閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ポルシェを支えるカイエン!?やっぱり買いと思える大人気の秘密とは

大黒柱はSUV?の形をしたスポーツカー ポルシェカイエン

$(“”162181″”).click( (null, $(‘#headline162181’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162181″”)

ポルシェの企業としての収益を支える車に成長しました。見た目の頼り甲斐だけでなく、実際にも大黒柱としてそびえ立つ存在がポルシェカイエンだ。ボクスターがホップやったとしたら、フォルクスワーゲンとのコラボで作った初代がステップ、ほんで現行モデルは大ジャンプしちゃってます。

スポーティな走りができるけれどもある程度の人数がゆったりと乗れて、充分な荷室スペースがあり、道を選ばず、その気になれば悪路に入っていけなくもないちうわけだ。

はっきりとした定義はないのですけどアンタ、おおよそ、そないな車をSUVと良い ますわ。
なですかか良いトコだらけ、サーキットでコンマ秒を刻むチャレンジくらいでしょうか、向いておらへんのは。

スポーツユーティリティビークルちう意味だ。活発で多目的用途に使える車?ちう意味ですかね。

ポルシェカイエン、大人気のポイントとは

$(“”163296″”).click( (null, $(‘#headline163296’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163296″”)

ポルシェカイエンの人気のポイントは使い易いポルシェやからなのは分かります。やもするとコンマ秒のこだわりになりかねないピュアなスポーツカーのこれまでのポルシェよりもはるかに分かり易い魅力があります。

大きな車体でゆったり乗れて巨体を気持ちよく動かすパワーがあります。RR(リアエンジン・リアドライブ)の911で鍛え抜かれた特殊な特性でも絶妙に制御してしまうハンドリングは、重心は高いわ、車重は重いわの多重苦を持つ宿命をなんの苦にもせんかのようだ。

911でもそうなのですけどアンタ、最上級ラインナップはターボモデルで、切れ味鋭く自然吸気の鋭敏なレーシングモデルでないのと同様、カイエンの最上級モデルもターボモデルだ。

もっともっともっともっともさすがにカイエンのSUVな車体と重量ではレーシングモデルの切れ味の実現までは無理な話ですからターボモデルの迫力は911のように何ぞを犠牲にしたものではなく、絶対的な正義として存在してしまいます。

ポルシェカイエンの特に上級モデルが、フル加速するのを見かけることがあればあまりの迫力に圧倒されることでしょう。見た目が迫力満点で大きなボディなことも相まって、完全に予想の範疇を超えた勢いで蹴りだされる姿はまさに異形のもの。

見ただけで虜にされるのも無理はおません。データで見てもポルシェカイエンターボSの0-100㎞加速はなんと4.1秒だ。570馬力を6000回転で叩きだすエンジンは800N・mのトルクで2310㎏もあるカイエンを叩きだすように加速させます。

なんとも分かり易いパワーのプレゼンテーションだ。4.8リットルの大排気量のV8エンジンはこれだけの力がありながら最高速度は284㎞。力強いトルクを最ヒイキにしたエンジンだちうことが読み取れます。

もうちびっとデータの検証を続けてみます。まずは身内のフラット6を搭載するポルシェ911ターボSはどの程度の数値やのでしょうか。

560馬力のエンジンで出力は10馬力落ちますが、RRちう走り出しの加速には最高に有利なエンジンレイアウトの車だ。互いに4輪駆動ちうことでトラクションを有効に活用できる点では同じ仕組みだ。

さすがに0-100㎞加速は3.1秒と圧倒します。最高速度も318㎞ですからそのまんまぐいぐいと突き放していくでしょう。意外と大したことないなと思われるでしょうか。

