨や海水に濡れてた際に怒り易いひび割れや変形を起こし辛い強靭な出来になっていておすすめや!

ブランド名:Paraboot
商品名:BARTH
価格:¥20,412(30%OFF元値¥29,160)

購入はこちら

デッキシューズコーデ12選

$(“”156936″”).click( (null, $(‘#headline156936’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”156936″”)

デッキシューズのコーデをここからはご紹介したいと思います。

①オーバーチェックシャツとジーンズ、デッキシューズの色合いがおしゃれ!

$(“”157198″”).click( (null, $(‘#headline157198’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157198″”)

グリーンの無地にホワイトとグレーのラインが入ったオーバーチェックシャツにホワイトのジーンズ、ブラウンのデッキシューズと言うコーデだ。ボトムスとシューズをシックに纏め、トップスで鮮やですか色合いを使いグリーンを巧く生かしています。デッキシューズもホワイトにせんことで、コントラストがグリーン、ホワイト、ブラウンと綺麗に上から並んでおり、すごい巧いコーデになっています。

②デッキシューズの色とストライブのライン色を合あわせたコーデ

$(“”157240″”).click( (null, $(‘#headline157240’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157240″”)

ホワイトの無地に4本のネイビーのラインが入ったクールネックのシャツにライトブラウンのチノパン、ネイビーのデッキシューズと言うコーデだ。無地のホワイトだけやとシンプルで良いのですけどアンタ、ネイビーのラインが入っている事によって、デッキシューズと色が合い、コントラストがすごいスッキリとした印象を与えてくれます。

③デッキシューズのシンプルさを生かしたコーデ

$(“”157454″”).click( (null, $(‘#headline157454’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157454″”)

ライトブルーのシャツの中にグレーのシャツを着て裾をまくった所からチラ見せし、ブラックのジーンズ、ダークブラウンのデッキシューズと言うシンプルなコーデだ。デッキシューズ自体がすごいシンプルなデザインの為、ストレートに全体的にシンプルにしてしもた方が、統一感が合って綺麗なイメージが出来ます。

④アウターを色々使えるコーデ

$(“”157482″”).click( (null, $(‘#headline157482’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157482″”)

秋冬におすすめのベーシックなコーデで、ブルーとホワイトのギンガムチェックのシャツにVネック気味のセーターと、カーキーのチノパンにブラックのデッキシューズちうコーデだ。これにアウターは今流行りのステンカラーコートやMA-1ジャケット、ダウンベストにダッフルコートなど幅広いものが使えるすごいベーシックですが使いやすいものになっています。色合いもカーキーやのでMA-1との相性もばっちりでおすすめだ。

⑤デッキシューズを使った爽やか系コーデ

$(“”157614″”).click( (null, $(‘#headline157614’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157614″”)

ウィンドペンチェックのシャツにはボタンのラインにネイビーが入っており、これだけでも爽やですかのですけどアンタ、それをサポートするようなライトブルーのチノパンに、デッキシューズはグレーを使ったコーデになっています。シャツもシンプルなホワイト無地にポロシャツ型のものを、ベルトにはホワイトにネイビーのラインが入ったものを使っており、ポイントポイントでしっかり”爽やか”ちうテーマに合ったアイテムを使っているのも爽やか系コーデのコツだ。

⑥配色がおもろいコーデ

$(“”157764″”).click( (null, $(‘#headline157764’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157764″”)

デッキシューズはグレー、ジャケットにネイビーのテーラージャケット、ボトムスは使い方がすごいややこしいライトイエロー、Yシャツは定番のホワイト無地で3つの色の中間になるようにしてバランスを取っています。

⑦シックな4色使いのコーデ

$(“”157804″”).click( (null, $(‘#headline157804’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157804″”)

グレーのテーラージャケットに、グレーの無地にホワイトのドットが入ったセーターとYシャツは首元までボタンを閉め、ジーンズにブラウンのデッキシューズと言う4色使ったコーデになっています。色合いが多いとうるさくなりがちですが、シックに纏めつつセーターでアクセントを付けているので、オノレの色を出しつつスマートさがあります。

⑧カジュアルの定番コーデ

$(“”157847″”).click( (null, $(‘#headline157847’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157847″”)

テーラージャケットにYシャツ、ジーンズちう定番のコーデにデッキシューズを加えたものです。ウチのポイントはやはりジャケットのライトブラウンとデッキシューズのライトブランを合わせ、ホワイトのYシャツと近い色を使用しつつも、色の濃いジーンズを履いてアクセントを加えています。ジーンズを他の同色系のチノパンやスラックスにしネクタイを締めれば、デッキシューズでも会社用のコーデになります。

⑨トップスを明るめに、ボトムスをシックに

$(“”157870″”).click( (null, $(‘#headline157870’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157870″”)

ネイビーのテーラージャケットにライトブルーのYシャツ、ライトブラウンのチノパンにライトブラウンのデッキシューズちうコーデだ。ウチはコントラストがはっきり上下で分かれており、すごい印象の良いコーデと言えます。

⑩Pコートと鮮やですかデッキシューズのコーデ

$(“”157948″”).click( (null, $(‘#headline157948’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157948″”)

