閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ポルシェ911カレラーその魅力を余すことなく大解説!

最初のカレラはレーシングカー

$(“”158102″”).click( (null, $(‘#headline158102’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158102″”)

いまや唯一無二のスポーツカーなのがポルシェ911だ。RR(リアエンジン・リアドライブ)は、もはやスポーツカー(乗用車)ではポルシェ911だけ。オーバーハングにエンジンが載っているちう、ですかりなリアヘビーな車で強烈な個性を放っています。

ポルシェ911は1964年から作られています。モデルチェンジは7代にも及び、その間現在に至るまで同一のイメージを保ちながら継続しています。

ポルシェ911の基本的な造形が変わりませんのはRRちう今や特殊なエンジン搭載・駆動方式を取っておるからで、設計当初もスポーツカーをつくろうちうのに、わざわざRRにしたのは実用性も兼ね備える4座席の車にするちう方針のため。

リアシートを設けたうえで、さらに後ろにエンジンも搭載するためにも、伝統の水平対向6気筒エンジンは都合よい形状で、低重心もあいまってすっかり定着して、いまさら変えることのできない特徴になっています。

水平対向式のエンジンは向かい合って動くピストンが振動を打ち消し合うために、すごいスムースでリニアなアクセルの感覚にもですかり貢献します。思うがまんまの操作を願うならば相性の良いエンジンだ。

とはいえ、形として横幅が必要なために搭載性は悪くどんな車にでも載せられる訳でなく、搭載するにも設計に対して大きな制約をつけることになります。

現在はポルシェとスバルしか採用のないエンジンですが、走行性能にとっては良いことだらけのエンジンだ。

スポーツカーにとってみれば幅も重心の低さも大歓迎だ。走行安定性につながり、そもそも車幅を広くていることで、ホイールベース内の形は正方形に近づき良いことばかりだ。

ポルシェ911は普段使いに充分耐えて、なおかつサーキットにも繰り出せるスポーツカーとして作られています。現在ではサーキットには行ですかい、ポルシェのステイタスだけが欲しいちうオーナーもいるのでしょう。

それが責められることではおませんにせよ、ポルシェ911のステイタスはスポーツ走行への適性にあることは間違いおません。やからこそ911にはレース仕様車も常に存在しています。

1973年には911カレラRS2.7ちうレース車両としてのホモロゲーションを満たすために500台だけ生産された車があって、市販されたものといえども、まさしく公道を走るレーシングカー。

この手の車が好きな人の気持ちをわしづかみにして、大人気となり追加販売もされました。いまでも愛好家のいる伝説の「73カレラ」だ。

このポルシェ911がカレラを名乗った最初の911だ。

高性能やレーシングの代名詞となるカレラの名前

$(“”159605″”).click( (null, $(‘#headline159605’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159605″”)

この後、ちーとの間の間レーシング仕様のポルシェのベース車両や高性能バージョンにはカレラちう呼び名が与えられることになります。

やがて901型ポルシェがモデルチェンジされて930型となると、継続生産されたカレラモデルを含む901型でない新型のエンジンはターボエンジンとなります。

ポルシェ・ターボの登場だ。ポルシェはターボの生み出す大きなパワーにポルシェの未来を託したちうワケだ。

1978年901型が生産終了となった後に登場した930型のボディに自然吸気エンジンを搭載した、ノンターボモデルにはもはやカレラの名前はおませんやったちうわけだ。

いっとき途絶えたカレラの名前

$(“”159696″”).click( (null, $(‘#headline159696’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”159696″”)

確かに劇的なパワーを見せつけるポルシェ・ターボですが、最近のターボはパワーと引き換えに目を瞑っとったことが沢山あったちうワケだ。

解決できないターボラグはスポーツを追求するときに容易に受け入れりませんものですったが、パワーの魅力も絶対で、どちらを選択するのかはややこしい問題だ。他にも排熱や重量増などを考えると自然吸気のカレラにしですかい魅力ちうものは確かに存在したちうワケだ。

やがてカレラの名前は復活して、それ以降911はレーシングモデルを除けば、ポルシェ・ターボかポルシェ・カレラかどちらかになります。もちろんターボは圧倒的な高出力を誇りポルシェ911の王様として君臨することになります。

カレラの命名はワイルド過ぎる縦断レース

$(“”155828″”).click( (null, $(‘#headline155828’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155828″”)

「カレラ」ちうのはスペイン語で「レース」を表します。せやけど何だかレーシングやから!!ちう理由でついたさかいはおません。かつてエライ人気を博したカレラ・パナメリカ・メヒコと呼ばれたメキシコ縦断レースにちなんだものといわれます。

カレラ・パナメリカ・メヒコ

$(“”155840″”).click( (null, $(‘#headline155840’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155840″”)

