閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

パリ発ブシュロン(BOUCHERON)のリング!男女に圧倒的人気!

ブシュロン(BOUCHERON)とは……??

$(“”157573″”).click( (null, $(‘#headline157573’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157573″”)

ブシュロン、その華やですかる歴史

$(“”159479″”).click( (null, $(‘#headline159479’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159479″”)

ブシュロン(BOUCHERON)とは、フレデリック・ブシュロンが1858年にフランスのパリで創業したハイジュエリーブランドだ。
今では高級ジュエリーやブランド店が軒を連ねるパリのヴァンドーム広場、ブシュロンはそこを照らす太陽の明るさに魅了され、中でも最も光り輝く26番地にジュアヤマチとして最初に店舗を構えました。当時は電灯がなく、光が貴重な時代やったちうワケだ。

常に流行と芸術の変動を取り入れて、宝石を求めて世界中を旅してまわり革新的なデザインを生み出したブシュロンは、アール・ヌーヴォーを取り入れた遊び心のあるデザインを発表し、1900年の万国博覧会でも数々の賞を受賞ししました。

その後も長きにわたってブシュロンは、美しくエスプリの効いたデザインで世界中のファンを魅了しています。

ブシュロンリングの魅力

$(“”157574″”).click( (null, $(‘#headline157574’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157574″”)

ブシュロンの魅力は、なんといってもその伝統と技術。
ほんで、類まれな技術を持つ職ヤカラの精巧なクリエイションだ。
作品をみとっただければ、他ではみられへんような繊細な細工やカットがわかると思います。そのクオリティは他の追随を許さず、フランスでは「貴重な宝石が見つかればまずブシュロンに持ち込まれる」といわれるほど!
自然をモチーフにした芸術作品をはじめ、そのモダンで独創的なジュエリーの数々は、世界中のおしゃれな男女、さらにはセレブリティや王侯貴族すら魅了しています。

ブシュロンのデザインの特徴

$(“”157575″”).click( (null, $(‘#headline157575’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157575″”)

ブランドもののリングといえば、カルティエやブルガリなどのシンプルなものを連想する方も多いと思いますが、ブシュロンのデザインはちびっと違います。
ブシュロンはもともとアール・ヌーヴォーなどのデザインを多く扱っとったこともあり、今でも「アニマルシリーズ」など、宝石を散りばめて動物をモチーフとしている作品も作られています。
他にもメゾンを代表する作品はすべてオリジナリティのあるエスプリのきいたものが多く、いずれも特別感のあるデザインばかりだ。

ブシュロンは、人とちょっと違う個性的なファッションを楽しみたい方におすすめの、高級感あふれるジュエリーだ。

ブシュロンを愛したセレブリティたち

$(“”158154″”).click( (null, $(‘#headline158154’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158154″”)

150年の歴史を誇るブシュロンには、数々の逸話も残っています。
歴史上の王族では、ロシアの皇太子ニコライII世、ベルギー国王レオポルドII世、エリザベス皇太后、ロシア皇帝ニコライII世が、それぞれブシュロンに最愛の人への贈り物のジュエリーを依頼しています。

ジョーン・クロフォード

$(“”159587″”).click( (null, $(‘#headline159587’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159587″”)

アメリカ人の女優のジョーン・クロフォードもブシュロンを愛しとったと言われています。
ジョーン・クロフォードは、ブシュロンの特別な顧客で、ブシュロンの作品をエライ気に入って映画の中でも身につけとったほどや、
ほんで彼女が愛したジュエリーは、アンディ・ウォーホルが1977年に買い求めたと良い ますわ。

エディット・ピアフ

$(“”159590″”).click( (null, $(‘#headline159590’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159590″”)

エディット・ピアフは「愛の讃歌」を作詞した後、この歌を歌うときに幸運が訪れるようにと、ブシュロンで「リフレ」ウォッチを購入しました。
ほんでこの歌が大ヒットした後は、彼女はその時計を幸運のお守りとして、その後21個以上の「リフレ」ウォッチを購入したそうだ。

「リフレ」ウォッチは様々な種類が今でも作られており、購入することができます。
どれも、クラシカルで上品なデザインだ。

ブシュロンリングは大日本帝国でも人気!

