閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

フルーツバスケットの名言で泣く!心に染みる名言30選

感動!ほんで、ほっこりするフルーツバスケットの名言

$(“”152610″”).click( (null, $(‘#headline152610’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152610″”)

sponsored

HCD フルーツバスケット

¥2,295 (2016/04/19 16:37時点)

1998年から2006年まで「花とゆめ」で連載されとった高屋奈月による日常系コメディ作品。2001年にはアニメ化もしており、少女漫画ちうジャンルの中、女性ファンだけでなく多くの男性にも支持されとった作品。
主人公、本田透が、異性に接触すると動物に変身してしまう、動物憑きちう奇異な体質を持つ草摩家に居候し、ちょっと不思議な高校生活を送っていくちうハートフル・コメディ。

心に響くようなセリフが多く、多くの名言も残しています。大人になっても十分活用できるフルーツバスケットの名言をまとめました。

本田透の名言

$(“”152612″”).click( (null, $(‘#headline152612’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152612″”)

本作品の主人公。ほんわかした性格と意思の強さがトコどころに見えます。
アニメでも原作でも多くの名言を残しています。

人気キャラクター本田透の名言をピックアップしました。

めげてはダメや!ネバーギブアップや!

$(“”152617″”).click( (null, $(‘#headline152617’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152617″”)

顔色が優れんとバイトへ行った本田透が、オノレに対して言い聞かせた言葉。亡くなったお母はんはもっともっともっともっとつらい思いをしたからオノレは頑張らなきゃって奮い立たせている名言。

社会に出るとどんな辛いことが待っておるかわかりません。
くじけたくなる時もあれば、めげたくなることもあります。しかし、内なる会話をすることで絶対に乗りきれるチャンスはあるはずだ。
ネバーギブアップやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第1話

記憶だけ消されてしまっても、またお友達になってくださいね

$(“”152618″”).click( (null, $(‘#headline152618’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152618″”)

異性に抱きつかれたら十二支の動物に返信してしまうちう草摩の秘密を知ってしもた、本田透はもしかしたら記憶を消されてしまうと伝えられる。

大切な思い出を消されてしまうちうひどい仕打ちをされたとしても、また友達になってほしいと言える本田透の強さがわかるシーンだ。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第2話

今も誰かが羨ましがっておるかも オノレでは気づですかい何ぞに 憧れているのかも。そう考えるとちびっとだけ もうちびっとだけ 「オノレ」をがんばってみようですかって思えてくる

$(“”152620″”).click( (null, $(‘#headline152620’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152620″”)

文化祭で作るおにぎりを家で作っている時に夾との会話で出てくる名言。
素敵ちうのがおにぎりの梅干しだちうならば、他人の梅干しやから見えるのかもしれません。

オノレの素敵な姿はあるけれど、他人のほうが目立つから羨ましくなります。
オノレの素敵にも気づいていきたいやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第7話

学校は・・・大切ですが、病気の方を放ってまでして行きたくはおません・・・

$(“”152621″”).click( (null, $(‘#headline152621’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152621″”)

体調が優れへん中、マラソン大会に強行出場した由希が倒れ、草摩家に戻った後の透の名言。
風邪で倒れた人、体調が優れへん人を放っておけへんよね。普段からもそういった気持ちで接したいやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第10話

雪が溶けたら春になりますね 今はどんなに寒くても春は必ずやってくる 

$(“”152622″”).click( (null, $(‘#headline152622’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152622″”)

草摩はとりとの会話での透の受け答え。
「雪が溶けたら春になる」のは、ロマンチックな答えだ。
今は辛くても、続けていれば良いことが起こるよ。今エライ状況の中頑張っている方へ贈りたい名言だ。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第8話

なんて幸せなことでしょう。ウチの元気の源は、毎日毎晩壱年中みなはんが与えてくれるのです

$(“”152624″”).click( (null, $(‘#headline152624’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152624″”)

