閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

フルカウントのジーンズ|人気の国産デニムブランドとは?こだわりのおすすめアイテム&気になる色落ちや取扱店舗まで

フルカウントのこだわり・歴史・コンセプト

$(“”598484″”).click( (null, $(‘#headline598484’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598484″”)

フルカウントの生い立ち

$(“”598485″”).click( (null, $(‘#headline598485’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598485″”)

フルカウントは、1992年に現社長の辻田幹晴氏によって設立された国産デニムブランドだ。辻田氏はエビスジーンズに所属した経歴もあり、よりオノレの理想のデニムを追い求めこのフルカウント設立に至りました。ビンテージの質感に加え履き心地にまで徹底的にこだわった製品作りがフルカウントの特徴であり熱烈なファンがいる理由かと思います。

フルカウントデニムの特徴

$(“”598486″”).click( (null, $(‘#headline598486’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598486″”)

まずフルカウントの生地の特徴としては、高品質のジンバブエコットンを使用している点でしょう。ジンバブエコットンは繊維がすごい長く、その分継ぎ目が少なくできるので、伸びのある丈夫な糸ができます。その糸で生地を作ることで、生地の伸縮性、優れた吸湿性につながっています。

縫製の際の糸もジンバブエコットンを使用しておりますので、生地の伸縮性を邪魔せず、色が落ちたときの風合いがすごい良いのはこういうこだわりからくるものだと思います。糸の太さも1本のジーンズで10種類以上も使用しています。フルカウントはこのように細部までのこだわりを持った職人気質のブランドだ。

フルカウントデニムの色落ちについて

$(“”598487″”).click( (null, $(‘#headline598487’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598487″”)

フルカウントのデニムはすごいナチュラルに色落ちします。色落ちが早いと感じる方もいらっしゃっるようですが、それが本来のデニムの色落ちなのだと思います。

あえて色を落としているデニムとは違い、ナチュラルな色落ちをするのもフルカウントの特徴だ。履き心地、機能性を重視するとどうしても昔ながらの風合いちうのはなくなってすりますのですが、フルカウントはその両方を両立させている数少ないブランドといえるでしょう。

フルカウントデニムのこだわりとは?

$(“”602353″”).click( (null, $(‘#headline602353’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”602353″”)

フルカウントデニムの特徴がわかったトコで「こだわり」って一体なんですのでしょう。デニムを履いた時の履き心地や、生地の収縮性。それ以外に愛される理由はフルカウントのこだわりにあると思います。

フルカウントデニムのこだわり①『綿の持つ力を100%引き出すからこその履き心地を生み出す』

$(“”602458″”).click( (null, $(‘#headline602458’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”602458″”)

多くのデニム以外、衣類には「防縮加工」ちうものが施されていることがほとんど。衣類が洗濯以外物理的な原因で収縮せん様にするための加工ですが、フルカウントデニムでは、防縮加工を行う事で綿が持つ本来の弾力性を失ってしまう為、この加工を行っておらへんのです。

そのため、綿自身が持つ特徴や特性といったポテンシャルを100%引き出し、伸縮性とより丈夫なジーンズを生み出している事といっぺんに、履き続ける事で生まれるフルカウントの特徴である「ジンバブエコットン」の良さを感じる事が出来る事へと繋がっています。

そのため、ジャストサイズでジーンズを穿こうと思う人には、購入する際に少々きつめのサイズをお薦めしております。

高級な革靴が履けば履くほど足にフィットしていくように、FULLCOUNTのジーンズも穿けば穿くほど変わっていくからだ。

さらに防縮加工を施しておらへんために、最初の洗濯で丈で約3インチ、ウエストで約2インチほど縮みます。

出典: www.fullcount-online.com

フルカウントデニムのこだわり② 『ねじれも味!時代に流されへん本来の良さを保ち続ける』

$(“”602483″”).click( (null, $(‘#headline602483’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”602483″”)

履き続ける事でできてくる「ねじれ」1940年など古くのジーンズは、履き続けると出てくると良い ますわ。その時代も防縮加工などといったものはおません。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、フルカウントデニムの良さはその古き良き時代の味を作り出す事ができるちう点だ。

その時代に生まれておらへんウチたちですが、ヴィンテージデニムを好む方々はやはりこうした風合いを求めるもの。ヴィンテージデニムを愛する方々はそうしたディティールにもこだわりをもつもの。マイナスイメージな感じがするものすら「味」なのです。

自身で履くフルカウントのデニムで「ヴィンテージを作る」といった方が話が早いかもしれません。防縮加工されたものでは出ない味を、個々で作り出す事ができるちうトコロがこだわりであり、フルカウントデニムの”最大の魅力”といって良いと思います。

フルカウントデニムの評判は?