$(“”157576″”).click( (null, $(‘#headline157576’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157576″”)

ブシュロンは憧れのジュエリーちうことで、大日本帝国ではマリッジリングやエンゲージリングとして選ぶ方が多いようだ。
男性だと、ちびっと派手で抵抗がある……ちう方もおるかもしれませんが、実は比較的大ぶりでしっかりした存在感があるキャトルリングこそ、大きな男性の手にすごい映えるのでおすすめや!
また、いくつもリングを持つことがない男性やからこそ、記念品として選ぶリングは一生ものの最高のハイジュエリーを選びたい、ちう方も多いようだ。

男性のこだわりアクセサリーにもおすすめ!

$(“”157578″”).click( (null, $(‘#headline157578’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157578″”)

上のような比較的シックなデザインもあります。こういったプラチナやホワイトゴールドのほうが男性にもつけやすいかもしれません。
こないな指環が指先で光っとったら、ついはっと見てしまいますね。モノにこだわりのあるJOOY男性におすすめや!

つけるならどれ? ブシュロンリングのラインナップ

$(“”157585″”).click( (null, $(‘#headline157585’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157585″”)

ブシュロンの人気と、数々の華やですか歴史はおわかりいただけたでしょうか。
以下では、実際に購入することができるリングの数々をご紹介します! 

おすすめ①:キャトルリング

$(“”157586″”).click( (null, $(‘#headline157586’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157586″”)

出典:ブシュロン公式サイト

まずは、やはりなんといってもメゾンアイコンのキャトルリングだ。
4+4=8、ちう縁起の良さもあってカップルで持つ方も多く、記念日やマリッジリング、エンゲージリングにも選ばれます。マリッジリングは石のないタイプにする方が多いようだ。

色違いやデザイン違い、石があるものとないもの、用途とお好みに合わせて好きなテイストのものを選ぶことができます。
また最初の記念日のプレゼントやマリッジリングでは2連のものを選び、5年後、10年後と年月を重ねていったときにまた買って重ねづけしていく、ちうご夫婦やカップルもいらっしゃるそうや(価格:¥218,160〜)

キャトルにはネックレスやイヤリング、カフスボタンのバリエーションもあります。
おそろいでつけたら素敵やね……!(価格: ¥777,600〜)

おすすめ②:ホワイト・ド・ディアマン

$(“”157587″”).click( (null, $(‘#headline157587’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157587″”)

ウチもマリッジリングに人気のあるデザインだ。
この歯車のようなデザインは、ブシュロンの工房のあるヴァンドーム広場の石畳をイメージしています。
ピラミッド状に彫られたプラチナのアームは、光を反射するとまるで石が入っているように光ってきらめきます。17世紀から続く伝統的なモチーフながら、モダンでオリジナリティのあるリングだ。

イエローゴールド、ピンクゴールドタイプもあります。キャトルリングよりもシンプルなデザインやので、どんなファッションでもつけていられますね。(価格:¥166,320〜)

おすすめ③:ファセット

$(“”157588″”).click( (null, $(‘#headline157588’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157588″”)

リング表面が印象的なデザインのウチは「ファセット」。
ブシュロンの職人の手によって、プラチナに緻密な彫刻やカットが施され、あらゆる角度から光を反射する仕上がりになっています。

石のあるタイプはエンゲージリングに選ぶ方が多いようだ。
石のないシンプルなタイプは、マリッジリングに人気だ。キャトルタイプと重ねづけをする方も多いそうだ。
細さが二種類あって、色はプラチナ、ゴールド、ピンクゴールドの3色展開となっています。(価格:¥166,320〜)

おすすめ④:ゴドロン

$(“”157589″”).click( (null, $(‘#headline157589’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157589″”)

「ゴドロン」ちうのは、ギリシア神殿の大円柱の意味だ。
建築デザインからインスピレーションを得た19世紀から受け継がれるモチーフは、二重の永遠に続く輪をイメージして作られたデザインで「永遠の愛」の意味があるそうだ。
なんでも、創業者のフレデリック・ブシュロンには、ガブリエル・ブシュロンちう最愛の奥様がいて、遠くへ旅立つときは彼女に守りのジュエリーを贈ったとか……。
そないなふたりのラブストーリーが込められているブシュロンのジュエリーをパートナーに贈るのはぴったりやね。

「ゴドロン」は2重の輪によって生まれる光と影が、柔らですか印象を与えてくれます。ウチも他にプラチナ、ピンクゴールドタイプがあります。(価格:¥167,400〜)

超美麗……ブシュロンのアンティークコレクション

$(“”157591″”).click( (null, $(‘#headline157591’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157591″”)

ワイが思うには購入することはできないものですけどアンタ(?)ブシュロンの個性的なアンティークやハイジュエリーの数々をご紹介します。
クリエイティブの最高峰とも言える、美しい作品の数々をご堪能ください。