風邪で床に伏せてる透のことをみんな心配して集まってくれたことに対して思ったこと。
オノレのことを思って、与えてくれる人がまわりにたくはんいると幸せを感じますね。
そういった人がいつの時代も多い状況でいたいやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第19話

ちゃんと認めることのできる人は勇気を持っている/怖くても前を向いて歩いて行こうとする勇気

$(“”152635″”).click( (null, $(‘#headline152635’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152635″”)

燈路と杞紗と公園デートしている最中に透が燈路に伝えた文句。

オノレのことを棚に上げて、認めへん人は少なからずいます。しかし、オノレのことを分析し認める人は勇気の持ち主。
偉大だ。過去が積み重なればなるほど多いですが、いつまでも勇気を持つ人になりたいやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第21話

見つけ出そうとしているわけだ。生まれたわけを。

$(“”152625″”).click( (null, $(‘#headline152625’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152625″”)

初めから生まれた理由を持っている人はいません。しかし誰もが生まれてきた理由を求めて、それを人の中に見出したいやね。
目的意識を持たんと生きている人が多くいます。生まれてきた理由を見出したいやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第23話

草摩由希の名言

$(“”152626″”).click( (null, $(‘#headline152626’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152626″”)

草摩由希の名言をピックアップしました。
基本的におとなしいタイプなため、それほど多くの名言を残しているわけではおません。

しかし、人気はピカイチだ。

オノレにないものを持つ人に対して、素直に好意を示すことはすごい…と思う

$(“”152632″”).click( (null, $(‘#headline152632’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152632″”)

綾女ちう嵐が去った後に、由希が透に対していった言葉。

ないものねだりをしたり、嫉妬してしまうことが多いでしょう。
オノレにないものを持つ人だけでなく、単純に素直に好意を示すことは必要やね。
相手からも素直な好意で帰ってくることがあります。

想いは行為。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第14話

草摩夾の名言

$(“”152642″”).click( (null, $(‘#headline152642’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152642″”)

猫の物の怪に取り憑かれている主人公。
ストーリーの進行とともに多くの方と距離を縮めていくのが魅力的。

本気で向き合っている人を見ると応援したくなりますね。

お前の場合、たまには弱音はいても、めげたって良いんだよ

$(“”152651″”).click( (null, $(‘#headline152651’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152651″”)

本田透のことをおじいはんの家に迎えに行った後に、夾から伝えられた言葉。
心に大きなものを持っている方にとって、心が軽くなる一言やね。

常に頑張ってる人に、維持を張って仕事を頑張っている人に。
「たまには弱音はいても、めげたって良いんだよ」

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第5話

言えよ!聞くから弱音。

$(“”152652″”).click( (null, $(‘#headline152652’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152652″”)

赤点を取って気持ちが沈んでいる時に、風邪にもなってしもたときに夾から透に言った名言。
素直な言葉って中々言えないやね。ストレートな言葉ですが、言ってあげると喜ぶ人もいます。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第19話

どうしてお前はそうやって、今一番欲しい言葉をくれりますろう?

$(“”152655″”).click( (null, $(‘#headline152655’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152655″”)

本当の姿を受け入れようとした透に投げかけた言葉。

どんな状況やったとしても一番の理解者を見つけることが安心できるようになります。
辛い現実を受け入れ人生も乗り越えることができるようになります。

そういった人が一人でもいると良いやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第26話

草摩紫呉の名言

$(“”152657″”).click( (null, $(‘#headline152657’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152657″”)

大人な雰囲気を醸し出し、多くの真理を理解している方。
小説家ちう仕事柄、多くの名言を残しています。

他人と交わり 傷つけたり傷つけられたりしながら 他人を学び己自身も学ばないと 本当の意味で他人を思いやれるような人間にはなれへんよ

$(“”152661″”).click( (null, $(‘#headline152661’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152661″”)

紫呉から夾へ向けた言葉。透を傷つけてしまって、塞ぎこんでしまっている夾への文句。

確かにコミュニケーションが不得意な人が多いと思います。しかし上達する方法は、人と交わり、お互いが傷つき、理解しあうことによって成長ができます。そうすることで、思いやれる人になっていきます。
もし人付き合いが苦手だなって思う方は、チャレンジしてちびっとずつ慣れてください。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第3話