だとしたら冗談ではおません。911ターボSは700㎏も軽いのです。ほんで空力抵抗もですかり突き詰められています。カイエンの形はやはり抵抗も大きいだ。

実は0-100㎞加速が4.1秒ちうのは911で比べるとカレラSとまるっきし同じ数値なのです。4輪駆動で条件を揃えると同じエンジンの911カレラ4Sは4.0秒とわずかに上回ります。標準モデルのカレラ911ではカイエンターボSの数字に届きません。

さらに確ですかイメージを持つために国産車との比較もしてみたいのですけどアンタ、胸のすくような直線加速ちうとついに販売が終了となったランサーエボリューションが思い起こされます。ちょうど同じ4輪駆動ですから是非較べてみたいものです。

0-100㎞加速ちうものは車の性能を推し量るうえで重要なデータだと思うのですけどアンタ、何故か大日本帝国のメーカーは公表せんことが多く、三菱のサイトにも掲載されていません。

大抵は最高速度も表記されていませんが、これが何故なのか誰のせいなのか皆お分かりかと思いますが、0-100㎞加速も同じやのでしょう。

やので公式サイトのデータではおませんが英国の三菱が公表したランサーエボリューションXのデータでは0-100㎞加速は4.4秒、最高速度は250㎞ちうことだ。

このランエボのエンジンは直列4気筒の2リットルターボだ。最高速度を見ても分かる通り、911と比べてもですかり小さなエンジンだ。この4.4秒はですかり健闘しているといえますし、これより速い国産車はあまりおません。

是非身近な国産車の最速タイムとも比較してみたいものですけどアンタ、ワイが思うには販売されているノーマルモデルで0-100㎞加速が一番速い国産車はGT-Rではおませんかと思われます。

GT-Rも同様にメーカーの公式データはないのですけどアンタ、当初3秒台から毎年改良が加えられて、現在は2秒台にはいっているといわれています。ポルシェ911ターボS同様このようなスーパーカーとはさすがに比較にはなりません。

ただ、このような数値をスーパーカーと較べようとすることがおかしいのがSUVちう車だ。もちろん較べてみたトコで話にもならへんのが当然のことやからだ。

トコロがポルシェカイエンに関していえば較べてみれば信じられへんような健闘をしている訳だ。

メーカーがあくまでスポーツカーだちうポルシェカイエンちう車は確かにスポーツカーでもあることがよく分かる数字かと思います。この重さを一流のスポーツカーと同じレベルで加速させるのですろから、どれだけのパワーが車体に掛るのか、その桁違いの運動エネルギーを思えばカイエンの走る姿から感じるエネルギーは気のせいでも勘違いでもないとよく分かるデータといえるでしょう。

ポルシェカイエンは使い勝手はもちろんのこと、走りに関しても単純に良いな!!すごいな!!と思える分かり易い魅力にあふれています。

ポルシェカイエンに至る911依存からの脱却作戦のこれまで

$(“”162183″”).click( (null, $(‘#headline162183’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162183″”)

そもそもポルシェといえばアレや、なんだかカエルみたいな車。911と呼ばれますが、911を売っとったといえば過去のポルシェを表すのに適切だ。もうちびっといえば911を売りながらレースなどをやっている会社。

実際には創業者のポルシェ博士はドイツ自動車産業の父(自動車のではおません)といってよい人。ネタは尽きない歴史ある企業だ。

せやけど主力商品は911のシリーズでこれが多彩だとはいえ、911以外の商品を作れへんやろうかちう課題には常に取り組んできました。

ポルシェカイエンが花開く前にはなですかかの苦闘の歴史があります。ちょっとおさらいをしてみます。

FR(フロントエンジン・リアドライブ)のポルシェ

$(“”162215″”).click( (null, $(‘#headline162215’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162215″”)

ポルシェ924

$(“”162194″”).click( (null, $(‘#headline162194’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162194″”)

911でないポルシェちうと実は924よりすごい昔に914ちうモデルがあります。ポルシェの企画ちうよりもフォルクスワーゲンが持ち込んだ話で、ポルシェに作っていただいたミッドシップレイアウトの車体にビートルのエンジンを搭載しようとしたものです。