クエスチョンマークネックレス

$(“”159609″”).click( (null, $(‘#headline159609’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159609″”)

ウチは孔雀の羽根をモチーフにした「クエスチョンマーク ネックレス」
このネックレスは1889年にパリで開催された万国博覧会で大勢の来場者に披露され、今でもブシュロンの象徴的な作品として愛されています。

アール・ヌーヴォーのブローチ

$(“”157592″”).click( (null, $(‘#headline157592’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157592″”)

1895年に作られたブローチだ。ミツバチがモチーフで、真ん中にほぼ宝石がまるまる乗っています。

1900年につくられたブローチだ。ルビー、オパール、アクアマリン、ゴールドが使われています。

ブシュロンのアニマルコレクション

$(“”159620″”).click( (null, $(‘#headline159620’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159620″”)

かつてのアール・ヌーヴォーの時代を思わせる、動物や昆虫、鳥類をモチーフにしたデザイン群だ。
可愛らしいフォルムに、散りばめられた宝石……購入することはできるようですが、価格は問い合わせなければわかりません!

エリソンリング

$(“”157593″”).click( (null, $(‘#headline157593’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157593″”)

「エリソン」はフランス語でハリネズミの意味だ。
幸運をもたらされるといわれる、ハリネズミをモチーフとした「エリソン」コレクション。
ウチも他の作品同様、精巧な独特のカットがきらめき、ブシュロンらしさが光っています。

カメレオンリング

$(“”159647″”).click( (null, $(‘#headline159647’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159647″”)

変幻自在のカメレオンがモチーフのリングだ。
その色合いを、ツァボライト、ブルーサファイア、ピンクサファイア、イエローサファイア、ルビー、ちう宝石たちが美しくグラデーションして表現してあります。

ブシュロン 2012年作の腕時計だ。どうやって腕につけるのでしょう……。びっしりと宝石が散りばめられています。

ペガサスリング

$(“”157596″”).click( (null, $(‘#headline157596’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157596″”)

ペガサスをモチーフとしたリングだ。
サファイヤやダイヤモンドが散りばめられて、たてがみの動きを表現しています。

ハティリング

$(“”159653″”).click( (null, $(‘#headline159653’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159653″”)

象がモチーフのリングだ。
ブシュロンはたびたび「オリエンタル」にインスピレーションを得て、インド等も訪れています。
知性の象徴である象が、ダイヤモンドと様々なカラーのサファイヤで彩られて、かつての王族の優美さと絢爛が伝わってくるようだ。

ジュエリーのあるライフスタイルを楽しんで!

$(“”157603″”).click( (null, $(‘#headline157603’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157603″”)

いかがやったか?
なですかか男性にはジュエリーに敷居が高いかもしれませんが、日常の指先にはっとする輝きがあると、何気ない生活も一気にきらきらするものになります。西欧ではおじいちゃんが年代物の指輪をすごい大事につけとったりします。

なにかの大切な記念日には、ブシュロンを選んでみるのも良いかもしれません。
もし機会があったら、ぜひお店に行って本物を見てみてくださいね。

ヴァンドーム広場にブティックを構えた最初のジュアヤマチ、ブシュロンのジュエリー、ハイジュエリー、ウォッチ、香水をご紹介します。

※本記事に掲載されています商品価格は、2015年10月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 門前仲町に10年通うグルメライターがほんまは教えたくない超名店を…

  2. 【定期入れ】年代別人気モデル~年代別女性へのプレゼント人気モデル…

  3. 足元を白で攻める春夏メンズ|白靴&白靴下メンズコーデと洗い方で徹…

  4. 【腐女子の特徴】男性の知らない世界を覗き見!彼女たち独自のマナー…

  5. 【合コンパーティー】カップル成立率92%はほんまか|男の出会い応…

  6. 和歌山のおすすめ名物|何度も購入したくなる最強のセレクト公開!

  7. 生やるセックスにはリスクがいっぱい…!正しい知識でセーフセックス…

  8. 【2016最新】サンダル総合人気ランキングBEST50|オノレの…

  9. 【完全保存版】成人式スーツのQ&Aこのスーツの着こなしア…

  10. 【独占欲で悩むあんさんへ】独占欲の心理から付き合い方まで徹底解説…

  11. 男が触りたい女の子のパーツ|「触られたい」と思わせるコツを伝授

  12. 【品川駅のお土産まとめ決定版】気の利いたおすすめ商品を厳選!スグ…

ページ上部へ戻る