悲しみって時が経てば経つほど、じんわりと応えるんだよね~

$(“”152662″”).click( (null, $(‘#headline152662’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152662″”)

透がおじいはんの家に移り住むちうことで、草摩家を出た後、残り物のビーフシチューを食べている時に吐いた台詞。
冗談交じりに本音を漏らしているけれど、実際のトコこの言葉は真理だ。

大切なものをなくした後、思い出がフラッシュバックしてくるように辛くなります。
そうならへんように、大切なモノは常に大切にしておきたいやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第5話

男たるものってなーんて、恥ずかしげもなく口にする奴なんて本当の男らしさがわかってへんものなんです

$(“”152663″”).click( (null, $(‘#headline152663’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152663″”)

バレンタインのチョコレートをチョコレートの代わりに雷おこしなど男らしい物を贈ったほうが良いと考える本田透に、紫呉が夾のことをたとえ贈った名言。
確かに、言うこととやることが違う方は沢山います。威勢を張る方は、オノレの弱いトコを隠す方が多いやね。
口だけでなく、背中で男を見せていきたいやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第11話

今度こそ、一緒にいても寂しくならへん新しい人と出会えると良いよね、一緒にいることが幸せにつながる人と

$(“”152669″”).click( (null, $(‘#headline152669’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152669″”)

綾女、はとり、紫呉の3人が、はとりの元恋人佳奈との思い出を振り返っている時に紫呉が言った名言。
出会いと別れはワンセット。恋に関しても同様だ。すべての人に対して、お互いに幸せになる人と出会えることを望んでいます。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第16話

草摩潑春の名言

$(“”152674″”).click( (null, $(‘#headline152674’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152674″”)

普段はおとなしいけれど、スイッチが入ると変貌し性格が180度変わってしまう(ブラック化)。
ブラックになると、雰囲気だけでなく台詞全般が攻撃的になります。
二面性はあるが憎めへんやつ。

三つ折り靴下はいてりゃ カツアゲしねぇのか?ピアスしてなきゃいじめしねぇのか? 髪が黒けりゃ犯罪者にならねぇのかよっ

$(“”152679″”).click( (null, $(‘#headline152679’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152679″”)

ブラックになった草摩潑春が生徒会長に説いたこと。
インパクト絶大のワンシーン。

すべてのことにおいて、極端に解釈することで見えてくることがあります。見た目で判断するのではなく、その人の本質を見極めたいやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第13話

草摩綾女の名言

$(“”152680″”).click( (null, $(‘#headline152680’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152680″”)

草摩由希の兄で、紫呉とは旧知の仲。
学生の頃から目立ち王様の風格を醸し出し、周りをオノレのペースに巻き込んでいく。

彼から飛び出す名言(たまに迷言)は、ぶっ飛んでるものが多いが人気は高いちうわけだ。

暖かさを求めとったちうわけだ。そこに熱を帯びた人肌がきたらすがりついてしまう。それが本能ちうものですろう

$(“”152681″”).click( (null, $(‘#headline152681’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152681″”)

蛇の状態になっとった綾女が、本田透の服の下で暖をとったことに対する言い訳(?)。
蛇は変温動物であるから、寒い時期はしゃあないのかもしれません。

リアルに寒い時だけでなく、心が冷え切ったり、荒んだりする時は温かい人の傍にいたくなるものですね。
辛い時には傍にいてくれるだけで嬉しいと思える人がどれくら良いるでしょうか?
そういった方を沢山増やしていつでも心を暖かくしていきたいものですね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第14話

ワテの奢りや食せへんとでもいうのかい?