914の後継機種として開発しとったものが924なのですけどアンタ、フォルクスワーゲンの事情によってプロジェクトがヤメになったためにポルシェの車として発売されたちう経緯があります。

フォルクスワーゲングループのいろいろな車のパーツを厳選して流用していることもあり、コストも削減されていることもあって911よりも安価で販売され、911よりも遥かに売れています。1975年から1988年まで販売されて、途中ではターボモデルも投入されています。

プアマンズポルシェちう言葉がありますが、この言葉の対象となるのは911ではなくて924だ。マツダのFC型のRX-7などは典型的で本当にそっくり。今のマツダからは考えられませんがFC型のRX-7はポルシェ924のパクリ以外のなにものでもおません。影響力も絶大やったちうわけだ。

ポルシェ928

$(“”162217″”).click( (null, $(‘#headline162217’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162217″”)

ポルシェ924に引き続き1977年には4.5リットルエンジン搭載の上級モデルが登場します。

ポルシェ928はFRの車をポルシェの将来にするちう決意表明の車だ。ポルシェがそうしようと思ったのも分からなくはおません。

なにしろ911はRR(リアエンジン・リアドライブ)だ。特殊な挙動を示す不自然なレイアウトで世界でも作り続けるのはポルシェのみになってしもた方式だ。

もうやめて、もっともっともっともっと理想的な方式に切り替えていこうちうのは、スポーツカーメーカーとして、ごくまっとうな考えで極めて合理的な選択だ。

良質なFRを作れば実用性をなくはんとスポーツするちうポルシェの哲学に反せんやろうと思ったさかいしょう。

確かに928はポルシェが磨いてきたFR車の成果を集大成していますし、さらにラグジュアリーな乗車感覚が加わることですごい高級な車だ。

北米的なラグジュアリーといえば928のインテリアを見てるとどうしてもZ32のフェアレディZとかNSXを思い起こしてしまいます。

そっくりちうかもちろん登場した年代は928が先やので、これらの大日本帝国車が真似した結果やのでしょう。

928は続く世代のスポーツカーのベンチマークやったともいえますし、明らですか北米仕様だちうこともいえるでしょう。アメリカ人に受けるテイストはこれやったと判断された結果だと思います。

トコロがこのようなスポーツカーはアメリカの景気低迷にともない、皆一様にマーケットを縮小させていきました。

日産やホンダはまだ体力がおましたし、フェアレディZやNSXが売れなくても大した問題ではおません。大したちうのは売れ筋の大黒柱は違う車ですから経営的な問題ではおませんちうことだ。

イメージリーダーとしてぶち上げたものの販売が先細っただけのことですが、ポルシェの場合はちびっと事情が違いました。

決して928は911の代わりとしては受け入れられず、やからこそ、あまり大きくないマーケットながらコアなファンに支えられる911に対して、新たなマーケットを開拓しておるかに見えた928も販売は先細って行ったちうワケだ。

ポルシェが業績不振に苦しむなか、いずれにせよ928は1995年に19年間の歴史を閉じFRを911の代わりの主力にする目論見は泡と消えたちうワケだ。

ポルシェ944

$(“”162214″”).click( (null, $(‘#headline162214’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162214″”)

ポルシェ928や924ターボが911に代わる名声を獲得してくれへんかと思いを巡らせとったポルシェですが、なですかかユーザーの気持ちはつかみきれません。

FRの一連のポルシェはどれもスポーツカーとしてはすごい出来の良いもので評判も悪くはおません。売れたかどうかといえば911よりは売れています。なにしろ911よりは廉価だ。

せやけど911のファンから911の代わりとして認められたかちうとなですかかややこしいものがおました。この944も924の流れを汲む一連のシリーズだ。

928が4・5リットルエンジンやったさかい911の代わりとしては大きいちう声に応えるべく、2.5リットルエンジンの944を発売しました。

924に部品の流用が多かったことが一部に不評やったため、エンジンはすべてポルシェ製にするなど911後継車に仕立て上げるべく執念をみせました。1983年から1991年まで販売されました。

