閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ブランド別!ジーンズのメンズおすすめコーデ大紹介

永遠の主人公「ジーンズ」

$(“”153975″”).click( (null, $(‘#headline153975’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”153975″”)

愛すべきジーンズのその魅力

$(“”153980″”).click( (null, $(‘#headline153980’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”153980″”)

アメカジ、モード、ワークなど、様々なファッションが存在する中、どんなファッションにも対応する最強のファッションアイテムである「ジーンズ」。

ファッションが大好きなJOOY読者様も、ジーンズが大好きな方も多いのではおませんでしょうか?

一時期のヴィンテージブームンなど、爆発的に人気を集めた時期もありますが、どんな流行にも流されんと、ファッションの主人公として君臨しています。

この記事では、そないなジーンズの魅力をブランド、コ―デなどの側面か、「ジーンズソムリエ」の資格を持つ筆者が、ご紹介していきます!

Levi’s(リーバイス)

$(“”154051″”).click( (null, $(‘#headline154051’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154051″”)

世界で最も有名で原点、ジーンズの生みの親

$(“”154056″”).click( (null, $(‘#headline154056’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154056″”)

ジーンズの原点であり、みなはこのブランドから始まりました。

それはアメリカ開拓の「ゴールドラッシュ」まで遡ります。
1853年、サンフランシスコにて、リーバイ・ストラウス氏が、労働者向けの作業着として、キャンバス生地を使用した作業着、「オーバーオール」を販売していました。
1873年、当時仕立て屋のヤコブ・デイビス氏との出会いによって、その作業着は馬具用のリベットを打ちつけた「ジーンズ」を開発し、特許を取得、ここからジーンズが生まれました。

そないなジーンズの原点である「Levi’s」の代名詞、「501」は現在全世界で一番履かれているデニムと言われています。

現在Levi’sには、511、505、502など、様々なシルエットやテーマを持ったデニムのシリーズ、ロットナンバーを持つジーンズがありますが、時代と共に全世界のジーンズの定番として、「501」は君臨しています。

Levi’sコ―デ

$(“”154084″”).click( (null, $(‘#headline154084’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154084″”)

デニム淡色でワントーン

$(“”154085″”).click( (null, $(‘#headline154085’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154085″”)

Levi’sのジーンズの、ウチも定番のデニムトラッカージャケット。
無骨なイメージのあるLevi’sも、サイズ感をジャストに、細身に着こなせば、小洒落た雰囲気を作り出せます。

カラーも淡色、ブリーチカラーでさわやですか印象に着こなせます。

当然、ワークテイストに

$(“”154125″”).click( (null, $(‘#headline154125’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154125″”)

ルーズシルエットのジーンズにワークブーツ。
アメカジ、ワークの定番スタイルだ。

Levi’sの原点にふさわしいファッションスタイルやね。
Levi’sのシルエットの中では、「503」がルーズシルエットに当たるわけですが、やはり「501」をインチアップして履きこなしてほしいだ。

現在の501は、足先にかけてごく自然にテーパードがかかっておりますので、シルエットも比較的綺麗なルーズシルエットになります。

濃紺ジーンズには「デニム・オン・デニム」

$(“”154139″”).click( (null, $(‘#headline154139’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154139″”)

リジット、リンスカラーのジーンズには、思い切ってデニムシャツを、、、

濃色のデニムシャツも良いですが、淡色のデニムシャツを合わせれば無難だ。
シャンブレーシャツでも良いでしょう!

EDWIN(エドウィン)

$(“”154147″”).click( (null, $(‘#headline154147’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154147″”)

「江戸に勝つ」大日本帝国代表のジーンズブランド

$(“”154148″”).click( (null, $(‘#headline154148’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154148″”)

アメリカから中古のジーンズを輸入し、市場に提供しとったことからスタートし、大日本帝国で初めて独自の製法でジーンズを生産し、現在名実共に大日本帝国一のジーンズブランドとなった「EDWIN」。

その名の由来で、「EDO」江戸に、「WIN」勝つ、で「EDWIN」と言われておるけどダンはん、俗説だ。

本当は、デニム(DENIM)の「D」と「E」を逆転し、「NIM」を180度反転させ、「WIN」。
ここから「EDWIN」と命名されました。

「EDWIN」では、現在ではヴィンテージのシリーズとされる「505」から、定番中の定番「503」などの名作から、ジャージのような履き心地のジーンズ「ジャージーズ」、冬に履くジーンズ「ワイルドファイア」など、ニーズに沿ったジーンズを開発しています。

