閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ビール太りのあんさんに!ビール腹を卒業するための方法とは?

本当にビールで太るのか?

$(“”134972″”).click( (null, $(‘#headline134972’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134972″”)

お酒の中でも広く飲まれているのがビールやね。飲み会などでも”とりあえずビール”ちう人が多いのではおませんでしょうか。ビアガーデンやビアホール、ビール工場見学など、ビールに関するイベントも沢山あり、多くの人に愛飲されているお酒の代名詞とも言えます。

そないな大人気のビールですが、世間一般には”ビールを飲むと太る”ちうことが周知の事実のように広まっています。しかし本当のことなんでしょうか?ビールを何杯も飲む愛好家でも痩せている人は沢山います。”ビールを飲むと太る”のは医学的に立証されているのか?まずはその辺りから説明したいと思います。

糖質が原因で太る?

$(“”137142″”).click( (null, $(‘#headline137142’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137142″”)

他のお酒に比べてビールは太ると言われています。そないな噂が多いのは、ビールに糖質が含まれておるからだ。ビール以外のお酒…例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、焼酎・ウイスキー・ジン・テキーラなどは蒸留酒に分類されるお酒であり、製造方法の関係で糖質を含みません。その為、蒸留酒はダイエットに最適なお酒と考えられています。これに対しビールなどは醸造酒に分類されるお酒だ。

ビールの製造方法は、原料である麦芽に酵母を加えて発酵させて作る方法だ。この時、原料に含まれる糖分を酵母が分解することでアルコールが生成されます。しかし原料に含まれる糖分みなが発酵に使われることはなく、生成されたお酒の中に少量ですが糖分が残ります。

トコロがビールに含まれる糖質の量は、缶ビール(500ml)1本の場合だと白飯半分にも満たない量なのです。このくらいの糖質量であれば、健康な人にとってまるっきし問題なく太る原因にはなりません。ビールと一緒に食べるおつまみ・食事の量などで糖質を調整するのが可能だ。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、ビールを飲みながらダイエットをするのは充分に可能だと言えるのです。

アルコールは体内に蓄えられへん

$(“”137143″”).click( (null, $(‘#headline137143’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137143″”)

ここで気になる情報を紹介したいと思います。アサヒビールのパンフレットには、次のような内容が書かれています。
「缶ビール(350ml)1本のカロリーは約143kcal。これは茶碗7分目に相当しますが、そのカロリーの3分の2はアルコールによるものです。アルコールはエネルギー源にはなりますが、グリコーゲンや脂肪・脂質として体内に蓄えられることはおません」

ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、ビールが直接の原因となって太ることはないちうことだ。そうは言っても、ビールを沢山飲む人にビール腹の人が多いのは事実。”ビールを飲むと太る”ちうのは、何ぞ他の原因があるようだ。次の項目では、ビールで太る原因について探ってみます。

ビールで太る原因

$(“”135539″”).click( (null, $(‘#headline135539’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135539″”)

原因①:ビールは沢山飲めてしまうから太る

$(“”135545″”).click( (null, $(‘#headline135545’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135545″”)

ビールに含まれる糖質は少なく、アルコールは脂肪や脂質として体内には蓄えられへん…では、一体なんでやねんビールで太ってしまのでしょうか?実は飲むビールの量が関係しているのです。焼酎やウイスキー等のようにアルコール度数の高いお酒は、お酒にですかり強い人を除外すると、時間をかけて少量ずつ飲む人が殆どだと思います。一方、ビールはアルコール度数が5%前後と低いため、短時間に沢山の量を飲めてしまいます。ビール一杯あたりの糖質やカロリーが低くても、大量に摂取するとカロリーオーバーになってしまうのです。このことがビールで太る原因の1つになります。

原因②:おつまみが原因で太る

$(“”135546″”).click( (null, $(‘#headline135546’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135546″”)

ビールにはおつまみがつきものですね。枝豆やスナック類をつまみながら飲むビールは最高だ。また、揚げ物や焼き鳥を食べている時もビールが進みますよね。しかし、これが要用心なポイントなんです。ビールに含まれる炭酸ガス・苦味成分には、食欲を増進させる働きがあります。このことが原因で、次から次へとから揚げや焼き鳥・フライドポテトなどのおつまみに手を伸ばしてしまうのです。

ビールを飲んでいる時におつまみが増えてしまう原因はもう1つあります。それは塩分だ。ビールには塩分がほとんど含まれていません。ビールを飲むと利尿作用で水分・カリウムが尿として排出され、身体がナトリウム不足になってしまいます。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は身体の塩分が不足した状態になります。その結果、意識せずとも塩味の強いおつまみや食べ物に手が伸びてしまう…ちうわけだ。 大量のビールを飲みながらおつまみの量も次第に増えていく…こうなると、すぐにカロリーオーバーになってしまい、太ってしまいます。