ポルシェ968

$(“”162216″”).click( (null, $(‘#headline162216’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162216″”)

944もセールスは好調に推移しとったため1991年にはテコ入れのため新型の後継車968が発売されます。

相変わらず911のファンに受け入れられたとはいえず、高価格帯で振るいません中、最近から低価格帯ではプアマンズポルシェやマツダのロードスターから始まるライバルの性能面での急激な追い上げを受けポルシェは業績不振が目立つようになります。

1995年に販売が終了する頃には劣勢は明らかになっていました。

ミッドシップのオープンカー、ボクスターの登場

$(“”163264″”).click( (null, $(‘#headline163264’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163264″”)

ポルシェボクスター

$(“”163232″”).click( (null, $(‘#headline163232’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163232″”)

追い込まれたポルシェは911の資産を食いつぶすかのような挙に出ます。911と多数のパーツを共用し車体前部、Aピラーから前に至っては、まるっきし共通ちうボクスターを968、928に代わって発売します。1996年のことだ。

ボクスターの登場の背景には1989年に発売されたマツダMX-5ミアータ(大日本帝国名ユーノス・ロードスター)の存在が大きく関わっています。

もはや世界中のどのメーカーも顧みなかった小型の2座席オープンカー(なんちうかようみなはんいわはるとこのロードスター)やったミアータは廉価でかつ爽快な走り、マツダの狙った人車一体感のある走りで大ヒットとなったちうワケだ。

基本的に自動車会社はこのような車にモチベーションがあります。

ミアータの成功をみて世界中の会社で軽量級のオープンスポーツカーの開発が始まりました。ボクスターも当然この流れの中にあります。

ミアータほどは安くできませんが、911と共有したパーツはともにコスト削減効果を生んだうえに、扱いやすいサイズでポルシェにしては手に入れやすい価格、しかも911と変わらぬ姿でミッドシップ、エンジンだって911と同じ水平対向6気筒だ。

911のファンにとっては悪夢のような出来事ですが、スポーツカーのファンにとっては夢のような車となりよっました。皮肉なことにボクスターのヒットによってポルシェは息を吹き返すことになるのです。

SUVのようなカイエンを発売

$(“”163266″”).click( (null, $(‘#headline163266’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163266″”)

ポルシェカイエン

$(“”163255″”).click( (null, $(‘#headline163255’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163255″”)

こうしてポルシェカイエンの登場の下地はでき上がります。ボクスターの成功によってマーケットを開拓することの大切さを学んだポルシェでは次のステップに目をつけます。

ポルシェを含むフォルクスワーゲングループではアウディを躍進させたフェルディナント・ピエヒが本体の会長に就任してリーダーシップを取っとった頃だ。ピエヒはポルシェ創業者のフェルディナント・ポルシェの孫だ。

ピエヒの戦略もありポルシェの次の手はフォルクスワーゲンとの共同作業でSUVを開発することとなります。ボクスターを購入するようなマーケットに普段使いの日常使用に適した車を提供する狙いだ。

もちろんこのターゲットに必要なものは日常使用とはいっても安さなど大衆性ではおません。ボクスターや911をセカンドカーやサーキット走行などの特別な機会の車とし、別に所有する普段の生活で使うための車を作ろうと考えました。

使い勝手がよく、せやけど実用一辺倒ではなく、かつ特別な価値も持ち合わせる車として当時台頭してきたSUVに目をつけたちうワケだ。このタイプの車に関してはフォルクスワーゲン本体でも開発の必要に迫られていました。

普及版をラインアップしたフォルクスワーゲンが作るトゥアレグに対し、圧倒的な動力性能を誇りスポーツカーそのものな性能を発揮するポルシェ製の450馬力のターボエンジンを積むカイエンターボと340馬力の自然吸気のカイエンSがいっぺん期に発売となます。