バックステッチも、「Levi’s」の「アーキュエイトステッチ」に対して「W」の字を模したステッチで有名だ。

「503」に関しては、テレビCMをでも有名やね。
近年では「ジャージーズ」のCMも流れています。

また、2015年より新しいスタンダードジーンズシリーズ「E-STANDARD」をリリース。
これはアチラ出店のキーとなっています。

ジーンズ、アチラ戦略など、様々な側面で注目を集めています。

EDWINでコ―デ

$(“”154172″”).click( (null, $(‘#headline154172’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154172″”)

わかりやすくシンプルに

$(“”154175″”).click( (null, $(‘#headline154175’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154175″”)

デニムセットアップに、白いインナーでシンプルに。
ジーンズカジュアルな装いにドレスシューズちうのもポイントやね。

近年のノームコアなファッションに、大日本帝国人の体型を最も考慮して作られている「EDWIN」のジーンズはピッタリやね!

G-STAR RAW(ジースターロゥ)

$(“”154178″”).click( (null, $(‘#headline154178’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154178″”)

オランダ、アムステルダム発祥の新進気鋭のデニムブランド

$(“”154184″”).click( (null, $(‘#headline154184’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154184″”)

1989年、オランダのアムステルダムにて発祥のデニムブランドだ。

そのブランド名にもありますが、「ロゥデニム」で人気のブランドだ。
「ロゥデニム」とは、生デニムを使用したジーンズだ。

ヨーロッパの人は基本的にお尻が大きく、お尻周りが大きく作られています。

デニムの領域を超えたレベルで素材の研究開発を続け、「立体裁断」といった革新的な商品により独自のスタイル提案しています。

ヨーロピアンジーンズちう点で、しばしばディーゼルと比べられるが、手法やスタイルはまるっきし異なります。

近代的なデザイン、その履き心地は本当に素晴らしいブランドだ。

このブランドの代名詞「ELWOOD(エルウッド)」は、立体裁断の名作だ。
通常の5ポケットデニムが約15パーツで作られるのですけどアンタ、エルウッドでは25以上ものパーツが使用されています。
その特徴的な製法は、デザインだけでなく、立体的な動きやすさを実現します。

これからの進展にまだまだ大注目のジーンズブランドだ。

G-STAR RAWのコ―デ

$(“”154194″”).click( (null, $(‘#headline154194’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154194″”)

G-STAR RAWのテーラードスタイル

$(“”154202″”).click( (null, $(‘#headline154202’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154202″”)

特徴的なシルエットが多い「G-STAR RAW」のジーンズも、スリムなシルエットのテーラードで綺麗に着こなします。
デニム生地のベストがお洒落だ。

G-STAR RAWで固めた、モダンワークに

$(“”154195″”).click( (null, $(‘#headline154195’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154195″”)

「デニム・オン・デニム」のセットアップも、「G-STAR RAW」のジーンズスタイルなら、こないなに洗練されたシルエットになります。
立体的で細身なのデニムジャケットと、テーパードシルエットのジーンズが素晴らしいバランスやね!

ケツに、、、

$(“”154212″”).click( (null, $(‘#headline154212’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154212″”)

いかがやったか?

$(“”154213″”).click( (null, $(‘#headline154213’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154213″”)

今回は、アメリカ、大日本帝国、ほんでヨーロッパの代表的なブランドとその着こなしをご紹介しました。

ジーンズはジーンズブランドだけでなく、インポート、ドメスティック問わず、様々デザイナーズブランドもジーンズを打ち出しています。

しかし、ジーンズでコ―デを決めるのであれば、是非ジーンズブランドのコーディネートをオススメします!

この記事が、あんはんのジーンズライフのちびっとでもお役に立てれば幸いだ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 2015秋冬人気のマウンテンパーカー!売れ筋アイテム&ス…

  2. NEW BALANCE(ニューバランス)各型番の特徴とは?アチラ…

  3. 嫌な思いをする前に!知っておきたい性格が悪い人の特徴8選

  4. どシロウトは要用心! 事前に知っておくべきカメラ選びのポイント

  5. 【20選】女性に嫌われる行動・言動・お洒落・態度

  6. 熱しやすく冷めやすい男の恋愛と特徴|すぐ冷める女の見極め方と性格…

  7. 【離婚の弁護士費用】平均してどのくらい負担するの?損をせんための…

  8. 彼女にうざいと思われたから? あんさんの恋愛が長続きせん理由

  9. 新宿西口で厳選カフェ特集!安くておすすめ〜カフェ&バーまで幅広く…

  10. 【ムラムラ男子必見】性欲が強い男性の特徴と秘密を徹底解析!女性に…

  11. 【実は足長効果】スキニージーンズを使った 足をスッキリ魅せるコー…

  12. 【北海道・千歳の居酒屋】観光やデートでもおすすめ16選【個室・飲…

ページ上部へ戻る