1950年に始まったレースは1953年にはこの年から始まった世界スポーツカー選手権の最終戦に組込まれました。

3年前に始まったF1世界選手権に対してオープンホイールでない2座席のツーリングカーの選手権としてメーカーとしてのステイタスはむしろウチでの勝利が讃えられるものですったちうわけだ。

ポルシェももちろん他のフェラーリ、メルセデス、ジャガー、アルファロメオ、ランチアなどなどの有力メーカーとともに出場して人気も沸騰したものです。

初年度はフロリダのセブリングで始まりミッレミニア、ル・マン、スパ、ニュルブルクリンクと今も続く(現在のミッレミニアはただのイベント)レースの最終戦としてメキシコ縦断レースは行われたちうワケだ。

フロリダのセブリングは飛行場跡のコースやし、ヨーロッパのレースはミッレミニアを除けば公道も利用するとはいえ周回コースだ。

メキシコの荒野を縦断する豪快さは飛び抜けていて、まさしく弾丸レース、石油と銀の富を独裁政権と一部の人が独占しとった当時のメキシコ政府の大々的な後援は南米各地の軍事政権と連携したものでもおました。

また第2次世界大戦を通して世界の覇権を手にしたアメリカの市場を狙ったヨーロッパ勢にとっては対決姿勢を強めたアメリカ自動車産業には一歩も譲れへん状況だ。

こうして富裕層の一大イベントにのし上がったカレラ・パナメリカ・メヒコにポルシェから送り込まれたのが550/1500RSと呼ばれるレーシングカーだ。

ポルシェはカレラ・パナメリカ・メヒコには優勝できませんやったが、スポーツカー選手権で550/1500RSは沢山のレースでクラス優勝を果たしたさかいしたちうわけだ。

「73カレラ」へ込められたのは伝説のレースの名前

$(“”155922″”).click( (null, $(‘#headline155922’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155922″”)

1973年の911カレラRS2.7、「73カレラ」ですが、ポルシェはこのマシンを550/1500RSのオマージュとして何故かカレラ・パナメリカ・メヒコにちなむとしてこの名前を与えました。

あまりに野放図で背景もきな臭く、豪快で、いっぺんにあまりに危険な死亡者多数のレースは1954年にたった5年でヤメに追い込まれたこともあり伝説となっていました。

同じく国を縦断するレースやったイタリア語で1000マイルを意味する伝統のあったミッレミニアも3年後の1957年に30年の歴史を閉じヤメになっています。

カレラとは単なるレースの翻訳ではなくて、とてつもない理性だけでは量りきれへん冒険へのレジェンドではおませんのかと思いませんか。

その後のカレラの命名は・・・

$(“”155961″”).click( (null, $(‘#headline155961’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155961″”)

ポルシェでは1984年の911が実質レーシングカーの911カレラRS2.7の性能を越えたときから自然吸気エンジンの911にはカレラの名前を与えることにしています。ポルシェカレラが復活したのはこの時だ。

ターボとカレラ、ポルシェ911のツートップが誕生したちうワケやがやはりカレラは自ら格闘する車、ターボはお世話になる車と明確に性格は分かれているように思います。

現在ですがGTSにはカレラがあってほぼレーシングカーのGT3にはRSはあってもカレラはおません。なですかかの哲学だな!!と感心するトコでもあります。

ポルシェ911カレラのラインナップ

$(“”155803″”).click( (null, $(‘#headline155803’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155803″”)

自然吸気エンジンの911カレラとひと口でいってもすごい多彩なラインナップがあります。

911カレラ

$(“”155804″”).click( (null, $(‘#headline155804’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155804″”)

標準モデルともいえる911カレラをどう表現するべきでしょうか。ある意味最も自己責任の911。優れた資質を持つポルシェをいたずらに制御に頼らず乗りこなす、操る意思を持つ人の選択肢といえます。

目立つ電子制御はPASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメント)のみ。けれどもこれはカレラの精神には反せんでしょう。

サスペンションは働いてこそいくら。路面やドライビングに合わせて特性を変えることに何の問題があるでしょう。

せやけど電子制御はオプションでポルシェ先進の好きなものを搭載することもできます。

アンチロックブレーキやトラクションコントロールがついてへん訳ではおませんが4つのドライビングモードを選べばデバイスが介在することをできる限り回避できるようになっています。

デュアルクラッチのPDKはどうでしょうか。好ましくないならばマニュアルミッションが選択できます。せやけどカタログデータはPDKのほうが人よりも早くクラッチを操り、シフトすることを示しています。

911カレラS

$(“”155806″”).click( (null, $(‘#headline155806’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155806″”)

カレラSは420馬力を発生するエンジンを搭載します。この50馬力の出力アップにより0-100㎞加速はコンマ3秒の短縮となります。最高速度は18㎞速い308㎞(マニュアルミッション)となっています。

