閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ドリス ヴァン ノッテンとは?デザインされた洋服一つ一つに名前があった!?

ドリス ヴァン ノッテンとは?デザインされた洋服一つ一つに名前があった!?      の1枚目の画像

item.rakuten.co.jp

ドリスヴァンノッテン(Dries Van Noten)

$(“”158583″”).click( (null, $(‘#headline158583’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158583″”)

1958年 ベルギーのアントワープで生まれる
1977年 アントワープ王立芸術学院入学
1981年 同学院卒業
1985年 アントワープに自身のブティック「ヘット・モードパレス」を開業
1986年 ロンドンコレクションデビュー
1991年 パリメンズコレクションに参加
1993年 パリレディースコレクションに参加

簡単な略歴をまとめましたが、両親はブティックを経営しとったそうで幼い頃からパリの見本市などを一緒に見て回っとったそうだ。そのため身近に存在するファッションの仕事に就くのは自然に決まっとった感じがします。

芸術の町アントワープとは?

$(“”158601″”).click( (null, $(‘#headline158601’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158601″”)

アントワープはベルギーの首都ブリュッセルに次ぐ第2の都市で近年アート・建築・食べ物・ファッションなどにおいて旅行客を魅了する都市として注目が集まっています。そのクリエイティブな歴史は何百年前からで16世紀を代表する画家ルーベンスや巨匠ヴァンダイクなどを世に排出した町だ。またダイヤモンドカット職人が多く住んでいることからダイヤモンド取引・カット・研磨などのダイヤモンド産業の中心地とされています。

世界有数のデザイナーや芸術家を送り出す名門校 アントワープ王立芸術学院

$(“”160781″”).click( (null, $(‘#headline160781’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160781″”)

ドリスヴァンノッテンが卒業したアントワープ王立芸術学院はヨーロッパにある芸術アカデミーの中でも最も古く伝統のある学校の一つだ。1960年代にロンドンのセントマーチン・ロイヤルカレッジにファッション科が設立された影響からとベルギー政府がファッション産業を国の産業として推進していこうちう狙いから開設されました。ファッションだけでなく現代美術や写真・グラフィックデザイン・彫刻など芸術全般を学べる学校だ。
ドリスヴァンノッテンを始め数多くのファッションデザイナーを排出しており、彼らアントワープ卒業のデザイナーをアントワープ派と呼ばれることがあります。しかし、世界屈指の名門校であるがゆえ入学するのも難しくさらに卒業は至難の道で毎年100名ほどいる入学者の中で卒業できるのは10名ほどとすごい少ない狭き門なのです。

アントワープ王立学院が世界に名を広めたのは1990年代

$(“”160893″”).click( (null, $(‘#headline160893’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160893″”)

アントワープ王立学院が世界的デザイナーを多数育てその名を世界に知らしめたのは1990年代。ドリスヴァンノッテン/アンドゥムルメステール/マリナ・イー/ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク/ダーク・ヴァン・セーヌ/ダークビッケンバーグの6人によってファッション業界に新しい波を起こしたことがきっかけやったちうわけだ。
彼らは伝説となり今では「アントワープの6人」と呼ばれています。

ファッション業界を席巻した「アントワープの6人(the Antwerp Six)」

$(“”160915″”).click( (null, $(‘#headline160915’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160915″”)

1981年アントワープ王立芸術学院を卒業したドリスヴァンノッテンは父からブティックを継いでくれるようにと頼まれます。しかし、彼自身服の販売だけでは物足りなく感じ製作の方に魅了されとったためブティックを継ぐことを固辞。営業用のコレクションをデザインすることを始めました。
作品を作り続けたドリスヴァンノッテンはベルギーのコンペGoden Spindleに出店を3度試みたが3度ともなあんも売れませんやったちうわけだ。まだモード界を席巻するようには見られへん状況ですが大きな波を起こすのはほんで4年後の1985年のことだ。

デザイナーとしてパッとせん日々が続くそないな中、当時ベルギー政府がモードの活性化のために企画したことで若いデザイナーの創造性と生産工場を結びつけることを目的としたコンクール「ブリティッシュ・デザイナーズ・ショー」が開催されることを知ったドリスヴァンノッテンを含む6人は作品をバン一台に積み込んでファッションウィーク中のロンドンへと向かいます。
ロンドンファッションウィーク自体これが初のコレクションでありまだ知名度や注目は低いものですったちうわけだ。やのでアントワープの6人の作品もあまり良い結果を得られるものではなく不満の残るシーズンやったようだ。