$(“”598653″”).click( (null, $(‘#headline598653’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598653″”)

フルカウントデニムの確ですか品質と、辻田氏の作り出すデニムのファンちうことでも注目と人気を博しておるけどダンはん、評価はどうか?実際に言われる通り素晴らしいもの。また、比較対象にされる桃太郎ジーンズとの優劣などでも名前があがりますが、実際には自身の『好み』に尽きます。

やはりデニムの優劣は単に個人の好みにすぎないのでオノレの目で見て、触って、穿いてオノレの好みを選べば良いだけだ。

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

よく「どっちの方が良いですか?」ちう質問を目にします。デニムに限った訳ではおませんが、マナーやルールがあるものには確かに善し悪しはありますが、デニムなどルールが決っている訳ではおませんものに対してどちらが良いか?と聞く質問は、応えてくれる人の好みが大半だ。

「良いって言ってたけど、それほどでもなかった」ちう人もいれば「言ってた通りだ!」と思う人も様々。

デニムははいていくらの世界やので「フルカウントのデニムが気になる」ちうのであればはいてみる、もしくは試着してみるとした方がよさそうだ。そうしたことを踏まえて、このページも参考にしとっただけたら幸いと思っています。

フルカウントデニムの履き心地は?

$(“”600911″”).click( (null, $(‘#headline600911’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”600911″”)

フルカウントデニムの履き心地もやはりややこしいトコですが、「ジンバブエコットンで履きやすい」ちう声が多くあがっています。ただ、これもデニムのタイプによって厚さ(オンス)によっても大きな開きがあるといえます。

軽く履きやすいとされているものには「13.7オンス(OZ)」が多く、15オンスまでくればどんなデニムでもゴワゴワとしています。しかし、布地が厚い分軽いものよりも腰回りのヒゲやパッカリング、色落ちが出やすく、ワイルドな経年変身を楽しめるもの。育てて行くならヘビーオンスをお勧めします。

フルカウントデニムには、ごつめの18オンスも展開しておるけどダンはん、初めのそのごつさには「履けるのですろか」と感じるほどのインパクトを受ける様ですが、やはり履き込む事でジンバブエコットンの持つしなやかさが活かされ、涼しい顔で厚めのヘビーオンスを履きこなせるちう声もあがります。

フルカウントデニムの経年変身の楽しみには、色落ち以外に”履き心地”においてもどんな風合いになるのか?ちう楽しみがある様だ。まずは、履いてみる!そこから始めてみましょう。

ホンマにゴッツイのですけどアンタ、穿き込むほどに、あのジンバブエコットン特有の柔らかさがでてきます♪
いや~、これは、、、どのような経年変身を魅せてくれるのか、どのような穿き心地の変身を愉しませてくれるのか、確かに、穿いてみたくなります!

出典: ameblo.jp

フルカウントデニムの1番人気!『1108 15.5オンス ヘビーオンスXX』

$(“”600159″”).click( (null, $(‘#headline600159’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”600159″”)

フルカウントデニムの中でも一番人気は「Lot.1108 15.5オンス ヘビーオンスXX」綺麗なストレートのシルエット。濃く染められた15.5オンスはカジュアルアイテムであるデニムであっても、すごい上品さを兼ね揃えています。

色濃く染められている部分では、デニムの楽しみの1つ。また、細ですか楽しみといえばバックポケット部分に付いた赤いレーヨンピスネームの色落ち、ユーズド感を加える革パッチは丈夫なゴートレザー(山羊革)を配置。ボタンフライ式で股上はやや浅め、全体的にすっきりとしたシルエットだ。

<商品情報>
ショップ:Vanilla Box
ブランド:フルカウント
商品名:1108XX 15.5オンスのジンバブエコットンデニム
価格: 24,624円(税込) ~25,704円(税込)

