閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

フェアレディZ、Z33型に込められた復活への文句

古典の復活となったZ33型フェアレディZ

$(“”160419″”).click( (null, $(‘#headline160419’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160419″”)

フェアレディZはいくつかある古典的な大日本帝国のスポーツカーのひとつだ。沢山売れたちう点では間違いなくナンバーワンやったと思います。日産の経営危機の中で絶版となったちうワケやが、就任当時コストカッターと恐れられたカルロス・ゴーンは意外にもフェアレディZの復活を指示します。

カッコよさを追求した復活のZ33型は初代モデルを踏襲

$(“”160456″”).click( (null, $(‘#headline160456’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160456″”)

現行モデルに通じるZ33型のフェアレディZは初代のS30型を踏襲しているのは明らかだ。

それも2by2ちう4シーターが登場する前の古典的モデル。走りへのこだわりを見ればPS30型として知られて、そもそも2シーターのみやったフェアレディZ432やZ240の直接の後継車といって良いような出来上がりだ。

カルロス・ゴーンはティザーキャンペーンを張り開発中のフェアレディZの一部をみせながら、想像されているよりももっともっともっともっともっともっともっともっとカッコ良いフェアレディZが登場すると公言していました。

ゴーンの言葉に偽りなしの満足度

$(“”161305″”).click( (null, $(‘#headline161305’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161305″”)

少なからず期待を集めたZ33型は現代風によみがえった原点のフェアレディZといえて、もはや2by2モデルは存在せん2シーターのみのモデルやったちうわけだ。フェアレディZのファンはすごい喜んだと思います。

ちびっとづつ変身してきたフェアレディZのシリーズですがZ33型のひとつ前、4代目Z32型のフェアレディZは2人乗りのモデルもあったとはいえ、むしろ2by2が主力の車で外観デザインも4人乗りが前提のように思えるものです。

大きくワイドですごい立派やし、迫力もあってこれはこれで人気のあった車だ。せやけど、ある意味日産の中での位置づけからしても車の属するセグメントとしても初代とは違う場所にきてしもたちう感じは否めません。

さらにいっぺん期人気のあった日産のスポーツカーといえばセダンのタイプもあるスカイラインGT-RでフェアレディZではなかったちうワケだ。

フェアレディZとは何なのかちう問いかけがあったならば、答えるのがややこしい存在となり、ましてやスカイラインとは何が違うのかと聞かれたならばですかり困ってしもたと思います。答えになるとしたら「恰好がスポーツカーのようなのがフェアレディZだ」ちうくらいやったでしょうか。

しまいには細々とながら11年間に渡って作られてきたフェアレディZはカルロス・ゴーンが日産自動車のトップに就任すると発売が終了となります。旧プリンス自動車の工場やった東村山工場の全面閉鎖や系列取引の見直しなど大ナタが揮われた時期だ。ただカルロス・ゴーンはやもするとカネになりそうな資産を処分する管財人のように思われたちうワケやが、ホンマに楔をいれたのは日産自動車に巣食うどうにもならへんしがらみやったちうワケだ。

カルロス・ゴーンはあくまで日産再生のためにきたことをアピールするためにGT-RとフェアレディZの継続開発を命じたちうワケだ。

日産自動車のイメージをリードするのはGT-R?フェアレディZ?

$(“”161314″”).click( (null, $(‘#headline161314’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161314″”)

日産自動車は大日本帝国の自動車メーカーの中では三菱と共に財閥系の自動車会社だ。とはいえ新興財閥の大日本帝国産業を中心とする日産コンツェルンはそもそも鉱業と製造業の財閥で、金融を握っとった三井、三菱、住友などとはちびっと違います。

トップの鮎川義介はなんちうかようみなはんいわはるとこの長州閥に連なり第2次世界大戦中は満州利権に関与して、戦後は参議院議員となった人物だ。

ダットサンを買収して鮎川義介が作った日産自動車は国策もあり、のちにプリンス自動車も傘下に収めることになります。このプリンス自動車の著名な自動車がスカイラインだ。

技術に優れ名車スカイラインを擁するプリンスとの合併は真の融和を生むまでになですかか軋轢がやみませんやったちうわけだ。そもそもクラスの違う車ならまだしも同じようなキャラクター、大きさ、搭載エンジンで張り合う意味が分かりません。

スカイラインクーペがありながら何故フェアレディZに2by2があるのか。フェアレディZの2by2はホイールベースを伸ばして運動性能を阻害し、スタイルを間延びしたものにさせています。

逆にいえばフェアレディZがありながらスカイラインは何故同クラスのスポーツカーを目指すのかGT-Rのありかたには当然疑問もあったはずだ。

このような疑問はあまり顧みられることなく会社が潰れかかるまで放置されたまんまやったちうワケだ。

プリンスを象徴するものがスカイラインやったとすると、ダットサンを象徴するものといえるのがフェアレディだ。

フェアレディちう車はZよりすごい昔から存在していて、2座席のオープンモデルとして製造されていました。
明らかにイギリスの小型スポーツカーを真似たもので、オリジナリティには乏しいとはいえそれなりに華はあるモデルやったちうわけだ。