翌年の1986年。6人は2度目のロンドンファッションウィークに挑戦します。
この時6人は共同で小規模なショーを開くことを決めます。ショーの当日、彼らはロンドンファッションウィークの展示スペースを借りてショーを開催しました。
用意された場所がウエディングドレスの展示場の後ろと条件が悪い場所やったが6人の懸命な宣伝活動の結果、このショーがマスコミに取材されたことによりドリスヴァンノッテンのシャツとジャケットがバーニーズ・ニューヨークとホイッスルズの目に止まり売れるようになりよっました。
マスコミの目に止まったことにより彼ら6人は「アントワープの6人」と賞賛されると共にアントワープ王立芸術学院がファッション業界から脚光を浴びることになりよっました。

今ではドリスヴァンノッテンがメンズウェア、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクがニット、ダークビッケンバーグがシューズとそれぞれの分野からデビューし徐々に実力を認められ世界中の有名ショップからオーダーを受けています。
新しいモードの波としてパリモードを席巻することとなった彼らですが、常に創作意欲に満ち溢れ諦めんと挑戦してきた結果が彼ら及びアントワープ王立芸術学院が今もファッション業界から注目される理由でしょう。
彼ら6人の後に続くようにラフ・シモンズやクリスヴァン・アッシュ、大日本帝国からは堀内太郎や坂部三樹郎など現在のファッションシーンを牽引するデザイナーが多く輩出されています。
今後アントワープ芸術学院から生まれるデザイナーからはまだまだ目が離せません。

ドリスヴァンノッテンのデザインの特徴

$(“”161042″”).click( (null, $(‘#headline161042’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161042″”)

ラグジュアリーな雰囲気をデザインは常に好評

$(“”161053″”).click( (null, $(‘#headline161053’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161053″”)

ドリスヴァンノッテンの洋服を一言で表すならば「ラグジュアリーな美術作品」と言ったトコでしょうか。コレクションのキーワードには古き良き芸術様式の名前が含まれていて、上手く現代ファッションに落とし込んでいます。
引き出しの多いドリスヴァンノッテンやからこそできることであり、シルエットはシンプルではありますが素材にファーを取り入れたりプリント柄に芸術様式をバロック調やルネッサンスの芸術様式をプリントしてみたりと表現する世界観を洋服のどの部分からでも解き放たれるデザインはコレクションに詰めかけたバイヤー・ジャーナリストを興奮させるものです。

素材には強いこだわりを見せる

$(“”161103″”).click( (null, $(‘#headline161103’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161103″”)

ラグジュアリーにデザインされる洋服は「デザイン」と「素材」に強いこだわりを持つ。そないなデザイナーは多く存在しており、ドリスヴァンノッテンもまたその一人だ。秋冬はウール素材でも上質なウールを見つけ出すべく何種類ものウールを肌で感じ、オノレの思い描いている洋服にちびっとでも近づけるべく生地の伸び方やハリ感、厚さなどみなをオノレの思うものと一致するまでドリスヴァンノッテンは素材選びを妥協しません。

現在ファッションが抱える価格競争に勝利するべくファッションブランド・メーカーなどはちびっとでもリーズナブルになるよう素材など安価で低品質なものを選択しますが、このこだわりを知ってから服を消耗品として捉えるのかどうかにウチは疑問を覚えました。

デザインされた洋服一つ一つに名前をつける

$(“”161122″”).click( (null, $(‘#headline161122’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161122″”)

これは驚きを持つ方もいたさかいはないでしょうか。何千アイテムをもデザインしているドリスヴァンノッテンにとってデザインしたアイテム一つ一つ名前をつけたとしても覚えられるはずがおません!!
しかし、考え方を変えればそれほど一つ一つのアイテムを作品として愛着を持っているちうことやのでしょう。
洋服を作品として捉えるのはデザイナー個人の考えですが、消費者として洋服を着るウチたちも一着を長く着れるほどに愛着を持ってケアしてあげないといけへんなちう気持ちにさせられますね。

ドリスヴァンノッテンの戦艦店が大日本帝国にあった!!