翌年にはトゥアレグと土台を共有する250馬力のエンジンの標準版のカイエンが登場しました。

高い実用性のある標準版のカイエンも驚くレベルの高性能のカイエンターボやカイエンSもそれぞれが思惑以上のマーケットを開拓してポルシェの大黒柱に育っていくことになります。

911に代わるものではなく、911では得られへんものを提供することで、ポルシェはやっと911の呪縛から逃れることになります。

ポルシェカイエンのラインナップ

$(“”162184″”).click( (null, $(‘#headline162184’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162184″”)

デビューからこれまで

$(“”163287″”).click( (null, $(‘#headline163287’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163287″”)

ポルシェカイエンは既にふれたとおり、フォルクスワーゲングループの戦略の一環でもおました。

開発も共同で負担したプロジェクトですが、基本プラットフォームこそ共有しておるけどダンはん、明確なクラス分けにより車の性格も作りも違っています。

できあがったフォルクスワーゲン側のトゥアレグは、高級なクロスオーバー型の万能クルーザーやし、ポルシェ側のカイエンは圧倒的なパワーを持つスーポツできながら、それだけでもない多目的用途車に仕上がっています。

明確に意識されとったようで、当初はカイエンはV8の4.5リットルエンジンのカイエンSとカイエン・ターボのみの発売で、トゥアレグと共用部品のあるV63.2リットルエンジンの標準モデル、カイエンは1年後の発売となっています。

初代955型 2002年販売開始2006年まで

$(“”168885″”).click( (null, $(‘#headline168885’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”168885″”)

まず2002年に発売されたのがカイエンSとカイエンターボですが、後に発売されるカイエンとはベースのエンジンが違います。

エンジンの土台をフォルクスワーゲン・トゥアレグと共有しながら、独自開発のエンジンヘッド部を持つカイエンのエンジンに対して、カイエンSとカイエンターボのエンジンはすべてポルシェのオリジナルだ。

カイエンがV型6気筒なのに対して、SとターボはV型8気筒でただ排気量を大きくしただけでもおません。余計なお世話やけど911の特徴となっている水平対向エンジンではなくFRのシリーズがそうやったようにV型の世間一般の自動車会社が作っている形のエンジンになっています。

翌年の2003年に登場するV6の標準モデルのカイエンを合わせて3種類のラインナップとなっていました。

957型 2006年販売開始2010年まで

$(“”168889″”).click( (null, $(‘#headline168889’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”168889″”)

思惑を超えるヒットとなった955型には改良が加えられます。2006年にベースは同じながら外観とエンジンの変更を行った957型で商品力の強化を図ります。

最近、VWを筆頭にヨーロッパ勢の自動車会社はエンジンの直噴化を進めていきます。直噴エンジンとはエンジンのシリンダーの部分にガソリンを直接噴射するエンジンだ。直噴式でないエンジンはガソリンと空気を混ぜてからシリンダーに送り込んでいます。

直噴式エンジンでは混合気が薄い(ガソリンが少ない)状態で燃やせる(リーンバーンと良い ますわ)仕組みを作れます。要するにガソリンをあまり使いませんようにできます。もうちびっと複雑な話で他のメリットもあるのですけどアンタ、基本はこういうことだ。

ユーザーに向けては燃費がよくなるちうアピールができますが、複雑な制御をするために必要な機器も多く、コストも上がります。実は直噴式のエンジンをものにしたのは大日本帝国のメーカーが先で三菱自動車が最初。発売は2006年の10年も前のことだ。