購入はこちら

フルカウントのデニムアイテムの紹介

$(“”598488″”).click( (null, $(‘#headline598488’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598488″”)

デニムパンツ

$(“”598489″”).click( (null, $(‘#headline598489’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598489″”)

初期からの定番でこれぞフルカウントといったモデルになります。ワイドなシルエットやので履きやすく楽で、フルカウントの特徴でもあるやわらかい履き心地を実感できるモデルだ。初めて買うフルカウントとしてもおすすめだ。

ウチは上の0105よりちびっと細めのすっきりしたシルエットになります。バックヨークのみ糸の種類を変えることによって、ジャストサイズで履くことでバックシルエットが美しくなるよう作られたもモデルだ。フルカウントのデニムの中で一番はきやすい平均的な太さモデルだ。

この1108が現在一番人気のモデルだ。細身のストレートで、股上が浅めになっています。細身のシルエットですがジンバブエコットンの特徴でもある伸縮性により、ストレッチ素材ではおませんですがすごい履き心地の良いモデルだ。

フルカウントのモデルの中で一番細いシルエットのモデルだ。膝から下はまっすぐに落ちるラインが特徴で、脚が長くスマートに見える工夫が施されています。細身の方やジャストサイズではきたい方にはピッタリのモデルだ。

一番上に紹介している0105よりも太目のモデルだ。あまりテーパードしておらず裾までストンとしたワイドタイプだ。サスペンダー用のボタンが付いているのもこのモデルの特徴だ。

通常モデルとXXモデルの違い

$(“”598490″”).click( (null, $(‘#headline598490’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598490″”)

フルカウントのデニムには、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ同じ1108モデルでも通常モデルとXXモデルがあります。違いはデニムの厚みだ。通常モデルは13.7オンスのデニムを使用しているのに対し、XXモデルは15.5オンスと厚手の生地を使用しています。履き心地としては通常モデルのほうがやわらかく履きやすいかもしれませんが、ハードなタイプが好みの方にはXXがおすすめだ。好みに応じて選べるトコもうれしいトコだ。

デニムジャケット

$(“”598491″”).click( (null, $(‘#headline598491’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598491″”)

フルカウントのジャケットで一番人気のモデルだ。2107ちう1stモデルがあるのですけどアンタ、ワークウェアとしての昔の1stモデルを再現していることから、着丈の短さなどコーディネートしづらいといった点があり、それを改良したのがこの2737になります。もちろんジャケットにも、パンツと同じくジンバブエコットンが使用されています。ビンテージの質感を現代風のシルエットで楽しめるおすすめモデルだ。

ウチは2ndモデルのタイトバージョンだ。上の1stと同じ理由で現代風のシルエットで作られたモデルになります。1stモデルは13.7オンスデニムを使用しているのに対し、2ndモデルは15.5オンスの厚手のデニムを使用しています。これからあ秋冬には厚手の生地のほうが合うかと思います。

ウチは3rdタイプのジャケットになります。ウチはタイトフィットモデルはおませんので、定番3rdモデルを紹介させていただきます。昔ながらの機能性を重視して作られたモデルだ。立体裁断とジンバブエコットンの特性により動きやすく仕事着としての機能も十分だ。

ウチは今年の新作になりますデニムカバーオールのハンドウォッシュタイプになります。胸ポケットなどが無い大戦中のシンプルなカバーオールを再現してありますのでスタイルはすごいシンうプルだ。シンプルなだけにデニムの生地のよさがすごいよく出ている商品だ。ウチはハンドウォッシュタイプになりますが、ワンウォッシュタイプも発売されています。ドーナツボタンもシルバーではなくブラックを使用するなど細かいディティールまでこだわったモデルだ。

インディゴ染めスタジャンになります。着込むごとにその魅力が増す仕様となっており、ストレスを感じない動きやすいデニムシャツだ。薄手やので使える時期も長く、すごい使い勝手のあるアイテムだ。

フルカウントのデニムを取り入れたコーディネート特集

$(“”598492″”).click( (null, $(‘#headline598492’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598492″”)