$(“”152686″”).click( (null, $(‘#headline152686’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152686″”)

綾女が透に餃子定食を奢るシーンで出した名言。
王子キャラは、ちょっとしたことでも名言になっていきます。

イケメンからこないな台詞をいわれたとしたら、もしくは、後輩に対してごちそうする時に1度で良いから言ってみたい台詞やね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第14話

苦手ならば克服すればよい

$(“”152688″”).click( (null, $(‘#headline152688’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152688″”)

由希が透に、綾女のことをどう思っておるか言った時に、服の中に隠れている綾女が言った名言。

ほとんどのことにおいてできないことはないと思います。苦手意識を感じているだけかもしれません。
それならば、克服すれば良いやね。
苦手なものでも必要性があれば、必然的に克服するでしょう。すべてにおいていえますね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第14話

性欲自体があたかもすべて悪いかのように否定することに対しては遺憾に感じざるを得ない

$(“”152689″”).click( (null, $(‘#headline152689’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152689″”)

修学旅行時に歓楽街に赴いた生徒に対して、退学処分ちう決定を覆すために抗議した名言。

影に隠したいことをすべて否定することは誉められることではおませんやね。
性欲だけでなく、他にも多くのことが言えるのではおませんでしょうか。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第14話

男たちはそれらに夢を馳せてロマンを求める 現実を見据えた上で夢を馳せるのは罪ではなかろう

$(“”152691″”).click( (null, $(‘#headline152691’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152691″”)

由希が綾女のお店に遊びに行った際に、ロマンを語る綾女。

コスチュームにはロマンを感じます。それだけでなく、夢を追いかけていく人はものすごい情熱を持ちます。
どんなことに対しても、夢を追い求めたいやね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第20話

本田今日子(本田透の母)の名言

$(“”152700″”).click( (null, $(‘#headline152700’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152700″”)

本田透のお母はん。昔はすごい荒れとったが、心優しい名言を数多く残しています。
心に染み渡るものが多く、優しさのDNAは本田透に引き継がれている。

透は透らしくゆっくりやっていけば良いよ。

$(“”152702″”).click( (null, $(‘#headline152702’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152702″”)

草摩由希からこの名言をいわれた時に、昔に今日子はんにいわれたことを思い出す。
土砂崩れのせいでテントが埋もれてしまい、草摩家にご厄介になる時に言われた言葉。

多くの人と関わる中、他人のペースに合わせることも多いと思いますが、実際にはオノレのペースでコツコツとやっていったほうが良いように働くことも。
周りのヤカラがプレッシャーに感じ、ストレスを抱えてしもた時に上司の方から言われたい言葉だ。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第1話

優しさは個人個人の手造りみたいなモンやから 誤解されたり偽善だと思われやすいんだよな

$(“”152703″”).click( (null, $(‘#headline152703’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152703″”)

今日子はんが小さい透に教えた文句。
アニメのシーンでは、突然降りだした雨から家庭菜園を守るためにビニールシートをかけるシーンでの回想。

優しさは、周りから見えんと理解されにくいことが多く信頼関係が薄いと顕著に現れます。
しかし、優しさに気づくチャンスを逃すともったおらへんやね。周りの人からしていただいた優しさをオノレの中で育て、また違う誰かへバトンを渡して下さい。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第3話

疑うなんて誰にでもできる簡単なことだし、透は信じてあげられる子になりな それはきっと 誰かの力になる

$(“”152704″”).click( (null, $(‘#headline152704’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152704″”)

お墓参りの回想シーンで、幼き頃の本田透に伝えた文句。

社会に出て沢山の情報に触れたり、経験すると人を疑うことを覚えてしまいます。しかし、まずは信じてあげられるような人になりたいやね。
その結果、オノレ自身も信頼される人になるし周りに対して力を与えることになります。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第3話

子どもの頃に感じた気持ちをちゃんと忘れんといれば 大人になっても親になっても理解しあえる

$(“”152706″”).click( (null, $(‘#headline152706’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152706″”)

綾女と中華料理店デートの時に透がいった言葉。昔、今日子はんから教えていただいたことだ。

大人になって子どものことを理解するためには、子ども心を持っている必要があります。
それだけでなく、相手を理解するためには相手の状況・立場に立って考えるのが一番理解できます。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第14話