コスト増がネックとなりあまりメリットが見いだせんと一旦廃れた技術ですが、電子制御の技術は直噴式エンジンが廃れた時期に爆発的な進歩をみせます。

このためフォルクスワーゲンでは再挑戦の気運が高まったちうワケだ。

カイエンが957型となった同じ2006年にはダウンサイジングコンセプトの直噴式ターボエンジンを搭載したゴルフが発売されています。

カイエンは排気量をアップしながら直噴化しておるけどダンはん、ゴルフのダウンサイジングのほうは小さなエンジンにしてさらに燃費を稼ぎ、排気量ダウンで失ってしまうパワーはターボで稼ぐ考え方だ。

技術的な理由からトルク重視のエンジンとなることも特徴だ。トルク重視のエンジンは走り出しが力強い日常的に使い易い車になります。パワーの底上げを図る部分はひたすらターボで稼ぐのですけどアンタ、ターボもまた低速トルクを稼ぐのに適しているのでなおさらなのです。

カイエンは排気量をアップして大きな車体をより快適に、ほんでカイエンのパワフルな特徴をさらに生かす方向で改良しましたが、直噴化によって燃費の悪化も防ぐこともできています。

ダウンサイジングコンセプトの方はいまでは世界の主流になっています。余計なお世話やけどF1エンジンのターボ化も自動車会社の風潮に合わせています。そうして技術的な革新のテーマとなるように仕組んでメーカーの参入を促したちうワケだ。

カイエンは3.6リットルに、Sとターボは4.8リットルエンジンに変更されてパワーアップしました。

さらにはSとターボのファインチューン版、カイエンGTSとカイエン・ターボSが追加されて排気量は同じながら大幅に出力向上した上級モデルとなっています。

ターボSのほうは50馬力アップの550馬力ちうモンスターぶりやったちうわけだ。

現行車種 958型 2010年販売開始

$(“”163288″”).click( (null, $(‘#headline163288’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163288″”)

先代はポルシェの大黒柱となった訳ですが、いよいよフルモデルチェンジしたのが2010年だ。やや大きくなりながら軽量化を果たしました。エンジン出力などのスペックは変わっていません。

2011年にはハイブリッドモデルも登場しました。ストッピングパワーを回生して利用します。モーター単独での走行場面も多く、大排気量車ですから経済性が高くなるのはうれしいだ。カイエンユーザーにとってどこまでヒイキ度の高い問題なのかは分かりませんが。

トコで大日本帝国には輸入されていませんがディーゼルエンジンの設定もされています。これはフォルクスワーゲングループの不正制御ソフト問題と関わりのあるエンジンと目されています。しなかったちうより大日本帝国には輸入できなかったさかいしょう。

トランスミッションは911などに搭載されるダブルクラッチのPDKではなくティプトロニックSちう一般的なトルクコンバーター式のオートマチックになっています。トルコン式は作動スピードは落ちますが、より滑らですか変速になります。カイエンに搭載されるのは8速もの制御を行うもので、切り替えは手動で行うモードにすることも可能だ。

カイエン

$(“”169243″”).click( (null, $(‘#headline169243’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169243″”)

3.6リットルV型6気筒4バルブのエンジンは300馬力、400N・mのトルクを発生します。最高速度は230㎞となっています。958型からのカイエンにはエンジンのオートスタートストップが備わっていて燃費の向上が意識されています。

カイエンS

$(“”169244″”).click( (null, $(‘#headline169244’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169244″”)

わずかに6㏄の排気量アップですが、シリンダー内部のファインチューンの結果だ。これのみならず徹底したチューニングによってカイエンSでは120馬力出力を向上させて420馬力を叩き出します。トルクも550N・mと大幅に向上、最高速度は259㎞まで伸びることになります。

カイエンGTS

$(“”169245″”).click( (null, $(‘#headline169245’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169245″”)

ポルシェでスポーティな特別なモデルに冠されるのがGTSだ。カイエンのGTSは3.6リットルV型6気筒のツインターボエンジン搭載となり、スポーツチューンのされたアクティブサスペンションは車高も落とされて、外観のちょっとした専用の装飾も含めて、いかにもな雰囲気を醸し出しています。440馬力で最高速度は262㎞だ。