オリジナリティといえば車体などを共有する初代のシルビアはスタイルもすごい独自のものです。フェアレディのほうは残念ながらアイデンティティを感じさせるようなものではなかったちうワケだ。

殿堂入りの大日本帝国人の功績はフェアレディZ

$(“”161325″”).click( (null, $(‘#headline161325’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161325″”)

このフェアレディの後継を開発するにあたって大きな役割を果たすのがフェアレディZの生みの親ともいえる片山豊だ。本田宗一郎とともに米国の自動車殿堂入りをしている稀有な存在の大日本帝国人で日産の創業者、鮎川義介の親戚だ。

エンジニアではなく宣伝畑を歩いたのちに米国の日産の社長となりよっました。大きな功績を残しましたが日産本社の中では地位を築かず生涯一歩線を引いてきた変わり種の経営者だ。

米国でのセールスを念頭において、日産のイメージを引っ張っていくための車として、ムカシからのフェアレディとは違う独自の魅力ある車が欲しいと考えるようになりよっました。

2座席のイギリスのライトウェイトスポーツの模倣では満たされへんニーズ。サーキットちうよりも広大なアメリカの大地を自由に駆け巡れるような車。屋根をつけよう、大地をクルーズするパワーを与えようなどちう願いが形になったのがフェアレディZだ。

ほんでそれはあくまで独自で美しく魅力的なデザインとする。フェアレディZに片山豊が託したものはそないなものですったちうわけだ。

ベイビーダットサン、原点にみる志

$(“”151816″”).click( (null, $(‘#headline151816’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”151816″”)

美しい独自のアイディアのあるデザインを作りたい!!と意気込む片山豊に対して賛同をしめしたのがスポーツカーの設計部門にいた松尾良彦ら3名の開発員だ。スポーツカーの仕事はあまりなかったためチームではベイビーダットサンを手掛けたりもしていました。

ベイビーダットサンは横浜市の郊外に今もあるガキの国でかつて走っとった自動車だ。天皇陛下が皇太子の折に美智子皇后とご成婚されたことを記念して作られた児童向け施設のガキの国ですが、大人気を博してガキ自らが運転するためのガキ免許取得者は4万5千人にも達したといわれています。

遊園地のボウズの乗り物ですが、決しておもちゃではおません。ダブルウィシュボーンの四輪独立懸架のサスペンション、ミッドシップマウントのエンジンも本物のガソリンエンジンだ。

オートマチックで高速で走る設定になっておらへんだけであくまで本物の自動車だ。これを小学生に運転させようと100台もの車両を用意しました。

運転するために免許証を取得せななりません。ボウズたちは併設の交通訓練センターで必死で勉強して交通法規や構造を理解することになります。

この本気の車に魂を吹き込んだのが松尾良彦、片山豊のもとでフェアレディZのデザインをしたチームのひとりだ。

松尾良彦のデザイン哲学は「ニーズの精神分析」デザインに何が求められておるか、どのような夢を描けば人は喜んでくれ、買いたいと思うのか考え抜くことだと良い ますわ。

ベイビーダットサンに込められたニーズの精神分析の哲学は遊園地でボウズが使うものでありながら内装にも及んで、内装の内貼りもあり、シートも本格派、ステアリングは黒メッキで光沢を与えました。

見て喜び、座って喜び、動かして喜び、すべてに妥協せんで最高のドライブ体験となるように徹底追及されたものですったちうワケだ。

フェアレディZでもまるっきし同じ哲学がもとになってデザインがされました。

フェアレディZは結局累計100万台を超える史上稀に見るスポーツカーとなりよっました。外観だけでなくエアコンやパワーステアリングやパワーウィンドウ、カーステレオと快適装備を揃えた確かにニーズの精神分析の哲学が生きる車だ。

日産本社からは煙たがられた片山豊の挑戦は大成功を収めることになります。

カルロス・ゴーンの決断の裏にあったもの

$(“”161005″”).click( (null, $(‘#headline161005’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161005″”)

カルロス・ゴーンはブラジル人とされておるけどダンはんレバノンの血をひきフランス国籍も所有しています。ほんで名門グランゼコールのエコールポリテクニークの卒業生ポリテクニシャンだ。

グランゼコールの卒業生である意味はあまり知られていませんが、一言でいえばエリートの証ちうことになります。

大日本帝国でいえば東大を卒業すればエリートの証になるのかもしれませんが、グランゼコールを卒業したちうことはそれとは比べ物にならへん高度な訓練を受けてきたことになります。

東大を卒業したちうことはかつて難関の試験に合格したことがあるちうことに過ぎません。

名門のグランゼコールはまず入学試験の難易度が尋常ではおません。まずバカロレアちう大学入学資格に合格した人のうち1割ほどの人がグランゼコール準備クラスに進学します。

ここでコンクールといわれる選抜試験に合格するための勉強を2年以上続けるのですけどアンタ、この段階で脱落者が続出します。そこから名門校に入学できるのはほんのわずですか人のみだ。