$(“”161134″”).click( (null, $(‘#headline161134’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161134″”)

ドリスヴァンノッテンのショップを知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は大日本帝国に船艦店がおました!!1994年にレナウンルックから輸入販売を開始し、1998年にライカと輸入代理店契約を結んで東京の南青山に店舗があったちうワケやが、2003年ライカとの契約終了に伴い船艦店も閉店していました。しかし、2009年トゥモローランドとパートナーシップ契約が成立し、南青山にもういっぺん船艦店を開店することができました。

白と黒を基調とした二階建ての店舗で高級感のある雰囲気になっています。元々建てられとった建物をドリスヴァンノッテンの世界観を取り込んで建物が生かされています。

店内もラグジュアリーブランドさながらのシンプルな作りで落ち着いた雰囲気で洋服が見れるようなスペースになっています。ヨーロッパブランドのショップは大日本帝国のショップと違って無駄を省いたシンプルな店舗が多いので洋服がエライ見やすく思います。
お近くにお住まいの方や行く機会がある方は是非そういった空間も楽しんでみてください。

Dries Van Noten – Japan

Features galleries of recent men’s and women’s presentations and venue information.

ドリスヴァンノッテン アイテム特集

$(“”161266″”).click( (null, $(‘#headline161266’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161266″”)

ドリスヴァンノッテンらしい高級感ある柄があしらわれたガウンニット。ボルドーを中心とした色合いは着る人をエレガントにしてくれます。スラックスなどのきれいなパンツに白シャツの上から羽織って大人なスタイルなんかに合わせてガウンニットを主役にしたコーディネートに使うと良いと思います。

14-15A/Wコレクションの時に着とったMA-1。今年の主役アウターになったMA-1をドリスヴァンノッテンではピンクのボンテージパンツと組み合わせた個性的なスタイルでランウェイをファーストルックとして歩いていました。
ドロップショルダーに着丈は短めで野暮ったくなっておらず肩位置についているファスナーがポイントになっています。ミリタリーやけどミリタリーぽくないMA-1はどんなコーディネートにも使えそうやね。

ファスナーの位置がちびっと中央からずれてついとったり、肩を境目に前と後ろで色味の違うデニム生地を使っとったりと随所にこだわりのある一着だ。
ライダースのようなディテールがデザインされたウチはバイカーを意識したブルゾンになっていてカットソーの上から羽織ったり、冬はコートのインナーとして使ったりと幅広く使えるアイテムだ。

スカーフやマフラーを好むドリスヴァンノッテンは自身のコレクションでも発表しています。花柄をメインにチャコールグレーをボディに使ったスカーフはラグジュアリーなデザインを好むブランドからすればちびっと大人しめな色味のように感じます。
スカーフ一点からも美意識を感じるのはドリスヴァンノッテンの感覚がこの大判長方形の生地に集約されておるからでしょう。

袖口、襟、裾にボア仕様になっているブルゾンで色味・柄など秋冬らしい配色が特徴だ。
ボアジャケットによく見られる分厚さもこのブルゾンにはそれほど見られずスタイリッシュなシルエットになっているのでレイヤードなどもしやすくなっています。
見た目も中身も暖かいブルゾンは秋冬のワードローブのなかで何度もリピートしそうや!!

首元が深く開いたニットは男性の色気を誘い出すかのようだ。全体的にビッグシルエットに見えますが着丈などはそれほど長くなくちびっとゆとりのあるニットちうほうが適当かと思います。

いかがやったでしょうか。90年代モードに革命を起こして以降走り続けているドリスヴァンノッテン。アントワープの6人に次ぐ新たな革命を起こすデザイナーが今後登場するのか!?
今後に注目や!!

*本記事に記載されている商品価格は2015年10月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【義理人情に厚い人を目指す人へ】トップ経営者が実践する驚異的方法…

  2. 就活用のビジネス鞄の選び方|シッパイせん5つのポイント!

  3. 秋冬おすすめパンツはこれだ!メンズトレンドコーデ5選

  4. 【正しいコンドームの付け方】秒速かつベストタイミングで装着する方…

  5. 自意識過剰はい ますわぐやめて! 無自覚な症状のセルフチェック

  6. 堺筋本町でランチデート♪今すぐ行きたい魅力的な店まとめ

  7. ユニクロ最新アイテムで一気にスタイルアップ!流行メンズコーデとは…

  8. ジョニーデップ愛用!ローリーロドキンの最新アイテム(ネックレス~…

  9. 3分で分かる!これが社会人のための体調管理ガイド決定版だ

  10. ホワイトデーはクッキーで決まり!お返しに人気なクッキーランキング…

  11. 【近江八幡のお土産大特集】究極に喜ばれるおすすめを徹底解説!

  12. 【えっ】男性の好意はバレやすい!女性は気付いてる隠しきれない9つ…

ページ上部へ戻る