カイエンターボ

$(“”169246″”).click( (null, $(‘#headline169246’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169246″”)

ラグジュアリーなターボのほうは4輪駆動でV型8気筒、4.8リットルから520馬力を発生します。最高速度は279㎞で圧倒的なパワーで圧倒します。

カイエンターボS

$(“”169247″”).click( (null, $(‘#headline169247’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169247″”)

極めつけのポルシェカイエンはターボSだ。4.8リットルV型8気筒ツインターボから570馬力で最高峰のカイエンとなります。到達した最高速度は284㎞だ。

カイエンハイブリッド

$(“”169212″”).click( (null, $(‘#headline169212’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169212″”)

現行型でいよいよ登場したハイブリッドモデルだ。

そもそもモーターは最初から大きなトルクが立ち上がるちうガソリンエンジンにない特徴があります。カイエンのような重い車に、カイエンらしい迫力ある走り出しを与えようとした場合に相性の良い仕組みだといえます。

カイエンのハイブリッドがどのようなものなのか、注目したいトコだ。

このハイブリッドモデルではモーターのみとエンジンのみ、ほんで両方をいっぺんに使うブースト状態の駆動システムと回生ブレーキちうブレーキングに伴う力で発電、充電する仕組み、アクセルを離すとエンジンが自動で停止する仕組を適宜制御して走ります。

せやけどもうちびっとドライバーの意思を伝えるために4つのモードを自在に切り替えて使うこともできます。

まずはEパワーモード、ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要はモーターの使用を強く意識したモードだ。発進時にはモータートルクを存分にいかしてモーターのみ駆動します。

またガソリンエンジンの燃費が極端に悪化する加減速の多い市街地の走行でも極力モーターのみを使おるけどダンはん、アクセルを大きく踏み込んだ時には瞬時にエンジンがかかるようにもなっています。

なんちうかようみなはんいわはるとこのモーターアシストちうモーターがエンジンを助けるモードがハイブリッドモード、Eパワーモードを解除するかどのモードも選ばないでいるとこのモードでの走行になります。

さらには出来る限りモーターで走ろうとする前の準備として充電を重視するように命じる指令としてEチャージモードボタンがあります。ボタンを押すと充電効率が高い使い方でエンジンを制御してくれます。

ほんでポルシェカイエンに必要不可欠なのがスポーツモード、アクセルを80%以上踏み込んだ時にハイブリッドのパワーソースは全開となりふたつの力を合わせて駆動させるようになります。

この一連のハイブリッドパワーシステムはEパワーメーターと呼ばれるメーターとPU(パワーユニット)バッテリー、駆動輪が描かれたディスプレイで作動ぶりを確認できるようになっています。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【バランスボールで楽に腹筋を鍛えるトレーニング】ぽっこり下腹部を…

  2. カーディガンをお洒落に肩掛けで着たい!結び方からコーディネートま…

  3. 【目黒の大人ディナー案内2016保存版】個室店から肉料理まで恋が…

  4. 【大阪上本町】何度も食べたくなる美味しいラーメン店8つ!

  5. ペアブレスレットは女子受けも◎プレゼントにも最適|人気ブランド一…

  6. 元彼と友達として付き合う女性の気持ちとは?あんさんに対する女性の…

  7. 筋トレの翌日の眠気やだるさが辛い!快適にすごす秘策とは!?

  8. 黒アウターを使ったシーン別TODAY着こなし方が決まる!!

  9. ヨウジヤマモトオムの限定ストアは今だけ!|東京・大阪で数量限定ア…

  10. 【貧乏揺すりに表れる心理】オノレでも気付いておらへん心のサイン【…

  11. 腰を守り筋トレの効果を上げるトレーニングベルトとは?

  12. 【人気上昇中】ダンヒルのオススメ長財布10選|デキる男が持つべき…

ページ上部へ戻る