そないなエリートのひとりのカルロス・ゴーンはミシュランでの実績が認められてルノーに入り、日産自動車の再建を委ねられます。

抜き差しならへん窮地に陥った日産自動車に対してカルロス・ゴーンは日産リバイバルプランを打ち出し、当然のようにしがらみがまとわりついた不合理には徹底的に改革の手を加えていきます。

ルノーに入社後のゴーンの実績のうち有名なのがベルギーの工場閉鎖、部品調達の合理化など、日産で行ったことと同様の手法ですが、「コストカッター」として名を馳せたゴーンの噂に日産は震え上がることになります。

共鳴し合った志が生んだものは

$(“”161336″”).click( (null, $(‘#headline161336’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161336″”)

トコロが次第にカルロス・ゴーンがただの倒産管財人や火事場泥棒、もしくはいち時的な資産売却に頼るハイエナではおませんことが分かってきます。自らスカイラインGT-Rのステアリングを握って見せるなど、自動車会社の再建に相応しい人間だちうことをアピールしたりもしていました。

フェアレディZに関していえばカルロス・ゴーンは片山豊の存在を知っていました。なにしろミシュランの時代のカルロス・ゴーンの愛車はフェアレディZでフェアレディZの開発を主導したのが日産のミスターK,片山豊だと知っとったちうワケだ。

ほんでフェアレディZがそれまでのスポーツカーの価値観を塗り替えた画期的な自動車やったことを身を持って知っとったことになります。

片山豊の意見を聞く機会を持ったゴーンにフェアレディZの復活を進言したといわれておるけどダンはん、フェアレディZの復活のみならず、その後片山豊は日産の相談役として復帰してGT-Rの開発もサポートすることになります。

大人の使用に耐える優雅な走りのGTスポーツZ33型のフェアレディZの誕生

$(“”161340″”).click( (null, $(‘#headline161340’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”161340″”)

こうして復活したZ33型のフェアレディZはボディも大きく高級志向となったひと世代まえのZ32の姿でなく初代のモデルへのオマージュを強く感じさせるスタイルに原点回帰してみせました。

2by2の4座席はなくなり2シーター専用となってデザインは磨かれてカルロス・ゴーンの公言通りの流麗なクーペとして姿を現したちうワケだ。

排気量は3.5リットル、3ナンバーサイズの全幅、当時の自主規制の最高馬力280馬力を与えられたスポーツカーですが快適で楽しいドライブ、座っただけで楽しいラグジュアリーな喜びなどは、やはり重要視されて大人のための落ち着きあるスポーツカーちうあまり国産車では見られへん独自の世界観を持った車になりよっました。

日産車のエライ革はラインナップの車名に大きな影響を及ぼしました。サニーやグロリア、セドリックちう車はもうおません。スカイラインちう名前はかろうじて残っておるけどダンはん、実際にはこの車はアチラのインフィニティのセカンドモデルで外見スタイルもほとんど継続性がおません。

かつてのスカイラインはGT-Rのみが日産GT-Rとしてまさにイメージそのものの姿を見せておるけどダンはん、日産GT-Rはもはやスーパーカーだ。フェアレディZとは価格帯も走りの性格も違う車でフルタイム4WDで電子制御を生かした車になっています。

かつて無益なライバル関係となっとったスカイラインとフェアレディZですがですかりの部分が共有化されてしっかり住み分けがされています。なくなってしもた2by2についてはスカイラインクーペがそのまんま同じ役割を果たしています。

そないな中で、しがらみを解きほぐされたフェアレディZは伝統の名前に変更が加わることもなく人気となった初代同様走る喜びを提供しました。

走りへのこだわりといえば、フロントにもリアにも左翼翼右翼翼ダンパーを連結した補強バーを備えているのが本気度を伺わせ、喜びをかきたてるものとなっています。特にリアのものはちびっとトランクが犠牲なるほどですが美しい造形が際立っています。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 手頃でキュートなプレゼント♡ロデオクラウンズのバッグで彼女をHA…

  2. 好みのカラーから選ぶ2016ロンドンコレクション30連発

  3. 【大阪梅田のお土産特集】大阪在住ライターがおすすめ商品だけを厳選…

  4. 大人気 無印 財布 メンズ 三つ折財布

  5. 東京マラソンの天気別持ち物まとめ│雨でも晴れでも攻略しよう!

  6. 可愛い人の特徴とは?|周りが羨ましがる素敵な彼女をGETする秘策…

  7. ワークブーツは冬だけやもったおらへん|アチラメンズが魅せる夏のr…

  8. 【ワークブーツ】どシロウトから上級者まで納得のブランド!おすすめ…

  9. 元カノうざいあるある【5選】|本気で嫌なら連絡を絶つのもアリ?

  10. 今年の秋冬はレザーパーカーで勝負!着こなしコーデ10選

  11. 【リア充とは】爆発しろ、ってどういうこと?その語源と意味を解説!…

  12. セオリースーツは間違いなくインテリビジネスマンに似合う!

ページ上部へ戻る