ウチは0105モデルを使ったコーディネートだ。ロールアップするのに丁度良い太さやね。

ウチは1108を使ったコーディネートになります。シンプルなコーディネートだとデニムの良さがよく分かるので、こだわりのデニムパンツを履いていると高ポイントだと思います。もっともっともっともっと履きこんでいくと同じコーデでも違った雰囲気になっていくトコもデニムのよさだ。

ウチは0105着用だ。フルカウントのデニムはビンテージアイテムとの相性が良いやね。レッドウィングとの組み合わせもばっちりだ。

ウチは1108着用だ。デニムが良い色に色落ちしています。デニムの色落ちはある意味その人の個性になってくると思います。他のアイテムも含めすごいよくまとまっています。

ですかりはきこんだ感じのデニムパンツだ。色落ちの仕方からヒゲも良い雰囲気になっています。こうなるとオノレが育てたちう愛着が沸きよりますので、もう一生物のアイテムになりそうだ。

ウチは上下フルカウントだ。ジャケットは60/40クロスを使用したスタジャンで、パンツは1110ちう細身のテーパードラインのモデルになります。ウチもシンプルでデニムの良さが良く出るコーデになります。

ウチはジャケットがフルカウントだ。モデル名は不明ですが、インディゴの色とハット、Tシャツの白がよく合います。サイジングもジャストで似合っています。

フルカウントのデニム取り扱い店舗紹介

$(“”598493″”).click( (null, $(‘#headline598493’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598493″”)

現在、直営店は現在1店舗、他に取扱い店舗と公式オンラインショップとなっております。社長の辻田氏によると、直営店を増やすためにはアイテム数を無理に増やす必要があり、それによるロスが大きい様だ。本来のデニム商品のみに絞り込み、フルカウントの原点に立ち返り商品を展開しています。

・FULLCOUNT TOKYO SHOP(直営店)

$(“”602123″”).click( (null, $(‘#headline602123’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”602123″”)

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3−20−7 サンリバー関 1F
TEL:03-6804-6541
営業時間:OPEN 11:00~20:00

・FULLCOUNT (取扱い店)

$(“”602164″”).click( (null, $(‘#headline602164’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”602164″”)

FULLCOUNT取扱店

・FULLCOUNT ONLINE SHOP

$(“”602242″”).click( (null, $(‘#headline602242’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”602242″”)

FULLCOUNT Online shop

こだわり抜いたジーンズをクリエイトするフルカウントのオンラインショップ。

フルカウントのデニムの魅力のまとめ

$(“”598494″”).click( (null, $(‘#headline598494’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”598494″”)

デニムブランド「フルカウント」の特徴や魅力、製品紹介からコーディネートまで紹介させていただいたちうわけだ。ビンテージへのこだわりはもちろん、使いやすさやデザインにもこだわっているすごいおすすめのブランドだ。国産のデニムは多少お値段は張りますが、一生物のオノレだけのデニムを育てると思えば、決して高い買物ではおませんと思います。選んでいただく際の参考にしとっただければと思います。ケツまで読んでいただきありがとうございました。

※本記事に掲載されています商品価格は、2016年4月時点のものです。

FULLCOUNT

常にこだわりを持って、上質なデイリーウエア提供する”FULLCOUNT

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. ピーコートで女子ウケする!おすすめメンズコーデ5選

  2. 気になる人とLINEを交換したい!スマートに絶対交換できる10の…

  3. 30代メンズあるある…老けファッションをMr.JOO…

  4. 付き合うきっかけを作るコトバは「良いお嫁さんになりそうだね」。

  5. 【衝撃】復縁の確率は「別れて一週間以内」が最も高い!?

  6. 【女子が目線】キーリングは見られてる?デキるメンズにおススメブラ…

  7. ニューエラのリュックが今熱い|メンズに人気のアイテムを大調査

  8. 女子に聞くモテる行動を伝授|知らないあんさんは人生を損している!…

  9. 【こだわりどころ満載】デキルメンズの財布選びに外せない10ブラン…

  10. 旦那の浮気がバレる時!妻が見逃さない旦那のシグナルとは

  11. パーティドレスのランキング紹介!最高のプレゼントにしませんか?

  12. おすすめカトラリー特集!デンマーク王室御用達の人気アイテムも厳選…

ページ上部へ戻る