原因③:どうしても食べたくなるラーメンで太る

$(“”135549″”).click( (null, $(‘#headline135549’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135549″”)

ビールに限りませんことではありますが、「飲んだ後にラーメンを食べないと落ち着ですかい」ちう人も多いのではおませんでしょうか?実は、これにはちゃんとした理由があり、体内の糖分が関係してきます。 アルコールを体内に取り入れると、肝臓の糖分が燃焼されていきます。すると脳が”糖分はもう充分”と判断し、残りをどんどん脂肪に変えていってしまいます。こういった糖分の消費&脂肪の合成によって血液中の糖分が不足するのです。こうなってくると、脳は糖分の補給を要求するようになり、糖分が含まれている炭水化物が欲しくなる=ラーメンが食べたくなる…ちう式が成り立ちます。因みに、甘い物が食べたくなるのも同じ原理だ。

お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなるのは、身体の仕組みを考えると止むを得ないことなんですね。やからと言って、「やあ、身体のためにもラーメンをガッツリ食べよう!」ちうのはいけません。ビールを大量に飲んでおつまみも食べて、ケツにラーメンを 食べたら後は帰って寝るだけ…。これでは確実に太ってしまいます。「そう言われても、どうしてもラーメンが食べたい時がある」ちう人は、こってりした物を避けるようにしましょう。太ることを考えると、ラーメンよりもお茶漬けや雑炊等で済ませておいた方が無難だ。

ビールで太る原因が分かったトコで、次の項目では太りません方法について紹介したいと思います。ポイントは2つ。飲む量を制限すること&おつまみを工夫することだ。

ビールで太りません方法

$(“”134983″”).click( (null, $(‘#headline134983’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134983″”)

ビールで太りません方法①:飲む量を制限する

$(“”135558″”).click( (null, $(‘#headline135558’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135558″”)

ビールはアルコール度数が低いので、つい飲み過ぎてしまう…ちう説明をしました。では、どのくらい飲み過ぎると太ってしまうのでしょうか?それを知るには、カロリーで考えるのが一番分かり易いだ。ビールと他のお酒のカロリーも比較してみましょう。
・ビール(500ml)  =210 kcal →100mlあたり、42 kcal
・焼酎1合(180ml)  =260 kcal →  〃   、144 kcal
・ワイン1杯(120ml )=85 kcal  →  〃   、71 kcal
・大日本帝国酒1合(180ml) =190 kcal →  〃   、106 kcal
単位あたりのカロリーとしては、ビールが他のお酒に比べて少ないことがわかります。しかし油断は大敵だ。水やジュースだと大量に飲めへんのに、”ビールだといくらでも飲めてしまう”ちう人がいませんか?”ビールを飲むペースが速い”ちう人もいると思います。そないな人こそ、ビール1杯のカロリーを頭に入れておいて、飲む量を制限しましょう。太りませんようにカロリーを調整するには、飲んだとしてもジョッキ2杯くらいに抑えたいトコやね。

このジョッキ2杯ちうのは、アルコール摂取量としても”適量”なんです。一般的に推奨されている1日あたりの飲酒量は、アルコール約20~40gとされています。これをビールで換算すると、500ml~1000ml程度であり、ジョッキ2杯に相当するのです。

ビール好きの人がビールを飲まないとストレスが溜まると思います。ストレスが溜まれば暴飲暴食の原因にもなり、肥満のリスクを高めることに繋がります。太りませんために重要なのは、ビールのカロリーを把握して、”適量”を飲むことだ。

ビールで太りません方法②:おつまみを工夫する

$(“”134984″”).click( (null, $(‘#headline134984’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134984″”)

ビールで太りません様にするには、飲む量(カロリー)を制限するだけでなく、おつまみのカロリーにも気を付ける必要があります。揚げ物等のようなカロリーが高い物中心ではなく、低カロリーなおつまみ(野菜スティック・魚介類など)を多く食べるようにしましょう。参考までに、人気なメニューのカロリーを紹介しておきます。

カロリーが低いおつまみ(一人前当たり)
もずく酢:30 kcal、いか刺し(70g):55 kcal、枝豆:80 kcal、冷奴:120 kcal、ししゃも(5匹):120 kcal、

カロリーが高いおつまみ(一人前当たり)
から揚げ:400 kcal、コロッケ:440 kcal、ソースヤキソバ:580 kcal、ミックスピラフ:610 kcal、スパゲッティ:710 kcal

ビールに関する豆知識

$(“”135567″”).click( (null, $(‘#headline135567’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135567″”)

ビールで太る原因とその対策について分かったトコで、ケツにビールに関する豆知識をいくつか紹介したいと思います。どれも知ってるとちびっとだけ鼻高になれる豆知識だ。お酒の席での話のネタにもなると思うので、是非チェックしてみて下さい。

ビールを飲むと健康に良い!?