透がおるから毎日笑っていられる。やあ、ウチはお母はんに会うために生まれてきました~。

$(“”152707″”).click( (null, $(‘#headline152707’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152707″”)

透とお母はんとの回想シーン。
誰かのために生まれてきたと心から言えると人生幸せやね。
両親に対して毎日毎晩壱年中感謝しとったいと思えますね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第23話

花島咲の名言

$(“”152709″”).click( (null, $(‘#headline152709’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152709″”)

本田透の親友の一人。
電波を感じ、操るちう変わった特技を持つ女の子。

人と関わるのは得意ではおませんけれど、要所要所で名言を多く残しています。

力の限りうちかまし、力の限りうち返す。あえていうなら最初に倒れた人が負けってことね

$(“”152718″”).click( (null, $(‘#headline152718’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152718″”)

魚ちゃん、花ちゃん、草摩面々とバドミントンをする時に、花ちゃんが言った名言。
バドミントンにルールは不要だ。

すべてにおいて、全力で取り掛かることは大切だ。ケツまで立っとった人が勝ち。
一般社会でも同じことがいえます。山あり谷ありですが、すべては乗り越えた人がその世界で勝つのです。
みなはんも今頑張ってることを全力で取り組み、勝ってくださいね。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第13話

誰かを大切に想うのは辛い時もあって寂しくもなったりもして、でも嬉しくしてくれるものよね

$(“”152721″”).click( (null, $(‘#headline152721’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152721″”)

木下はんたちが、花島はんのうちにお邪魔したことを心配した透の行為に対して思ったこと。
いつでも誰かを大切に思っとったいやね。結果嬉しくなるならば、大切に思っているのが良いだ。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第18話

あんはんには、あんはんしかできないことがある。やから早く行きなさい!

$(“”152723″”).click( (null, $(‘#headline152723’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152723″”)

夾の本当の姿を見た、自信を失っている透に対して本気になって花ちゃんが伝えた言葉。
普段おとなしい花ちゃんが感情的になって背中を押しているシーンは泣けてきます。

生きている人はすべて、オノレにしかできないことがあります。それをするために躊躇せず早く動ですかくては!
そう感じさせられる一言だ。

出典:高屋奈月/『フルーツバスケット』アニメ第25話

まとめ

$(“”152725″”).click( (null, $(‘#headline152725’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152725″”)

今でも根強い人気のあるフルーツバスケットは、多くの名言があります。
きっとそれは、今の現代でも共感できる言葉が多いからではおませんかと確信しています。

今回は、フルーツバスケットのアニメをから名言をピックアップしました。
フルーツバスケットには、まだまだ多くの名言があります。気になる方は、原作やアニメを見てオノレにとって良いなって思える名言を見つけ出して下さい。

ひとつひとつに願いを込められた言葉を胸に抱き、強く生きていきたいやね。

※本記事に掲載されています価格等は、2015年10月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 別れた直後が寂しいのは当然|彼女を吹っ切る4つの必勝法

  2. 彼女が喜ぶ手料理ランキング!あんさんはいくつ作れる?

  3. ビームスとアソビシステムが強力タッグ|東京から新しい大日本帝国の…

  4. 意外なあの芸能人も苦労人。しんどい人生に負けなかったヤカラの特徴…

  5. アチラファッションから学ぶストリートバスケブランド~人気スタイル…

  6. 妻の不倫で離婚してはいけへんほんまの理由とは|後悔したくない男性…

  7. 岡田将生はバスケ好きの天然パーマ?代表作も紹介!

  8. 【面接で気になるニュース】を聞かれた時の最近の選択例とNGな話題…

  9. 【福岡・大橋の居酒屋マニュアル最新版】熱々デートを楽しめる15選…

  10. 彼氏の友達へのリアルな本音って?「仲良くなりすぎると…」NGな理…

  11. 【東京駅の書店9選】大型店~駅構内カフェ併設まで多彩な本屋さん特…

  12. 【地元民太鼓判】札幌グルメであんさんが行くべき最高の30店を紹介…

ページ上部へ戻る