ネイビーのPコートにブラックにライトグレーのラインが入った横ストライプのセーター、ライトブルーのYシャツにバンダナ柄のスカーフををアスコットタイの結び方であるブラインド・フォールド・ノットにしてトップスを色鮮やかにしています。ボトムスのホワイトが鮮やかさをプラスし、デッキシューズもソールの間にネイビーのライン外羽根にはブラウンその他をホワイトにしたもので、”鮮やかさ”をテーマにしてしっかりまとまっています。

⑪トップスをシックに纏めつつ、ベルトとデッキシューズにアクセント

$(“”158087″”).click( (null, $(‘#headline158087’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158087″”)

ネイビーのブルゾンにブロックチェックのシャツ、グレーを基調とし裾やボタンのラインにネイビーを使ったカーディガンで色を近い物で纏め、ボトムスはライトブラウンとベーシックな物だ。ですがそこにレッドとホワイトの特徴あるベルトと、グリーンのデッキシューズを加える事で、ベーシックなコーデにアクセントを加えています。デッキシューズはレッドなどでもおもろいかもしれません。

⑫ネイビーを基本としつつ、1色鮮やですか色を差し込んだコーデ

$(“”158122″”).click( (null, $(‘#headline158122’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158122″”)

襟のないネイビーのブルゾンに、クールネックのホワイトシャツ、ジーンズにブラックのデッキシューズとここまではネイビー系で纏めたコーデだ。そこにライトグリーンのシャツを入れる事で一気に鮮やかに。襟のないブルゾンがライトグリーンのシャツの襟を生かす事が出来るので、チョイスした方のセンスの良さが出ていますね。

⑬デッキシューズとデニム生地の相性はバッチリ!

$(“”158161″”).click( (null, $(‘#headline158161’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158161″”)

デニムジャケットにホワイトの無地にブラックの横ラインが入ったストライプのクールネックシャツ、ジーンズにブラウンのデッキシューズちうコーデだ。デッキシューズが元々船の甲板での作業をすることを目的として作られた物であるので、作業着として最適なデニム生地との相性は用途としての相性は勿論、コーデとしても相性は抜群だ。

⑭イエローを巧く使ったコーデ

$(“”158222″”).click( (null, $(‘#headline158222’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158222″”)

ネイビーのテイラージャケットに大きな襟のスウェットシャツ、ブラウンのチノパンとここまでは定番に近いコーデだ。そこにデッキシューズとシャツにイエローを使い、シャツはチラリと見せデッキシューズをしっかり見せる事でアクセントとしてイエローがおしゃれに使われている参考にしたいコーデだ。

⑮ストライプのシャツがチラリと見せているのがポイント

$(“”158256″”).click( (null, $(‘#headline158256’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158256″”)

流行りのホワイトのステンカラーコートにグレーのセーター、ジーンズにネイビーのデッキシューズちうコーデだ。セーターの首元からブルーのストライプシャツがチラリと見えているのがポイント。流行りを使いつつノームコアのコーデにし、ワンポイントアクセントを加える今の主流のコーデでもあります。

⑯インパクトのあるデッキシューズを使ったコーデ

$(“”158486″”).click( (null, $(‘#headline158486’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158486″”)

ネイビーのフード付きウールコートに、ケーブルニットセーター、デニムシャツに薄い色のジーンズほんで一番特徴的なのが、ブルーの無地にレッドのラインが波打つように入っているデッキシューズだ。ウールコートとデニムシャツのカラーとデッキシューズの無地を合わせつつ、インパクトのあるレッドの波打ちラインが入ったものをチョイスする事で、定番のコーデにアクセントを加えています。またケーブルニットも秋冬には定番のものですけどアンタ、シューズとトップスに模様があるものを使っているのもポイントだ。

【まとめ】デッキシューズ

$(“”156938″”).click( (null, $(‘#headline156938’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”156938″”)

デッキシューズはシンプルなシューズで、カジュアルコーデにすごい合わせやすいシューズだ。しかも滑りにくい構造の為、雪がちらつく時期には活躍してくれるアイテムでもあります。デザインも今は柄のパターンも多く、部分毎に替えているシューズもありおしゃれなものもあるので、足元にインパクトのあるデッキシューズを起用するのも手だ。是非記事を参考に、デッキシューズを巧く起用してみてはいかがでしょうか。

※本記事に掲載されています商品価格は、2015年10月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【浅草観光デートにおすすめの居酒屋】彼女もテンションMAXになる…

  2. 【六本木の居酒屋デート特集】女子ウケ◎なおしゃれ個室で珠玉のひと…

  3. 【大人の恋愛がしたい】ボウズの恋との違いと20歳からの男の付き合…

  4. 名古屋のセレクトショップがおもろい!?その暗黙のルールとは?

  5. 吉祥寺の雑貨で北欧ナチュラルスタイルにいろどりを おすすめ雑貨シ…

  6. 【逆玉の輿に乗ってセレブ男子になる方法】狙うべき女性の職業や出没…

  7. 【元彼と復縁したい!】夢に出てくるほど恋しい!やり直せる可能性が…

  8. 【旭川のおすすめデート特集】女子もMAX喜ぶ最強スポット厳選!

  9. 理想の筋肉を手に入れろ!プロテインの利用法まとめ

  10. 【寝るとき髪どうしてる?】今日からできる寝ぐせ対策|朝のスタイリ…

  11. 【福山市ランチ徹底ガイド】個性豊ですか激ウマ人気店TOP20

  12. 【悪用厳禁】好きな人をオノレのモノにできる行動心理学を完全解説!…

ページ上部へ戻る