外観や装備ではホイールサイズが大きくなるなどの違いのみで基本的には変わりはおません。

注目したいのは排気量は3リットルのまんま変わりませんちうことだ。現行991型の911でもSは排気量を大きくして出力を上げとったちうワケやが2015年製造のモデルでは同じ排気量のエンジンのまんま出力を上げてきました。

大日本帝国デリバリーは2016年初頭となるため詳細はこれからですが、いずれにせよファインチューン版がSちう名前を冠することになります。

911カレラ4

$(“”155807″”).click( (null, $(‘#headline155807’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155807″”)

カレラ4は4輪駆動モデルだ。ポルシェ911の4輪駆動はもちろん悪路走破を目的とするものではおません。マルチプレートクラッチで電子制御されて最大50%前輪へも駆動力を伝達します。

RR(リアエンジン・リアドライブ)のポルシェ911ですから、直進安定性への懸念はつきものです。特に雨天などの滑りやすい路面などへの対応で強みとなるトルク配分型のフルタイム4WDだ。

4輪で駆動力を受け止めることで無駄なく駆動力を使いきることができることがメリットだ。その反面、操作性が犠牲にならへんかが4WDでは気になります。

直進時でもコーナーリングの途中でも常に良好なトラクションを維持しようとするのが911カレラ4の4WDとなります。その車なりにトラクションを発揮できるドライビングをするちう考え方もありますが、路面への駆動力の伝達ちうのは4WDでなくてもサスペンションの課題だ。

すぐれたサスペンションを使用するばあい同様の考え方で、良好なトラクションを前提とするならば911カレラ4を選択することになります。

4WDのモデルは車幅が4センチほど広くなっています。

PTM(ポルシェトラクションマネージメントシステム)と呼ばれる制御では前後輪へのトルク配分に加えて左翼翼右翼翼の車輪のトラクションも最適化させようとABD(オートマチックブレーキディファレンシャル)、ASR(アンチスリップコントロール)をシステムに加えています。

911カレラ4S

$(“”155808″”).click( (null, $(‘#headline155808’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155808″”)

カレラ4にカレラSのエンジンを積んだモデルだ。同じファインチューンのエンジンを積むことになります。

911カレラGTS

$(“”155810″”).click( (null, $(‘#headline155810’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155810″”)

カレラ4で使うワイドボディの車体に3.8リットルのエンジンを搭載して430馬力を発生するのがGTSだ。

マニュアルミッションはなくデュアルクラッチのPDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)のみの搭載になります。

ポルシェカレラ911GTSは「サーキットも」走るちうより公道をドライブするのと同じくらいにサーキットを走ることも目的になるユーザーを意識したモデルになります。PDKやエンジン制御、サスペンションセッティングを一括してサーキットモードに適応させる仕組みを備えています。

911カレラ4GTS

$(“”155811″”).click( (null, $(‘#headline155811’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155811″”)

カレラGTSの四輪駆動版が911カレラ4GTSだ。

カブリオレ

$(“”155812″”).click( (null, $(‘#headline155812’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155812″”)

みなの911カレラにはカブリオレのモデルが設定されています。小さいながらもリアシートのある911をフルオープンにするソフトトップは骨組みがマグネシウムで軽快な開閉と堅牢さを兼ね備えています。

屋根を全開にすると気になるのは後方からの巻き込み風。巻き込み風さえ防げれば冬のオープンカーはすごい快適だ。有効な対策はバックスクリーンを立てること。

911カレラのカブリオレにはスイッチひとつで立ち上げることができるものが備わっています。すべての風を受けたい時には収納できて思うがまんまなのがさすがだ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 呉の観光を極めよ!戦艦大和をはじめ大注目のスポットTOP20

  2. 【最高の京都ディナー大特集】デート向きの安くておすすめの名店を厳…

  3. 男の憧れを詰め込んだウェンガーの腕時計!おすすめアイテム11選!…

  4. つくばで食べ歩きデート!超!おすすめラーメン店4選

  5. 【パパありがとう】ボウズがリアルに欲しいクリスマスプレゼントはコ…

  6. バイト先で彼女を作るコツを大伝授|できる男に学ぶ4つの共通点

  7. 元アドバイザーが伝授!「スマホ画面割れた!」レスキュー修理・対処…

  8. 秋冬【パーカー着こなし】気軽にトレンドstyleを実現させる|お…

  9. 結婚相手の決め手のポイント|絶対後悔せんための見極め方とは!?

  10. 気付けば毎日毎晩壱年中ひとり。孤独な思いを解消する4つの方法

  11. 最新メンズリュック|今リアルに受け入れられている人気モデルはこれ…

  12. 【男心と女心の違い】行動パターン別の心理や女心を掴む料理テクニッ…

ページ上部へ戻る