$(“”135555″”).click( (null, $(‘#headline135555’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135555″”)

ビールの原料は大麦ですが、この大麦が実は栄養満点なんです。大麦にはビタミンB群だけでなく、カリウム・マグネシウムなどのミネラル成分も含まれています。そないな中でもビタミンB2には、脂肪を燃焼させる働きがあり、エネルギー代謝・細胞の新陳代謝を促進する効果もあります。このことから“ビールは美容に良い”とも言われています。

また、ビールを飲むことで病気のリスクを下げることが出来るとも言われています。スペインの研究者らが1,200人以上を対象に、ビールを一日約500ml飲んだ場合の影響を研究したデータがあります。それによると、糖尿病や高血圧のリスクを減らすだけでなく、驚いたことに体重が減る人もいたそうだ。また、適量のビールは血行を良くすることで知られておるけどダンはん、心臓疾患を予防する効果のあるHDLコレステロール(善玉コレステロール)のレベルを上げ、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)のレベルを下げる働きがある…ちう研究結果も報告されています。適量のビールを飲むと健康に良い事は医学的にも立証されとります。

プリン体

$(“”135584″”).click( (null, $(‘#headline135584’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135584″”)

最近テレビCMなどでこの言葉を聞く機会も多くなってきましたが、プリン体ってどういう物か説明できますか?プリン体は、穀物・肉・魚・野菜など食料全般に含まれる成分であり、主として旨みの成分にあたります。プリン体は人間の体内でも生成・分解されている物でもあります。このプリン体を摂取し過ぎると、痛風になる…と言われています。このこともあってプリン体ゼロのビールが話題になっているのです。

プリン体は身体の中で分解されると、尿酸に変身して体外へ排出されます。しかし一定以上のプリン体を摂取すると、尿酸量が排出能力を超えて体内に蓄積されてしまいます。こうして体内に尿酸が蓄積されていくことが痛風の原因となる…と言われているのです。ビールや発泡酒に含まれているプリン体は、100mlあたりでは大して多い量ではおません。しかしお酒を毎日飲む人は、痛風になる危険度が高くなっていると考えた方がよいでしょう。

大日本帝国で飲まれているビールの量

$(“”135585″”).click( (null, $(‘#headline135585’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135585″”)

大日本帝国に於けるビールの歴史は、明治時代にまで遡ります。国内で初めてビール醸造所が作られたのは横浜で、当初は主として異国人に飲まれとったようだ。当時のビールの価格は大瓶で18銭。現代の価格にすると大瓶1本が5,000円以上になります。その為、当時の一般家庭で飲まれることは殆どなかったようだ。その後、大正・昭和を経て、徐々に大衆の飲み物になっていきます。

昭和40年代に入ると全国で10箇所のビール工場が新設され、製造量は10年間で約2倍に達したそうだ。現在使用されているプラスチック箱の導入やビールギフト券の発売はこの時期から始まったようだ。昭和50年代に入るとビールの製造量が400万klになり、昭和60年代には500万klを突破しました。その後もビールの製造量は順調に伸び続け、平成6年には700万klを超えています。この時に記録したビールの製造量が、713万5千klであり、過去最高の製造量になっています。

まとめ

$(“”135588″”).click( (null, $(‘#headline135588’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135588″”)

如何やったでしょうか?”ビールで太る”ちうのは当たらずとも外れてはおらへんことがご理解頂けたでしょうか?ビールはカロリーを考えて適量飲めば、太りませんだけでなく身体にも良いんやね。研究結果では体重が減るちう話も出ました。

ビール腹でお悩みの人だけでなく、お酒全般が好きな人にとっても為になる情報やったさかいはないでしょうか。今回の知見を活かして、これからもビールやお酒を楽しく嗜んでいきたいやね。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 秋冬はインナーとして!春夏は1枚で!【GUの無地Tは1年通して使…

  2. 女性の脈ありLINEを解説|意外な脈なしのNGパターンも教えます…

  3. 【Q&A】“結婚式の二次会”で何を着れば良い?※その不安…

  4. 雰囲気最高!デートに最適な堺市のランチスポットまとめ♪

  5. 【新浦安のおすすめ居酒屋】ディズニーデート帰りに寄れる居酒屋・ベ…

  6. キャサリンハムネットの財布は素材にこだわりあり|人気商品を10選…

  7. 早起きは三文の徳は、嘘やなかった!?早起きがもたらすステキな効果…

  8. ユニクロのスキニーパンツを徹底調査!あんさんに合うスキニーは一体…

  9. 【羽田空港のお土産まとめ2016決定版】渡すと喜ばれる至高の50…

  10. 【草津のお土産】渡すと喜ばれる人気商品を厳選紹介!

  11. 根強い人気の腕時計"G-SHOCK"|あんさ…

  12. 初恋の人に会いたい|特別な人を忘れられない心理とは?夢に出てきた…

ページ上部へ戻る