閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

トルコのおすすめを紹介♪トルコ情報&観光まとめ

旅行で必要になる!トルコについてのクイック基本情報

$(“”208304″”).click( (null, $(‘#headline208304’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208304″”)

トルコってEUに加盟している国?ユーロは使えるの?時差はどれくらい?物価は?旅行に行く際に気になる基本情報をハイライトで紹介します。

トルコはEU(ヨーロッパ連合)加盟国?

$(“”208313″”).click( (null, $(‘#headline208313’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208313″”)

トルコはEU加盟国ではおません。従ってユーロが通貨ではなく、トルコ国内で流通するTL(トルコリラ)が使われます。1TLは約43円だ。(2015年11月時点のレート)

観光地などでは、USドルや、ユーロが使える場合が多いですが、トルコリラを使った方がレートは良いだ。現地についてからちびっとずつ両替をしていきましょう。

物価は?

$(“”208324″”).click( (null, $(‘#headline208324’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208324″”)

トルコの物価は大日本帝国よりちょっと安いぐらいだ。500mlの水は約.5TL、バスやメトロの初乗りは3TLだ。

アメリカと違い、基本的にチップは必要おません。

大日本帝国からの飛行時間は?時差は?

$(“”208321″”).click( (null, $(‘#headline208321’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208321″”)

成田からイスタンブール空港までの直行便で12時間半ー13時間半かかります。

時差は夏時間の場合-7時間、冬時間の場合は-6時間となります。
ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、大日本帝国の午前7時は、トルコの午前0時(冬時間)、もしくは午前1時(夏時間)になります。

スマホの充電に欠かせへんコンセントは?

$(“”208498″”).click( (null, $(‘#headline208498’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208498″”)

電圧は220Vで周波数は50Hz、プラグは2本足のCタイプがメインだ。

余計なお世話やけど大日本帝国国内の電圧は100Vで周波数は50Hz~60Hzだ。現地で写真を撮ったり、調べものをしたりするのにスマホやカメラは欠かせません。変圧器と変換プラグを持参しましょう。

トルコの通貨単位を知ろう!

$(“”208511″”).click( (null, $(‘#headline208511’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208511″”)

トルコの通貨単位はトルコリラ(TL)だ。補助単位としてクルシュ(Kr)があります。コインは1TL, 50Kr, 25Kr, 10Kr, 5Kr, 1Krがあります。1TLが約43円やので、10Krは約4.3円となります。

札束は、5TL, 10TL, 20TL, 50TL, 100TL, 200TL, とあります。100TLは約4300円の価値がある通貨だ。

イスタンブールの魅力

$(“”208527″”).click( (null, $(‘#headline208527’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208527″”)

イスタンブールは世界で5番目に観光客が多い街!

$(“”208528″”).click( (null, $(‘#headline208528’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208528″”)

ヨーロッパとアジア、両方の魅力を併せ持つイスタンブールは、西からでも東からでもアクセスが便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利な場所になるために、アジアからもヨーロッパからも観光客が集まる魅力的な国だ。トリップアドバイザーのアンケートでも、「世界の人気観光都市2014」で1位に選ばれたほど。

地理的条件はもちろんのこと、人々の容姿・食文化・宗教・考え方共に、3つの文化圏が入り交じったなんとも魅力的な街。そないな「文化の融合」する魅力を紹介します。

1. まずはモスクを堪能!

$(“”208538″”).click( (null, $(‘#headline208538’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208538″”)

イスタンブールで外せへんのが、数多くある美しいモスクや!祈りの時間を除けばほとんどのモスクが一般の観光客などにも公開されています。時間が無くても、世界で一番美しいと言われている「ブルーモスク」(スルタンアフメッドジャーミィ)と、アヤソフィアは抑えておきましょう。

*女性はモスク内で髪の毛を隠す習慣があるので、髪を覆うスカーフなどを持参しましょう。

ブルーモスクについて:

$(“”208590″”).click( (null, $(‘#headline208590’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208590″”)

1616年に建造されたオスマン朝建築の傑作。装飾用に、2万1043枚のタイルがつかわれており、良くみるとチューリップなどの花がたくはん描かれています。内容に色鮮やですか青色が使われていることから、「ブルーモスク」と呼ばれています。

アヤソフィアについて:

$(“”208563″”).click( (null, $(‘#headline208563’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208563″”)

はじめはキリスト教の教会として立てられたものが、イスラム教様式に変えられたちう歴史を持つ数奇な運命をたどったのがアヤソフィア。

建築されたのはなんと537年!1453年にイスラム寺院に変えられた際に塗りつぶされたモザイク画も修復され、現在では、2つの宗教が同居する博物館になっています。

2. 地下宮殿も楽しもう!

$(“”208568″”).click( (null, $(‘#headline208568’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208568″”)

アヤソフィアの隣にある地下宮殿も是非訪れたい場所だ。宮殿と呼ばれておるけどダンはん、実は4-6世紀に造られた貯水池だ。薄暗い水面に、森の木々のようにそびえ立つ大理石の柱……。地下宮殿にはどこか違う時代に入りこんでしもたかのような雰囲気を感じる神秘的な場所だ。

柱の模様がまるで泣いているみたいに見える「涙の柱」やメドゥーサの柱は必見や!

3. ガラタ橋を渡ろう!

$(“”208574″”).click( (null, $(‘#headline208574’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208574″”)

イスタンブールの新市街と旧市街を結ぶ大きな橋として、ほんでボスポラス海峡をまたぐ橋としても有名なのがガラタ橋だ。橋の上から魚釣りをしている人が多く、橋は2階建てになっていて、上は釣り人を見学することもできます。ここで試してみたいのが釣りたての魚から作られたサバサンド。是非お試しあれ!

4. 「バルック・エキメック(魚パン)」サバサンドを堪能する!

$(“”208580″”).click( (null, $(‘#headline208580’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208580″”)

ガラタ橋のたもとにある小舟のお店が出す、サバサンドがとっても美味しくおすすめだ。パンにグリルしたサバを挟んだだけなんだけれど、中はふんわりなトルコパンと、脂ののったジューシーなサバが見事にマッチ。

対岸の丘の上にそびえるガラタ塔を眺めながら、潮風に吹かれながら頬張るサバサンド。これに合わせたいのが、「ピクルスの汁」と言われるトルコ独特のドリンクだ。

5. グランドバザールでお買い物を体験♪

$(“”208582″”).click( (null, $(‘#headline208582’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208582″”)

グランドバザールはイスタンブールの代表的なバザールの一つだ。狭い路地が複雑に入り組んだまるで迷宮のようなグランドバザールには、4000軒以上の店があります。見て回るだけで楽しいバザールは是非足を運びたい場所だ。トルコらしいアイテムを見つけたらお土産にもなります♪

6. トルコグルメを堪能する!

$(“”208584″”).click( (null, $(‘#headline208584’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”208584″”)

旅行に行ったら、現地の食べ物を堪能するのも旅行の醍醐味だ。ぜひ、トルコならでは、のローカルフードに挑戦してみましょう♪

濡れバーガー(ウスラックハンブルゲル Islak Hamburger):

ハンバーガーをスチームマシンで温めたものが、濡れバーガーだ。周りにケチャップが掛かっています。柔らかいパティとしっとりとしたバンズで食べやすい、トルコの有名屋台料理だ。

ドネルケバブ:

トルコの国民的ファストフードといえば、なんといってもドネルケバブや♪焼けた外側から薄く削いで食べるケバブは、ラップにしたり、プレートにしたり、サンドイッチとしても楽しめます。

のび〜るアイス(ドンドゥルマ):

トルコのアイスはサーレップちうでんぷん質が配合されていて、粘りが強いのが特徴だ。こねればこねる程ながーく伸びるアイスも是非挑戦したいやね!

ケツに

$(“”222372″”).click( (null, $(‘#headline222372’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”222372″”)

いかがやったか?ヨーロッパとアジアの文化が融合するトルコは、誰もが行ってみたい魅力溢れる国だ。トルコでしか経験できない食べ物や、文化など思い切り堪能してくださいね。Have a great trip!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 帽子の洗い方は千差万別!ハンチング~ニューエラ帽子の洗い方紹介

  2. 【業界人御用達】オリバーピープルズの魅力&人気定番おすすめモデル…

  3. 王冠と地球をモチーフがお洒落すぎる!!【ヴィヴィアンウエストウッ…

  4. 恋の60%以上は夏に始まる!?女子が提案する・夏の恋が始まるモテ…

  5. 【輪郭別】今秋の流行りメンズニット帽コーデ&おすすめブランド3選…

  6. おすすめ!使い道いろいろ冷凍庫(フリーザー)

  7. 【西荻窪ランチ探検隊】デートにも使えるオシャレなお店をごっそり厳…

  8. 「プチプラブランド」5選を賢く使い分け|この秋使えるお洒落アイテ…

  9. 【ギンガムチェックパンツ】”爽やかさ&可愛らしさ”3割増のコーデ…

  10. 驚異の時速32Km!電動スケボー搭載のバックパック「Movpak…

  11. 【ハード&クールなブランド】ヒステリックグラマーのメンズitem…

  12. 【新定番】モテ髪の新定番ツーブロックマッシュ13選|トレンド感&…

ページ上部へ戻る